XXX:ICO

No tags for this post.

TokenPay(トークンペイ)のICO終了後の受け取り方

TokenPay(トークンペイ)のICOが終了してからしばらく立ちますが、すっかり忘れてました。 Twitterで受け取ったっていうツイートを見て、初めて気付きました。 メールで届いてたんですね。受取方法は簡単なのですが、全て英語だったので、たぶん分からない方もいると思ったので、図解で記事にまとめてみました。ご参考ください。 ICO中に買った方はメールが届いている TokenPayをICO中に買っ...

続きを読む

Copyright © 2018 仮想通貨投資ブログ All Rights Reserved.

No tags for this post.

トークンセールは日本時間3月1日(木) 08:59までMARK.SPACE

3DとVR対応のウェブ空間(ウェブサイト)とオブジェクトの作成が可能な ブロックチェーンベースのオープンソースプラットフォームMARK.SPACEのトークンセールが残り1日となった。現在およそ940万ドルを調達している。MARK.SPACE:空間とオブジェクトの作成、結合が可能なブロッ...No tags for this post.

【仮想通貨】金融庁、独自の仮想通貨を発行する新規仮想通貨公開(ICO)の規制へ

1: 2018/02/27(火) 11:51:23.87 ID:e1XiQfzj0
金融庁が、企業が独自の仮想通貨を発行して資金を調達する
「新規仮想通貨公開(ICO)」の規制を検討していることが26日、分かった。

http://www.sankei.com/economy/news/180227/ecn1802270005-n2.html


0543ccbc.png

引用元:http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519699883/


続きを読む No tags for this post.

AIと仮想通貨デビットカードの「アモン」がトークンセール開始

仮想通貨やブロックチェーンに注目される中、それとは別に仮想通貨の決済手段の1つである、デビットカードの競争も活発になってきています。

今現在、日本において仮想通貨デビットカードと言うとWirexやUQUID、国内ではバンドルカードやマネパカードが知られていますが、AI(人工知能)機能を備えた仮想通貨デビットカードとして「アモン」が3月にトークンセールを開始します。

他の仮想通貨デビットカードと比較し何が違うのかと言うと、AI機能を搭載しており、決済をする時、通常はユーザーが指定する仮想通貨を決済コインとして利用しますが、アモンのAI機能は決済時に最も価値のある仮想通貨を自動的に選択して決済してくれます。そのため、後でユーザーがこの仮想通貨にしておけばよかったと言うような損失感を防ぐことができます。

アモンデビットカードの保有者はカードを利用する時には下記の3つの方法を選択することができます。

1、仮想通貨のどれか1つの通貨を選択して支払う方法

2、アモンデビットカードを機械に通した後に、どの通貨を使うか選ぶ方法

3、アモンのAIシステムに取引毎にベストな仮想通貨を選んでもらう方法

また、アモンはただAIのデビットカードの役目をするだけでなく、セキュリティーと監査においても優れており、イクソンやエコノコムグループとの提携によって安全を担保しており、他にはトレーダーの投資判断を支援するダニール社やトレーディングアルゴリズム会社のコグニションボックスとも提携しています。

さらにアモンの独自サービスとして、24時間365日対応のプレミアム顧客サービスがあるために競合他社と一線を画すことをしており、デビットカード業界でもサービス競争が加速しています。

プライベートICOは3月1日から、1AMN=0.05ドルで行われ2月2日までにホワイトリストへ登録したトレーダーのみが参加できます。パブリックICOは3月4日からの予定となっています。

アモンの公式サイトによれば、VISAやMasterCardが使用可能なお店にて支払いや引き出しが可能であるために国内での決済手段としても使用することが可能です。キャッシュレス化が進む現代において、このようなサービスの普及は多く期待されています。

参考:AMON

No tags for this post.

セキュリティが重要なICO参加、取引所への登録が、コンプライアンス自動化産業を盛り上げる

2017年後半新たなトレーダーが大量流入し、主要な仮想通貨取引所の多くはサービスの質が低下し、一部の取引所では新規の口座開設を制限するなどと、新しい顧客への扉を閉ざさなければならないほどの困惑が生じました。

困惑の多くは、複雑なKYC(Know Your Customer/本人確認)・AML(Anti-Money Laundering/反マネーロンダリング)規制とコンプライアンスを確実にする必要性によるもので、企業は大規模にそれらを行うのに苦労しました。

*KYC(Know Your Costomer)についてはこちら

そのため、企業はこれらの過程を専門の自動コンプライアンス企業に外部委託する流れとなりました。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


KYC(Know Your Customer)

自動コンプライアンス取締会社によると、仮想通貨取引所ユーザーとICO投資家の急激な増加は、彼らの新たなビジネスブームをもたらしたそうです。

*ICOについてはこちら

文書検閲ビジネスOnfidoの共同設立者及びCOO(最高執行責任者)であるEamon Jubbway氏は

「2017年の初めから終わりまで、仮想通貨関連のクライアントが10倍に増加した。10倍という急激な増加は小さくはない。あなたが携わっている業界においても起こり得ます。私たちの成長に間違いなく貢献しましたが、私たちは非常に幅広い人々と仕事をしている。Bitstampにサービスを提供している私の会社は現在、214ヶ国からの顧客の何百万ものIDを審査しています。アジアは広大、もちろんヨーロッパやアメリカもあなたが想像する様に広大だが、インドの様な国も広大だ。これはグローバルな現象なのです。」

と話しました。

北朝鮮の麻薬密売人を認めない

銀行、ブローカー、その他の伝統的な金融会社と同様に、仮想通貨ビジネスはAML法や国際的な制裁法違反の危険に晒す様な潜在的な顧客を取り除かなければなりません。

マネーロンダリング対策確認サービスComplyadvantageのCEOかつ創設者のCharles Delingpoleは

「仮想通貨関連の活動のために私たちのサービスを利用する会社は確実に増加しました。どの会社も北朝鮮麻薬密売人と関わりたくないのです。どの会社も、現金を輸出する様な腐敗したベネズエラの政治家と繋がりのあるサプライヤーを望んでいないのです。」

と語り、Jubbawy氏はこう付け加えました、

「私たちの会社を訪れる人々は、『私たちに投資している人々が不正なお金を取引する人ではなく、正当な人であるかどうかを確認したい。だから彼らがテロリスト監視リストなどに名前が載っていないか確認してくれないか』と尋ねます。潜在的な犯罪行為の可能性がある業界に、私たちが信頼とセキュリティを少しでも注入し、貢献できている事を光栄に思います。」

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】ICOs and Exchange Sign-Ups Create Boom for Automated Compliance Industry

投稿 セキュリティが重要なICO参加、取引所への登録が、コンプライアンス自動化産業を盛り上げるCOINNEWS に最初に表示されました。

金融庁がICO監視についに本気で動き始める!

金融庁が、企業が独自の仮想通貨を発行して資金調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」の監視強化に乗り出したことが26日、分かった。ICOは日本でも事業資金を迅速に調達する手段として利用され始めているが、海外では集めた資金を持ち逃げするケースも出ている。IC...No tags for this post.

スイス、ICOガイドラインでまず動く!

 スイスの金融市場監督局は、当局によれば、通貨の最初のオファーが規制される予備的草案となる一連の規則を公表している。先週の金曜日の声明で、規制当局は、このガイドラインは、企業がICOに適用しなければならない主な要件と承認のための検討を導く原則を示す枠組みであ...No tags for this post.

NEON wallet(ネオンウォレット)登録からログインまでの方法を解説

コインチェック事件より日本でもウォレットを使うことを推奨し始めており、日本人の登録者が上昇しているようです。
今回は、そのウォレットの1つであるNEON walletを紹介いたします。
中国版イーサリアムといわれてるNEOのウォレット、NEON walletの登録方法からログイン方法を解説していきます。

ウォレットの作成方法

まずは、こちらから公式サイトにアクセスします。

NEON wallet 公式サイト

①ご自身の端末のOSを選択します。

②OSを選択すると、ダウンロードデータが表示されますので、データにアクセスします。

インストールデータにアクセスすると、インストール画面が表示されます。しばしお待ちください。

③インストールが完了されるとこの画面が表示されます。ウォレットを作成するには、Create a new walletを選択します。

 

④Create a new walletを押すと、パスフレーズ設定の登録画面が表示されます。


コインオタクでは、 セキュリティ強化のためにも、25桁以上でパスワード設定することを強く推奨 いたします。
・上段にパスワードを入力
・下段にも確認のため再度パスワードを入力

⑤パスフレーズを入力すると、こちらの画面が表示されます。


入力したパスフレーズに加え、アドレス、暗号鍵、秘密鍵も作成され、それぞれのQRコードも表示されます。
ここではアカウントの名前を設定し、保存してください。

⑥紙にメモして保存してもよいのですが、アルファベットの大文字・小文字・そして数字が羅列していますので、間違えてしまう可能性があります。
コインオタクではプリントすることをお勧め致します。そして、しっかりと自分自身で紛失しないように保管しましょう。
これでウォレットの作成は完了です。とても簡単ではないでしょうか。

ログイン方法

ウォレットの作成が完了しましたら、ログインしてみましょう。
ログイン方法は4つあります。

アカウント名とパスフレーズでログイン

1つ目のログイン方法は、アカウント名とパスフレーズでのログイン方法があります。

Select a walletで設定したアカウント名を選択します。それからパスフレーズを入力することでログインすることができます。

パスフレーズと暗号鍵でログイン

2つ目のログイン方法は、パスフレーズと暗号鍵でのログイン方法があります。

 

上段にパスフレーズ、下段に暗号鍵を入力することで、ログインすることができます。

秘密鍵でログイン

3つ目のログイン方法は、秘密鍵でのログイン方法があります。

秘密鍵の場合、秘密鍵のみでログインすることができます。それだけ大事な鍵ということでもあります。絶対に無くさないようにしっかり保管しましょう。

レッジャーでログイン

4つ目のログイン方法は、レッジャーでのログイン方法があります。

レッジャーというのは、こちらです。

このUSBを使ってログインすることもできます。

NEON walletのログイン画面

ウォレットのログイン画面はこちらです。

ここでNEOを送金、受け取りすることができます。そしてその送金や受取したときの履歴は右側に表示されるということです。

NEON walletを作るには、こちらの公式サイトにアクセスします。

NEON wallet 公式サイト

NEON wallet 特典GASについて

そもそもGASとはいったい何でしょうか。
 GASというのはNEOというプラットフォーム上の通貨のこと を言います。
つまりイーサリアムのイーサみたいなものと覚えるのがいいでしょう。

NEOは、NEO技術のスマートコントラクトの作成時やその使用時などにGASが必要になるという仕組みになっています。

このGASという通貨ですが、なんと今回解説しているこのNEON walletでNEOを保有すると、GASが配当としてもらうことができるのです。
GASを配当としてもらえるのは特定のウォレットのみになります。
ですので、特別な通貨でもあるのです。

とても便利なNEOTOGAS

また、このNEOを保管していると配当としてもらえるGASですが、では一体どれくらいのGASがもらえるのか、GASを換算してくれるサイトがあります。
それが、NEOTOGASというサイトです。

NEOTOGAS公式サイト

ここではNEOを理論値と絶対値の2通りで表示されます。
そして下記3つのパターンでもらえるGASを計算してくれるのです。
・1日につき
・1週間につき
・1年につき

 非常に分かりやすく、とても便利なサイト なので是非活用してみてください。
GASがもらえるNEON walletを作るには、こちらの公式サイトにアクセスしてください。

NEON wallet 公式サイト

NEOを買うなら取引手数料も安いバイナンス!バイナンス取引所の開設についてはこちら

注目のNEOプラットフォームのICOについてはこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 NEON wallet(ネオンウォレット)登録からログインまでの方法を解説COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

2月27日スタート! ICO→Votem

 ブロックチェーン技術は、ビジネスの可能性や経済全般に及ぼす影響を実証するだけではありません。この技術には、社会にさらに大きな影響を及ぼす利点があります。これには、選挙などでこの技術を使用する手続きの使用による民主主義の強化も含まれます。これはプラットフ...No tags for this post.

ベネズエラ国内でPetroの賛否分かれる

ベネズエラが発表した政府発行の仮想通貨「Petro」(ペトロ)へのベネズエラ国内の反応についてCoinDeskが報じています。

Petro

それによると、ICOのプレセール初日時点で7億3500万ドル(約 735億円)の資金調達に成功したと発表した政府に対して、政府支持派と反対派で意見が分かれているとのことです。

またベネズエラのビットコインと暗号通貨コミュニティーのメンバーらからは懸念の声も挙がっています。
参考 : What Venezuelans Are Saying About the Petro - CoinDesk

[box class="blue_box" title="Petro(ペトロ)とは?"]

ベネズエラ政府が2018年2月20日に発表した、政府発行の NEM ブロックチェーンのMosaic(モザイク)を利用した仮想通貨。
参考 : Petro Debut: What We Learned About Venezuela's Cryptocurrency Today - NEM News Website

その価値は 1Petro(PTR) = 原油1バレル(約160リットル) による裏付けによって国家に保証されている。

ベネズエラはカリブ海に面した南米最大の石油資源国。

ベネズエラの現政府は独裁色が強く、年間2,500%以上のハイパーインフレが発生しており、欧米諸国から経済制裁、武器輸出の禁止措置などが取られている。
参考 : ハイパーインフレーション - Wikipedia
参考 : ベネズエラ、年間インフレ率2616% 4桁到達は初:朝日新聞デジタル

そのためベネズエラの「Petro」に関しては、ICOプレセール期間中の現在において「単なる仮想の国債、詐欺である」といった意見が多い一方で、「インフレの打開策になりえる可能性」などといった期待の声も上がっている。

[/box] [ex_list_ja]

【仮想通貨】WORLD WIFI:売れ残ったトークンはBURNされ、チームは一定トークンを凍結する

WORLD WIFIプロジェクトは無料でWIFIを利用できるシステムを構築することを目標としている。

トークンモデルとしてはルーター所有者はWorld Wi-Fiトークン(WT)を報酬として受け取り、WIFI利用者は短い動画を見れば無料でネットワーク接続ができるというものだ。

現在プレセールを行なっているが、セール全体で売れ残ったトークンはBURNされる。さらに運営側が売り抜けることができないように運営側が所有するトークンは一定期間凍結されるようだ。

WORLD WIFI:売れ残ったトークンはBURNされ、チームは一定トークンを凍結する
No tags for this post.

世界初スイスでICOに関するガイドライン作成!国が定めるICOの見極め方

驚きのニュースが飛び込んできました。仮想通貨のICOに関するガイドラインをスイスが作成したことを発表しました。

ICOといえば、個人投資家にとっては一攫千金を狙える投資で企業にとっては資金を集めるための一種の手法です。

最近では、ICOで仮想通貨を買ったものの上場をせず終わってしまう通貨や途中で撤退してしまうプログラムなども数多くあり、詐欺まがいな事になるケースも多くあります。

そんな中で、スイスが世界で初めてICOに関するガイドラインを発表し、 今後ICOを安全におこなえる環境を整えようと世界に先駆けて作成しました 

今回そのガイドラインの3つについてとなぜスイスがガイドラインを発表したのかについて迫っていこうと思います。

スイス金融当局がICOの3つのガイドラインを作成

まずは、ICOにおける3つの分類を見ていこうと思います。ここでは、ICOを3つに分類しており、下の法案に繋がっています。

 

決済ICO

決算ICOは、ビットコイをはじめものを買う際に使われる仮想通貨の事です。

 決済手段としての機能を果たすための通貨 でその際のICOが行われる場合に分類されます。

ユーティリティICO

ユーティリティICOとは、 サービスを利用する際や専用のアプリなどに使われる 場合の通貨として作られ、その際にICOで行われる場合に分類されます。

例えば、ADA等の通貨が分類されます。

資産ICO

資産ICOとは、企業がICOを行う際、 資金源となる通貨を発行したりそれ自体を持つことによって配当や利益を得ることができる ものを分類します。

株や有価証券に似た通貨のことを言います。

仮想通貨を用いた資金調達を世界中からできる環境を目指す

スイスは、新規ICO案件を資産洗浄防止取締法に基づいて規制します。規制当局は金融仲介機関に対し、利益を得たトークン保有者の身元を確実に特定できる様に要求しています。加えて、3つの分類のうち資産ICOは有価証券として取り扱われ、有価証券として取り扱われる場合は、「信頼できる最低限の情報」というガイドラインを作成し、トークン発行者に対して、開示を義務付けようとしています。これにより、スイスは、仮想通貨を用いた資金調達を世界中から実施することができる環境が目指しており、仮想通貨の本来の特性であるボーダレスで安全な資金調達が、できる環境を整え様としています。

引用:仮想通貨最新人事ニュース「ICO (仮想通貨)を見極めるには??スイス金融当局がICOガイドラインを作成!!

上記で3つに分類したICOはそれぞれ新しく作られた法律によって 規制されトークン保有している身元を確実に特定できるよう金融仲介業者に依頼 をおこなっています。

企業側も上記の3つのICOの分類に含まれるトークンは有価証券として扱われ、 有価証券同様「信頼できる最低限の情報」の開示 を義務づけられています。

また、今回このような法案を決めた背景としてはスイスが仮想通貨を用いた資金調達を世界中から実施することができる環境を目指しており、金融のプライベートバンク等で有名なスイスが世界に先駆けて環境を整えていこうと考えているのではないでしょうか。

本物のICOを見極めるためには

今回、スイスでICOにおけるガイドラインが作成されましたが、そのガイドラインを沿ってICOに参加しても100%安全ではないと思います。

なぜなら、資金調達が完了してそのプログラム自体を途中で放棄してしまう企業もあるからです。

ただ、ガイドラインに沿っているから安全と見極めるのではなく自分の判断軸を持つことが大切だと感じます。

また、 ホワイトペーパーを確認し本当に投資したいと感じるものだけに投資する ことが大切ではないかと思います。投資は自己責任であるために国の法案などを参考にすることはいいが最後は自分で責任を取れる範囲で行うことが重要だと感じました。

 

他の国のICO事情について知りたい方は方はこちら

 

2018年もっとも期待できるICOの情報について知りたい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 世界初スイスでICOに関するガイドライン作成!国が定めるICOの見極め方COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

第2のPetro?トルコやイラン政府が仮想通貨の発行を検討か

一部メディアの報道によると、トルコとイランがそれぞれ仮想通貨を国から発行することを検討していることが明らかになりました。両国は今まで仮想通貨に対して慎重な立場を見せてきましたが、ベネズエラが官製仮想通貨「Petro」を発行した影響からか動きを見せています。

以下で詳しく見ていきます。


イランはツイッター上で公表

ベネズエラにおいて、石油により価値を裏付けされた官製の仮想通貨「Petro」がプレセールを開始した翌日の2月21日、イランの情報通信技術省(ICT)は「イラン郵便銀行が仮想通貨発行のための取り組みを行っている」とツイートしました。

(訳:郵便銀行の取締役会とのブロックチェーンに基づいたデジタル通貨についての会議において、私はこの国初めてとなるクラウドベースのデジタル通貨実装のための方策について指示を行なった。)

2017年の11月にイランのサイバースペース当局(HCC)のアボルハサン・フィロウザバティ氏は「ビットコインを歓迎するがビットコインと他の仮想通貨の規制は必要だ」と述べ、HCCと中央銀行共同で仮想通貨の研究を進めてきました。経済制裁の影響を受けやすい同国では、仮想通貨の導入は自由な経済活動を行うにあたって有効であると意見があるようです。

https://jp.reuters.com/article/idJP00093400_20171129_03120171130

トルコも正式に公開

Petroのプレセール開始から二日後の2月22日、トルコの民族主義者行動党(MHP)のアフメト・ケナン・タンリクル氏がトルココインの導入を正式に検討していることがわかっています。

https://www.al-monitor.com/pulse/originals/2018/02/turkey-mulls-national-bitcoin.html

2017年12月、トルコ政府の宗教当局『Diyanet』は「イスラム教徒が仮想通貨の取引を行うのは不適切だ」として仮想通貨の取引に注意を向けていました。

トルコ政府宗教局「イスラム教徒によるビットコインの取引は不適切」

しかし、タンリクル氏は「法律に仮想通貨に関する記述がない以上、トルコでの仮想通貨の取引は合法である」として仮想通貨に対し肯定的な姿勢を見せています。

また「トルコにおける仮想通貨の規制は資金洗浄(マネーロンダリング)や詐欺を防ぐために絶対に必要であり、政府により管理された取引所を作ることはそのための手段の一つである」として仮想通貨の利用を正当化しています。

日本国内の声

仮想通貨を発行する際はICOを行いますが、ベネズエラ・イラン・トルコといった『途上国におけるICO』に関して、「金融日記」で有名な藤沢数希氏はこのようなツイートを行なっています。

藤沢氏は「ICOという手法を用いれば、株式市場が整備されていない途上国で、インフラなしに市場を作ることができる」と述べており、まさに国家による仮想通貨発行にはこうした狙いがあるのかもしれません。

また、上記3国はいずれもアメリカとの関係が良好でないことから、ドル経済圏の影響を避け、独自の経済圏を仮想通貨によって築き上げようと目論んでいるのかもしれません。

以下、国内の仮想通貨界隈の有名人によるツイートです。

プレセールで多額の資金を集めたものの、大統領の発言などからPetroへの評判は現段階では良いものとは言えません。そんな中、トルコやイランがどういった動きを見せてくるのか引き続き注目です。

投稿 第2のPetro?トルコやイラン政府が仮想通貨の発行を検討かCOINNEWS に最初に表示されました。

ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達している

現在のICOは、あまり良い状態とは言いにくいです。しかし、投資家たちは貪欲に投資を続けており、既に2018年だけで20億ドルが調達されています。これは2017年の57億ドルを大きく上回る勢いです。しかし、ICOのほとんどが個人投資の段階で主に行われているため、個人投資家が多くのICO投資の大半を占めており、その他の人達が残りの一部を取り合いしています。それが原因で、今年行われたICOでの資金調達のうち84%は、プレセールと個人投資からきているというデータもあります。


個人投資は、金持ちがより金持ちになる仕組みである

クラウドセールスが登場した時、そこに参加する人たちは、『資金調達』をすることで『多種多様なものを生み出す機会』や『新しいコミュニティを形成』を平等な方法として手に入れることができるようになりました。クラウドセールは、少しの間うまくいきましたが、2018年にその状況は変わりました。去年は、まだ個人投資家が最初のクラウドセールスの所有権を持っていました。例として、トークンのBATは一握りの投資家がトークンを買い集め、数分後には売り切れになった事件として有名です。個人投資家以外の人の投資は、プレセールス後の追加の資金調達としての役目しか担いません。つまり、プレセールスやプライベートの段階でこれらの取引は行われており、一般の人のためにはわずかなトークンしか残されてないのです。

『トークンデータ』と呼ばれるデータの数字を見ると、今年ICOに投資した$19.7億のうち$16.3億(84%)が個人投資家に売却されました。さらに、このデータはテレグラムという会社の個人売却で調達された$8億5500万の価格を考慮されていません。テレグラムは2月末にすでに6億ドルの売却を完了する予定ですが、おそらくすでに投資家は2倍ものトークンの割り当てられています。現在のICOはお金持ちがよりお金持ちになるような仕組みでできており、その他ユーザーに儲けさせることに関しては向いていないと言えます。

ICOで適度な利益を分配する

2018年2月21日現在で、『Tokendata』が追跡しているICOを行っている『94』のトークンのうち、『28』のトークンが取引所で取引されています。ICOを通して購入し、取引所で売却したトークンの平均ROIはわずか2.17で、イーサリアムの収益率はわずか0.75です。言い換えれば、多くの場合でトークンのためにイーサリアムを交換するよりも、年の初めからイーサリアムを保持する方がより利益を上げることができます。ICOは、まだ始まったばかりの初期段階であり、2018年にうまくいくまでの時間はまだ十分にあると言えます。プレセールス期間中は低いお金で取引されているため、個人投資することはクラウドセール期間が始まってから参加するよりも利益を上げることが簡単です。ホワイトペーパーの上では、クラウドセールという言葉が今まで一番用いられるようになっています。しかし、本当に最も利益を出すようになっているのは1%の資本を持った投資家だけなのです。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】ICOs Have Raised $2 Billion This Year – Mostly from Private Sales

投稿 ICOは、ほとんどがプライベートセールによって20億ドルを調達しているCOINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

2017年のICOの失敗した確率が…なんと!

 資金調達段階や実際のプロジェクトの提供にあたっては、多数のICOが失敗することが常に想定されていました。しかし、正確な数字には決まりませんが、最も疑わしいICOは詐欺から抜け出せません。スマッシュ・アンド・グラブの強盗ではなく、盗人のようにゆっくりと発射され...No tags for this post.

Agrocoin:ブロックチェーン技術でのフランチャイズで初めての成功例!

 フランチャイズのビジネスモデルでは、Amar Hidroponiaとcryptocurrency Agrocoinは成功したブロックチェーンの起業家精神の事例であり、ここではこれについてお話します。アマール・ヒドロポニアは、ビジネスモデルを通じて、技術に頼って雇用を創出する一体型プロジェク...No tags for this post.