XXX:ICO

No tags for this post.

SBIバーチャルカレンシーズが4種類の仮想通貨を取り扱う方向で検討へ

仮想通貨取引所といえばbitFlyer,coincheckを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、国内だけで仮想通貨取引所は数えるだけで20を超える取引所が存在すると言われています。 またBINANCEなどの海外の取引所 […]

投稿 SBIバーチャルカレンシーズが4種類の仮想通貨を取り扱う方向で検討へCOIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

No tags for this post.

【News】G20まであと少し値動きの予想

1: 仮想通貨の名無しさん 2018/03/03(土) 17:33:01.87 ID:fXM5scdn 狙ってるやつおるやろ 2: 仮想通貨の名無しさん 2018/03/03(土) 17:35:42.76 ID:vDv/...No tags for this post.

ABYSS(アビス)仮想通貨ICO 将来性はあるか|DAICO初に期待

ABYSS(アビス)のICOが 3月7日からスタートします。 ICO前の段階ですが、 事前登録者が10万人以上もいる人気案件。 イーサリアムの創設者である ヴィタリックのDAICO初の案件という事もあり 注目されています・・・No tags for this post.

カリブ海諸国の開発努力を支援することを目的としたICO

アンティグアバーブーダ政府は、民間セクターのブロックチェーンのエコシステムでは、コンソーシアムはブロックチェーンを利用するために集まる組織エンティティのグループです。 彼らは銀行、サイト、政府機関、病院、公益事業などになることができます。" class="glossariz...No tags for this post.

リベルランドよさらにお前もか!

 セルビアとクロアチアの間(南東ヨーロッパ内陸)に位置し、3年間独立のための努力を続けているリベルランド自由共和国が数ヶ月以内に独自の仮想通貨を発行する計画がある。同国は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、そしてイーサリアムによる寄付を受け入れており、50...

米カリフォルニアにあるバークレー市!お前もか!

米カリフォルニアにあるバークレー市は、独自にトークンを発行する計画を進めている。集められた資金は市の予算に充てられ、住宅建設や都市開発に使われる。市のようなコミュニティが行う今回のICOは、イニシャル・コミュニティ・オファリングと呼ばれている。連邦政府から与...No tags for this post.

国内初!ICOの記者発表を実現!BCS事業計画と特別対談の様子を公開

ICOの記者発表はBCSが国内初!

この度ご縁があり、仮想通貨プロジェクトの記者発表へメディア代表として登壇させて頂きました。

イベント会社の方曰く、ICOの記者発表でここまで来場者が多いのは初めてとのこと。

少しでも力になれたことをうれしく思います!

さて、当日は会場の関係で入室できなかった方。平日の昼間ということもありお仕事で来られなかった方も多くいらっしゃいます。

全ての方にこのイベントを体験していただくべく、当日の様子を動画にまとめました。

 

 

 

 

会見の様子を動画で公開

BCS (Block Chain Store/ ブロックチェーンストア)の事業計画発表

~仮想通貨の裏側を業界有数の第一人者たちが語る~ 「企業の資金調達とブロックチェーン技術、暗号通貨の未来とは?!」

2018年2月28日に行われたブロックチェーンの海外プロジェクトBCSの記者会見の様子

 

仮想通貨の裏側を業界有数の第一人者たちが語る特別対談

 

登壇者紹介

株式会社marquee 代表取締役 黒田 麻理耶 様

ブロックチェーンストア COO 酒井 和 様

コインオタク CEO 伊藤健次

投資家 / 大学生 yuma 様

投資家 / モデル 片桐 優妃 様

 

盛り上がりを見せるBCSを一部紹介

当日参加していただいた媒体社以外にもどんどんメディアが取り上げています。

コインオタク伊藤もちゃっかりとこの流れに乗って認知度が上がればいいなと強く願っております!

 

財経新聞

【BCS】世界初!ブロックチェーン技術を応用したC2Cオンラインショッピングモールプロジェクト『ブロックチェーンストア(BCS)』3月1日(木)より全世界同時にトークン販売開始

https://www.zaikei.co.jp/releases/594999/

livedoorNEWS

BCS、ブロックチェーンとVRを組み合わせたショッピングモール「ブロックチェーンストア」を開発、ICOによる資金調達によって今年中のサービス開始を目指す

http://news.livedoor.com/article/detail/14367801/

 

VentureTimes

【BCS】世界初!ブロックチェーン技術を応用したC2Cオンラインショッピングモールプロジェクト『ブロックチェーンストア(BCS)』3月1日(木)より全世界同時にトークン販売開始

http://venturetimes.jp/press/33707

 

マイライフニュース

BCS、ブロックチェーンとVRを組み合わせたショッピングモール「ブロックチェーンストア」を開発、ICOによる資金調達によって今年中のサービス開始を目指す

http://www.mylifenews.net/other/2018/02/bcsvrico.html

 

 

 

 

投稿 国内初!ICOの記者発表を実現!BCS事業計画と特別対談の様子を公開COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

No tags for this post.

SBIホールディングスが2019年度に500億円規模のICOを実施へ。

ICOと聞くと海外の銘柄を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。

確かにEOOやFilecoin、Paragonのように大型調達を果たしているICOは海外に偏っています。

しかし日本でもICOは着実に進んでいて、日本のICOの中でももっとも有名なのはCOMSAで、ICOでの資金調達額は106億円をつけました。最近では「コスプレイヤーのための経済圏を作る」ことを掲げてAMPLE!がICOを開始しました。

このように、国内でICOが進んでいる中で今回 SBIホールディングスがICOによる資金調達を発表 しました。おそらく国内史上最大規模のICOとなる可能性が高く、注目度もかなり高いです。

ではSBIホールディングスのICOはどのようなものになっているのでしょうか。

この記事で迫っていきたいと思います。

 

SBIホールディングスが来年度にICOへ

SBIホールディングスは仮想通貨関連事業を展開しているSBIクリプトカレンシーホールディングスが来年度のICOに向けて準備をしていることを発表しました。

その規模は500億円の調達を見込んでおり、国内最大級なだけでなく、海外のICO案件を含めても最大規模のICOとなりそうです。

SBIホールディングスの代表取締役の北尾吉孝氏は「 模範的なICOをつくっていく 」と意気込んでおり、SBIホールディングスが全社的に力を入れていく方針が伺えます。

SBIホールディングスってどんな会社なの?

今回ICOを検討しているSBIホールディングスは本社を六本木に構えており、ネット証券の最大手である「SBI証券」や住信SBIネット銀行など金融領域に広く事業を展開している企業になります。

そのほかにも金融関連のベンチャー企業への投資や資産運用を行なっているアセットマネジメント事業や、衣料品や健康商品をグローバルに手がけるバイオ関連事業など金融領域以外にも幅広く展開している企業です。

特に金融領域には深く精通しており金融にテクノロジーを掛け合わせたFintechを先進的に行なっており、金融領域の中でも 次の時代の金融を作るべく精力的に活動しており、極めて勢いのある企業 です。

 

SBIホールディングスのICOの目的とは?

しかしSBIホールディングスはなぜこのタイミングでICOを行うのでしょうか。

SBIホールディングスがICOでの資金調達の目標額はおよそ500億円です。

これほどの巨額の資金調達を目論む理由はとても気になるところです。

仮想通貨の技術開発とセキュリティー対策

今回SBIホールディングスがICOによる資金調達を行う主な目的が 技術開発とセキュリティー対策 だと考えられます。SBIホールディングスは今後bitfliyerやcoincheckのような仮想通貨取引所であるSBIバーチャルカレンシーズやICOをサポートするためのプラットフォームとしてのSBI CapitalBaseの大きな展開を狙っていると考えます。そのための開発費用に充てられると考えるのが妥当そうです。仮想通貨を含むFintech系のシステムは非常に複雑であるため時間だけでなく金銭が多くかかってしまうのです。

またcoincheckの影響により仮想通貨全体でセキュリティー対策が急務になっています。SBIでも仮想通貨取引所を開設する上でセキュリティー対策を施すことによって万全を期したいという考えも同時あるのではないかと思われます。

これは憶測に過ぎませんが、セキュリティー対策を万全にすることによって、他の取引所に対して優位性をとって離脱したユーザーを取り込めるといったおまけも付いてくるかもしれません。

 

ICOのイメージ向上

上記でお伝えしましたが、SBIホールディングスの代表取締役の北尾吉孝氏は「模範的なICOをつくっていく」と発言されております。

ご存知の方も多いかもしれませんがICOによる詐欺が去年から今年にかけて顕著になっており、被害額も日に日に増加しているのが現状です。

このためICOに対してはネガティブなイメージがついてしまっているのが現状です。このような現状を打破して、ICOはちゃんと行われればとても有効な手段であることをアピールしたいのではないかと思われます。そして今回のICOをきっかけにしてICOに対してクリーンなイメージを抱いてもらい、ICOが行いやすい環境を構築したいと考えているのではないかと思われます。

ICOが行いやすい環境が構築されるということは、結果として 自社のICOのプラットフォームを活用してもらうことにも繋がり収益に直結 します。

SBIホールディングスとしては一石二鳥というわけです。

 

SBIのICOの内容は?

今回SBIホールディングスが実施を予定しているICOでは2種類のトークンの発行を予定しています。2種類のトークンではサービスに裏付けされたトークンと資産に裏付けされたトークンに分けることができます。

Service-backed token

Service-backed tokenがサービスに裏付けされたトークンになります。

こちらのトークンではトークンの保有量に応じて、SBIクリプトカレンシーホールディングス傘下の企業が提供する サービスの利用が優遇される仕組みを備えたトークン になります。

トークンを保有することによってより良い条件で利用できたり、場合によっては無料等の利用が可能になるかもしれません。

イメージとしては株式保有により株主優待に近いイメージかもしれません。

 

Asset-backed token

Asset-backed tokenが資産に裏付けされたトークンになります。

こちらのトークンではトークンを発行した企業の資産や知的財産の裏付けに応じて、 株式の譲渡益の分配を受けたりすことが可能 になります。

こちらのトークンの方がイメージしやすいかもしれませんね。

 

SBIのICOの時期は?

SBIホールディングスのICOの時期は実は具体的には定められていません。

そのため具体的な日時はわかりませんが、2018年度中には行われることが確実とされています。

SBIグループで仮想通貨取引所サービスを提供予定のSBIバーチャル・カレンシーズは2月27日、2月中を予定していた、一般ユーザー向け口座開設申し込み受け付けを延期すると発表した。「セキュリティ対策などを強化するため」としている。

【ITmedia NEWS】

SBI、仮想通貨取引サービス開始を延期

 

SBIホールディングスは仮想通貨取引サービスの時期を延期したようにサービスをリリースするに当たってかなり慎重に万全を期したいのだと伝わってきます。

仮想通貨サービスと同じようにICOも万全を期したいと考えるのが妥当だと考えられます。

今回のICOの将来性はどうなの?

今回SBIホールディングスが実施する ICOの将来性はかなり高いのではないか と思われます。そのように考える理由は2つあります。

 

実施に当たっての慎重さ

この記事でも何度が記載していますが、SBIホールディングスはICOに対して万全を期したいと考えていると考えられます。そのためリリースされるICOは詐欺であることは考えにくく、仕組みとして確立されたICOになると予想されます。

北尾氏が述べたように模範的なICOになるのかもしれません。

 

仮想通貨関連サービスとの相性の良さ

SBIホールディングスの傘下のSBIクリプトカレンシーズは今後ICOのプラットフォームや仮想通貨取引所を展開していく予定となっております。

今回のICOで調達されたお金はこれらのサービスの拡充やセキュリティー対策に当てられる可能性が高く、サービスにリアルに直結するICOになります。

ICOの未来に見える仮想通貨取引所やICOプラットフォームが世の中に大きなイノベーションを起こすのではないかと考えると今回のICOも楽しみでなりませんね。

 

他の注目のICOに関する記事はこちら

コインオタクがオススメしている仮想通貨の取引所はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 SBIホールディングスが2019年度に500億円規模のICOを実施へ。COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

注目ICOのBCS (Block Chain Store/ ブロックチェーンストア) を購入する方法

BCSトークンを購入する方法

BLOCKCHAIN STORE(ブロックチェーンストア)のBCSトークンセールへ参加をしたいという方向けの記事となります。

BCSトークンを購入する前に必ずKYCホワイトリスト登録を完了させておく必要があります。

今回は、最も問い合わせが多かった KYCホワイトリスト登録の方法 を日本語で解説します。

 

KYCホワイトリスト登録可能期間は3月7日 2 amまで

KYCホワイトリストは登録が可能な期間が決まっております。
ぎりぎりで登録をすると認証が遅くなりますので早めの登録を推奨します。

 

ブロックチェーンストアの公式サイト

まずは以下のボタンをクリックし、ブロックチェーンストアの公式サイトへアクセスをします。

 

 
ブロックチェーンストアの公式サイトは全て英語表記となります。

アクセスするブラウザをGoogleChromeにすることで自動で日本語翻訳されるので便利です。

ここでは英語のサイトのまま解説を勧めます。

 

ブロックチェーンストアTOPページ

サイト中央部のKYC Whitelistingを見つけてください。

赤枠で囲われている REGISTER/登録をクリック します。

 

以下の登録ページが表示されます。すべて英語での表記になります。

 

KYC登録ページを日本語で解説

画像とテキスト両方で日本語訳を付けると以下の形になります。

Username:パスポートと同様に記入してください

E-mail Address:通常使用のメールアドレスで問題ございません

(登録時に確認メールを自動送信しますが、迷惑メールに届く可能性も御座いますのでご注意ください)

Password:「Strong」のステータスになるよう、アルファベット、数字を組み合わせてご登録ください。

First Name:名前(名)を記入してください

Last name:苗字(姓)を記入してください

Gender:Male=男性/ Female=女性 を各自ご選択ください。

Address 1:市区町村より下の住所をローマ字でご記入ください。

Address 2:マンション名と部屋番号をローマ字でご記入ください。

City/Province:都道府県・市区町村をローマ字でご記入ください。。

Country/Region:JAPAN(日本)を選択してください。

Phone Number:電話番号をご記入ください。

Passport Number:パスポート番号をご記入ください。

Upload Passport:パスポートの写真付きページの写真をアップロードください。

Selfie & Passport:パスポートの写真付きページの写真と自分の顔が同時に映っている自撮り画像をアップロードください。

CryptoCurrency:BCSトークンを購入する際の支払う仮想通貨をNEOまたはETHから選択してください。

Buy Amount:購入を希望する量をNEO(MAX100)またはETH(MAX10)の整数で記入ください(1 NEO = 108 BCS/ 1 ETH = 775 BCS)

Deposit Wallet Address:「NEON wallet」又は「MyEtherWallet」の送信用のアドレスをご記入ください。

reCAPTCHA:□をクリックして、出題される写真タイルを選択してください

To complete registration, you must read and agree to our terms and conditions.:
「terms and conditions」をご確認後、□をクリックして☑して下さい。

 

以上を全て反映させると以下のようになります。

※画像は公開用の為、仮名を使用しております。

こちらで登録を完了させると以下のページへ遷移します。

ここまでこれば、あと数クリックで登録は完了します。

この画面になりましたら 「 Request Verification 」のボタンをクリックしてください。

すると最終確認のメールが送信されます。

登録をしたメールアドレスの受信箱へ「差出人: support team <support@bcschain.io>」よりメールが届いているのを確認してください。

 

こちらのメール本文の「To login please visit the following URL:」のURLをクリックしログインをすることでKYCホワイトリスト登録が完了となります。

 

お疲れ様でした。

この後は、KYC認証が完了するまでお待ちください。現在の進捗では2~3営業日で認証が完了します。

認証が完了すると登録したメールアドレスとパスワードで自身の管理ページへログインが可能となります。

 

Block Chain Store(BCS)関連の記事についてもっと見たい方はこちら

 

KYC登録時に必要なウォレット開設はこちら

投稿 注目ICOのBCS (Block Chain Store/ ブロックチェーンストア) を購入する方法COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

No tags for this post.

TITANIUMがやってしまいましたね。

 Titanium ICO(TBIS)の投資家は、2月23日、同社の財布から1600万バーツのトークンが盗難されたという知らせを受け、不快なニュースを受けた。このような強盗が与えられたのは初めてではなく、恐らく最後のものではないでしょう。減算の原因となったエラーについてはほとん...No tags for this post.

マイニングとICOの禁止に危機感を感じる中国の起業家たち

エンジェル投資家であり、「Meitu」の創業者でもあるCai Wensheng氏は、メッセージアプリ「Wechat」を通じた仮想通貨のやりとりに対する政府の規制強化を批判しています。Wensheng氏は「過度な規制は、中国が急速に広がる仮想通貨市場で存在感を魅せる機会を奪う可能性がある」と警告しています。

また、「仮想通貨が直面する多くの困難は、新たに誕生した金融体系によって生まれる典型的な開発プロセスである」として新興の技術を歓迎する姿勢を見せています。


Meitu創設者「マイニングは巨大な輸出産業となる」

「Meitu」創業者であるCai Wensheng氏は、仮想通貨のマイニングおよびICOに関する中国政府の規制について厳しく批判しています。同氏によると中国はビットコインのマイニング大国であり、新たに生み出されるビットコインの約80%は中国にあるマイニングマシンから産出されているのではないかと推測しています。Wensheng氏は「ビットコインのマイニングを規制することは、中国からビットコインの市場を維持する機会を奪う」と考えています。

Wensheng氏は「中国は生産的な目的でビットコインマイニングで余った電力を利用するべきだ」と主張しており、余った電力を韓国や日本、アメリカなどに販売することで利益をあげられると考えています。
しかし、Wensheng氏は「もしビットコインのマイナーが海外に行くことを命じられたら、中国の人々はビットコインを買い戻すためにFX取引に時間を費やす必要があるだろう」と予測しています。

新たな通貨形態が直面する課題

Wensheng氏は「ビットコインが直面している困難や批判の多くは、歴史を通じて見れば過去の金融体系も経験してきたようなものに似ている。あらゆる通貨は一種の信念である」と主張しています。
また「1973年以前には多くの通貨が政治的不安定さに影響を受け価格変動を起こしたことから、世界の通貨の多くはかなりのボラティリティを生み出している。価格の不安定性は新興の通貨形態が必ずや直面する、いわば『開発プロセス』だ」と歴史の点から裏付けています。

厳しいICOの規制に警鐘

Wensheng氏は「ICOは、投資家がスタートアップ企業に投資をする際に立ちはだかる多くの障壁を排除する。ベンチャーキャピタルや投資ファンドは、小売業者への投資額と同じくらいの額でスタートアップのトークンを買うことができる」と主張しています。
Wensheng氏はICOの市場と1999年の「ドットコムバブル」を比較し、このように述べています。
「1999年にIPO(株式公開)を行った数百の企業はほとんど残っていない。しかし、その中にAmazonがある」
ICOに対する厳しい制限は、ICOを通じて現れる可能性のある『将来の大企業』の成長を止めてしまうのかもしれません。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Chinese Entrepreneur Warns Against Mining and ICO Bans

投稿 マイニングとICOの禁止に危機感を感じる中国の起業家たちCOINNEWS に最初に表示されました。