COINNEWS

【中級者用】ビットコインについてどれくらい知っている?ビットコインクイズ

ビットコインの特徴はなんですか?このような質問で答えることができない人も多いのではないでしょうか。ビットコインに関しての情報が溢れている中で、本当に理解できているのか気になる方に、皆さんがビットコインについて正確な知識があるのか、それを確認するクイズ検定を作って見ました。


ビットコインクイズ 中級問題

ここでは、2択から正しい方を選んでください。また、詳しい解説は問題のすぐ後ろにあります。

1.電子マネーとビットコインの違いはなんでしょう。

A.電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。
B.ビットコインは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。

https://coinnews.jp/articles/910
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A.電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されている。
電子マネーは、法律で100万円以上の送金は禁止されています。そのため、三菱UFJ信託銀行などは、電子マネーを使った取引ではなく仮想通貨を使った送金方法を研究しています。
電子マネーと仮想通貨の違いについてはこちらを参照ください。

三菱UFJ信託銀行についての記事はこちらをご覧ください
https://coinnews.jp/articles/8484

2.マウントゴックス事件が起こった場所はどこでしょう

A.中国
B.日本

マウント・ゴックス元CEO マルク・カルプレスとは何者か?

答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B日本
この事件は、東京都渋谷区にあった株式会社MTGOX(マウント・ゴックス)の運営するビットコイン交換所で起こりました。この事件は、日本のマスメディアでも大きく報道していました。

3.マウントゴックス事件のその後について正しく述べた文はどちらでしょう。

A.犯人は、逮捕され、被害にあった人にお金はすでに返されている。
B.ビットコインの多くは、まだ返済されていない
https://coinnews.jp/articles/13
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Bビットコインの多くは、まだ返済されていない
この事件の犯人はまだ特定されていません。また、マウント・ゴックスは破産手続き中であり被害者に対してお金が返済される見込みもありません。

4.ビットコインアドレスとはなんでしょう

A.利用できるビットコインアドレスは、有限である

B.取引ごとに毎回ウォレットによって生成されている。
https://coinnews.jp/articles/37
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B取引ごとに毎回ウォレットによって生成されている。
ビットコインアドレスは、無限に生成することができます。そのため、2×256乗分の数のビットコインアドレスが生成可能となっています。
ビットコインアドレスに関してこちらを参照ください。

5公開鍵と秘密鍵についてのクイズです

A.公開鍵は、取引時に取引相手に公開する必要がある

B.公開鍵も秘密鍵も他人に公開してはいけない
https://coinnews.jp/articles/37
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A公開鍵は、取引時に取引相手に公開する必要がある
公開鍵は、取引時に相手に見せる必要があります。しかし、秘密鍵は銀行の口座のような役割を占めているので他人に明かしてはいけません。

6.ビットコインの採用されている最小の単位はなんですか?

A0.00000001BTC=1satoshi
B0.0001BTC=1satoshi
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A0.00000001BTC=1satoshi
1ビットコインの1億分の1が1satoshiとなります。satoshiは、ビットコインを作ったサトシナカモト氏の名前から来ています。

7.ダストコインは、何でしょうか?

A.これ以下の数字になると取引ができなくなるためゴミ=dustコインと呼ばれている。
B.一円以下の価値になるコインは、決済に使えないのでゴミ=dustコインと呼ばれている。
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Aこれ以下の数字になると取引ができなくなるためゴミ=dustコインと呼ばれている。
ビットコインのシステムでは、5460satoshi以下のコインは取引ができなくなります。そのことから、埃のように価値がないということでダストコインと呼ばれています。

8.ビットコインで現実世界で最初に行われた取引に使われたことはなんでしょう。

A.チキン
B.ピザ
https://coinnews.jp/articles/761
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

Bピザ
実際の店舗で行われた取引は、ピザ二枚でした

9.その時の取引価格はいくらでしょう

A.300BTC
B.1万BTC
https://coinnews.jp/articles/761
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

B.1万BTC
そして、ピザ二枚の取引は、1万BTCで取引されました。現在の価格(2018年2月22日)の価格だと1枚60億円で取引されたことになります。
ピザで取引された記事があります。
ぜひ読んでみてください。

10.ビットコインキャッシュとは何でしょう

A.ビットコインの分裂によってできた通貨
B.ビットコインとほとんど同じ特徴を持っているためこの名前がついた
https://coinnews.jp/articles/46
答えは下へスクロール

 

 

 

答え

A.ビットコインの分裂によってできた通貨
ビットコインキャッシュは、Seg witと呼ばれる問題がありました。その問題があったため、ビットコインは、ビットコインとビットコインキャッシュの二つに分裂しました。

今回は、ビットコインを学ぶ中級者を対象にクイズを作って見ました。今後も難易度を変えながら多くのクイズを出していきますので、ぜひ挑戦して見てください。

投稿 【中級者用】ビットコインについてどれくらい知っている?ビットコインクイズCOINNEWS に最初に表示されました。

意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察

多くの仮想通貨のメディア記事を見ているとアメリカや中国、韓国などの国の情報はよく目にすることができます。しかし、イギリスの記事を見る機会は少ないのではないでしょうか??今回は、そんなイギリスの仮想通貨事情に関して徹底解説していきます。

イギリス政府の考え

現在(2018年2月23日)イギリスでは、仮想通貨に対して規制は行われていませんが政府は、ビットコインに対して厳しい考えを示しています。これまで、イギリスはビットコインを含む仮想通貨に寛容な姿勢を示していました。しかし、2017年12月にビットコインが急落したことを受け英国大臣は、仮想通貨のビットコインがマネーロンダリングや税金逃れのために使われているため、厳しい取締を計画していることを伝えています。

また、イギリスは『自国』だけが仮想通貨の規制を行うのではなく『世界全体』での規制が必要であるという姿勢を示しておりEUでの規制を促すほか、日本も属すG7でフランス、ドイツと一緒に仮想通貨の規制を呼びかけています。

イギリスのテリーザ・メイ首相、1月下旬に世界経済フォーラムのダボス会議に出席し、ビットコインをはじめ仮想通貨についてこのような見解を示しています。

「ビットコインのような仮想通貨について我々は非常に真剣に考えるべきです。仮想通貨の使われ方、特に犯罪者が仮想通貨を悪用しているからです」
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180205-00081296/

ロイヤルミントの発表

英国王立造幣局(ロイヤルミント)が、当局が金庫にもつ金と対応した独自の仮想通貨を作ることを発表しました。英国王立造幣局とは、英国で流通する全ての貨幣を製造している、いわば日本の日本銀行に当たる銀行です。このロイヤルミントが発行する通貨は、『ロイヤルミントゴールド(RMG)』と命名されました。

こちらがその発表です。

『Royal Mint(英国王立造幣局)は、1000年以上も前に設立された、国外展開を行っている世界有数の造幣局です。現在は、金融派生商品取引で有名なシカゴ先物取引所(CME)グループと協力し、最先端技術であるブロックチェーンの電子取引メカニズムと金地金の特質を組み合わせた金投資商品、RMG(ロイヤルミントゴールド。以下RMG)を開発しています。』

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_gold&cat1=gold&cat2=guide&dir=guide&file=gold_guide_01_170830_01.html

イギリスの仮想通貨取引所

この取引所は、Henyepグループの一つのサービスとしてできた取引所です。このグループは、金融系サービスや不動産などを中心に行なっています。HYCMは、2017年6月から取引を開始しました。当初は、ビットコインの取引を行っていました。最近では、リップルやビットコインキャッシュの取引を開始するこが一部メディアで取り上げられました。リップルは、アジアを中心に取引量が多い通貨です。今後この通貨が欧州でも取引されて行くのかに注目する必要があります。現在は、上記にあげた3つの仮想通貨とイーサリアムとライトコインの取り扱いを行っています。

HYCMがビットコインキャッシュとリップルを扱ったことに関する記事はこちらを参照ください。

リップルとビットコインキャッシュがイギリスの取引所HYCMに上場 CFD取引が可能に

Crypto UK

これは、イギリスの7社の仮想通貨企業が、政策立案者らを巻き込みながら仮想通貨産業の『自主規制の枠組みの開発』を行う、独立した取引団体です。Crypto UKに参加するのはCoinbase、Etoro、Cex.io、Blockex、Commerceblock、Coinshares、そしてCryptocompareの7社です。これらの企業は、取引プラットーホーム、取引所、資金管理、商業団体、比較サイト、そして仲介業など多種多様な事業を展開している企業です。

このCrypto UKに関して詳しい情報は、こちらを参照ください。

イギリスの7企業が合同で新たな取引団体『Crypto UK』を組織

 

最後に

イギリスは、あまり仮想通貨のメディアで取り上げられることは少ないですが、イギリス政府はG7、EUなどに世界全体での仮想通貨の規制を呼びかけている点や中央銀行が始めたロイヤルミントゴールドは今後注目する必要があるでしょう。

投稿 意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察COINNEWS に最初に表示されました。

カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出

カリフォルニア州で、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを公式な記録形態として認める改正法案を提案しました。

イアン・カルデロン議員が20日提出した第2658号法案は、電子記録の定義に関する規定の改正を求めるものです。


ブロックチェーンを公式記録に

カリフォルニア州の57区の議員、イアン・カルデロン氏が、ブロックチェーンの記録、そしてスマートコントラクトを、法の下で定義する提案を行いました。カルデロン氏はゲートウェイ地域出身の民主党員で、こうした種類の記録や定義がカリフォルニア州の裁判所システムに組み込まれるべきだと主張しています。

法案は、電子的な形態であるという理由で記録や署名を否定することはできないとし、ブロックチェーン技術により確定された記録は電子記録だと主張しています。

法案は、ブロックチェーン技術により確定された署名は電子的な署名の定義に含め、スマートコントラクトを契約の定義に含める提案をしています。 スマートコントラクトは、例えば、決められたブロックに到達した、などといった、予め決められた引き金をきっかけに、自動的に作動するプログラムのことです。

法案に関する今後の動き

カルデロン氏の提案は、ブロックチェーン技術によるデータの記録・保存も定義に含めようとしています。しかしアメリカ当局は、送金法への違反が見受けられた場合は、電子記録を提供する企業の認定を取り消す権限を持っています。

今回のカリフォルニア州の事例は、アリゾナ州、バーモント州、そしてフロリダ州の事例と似ています。これら3州でも、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを定義に含める法改正が提案されています。

法案が議会や知事の承認を得られれば、2021年1月まで運用されることになります。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/california-bill-aims-to-recognize-blockchain-records/

投稿 カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出COINNEWS に最初に表示されました。

香港の投資家がアメリカの先物市場に参入

香港の仮想通貨投資家が、アメリカの先物商品に関心を示しています。アメリカの先物市場は規制が行われているため、一切規制がない香港から投資家が離れています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。



香港でアメリカの先物の人気が拡大

Hong Kong Stockbrokers AssociationのGary Cheung氏は中国メディアに対し、地元の先物ブローカー業界で、アメリカ先物市場の需要が高まっていると話しました。

「アメリカの仮想通貨先物を好む香港の投資家は2種類に分けられます。一方は、ビットコイン取引を行っていて、リスクヘッジのために先物を活用するマイナーや投資家です。そして他方は、投機的な先物取引で利益を上げようとしている一般投資家です。」

TD AmeritradeのCEO、Gary Leung氏も、香港の顧客の間でのアメリカの仮想通貨先物人気を指摘します。

「2017年10月の価格上昇時に香港に事務所を開設してから、先物に関する数多くのお問い合わせをいただいております。」

規制の不在が地元離れ起こす

香港金融管理局はビットコインを商品とみなしており、仮想通貨取引所は規制を受けていません。そのため多くの投資家は、地元の取引所よりも規制されている海外の取引所を模索するのです。

China Securities International Finance HoldingsのBenny Mau氏はこの背景について次のような見方を示しました。

「ビットコインやその他仮想通貨は商品と同じように扱われるため、香港では基本的に規制されません。その代わり、仮想通貨プラットホームで問題が生じたりハッキングが起きたりしても、規制機関は何もしてくれず、投資家は損害を被る可能性があります。ですので、香港での仮想通貨の取引を断念している投資家も数多くいます。なので、規制が行われているアメリカの取引所を使うのです。先物価格は乱高下してしまいますが、取引先のリスクやプラットホームの問題については心配する必要がなくなります。だからこそ、アメリカの先物商品は香港の投資家に魅力的なのです。」

市場動向も影響か

Haitong InternationalのSVPであるJasper Lo Cho-yan氏は、投資家の地元離れの原因として、ここのところの市場動向を指摘しました。

「2017年末に先物が開始された時には、ビットコインは価格上昇の途中であり、皆が楽観的でした。しかし価格が下落した現在、投機を望んでいた人たちは利益をあげづらくなっています。また、各国政府もビットコイン・仮想通貨規制を強化しています。先物商品の行き先が怪しくなってきたとも言えるでしょう。」

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Hong Kong Crypto Traders Turn to U.S. Futures Markets

投稿 香港の投資家がアメリカの先物市場に参入COINNEWS に最初に表示されました。

20以上の韓国取引所が自主規制への適合評価に参加見込み

韓国で20以上の取引所が、自主規制に基づく評価に参加すると明らかにしました。この中には国内最大手の4社、Upbit, Bithumb, Coinone、そしてKorbitが含まれています。これは韓国のブロックチェーン協会による自主規制の取り組みの一環です。

自主規制には『21の取引所』が参加する方針

韓国ブロックチェーン協会は先月66のメンバーで設立された業界団体で、自主規制に専念しています。Yonhapによれば、33の協会員のうち、国内大手4取引所を含む21の取引所が、自主規制に参加するそうです。

現地メディアによれば、今回の自主評価に参加することが確定しているのは、Glosfer、Nexcoin、Zeniex、Kairex、Kcx Exchange、Komid、Coinway、Coinzest、Plutus DS、Dexko、Gopax、Okcoin Korea、そしてHuobi Koreaだそうです。

今回の適合評価は、協会が自主的に定めた規則に、メンバーが従っているかどうかを見極めるものです。Asia Economyは協会の話として次のように伝えています。

「仮想通貨市場の形成に向けた各メンバーの協力に感謝致します。公正かつ厳格な自主評価の実施に努めて参ります。」

Zdnetは協会の副会長Kim Hwa-joon氏の話として次のように伝えています。

「所有資本、セキュリティー、上場手続きに関する規定、情報開示などに関する項目が含まれます。これらの検査に合格すれば、投資家の信頼を得られると考えています。」

韓国政府のデータによれば、2017年の仮想通貨取引所の売り上げは、その前年と比べて88倍に増えたそうです。

自主規制の限界

協会が最初に自主規制に触れたのは昨年12月、政府が仮想通貨の投機性抑制対策を打ち出した頃でした。この時協会は、インサイダー取引や市場操作に関する取引所の具体的な倫理規定も示していました。

しかし中小取引所は、協会に参加して自主規制を行うことに懸念を示しています。当初は、実名システムが導入された後協会に参加すれば、銀行の協力を得られると考えられていました。

しかし、実名システムの導入は、銀行が中小取引所向けの口座提供を躊躇する結果を招きました。銀行は大手4取引所以外には口座を提供していない状況です。

今週の頭、Gopax、Coinnest、Coinpiaなどの12の取引所は、協会に対し共同で申し入れを行いました。その内容は、取引所向けの口座提供をめぐる問題に関する会議の開催要請でした。

Fntimesによれば、この問題について副会長は次のように述べたそうです。

「協会の運営に関しては、議論が必要になるかもしれません。..問題解決に向けて取り組んでおります。」

この問題については、韓国金融監督院FSSのトップであるChoi Heung-sik氏とも調整が行われています。Choi氏は、実名システムを導入しているにも関わらず、仮想通貨取引所に口座提供をしていない銀行が3社あるとした上で、銀行に対し仮想通貨取引所と協力するよう働きかけていくと述べています。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】20+ South Korean Cryptocurrency Exchanges Voluntarily Undergo Evaluations

投稿 20以上の韓国取引所が自主規制への適合評価に参加見込みCOINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

ビットコインのマイニング(採掘)とは?マイニングの仕組みなど徹底解説

ビットコインについて調べていると、マイニング(採掘)という言葉を聞いたことがあるかと思います。このマイニングを行えば仮想通貨を手に入れることができます。以下では、マイニングの仕組み、現状そして、個人でできるマイニングについて徹底解説して行きます。


ビットコイン とブロックチェーン

ビットコインは、ネット上で利用できる『現実には実態のない通貨』です。インターネットを使える環境があれば、世界中でビットコインの支払いができるというメリットがあります。このビットコインの特徴は中央政府を持たないことです。日本の円は、日本という中央政府の信用がその『価値』を保証しています。しかし、中央政府を持たない仮想通貨は『ブロックチェーン』という技術を使うことでセキュリテイの堅牢性などで、その『価値』を保証しています。

ブロックチェーンは、取引したデータを、約10分を区切りに一つのブロックとして作ります。そのブロックを取引が行われる度に繋げていきます。そして、記録台帳に1本のチェーンができるのです。

従来の送金システムの場合だと、中央で管理している主体がいます。しかし、ビットコインはブロックチェーンを複数のサーバーに『分散』して全取引のデータを保存します。そうすることで、1つのサーバーが故障してもその他のサーバーにデータが存在するためデータの『複製』が可能となります。この高い技術力が、ビットコインの信頼性を高めているのです。

ブロックチェーンに関しては、こちらを参照ください。

【ブロックチェーンとは?】 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

 

ビットコインの入手法

ビットコインを手に入れる方法は2通りあります。1つ目は、コインチェックやbitFlyerなどの取引所・交換所を介して、円やドルなどの中央政府が発行している法定通貨とビットコインを『交換』する方法。2つ目は、『マイニング』という方法です。

ブロックチェーンの仕組みは、前述した通り複数のコンピューターに分散してビットコインの『全取引のデータ』を保存する技術です。この取引データを保存するのには、莫大な計算をする必要があり、その計算を行うことを『マイニング』と言います。この莫大な計算を行うことで中央政府が存在しないビットコインの信頼性を高めているのです。この計算は10分毎に行われおり、このマイニングを他のコンピューターより早く行えばその対価として『ビットコインを入手』できます。

マイニングとは、日本語で『採掘』という意味があります。これは、マイニングを行うことでビットコインを得る方法と、ゴールドラッシュ時の採掘して金を得る方法が似ているため『マイニング(採掘)』と呼ばれています。

現在(2018年2月3日 )、1回のマイニングを行うごとに『12.5BTC』を手に入れることができ、これは日本円に直すと1200万円にも上ります。つまり、10分ごとに1200万円のビットコインが生まれ続けています。

現在のマイニング

マイニングでビットコインを入手するためには、計算を解く『早さ』が重要です。ビットコインができた当初は『CPU』といった通常のパソコンに搭載されている処理装置でマイニングは行われていました。

しかし、スピードを求めるにあたり現在は『ASIC』という計算に特化した集積回路をマイニングのために導入しています。ですが、このASICはひどく発熱するため、冷却設備が必要になります。冷却設備は莫大な電気量を使い、電気代が非常に高くなります。また、普段利用するコンピューターよりもASICは値段が高いです。そのため、初期投資の面でも費用がかかってきます。

マイニングの問題点

投資の面、電気代などの維持費の面から見て、現在では多くの資本を持っている『マイニング業者』と呼ばれる専門企業がこのマイニングを行っています。このマイニング業者は、電気代の安い中国や平均気温の寒い北欧に集中していることが特徴です。そのため、個人ではマイニングを行うことが難しいです。

イギリスのPower Compareによると、ビットコインで使用されている電力は世界159カ国のそれぞれの電力の総量よりも多くなっているそうです。そのため、仮想通貨のマイニングに使われる電力量は地球温暖化などの面から問題になっています。

個人でマイニングする方法

ここでは、2つのマイニング方法を紹介します。

1つは、『マイニングプール』というものがあります。これは、何人かのユーザーを集め各自のコンピュータをインターネットに繋げてマイニングを行うというものです。

2つ目は、『クラウドマイニング』という方法もあります。クラウドマイニングは、マイニングを行っている企業に投資をし、その配当をもらうという方法です。どちらも、少額でマイニングを行うことができるのが特徴です。

最後に

マイニングとは、ビットコインの信頼性を高めるブロックチェーンに必要な計算のことです。そして、このマイニングを他のマイナーよりも早く計算を行うことで、その対価としてビットコインがもらえます。また、この計算がビットコインの安全性を保っているものでした。そして、このマイニングは個人でも行うことが可能です。今回紹介したクラウドマイニングという方法もあります。自身の資産と相談しながら、ぜひマイニングに挑戦してみてください。

投稿 ビットコインのマイニング(採掘)とは?マイニングの仕組みなど徹底解説COINNEWS に最初に表示されました。

日本政府認可の取引所、ザイフにて不具合。ユーザーが無料でビットコインを

あなたはビットコインをたったの1,000ドル、100ドル、ましてや10ドルで買いたいと夢見たことはないでしょうか?

0ドルであったらなおさらどうでしょう?

日本の取引所ザイフを利用していた目の鋭いユーザーに、ビットコインがシステム不具合によって無料で手に入れられる機会が訪れました。

一方でザイフは、ユーザーからその分のビットコインを回収したようです。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


2000兆円の異常

テックビューロが運営する日本の仮想通貨交換所ザイフは、システム故障によってユーザーが仮想通貨を0円で取引する事が可能であったことを明らかにしました。

現地時間2月16日午後5時40分から午後5時58分までの18分間、ザイフの価格計算システムは影響していました。

ザイフは7人のユーザーが、無料で大量の仮想通貨を手に入れたと2月20日報告しました。

朝日新聞によると、あるトレーダーは22兆円ものビットコインを購入し、すぐに現金化しようとしたそうです。

システムの故障は同日午後7時34分に修正され、テックビューロの責任者は投資家に謝罪し、再発防止に努めると約束しました。

おっと、今の取引は無効です

システムに不具合が発見され、重大な過ちが明らかになった後、テックビューロは0円で行われた取引を無効化しました。

取引所からビットコインを転送しようとした一人の顧客とは、未だ問題の解決に取り組んでいると同社のスポークスマンはロイター通信に対し、伝えました。

ザイフは政府によって完全に認可された『16しかない交換所』の一つであり、金融庁が昨年9月に認可した最初の11のプラットフォームの一つでしたが、テックビューロは現在システムおよびその他実務の安全性に関する金融庁の調査を受けています。

16の未だ認可されていない取引所を含めた『32の取引所』を現在捜索中であると金融庁は発表しました。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Bug at Japanese Government-Approved Zaif Exchange Let Users Get Free Bitcoin

投稿 日本政府認可の取引所、ザイフにて不具合。ユーザーが無料でビットコインをCOINNEWS に最初に表示されました。

日本発の仮想通貨ってどんな種類があるの?Made in Japanの仮想通貨紹介します

ビットコインやイーサリアムなど海外では、世界中の人が認知している仮想通貨が作られています。国内の取引所で取引されている仮想通貨も、ほとんどが海外で生まれた仮想通貨が占めているため、日本で作られた仮想通貨の存在を知らない人も多いのではないでしょうか。以下では、そんな日本で生まれた仮想通貨を紹介していきます。

モナコイン

このコインは、『ライトコイン』をベースに2013年に日本で初めて作られた仮想通貨です。モナコインの『モナ』は、2チャンネル以前の掲示板サイトで生まれた「モナー」というキャラクターの名前からきています。大きな特徴は、取引スピードが早いことです。

モナコインの当初の取引は、5円程度で行われていました。当時、2チャンネルではモナコインを『投げ銭』として使っていました。路上ライブでチップを渡すことを投げ銭と言います。2チャンネルでは、質問に返答をしてくれた人にお礼としてこのモナコインを渡すことがこの『投げ銭』と似ているため投げ銭と呼ばれていました。

モナコインを手に入れるためには、仮想通貨取引所の『bitFlyer』と『zaif』などで取引が可能です。現在(2018年2月20日)は、1コイン当たり691円で取引が行われており、秋葉原ではこのモナコインを利用した決済が可能となっています。

モナコインの詳しいことは、こちらを参照ください

モナコイン(MONACOIN)って、結局なに?~モナコインという仮想通貨~

BitZeny

この通貨も日本発のコインです。現在この通貨は、国内の取引所では取引されていません。海外の取引所では、『C-CEX』、『Stocks.exchange』と呼ばれる仮想通貨取引所で取り扱いされています。現在(2018年2月20日)1コイン11円の価格で取引が行われています。

このコインの大きな特徴は、CPUを使ってマイニングができることです。現在ビットコインやイーサリアムなどは、大規模なマイニング施設を立てる必要があります。しかし、BitZenyはそのような設備を必要とせずにマイニングができるようなシステムが構築されています。

このコインを手に入れるには、海外の取引所を利用して取引するのではなく自分でマイニングするのも1つの手です。

bitZenyに関してはこちらの記事を参照ください

bitzenyという『日本発の仮想通貨』~BitZenyと投げ銭サービス~

COMSA

『comsa』は、仮想通貨ではありませんが日本の企業がICOを簡易にできるサービスを実現するトークンの名称で、ブロックチェーン技術のビジネスへの導入支援をする』を目的にしているプロジェクト名のこともCOMSAと呼びます。『COMSA』は、Zaifを運営する『テックビューロ株式会社』が始動した事業です。このプロジェクトを行なった理由としては、現在日本の多くの企業で、ブロックチェーン技術の導入に『参入しずらい状況』になっているためです。そんな、状況を改善するためにこのプロジェクトが始動しました。

ICOに関しての詳しい情報はこちらを参照ください

話題のICOとは??~よくわかるメリット・デメリットの解説~

実際に、『株式会社メタップス』がこのCOMSAを使ったICOを行なっています。メタップスは、タイムバンクというサービスを提供しています。この、タイムバンクは、人の時間を売買することを目的に行うサービスです。この、タイムバンクのサービスにCOMSAのトークンが使われるのではないかと言われています。

COMSAやタイムバンクに関しての詳しい情報はこちらを参照ください

『COMSA』とメタップスの『タイムバンク』~ネムを挟んだ両社の関係~

その他日本発の仮想通貨

c0ban

このc0banは、株式会社LastRootsが発行しています。このコインの資金調達方法としてクラウドファンディングが採用され、目標の5000万円を3日で達成したそうです。このc0banを得る方法の一つとして、動画を見ることというのが特徴です。ぜひ、アップルストアなどで確認して見てください。

こちらがc0banを手に入れることができる動画のアプリです。

https://itunes.apple.com/jp/app/c0ban/id1175272776?mt=8

Qash

この通貨は、QUOINE社が作りました。QUOINE社は、誰もがユーザーやトークン保有者として参加できる金融プラットフォームを目指しています。現在(2018年2月)は、1コインあたり110円で取引されています。

最後に

この記事では、合計で4つの仮想通貨を紹介しました。ビットコインやイーサリアムなどにそれぞれに特徴があるように日本発の仮想通貨にもそれぞれの特徴があります。

そして、通貨以外にCOMSAというトークンについて紹介しました。このトークンは、今後日本でブロックチェーンのサービスが流行する一つの手段となる可能性を秘めているので、注目しておきましょう。

投稿 日本発の仮想通貨ってどんな種類があるの?Made in Japanの仮想通貨紹介しますCOINNEWS に最初に表示されました。

SBIホールディングスが世界最大級仮想通貨メディアCoinDeskと戦略的業務提携へ

SBIホールディングス株式会社傘下のモーニングスター株式会社が、仮想通貨、ブロックチェーン関連のメディアを手掛けるアメリカのCoinDesk,Inc(本社:米国ニューヨーク、代表者: Kevin Worth)と業務提携の合意に至ったことを2018年2月23日に発表しました。

CoinDeskとは

CoinDeskは、月間1000万人が閲覧する仮想通貨関連のメディア事業を運営しています。Face bookやTwitterのフォロワー数は60万人を超えているなど高い支持を得ており、またCoin Deskが提供するビットコインの価格情報がウォールストリートジャーナルなどのアメリカの主要メディアに掲載されるな高い知名度を誇ります。2018年5月中旬には、CoinDesk,Inc主催の4000人が集まる世界最大仮想通貨イベントが行われるなどアメリカ以外にも世界で注目されている仮想通貨のメディアサイトです。

なぜ業務提携に至ったのか

モーニングスター株式会社がCoinDesk,Incと業務提携を行うことで、CoinDesk,Incが持つ圧倒的情報量また発信力を手にすることができます。モーニングスター株式会社は、今回の発表でこのように伝えています。

”CoinDeskが米国で提供するニュースやコラム等を日本語に翻訳し、当社の仮想通貨ポータルサイトやスマートフォンアプリを通じて提供していくことで、これまで提供してきた仮想通貨関連情報が大幅に拡充することになります。”

また、日本人の多くは英語ベースのメディアを参照するよりも、比較的日本語のメディアまたは海外の翻訳記事から情報収集をしています。今回、CoinDesk,Incがモーニングスター株式会社と業務提携を行ったのはそういった日本市場を開拓するのが目的であると推測できます。

今回のSBIホールディングス(モーニングスター株式会社)とCoinDeskによる業務提供は、今後より一層日本に多くの仮想通貨やブロックチェーン技術の情報がもたらされるのではないでしょうか。

SBIホールディングスが行っている仮想通貨事業に関してはこちらを参照ください。
関連記事:SBIホールディングスが8つの仮想通貨ビジネスを開始~激動する仮想通貨ビジネス界~

投稿 SBIホールディングスが世界最大級仮想通貨メディアCoinDeskと戦略的業務提携へCOINNEWS に最初に表示されました。

エレン・デジェネレス氏、ビットコインに賛成

米国の昼間のトークショー女王であるエレン・デジェネレス氏は、最近の番組で『ビットコイン』について取り上げ、自身の熱狂的視聴者と共にビットコインの基本的な謎について、関心を見せました。

仮想通貨の面白い一面を取り上げる一方で、彼女は頻繁に失われている仮想通貨の統計を晒してみせました。

その結果言えることは、彼女は赤ちゃんヤギを愛するお母さんです。(後々この意味はわかるでしょう)

以下では、彼女が番組で披露した『ビットコイン』の説明を紹介していきます。


エレン・デジェネレス氏、ビットコインをからかう

「私が現在、身をいれていて、誰もが学んでいるのがビットコインです。ビットコインについて聞いたことがありますか?ビットコインについて説明することが出来ますか?出来るというなら嘘つきです。ビットコインがどのように成り立っているのか、誰もわからないのです。誰もです。」と60歳のエレン・デジェネレス氏は、彼女の冠番組の間中、怪訝そうに何度も述べました。

『ザ・エレン・デジェネレス・ショー』は毎日行われるエンターテイメントトークショーに出演し、15年目を迎えています。

過去には『2500以上』のエピソードを配信しており、『ワーナー・ブラザース・テレビジョン』の分散プログラムでは『Mighty Orphans』を凌いで、第59回の『デイタイム・エミー賞』を受賞しています。

エレン氏はかなりの功績を収めており、『Telepictures』は2020年までショーが予約されているそうです。

そして「誰もがビットコインについて話しているけれど、誰もそれを理解していない。」とデジェネレス氏は続けました。

「これは紛らわしい映画における予想外の展開のようなものです。映画を見ている時に、友達は何が起こるかわかっているようで、あなたも『私も知ってるわ!』と言うけれど、実際は『みんな何なの、全くわからない!』と思っているような感覚なわけです。私が知っているのは、ビットコインは2万ドルの価値にも成り得るけれど、同時に全く価値のないものにも成り得る、ということです。それはデジタル・アンティーク・ロードショーのようなもので、列に並んでいるけれど、そこに着くまで何に並んでいるのかわからないのです。」

デジェネレス氏は現在、毎日300万人近くの聴衆を集めており、彼女は『コメディの偉人』としての地位を確立しています。

彼女は1980年代に、珍しく女性のスタンドアップ・コメディアンとしてキャリアをスタートしました。

1990年代には、2つのシチュエーション・コメディでチャンスを得ましたが、どちらも現在の仕事には至っていません。

しかし彼女は、自身の『性的指向』を公に発表することで新たな地位を築きました。

2008年にはガールフレンドのポーシャ・デ・ロッシ氏と結婚し、現在彼女は性的マイノリティの『主導的支持者』とされています。

また、彼女は『Pixar franchises』の『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドーリー』の声優、『エミー賞』・『グラミー賞』・『アカデミー賞』の司会者としても有名で、オバマ大統領の『大統領賞』も受賞しています。

エコノミクスを知るエレン

彼女は控えめな言葉で、こう言いました。

「高校時代は、何か特別な理由があって『エコノミクス エレン』と呼ばれていたわけではありません。彼らは私が経済学を落としたからそう呼んでいただけです。だから私は少し研究しました。そして、これから私の最大限の言葉を尽くして、ビットコインがどのような仕組みで成り立っているのか説明します。」

「まず、私が読んだ記事は、ビットコインは分散型のデジタル通貨だと述べていました。正直、私はそれが何を意味するのかわかりません。けれどこれから私はここで、それについて説明し、私たちは全員それを理解していきます。」

「ビットコインのふりをするのは『ヤギ』です。可愛いでしょう?誰もがヤギが可愛いことに同意すると思います。そしてそれを拾いたくなって、ペットにしたいんです。そうでしょう?だけど、あなたはヤギをペットにすることは出来ません。何故なら、ヤギが居ないからです。そのヤギはインターネット以外には存在しません。まさにビットコインがデジタル通貨であるように、です。」

そして、ヤギの赤ちゃんが彼女の後ろにある大きなスクリーンに現れました。

「きっと貴方はこう考えているのではないでしょうか。”エレン、もしそれが物理的に触れないのなら、どこにビットコインを保管すれば良いの?デジタルの財布に?”と。面白い発想ですね。けれどある意味正解です。あなたはビットコインを『デジタルの財布』に保管します。良いですか?」

エレン・デジェネレス氏はこう言いながら、人気の『Toast Wallet』の写真を見せます。

「そして、デジタルウォレットは携帯のアプリにもこのような小さなハードドライブにも成り得ます。」

彼女は詳しく説明し、ヤギが現れたのと同じスクリーンに現れたのは、台帳の管理製品でした。

「これはとても良いアイディアです。洗濯機に入れることの出来るプラスチックの破片のライフセービングがあって、安全と感じない人がいるでしょうか。ジミー・キンメル氏のいたずらのように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。貴方のビットコインをすべて保管するデジタルウォレットは、Jamba Juiceのレシートやパンチカードを無料で収容できる現実の財布とは違います。」

特に数ヶ月前から、ビットコイン界において『冷やかし』は大歓迎です。

価格は戻ってきていますが、多くのビットコイン保持者は何が資産になるか不思議に思い始めました。

2017年の成功を上回ることは難しいでしょう。

しかし、50Cent氏・Jay-Z氏・エレン氏のような人たちから受け入れられ、認められれば、その流れは再びすごいことになるかもしれません。

エレン・デジェネレス氏は番組の最後にこう締めくくりました。

「私はビットコインが株式市場のように稼働していることも発見しました。つまり、あなたが1ビットコインを所有していて、購入した時に1万ドルに相当していたとします。良いですか?そして、何らかの理由でビットコインは2万ドルの価値を持つようになると、あなたは所持金を倍増させたことになります。個人的にはヤギの赤ちゃんを所有したいですけどね。でもそれは私だけ。基本的にビットコインに投資したら、あなたは『億万長者』になるか、『完全に破綻』するか。そのどちらもが起こり得るわけです。」

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。

以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/ellen-degeneres-is-down-with-bitcoin/

投稿 エレン・デジェネレス氏、ビットコインに賛成COINNEWS に最初に表示されました。

メダルからマイニングボードまで!ヤフオクで買えるビットコイン商品

多くの人の生活に浸透してる『ヤフオク』は、誰もが1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そんな『ヤフオク』では、ここ数年で話題沸騰の『ビットコイン』関連の商品の販売が徐々に増加してきているようです。

以下では、『ヤフオク』で買うことの出来る『ビットコイン商品』を紹介していきます。


「ヤフオク」とは?

『ヤフオク』とは、『Yahoo! JAPAN』が提供する『日本最大』の『インターネットオークションサービス』です。

元々はアメリカへ向けたサービスでしたが、日本にも拡大し、現在では『2000万件』以上の商品を取り扱っています。

旧名称である『Yahoo! オークション』の略称として『ヤフオク』と呼ばれるようになり、そのまま正式名称となりました。

簡単なヤフオクの使用方法説明

『出品』する際には『Yahoo! JAPAN ID』・『Yahoo! プレミアム会員登録』・『モバイル確認または本人確認』が必要となります。

これらの登録・確認が完了したら、『銀行情報の登録』を済ませ、その後『出品』が可能になります。

『落札』の際には、ヤフオクのホームページから落札したい物を検索し、落札できたという『お知らせ』を受け取った後に、『必要事項』を出品者に連絡します。

その後『代金の支払い』を済ませ、商品が届くのを待ちます。

ヤフオクで買えるビットコイン商品「ビットコインメダル」

『ヤフオク』には最近、『ビットコインメダル』という商品が度々出品されています。

『ビットコインメダル』とは、『仮想通貨』であるビットコインを実際に『メダル』という形にし、可視化したものです。

しかし本当にビットコインとしての価値があるわけではなく、ビットコインファンの間で『ジョークグッズ』や『オブジェ』として売買されているようです。

値段は物によって違いますが、大体の場合1メダル180円〜200円で販売されています。

『ヤフオク』でも、現時点ですでに200件弱の『ビットコインメダル』が出品されており、『最安値』は150円、『最高値』は8400円(15枚まとめて)で販売されています。(2018年1月19日 確認)

『ビットコイン』だけでなく、『ライトコインメダル』・『モナコインメダル』・『ライトコインメダル』・『イーサリアムメダル』なども販売されているようです。

本来これらはすべて『仮想通貨』の為、このメダル自体に『お金』としての価値はありません。

しかし、『実際に形にしたいという人』・『それを欲しがる人』がいた結果、このように『メダル』の売買が開始されたわけです。

今後、プレゼントやオブジェとして人に贈ってみるのも遊び心があって面白いかもしれませんね。

マイニングボード

『ヤフオク』では、ビットコインメダルに加えて『マイニングボード』の販売も行われているようです。

マイニングボードとは

『マイニングボード』とは、簡単に言えば『マイニング』をする際に必要な『機械』です。

具体的には、コンピューターの『マザーボード』、つまり電子装置を構成するための主要な『電子回路基盤』のことを指しています。

ビットコインの『マイニング』には莫大な計算を処理するコンピューターが必要となっており、その為に必要なマザーボード、いわゆる『マイニングボード』がヤフオクで販売されているわけです。

 

『マイニングボード』自体の販売数はビットコインメダルほど多くないものの、『マイニング』関連のコンピューター部品は数多く出品されています。

自らマイニングに挑戦したいと思っている方は、『ヤフオク』で『マイニングボード』を探してみると掘り出し物を見つけることが出来るかもしれません。

ハードウォレット

さらには、『ハードウォレット』の販売もすでに行われています。

ハードウェアウォレットとは

ビットコインを始めとする暗号通貨を『保管』する為の『ディバイス』のことを指します。

個人が取り扱うのは難しいのではないか?と思う方がいるかもしれませんが、実際には簡単に使用することが出来て、仮想通貨を送金したことがある人の多くは使用しているアイテムです。

『秘密キー』や『PINナンバー』(他人に教えてはいけないものです。)を設定し、『ハードウェアウォレット』の設定が完了したら、アプリや取引所から『ハードウェアウォレット』に送金が可能になります。

『ヤフオク』には、現在メジャーなハードウェアウォレットである『Ledger Nano S』や『TREZOR』などが中心に販売されているようです。

システムトレード

最後に紹介するのは『システムトレード』です。

システムトレードとは

いわゆる『自動売買』のことを指します。

株やFXで頻繁に使われる言葉ですが、現在ではビットコインの『システムトレード』が話題になっているようです。

自動売買がヤフオクで販売されてるってどういうこと?と思われるかもしれませんが、ヤフオクで販売されているのは『システムトレードプログラム』です。

つまり、『システムトレード』をしてくれる『コンピュータープログラム』が販売されているわけです。

『ヤフオク』には未だそれほど数多くは販売されていないようですが、それでもすでに幾つか販売されていました。

さて、紹介してきたように、『ヤフオク』にはすでに『ビットコイン』関連の商品が多数出品されています。

今後より多くの商品が出品されて、ビットコインの取引に必要な道具が簡単に、且つお手頃な価格で個人の手に入る日はそう遠くないかもしれません。

皆さんも是非『ヤフオク』で商品をチェックしてみてはいかがでしょうか?

投稿 メダルからマイニングボードまで!ヤフオクで買えるビットコイン商品COINNEWS に最初に表示されました。

『Bankera(バンクエラ)』が大手取引所「Hitbtc」に上場決定!

リトアニアのICOプロジェクト『Bankera』が発行するICOトークンであるBNKトークンが、イギリスの大手取引所「HitBTC」での取り扱いが始まるということが、Bankeraの公式Twitterで発表されました。
Bankeraとは何なのか、そしてBNKトークン上場に関する詳細を以下で詳しく解説します。


Bankeraとは何か

Bankera(バンクエラ)は『ブロックチェーン時代の銀行』を標榜する、バルト三国の一つであるリトアニア発のサービスです。名称の由来は『Bank(銀行)+era(時代)』からきています。サービス内容は『銀行の業務をブロックチェーン技術を用いて行う』ことで、法定通貨も仮想通貨も扱っています。

Bankeraの創業チームは既にSPECTROCOIN(スペクトロコイン)という別のサービスを運営しており、仮想通貨取引を始め、デビットカードの発行や決済代行サービス、電子マネー口座「e-wallet」の運営を現在も行なっています。

多くのフィンテックスタートアップが金融事業を改革しようとしているものの、多くがニッチな市場(規模が小さい市場)に集中するため、技術的に発達していない伝統的な銀行業が未だに大きな経済権を握っているという実態があります。
Bankeraはそこに目をつけ、『ブロックチェーン時代に合わせた銀行の業務を行っていく』というビジョンを掲げ、金融サービスに必要なサービスを一箇所にまとめることを目指していくようです。

このビジョンを達成する名目でBankeraはすでにICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施し、バンカー(Banker、BNK)というトークンを発行しています。

BankeraのICOは「プレICO」「ICO」「SCO(セカンド・コイン・オファリング)」の3つの段階に分けて行われます。
プレICOは既に終了しており、上限である約30億円分のトークンが完売しています。2017年11月27日からICOが実施され、2018年2月末で終了します。

2018年2月22日現在、ホームページ上で調達額とトークン発行額、そしてICO終了までのカウントダウンが行われています。

Bankeraのホワイトペーパーはこちらからご覧いただけます。(日本語訳版)

HitBTCに上場

 

(訳:今日、嬉しいニュースが飛び込んできました。Bankeraは大手仮想通貨取引所の一つであるHitBTCと契約を締結しました。これはHitBTCにおいてBNKトークンの取り扱いが始まることを意味します。)

2018年2月21日、Bankeraは公式Twitterにて『BNKトークンが仮想通貨取引所HitBTCに上場すること』を発表しました。

HitBTCは取引高世界12位の海外取引所です。

(参考)https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/

ビットコインやイーサリアムを始め、国内取引所では取り扱いのない銘柄も扱っています。


メールアドレスとパスワードを登録するだけで利用開始することができます。ただし取り扱い通貨の購入はBTC建てもしくはUSDT(Tether、テザー)建てです。日本円で購入することはできませんので注意が必要です。
言語は英語および中国語に対応しています。
HitBTCへの登録はこちらからどうぞ

BankeraのHitBTC上場の具体的な時期は決まっていませんが、Bankeraのホームページの記載から推測すれば『2018年上半期』である可能性が高いです。
取引高が多い取引所での取り扱いが始まることから注目度は高く、新規顧客の参入も期待されます。

ただし現在(2018年2月22日)はICO期間中ですので、HitBTCではなくBankeraのホームページからトークンを購入することができます。

ICOクラウドセールの時点で取引所での上場が決定することは珍しいです。それだけポテンシャルの高いプロジェクトであることの表れだと言えます。これからも銀行の未来を創っていくBankeraの動向から目が離せません。

投稿 『Bankera(バンクエラ)』が大手取引所「Hitbtc」に上場決定!COINNEWS に最初に表示されました。

ベネズエラ政府、『Petro』で7億3500万ドル集めたことを発表

ベネズエラ政府は、石油資産で価値を保証する独自の仮想通貨『Petro』を販売初日に7億5000万ドル分売り上げたと発表しました。また政府は購入者向けにマニュアルを公開し、「購入者は仮想通貨として利用できるが、ボリバル(ベネズエラの通貨)としては利用できない」ことを確認しました。


『Petro』のプレセールがスタート

2月20日の朝8時30分(ベネズエラ現地時間)、石油資産で価値を保証するベネズエラ政府が発行する仮想通貨『Petro』のプレセールが開始される予定でした。しかし同日深夜、政府は「プレセールは始まっている」と発表し、それと同時に購入者向けのマニュアルを公開しました。

ホワイトペーパーには「プレセールの段階でPetroは総額8240万ものトークンが発行されている」と記載されています。アイサミ副大統領は「Petroはベネズエラ国民はもちろん、外国人も購入することができる」ことを確認しました。

Petroプロジェクトを引っ張るバーガル氏は次のように発言しています。

「プレセールとイニシャルオファーはボリバル(ベネズエラの通貨単位)ではなく仮想通貨で行われます。我々の責務はPetroを軌道に乗せることです。そうすれば市場に参入できるでしょう」

Petro購入希望者は「Etherdelta」というプラットフォームから注文を出すことができます。

しかしこの記事の執筆時には注文は一致しておらず、価格表に価格が表示されていません。これはJavascriptのエラーなどの購入プロセスにおける技術的な不具合である可能性があります。

ハグベル・ロア氏によると現地時間の深夜、ペトロのウェブサイトへのトラフィック数は発表前の5倍に増加したようです。

技術的な問題にも関わらず、ベネズエラのマデュロ大統領は「ベネズエラはPetroのプレセールの当日に7億3500億ドルを受け取った」と主張しました。

Petroの購入方法

Petroの公式サイトではPetroの送金機能について以下のように言及されています。

「Petroに必要なことはPetroのデジタルウォレットを持つことです。一旦ウォレットを開けば、ウォレットはPetroを送りたい相手に送るためのアドレスを作成してくれます。そのアドレスでPetroを受け取ったり、預けることができます。」

マニュアルには、購入予定者がZIP形式のインストールファイルをダウンロードするために必要な、ウォレットへの登録方法とアクセス方法の段階的な詳細が記載されています。

ウォレットの登録方法とインストールの手順に加えて、ユーザーの秘密鍵の保護についても言及されていますが、あらゆる仮想通貨に必要とされる公開鍵の生成に関する記述が不足しています。

さらに、不思議なことに仮想通貨『NEM』に使われているブロックチェーン技術に関する漠然とした発表がありました。

「ベネズエラが立ち上げたブロックチェーンにはNEMブロックチェーンと呼ばれる技術のプラットフォームが関連しているため、堅牢なセキュリティが備わっています」

政府による仮想通貨発行には賛否両論の声がありますが、今後もその動向に世界中からの注目が集まるでしょう。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/venezuela-pre-sale-oil-backed-petro-cryptocurrency-raised-million/

投稿 ベネズエラ政府、『Petro』で7億3500万ドル集めたことを発表COINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

ビットコイン使用量が月間最低に

ビットコインを取引するのに適さない時期などありませんが、2018年2月は特に適切なタイミングであると言えます。

何故なら手数料は過去18ヶ月間で最低をマークしており、手数料の平均価格は1ドルをも下回る程となっています。これは、2017年の後半に手数料が34ドルに達したのとは、明らかに対照的です。

2017年の後半以来手数料が低下しているのには重要な要因があります。ビットコインの手数料があまりに高価すぎたのをきっかけに、人々がそれを通貨として使用するのをやめたのです。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


ビットコイン手数料、急落へ

価格が変動するのは米ドル/BTC市場だけではありません。ビットコイン手数料もそうです。

ネットワーク使用量やセグウィット導入、採掘速度などを要因に手数料は著しく上昇・下降します。

2017年を通してその軌道は大きく上向きで、12月には最高水準に達し、手数料は実現不可能なまでとなりました。

手数料はそれ以来幸運にも下落し続け、2018年2月21日現在、『18ヶ月ぶりの低水準』を記録した中で、同期間に1日あたりの取引量が半減している事は驚くべき事ではありません。

標準的な6ブロック取引を今やわずか15セント(約16円)で行う事ができ、BitInfoChartsによると、ビットコイン手数料の中央値は52セント(55円)、ビットコインキャッシュに関しては1セント(1円)を少し上回るに留まっています。

しかしながらこの手数料の縮小は、全てのビットコインユーザーが感じられているわけではありません。

『取引所』で取引をしている人々は未だに標準手数料を支払う必要があるのです。

Binance、Kucoinを例にあげると、手数料は現在0.001BTCもしくは約10.60ドル(約1140円)の定額制になっています。

一度に10ドル以上も請求する事が正しいのかは未だに議論されていますが、Binance CEOのChangpeng Zhao氏が最近のツイートで指摘したように、取引所は提供しているサービスの基本料金より高い料金を請求するケースがあるようです。

なぜ手数料は下落したのか?

取引手数料が高価だった事は、2017年に米国金融情報サイトRedditにおけるbitcoin関連の話題の中で普及した『Store of value(蓄えておく事の重要性)』というコンセプトを押し進めるのを手助けしました。

少量でも取引するのに高価な手数料を支払う必要があった暗号通貨は、ビットコインの価値が上昇しするまで保持し、待つ他ありません。

また、取引手数料の急上昇は、Stripe(インターネットを通して料金を受納する方法を提供する企業)、そして皮肉にも北米ビットコイン会議など、多くの企業がビットコインを受け入れなくなった数ある要因の一つでした。

Steam(PCゲーム販売等のプラットフォーム)も2017年12月には『高い取引手数料』と『不安定さ』を理由にビットコインの受け入れを中止しました。

ユーザーと取引所は、取引の一括処理、Segwitの採用などを含め、取引をより効率的にする方法を模索しています。

その採用はビットコインの取引手数料に影響を与えるにはまだまだ乏しいですが、ライトニングネットワークの使用を手数料の高騰は促しました。

取引手数料が低下した最大の要因は技術的なものではなく、社会学的なものであると根拠づけられています。

2017年12月17日には約50万ビットコインもの取引が行われましたが、現在は1日あたり平均20万ビットコインを下回っています。

過去18ヶ月間で最低水準の取引手数料である事を踏まえると、Valveのような小売業者が、ある種の安定性が維持されるまで、暗号通貨のサポートを続けるのか、明確に避けるのかどうか、大変興味深い状況です。

Stripeがlitecoin、stellar、bitcoin cashを代わりに採用する事を検討すると発表したように、いくつかの企業も代替の暗号通貨の採用を検討しています。

人々が取引の手段として暗号解読を使用するのを再開し、ブロックが再度いっぱいになった時、ビットコインは真の試練を迎えるのではないでしょうか。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Bitcoin Usage Falls to Its Lowest in Months

投稿 ビットコイン使用量が月間最低にCOINNEWS に最初に表示されました。

ビットコインについてTim Draper氏:「どうして私が過去のために未来を売るのか」

暗号通貨の世界で最も興味をそそる事柄の一つは多様性、折衷性、そしてそれが惹きつける一風変わった特徴です。ウォール街のブローカーからサイファーパンク(暗号技術を推進する活動家)、実業家から無政府主義者まで全ての人が、出来たばかりの暗号経済について権利、意見を主張しているのが見受けられます。

ベンチャーキャピタリストのTim Draper氏は、最近の取材において暗号通貨世界に充満している上向きの雰囲気を要約するいくつもの記憶すべき発言をしました。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


過去の代わりに未来を保持

純資産が10億円に及ぶ起業家Tim Draper氏は、くだけた雰囲気の取材の中で、「ビットコインは未来の通貨だと私は考える」など、ビットコインについて多くの肯定的意見を述べました。

米国メディアブルームバーグの取材の中で以下のように語っています。

「人々は私に自分の所持するビットコインを売る気はあるのか尋ねる。そうすると私は何故『過去のために未来を売る』必要があるのだと答える」

これは彼が以前述べていた、「安定して、グローバルな暗号通貨が分配された今、何故人々は政治的勢力の気まぐれに服しやすい不換通貨に戻りたいのかが理解できない」という発言を補強する事となりました。

ビットコインの純粋な通貨としての地位は議論の余地がありますが、ビットコインにはじまる暗号資産は新たな富の蓄積および送金の手段を形成していて、現状の通貨に対する代替手段を提供しています。

暗号通貨に多額の投資をしているWinklevossの双子、Michael Novogratz氏などの大物事業主のように、Draper氏はビットコインの行方について非常に強気です。

59歳の同氏は、1000億円規模の新興企業への投資で有名なベンチャーキャピタルのDraper Fisher Jurvetsonでお金を稼ぎました。

 

幸運は勇者に味方する

Draper氏が資産5000億円を監査する会社を設立してから30年以上経った今、彼は資金を提供することで公約を裏付ける『暗号通貨起業家』として改革を進めています。

Forbesの最近のCrypto Rich Listに載ったDraper氏は、2014年に米国連邦法執行機関Marshalsによってオークションにかけられた闇ウェブサイトSilk Road(当時ドラッグなどが取引され、支払い手段にビットコインが使われていた)のビットコインを手に入れるために、秘密通貨の財産の多くを準備しました。

もちろん現在は18億円にも及ぶ32,000ビットコインを取得するのに必要な資本と認定を元から彼が持っていた事は幸運でした。

Draper氏が自身にもたらした成功のために、すべての物事に暗号通貨を浸透させた事に論争がなかったわけではありませんでした。

Tezosの高い評価を受けている彼は、訴訟が積み重なっているため、守備的姿勢を強いられています。

Tezos事件との最大の争点の一つは、ビットコインの価値が高まっていることです。

これはTezosに恩恵をもたらしましたが、XTZトークンの約束で2017年にBTCを手放した投資家には何の利益もありませんでした。

ブルームバーグのビットコインの予想変動率が疑問視された時の、これは一般人の興味を損なうものだという意見をDraper氏は無視しました。

それどころか彼は自分がビットコインに持っている自信に集中することを決め、「私のビットコインは銀行にある私のドルよりも安全です…私のビットコインは非常に安全なのです」と断固主張しました。

アップルの共同設立者Steve Wozniak氏のような起業家は、暗号通貨市場の乱れ、転落は起業家たちのためではないと認めている一方で、Tim Draper氏は今後の行方を楽しみ、『過去のために未来を』売る気は一切なさそうです。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Tim Draper on Bitcoin: “Why Would I Sell the Future for the Past?”

投稿 ビットコインについてTim Draper氏:「どうして私が過去のために未来を売るのか」COINNEWS に最初に表示されました。

韓国金融監督院「通常の仮想通貨取引は支援する」と発表

韓国金融監督院は「韓国政府は通常の仮想通貨取引を支援します」と発表しました。多くの仮想通貨取引所は匿名アカウントの問題に悩まされていることから、監督院は「銀行と連携して取り組む」と述べました。


通常の仮想通貨取引を支援する

韓国金融監督院(FSS)のチェ院長は記者会見にて「政府は仮想通貨の『正常な取引』を支援する」と発表しました。
さらに「世界は仮想通貨の枠組みを見直すべき過程にあり、規制を強化するのではなく、通常の取引にするべきだ」と述べました。
チェ氏の今回の発表は、「ビットコインのバブルは崩壊するだろう」という以前の厳しい立場とは対照的です。
この意見の違いに衝撃を受けた韓国の人々はチェ委員長の罷免を求める書類を提出しました。1月27日に終了した申し立てには40,149件の署名が集まりました。政府に申し立てを行うには20万人の署名者が必要とのことです。

中小規模の取引所の支援

チェ氏は発表に先立って韓国ブロックチェーン協会、および仮想通貨取引所の代表と協議を行いました。
規制当局が取引所アカウントの実名登録を義務化し、匿名取引を可能にする匿名アカウントの使用を禁止する法を施行してから3週間が経ちます。
しかし、新ルールが適用されてから銀行は国内の4つの大手取引所(Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit)で新たに匿名アカウントが使用されているのを指摘しています。

匿名アカウントを取得できないことに苛立ちを覚えたのか、12の中小規模の取引所はブロックチェーン協会に対し、「この問題にどのように取り組むのか議論する」会合を呼びかける書類を定期的に送っています。ある取引所の代表は「私が委員会に参加した時、もしこのガイドラインに沿えば、匿名アカウントを得られるだろうと理解した」と語っています。

先月末、25の取引所がこの問題を議論する会合に集いました。匿名アカウントを取得できないよう、取引所は法定通貨の預金サービスを停止し、仮想通貨の取引を行うために運営会社のアカウントを使い続ける必要がありました。これらはマネーロンダリングを防ぐため韓国の規制当局が厳しく取り締まっていることです。

韓国のメガバンクである新韓(シンハン)、農協(ウォン・グッド・トゥー)、韓国産業銀行はすでに4つの取引所と連携しており、チェ氏は「こうした動きはさらに推進すべきだ」と述べており、「KBククミン銀行やKEBハナ銀行など3つの銀行も実名取引システムを構築しており、もっと取り組んでいくよう促す」と強調しました。

チェ氏は「政府は仮想通貨取引所と事業を行なっていく銀行に動きを呼びかけていく」姿勢を示しています。これから韓国は仮想通貨取引所と銀行が提携することで仮想通貨の健全な取引を促進していく模様です。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/south-korean-regulator-supports-normal-cryptocurrency-transactions/

投稿 韓国金融監督院「通常の仮想通貨取引は支援する」と発表COINNEWS に最初に表示されました。

米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕

もし、みなさんがアメリカに住む知らない人へ、現金でビットコインを販売することを考えているならば注意が必要です。

みなさんを罠にかけようとしているかもしれない潜入捜査官のための注意喚起が、最近のカリフォルニアの事例で送達されました。


 アメリカでもう一つのビットコインを逮捕

あるアメリカ市民が今月初め、米国国土安全保障省の管轄下にある移民税関執行機関(ICE)の代理人にビットコインを売却したため逮捕されました。
カリフォルニア州南部裁判所の判例の記録によると、Morgan Rockcoon氏はマネーロンダリングと無許可の資金送金事業によって訴えられています。また政府は、この問題に関する全ての資産の没収とこの問題に関する記録の公開を求めています。

ハッシュパワーの悪用?

このマネーロンダリング事件に関していえば、被告人は「その取引が不法行為であると知りながら潜入捜査官との間で、故意に金銭の取引を行った」として訴えられています。申し立てによると、被告人はこの取引に関して「ハッシュオイルの製造と販売の代金である。」と潜入捜査官に言われ、9.998BTC($9,208相当)を法定通貨の $14,500と交換したと言っています。ハッシュオイルには、テトラヒドロカンナビノールが含まれています。このテトラヒドロカンナビノール(THC)は、大麻の主な精神活性成分であり、米国連邦法の下で規制物質として記載されています。

今後、アメリカ当局は個人で行われる大量の不認可によるビットコイン取引に関しても、取り締まっていきます。ミシガン州のLocalbitcoinsユーザーが請求された以前のケースでは、代理人は3,000ドル以上の取引はノウザ・カスタマー(KYC)規制に従わなければいけないと主張しました。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/us-federal-authorities-arrest-man-selling-9-99-bitcoin

投稿 米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕COINNEWS に最初に表示されました。

ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引

ナイジェリア人は、規制当局からの暗号通貨取引に対する複数回警告を受けたにもかかわらず、13の地域の取引所において週に400万ドル相当のビットコインの取引を行なっています。
これを受けて専門家は政府に対し、「イノベーションを促す姿勢」という立場を再考し、バランスのとれた適切な規制を採用するよう求めており、アナリストたちは当局は規制をする前に、暗号通貨の仕組みを理解しなければならないを述べています。


ナイジェリア人に警告するも効果なし

ナイジェリアの規制当局と議員は暗号通貨に対して懸念を抱いています。 最近では、上院が命じたビットコインに関する調査で明らかになったほか、他の機関からも複数の警告がありました。昨年ナイジェリア中央銀行は、暗号通貨は法定通貨とは異なるもので、暗号通貨の取引は自己責任であると述べ、ナイジェリアの預金保険公社も、ナイジェリア人に対し暗号通貨に関する取引は消費者保護法の対象にはならないと警告しています。

しかしながら、最新の取引データが示すようにこれらの警告では彼らの心は変わりませんでした。
ナイジェリア人は、12月末に週平均で12億9000万ドル(約360万米ドル)を計上した後、2月では1週間に最大3億9,800万ドル相当のビットコイン(> 380万ドル)を投資しており、ビットコインの価値は昨年から減少していますがナイジェリア人の仮想通貨に対する関心は衰えを知りません。

現在、ナイジェリアでは13箇所で暗号通貨の取引が行われていて、毎週12月中旬にビットコインの取引総額がナイジェリア通貨で約19億5000万ナイラ(現在の為替レートでは540万ドル)と過去最高を記録したとBitcoin.comが報じました。

イノベーションファースト、その後規制

Cymantiks Nigeriaのソフトウェア開発者およびチーフアーキテクトのEmeka Okoye氏によると、ナイジェリア人は他の暗号化通信にも投資しており、合計で470万ドルに達しているといいます。同氏は、政府機関に対して規制へのアプローチを再考し、「スマートな規制」を採択するように求めました。専門家は、批判はさらに投機を促し、犯罪者による暗号通貨の使用に拍車をかけるだろうと述べました。

当局が暗号通貨を規制すれば、彼らは技術的ツールを違法なものにするだろう、とアナリストは説明しました。Okoye氏は「無法者はこれらの違法なツールを使用するに対して当局は制御できなくなります。これまでの結果を活かさなければなりません」と警告し、規制当局は禁止を適用する前に状況を適切に理解する必要があると述べました。

「彼らは暗号通貨がどのような仕組みかを理解していますか?私はナイジェリアでない場所に暗号通貨取引所を構築することができますが、当局はそれを規制することはできません。外国人のカードを持っていれば、彼らは私が何をしていても規制できないでしょう?」と専門家は指摘しました。

Okeke Emekaは、暗号通貨が完全に法定通貨を置き換えるのではありませんが、暗号通貨によってより便利に、素早くお金を移動させるなど、現金のデメリットを補完することにつながります。彼の意見では、当局による見解の傾向は、暗号通貨の本来の価値から逸れた解釈になっているといいます。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/nigerians-trade-4-million-in-bitcoin-weekly-despite-warnings/

投稿 ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引COINNEWS に最初に表示されました。

韓国が方針転換!!仮想通貨の規制を正常化へ!!

2018年2月20日、韓国の仮想通貨業界団体はこれまで仮想通貨の規制を強化する方針でした。しかし、今回他国が仮想通貨の研究を進めているなどが理由で、仮想通貨の規制を正常化して行く方針をしましました。


韓国がなぜ、今になって規制緩和??

韓国の規制委員会はこれまで仮想通貨に対してマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性があるため規制に厳しい姿勢を示していました。また、1月にはパク・サンギ法相が仮想通貨の取引所を禁止する法律を準備していることも明らかにしていました。

しかし、韓国の仮想通貨業界団体はこの厳しい姿勢からブロックチェーン技術を支援して行く方針を転換しました。金融監督院のチェ・フンシク院長は20日、記者団に対してこう答えています。

「全世界が(仮想通貨の)枠組みを構築中であり、従って(政府は)規制強化よりは正常化に向けて取り組んでいく」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9576.php

この発言から、各国が『仮想通貨』の研究や『ブロックチェーン』の研究を進めていることに危機感を感じていると予測できます。

また、韓国のブロックチェーン協会のKim Haw-joon氏は、こう述べています。

政府と業界はまだ全面的な合意には達していないものの、監督当局者自身が政府の協力姿勢を明言したことは市場にとって明るい兆しだ

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9576.php

今後は韓国政府が仮想通貨事業に参入することで、より仮想通貨業界が加熱することが予想されます。

投稿 韓国が方針転換!!仮想通貨の規制を正常化へ!!COINNEWS に最初に表示されました。

金融庁による仮想通貨交換の『みなし業者』の選別の現状

金融庁からの登録が行われていない『みなし業者』と呼ばれる業者の選別に金融庁は、追われています。コインチェックで起きたネムの流出事件以降『みなし業者』の安全性に焦点が現在当てられているのです。

金融庁が、行う立入検査

2017年9月末に金融庁が登録業者を公表した際には、みなし業者が40者存在していました。その中で、現在(2018年2月22日)まで、新たに登録されたのは14社で、残りの10社はすでに廃業、16社が現在もみなし業者として営業を続けています。

2月16日に麻生総理は、記者会見で「みなし業者に立ち入り検査する」と表明し21日までに5社に立ち入り検査を行なっています。このように、みなし業者への立入検査に踏み切った理由は、コインチェックで起こったネムの流出事件があったためです。コインチェックは、みなし業者であったためこの事件を機に、金融庁の幹部は「コインチェックは、氷山の一角ではないか」という見解をしめし、立ち入り検査に踏み切りました。現在の改正資金決済法では、登録審査の期限は設けていないため立入検査を行い『みなし企業』の選別を行なっています。

金融庁は、『みなし業者』に対して、『立ち入り検査で何度もシステム障害を起きている』、『顧客と業者での資産の分別が行われていない』を選別し、今後体制を整えることが難しいと判断された場合は市場からの退出を言い渡す方針です。

現在も続く取引所の問題

しかし、Zaifが運営するテックビューロもトラブルを起こすなど金融庁に登録されている企業でも問題が起きています。今後、安全性をいかに保ちトラブルを未然に防ぐことができるかが仮想通貨業界全体での課題ではないでしょうか。

また、仮想通貨に投資家側も金融庁に登録されているかなどの情報を調べ、投資を行うことでこういったトラブルを未然に防ぐことが大切です。

投稿 金融庁による仮想通貨交換の『みなし業者』の選別の現状COINNEWS に最初に表示されました。