仮想通貨ニュース

No tags for this post.

【サクっと読める】ビットコイン急騰の主役”資産避難”【サク読み】

 

8月6日16時30分頃、

ビットコイン(BTC)価格は12.200ドル(約130万円)に到達。

その理由をサク読み!

 

米中貿易戦争

米国と中国の貿易戦争が激化しており、

ドル/人民元レートは08年3月以来初の7.03に到達しました。

世界の金融が不安定になる可能性を考慮して、

多くの人々が資産をビットコインに変換している事が、

現在のビットコイン(BTC)高騰の一因となっていると思われます。

 

ビットコイン急騰は「資産避難」が影響

世界的に経済が不安定になる傾向が見られると、

不安定な現金を”物”に変換するという事は一つの選択として挙がりますよね。

 

米中の貿易戦争が収まらない限り、

ビットコイン(BTC)の需要は高まる一方ではないでしょうか。

事実として、金(ゴールド)が人民元建ての取引ペアで多く取引されており、

世界がお金ではなく、”物”に資産を変換する作業に入っているのかもしれません。

 

2019年末にビットコイン(BTC)2万ドル説を提唱していたノボグラッツ氏も以下のようなツイートをしています。

大手仮想通貨ファンド「Galaxy Digital」のCEOを務めるマイケル・ノボグラッツ氏は、

現在の米中の情勢を根拠に、

「ビットコインへの資金逃避が起き、ビットコインの価格が本格的に上昇していくかもしれない」と8月5日にツイートしていました。

現に8月6日に急騰している事から、

ノボグラッツ氏の読みは正しかったと言わざるを得ません。

 

ビットコイン(BTC)急騰まとめ

以前のサク読みでも8月4日からビットコイン(BTC)価格上昇を唱えていたマカフィー氏や、

多くの著名人が8月から年末にかけてビットコイン(BTC)の高騰を予想しています。

 

今回は、一つ目の急騰トリガー「マクロ経済不安」ですが、

年末にかけて二つ目、三つ目のトリガーが重なるかもしれません。

 

法定通貨への信頼が低下している今、

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨需要は高まり続ける事が予想されます

ビットコイン(BTC)は世界の経済状況に呼応しやすい為、

仮想通貨市場のニュースだけではなく、

様々な経済に関する情報も仕入れておくといいかもしれません!

 

 

Twitterのようにフォローするだけで億トレーダーと同じ売買!?

Twitterのように「フォローして放置するだけのかんたんFX」のINSTANTRADEをご存知ですか?

フォローしたトレーダーの取引を自動でコピーしてくれる新時代のFX証券口座です。

当サイトでも既に紹介していますが、
ユーザーがする作業は「入金とフォロー」だけです。

手軽さ実用性の高さ皆様に高い評価をいただいてます!

注目すべき点として、

INSTANTRADEレバレッジはなんと最大で500倍!

1万円といった少額から始める事が可能で、
入金した額以上の損失額も出ません。
初心者でも安心してサクっと利用できるのが最大のメリットです。

 

知らなかった方はこの機会に口座開設してフォローするだけの楽々投資。

あなたも億トレーダーと同じ売買を体感してみませんか?

INSTANTRADEの口座開設はこちらから!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは今週中に160万円」!著名投資家が衝撃発言!

ビットコイン初期投資家で知られるマックス・カイザー氏は5日、Twitter上で発言。

それによると、ビットコインは今週中に160万円(1万5000ドル)を越えるとのことです。

要点

・ビットコインが今週中に160万円へ!?
カイザー氏によると、ビットコインが今週中に160万円へ。本日あった中国の混乱を材料視しているようです。

 ビットコインが今週中に160万円をこえる?

私は感じていますビットコイン今週は$ 15,000を超えます。中央政府、中央銀行、中央集権化された法定通貨に対する信頼は、数十年ぶりの低水準にあります。

ビットコインを初期から投資していることで知られるカイザー氏はツイッター上で上記のように発言。

ビットコインが今週中にも160万円(1万5000ドル=108円計算でおよそ160万円)をこえると強気の見解を述べました。

同氏のいう1万5000ドルは今年の年初来高値であり、つまりビットコインは今週中に年初来高値を更新するということです。

ビットコインドル 日足 6月~

カイザー氏の指摘はいうことえ一見無謀ですが、日足チャートのビットコインはかなり強い形状にあり、今週の相場動向は要注目となりそうです。

 

不安定な金融市場の動向に注目

カイザー氏は上昇の理由として法定通貨の信頼が失われていると指摘しています。

本日は中国の人民元が対ドルで10年ぶりに7ドル台へ。

これは人民元がドルに対して下落したことを意味します。

また、日銀はこれを受けて緊急会合を実施。

このような為替市場の混乱がビットコインへの資金流入を引き起こしているという指摘も多いです。

本日もお伝えしましたが、先週から米利下げ、米中貿易戦争の悪化により、世界経済後退懸念が強まっています。

【8/5】今週の仮想通貨市場はどうなる?上昇の兆しみえてきた相場動向に注目!

今週はこの混乱が続けば、ビットコインはさらに価格が上昇する可能性があるので、引き続き既存の金融市場の動向に注目でしょう。

特に、人民元に関してはこれまで価格が下落した際は政府が介入し価格を上昇させてきたので、人民元の価格にも注目した方がよいかもしれません。

 

まとめ

ビットコインを初期から投資していたことで知られるカイザー氏は5日、Twitter上で発言。

そこで同氏はビットコインが今週中に1万5000ドルを超えると発言し、メディアでは話題となっています。

また、カイザー氏が指摘するのが為替市場の混乱。

先週から米利下げや米中貿易戦争の悪化、それに伴い世界経済後退懸念が強まっているので、引き続き仮想通貨市場の動向と併せて、既存の金融市場の動向にも注目したい場面です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/5】今週の仮想通貨市場はどうなる?上昇の兆しみえてきた相場動向に注目!

仮想通貨市場は先週半ばから反発しており、チャート傾向も改善しつつあります。

今週の仮想通貨市場の注目ポイント・価格をまとめました。

要点

・既存の金融市場の動向も注目か
先週からの反発はアメリカの利下げが影響しているという見方も一部であり、今週も注目になりそうです。特に米国株式の動向には注目でしょう。

 ビットコインは引き続き120万円の突破に注目

先週もお伝えしましたが、ビットコインは米利下げをきっかけにして反発。

底値圏から回復してきており、本稿執筆時点ではすでに119万円近辺で推移しています。

ビットコイン円 日足

120万円は前回につけた高値と、一目均衡表の雲が位置する価格帯。

今週はまず120万円を突破できるか注目となるでしょう。

仮に120万円を突破すれば、チャート形状はかなり良くなり、さらなる上昇にも期待できそうです。

【8/3】ビットコイン何円まで上がる?120万円の攻防に注目!

アルトコイン含めた仮想通貨市場全体に関しては、本稿執筆時点でビットコインドミナンスが67%台まで上昇しており、再びビットコイン相場へ。

ビットコインが堅調であれば、アルトコインも底堅い展開が予想されますが、アルトコイン単独での上昇はその銘柄の強いニュースが必要かもしれません。

 

ニューヨーク株式市場にも注目

こちらも先週からお伝えしていますが、米利下げによりビットコインの「デジタル・ゴールド」としての側面が直近で注目を浴びています。

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

なので今週は、暴落する米国株式、特にダウの推移もチェックした方が良いかもしれません。

ダウ

現在既存の金融市場は利下げに始まり、米中貿易摩擦、ブレグジットなどかなりの悪材料に苦しめられ、世界経済後退懸念が強まっています。

仮に今週も既存の金融市場が荒れる展開となるのであれば、ビットコインがさらに上昇する可能性もあるので注目でしょう。

なので重要ワードや現在ビットコインで何が起きているのか、下記の記事でチェックできます。

「利下げ」・「世界経済後退」最重要ファンダをわかりやすく解説!

 

まとめ

先週なかばから反発していたビットコインは、週明けも堅調な展開でスタート。

現在は120万円の攻防にさしかかっており、仮に今週この価格帯を突破すればさらに価格は上昇するかもしれません。

また、ビットコインに関しては、現在「デジタル・ゴールド」の側面が注目されており、既存の金融市場のとの関係を深めています。

そのため、先週から荒れた展開となっている世界の株式市場、特にアメリカのダウは注目しておいた方がよいかもしれません。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/3】ビットコイン何円まで上がる?120万円の攻防に注目!

株・為替が不安定な状況の中、ビットコインは米利下げをきっかけに上昇しました。

直近の上値メドを考察しました。

要点

・120万円の攻防
ビットコインの日足チャートでは、一目均衡表の雲が120万円に位置。ここは重要なレジスタンスになるため、来週いっぱい注目となりそうです。

 ビットコインは120万円の攻防に突入か!

先日もお伝えしましたが、現在ビットコインは日足チャートで雲の上限に近づいています。

ビットコイン円 日足 7月~

チャートはビットコインの日足チャートに雲を表示させたものです。

注目したいのが7月17日につけた高値120万円(赤丸の箇所)。

日足チャートでは雲の上限とその高値の価格帯が重なっているのがわかります(チャート横の赤線)。

この2点から、120万円というのは強いレジスタンスとなる可能性があり、今後注目の価格帯となりそうです。

また、3日時点ですでに115万円まで上昇しているため、ここから先は価格が上昇しずらい可能性もあります。

仮に、120万円を突破すれば、チャートがかなり改善されるため、再び年初来高値更新の可能性も出てきます。

 

しばらくの間はNYダウにも注目か

今回のビットコインの上昇が、FRB利下げ実施後に始まった以上、しばらくの間は既存の金融市場の動向が注目となるかもしれません。

NYダウ

仮にこのまま株や為替が不安定な状況が続けば、ビットコインにとっては好材料となり価格の上昇も見込めるかもしれません。

また、注目したいのはビットコインがこのように株や為替と関係を持ち始めたことです。

明らかにこのような報道のされ方は17年・18年にはみられませんでした。

つまり、ビットコインは認知や規制が徐々に整いつつあり、新たな資産として認められ始めているのかもしれない、ということです。

現状、それを断定するのにはまだ早いですが、専門家の多くも金融市場の不安定さとビットコインの価格上昇を指摘しているので、しばらくの間注目でしょう。

 

まとめ

前日に引き続き、3日のビットコインは続伸。

日足チャートの一目均衡表では、雲の上限と17日高値が重なっているので、ビットコインは今後120万円の攻防に突入するかもしれません。

仮に120万円をうわぬけた場合、チャートはかなり強気になり再び年初来高値を更新する可能性も。

先日からお伝えしている通り、今週はFRB利下げが仮想通貨メディアでもフォーカスされており、多くの専門家は金融市場の不安定さが価格上昇要因になっていると指摘しているので、来週以降も注目です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米主要メディアで「ビットコイン550万円説」議論!来年5月にも到達?

少し前になりますが、先月30日、米主要経済番組CNBCで「ビットコイン550万円説」についての議論が行われました。

司会者ジョー・カーネン氏は来年5月にもビットコインが550万円に到達すると主張しました。

要点

・ビットコイン550万円説
ビットコインに関しての価格予想は多くありますが、そのひとつに「550万円説」があります。チャートやチャート分析からは到達が不可能ではないと言われています。

ビットコインが来年5月に550万円に!?

ビットコインは2020年5月までに5500万ドルに達するでしょうか?

米主要メディアCNBCの経済番組でビットコインの価格予想について議論されました。

その中でも、司会を務めたカーネン氏はビットコインが2020年までにおよそ550万円(5万5000ドル・1ドル100円で計算)に到達すると強気の予想を述べました。

同氏はその根拠として半減期を指摘。

半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半減するプログラムで、ビットコインの希少性が高まるといわれています。

 

ビットコイン550万円はあるか

有名な価格予想としては、これまでの史上最高値である200万円がありますが、その次に550万円もおおくの専門家が指摘しています。

【ビットコイン550万円説】ビットコインは550万円への上昇を開始!!18年暴落を的中させたブラント氏

これらの専門家はたまたま予想が重なったわけではなく、チャート分析やサイクル分析を用いると「550万円(5万ドル~5万5000ドル)という数字が導きだされるからです。

現在の価格からあまりにもかけ離れて驚く方もいるでしょうが、18年相場を的中させたピーター・ブラント氏も指摘。

カーネン氏は、PlanB氏というツイッターで有名なアナリストの需給モデルを用いて説明しています。

また、すでにビットコインの半減期まで1年を切っていますが、これに関しても多くの専門家が価格上昇要因として指摘しているので、引き続き注目でしょう。

 

まとめ

先月30日、米主要メディアCNBCの経済番組で「ビットコイン550万円」について議論。

司会者を務めたジョー・カーネン氏はそこで半減期によりビットコインが550万円に到達すると指摘しました。

もちろんカーネン氏の指摘通りになるかわかりませんが、「550万円」はその他にも多くの専門家が指摘しており、ひとつの目安の価格となっています。

カーネン氏の指摘する通り、半減期は来年5月に訪れる予定で、それに伴いビットコインの価格がこれから上昇していくという指摘は多いので、これから価格が上昇していくことに期待したいところです。

 

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/3】ビットコイン110万円台へ!120万円到達はすぐ?

安値圏から反発しているビットコインですが、2日には110万円台を回復。

直近の相場動向とチャート分析をまとめました。

要点

・ビットコインが新たなステージに突入?
直近では米の利下げに始まり、ビットコインの「デジタル・ゴールド」の側面がかなりクローズアップされています。今後も世界経済と各国中銀の動きなど動向は注目になるかもしれません。

 ビットコインは110万円台を回復し120万円到達なるか

今週、一時100万円を割り込んだビットコインですが、その後は反発。

2日には110万円を回復し、チャート形状は改善されてきています。

ビットコイン円 日足 7月~

チャートはビットコインの日足に一目均衡表を表示させたものです。

2日の上昇で雲を下抜けてビットコインは再び雲の中へ突入。

このまま上昇が継続すれば、チャート形状が改善し、再び上昇トレンドに突入する可能性が高まります。

そして、注目となるのが7月20日に記録した高値120万円。

その価格帯は、ちょうど雲の上限と重なる部分になるので、いったんの上値メドとなるでしょう。

まずは120万円の到達、そしてそこを突破できるかこんご数日注目となりそうです。

 

今週浮上した新たなテーマ

今週はなんといっても、米国が利下げを実施したのがビットコインにとってもプラスに作用しました。

【8/1】ビットコイン再び年初来高値更新へ?米利下げで価格上昇!

利下げによりビットコインは上昇していますが、米国の株式は下落、米中貿易摩擦の動向も悪化するなど、再び世界経済後退懸念がフォーカスされ始めています。

それにより、ビットコインの「デジタル・ゴールド」の側面が再び注目を浴びています。

現段階ではなんとも言えませんが、このまま世界の経済・政局が不安定な状態が続けば「ビットコインのデジタル・ゴールド」の側面がますます注目を浴びるかもしれません。

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

これらの不安定な状態は既存の金融市場にとってはネガティブですが、ビットコインにとってはプラス材料になるので、今後もビットコイン、および仮想通貨市場にとって重要なテーマとなるかもしれません。

 

まとめ

週明け軟調な展開で始まったビットコインは、FRBが利下げした翌日から価格が上昇。

2日には110万円を回復し、日足チャートでは一目均衡表の雲の中へ再度突入しています。

いったんの上値メドは前回高値である120万円、ここは雲の上限が位置している価格帯でもあり、突破すれば再び上昇トレンド回帰の可能性も出てきます。

直近では米中貿易摩擦、世界経済後退懸念などが材料視されているので、来週以降もこれらの材料を注視しつつ相場動向を追っていきたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「利下げ」・「世界経済後退」最重要ファンダをわかりやすく解説!

先日、米国が利下げを実施しましたが、秋以降で世界の経済動向は仮想通貨市場にさらに影響してくるかもしれません。

今回は、仮想通貨メディアを読むうえで重要なパワーワードをまとめました。

要点

・世界経済後退懸念とビットコインの関係
今年の4月ごろから世界経済後退懸念がささやかれており、その影響でビットコインの価格が上昇しているという説があります。メディアでもよく出てくるワードなので押さえておくと良いでしょう。

 今後仮想通貨メディアを読むうえで重要なパワーワードまとめ

今回は今後仮想通貨メディアでも出てくる可能性のある金融市場のワードをわかりやすくまとめました。

これさえ押さえておけばメディアを読むうえで問題ないので参考にしてください。

 

世界経済後退懸念(米中貿易摩擦)

「半減期」と並ぶ重要ファンダか?ビットコイン(BTC)上昇に「世界経済」の関係

現在、金融市場関係者の中では今後世界経済が後退するのではないかという懸念が噂されています。

主な要因は米中貿易摩擦による経済への影響ですが、その他にも英国で「ブレグジット」、ヨーロッパの経済も悪化しており、加えてベネズエラ、ブラジル、トルコといった新興国でも政局不安が継続。

簡単にいうと、現在世界の政治・経済動向はあまり良くないということです。

また日本もそうですが、アメリカの株式・不動産などは市場最高値近辺で推移。

すでに景気拡大も10年ほど続いているため、これから株価などが上昇する可能性はあまりないという指摘もあります。

 

デジタル・ゴールド

このような不安定な状況が続く中、注目されているのが金です。

金は歴史的に一定の価格がつく「安全資産・価値保存の手段」として知られており、株価が暴落した際は価格が上昇する傾向があります。

そして「デジタル版金」として注目されているのがビットコイン。

ビットコインが今後金と同様に「価値保存の手段」として認められれば、さらに価格が上昇するという専門家は多いです。

これらをまとめ専門家などからは「デジタル・ゴールド(デジタル版の金)」と呼ばれています。

 

利下げ(金融緩和)

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

そして、直近で話題になったのが米国の利下げ。

これはまとめて「金融緩和」と呼ばれており、利下げをして企業にお金を貸したりすることで、経済を活性化する狙いがあります。

さきほど述べた通り、米国以外でも、日本は長年の低金利、ヨーロッパも今後経済を活性化するため金融緩和の方向にシフトすると言われています。

ちなみに、ここ2、3年はアメリカが利上げをするなど、若干ですが世界の金融政策は「緩和」と真逆な「引き締め」方向に動いていました。

 

まとめ

先日、米国ではおよそ10年ぶりの利下げを実施。

直近では米中貿易戦争も激化しており、世界経済後退懸念が強まっています。

それに伴い、今後メディアでは上記でまとめたワードが多く出てくる可能性があるので、知らなかった方はこれだけでも押さえておくと良いでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は1日、ファックス・ビジネスのインタビューに答えました。

そこで同氏は利下げgビットコインにとって好材料になると述べました。

要点

・利下げが好材料
リー氏以外にも利下げが好材料とみる専門家は多くいます。今回はその理由を簡単に説明します。

 利下げはビットコインにとって好材料

連邦準備制度理事会の利下げがビットコインに影響を与える

リー氏はフォックス・ビジネスのインタビューに出演。

そこで同氏は本日未明に実施された米国の利下げがビットコインの好材料になると指摘しました。

リー氏によると、ビットコインはヘッジ手段(リスク資産に対する安全手段)になりつつあり、今回の利下げがそれを後押しするとのことです。

それを踏まえ、リー氏は年末までにビットコインが過去最高値(およそ200万円)に到達するのは自然のことと強気の見解を述べました。

 

なぜ米国の利下げが好材料となるのか

リー氏以外にも多くの専門家が、利下げがビットコイン、および仮想通貨市場にとって好材料になると指摘しています。

それは、利下げが「金融緩和」と呼ばれ、基本的に経済にとってプラスになる作用があるからです。

利下げからビットコイン価格上昇のフローは下記になります。

①米国が10年ぶりの利下げ
②世界基軸の通貨である米ドルが低金利になることにより資金が他の資産に流れる(米ドルを保有してても儲からない)
③新しい投資先として認知され始めているビットコイン・仮想通貨に資金流入

厳密にいうと、もっと難しい原理が既存の金融市場にはありますが、仮想通貨の動向と報道をチェックする上では上記のことを頭にいれておけば問題ありません。

これにより「利下げ=好材料」となるのです。

リー氏はさらに、ビットコインが金と同じくヘッジ手段になりつつあることも指摘しており、利下げと新しいヘッジ手段がかみ合い価格が上昇すると述べています。

現在は米国の株式、不動産など、あらゆる資産が市場最高値で推移しており、再びバブルが起き世界経済後退がささやかれているのも頭に入れておきたいところです。

 

まとめ

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は1日、フォックス・ビジネスのインタビューに出演。

そこで同氏は、昨日実施された米国の利下げがビットコインにとって好材料になると指摘しました。

このことに関しては、リー氏以外にも多くの専門家が指摘しており、今後メディアでも「利下げ」というワードが重要になってくるので、とにかく「利下げ=好材料」というのは頭に入れておきたいところです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/1】ビットコイン再び年初来高値更新へ?米利下げで価格上昇!

1日のビットコインは前日に引き続き上昇しています。

本日未明には米国でおよそ10年ぶりの利下げが実施され、重要材料に指摘する専門家も多いです。

要点

・ビットコイン再び上昇へ?
31日からの上昇でビットコインの短期チャートは改善傾向に。米利下げという特大のファンダメンタルズも出てきたので、今後価格が上昇するか注目です。

 ビットコインは前日に引き続き上昇

31日に久しぶりに安値からの反発をみせたビットコインですが、1日も引き続き価格が上昇。

ビットコイン円 1時間足

先日もお伝えしましたが、現在は急落以降、突破に苦戦していた200SMA(200時間移動平均線)を突破してきており、短期的なチャートはこのまま上昇してもおかしくない形となっています。

仮に価格が下落した場合、200SMAが位置する105万円近辺で買いのサポートを受けらるのか確認したいところ。

まだ、7月中旬からの短期的な下落トレンドは否定できませんが、下値での買いが確認できれば、再びセンチメントも改善しそうです。

【7/31】上昇トレンド回帰?FOMC注目ポイントを解説!

 

米国がおよそ10年ぶりの利下げ

本日テレビでも報道され、仮想通貨メディアでも話題になっているのが米国のおよそ10年ぶりの利下げです。

また、利下げすることによりビットコインの価格が上昇すると一部で指摘されています。

理由は別の記事で述べますが、利下げすることにより、余った投資資金がビットコインやゴールドといった資産に向かうからです。

もちろん、今後利下げにより、仮想通貨市場にどのような影響があるか・相関関係があるかは動向を追わないとわかりませんが、ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は今年の1月時点ですでにこのことを予言しています。

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

トータルでまとめると、世界経済後退懸念→米国利下げ→ビットコインに資金流入→価格上昇という流れになります。

今後メディアでしばらくの間「利下げ」という文字を多く見かけると思うので、知らなかった方はこれらのことを頭の片隅にでも入れておくと良いでしょう。

 

まとめ

1日のビットコインは前日に引き続き、安値圏から反発。

現在は重要指標である1時間足の200SMA(200時間移動平均線)を超えてきているので、チャート形状はかなり改善してきています。

また、仮想通貨市場に新たなテーマとして「米国の利下げ」が登場。

このように直近では価格上昇と大きなファンダメンタルが出てきているので、今後しばらくの間は利下げに伴う専門家の見解をふくめ、価格が上昇するか注視したいですね。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クジラ動く!2400億相当のBTCが移動したことが判明!

ビットコイン送金アラートで有名なWhale Alertによると、29日に2400億円相当のビットコインが送金されたとのこと。

コミュニティーでは議論を巻き起こしています。

要点

・今後ビットコインが追跡不可能に?
コミュニティーではこの移動について様々な憶測がされていますが、一部で匿名のチェーンに移されたとのこと。その場合、今後このようなビットコインの追跡が不可能になるとのことです。

 24万BTCの移動を確認

https://twitter.com/whale_alert/status/1155808847908544512

不明なウォレットからの送金

ビットコイン送金アラートで有名なWhale Alertによると、29日に24万BTCという巨額のビットコインの送金を確認したとのこと。

1BTC100万円でざっくり計算すると、2400億円という巨額の額になります。

確認できるのは、あくまで送金された事実でウォレットや管理者、目的などは一切不明。

ただし、このようなクジラの移動は、その前後で相場が大きく動いたことも過去にあったので、数日間は価格動向に注目したいところ。

移動から3日経つ31日時点では、ビットコインが底値圏から反発しています。

 

 

今後ビットコインの追跡が不可能に?

一部では、これらのウォレットがBlockstream社の「Liquid」というサイドチェーンに移動されたとみる向きもあるようです。

Liquidは完全匿名取引を可能にするビットコインのサイドチェーンで、その場合、今後このようなクジラの移動を確認するのはほぼ不可能になるとのこと。

その理由として、30日に同社がテザーをサポートすることを発表したからとのこと。

日付が近いことから、Liquid内で送金されたビットコインからテザーが発行されたのではないかと議論されています。

ただし、これらはあくまでコミュニティー内での憶測なので、参考程度にはとどめておきたいところ。

繰り返しにはなりますが、このようなクジラの移動は相場に影響を与えてきたこともあるので、念のため直近の相場動向に気をつけたいところです。

 

まとめ

ビットコインの送金アラートで有名な「Whale Alart」は29日、2400億円相当の巨額のビットコインが送金されたことを確認。

一部のコミュニティーでは、これらがLiquidというビットコインのサイドチェーンに送金されたとみる向きもあり、仮にそうだった場合、今後クジラの移動が一切確認できなくなるとのことです。

コミュニティーの憶測がどこまで正しいかは確かめられませんが、過去にはこのようなクジラの移動が相場に影響を与えたこともあったので、今後の動向に注目です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【7/31】上昇トレンド回帰?FOMC注目ポイントを解説!

31日のビットコインは安値圏から小幅に反発。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・短期的なチャートは改善?
本日の反発により、短期的なチャートは改善。今晩はFOMCもあり相場が動く可能性があります。

 ビットコイン小幅上昇・短期的なチャートは改善

31日のビットコインは午前から小幅に反発。

ビットコイン円 1時間足

チャートはビットコイン1時間足に200SMAを表示させたもの。

ビットコインは10日の急落以降、1時間足の200SMA(200時間移動平均線)を超えたのは、19日の一回のみ(赤丸箇所)。

しかし、本日の反発により、再度200SMAを超えてきているので、このまま105万円いじょうを維持できれば、短期的なチャートは改善しているといって良いでしょう。

現在は100万円という100万円近辺でのサポートを受けたかたちとなっているので、引き続き価格動向に注目です。

 

FOMCで動く可能性あり?注目ポイントは

また、本日夜はFOMCが実施されます。

FOMC-Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)・・・簡単にいうと米国の金利を決定する会合。金利の上げ下げの他、今後のスタンスについてもコメントが。金融市場関係者にとっては一大イベント。

会合はおおよそ日本時間で深夜3時ごろからです。

注目ポイントは簡単で

利上げ方向→ビットコイン下落の可能性
利下げ方向→ビットコイン上昇の可能性

基本的に、ビットコインは米ドルが利下げ方向に動くと、投資先の資金が流入するというのが多くの専門家から指摘されています。

なので、本日は「利上げ方向か・利下げ方向か」に注目しつつ、余裕のある方はFOMC動向をチェックしておいた方がよいかもしれません。

またFOMC以降で相場が動く可能性があるので、まずは大きく動くかも注目したいところです。

 

まとめ

31日のビットコインは午前に安値圏から反発。

それにより、直近で超えられなかった200SMA(200時間移動平均線)を超えてきており、短期的なチャートは改善しつつあります。

また、本日は米国でFOMCも開催。

そこで再びFRBが利上げ方向のスタンスを示せば、仮想通貨市場にとってはポジティブな材料となるので注目。

また、FOMC以降で価格が大きく動くか(ボラティリティーが高まるか)にも注目したいところ。

現段階ではまだわかりませんが、このまま価格を維持できれば、今後短期的にでも再び上昇の流れになる可能性もあるので、直近の価格動向は注目です。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

なぜアマゾンは仮想通貨業界に参入しない?幹部がその理由について語る!

6月に開催されたカンファレンス「フォーチュン」にて、アマゾンペイの幹部が仮想通貨に関して言及。

アマゾンが仮想通貨業界に参入しない理由を語りました。

要点

・アマゾン参入はまだ先になる?
かねてから期待の高いアマゾン仮想通貨業界参入ですが、フェイスブックと違い堅実的な立場を示しました。この発言からすると、アマゾンの参入はまだ先になりそうです。

 アマゾンペイ幹部が仮想通貨業界参入に関し発言

Fortune Brainstorm Finance 2019「波紋史上最高の契約付きサイン契約」 – Brad Garlinghouseが、人の姿を暗示する有機的な形であるXRPロゴを振り返ります。

アマゾンペイ代表、パトリック・ゲイザー氏は先月開催され、リップル社CEO、ガーリングハウス氏も参加したカンファレンスに登壇。

そこで、アマゾンがなぜ仮想通貨業界に参入しないかを説明しました。

同氏によると、アマゾンは問題解決が確実なに可能なものにしか参入しないとのこと。

簡単にいうと、認知が以前よりかは向上したものの、まだ仮想通貨は不安定なものだから参入しない、ということでしょう。

ゲイザー氏が述べるように、仮想通貨は未だにハッキングなど、完全に問題を解決したとは言い切れません。

このことを踏まえれば、アマゾンの仮想通貨業界参入はもう少し先になるかもしれませんね。

 

フェイスブックと対照的な立場をみせたアマゾン

アマゾンと聞いて連想するのが、同じ米国企業であり、世界的なニーズを誇るフェイスブック。

フェイスブックはアマゾンと対照的で、どの企業よりもいち早く仮想通貨業界に参入する形となりました。

 

しかし、ゲイザー氏が述べるように、まだ米国では規制もできていない段階で、フェイスブック「リブラ」は現在、世界中で議論を巻き起こしています。

これらのことを踏まえれば、フェイスブックはかなり挑戦的な行動に出たとも言えるでしょう。

少なくとも仮想通貨業界にとっては、これらの大企業の参入は認知が向上する上でポジティブですが、フェイスブック「リブラ」に関しては先がみえない状況が続いているので、引き続きその動向は注目です。

 

まとめ

アマゾンペイ代表、ゲイザー氏は先月開催されたカンファレンス「フォーチューン」に登壇。

そこで、アマゾンは確実に解決可能なものにしか参入しないと、同社の堅実な立場を示しました。

アマゾンの参入はまだ先になりそうですが、現在はそれと対照的なフェイスブックの動向が関係者の注目を集めているので、引き続き動向と関連する報道などに注目です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【サク読み】新経済連盟が金融大臣に出した要望は?【サクっと読める】

 

楽天グループ三木谷浩史社長が代理理事の「新経済連盟」が

金融大臣に仮想通貨(暗号通貨)に関する要望を提出!

提出した要望一覧をサクっと紹介!

 

提出した要望:①ブロックチェーン関連

  1. 各行政分野でのブロックチェーン活用の検討。
  2. 協議会を設置し、国内外の情報共有、社会実装に向けた課題を洗い出し。
  3. ブロックチェーンを活用する為に法規制、民間ビジネス創出の支援。

提出した要望:②税制と要望

  1. 総合課税から、申告分離課税への変更 (税率は株やFXと同様に20%とする)
  2. 暗号資産間の交換は非課税とする
  3. 損益通算や損失の繰越控除を可能とする

更に税制に関して議論を行い、継続して提言を行っていくとしています。

これで、仮想通貨取引最大税率55%改善されるかもしれません。

日本の仮想通貨取引における税率の高さは世界でもトップクラスとなっており、

世界の水準に追いつく為に、

新経済連盟が動いてくれてます!

 

新経済連盟の要望まとめ

ブロックチェーンの法整備、政府内での活用を検討を。

協議会設置、国内外の最新動向を確認出来るようにするべき。

暗号資産間の交換は非課税。

損益通算や損失の繰越控除を可能とする。

総合課税から、申告分離課税への変更 (税率は株やFXと同様に20%とする)

やはり一番気になるのは総合課税から申告分離課税になるか否かですね。

 

この要望が通れば、

税率が高いせいで仮想通貨業界に参入しなかった投資家が参入を始めるかもしれません。

仮想通貨業界全体の為にも、

新経済連盟 三木谷社長双方共に頑張ってほしいですね!

 

 

Twitterのようにフォローするだけで億トレーダーと同じ売買!?

Twitterのように「フォローして放置するだけのかんたんFX」のINSTANTRADEをご存知ですか?

フォローしたトレーダーの取引を自動でコピーしてくれる新時代のFX証券口座です。

当サイトでも既に紹介していますが、
ユーザーがする作業は「入金とフォロー」だけです。

手軽さ実用性の高さ皆様に高い評価をいただいてます!

注目すべき点として、

INSTANTRADEレバレッジはなんと最大で500倍!

1万円といった少額から始める事が可能で、
入金した額以上の損失額も出ません。
初心者でも安心してサクっと利用できるのが最大のメリットです。

 

知らなかった方はこの機会に口座開設してフォローするだけの楽々投資。

あなたも億トレーダーと同じ売買を体感してみませんか?

INSTANTRADEの口座開設はこちらから!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【7/30】今週の仮想通貨市場はどうなる?局面を迎える価格動向に注目!

週明けの仮想通貨市場は軟調な展開が続いています。

今週の注目ポイント・価格をまとめました。

要点

・材料少ないも価格は局面に
週明けのビットコインはさらに下落するか・反発するかの局面に。価格が動く材料も少なく引き続き引き続き調整相場に気をつけたいところです。

 ビットコインは反発できるのか?

7月に入って下落したビットコインですが、結局下旬まで価格が下落したことに。

先週は103万円台まで価格が下落しました。

ビットコイン円 1時間足 22日~

週明けは安値近辺で横ばいの動きが続いています。

今週はまずこの102万円から103万円の価格帯で反発できるか注目となるでしょう。

先週からお伝えしている通り、チャート形状はこれまでの上昇相場と違い、上値が重い展開が継続。

【7/28】ビットコイン再び暴落!調整の流れ続くか

専門家からは調整相場入りする指摘が多くあります。

そのため、今週は102万円の価格帯が決壊し、さらに下落するシナリオも考えられるでしょう。

ただし、週明けの時点では、ボラティリティー(変動率)がかなり縮小しているため、引き続き値動きは読みづらい展開に。

102万円が決壊した場合、前回安値である98万円でサポートを受けれるか引き続き注目です。

 

材料乏しく夏枯れ相場となるか

これまでビットコインおよび仮想通貨市場はデジタル・ゴールドとしての側面、そしてリブラの話題で盛り上がってきましたが、株式市場は一旦落ち着きをみせ、リブラは規制の問題が議論されています。

そのため、これまで話題になっていた材料はいったん落ち着きをみせる形となっています。

またそれは7月に入ってからのレンジ相場をあらわしているとも言えるでしょう。

今月に入ってからは新たにBakktのローンチが再注目されていますが、今のところ上昇までには至っていない様子。

Bakktが9月までにローンチ!?今夏の特大材料となるか?

仮想通貨市場に限らず、金融市場では「夏枯れ相場」という言葉もあり、8月は流動性が少なく材料も乏しくなる傾向があります。

夏枯れ相場・・・既存の金融市場で使われる言葉。欧米では長期休暇のシーズンに入り、マーケットの流動性が少なくなる傾向がある。

なので先週に引き続き、新しい材料が出てくるかも注目したいところです。

 

まとめ

先週の仮想通貨市場は弱含みの展開が継続し、価格は103万円台まで下落。

週明けは安値近辺で横ばいの動きが継続しており、ここから反発できるか・さらに価格が下落するかの瀬戸際にいます。

7月に入ってからは新たな材料がなく上昇しきれない部分もあるので、引き続き新材料に期待しつつ調整相場の荒い値動きに注意する1週間となりそうです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米でビットコインのマネーロンダリングを発見!世界的な解決への取組は?

米政府は19日、ダークウェブ『シルクロード』での薬物取引で得たビットコインでの売上をマネーロンダリングに使ったとして、麻薬密売人である男の逮捕を発表しました。

今回の事件でマネーロンダリングされたビットコイン総額は1900万米ドル(約20億円)にものぼるとされます。

この事件は、近年相次ぐ仮想通貨のマネーロンダリングを発見した事例として、仮想通貨業界に注目されるでしょう。

事件の詳細と、仮想通貨業界が同様の犯罪を解決するべく行っている現在の取り組みについて紹介します。

要点

・米で仮想通貨のマネーロンダリングが阻止された
米で麻薬密売で得た仮想通貨約20億円のマネーロンダリングが発見され、犯人逮捕に至りました。このように、過去にマネーロンダリングを解決した事例や、現在の世界的な取り組みなどを解説します。

どうやって麻薬密売で得たビットコインのマネロンを見破った?

政府発表によると、2017年から2018年の間に、麻薬密売人の男は『シルクロード』を通して麻薬取引を行い、決済をビットコインで行わせ、仮想通貨取引所内の自身の口座に送金させていました。

容疑者は口座内の資金をまた別のところに送金し、証拠隠滅させる「マネーロンダリング」という行為に及んだとされています。

これは「資金洗浄」ともいわれ、自身が犯罪に使った「汚い口座」から無関係の「きれいな口座」に移すことを意味します。

HSI(国土安全保障調査団)の特別捜査官は、操作の一環として雇用したブロックチェーン分析の専門家の協力を得て、ビットコインの取引履歴を記したブロックチェーンデータをもとに通貨の流れを調査しました。

その結果、逮捕された男絡みの麻薬取引で送金されたビットコインの在り処を押さえたとのことです。

ビットコインのブロックチェーンには麻薬絡みの「汚い取引」の記録が残ったままなので、これが犯罪の証拠になったわけです。

今回の違法取引で使われたビットコインはすでに押収済みとされています。

この事件での特別捜査官やブロックチェーン専門家の活躍は、仮想通貨が関係する犯罪抑止に大きな一歩を進ませたでしょう。

 

仮想通貨マネーロンダリング解決の取り組みは急速に進んでいる

仮想通貨がマネーロンダリングを受けるのを阻止したり、されてしまったものを見破ったりするなどの取り組みは、現在業界で急速に進んでいます。

5月30日には、株式会社BUIDLがアンチマネーロンダリングシステム「SHIEDL」(シードル)を発表しました。

このシステムは犯罪に使われた通貨を見破り、善意の利用者に警告することで、資金洗浄を防止できるとのことです。

6月21日にはFATF(金融活動作業部会)が、仮想通貨マネーロンダリング防止を目的に、取引所に顧客の確認や不審な取引報告の徹底など、監視強化を求める方針を発表しています。

7月19日には、日本政府がメッセージ伝送式の決済ネットワークシステム「SWIFT」の仮想通貨版を整備していることが報じられています。

SWIFTはアンチマネーロンダリングシステムを備えていることで有名で、仮想通貨にも類似システムを適用しようという意向でしょう。

ここ2ヶ月だけでも、以上のようにマネーロンダリング対策に取り組む仮想通貨関連機関が相次いでいます。

仮想通貨関連の犯罪を抑止する動きが活発であれば、我々ユーザーも安心して仮想通貨取引ができるでしょう。

 

まとめ

米で麻薬取引に使われた仮想通貨のマネーロンダリングを見破り、犯人を逮捕した事件は、仮想通貨業界の犯罪抑止への動きの大きな一歩となったでしょう。

現在の仮想通貨業界では、マネーロンダリングを抑止するため、システム開発やコンプライアンス徹底などの活発な動きが見られます。

最近でも7月12日に発生したビットポイントでの事件をはじめ、取引所から流出した仮想通貨の多くがマネーロンダリングされていると考えられます。

以上のような犯罪を阻止するために、仮想通貨業界が対策に積極的なのは素晴らしいことでしょう。

今後のマネーロンダリング対策の進化が期待されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【サクっと読める】マカフィー氏「ビットコインは8/4に急上昇する」【サク読み】

要点だけをまとめたサク読み!

人気仮想通貨コメンテーターであり、

有名アンチウイルスソフト「McAfee」の創業者でもジョン・マカフィー氏の発言とは?

 

ツイッターでビットコインに関して言及。

ビットコイン(BTC)は最近、

値下がりが続く傾向がありましたが、

その事についてジョン・マカフィー氏が気になる発言をしています

ビットコイン(BTC)は今、米国政府から圧力を受けている
今の価格はそれを反映しているんだ。
だけど、米国には仮想通貨を完全にコントロール出来る力は無い。
見ていてくれ。
7月28日から1週間後、ビットコイン(BTC)の価格は急上昇を遂げる。

7月11日トランプ大統領が行ったビットコインへの言及、

7月16-17日フェイスブックの仮想通貨Libraに関する公聴会、

この二つの出来事が、

現在のビットコイン価格に大きな影響を及ぼしている仮想通貨の分析を行っているSFOXが示唆しています。

 

何に注目すべきか?

マカフィー氏のTwitterによると、

7月28日から一週間後

つまり8月4日”ビットコイン(BTC)の価格が急上昇するという発言があります。

 

もし急上昇する事が現実になるのであれば、

8月4日の数日前から値動きに要注目です!!

 

サクっとマカフィー氏発言まとめ

あの有名なアンチウイルスソフト

「McAfee」創業者であるジョン・マカフィー氏がTwitter内で、

現在の値段の低迷は米国政府の圧力によるもの。

その圧力から8月4日にビットコイン(BTC)が解き放たれ、

価格が急上昇するという発言を行っていました。

 

8月初週、ビットコイン(BTC)に大注目です!

 

Twitterのようにフォローするだけで億トレーダーと同じ売買!?

Twitterのように「フォローして放置するだけのかんたんFX」のINSTANTRADEをご存知ですか?

フォローしたトレーダーの取引を自動でコピーしてくれる新時代のFX証券口座です。

当サイトでも既に紹介していますが、
ユーザーがする作業は「入金とフォロー」だけです。

手軽さ実用性の高さ皆様に高い評価をいただいてます!

注目すべき点として、

INSTANTRADEレバレッジはなんと最大で500倍!

1万円といった少額から始める事が可能で、
入金した額以上の損失額も出ません。
初心者でも安心してサクっと利用できるのが最大のメリットです。

 

知らなかった方はこの機会に口座開設してフォローするだけの楽々投資。

あなたも億トレーダーと同じ売買を体感してみませんか?

INSTANTRADEの口座開設はこちらから!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【7/28】現在の相場を専門家はどうみる?今週出た報道まとめ!

弱い展開が続く仮想通貨市場ですが、専門家の中でも一時的に調整という向きが多いようです。

今週出た専門家の見解をまとめました。

要点

・ビットコインは何円で下げ止まるのか
調整の指摘多い中、逆張りをするのは危険かもしれません。重要な価格を注視しつつ、値動きを見極めたい場面です。

 調整の指摘多い中ビットコインは何円まで下がるのか

現在の相場はビットコインが弱々しい動きを続ける中、アルトコインも弱含み仮想通貨市場全体が軟調な展開に。

それに伴い、チャート形状も悪化。

今回は今後短期的に調整をむかえるという専門家の見解をまとめました。

 

再び98万円まで下落?:投資アドバイザー・コロボス氏

98万円まで買いは待て?現在の相場を投資アドバイザーが指摘!

投資アドバイザーのコロボス氏は早い段階から、ビットコインが98万円まで下落すると指摘しています。

98万円というのは、今月17日につけた今のところの最安値です。

28日の段階で、103万円とその価格が迫っているので、来週以降は注目となるかもしれません。

また、コロボス氏は98万円を割り込み、92万円近辺(8500)ドルまで価格が下落することも指摘しています。

 

一時的に92万円まで下落:仮想通貨投資ファンドCEOマイク・ノボグラッツ氏

ビットコインが92万円まで下がる?アナリストが解説!

仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏はレンジ下限である92万円まで下落すると指摘。

しかし、同氏は安値をつけた後は年末までに2万ドルにと到達すると指摘しています。

コロボス氏同様、ノボグラッツ氏も安値に92万円を指摘しているので、下落した際は注目の価格となるでしょう。

 

ビットコインは安値をつけない!?:仮想通貨アナリストがマイニング理論を用いて分析

ビットコインは今後安値をつけない!?専門家がマイニング理論から指摘!

しかし、いずれの専門家も中長期的にはビットコインが再び高値をつけると述べています。

その証拠に、仮想通貨アナリストはマイニング理論から、今年安値(30万円を下回る)可能性は低いと述べています。

なので、今回の調整も一時的なものの可能性が高いので、いずれにせよどこで下げ止まるか重要な価格帯を注視しつつ価格動向を見守りたい場面であります。

 

まとめ

ビットコインおよび仮想通貨市場全体が弱含みの展開を続ける中、専門家から調整の指摘が多く出ています。

これらをまとめると、総じて92万円から100万円近辺が次のレンジで注目される価格帯となりそうです。

上記に挙げた価格帯はチャート上で重要な価格であり、投資家から注目を浴び一度は下げ止まる価格となりそうです。

そこで価格が上昇していけば、再び年初来高値更新の上昇トレンドに回帰することもできるので、来週以降、注目したい価格であります。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【7/28】ビットコイン再び暴落!調整の流れ続くか

ビットコインは引き続き弱含みの展開で103万円近辺まで価格が下落しています。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・弱弱しい動き続くビットコイン
ビットコインは引き続き弱い展開が続いています。直近では重要な価格帯に接近してきているので、引き続き価格動向には注目です。

 ビットコインは103万円近辺まで下落

昨日、一時的に110万円台まで上昇する場面がみられましたが、それがフェイクとなり価格が急落。

ビットコイン円 5分足 27日~

現在は103万円近辺で推移しています。

103万円というのは以前サポートになっていた価格帯でもありここから反発していけるのか注目したいところ。

また、103万円の次は以前からお伝えしている98万円というレジスタンスもあるので、引き続き価格動向を注視していきたいものです。

直近では読みずらい動きが継続しているため、取引をする方は注意したい場面でもあるでしょう。

 

調整の流れ続くか

コチラも連日当ブログでお伝えしていますが、今週は弱い値動きに加えメディアでは専門家の調整シナリオが多く報道されました。

【7/27】読めない展開続くビットコイン!今後の戦略は?

引き続き、チャート的にはこのまま下落することも考えられるので、まずは98万円のサポートに注目したいところです。

先日もお伝えしましたが、昨年も仮想通貨市場は8月に急落し秋まで調整するという流れが続きました。

そのことを考えると、今年も8月いっぱいは調整の動きになるというのは考えられるので、決め打ちせずに相場動向を見守りたいところです。

また、このような調整相場においては、昨日みられた騙しの動きが発生しやすい期間でもあります。

そのため、重要な価格を注視しつつ、それ以外の価格帯での動きは十分に気をつけたいところ。

繰り返しにはなりますが、まずは直近の98万円、ここがサポートされればまだ上昇シナリオは否定できないので、注目となります。

 

まとめ

ビットコインは27日、一時110万円をつけましたが、それがフェイクとなり価格が急落。

急落後は値動きが停滞しており、現在は103万円近辺での値動きが継続しています。

直近では専門家から調整の指摘が相次いでおり、来週以降も価格の急落には気をつけたいところ。

また、このような調整相場においては、昨日みられた「騙し」の動きが発生しやすい期間でもあるので、十分に注意が必要です。

引き続き直近の重要なサポートである98万円に接近しているので、まずはそこを見極めつつ相場動向を追っていきたいものです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【7/27】読めない展開続くビットコイン!今後の戦略は?

仮想通貨市場は全体的にやや弱い展開となっていますが、急落するほどではありません。

今週の値動きを含め直近のビットコインの値動きを考察しました。

要点

・弱気が優勢も読めない展開続くか
アナリストらの意見は弱気が優勢ですが、現状どちらのシナリオもあり得るでしょう。ボラティリティー(変動率)も縮小気味なので、次の一手が重要になるかもしれません。

 今週のビットコインの値動きまとめ

今週は、週明けからよわよわしい動きが続いたビットコイン。

木曜日には一時103万円の安値を記録しました。

ビットコイン円 1時間足 月曜日~

安値を記録したあとは反発するも、その後再び下落。

チャートにトレンドラインを書きましたが、現在は「三角保ちあい」のようにボラティリティー(変動率)が徐々に縮小してきているため、この土日の値動きが重要になるかもしれません。

アルトコインは今週、一時的に強い場面がみられましたが、継続的なものではなくなんとも言いがたいところ。

 

直近ではメディアでアルトコインの上昇が話題となっているので、来週以降も注目のテーマとなりそうです。

 

今後の戦略は?

昨年もそうでしたが、仮想通貨市場は例年10月から年末に上昇しやすいと言われています。

そのことを考えると、8月から9月は調整相場になるという可能性もおおいにあるでしょう。

短期的には、対ドル価格で1万ドルの節目を回復してきており、今月中旬につけた安値も更新していないことから、まだ強気の流れは完全否定できない形となっています。

ただし、専門家の多くは短期的な調整相場入りを指摘するものが多いです。

 

あるいは上昇・下落どちらもせずに、このまま横横でパッとしない値動きが続くというシナリオも考えられます。

昨年の8月は急落した後に、ビットコインはほとんど動かない相場が続きました。

メディアのセンチメントを考慮すると、現状は弱気がやや優勢ですが、まだ先の読めない展開が続きそうです。

仮に次動いた際、安値の更新がない、またはベアトラップになった場合は、再び年初来高値更新の可能性もあるので、まずは次の一手に注目でしょう。

直近では今週の安値103万円、7月中旬につけた98万円が重要なサポートなっています。

 

まとめ

ビットコインは今週、週明けから軟調な展開が続き、木曜日には一時103万円の安値を記録。

それに伴い、専門家からは弱気の見解が多数出ています。

ただ、チャート形状からいえば、まだ全てのシナリオの可能性が残されているので、引き続き重要なサポートを注視しつつ次の一手を伺いたい場面ではあります。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米財務長官が仮想通貨規制を示唆!重要材料となるか?

米ムニューシン財務長官は26日、CNBCの番組に出演。

そこで同氏は将来的に米国において仮想通貨規制を実施する意向を示しました。

要点

・米国政府が動き出した?
今月に入り、トランプ大統領、財務長官、FRB議長など要人発言が続いている米国。これまでになかった動きであり、今後注目の材料となるかもしれません。

 ムニューシン財務長官が将来的な仮想通貨規制を示唆!

「私は個人的に10年以内にはビットコインは主導しない保証することができます」に、Mnuchin財務長官は述べています

ムニューシン財務長官はCNBCの番組に出演。

そこでビットコインに対し否定的な立場を示すとともに、将来的にビットコイン含む全ての仮想通貨規制を実施していく意向を示しました。

ただ、どのような規制かは定かではなく、話も数年といった長期的なスパンで話しているので、その点は注意が必要です。

この他には改めて米ドルの重要性を強調、依然の立場を再度主張する形になりました。

 

米国要人発言は重要材料になるのか

ここで注目したいのが、これまでムニューシン財務長官が仮想通貨に関する発言をこのように積極的にすることはなかったということです。

今月に入りトランプ大統領、FRB議長らが立て続けに発言しており、基本的に仮想通貨には反対の立場を示していますが、今後も注目となるでしょう。

ビットコインが価値保存の手段として米国政府に認められた?ムニューシン財務長官コメントで価格上昇!

なお、このような発言の背景にはフェイスブック「リブラ」の存在が。

米国の大企業が本格的に仮想通貨業界へ参入することにより、規制の問題などが現在世界中で議論されています。

また、ムニューシン大統領らの発言は一見ネガティブにも聞こえますが、これまで米国要人からこのような発言はあまり見られませんでした。

その点では、ある意味で仮想通貨が普及しだしているともいえ、そのこと自体はポジティブな材料となるでしょう。

トランプ大統領らのネガティブキャンペーンで、良い方向ではありませんが、市民が仮想通貨に興味を持つ可能性もあります。

今後も発言が続くは定かではありませんが、フェイスブック関連の報道、および米国要人の発言は、今後材料視される可能性もあるのでしばらくの間注視したいところです。

 

まとめ

ムニューシン財務長官は26日、CNBCの番組に出演。

そこで同氏は将来的に仮想通貨規制を実施する意向を示しました。

今回はあくまで意向を示すだけに留まりましたが、フェイスブック「リブラ」は米国や世界の仮想通貨業界を変化し始めているので、今後米国の要人発言は材料視されるかもしれませんね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.