仮想通貨ニュース

No tags for this post.

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

仮想通貨市場は長らくレンジの展開が続いていますが、重要な局面にさしかかっていると指摘する専門家もいます。

シニアアナリストの分析を紹介します。

要点

・レンジ相場からのブレイクアウト
株や為替などの相場でも、長らくレンジ相場が続いた後に、価格が大きく動き出すのは一般的な動きとして知られています。

ビットコインは重要な局面に

ブレイクアウトが差し迫っている!

仮想通貨プラットフォームを提供するeToro社シニア・アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は上記のようにツイートしました。

グリーンスパン氏は、チャート分析をおこない、現在のビットコインが重要な局面にさしかかっていると分析しています。

現在の「順トライアングル(三角保ちあい)」は、実は今年で3回目だ。前の2つは紫色の箱でチャート上で示している。最初は上向きの休憩だったし、2番目のよりフラットだったが、最終的にブレイクアウトした。

グリーンスパン氏は日足のトレンドラインを用いており、現在の相場はトライアングル・フォーメンション(三角保ちあい)を描いていると分析。

トライアングルフォーメーションは、そのトレンドの終盤に現れるチャート形状で、徐々に値動きが細くなり、上下どちらかに価格がブレイクアウトする相場の一般的な動きのひとつです。

グリーンスパン氏が分析しているのは、あくまでビットコインだけですが、仮にビットコインが大きく動き出すなら、仮想通貨市場全体が動くとみてよいでしょう。

 

ブレイクアウトを期待する専門家も

チャート形状では、近々価格が大きく動きだす可能性があり、またそのためか期待の声をあげる専門家も直近で多くいます。

先日は、CNBCホストでチャート分析をおこなうラン・ノイアー氏がツイート。

同氏は「ビットコインは暴騰寸前」とレンジを上方にブレイクする可能性について述べました。

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

また、昨日は別のアナリストも「ビットコインは底をつけた」とツイート。

同氏はイーサリアムの価格推移が相場に影響を与えていたという分析をおこなっています。

強気論者が止まらない!仮想通貨アナリストがビットコインは底をつけたと分析!

これらの専門家の発言の発端は、著名投資家ノボグラッツ氏が「仮想通貨市場は底をつけた」と9月中旬にツイートしたのが始まりでしたが、上記以外でも多くの専門家、アナリスト、投資家らが仮想通貨市場に対し強気の見解を述べています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ただ、グリーンスパン氏のチャート分析は、大きく動き出す可能性があるだけで、必ずしも数日以内に動くわけではないので注意しましょう。

もちろん、このまましばらくレンジ相場が継続する場合もあります。

また、動き出すといっても、再び価格が下落する可能性もあるので、その点は注意したいですね。

数日間は相場に動きがあるのか注目となりそうです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

強気論者が止まらない!仮想通貨アナリストがビットコインは底をつけたと分析!

9日、フォロワーおよそ1万8千人をほこる仮想通貨アナリストが、ビットコインは底をつけたとツイートしました。

直近では専門家の多くがすでに市場が底をつけたと分析しています。

要点

・価格下落の要因はイーサリアムだった?
アナリストは2018年の価格低迷の要因はイーサリアムが原因だったと主張しています。

 仮想通貨の価格低迷はイーサリアムが原因だった?

理論:ビットコインは、2017の終わりに実行された大規模な ICO (ERC20) バブルによって急騰したため、間接的に経由して煽ったイーサリアムといえる。

9 月初めにイーサリアム は底をつけ、それは弱気市場を終了するために有意であったことを意味します。

私たちは皆、それを期待して、間違った場所でビットコインを見ていた。

仮想通貨アナリスト、エリック・ティース氏は、昨年12月の価格上昇は、イーサリアムによって引き起こされたICOバブルが原因だったと推測しています。

そして、イーサリアムは9月に一旦底をつけた形となっているので、ビットコインも底をつけたのではないかと分析しました。

イーサリアムは、2018年の価格低迷で、これまでETHをつかって資金調達していたプロジェクトが換金売りを行っているという憶測もありましたが、ティース氏のいうように、チャート上では一旦底をつけた形状をしています。

イーサリアムドル 日足

 

「底をつけた」説が続々と

先日も当ブログでお伝えしましたが、9月中旬に米国著名投資家ノボグラッツ氏が「底をつけた」と発言して以降、多くの専門家が共鳴するように同じ見解を示しています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

これらの専門家の意見が必ずしも正しいとは限りませんが、6000ドルが年初来の重要なサポートとなっており、それより下の価格には下がらないというのが大方の意見のようです。

 

これから市場はどうなるのか

今のところはティース氏のいうように、イーサリアムが市場の重要な指標になっている可能性があるので、イーサリアムの価格にもしばらくの間重要でしょう。

こちらも先日からお伝えしていますが、現在の仮想通貨市場は上がりもせず下がりもしないレンジ相場が1ヵ月近く継続しています。

多くの専門家がいうように、仮想通貨市場が底をつけたのなら、ここから価格が上昇していく可能性があるので、相場動向には引き続き注目です。

【10/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?新しい材料がなければレンジ推移となる?

 

まとめ

直近では多くの専門家が底をつけたとの見解を示していますが、もちろんここからさらに価格が下落する可能性も完全に0ではありません。

しかし、直近でビットコインの6000ドル付近は非常に強いサポートになっていること、またチャート形状をみても「一旦は底をつけた」と言えるでしょう。

ティース氏の分析が正しければ、イーサリアムの価格動向がビットコインの動向にも影響してくるので、しばらくの間は相関性など両者の値動きに注目したいところですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

11月中に決定!?SECが9つのETF一般意見書を11月5日に変更!混乱するビットコインETF復習!

今月下旬に期限が設定されていた3社9つのビットコインETFへの意見書ですが、それが11月5日に変更になったと公式で発表されました。

今回はややこしいビットコインETFの復習もあわせて紹介します。

要点

・VanEck/SoildX版ETFとは区別を
今回、意見書の期限が変更されたのは、もっとも注目されている「VanEck/SoildX版ETF」ではありません。ややこしいですが、この点は注意です。

3社9つのETFへの一般意見書(パブリックコメント)の提出期限が11月5日に変更

現在、ビットコインETFは合計で10個申請されており、それぞれ再審査・延期の決定が下されています。

まず、現在のETFの審査状況は下記になります。

①GraniteShares・ProShares・Direxion社9つのETF→再審査
②VanEck・SoildX社の申請しているひとつのETF(上場期待大)→可否判断は12月末

今回、SEC(米証券取引委員会)が発表したのは、①の9つのETFへの一般意見書(パブリックコメント)提出期限です。

なので、可否判断や結果がでる日程ではないのに注意しましょう。

一般意見書は、簡単にいうと、投資家たちの「賛成か・反対か」という意見ということです。

ただし、SECは意見書を確認次第、再審査に入る可能性も考えられ、11月中に可否判断の結果が出る可能性も完全には否定できません。

 

今後考えられるシナリオ

SECの動向に関しては、専門家の中でも意見が別れており、SEC自身の表明が曖昧なため、動向が読みずらい点があります。

今後、いくつかシナリオは考えられます。

①11月中に9つのETFいずれかが承認される→相場が上昇する可能性大
②11月中に全て否認、または一部否認
③12月以降に可否判断が持ち越される

仮に、11月中に、申請されている9つのETFのうち、どれかひとつでも承認されれば、相場が急激に上昇する可能性があります。

なぜなら、承認されれば、12月末に延期されているVanEck/SoildX版ETFの承認可能性が大幅に高まるからです。

先日もCNBCホスト、ラン・ノイナー氏が「ビットコインは暴騰寸前」と発言し話題になっています。

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

ただ、3社9つのETFに関しては、一度8月末に全て否決され再審査になっているので、承認される可能性は低いというのが大方の見解です。

異例!SECが否決した9つのビットコインETFを再審査へ!今後の日程や注目ポイントは何か

 

まとめ

いずれにせよ、SECの動向は不明瞭な部分があるので、声明が発表されたらチェックしましょう。

今回の発表は、3社9つのETFの可否判断日程ではなく、一般意見書の提出期限です。

再審査の日程は引き続き不明なので、注意しましょう。

そして、上場期待度が大きいVanEck/SoildX社のETFの可否判断は12月末となっています。

11月以降は、再びSECとビットコインETFに関しての動きがでる可能性があるので、引き続き注目でしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

7日、CNBCのホストを務め、自らも仮想通貨トレードをおこなうラン・ノイナー氏がツイッター上で発言しました。

同氏によると、ビットコインは暴騰寸前とのことです。

要点

・仮想通貨市場が動き出す?
通常、株や為替の市場でも、長いレンジが続くと価格がどちらかに急激に動きだすのが一般的な動きとなっています。長いレンジ相場が続いている市場が動き出すことが注目されています。

 ビットコインは暴騰寸前

私は両親にビットコインを買いました。明らかに暴騰寸前だ・・・。

ノイナー氏は、ツイッター上で上記のように発言。

「両親のためにビットコインを買った」と自らのツイートに自信をみせています。

昨年の今頃、BTC は5週間で 6691ドルから 2万 ドル(12 月17日) に到達しました。これは、期待と現金決済 BTC 先物契約の立ち上げが背景にあります。ETF はそれらの方法より大きい取引であり、BTC の実際の購入を要求する2つの可否判断締め切りが迫っています。

ノイナー氏は、その根拠としてビットコインETFの可否判断が迫っていることを挙げています。

昨年は11月から5週間のうちに価格が暴騰しましたが、その理由は2017年12月に開始されたCBOEとCMEの先物取引の期待感からでした。

ビットコインETFは先物よりも影響の高い取引方法とされているので、今年もいくつかのETFが認可されれば、価格が暴騰するとの見解を示しています。

 

年後半に消化していくビッグイベント

ノイナー氏がいうように、ビットコインETFは先物よりも影響は高いですが、VanEck/SoildX版ETF以外は価格自体への影響度は低いとされています。

しかし、申請されているETFのうち、どれかひとつでも承認されれば、期待感が高まり価格が上昇する可能性があるのも確かでしょう。

現在、もっとも期待の高いVanEck/SoildX版ETFの可否判断締め切りは12月末。

その他の9つのETFは10月末に意見書の期限が設けられています。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

ノイナー氏以外でも、直近で多くの専門家が強気の見解を示しており、価格が上昇しやすいといわれている年後半の相場が注目されています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ノイナー氏は、ビットコインETFを暴騰の要因として挙げていますが、11月にはBakktのビットコイン先物取引が始まる予定です。

ファンドストラッド社のトム・リー氏は、ETFよりもBakktの先物のほうが影響が強いと発言しています。

必ずしもノイナー氏のいうように、価格が暴騰するとはいえませんが、材料は十分にあるといえるでしょう。

仮想通貨市場は長いレンジが続いていますが、これから価格が暴騰するのに期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇する可能性が大いにあり、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【10/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?新しい材料がなければレンジ推移となる?

先週の仮想通貨市場は、新高値・安値更新があまりないレンジ相場でした。

今週も特別大きなイベントはなく、材料待ちの相場展開が続きそうです。

要点

・レンジ相場は続くのか
トレーダーにとってはつまらないですが、よくいうのであれば安定してるとも言えます。

 仮想通貨市場はレンジ相場が続く展開に

先日もお伝えしましたが、仮想通貨市場はレンジ相場が続く展開となっています。

取引をする人にとっては退屈な相場ですが、良くいうと非常に安定しているともいえます。

ビットコイン円 日足

ビットコインに関しては、すでに1ヵ月以上レンジ相場が続いている展開に。

今週以降もビットコインのレンジを上方にブレイクしていくかが最大の注目ポイントとなるでしょう。

ちなみに価格帯でいえば、6800ドル(76万円)の突破が注目ポイントになります。

アルトコインに関しても、ビットコインがレンジを突破したら全体的に勢いがつく可能性があるので、注目でしょう。

詳しい記事は下記でまとめてあります。

仮想通貨トレーダーにはつまらない相場がいつまで続く!?価格はいつ動き出すのか?過去のチャートから分析

 

材料もあまりない展開に

相場がレンジ相場になっている要因として、直近で材料があまりないのが挙げられます。

期待されていたSWELL2018、ビットコインETF可否判断も無風で通過。

エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社は、仮想通貨市場が動かなくなった要因として材料の少なさ、規制の不明確性を挙げています。

ただ、強いていうのであれば、月の下旬にSEC(米証券取引委員会)が申請されていたETFに関して動きだす可能性がありこと。

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

発表によっては、相場に何らかの動きがあるので、注目でしょう。

直近ではあまり材料がないものの、11月にはBakktの先物リリース、12月末には注目もっとも注目されているVanEck/SoildX社のETF可否判断が控えています。

また、以前からこのブログでお伝えしていますが、例年月の後半から年末にかけて相場が上昇しやすいシーズンでもあります。

なので、11月から年末へ向けて再び期待感で相場が上昇する可能性はおおいにあるでしょう。

 

まとめ

とにかく、まずはビットコインの6800ドル(76万円付近)突破が今種の大注目ポイントとなりそうです。

繰り返しにはなりますが、ビットコインがレンジを突破すれば、市場全体が勢いづく可能性があるので、アルトコインに関してもビットコインのレンジブレイクに注目です。

材料に関しては、今週は大きなイベントはありませんが、月末のSECの声明と引き続きBakktや各国の規制動向に注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格上昇の可能性があり、チャンス相場到来となっています。

また、相場が動き出す前に口座を開設しておくのもおすすめです。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

仮想通貨市場はレンジの展開が続いていますが、専門家は以前として強気の見解を保っているようです。

著名投資家、仮想通貨投資ファンド、など市場に強気な3人の専門家の見解を紹介します。

要点

・今後の焦点はETFなどの規制動向か
専門家の多くは、やはり規制動向(ETFの可否判断)が改善し、より多くの資金が市場に流入することに注目しているようです。

現在の市場をどうみているか?3人の専門家の見解まとめ

9月は仮想通貨市場が大幅に下落し、特にアルトコインは下落率が大きく悲観的なムードも漂いました。

しかし、9月の中旬を過ぎると、価格は徐々に回復し、専門家からも強気の意見が相次いでいます。

市場に詳しい3人の専門家の見解を紹介します。

 

米国著名投資家・仮想通貨投資ファンドCEO:マイクノボグラッツ氏

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

仮想通貨投資ファンドを務め、著名投資家として知られるマイク・ノボグラッツ氏は、仮想通貨市場は底をつけたと発言しています。

同氏は、ブルームバーグと共同で開発した「BGCI」チャートを用いて相場を分析。

それにより相場は底をついたと発言し話題になりました。

ノボグラッツ氏が発言した後、同氏はメディアで積極的に発言しており、同氏の発言以降、多くの専門家が強気の見解を示しています。

 

ファンドストラッド社アナリスト:トム・リー氏

専門家の多くが仮想通貨市場はすでに底をついたとの見解!ファンドストラッド社・リー氏のアンケート調査で判明!

リー氏はツイッター上でフォロワーに向けアンケートを実施。

それによると、過半数のフォロワーが「仮想通貨市場はすでに底をついた」と判断していることが明らかになりました。

リー氏のフォロワーは、専門家や仮想通貨業界の方も多くいるので、参考にしてみても良いかもしれません。

ちなみに、同調査では個人投資家よりも機関投資家のほうが相場に強気であるのが明らかになっています。

 

ブロックチェーンキャピタル社:スペンサー・ボガード氏

仮想通貨ベンチャーが「ビットコインは底を打った」との見解示す!専門家から強気の予想が続々と!

仮想通貨関連企業ブロックチェーン・キャピタル社のスペンサー・ボガード氏は、仮想通貨市場が底打ちをするのが近いと発言しています。

同氏は、現在の仮想通貨市場には強気の材料が多くあるものの、相場自体が弱気のためうまく機能していないとの見解を示しています。

しかし、もし次の強気相場が到来すれば、これらの材料が燃料になるとコメント。

現在はその準備段階にあると分析しています。

 

まとめ

現在、相場はレンジが続いていますが、一方的に下落しているわけではないので、その意味ではポジティブに捉えることができるでしょう。

当ブログでもお伝えしていますが、これから年末にかけては市場が上昇しやすい年であり、相場を動かす材料も多くあります。

そのためには、ますビットコインがレンジを抜けだすのが第一の課題となるので、それに期待したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在は価格が硬直している仮想通貨市場ですが、これから上昇する可能性があるので今仕込んでおくのがチャンスともいえます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ベンチャーが「ビットコインは底を打った」との見解示す!専門家から強気の予想が続々と!

5日、CNBCの番組に出演したブロックチェーンキャピタル社、スペンサー・ボガード氏が「ビットコインは底を打った」と発言しました。

要点

・「底を打った」発言が続々と
直近では、著名投資家ノボグラッツ氏、ファンドストラッド社トム・リー氏など、多くの専門家が「底を打った」という発言をしています。

 ビットコイン(仮想通貨市場)は底を打ったのか?

ビットコインは底入れに近い、仮想通貨の専門家はいう

仮想通貨スタートアップ企業ブロックチェーンキャピタル社、スペンサー・ボガード氏は、ビットコインは底入れに近いと発言しました。

同氏に明確な根拠はないようですが、直近で強い材料があるにも関わらず価格が上昇しないのは、相場が弱気になっているからとの見解を示しています。

そして、次の強気相場がきたとき、強気材料(ビットコインETFやBakktなど)を消化していくと主張しています。

その証拠に同氏は、昨年12月仮想通貨市場が急騰していたときは、悪い材料があっても価格が下落していなかったとコメント。

つまり、仮想通貨のニュースはその時の相場の状況によって反映されるか/されないかが決まると言いたいのでしょう。

ちなみに、ボガード氏は、先日のエデルマン氏の発言にも触れて、好材料の発言でも相場は反応しなかったとコメントしています。

「ビットコインETFが承認されれば前例のない資金流入が起こる」!ウォール街アドバイザーが発言!

 

専門家から「底を打った」発言が続々と

9月の中旬ごろから専門家から「ビットコイン(仮想通貨市場)が底を打った」発言が相次いでいます。

まず最初は、米著名投資家ノボグラッツ氏の発言で、同氏はインジゲーターやファンダメンタルズから相場は底を打ったと分析しています。

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

先日は、ファンドストラッド社トム・リー氏がアンケートを実施。

リー氏をフォローする多くの専門家が仮想通貨市場が底を打ったと思っていることが明らかになりました。

専門家の多くが仮想通貨市場はすでに底をついたとの見解!ファンドストラッド社・リー氏のアンケート調査で判明!

もちろん、必ずしも専門家の見解が正しいとは限りませんが、年末には価格が上昇しやすいとも言われておりこれからの相場動向は要注目となるでしょう。

 

まとめ

ここ数週間、ビットコインの値動きが低下していることが話題になっていますが、6800ドルを超えてくるとチャート上では上昇の可能性が高まります。

なので、底をつけたかは、レンジの突破にも注目でしょう。

もちろん、まだ下落可能性も完全にないとはいえないので、その場合は6000ドルのサポートに注目です。

これらの専門家がいうように、仮想通貨市場が底を打ったのなら、これから年末にかけて価格は上昇していくことになります。

これからは相場が動く材料も揃っているので、年末へ向けて価格が上昇するのに期待したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨トレーダーにはつまらない相場がいつまで続く!?価格はいつ動き出すのか?過去のチャートから分析

仮想通貨市場は全体的に、落ち着いた値動きが継続しています。

その中で、仮想通貨関連企業エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社は相場に動きがでなくなったデータを発表しています。

要点

・ビットコインのレンジ突破
ビットコインは過去にも6000ドルから6800ドルのレンジで推移しており、このレンジ突破が最優先となっています。

 ビットコインの過去の値動き

ビットコインはここ数カ月の間、同じような動きを繰り返しています。

それは、安値をつける→65万円~76万円のレンジ相場に移行するという動きです。

下記のチャートをご覧ください。

ビットコイン円 日足

ビットコインが65万円から76万円のレンジ相場に移行した期間(赤いボックスの中)は以下になります。

①6月9日~7月17日
②8月7日~8月27日
③9月5日~?

ビットコインは、過去に20日から約40日程度レンジを行き来する期間が続いたことがわかります。

そして、今回はすでに丸1ヵ月レンジを行き来しています。

過去の値動きからすれば、遅くとも10月中旬までに何らかの動きがあると考察できますが、このままレンジ相場が継続する可能性もあるでしょう。

ちなみに、過去は76万円の突破(対ドルで6800ドル)が上昇の起点になっているため、今回のレンジも(76万円6800ドル)というのは相当意識されるレジスタンスラインとして機能しているようです。

 

エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社のデータ

Bitcoin Volatility Time Series Charts

出典:https://www.buybitcoinworldwide.com/volatility-index/

仮想通貨のトレードやコンサルティングをおこなう「エレメント・デジタル・アセット・マネジメント」社がビットコインのボラティリティーインデックスを発表しています。

ボラティリティー・インデックスとは、ビットコインの変動幅を指数化したものです。

つまり、この数値が低下すればするほど、ビットコインがあまり動かなくなっている(変動幅が狭い)ことを表しています。

このようなデータからもわかる通り、相場が動きづらくなっているのは確かでしょう。

同社は材料の少なさや規制の不明瞭感が相場を動かしにくくしていると分析しています。

 

まとめ

XRPやビットコインキャッシュなど、一部のアルトコインにはビットコインと違う動きもみられましたが、高値をつけた後は上昇が続かず、レンジ相場となっています。

なので、主要なアルトコインもビットコインのレンジ突破に注目すると良いでしょう。

直近では、確かにあまり材料のない仮想通貨市場ですが、11月から年末は多くの材料が控えているので、また価格が上昇するのに期待したいところです。

 

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

SECに新たな動き!GraniteShares版ETFに関する意見書期限を設定!相場には影響なし?

SEC(米証券取引委員会)は5日、GraniteShares版ETFの意見書の期限を10月26日(米国時間)に設定したことを発表しました。

SECの新しい動きとして注目されています。

要点

・非承認はそのまま
今回の発表でわかったことは、前回の3社9つのETFの決定はそのままということです。

 GraniteShares社の意見書を10月26日に決定

SECはGraniteShares社の申請していたETFの意見書の期限を10月26日に設定したと発表しました。

GraniteShares社は8月末に申請が却下されていましたが、その後決定が保留になるという異例の展開となっていました。

今回の発表は、その決定に関し、GraniteShares社が意見書を提出、その期限を10月26日に決定するということでしょう。

 

ビットコインETFの経緯

繰り返しにはなりますが、SECはこれまで3社9つのETF申請を否決しています。

しかし、その後その決定を保留にすると発表しました。

①8月24日にProShares, GraniteShares,Direxionの3社9つのETFを否決
②翌日になって決定は保留にするという異例の発表
③決定に対する意見書提出を10月26日に設定

今までの流れをまとめると上のようになります。

加えて、今回のSECの発表で、保留中は「非承認」という決定が有効になることがわかりました。

つまり、このまま意見書を提出して何も起こらなければ、そのまま非承認になる、ということでしょう。

より詳しい経緯に関しては過去の記事を参照にしてください。

異例!SECが否決した9つのビットコインETFを再審査へ!今後の日程や注目ポイントは何か

 

注意点とETFの動向

注意点として、今回のSECの発表は、もっとも注目されているVanEck社・SoildX社のETFに関してではないということです。

ProShares, GraniteShares,Direxion3社のETFはもともと承認される可能性が低く、関係者の期待も低いです。

ちなみに、もっとも上場が有力視されているVanEck/SoildX版ETFは今のところ可否判断が12月末というのが濃厚です。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

ビットコインETFの動向に関しては、SECの専門的な法律が絡んできてややこしい部分があります。

なので、わからない方はとりあえずVanEck/SoildX版ETFの動向だけチェックするとよいでしょう。

 

まとめ

ProShares, GraniteShares,Direxion3社のETFは、相場の影響は低いものの、SECの動向をしる上では非常に重要な材料です。

今回の公式の発表も、SECが再審査へ向け動き出していることは最低限わかります。

12月末には、もっとも注目されているVanEck/SoildX版ETF可否判断も控えているので、年末にかけて今後もSECの動向には要注目です。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインETFが承認されれば前例のない資金流入が起こる」!ウォール街アドバイザーが発言!

4日、ウォールストリートの投資アドバイザーをおこなうリック・エデルマン氏がCNBCで発言しました。

同氏はビットコインETFで資金流入が起きるとみているようです。

要点

・ビットコインETF
特段、新しいテーマでもないですが、ビットコインETFにより市場に資金が流入するといわれています。エデルマン氏もそれにより、ビットコインに非常に強気な立場をとっています。

 ビットコインETFが承認されれば前例のない資金流入が起こる

トップウォールストリートアドバイザー、リック・エデルマン氏は、大々的にビットコインの世界に入った。なぜ彼が仮想通貨を受け入れているかがわかるだろう。

エデルマン氏は、CNBCの番組に出演して、ビットコインETFが市場にはたす役割を主張した。

同氏によれば、ビットコインETFが承認されればこれまでに前例のない資金流入がおきる主張。

その上で、投資家はポートフォリオにビットコインを組み込むべきと強気の立場をとっています。

同氏は現在、投資アドバイザーでさえ仮想通貨に対して知識がないとコメント。

仮想通貨市場は伸びしろが非常に高いにもかかわらず、連邦政府の規制が進んでいないため「健全な産業」とみられていないとの見解を述べています。

これに関しては、国内でも同じことがいえそうですね。

 

ビットコインETFの重要性

エデルマン氏の発言は、特段新しいものではありませんが、現在の市場のテーマである重要なことでもあります。

それは、「規制が整えばもっと多くのプレイヤーが参加できるようになり資金流入が起きる」というもの。

エデルマン氏は「前例のない資金流入」とコメントしています。

そして、そのトリガーとなるのが「ビットコインETF」です。

今あるように、ビットコインETFはSEC(米証券取引委員会)に厳密に審査されるため、承認されればSECの規制下で取引されることとなります。

ただ、注意点は価格に直接影響があるのはVanEck社、SoildX社が申請しているETFです。

これは、ビットコインそのもの(現物)をベースに価格が形成されるため、価格の影響も強いとされています。

現在はその他に9つのETFが申請されていますが、それらは先物の価格をベースにしているため、承認される可能性も低く価格への影響は少ないとされています。

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

 

まとめ

必ずしもエデルマン氏がいうように、「前例のない資金流入」かはさておき、承認されれば仮想通貨市場にポジティブに働くのは間違いないでしょう。

なので、引き続きビットコインETFの動向には注目ですね。

注目のVanEck/SoildX版ETFの可否判断も年末におこなわれる可能性があるので、仮想通貨市場が上昇するのに期待しましょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

ビットポイントサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「リップル(XRP)は仮想通貨界のマイクロソフトになる」!SWELL2018を終え投資会社CEOが発言!

SWELL2018は無事終了し、サプライズこそなかったものの今後のリップル社の動向に十分期待できる内容でした。

そんな中、投資会社CEOを務めるフィリップ・ナン氏の「リップル社は仮想通貨界のマイクロソフト」発言が話題になっています。

要点

・業界で一歩先に出る実用化
リップルプロダクトの商業化は、業界でも一歩先に出る動向として注目を集めています。

 リップル社は仮想通貨界のマイクロソフトになる

https://twitter.com/PhillipNunnUK/status/1047015210257715200

私は、リップル社やXRPのサポーターでは決してない。

しかし、リップル社は重要な動きを作ろうとしている。私がリップル社の提供するものを議論することは置いておいて、それらは仮想通貨とブロックチェーンにおいて、とても重要な躍進をしている。

いずれ、仮想通貨界のマイクロソフトとなるだろう。

「SWELL2018」を終え、Blackmore Group、Wealth Chain GroupのCEOを務めるフィリップ・ナン氏は上記のようにツイートしました。

同氏は、リップル社やXRPのサポーターではないこと、いくつかの問題点を議論していると前置きをしながらも、「仮想通貨とブロックチェーンに置いてとても需要な躍進をしている」とコメントしています。

その上で、リップル社は「仮想通貨界のマイクロソフトになる」と最大の賛辞を送りました。

ちなみに後日補足のツイートをしていて、ナン氏はマイクロソフトが競合よりも早い段階でパソコンの実用化に向けて動いていたことから、上記のような発言をしたと語っています。

 

SWELL2018を終えてどうなったか

注目されていたSWELL2018ですが、サプライズはなくXRPの価格は特に大きく動くことなく終了しました。

しかし、9月末からXRPの価格は急騰していたので、事前に価格に織り込んでいたとも言えます。

 

ちなみに、2日目は個人に関わる大きな発表というよりかは、業界のレポートや規制などより詳しい議論が行われたようです。

2日目に関しても特段新しい発表はありませんでしたが、XRPの有価証券の問題などは前向きなスピーチが行われ、リップル社の動向に期待ができるものとなったのは間違いないでしょう。

ナン氏のいうように、金融機関が実際に採用するブロックチェーンプロダクトを持つリップル社は、業界の中でも一歩先んじた存在であると言えます。

なので、リップル社の動向は今後も注目の的となりそうですね。

 

まとめ

SWELL2018に関しては、繰り返しにはなりますが今後のリップル社の動向が十分期待できる内容だったのではないでしょうか。

また、XRPの価格上昇に関しても期待できる内容だったでしょう。

そして、2日目で議論されたように、今後は規制との折り合いなど多くの課題が残されています。

しかし、これは決してXRPだけではなく、仮想通貨業界全体の課題とも言えるでしょう。

今後も、業界を牽引する存在として、リップル社の動向は引き続き注目となりそうですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所で

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインETF可否判断は12月末か?SECの公式声明と事情に詳しい弁護士の見解!

注目されていたビットコインETF可否判断ですが、月末に発表はありませんでした。

なので、21日にSECから発表された文書が今のところ公式の発表となるようです。

要点

・次の可否判断は12月末?
SEC(米証券取引委員会)は公式の文書を発表しましたが、詳細な可否判断日程は記載されていませんでした。通常通りでいくと、次の可否判断は12月末ということになります。

 SECが公式文書で審査の開始を通知

SEC(米証券取引委員会)は、先月の21日、審査開始の通知を公式に発表していました。

これは簡単にいうと「今日から審査を正式に開始するよ」というもの。

海外の一部メディアでは、これを可否判断延期発表と報道するものもありました。

 The Commission is instituting proceedings pursuant to Section 19(b)(2)(B) of the Act29 to determine whether the proposed rule change should be approved or disapproved. Institution of such proceedings is appropriate at this time in view of the legal and policy issues raised by the proposed rule change. Institution of proceedings does not indicate that the Commission has reached any conclusions with respect to any of the issues involved. Rather, as described below,the Commission seeks and encourages interested persons to provide comments on the proposed rule change.

委員会は、規則29の第19(b)(2)(B)項に従って手続を開始し、提案された規則の変更が承認されるべきか否かを決定する。そのような手続の機関は、提案された規則変更によって提起された法的および政策的問題を考慮して、現時点で適切である。審議機関は、委員会が関係する問題のいずれについても結論に達していることを示すものではない。むしろ、以下に述べるように、委員会は、提案された規則の変更について意見を述べることを利害関係者に求め、奨励する。

出典:https://www.sec.gov/rules/sro/cboebzx/2018/34-84231.pdf

ただ、今回のSECの公式通知には、8月にあったように、明確に「〇○月〇○日までに延期する」という文言が記載されていません。

また公式通知には具体的な審査を開始することも発表されていることから、今回の審査が通常とは違うと解釈することもできます。

あるいは、SECがより審査に慎重な姿勢をとっているともとれるでしょう。

 

次の可否判断は12月末と考えたほうが無難か

SECがこうした曖昧な発表をするのは、いくつか考えられますが、ひとつは市場の注目をそらしたい狙いが考えられます。

これは株式や為替でもありますが、SECもETFが市場にもたらすインパクトを知っているために、わざと曖昧な発表にして価格への影響を最小限にしたいというものです。

例えば、明確に「〇○月〇○日に延期します」というと、価格が動いてしまい、そして次の可否判断の日程に注目が集まってしまいます。

あくまでこれは推測にすぎませんが、SECのルール上では、次の可否判断日程は12月29日ということになるので、ひとまずはそこを目安に注目したほうがよさそうです。

4.1/多くの人々は2018の最も刺激的な ETF の提案として VanEck/SolidX を参照してください。それはメインとなるものです。なぜなら、現物に裏付けされており、デリバティブを通じて価格を追跡するのではなく、実際のビットコインを購入して保管するからです。

4.2/SEC の VanEck/SolidX の次の締め切りは9月30日です。私は来週の金曜日までに何らかの発表があるのではないかと思います。SEC は12月29日まで別の90日間の決定を遅らせることができます。その後、2月27日まで別の60日間遅らせることができます。それは絶対最終期限になります。

 

まとめ

まずわかっていることとしては、ひとまず可否判断は延期されたということ、そして次の可否判断の目安は12月末ということです。

ただし、あくまで12月末というのは、SECのルール上の話で公式に通知したものではないということも頭に入れておきましょう。

昨年の12月には、CME、CBOEにビットコイン先物が上場されたので、今年も年末に何らかの動きがあるのを期待したいですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

ビットポイントサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場下落!再びレンジの展開か?10/3ビットコイン・リップル(XRP)チャート分析

2日から3日午前の仮想通貨市場は下落。

SWELL2018が閉幕し、特段新しい材料もなく、一旦利確した動きとも捉えることができそうです。

要点

・再びレンジの展開に?
ビットコインを筆頭に、仮想通貨市場はレンジの展開が続いています。

 ビットコイン・XRPチャート分析

ビットコインドル 4時間足 9月18日~

ビットコインは9月18日からざっくりみて、6000ドルから6800ドルのレンジ展開となっています。

XRPやビットコインキャッシュなど一部のアルトコインは別の動きがみられますが、仮想通貨市場全体が再び上昇の流れに乗るには、ビットコインが6800ドル(対円で76万円近辺を突破しなければいけません。

総じて、仮想通貨市場は再び、方向感の出にくいレンジの展開が続いているといえるでしょう。

 

XRPチャート分析

XRPドル 4時間足 9月18日~

SWELLを終えたXRPは、事前に期待感で価格が上昇していたため、さらに価格が上昇することはありませんでした。

ビットコインと少し違った値動きをしていますが、ざっくり現在は0.42~0.62のレンジに収まっています。

XRPは9月の急騰でボラティリティー(価格の変動率)が上昇しているため、他の通貨よりも激しく動いているので注意です。

当分は、ビットコインと同じくレンジのレジスタンス突破が意識される展開で、XRPに限らず、アルトコイン全体の動向もビットコインの動きに注目したほうが良いでしょう。

らだし、XRPに関しては、9月末からビットコインの相関が薄れてきているので、また価格が急騰する可能性はないとはいえません。

 

今週に入ってからのニュース

今週は、相場の展開と同様、特段目新しいニュースもありません。

繰り返しにはなりますが、SWELL2018は期待が高くすでに価格も上昇していたため、サプライズがなく閉幕したあとは一旦利確したとも考えられます。

リップル社主催「SWELL2018」1日目終了!注目ポイントはxRapid商業化とワンペイFXの拡大!価格はどうなる?

引き続き11月にリリースされるBakktのビットコイン先物、12月に可否判断が下されるビットコインETF、そして年末から来年にむけての各国の仮想通貨規制の動向に注目でしょう。

注目の四半期に突入し、投資家や専門家の中に期待感が多くあることも確かです。

専門家の多くが仮想通貨市場はすでに底をついたとの見解!ファンドストラッド社・リー氏のアンケート調査で判明!

 

まとめ

ビットコインに関しては、6000ドルから6800ドルのレンジに引き続き注目でしょう。

6800ドルを超えてくると、仮想通貨市場全体も勢いがついてくる可能性があるので、そちらにも注目です。

相場の材料としては、SWELL2018を終え、次は直近でBakktの先物リリースが控えています。

他でも年末へ向けて新しい材料が出てくる可能性もあるのでそちらにも要チェックとなるでしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

専門家の多くが仮想通貨市場はすでに底をついたとの見解!ファンドストラッド社・リー氏のアンケート調査で判明!

米国の仮想通貨投資会社CEOであり、CNBCやコインテレグラフジャパンなど、メディアで勢力的に活動しているトム・リー氏が、仮想通貨市場のアンケートを実施しました。

それによると、多くの専門家は、すでに仮想通貨市場が底をつけたとの見解を示しています。

要点

・年末にかけて価格は上昇できるのか?
直近でもお伝えしていますが、仮想通貨市場は年末に価格が上昇しやすい傾向に。これは個人投資家だけではなく、業界関係者が多く注目している材料でもあります。

仮想通貨市場はすでに底をつけた?

仮想通貨の世論調査 (6つの質問のうちの3つめ): あなたは、いつビットコイン(仮想通貨市場)が底をつくと思いますか?

ファンドストラッド社CEO、トム・リー氏はおよそ6万人のフォロワーに対してツイッター上でアンケートを実施しています。

質問は6項目あり、「市場に影響を与える材料は?」や「仮想通貨市場は上昇するか?」など簡単なテーマです。

そして3めの質問は「仮想通貨市場はいつ底をつけるのか?」というもの。

ライターが投票したところ、これまでの結果が確認できました。

質問は項目は以下です。

Q:仮想通貨市場(ビットコイン)はいつ底をつけるのか

①2018年年末
②2019年3月まで
③2019年上半期まで
④すでに底をついた

それに対する回答が以下になります。

ご覧の通り「仮想通貨市場はすでに底をついた」という意見が圧倒的に多いのがわかります。

今回の投票はあくまでツイッター上のアンケートで5000票の投票ということですが、リー氏のフォロワーは仮想通貨に造詣が深い人が多いので、参考にしても良いかもしれません。

なお、アンケートはまだ行われているようなので、気になる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

年末へ向けて期待が高まる仮想通貨市場

直近でもお伝えしていますが、仮想通貨市場は10月から12月にかけて価格が上昇しやすい傾向にあります。

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

これは、業界関係者も注目していて、相場のひとつの注目材料にもなっていると言えるでしょう。

年末へ向けて価格が上昇するとみている専門家も多く、著名投資家マイクノボグラッツ氏も、すでに仮想通貨市場が底をつけて年末に価格が上昇するという見解を示しています。

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

 

まとめ

もちろん、これらの観測は、投資家の期待が多くある部分もありますが、例年年末に価格が上昇しやすいのはまぎれもない事実です。

なので、引き続き今月から年末にかけての相場動向に注目でしょう。

まず直近では「SWELL2018」の発表、そして来月からはBakktの先物リリース、そしてビットコインETF可否判断と、年末にかけてのビッグイベント消化に引き続き注目です!

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社主催「SWELL2018」1日目終了!注目ポイントはxRapid商業化とワンペイFXの拡大!価格はどうなる?

米国時間1日、リップル社主催のカンファレンス「SWELL2018」が開催されました。

クリントン元大統領の講演もありましたが、主な発表の注目ポイントはxRapidの商業化とワン・ペイFXの地域拡大です。

価格分析とともに紹介します。

・要点

・ユースケースの拡大
リップル社の動向としても重要な実用化ですが、ブロックチェーン業界全体にとってもxRapidの商業化などは大きな進展でしょう。

 「SWELL2018」1日目が終了

クリントン大統領のブロックチェーンに肯定的な公演で始まったSWELL2018は主な発表が2つありました。

ひとつは、先月から噂されていたリップル社のプロダクト「xRapid」の商業化。

もうひとつはサンタンデール銀行がリリースしている国際送金アプリ「ワン・ペイFX」の地域拡大です。

どちらともリップル社のユースケース拡大の大きな進展であり、「ブロックチェーン実用化」という意味で業界全体にとっても大きな一歩と言えそうです。

 

xRapid商業化を発表

リップル社CEOガーリングハウス氏「シリコンバレーは混乱について話をするのが大好きです… しかし、時には混乱がまさにあなたが必要としないものもあります。リップルに関して言えば、”銀行の代替えになるのではなく…金融業界のビルダーとパートナーになることだ。」

CEOガーリングハウス氏は、リップル社のヴィジョンについてコメント。

イノベーションを重視しつつも、それが決して金融業界を破壊するスタンスではないということを強調しています。

同氏は、以前から規制との歩みよりの重要性をメディアで発言していますが、イベント開催で改めてそれを主張したようです。

さらに、先月から話題になっていたxRapidの商業化を公式に発表

今後、多くの金融機関がxRapidを利用するのに期待ができそうです。

 

ワン・ペイFXの地域拡大

国内では近々「Money Tap」がリリースされますが、海外では先行して「ワン・ペイFX」がリリースされています。

サンタンデール銀行の顧客約50%がRipple(XRP)を利用して海外送金していることが判明!

以前からアナウンスされていたことはありましたが、スペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドでも公開することを公式に発表。

ワン・ペイFXもリップル社のプロダクトが使用されており、ブロックチェーン実用化のユースケースとして今後も期待できそうです。

 

XRPの価格はどうなる?

2日午前の時点ではXRPは小幅に反落しています。

上記のSWELLの発表は、xRapidの商業化を含め、事前に発表されているものばかりでした。

なので、この値動きからすでに価格に反映されていた(織り込み済み)ということができるでしょう。

ただ、2日の発表を通過しないと価格の動向はわかりません。

仮に、本日のSWELLで事前に告知されていない大きな発表(サプライズ)があれば、価格が急騰する可能性もあります。

 

まとめ

1日目の発表は、すでに告知されていたものばかりでしたが、リップル社の動向、またブロックチェーン業界の動向としても非常にポジティブなものだったでしょう。

今後もリップル社のユースケース拡大には期待できそうです。

XRPに関しては、2日目の発表を経過してみないと価格動向がわからないので、本日の発表にも引き続き注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【10/1】今週の仮想通貨市場はどうなる?注目の四半期突入でイベントや相場動向に注目か!

本日から今年最後の四半期に突入しました。

仮想通貨市場が上昇しやすい四半期に入った中、価格の動向が注目されています。

今週の注目価格や材料をまとめました。

要点

・イベント揃いの四半期に突入
多くの材料やイベントがある中、注目の四半期に突入した価格動向に注目です。

注目の四半期に突入し今後の価格動向に注目か

ビットコイン円

今年は価格が低迷してきた仮想通貨市場ですが、いよいよ今週から価格の上昇しやすい四半期に突入します

ビットコインに関しては、今年何度も6000ドルのサポートを維持(チャート赤い点線の箇所)。

年後半に価格が上昇していけるかに注目でしょう。

ビットコインに関しては直近で76万円、前回高値82万円を突破してくると、チャート形状が回復しさらに価格が上昇する期待も持てます。

チャート上からは、完全に底をつけたとはまだ言えませんが、今週以降6000ドルを維持しつつ、直近のレジスタンスを超えていけるかが注目ポイントです。

また、コインマーケットキャップによるビットコインドミナンスは51%台にまで低下。

XRPやビットコインキャッシュなど、多くのアルトコインも上昇しバランスの良い市場になっていると言えます。

なので、やはりビットコインがレジスタンスを超えてくると、仮想通貨市場全体が勢いづく可能性があるので、その意味でも注目でしょう。

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

 

SWELLを筆頭に年末へ向けたイベント消化が焦点に

本日から、アメリカでリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が開催されます。

こちらは、どちらかというと、XRP単体の材料ですが、「ブロックチェーンと金融機関の関り」というのは、ブロックチェーン業界全体のテーマでもあるので、発表によっては相場が大きく動く可能性も考えられます。

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

また、11月にはBakktの現物受け渡し型先物リリース、12月にはビットコインETFの可否判断が控えています(明確な可否判断日程は不明です)。

上記のBakktの「現物受け渡し型先物」というのは、先物取引で実際のビットコイン(現物)を受け渡すということです。

つまり、取引量の分、Bakktはビットコインの現物を確保しなければいけません。

なので、ビットコインの価格に影響が大きいものとされています。

とにかく、10月からはこうしたイベントが多く控えているので、それを踏まえた相場動向に注目でしょう。

 

まとめ

ビットコインに関しては、引き続き6000ドルのサポート維持しつつ、6800ドルのレジスタンス、節目7000ドルの突破に注目でしょう。

8000ドルを超えてくると、本格的に年初から続いていたダウントレンドの転換が濃厚となってきます。

また、今週はSWELLが開催されるので、最近上昇基調にあるXRPの価格動向にも注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場にトレンド転換の兆し!?RGIトレンドラインが示唆!

ブルームバーグが「RGIトレンドライン」という高性能なテクニカルを使って価格分析をおこなっています。

それによると、近いうちに仮想通貨市場はトレンド転換するかもしれないとのことです。

要点

・RGIトレンドライン
RGIは「RSI」と「モメンタム」というテクニカルを複合した高性能な指標のようです。簡単にいうと、「売られすぎ・買われすぎ」と「相場の勢い」で判断するテクニカル指標です。

 RGIトレンドラインが強気相場を示唆?

引用元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-09-27/momentum-gauge-suggests-next-bitcoin-bull-run-on-the-horizon

上記のチャートをみればわかりますが、下の緑の線と赤の線がゴールデンクロス(上方に交差)を起こしていることがわかると思います。

このことから、ブルームバーグは近々、ビットコインに強気相場が再来するのではないかと分析しています。

ちなみに、上記のチャートはビットコインだけですが、基本的にビットコインの値動きが仮想通貨市場を牽引しているので、仮想通貨市場全体がトレンド転換するとみていて良いでしょう。

前回、ゴールデンクロスを起こしたときは、8月中旬で、その際は価格が約20%ほど上昇しました。

もちろん、必ずこのテクニカル指標が当たるわけではないですが、直近の相場では相性が良いみたいなので、今回も価格が上昇するのに期待したいですね。

 

注目の四半期が迫る仮想通貨市場

相場が上昇するのは、チャートだけでなく、ファンダメンタルズ(相場の材料)にも期待できます。

仮想通貨市場は例年10月から12月に上昇しやすく、多くの専門家、投資家が指摘している期間です。

年末の季節要因については下記の記事でまとめてありますので、こちらを参考にしてください。

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

バイナンスCEOザオ氏も仮想通貨市場の季節性についてコメントしており、昨年も10月までは相場が低迷していたと主張しています。

また、ファンドストラッド社アナリスト、トム・リー氏も、これから価格が上昇するとみており、ビットコイン年末220万円の予想を変えていません。

 

まとめ

直近の価格でいえば、ビットコインは6800ドルのレンジ突破に苦戦しているので、まずはその突破に注目でしょう。

仮に6800ドルを抜けてくると、上昇に勢いがつき、RGIトレンドラインが示唆するように市場全体が上昇基調に入る可能性があります。

そして、11月にはBakktのビットコイン先物リリースやSWELLも控えているので、ファンダメンタルズの面でも10月から年末にかけて相場が上昇するのに期待したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場に激熱の四半期がやってくる!過去もっともリターンが良い10月から12月はどうなる!?

 

仮想通貨市場は、例年10月から12月に価格が上昇しやすい傾向にあり、いよいよその季節がやってきます。

果たして今年は上昇できるのか、デジタル資産顧問のデータも併せて紹介します。

要点

・注目の四半期が到来
ビットコインETF、Bakkt、世界の仮想通貨規制、xRapidの商業化など多くの材料がある中、今年最後の四半期に注目です。

 注目の四半期で仮想通貨市場は逆転できるのか?

以前から当ブログでもお伝えしていますが、仮想通貨市場は例年、秋から冬にかけて価格が上昇するという傾向があります。

過去3年間、仮想通貨市場は9月~12月に暴騰!2018年も年末へ向け価格は暴騰するのか!?チャートで解説

ちなみに、その理由については謎で「季節性」や株式市場における「アノマリー(原因不明の法則)」ということができるでしょう。

以前、当ブログで取り上げたのは9月から12月にかけてでしたが、多くの専門家や投資家は四半期(1年を4分割したもの、つまり3ヵ月間)に注目しているようです。

 

4年間のマイナスリターンはたったの14日

引用元:https://www.marketwatch.com/story/battered-bitcoin-bulls-are-latching-on-to-this-seasonality-chart-2018-09-14

上記のチャートは、デジタル資産会社である「エレメント・デジタル・アセット・マネジメント」が公開したチャートです。

1ブロックが一か月を表しており、赤枠で囲った箇所が各年の10月から12月の部分です。

さらに、緑はポジティブの日、赤はネガティブの日を表しています。

チャートをみればわかる通り、2015年を除いて、10月から12月はほぼ緑、つまりポジティブの日が多いのがわかるでしょう。

単純計算で過去の10月から12月は、360日中14日しかネガティブの日が存在しないという驚異的なパフォーマンスを記録しています(2015年を除く)。

今年も例年通り、年末へ向けて価格が上昇するのか、あるいは2015年の再来となってしまうのかはまだわかりません。

 

イベントも豊富な四半期

専門家や投資家が、10月からの四半期に注目をしているのは、単に季節性だけではありません。

年末へ向けて、仮想通貨市場は多くの重要なイベントを消化していきます。

①VanEck/SoildX版ETF可否判断(最長2019年2月まで)
②Bakktのビットコイン現物受け渡し型先物リリース(11月)
③リップル社「SWELL」・xRapid商業化へ向けた動き(10月~)
④ゴールドマン、モルガンスタンレー等、ウォールストリート参入

これらのイベントは決して、単発で終わるものだけではなく、2019年以降の市場のテーマもつかさどる超重要要因です。

なので、投資家の思惑や実際に機関投資家が参入して、相場が上昇するのは十分考えられます。

著名投資家ノボグラッツ氏は「半年以内に機関投資家が参入してくる」とコメントもしています。

 

まとめ

注目の四半期を象徴するように10月1日からリップル社「SWELL」が開催されます。

また、ビットコインETFの可否判断も行われるので、そちらにも注目でしょう。

そして、11月にはBakktの現物受け渡し型ビットコイン先物も上場。

もちろん、年末から2019年へ向けて、また新しい材料が出てくる可能性も考えられます。

2018年の四半期も、価格が上昇するのに期待したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Money Tapのリリース間近!?SBIリップルアジアが電子決済等代行業者の登録を完了!

「ブロックチェーン実用化」という意味でも、当ブログで取り上げている「Money Tap」ですが、リリース元であるSBIリップルアジアが国内の電子決済等代行業者の登録を済ませたと発表しました。

要点

・Money Tapのリリースが目前に!?
以前から、SBIリップルアジアは国内でのMoney Tapローンチを今秋と告知しているので、それを見越しての登録の可能性が濃厚です。

SBIリップルアジアが電子決済等代行業者の登録を済ます

SBIリップルアジアが国内の「電子決済等代行業者」の登録を完了したことを発表しました。

以下が公式プレスからの一部引用になります。

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝)の子会社で、次世代決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 貴史、以下「SBI Ripple Asia」)は、本日2018年9月26日付で、電子決済等代行業者としての登録を完了(電子決済等代行業者 登録番号 関東財務局長(電代)第2号)いたしましたので、お知らせいたします。

[中略]

SBI Ripple Asiaは、今後「Money Tap(マネータップ)」に係る電子決済等代行業が適切に実施されるために、電子決済等代行事業者の登録のほか、利用者への適切な情報提供、参加銀行との契約締結・公表義務などを適切に履行し、安全で使い勝手が良いフリクションレス(摩擦のない)決済を実現し、キャッシュレス化を通じて、新たな産業の育成とともに、生産性の向上と社会コストの低減を図っていきます。

引用元:https://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0926_11274.html

 

Money Tapのリリースが目前か

ちなみに、電子決済等代行業者は2017年にできた新しい制度です。

とても簡単に説明すると、決済業務に関わるサービスをリリースする際は、「電子決済等代行業者」として登録しなければいけない制度のことです。

以前からお伝えしていた通り、今秋にSBIリップルアジアからブロックチェーンを搭載した送金アプリ「Money Tap」がリリースされます。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

今回の電子決済等代行業者登録は、プレスにもある通り、Money Tapローンチを見越してのことでしょう。

反対に、すでに法的にも準備が整い「今秋」と告知していることから、10~11月にリリースされる可能性が高まります。

 

ブロックチェーン実用化へ向けた第一歩

こちらも以前からお伝えしていますが、「Money Tap」は「ブロックチェーン実用化」の第一歩としての期待が高いです。

もちろん、現在、様々なサービスにブロックチェーンは使われ始めていますが、Money Tapの「簡単さ・便利さ」をもったサービスは少ないでしょう。

当アプリには、ブロックチェーンが搭載され、携帯番号での送金やQRコードで、低コストの送金を可能にするとのこと。

また、使われているのはリップル社のプロダクトであり、同社の動向としても注目となりそうです。

 

まとめ

とにかく、Money Tapのリリースが目前に迫っているので、楽しみにしながら待ちましょう。

リリースは、「内外為替一元化コンソーシアム」というグループに参加している三菱東京UFJ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行といったメガバンクからもリリースされます。

各銀行がどのような形でリリースして、そのように使えるのかはまだ不明ですが、そちらの詳細も近々発表される可能性があるので、期待したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

2019年以降のテーマとされ、相場にも影響を与えるのが仮想通貨の「金融化」と「実用化」です。

今回は、直近のニュースをまとめつつ2つのテーマを解説します。

要点

・仮想通貨の「金融化」と「実用化」
特段、新しいテーマではないですが、2019年にフューチャーされるであろうテーマが仮想通貨の「金融化」・「実用化」です。これさえ押さえておけば仮想通貨ニュースも簡単にわかるので、参考にしてください。

加速する仮想通貨市場の「金融化」

仮想通貨(市場)の「金融化」とは、取引のルールを明確化すること、取引のルールを共有することです。

つまり、話題になっている「市場の仮想通貨規制が整う」ということを意味します。

反対に、現在は仮想通貨取引のルールさえ確立されていないのです。

国内においてはようやく自主規制団体が設立、ルールの策定へ向けて動きだしていますが、ちゃんとした形までは至っていません。

 

大手金融機関の仮想通貨市場参入

先日は著名投資家ノボグラッツ氏が「3ヵ月~6ヵ月以内に機関投資家が参入しFOMOが起きる」とコメント。

仮想通貨市場にFOMOが起こる!2ヵ月以内にゴールドマンサックスが参入!?米著名投資家ノボグラッツ氏が発言!

市場が金融化する最大のメリットは、健全な市場が形成されることで、より資金が流入しやすくなるというメリットがあります。

特に今話題になっているのは、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、シティバンク、バンクオブオブアメリカなど、大手金融機関が市場に参加することです。

モルガンスタンレーがビットコインスワップ取引計画!バンクオブアメリカも準備中とのリーク報道も!

これらの報道は、ようやくこの秋になって出始めてきているので、年末から2019年以降、どれだけ大手金融機関が市場に参加できるか、そのルール作りの確立が重要視されてきます。

数日後に可否判断がくだされるビットコインETF、Bakkt、カストデイサービスの金融化にはかかせないツールとなります。

ETF可否判断通知は30日ではなく29日明朝!?SEC事情に詳しい専門家が指摘!念のため注意か

 

仮想通貨の「実用化」は進むのか

こちらは目新しいテーマではありませんが、2019年以降も「仮想通貨の実用化」は大きな課題になってきます。

この秋からは、リップル社のxRapidの商業化、ブロックチェーン搭載の送金アプリ「Money Tap」がリーリースされ、少しづつですが仮想通貨やブロックチェーンが実用化されているのは間違いないでしょう。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

また実用化に関してもBakktが、マイクロソフト、スタバと提携した事業を計画しており、そのような実用化へ向けたプラットフォームの充実も焦点になってきそうです。

 

まとめ

簡単にすると、「仮想通貨市場の金融化」とは、「仮想通貨規制を整え市場のルールを明確化すること」です。

それにより、仮想通貨市場に資金がより流入することが期待できます。

実用化に関しては、xRapid、Money Tapなどこの秋から徐々に実用化へ向けた動きがあるので、まずは金融の分野でのユーズケースの確立を焦点に2019年も重要なテーマとなってきます。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.