Cryptopia

No tags for this post.

Cryptopiaが再開に向けた動きについてのニュースレターをユーザーへ一斉送付

2019年1月14日にハッキング被害を受けて以降、取引停止が続いているCryptopia(クリプトピア)が、ユーザーへ今後の動きについてをE-mailで一斉送信しています。

[aside type="boader"]

2019年03月19日12:36追記 : Cryptopia公式サイトでは既にログインや新規アカウント登録が可能になっています。 Cryptopia(クリプトピア)公式

[/aside]

Cryptopia - 今月中に取引を再開させる旨を通知

クリプトピアからのE-mailによると、下記に言及していることが確認できます。

[aside type="boader"]
  • 2019年1月14日の事件は詐欺(Scam)によるもの
  • 事務所は閉鎖され、サイトはごく少数の職員や法執行機関しかアクセスできない状況にあった
  • 2019年2月14日にサイトへのアクセスを許可された
  • 読み取り専用サイトは現在ライブで、パスワードと2FAのリセットが可能
  • 注文をキャンセルすることもできる
  • 資金を失ったユーザーに対して払い戻し有り
  • 偽のCryptopia twitterアカウントに注意
  • 取引再開予定日については、近日中にEメールでお知らせ
  • 月末までに取引再開を達成することを望んでいる
  • Cryptopiaは世界で最も偉大な顧客との、透明で誠実な交流を目指している
[/aside]

E-mail全文を掲載

Dear Cryptopia Customer

We are writing this letter to update you on the progress we are making after the event that occurred on the 14th of January 2019. You may have heard various comments about this event being an exit scam but rest assured we are 100% committed to reopening the exchange, bigger and better and to continue trading.

On the 14th of January 2019 we noticed several suspicious transactions and placed our site into maintenance to prevent additional funds from being compromised as best we could. We notified local and international law enforcement agencies of the matter and our offices were locked down and the site was only accessible to a very small number of staff and law enforcement agencies. We complied with all requests so as not to tarnish the scene. As a result, many of our staff were sent home on full pay and our systems were inaccessible.

We were given access back to our site on the 14th of February 2019. This was the first time since the event that we could begin to assess the impact. We have a comprehensive plan in place to get our exchange back trading. This however is quite labour and time heavy as we are effectively rebuilding our service from the ground up again. Since having access returned we have made significant steps to resuming service.

Read only site: The read only site is now live, it shows balances as at the 14th of January 2019. Please use this site to reset passwords and 2FA credentials.
Cancel orders: We are aware of market volatility in Crypto. The ability for users to cancel their standing orders is also live now. The API is still disabled, so you will need to cancel your orders through the website. Updates on twitter: We are continually updating our Twitter page with updates on our progress to go live. Please be wary of fake Cryptopia accounts on twitter, our official handle is Cryptopia_NZ and our page can be found here. No new funds to be deposited: As a result of the new wallets please immediately refrain from depositing funds into old Cryptopia addresses.
There will be a rebate for customers who unfortunately lost funds. We are working through the logistics of this to ensure it is equitable and in compliance with local laws.
Our Support team is prioritising tickets for 2FA and password resets to allow our customers to be prepared for trading when we go live

If you held balances in coins that were lost in the event you will start to see Withdraws on your account for those coins. The TXID for the withdraw will not exist on the network but will detail how the coin was impacted in the event. For each withdraw you will also see a subsequent deposit of Cryptopia Loss Marker(CLM), the TXID for this will also not exist on a network but will detail the coin it represents a loss for. CLM is not a coin, it can't be traded as yet, it is just a number in the database that represents the loss for each coin for each user in $NZD at the time of the event. There are still steps to take to ensure we are taking a legal path toward reimbursement.

We will be emailing you again shortly with more details around the rebates and the projected dates for trading to be active again. Please be aware, we are hoping to achieve this by the end of the month.

On behalf of the leadership team and all staff at Cryptopia, we want to thank you for your unwavering support. Cryptopia aims to be a transparent and honest exchange, with the greatest customers in the world.

Regards

Rob (Hex) Dawson,
On behalf of the Cryptopia Management Team


クリプトピアのお客様各位

2019年1月14日に発生したイベントの後の進捗状況についてお知らせするために、このレターを作成しています。このイベントが詐欺であることについてさまざまなコメントが寄せられていますが、安心して再オープンすることを約束します。交換、より大きくそしてより良いそして取引を続ける。

2019年1月14日、私たちはいくつかの疑わしい取引に気づき、自分たちのサイトをメンテナンスして、可能な限り追加の資金が危険にさらされないようにしました。私たちはこの問題について国内外の法執行機関に通知し、私たちの事務所は閉鎖され、そのサイトはごく少数の職員や法執行機関しかアクセスできないようになりました。シーンを傷つけないように、私たちはすべての要求を遵守しました。その結果、私たちのスタッフの多くは全額給与で家に帰され、私たちのシステムにはアクセスできませんでした。

私たちは2019年2月14日に私たちのサイトへのアクセスを許可されました。私たちが影響を評価し始めることができたのはこれが初めてでした。私達は私達の交換バック取引を得るために整っている総合的な計画を持っています。しかし、これはサービスを一から作り直すために効果的に再構築されているため、非常に手間と時間がかかります。アクセスが戻ったので、サービスを再開するために重要なステップを踏みました。

読み取り専用サイト:読み取り専用サイトは現在ライブで、2019年1月14日の時点で残高が表示されています。このサイトを使用してパスワードと2FAの資格情報をリセットしてください。
注文をキャンセルする:我々はCryptoの市場の変動性を認識している。ユーザーが自分の永続的な注文をキャンセルすることもできるようになりました。 APIはまだ無効になっているため、Webサイトから注文をキャンセルする必要があります。
Twitterでの更新:私たちはTwitterページを継続的に更新し、進捗状況を更新していきます。偽のCryptopiaアカウントがtwitterに登録されていることに注意してください。当社の正式なハンドルはCryptopia_NZです。このページはこちらです。
新たに入金する資金はありません。新しい財布のため、すぐに古いCryptopiaの住所に入金しないでください。
残念ながら資金を失った顧客には払い戻しがあります。私たちはこれがロジスティクスを通して衡平で現地の法律を遵守することを確実にするために取り組んでいます。
私たちのサポートチームは、2FAのチケットとパスワードのリセットを優先し、お客様がライブになったときに取引の準備をできるようにしています。

あなたがイベントで失われたコインの残高を持っていたならば、あなたはそれらのコインのためのあなたの口座への引き出しを見始めるでしょう。引き落としのTXIDはネットワーク上には存在しませんが、コインがイベントでどのように影響を受けたかを詳細に示します。引き落としのたびに、その後のCryptopia Loss Marker(CLM)の預金も表示されます。このためのTXIDもネットワーク上には存在しませんが、損失を表すコインの詳細が表示されます。 CLMはコインではありません、それはまだ交換することはできません、それはイベントの時に$ NZDの各ユーザーの各コインの損失を表すデータベースのただの数です。私たちが払い戻しに向けて法的な道をたどっていることを確認するために取るべきステップがまだあります。

リベートの詳細と取引が再開される予定日については、近日中にEメールでお知らせします。ご注意ください、私たちは月末までにこれを達成することを望んでいます。

Cryptopiaのリーダーシップチームとすべてのスタッフを代表して、私たちはあなたの揺るぎない支援に感謝します。 Cryptopiaは、世界で最も偉大な顧客との、透明で誠実な交流を目指しています。

よろしく

Rob(Hex)Dawson、
Cryptopia管理チームを代表して

取り扱い通貨が多く、ユーザーも多いことで知られる海外取引所Cryptopia。

事件以降なかなかアナウンスが無く、その動向が注目されていました。

今回のアナウンスにより今月中のサービス再開へ向けて動き出していることが判明したことで、今後の動きにさらなる注目が集まりそうです。

仮想通貨ハッキング対策!大事な資産を強固に守ろう!!

[hw-trezor]

セキュリティ&使いやすさなら国内取引所!イチオシのおすすめ取引所はこちら!

[ex-jp-BITPoint] [campaign-bitpoint]No tags for this post.

国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所17選

[box class="green_box" title="ピックアップ!"] [colwrap] [col3]
[2488-praise_title-left]
[2488-praise_desc-left]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-mid]
[2488-praise_desc-mid]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-right]
[/col3] [/colwrap] [/box]

ビットコイン、アルトコインはどこの取引所で購入、取り引きしていますか?

取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあり一長一短といった感じで、仮想通貨を保有・取り引きするためには複数の取引所にアカウントを開設しておくことが一般的です。

本記事では、国内と海外の取引所の中から人気のある取引所をおすすめします。

「欲しいコインがある」、「手数料を安く抑えたい」、「長期保有したいから安心安全な取引所を知りたい」、「短期取引メインだから人が集まる取引所が知りたい」などなど、仮想通貨に求めるニーズは多岐に及びます。

どの取引所で扱われている仮想通貨の人気がいつ上がるかは、誰も予想できないのが仮想通貨取引です。

またその仮想通貨が、自分が登録している取引所で扱われていたとしても、サーバー障害などのアクシデントで即座に対応できない可能性もあります。

機会を失ってしまう前に、主だった取引所へは早めに登録を済ませておきましょう。

[external-explan-air_drop]

仮想通貨・ビットコインの取引所を選ぶときのポイント!

取り扱い通貨 手数料
購入したい、投資したい仮想通貨を扱っているかを確認しましょう。 短期トレード・FXはもちろん長期・積立投資においても手数料は重要なポイントです。
ツール・スマホ対応 仮想通貨・ビットコインFX
PCでの操作、スマホ対応有り無しを確認して自分に投資スタイルに合っているかを確認しましょう。 仮想通貨市場は高いボラティリティによるFXも魅力!現物だと買えない量でもFXなら稼げるチャンス!追証の有無やレバレッジが何倍かも重要なポイントです。
セキュリティ 会社の信頼度
ビットコイン・仮想通貨は常にハッキングリスクと隣り合わせです。コールドストレージなどセキュリティ対策も確認しましょう。 運営会社の資本金や金融庁登録の有無、業界団体への参加なども仮想通貨取引所には重要な要素です。※国内の交換業者は金融庁への登録が必須です。

取引所比較まとめ一覧

[rank-101-dmm] [rank-101-gmo] [rank-101-bitbank] [rank-101-quoinex] [rank-101-bitflyer] [ex_list_ovse] [external-explan-air_drop]
No tags for this post.

コインチェックから不正送金されたNEMが米と新の取引所への送金を確認

NEM.io財団朝山理事が、コインチェックから不正送金されたNEMがアメリカとニュージーランドの仮想通貨取引所への送金を確認したと発言していることをロイターが報じています。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : コインチェックに対し金融庁が立ち入り検査を実施 [/box]

報道によると2018年2月1日に行われた会見でNEM.io財団朝山理事(兼 Zaifを運営するテックビューロ社代表取締役所長)が発言したもので、コインチェックから不正送金されたNEMが同財団の特命チームにより新たに アメリカの仮想通貨取引所「Poloniex」(ポロニエックス) と、 ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia」(クリプトピア)へ送金されたことが確認されました。

すでに取引所とは連携しており、犯人が換金できないように働きかけているとのことです。

また近年では大口の換金が難しくなっていることから、犯人の今後の動きとしては小口に分けて分散させ追跡を撹乱させるなどの可能性があり、すでに複数の国の捜査当局への協力を要請していることも明らかにしました。

[box class="green_box" title="仮想通貨投資では「複数の取引所に登録」してリスクマネジメント!"]

仮想通貨取引所は過去のマウントゴックス事件もあるように、「一つの企業が運営する = 集権的」なものが多数を占めています。

一つの取引所のみに仮想通貨を預けて取り引きを行うと、その会社が経営破綻したりハッキング被害などを受けた場合に全ての資産を失う可能性があるので、仮想通貨投資をするなら複数の取引所に登録しておくことをおすすめします。

[/box] [ex_list_ja]No tags for this post.