DApps

No tags for this post.

モンスターファームの製作者高宮氏がディレクターを務めるDappsゲームがプレセールを開催中!

日本発のDappsゲームMy Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)がプレセールを開催しています。

9月21日から9月30日までプレセールを開催中!

My Crypto Heroesとは歴史上のヒーローが活躍するバトルゲーム

『My Crypto Heroes』は、ブロックチェーン技術を活用して開発されたスマートフォン/PC対応のゲームです。
織田信長やナポレオンなど実在した歴史上のヒーローたちを集め、育て、バトルに挑んで遊ぶことができます。

実績のある開発陣

開発会社はdouble jump.tokyo株式会社という今年発足した新しい会社で、ブロックチェーン技術を用いたゲーム開発を行なっています。
開発ディレクターには「モンスターファーム」の制作者である高宮氏が参加していることも注目され、そのゲームの面白さに期待値が高まっています。

プレセールの内容と期間

正式リリース前に有料で製品を販売するプレセールについて、公式サイトでは以下のように発表されています。 [aside type="boader"] ヒーロープレセール UTC:9/21 fri 0:00 - 9/30 sun 23:00 (日本時間:9/21(金)9:00 - 10/1(月)8:00)

  • MCHの主要アセットであるヒーローを先行販売します。
  • プレセールでは、期間限定の特別なヒーローをETHで購入できます。
  • プレセール特典として、ヒーロー購入に使用したETHと同額のGUMをゲームリリース後に"100% AirDrop還元"します。
[/aside] なお、ゲームのプレイにはイーサリアムとMETAMASKウォレットが必要となります。

[aside]補足
9月30日はUTCの時間軸での締め切りで、厳密には日本時間10月1日(月)8:00までとなっています。 [/aside]

[ex-ja-ETH] No tags for this post.

【DApps】Bitpet「ETHの稼ぎ方」ビットペットでイーサリアムを増やす方法を解説

以前ご紹介した育成型ゲームのDApps、「Bitpet」。
ウサギをモチーフにした可愛らしいキャラクターもあり、人気が出てきているようです。

その時ご紹介した記事はこちらです。

Bitpetは、イーサリアム(ETH)を稼ぐこともできるゲームという点でも注目されています。
どうやったらビットペットでイーサリアムを増やしていけるのか、解説していきます!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

ビットペットで稼ぐ!方法を紹介

ビットペットはイーサリアムを使って
ペットを売買したり、ゲームに参加することが可能です。
また、忘れがちですが下記の通りゲームへの参加や売買、合成には手数料がかかります。

ペットの合成(1回につき) 0.008POP
ペットの強化(1回につき) 0.003POP
ペット販売手数料 0.001POP
合成時のカプセル時間カット(1回につき) 0.005POP

(1POP=1ETHです。)


その点も考慮して手数料込みの総額で見たら損していた!
ということにならないようにイーサリアムを稼いでいきましょう!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

レアなペットで稼ぐ!

まずまっさきに浮かぶ稼ぎ方として、
「高額になりうるペットを合成またはゲットし、それを販売して稼ぐ!」という方法。

とはいえ、「高額になりうる」「レア」なペットとは、どんな要素なのでしょう?
ビットペットがスタートしたばかりのころは、
珍しい属性があったり、見た目重視!!なペットが高値で取引される傾向が高かったようです。

しかし今は「ゲームに勝てるペット」の市場価値が高まっているんだとか!
どうしたらゲームで勝てるペット、と言えるのでしょうか?

それは、この「体力」「敏捷」「筋力」のレベルが関わっているようです。
(多少、「幸運」の要素も必要なようですが、上記3つほどではないようです。)
レースゲームですから、なんだか納得です。
実際に合成をしてみる際には、これらのレベルの高いもの同志を組み合わせて合成させると、
比較的レースに有利なペットが合成される確率が上がるのではないかと思われます。

また、レア同志を合成させる場合、こんなツイートも見られます。

同様の報告を複数人していらっしゃるようなので、レア同志を合成したからと言ってレアが生まれるわけではないようです。
こうした「レア」については、twitterなどで今のトレンドになっているペットの傾向をつかみ、
ブームが去る前に売り抜ける!という感覚も重要です。
マーケットプレイスの高額ペットの状況などもまめにチェックしましょう。

BitPet 公式サイト はこちら

ゲームで稼ぐ!

次に、レースで稼ぐにはどうしたらいいのか解説していきます! まず、レースの基本的な決まりとして、

[aside type="boader"]
  • レベル別で約1分おきに5匹でレースが開始。
  • 参加費が必要。しかも参加費はレースのレベルでより異なる
  • 参加費は賞金となって3位以上に分配される。つまり4,5位はただのマイナス。
[/aside]

といった点があります。
絶対に3位以内に入らないとただのマイナス
利益を出したければおそらく最低でも2位以上の成績をコンスタントに残す必要があるでしょう。

では実際にレースで勝つためにはどんなペットを用意すべきなのか。
それは、先ほど紹介した通り、「体力」「敏捷」「筋力」のレベルが高いとどうやら勝つ確率が上がるらしいです…!
先ほどと同じ方ですが、こんなツイートも。

合成や売買で、レースに勝てるペットを育てていきましょう!!!

BitPet 公式サイト はこちら

紹介で稼ぐ!

最後にご紹介するのは、これまでとはちょっと異なり、「紹介で稼ぐ」という方法。
いわゆるアフィリエイトです。

BitPet 公式サイトでも、このように紹介されており、紹介した人の売買手数料の20%を自分が報酬としてもらえます。
ブロガーさんやアフィリエイターさんであればこの方法でかなりの金額を回収できるのではないでしょうか。


BitPet 公式サイト はこちら

まとめ

Bitpet(ビットペット)でイーサリアムを稼げる方法についてご紹介してきました。
レースに勝てるかレアなペットを合成して生み出せれば、場合によってはかなり稼ぐこともできそうです。
ぜひ挑戦してみてください!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

【DApps】くりぷ豚(トン)とは国産&スマホアプリ対応&売買でETHも稼げる話題のゲーム!

この春にリリースを予定されているDAppsのゲームの一つに、「くりぷ豚」があります。
これは、かわいい豚たちを育成・売買していくゲームなんだとか。
かわいい豚のゲームでイーサリアム(ETH)を稼げるかも!?儲かる可能性があるのでは?と話題です。
どんなゲームなのか、そしていつリリースされるのかとても気になります。
今回はそんな「くりぷ豚」の魅力についてご紹介します。

くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
[btn class="rich_pink"]くりぷ豚 公式サイトはこちら[/btn]

「くりぷ豚」(クリプトン)の特徴

「くりぷ豚」(クリプトン)とは?

くりぷ豚とは、福岡に本社のある株式会社グッドラックスリーが開発中のスマホ向けゲームアプリです。

最大の特徴は、イーサリアムのブロックチェーン上で遊べる、国内初のスマートフォン向けゲームアプリであるということ。
これまでのDAppsゲームはブラウザのものがほとんどですが、くりぷ豚は国内初の、かつスマホ対応のDAppsゲームということで非常に期待を持たれています。

また、海外からのDAppsゲームだと日本語未対応のものがあります。
気軽に手に取るゲームで外国語だとそれだけでハードルが上がってしまうこともあると思いますが
「くりぷ豚」は国内企業が開発しているので、もちろん日本語対応!その心配もありません!

OSはiOSとAndroidのどちらにも対応する予定で、今春リリース予定とのことです。

くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
[btn class="rich_pink"]くりぷ豚 公式サイトはこちら[/btn]

くりぷ豚の楽しみ方

スマホで簡単にDAppsゲームを楽しむことができそうな「くりぷ豚」。
どんなキャラクターがでてくる、どんなゲームなのか気になりますね。


くりぷ豚の種類は3京6,000兆通り!!

くりぷ豚とは、スマホ上に生息する豚に似たふしぎな生き物なんだとか。
ゲーム内に登場する「くりぷトン」の種類は、およそ3京6,000兆通り!!

公式twitterでは、そんなくりぷ豚の一部を紹介してくれています。

プレイヤーはこのような「くりぷトン」の中からお気に入りの「豚」を手に入れ、「オーナー」となることができます。
また、BitPetと同様、「くりぷトン」を「お見合い」機能で、お見合い・配合して、新種をゲットすることもできるようです。

くりぷ豚 公式サイトはこちら

くりぷ豚はETHを稼ぐ、儲かるゲームアプリ!?

くりぷ豚の最大の特徴であり、「儲かるのでは?」「ETHを稼げるらしい!」と話題になっているのは、 「取引所」と呼ばれる機能が実装予定のためです。

「取引所」は、「くりぷトン」を相互にトレードするための場所。
プレイヤーは自分が育てた「くりぷトン」を取引所に出品したり、逆に欲しい「くりぷトン」を取引所で買ったりと
イーサリアム(ETH)を使って「くりぷトン」を売買します。

自分がお見合いなどでレアな「くりぷトン」のオーナーになれれば高値で取引され、イーサリアムをゲットできますし、
レアな「くりぷトン」をゲットして、それをお見合いさせて更にレアな新種の「くりぷトン」をゲットできれば
ETHを多く稼いで儲けることもできるかもしれません!

くりぷ豚 公式サイトはこちら

さいごに

もうすぐリリースが予定されている国内初のスマホDAppsゲーム・「くりぷ豚」をご紹介しました。

スマホでできるという手軽なゲームながら
育成したくりぷトンの売買でETHを稼ぐことができそうな「くりぷ豚」。
リリースが非常に待ち遠しいですね。
最新情報は公式twitterでチェックできますので、チェックしてみてください。

くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
[btn class="rich_pink"]くりぷ豚 公式サイトはこちら[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH] No tags for this post.

【DApps】BitPetとは?仮想通貨×育成ゲーム・ビットペットを楽しもう!

知名度の広がりと共に徐々に人気の高まりを見せている「DAppsゲーム」。

「World of Ether」(ワールド・オブ・イーサ)については、以前ご紹介しましたが
今回は同じく「DAppsゲーム」の一つである、「BitPet」(ビットペット)の特徴について解説していきます。

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

「BitPet」(ビットペット)の特徴

「BitPet」(ビットペット)とは?

「BitPet」(ビットペット)とは、ブロックチェーン上に構成されたデジタルペットを育成していくゲームです。
うさぎをモチーフにしたキャラクター・「BitPet」を、繁殖・成長・収集していくというもの。


一般的な収集ゲームとは違い、2匹のビットペットで子孫を作ったりできる
「繁殖」という仕組みが取り入れられていることが特徴の一つです。

また、リリースされたのが今月(2018年3月)というできたてのゲームですので、
今後ユーザー数が増えることでBitPetの価値があがる可能性も十分あります!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

日本語対応がうれしい!

BitPetでもWorld of Ether同様、日本語に対応しています!

上記の通り、日本語だけではなく9か国語に対応。
また、twitterでも日本語版公式アカウントが開設されています。

下記が公式twitterです。

最新情報をチェックしてみましょう!

BitPet 公式サイト はこちら

BitPetの楽しみ方

では、どんな風にBitPetで遊べるのか見ていきたいと思います。
まずBitPetをゲットする方法について今のところ三つの方法があります。
また、自分のBitPetを売買して利益を得ることも可能です。

BitPet 公式サイト はこちら

BitPetをゲット!①ランダムボックス

BitPetをゲットする方法のひとつ目が、ランダムボックスです。
これは、ランダムにBitPetがゲットできる仕組み。
上記画面はプレゼントボックスマークの【EVENT】アイコンをクリックすると出てきます。
ランダムボックスに必要なチケットをイーサリアムで購入し、左側のランダムボックスをクリックします。
ランダムボックスを開けると、Bitpetを1体ゲットできます。
また、SHUFFLEボタンでランダムボックスの中身をシャッフルすることも可能です。

BitPet 公式サイト はこちら

BitPetをゲット!②オークション

ランダムボックスの画面で、「オークション」を選択すると、オークションでもBitPetをゲットできます。
オークションに出ているBitPetはプレゼントボックスマークの【EVENT】アイコンをクリックして確認できます。

BitPet 公式サイト はこちら

BitPetをゲット!③マーケット

最後にBitPetをゲットする方法として「マーケット」をご紹介します。
自分でどんなBitPetか確認しながら購入したい人にお勧めです。

買い物かごマークの【MarketPlace】アイコンをクリックします。
新着順・販売金額順・レベル順・経験値順などで並び替えもできますので、
気に入ったBitPetを探すことができます。

ゲームでイーサリアムをゲット!

ゲームコントローラーマークの【Game】アイコンからゲームに参加することもできます。
内容はレースゲーム。このゲームに勝つとイーサリアム(ETH)をゲットできるようです。
今後のゲームリリースは次のような予定とのこと。

2018年4,5月と新しいゲームリリースが控えているようなので、楽しみに待ちましょう。

BitPet 公式サイト はこちら

BitPetの始め方

まずは無料登録!

まずは、BitPet公式サイトから、無料登録をしましょう。
メールアドレスで簡単に登録が可能です。

BitPet 公式サイト はこちら

さいごに

DAppsゲームのBitPet(ビットペット)についてご紹介してきました。

まだまだリリースされたてで、未知数な部分も多いですが
ゲームや育成したペットの売買で報酬を得ていくことができそうです。
キャラクターのかわいらしさもあり、ゲームの内容もユーザーもこれから増えていくことが予想され
今後の期待が高いゲームではないでしょうか?
興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

【DApps】【追記:公式情報も完全日本語対応化!!】World of Ether(ワールド・オブ・イーサ)の特徴を解説

2018年3月27日追記 : WoE のMediumが日本語を含む完全5ヶ国語対応!

2018年3月12日追記 : 本紹介記事を WoE 公式からご紹介していただきました!

[btn class="rich_pink"]World of Ether 公式サイト はこちら[/btn]

2018年3月29日追記 : WoEのブログは5ヶ国語に対応!

記事内でも「WoEは日本語対応済みのDApps」と紹介してましたが、なんと公式からの情報を伝えているMediumのブログも日本語を含む5ヶ国語に対応しました!

最新情報やゲームに関する重要な情報も、日本語ですぐに確認することができます!

※ 余談ですがこの「WoEのMediumブログが日本語にも対応した」という情報も、先の追記で紹介したWoE運営チームのエドワード氏から直接連絡が来て知りました。海外ゲームにはあまり無いこの「豆さ」(細かい対応)も、WoEの魅力の一つだとお伝えしたいです!

World of Ether 公式サイト はこちら

テスターを募集中!

WoEでは現在卵を所有しているユーザーと、まだ卵を購入していないユーザーも含んでテスターを募集しています!

卵を所有していないユーザーの枠には限りがあり、さらに審査もあるようですが、興味がある方はぜひ応募してみましょう!

2018年3月12日追記 : 「World of Ether」(ワールド・オブ・イーサ)の公式Twitterで本記事をご紹介していただきました!

本記事執筆にあたり WoE の運営チームに問い合わせたところ快諾していただき、WoEのMarketing Director(マーケティングディレクター)、Edward Sturm氏(エドワード氏)のご好意により WoE の公式Twitterで記事を紹介していただきました!

For all our Japanese Explorers, check out this article from @cryptotrendnews


Google翻訳 : 日本のすべてのエクスプローラについて、@cryptotrendnewsのこの記事をチェックしてください
Edward Sturm(エドワード氏)は WoE 公式テレグラムで頻繁に会話に参加しているので、World of Etherに興味のある方はぜひテレグラムグループにも参加してみてください!
World of Ether(ワールド・オブ・イーサ) 公式テレグラムグループはこちら

World of Etherの魅力 : レスポンスが速い!

今回、実際にコンタクトを取ってみて実感したのですが、メールの返信がとにかく速いです。

テレグラムグループでもユーザーの疑問に即座に回答している様子からも、「疑問や不明点はすぐに質問できる」環境になっていることも魅力だと思います。

※ 余談ですが、大変失礼ながら「時差」を忘れて現地時間で朝方4時頃にあたるだろう時間にメールを送ってしまったにも関わらず、素早くお返事を返していただきました。大変申し訳なく感じつつとても感謝しております。ありがとうございました。

World of Ether 公式サイト はこちら

World of Etherの魅力 : 公式テレグラムが和気藹々としている!

公式テレグラムを覗いてみると、みんなで卵の話やクールタイム、レアモンスターの話をしたりと和気藹々とした雰囲気が感じられます。(ただし全て英語なので翻訳する大変さはありますが...)

テレグラムグループがすでに同じゲームユーザーの情報共有、憩いの場となっているのも「ゲーム」としてはとてもポイントが高いと感じます。

[btn class="rich_pink"]World of Ether 公式サイト はこちら[/btn]

以上が 2018年3月12日 の追記でした。


知名度の広がりと共に徐々に人気の高まりを見せている「DAppsゲーム」。

本記事ではそんな「DAppsゲーム」の一つ、「World of Ether」(ワールド・オブ・イーサ)の特徴について解説していきます。

[btn class="rich_pink"]World of Ether 公式サイト はこちら[/btn]

「World of Ether」(ワールド・オブ・イーサ)の特徴

World of Etherとは?

World of Ether(ワールド・オブ・イーサ、略して WoE )は、下記の4つのシステムから構成されるDAppsゲームです。 [aside type="boader"]

  • COLLECT(収集)
  • BREED(育成)
  • BATTLE(戦闘)
  • MARKETPLACE(市場)
[/aside] この基本となる4つの柱を軸に、プレイヤーはモンスターを卵から孵して育成し、他のモンスターと戦闘させて経験値を獲得していきます。

そしてレアなモンスターが育成できたらそれを売ることもできるし、もしくはレアで強いモンスターが欲しい時には「市場」を通して購入することも可能です。

World of Ether 公式サイト はこちら

「完全日本語対応済み」がうれしい!

DAppsゲームではとても珍しい「日本語切り替え」が可能です!

海外産ゲームでは英語がネックという人にもうれしい対応がされています。

World of Ether 公式サイト はこちら

World of Etherの原点

原点
イーサーの世界は、イーサリアムのバーチャルマシン上のブラウザ内に存在する分散型の収集デューリングゲームです。
この ゲームは、収集、繁殖、そしてモンスターの戦いを中心にしています。 各モンスターは契約の中に保管され、私たちのプラットフォームに参照されます。

World of Ether 公式サイト はこちら

モンスターには5つの「属性」あり

モンスターは下記の5つの属性に分かれています。

  • 太陽: 光、暖かさ、飛行、そして火を表します。
  • : 水、深み、謎を表します。
  • : 繁殖力と植生を表します。
  • :終焉、元に戻る事、そして終わりを表します。
  • アストラル :知性、霊能力、そして形而上学を表します。
バトルでは属性による不利・有利も関わってくるようです。

World of Ether 公式サイト はこちら

モンスターには「レア度」が設定されている

モンスターには下記の4つのレア度が設定されています。

  • Common(一般)
  • Uncommon(珍しい)
  • Rare(希少)
  • Legendary(伝説)
上から下に行く程戦闘力(BP)が上がっていく仕組みなので、「MARKETPLACE」(市場)での価値も上がっていきます。

World of Ether 公式サイト はこちら

コレクション性が高い

WoEは初期に「200種類」モンスターが存在しています。

公式サイトの記述では「当初は200」と書かれているので、今後新たなモンスターが続々追加されていきます。

World of Ether 公式サイト はこちら

育てたモンスターを「バトル」させて経験値をゲット!

育てたモンスターはバトルすることができます。

バトルから「ODDS」という経験値を得られて、プレイヤー自身のレベルを徐々に上げていくことができます。

プレイヤーのレベルが上がっていくと、「レアなモンスター」を育成するチャンスが増えていく仕組みになっています。

World of Ether 公式サイト はこちら

モンスターには「クールタイム」あり!

モンスターは繁殖やバトルの後に一定時間の「クールタイム」が設けられています。

World of Ether 公式サイト はこちら

「MARKETPLACE」(市場)でモンスターを売買できる!

育てたモンスターはゲーム内の市場で売ることが出来て、また欲しいモンスターがある場合は売ることも可能です。

同じモンスターでもBPが異なるので、同じモンスターでよりBPの高いモンスターを買うこともできますし、お気に入りのモンスターがいれば買って揃えることもできます。

World of Ether 公式サイト はこちら

「Magic: The Gathering」のような綺麗なイラストが魅力的!

大人気カードゲームのマジック・ザ・ギャザリング(ギャザ)を彷彿とさせるような美麗なモンスターデザインがWoEの魅力です。

最近のDAppsゲームはキャラデザインに凝ったものが増えてきていますが、その中でも特に「大人な感じ」の雰囲気が特徴でもあります。

World of Ether 公式サイト はこちら

World of Etheの始め方

DAppsゲームの必需品「MetaMask」をインストールしよう!

DAppsゲームの必需品でもある「MetaMask」のインストールが必須です。

MetaMaskはGoogle Chrome拡張機能ETHウォレットで、すぐ送金が可能で使いやすいのでDAppsゲームに興味がある人はインストールしておきましょう!

World of Ether 公式サイト はこちら

卵の値段は徐々に上がる

WoEは現在プレセール中で、プレセール価格で卵を販売しています。

サービスのローンチ後から卵の価格は上がっていく仕組みになっているので、早めに安く買っておきたい人にはプレセールでの購入をおすすめします!

[btn class="rich_pink"]World of Ether 公式サイト はこちら[/btn]

さいごに

DAppsゲームの「World of Ether」(ワールド・オブ・イーサ)はいかがだったでしょうか?

続々と新しいプロジェクトが登場していて、すでに「DAppsコンテスト」も開催されているこれから注目の分野が「DApps ゲーム」です。

従来のゲームと違った「分散型アプリのゲーム」、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!

[btn class="rich_pink"]World of Ether 公式サイト はこちら[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

【DApps】「AXIE infinity」無料でトークンが貰える育成&バトル系DAppsを解説

DAppsゲームの中にも無料でトークンやアイテムなどをもらえるものがあります。

今回紹介するこの「AXIE infinity」も無料でトークンがもらえるDAppsゲームです。

本記事ではそんなDAppsゲーム「AXIE infinity」について解説します。

[btn class="rich_pink"]AXIE infinity 公式サイト[/btn]

AXIE infinity とは?

育てて戦わせるモンスター育成ゲーム!

AXIE infinityは、可愛らしいデザインのモンスター達を育成して戦わせる育成ゲーム系のDAppsです。

WHAT IS AXIE?
Axies are similar to your pets in real life.

Despite belonging to the same species, each Axie has its own distinct look and attributes. Some Axies are similar to dogs, while some others are more like cats, fish, birds, or dragons. Interestingly, some Axies even look like moving trees.

AXIEは何ですか?
Axiesは実生活であなたのペットに似ています。

同じ種に属しているにもかかわらず、各Axieには独自の外観と属性があります。 いくつかのAxiesは犬に似ていますが、いくつかのAxiesは猫、魚、鳥、または龍のようなものです。 興味深いことに、いくつかのAxiesは動く木のように見えます。

参考 : AXIE infinity

AXIE infinity 公式サイト

キャラがとにかく可愛い!

ころころとした丸いフォルムのキャラ達がとにかく可愛いのが特徴です。

イーサエモンしかり、最近のDAppsゲームのキャラデザインは凝っているものが増えていますがそれらの中でもトップクラスで可愛いデザインだと思います。

さらに公式サイトではAXIEを動かすこともできます!

公式から推されているAXIEの「Kotaro」くんはこんなコミカルな動きで攻撃を繰り出します。

AXIE infinity 公式サイト

DAppsチャレンジ受賞歴あり!

「AXIE infinity」は2月9日に「DApp Challenge: 15 New Applications Using the iExec Decentralized Cloud」を受賞しています。

DAppsチャレンジの受賞経験のあるプロジェクトです。
参考 : DApp Challenge: 15 New Applications Using the iExec Decentralized Cloud

AXIE infinity 公式サイト

AXIE infinityの始め方

プレセール期間中にAXIEを購入する

AXIEの販売は3月中旬のプレセール期間のみで、それ以外では販売されません。

購入するにはGoogle Chromeの拡張機能のEthereumウォレット「MetaMask」を導入して、そこからEtheremを送信するとAXIEを買うことができます。

AXIE infinity 公式サイト

AXIEでEthereumを稼ぐ!

プレセール後は公式からの販売はありませんが、ユーザー間での売買は可能となっています。

AXIEにはレアなAXIEなどがあるので、レアAXIEを育成できれば高値で売買される可能性があります。(EthereumのDAppsゲームで有名なCryptoKitties(クリプトキティーズ)では実際にレアキティーが高値で売買されています。)

[kanren postid="2006"]

友達を招待すると「Axieトークン」がもらえる!

さらにこの「AXIE infinity」ではリフェラルプログラムがあり、1人招待すれば「1Axieトークン」がもらえ、5Axieトークンごとに無料のAXIEが1つもらえます。

無料でAXIEをもらって、それを売買すれば利益を得ることができるかもしれません!

[btn class="rich_pink"]AXIE infinity 公式サイト[/btn]

さいごに

「AXIE infinity」はいかがだったでしょうか?

DAppsを利用したゲームも続々増えてきていて、中にはこんなにクオリティの高いものも既に存在しています。

また現在の仮想通貨関連の中で大人気の「AirDrop」(エアドロップ)のように、タダで手に入れてお金を稼ぐこともできるかもしれません。
※ もしかしたら、トークンが上場するか = 価格が付くか不明なAirDropよりゲームキャラの方が意外と人気が出るかもしれません。

仮想通貨とゲームがお好きな人にはおすすめの「DApps」ゲーム、ぜひトライしてみてください!

AXIE infinity 公式サイト [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

【DApps】「Crypland」無料で資産がもらえる資産系DAppsゲームの解説

資産を保有、売却するDAppsゲーム「Crypland」。

本記事では「Crypland」について解説します。

[btn class="rich_pink"]Crypland 公式サイト[/btn]

Cryplandとは?

資産を保有して配当を受けるDAppsゲーム

Phase 1: Distribution of assets (STARTED)
フェーズ1:資産の分配 (開始)
Phase 2: Distribution of dividends (NEXT PHASE)
フェーズ2:配当の分配(次の段階 )
Crypland は資産を購入して保有していき、ランキングごとに配当を受けることができます。

Crypland 公式サイトはこちら

資産は4グループの合計100種類

資産は下記の4グループに分類されていて、合計100種類も存在します。 [aside type="boader"]

  • Buildings(建物)
  • Vehicles(乗り物)
  • Animals(動物)
  • Weapons(兵器)
[/aside] Tank(戦車)やMachine Gun(マシンガン)といった物騒なものからパンダやイルカといった可愛いものまで幅広く用意されています。

公式サイトの解説にもありますが「Parliment」(議会)のように数が限られている希少な資産もあります。

Crypland 公式サイトはこちら

人気の資産は高く売れる!

0.300ETHから約6倍以上の2.000ETHで販売されている「パンダ」など、人気の資産は高値でやりとりされています。

Crypland 公式サイトはこちら

紹介特典で資産がもらえる

MetaMaskとインストールしたChromeブラウザでアクセスすると、Account画面でリフェラルコードをゲットできます。

その紹介コードから資産を無料でゲットして販売することが可能です。

[btn class="rich_pink"]Crypland 公式サイト[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

DApps(分散型アプリケーション)とは何か?活用事例もピックアップ

日々激しく動くチャートや取引所のハッキング事件などに振り回され、仮想通貨のトレードに疲れてしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーン技術にはまだまだ可能性があります。その中でも最近注目を集めているのが『DApps』と呼ばれるブロックチェーン技術を利用したアプリケーションです。

以下でDAppsの概略的な部分に関して詳しく解説していきます。


DApps(分散型アプリケーション)とは何か

DAppsとは『Decentralized Applications』のことで、日本語に訳すと「分散型アプリケーション」となります。これを言い換えれば『ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーション』ということになります。

DAppsの定義として以下のものが挙げられます。

  • オープンソースのアプリケーションで、特定の管理者に制御されず自動化されていること
  • 暗号化されたトークンを持ち、参加者にはトークンで報酬が支払われること
  • ユーザーの同意によってプロトコルが改善(例えばハードフォーク)されること

DAppsでは、多くのサービス(アプリケーション)は株式会社のような中央管理者から提供されるのではなく、ブロックチェーン技術によりインターネット上に解き放たれて非中央集権的に分散していくということです。

今後DAppsが台頭してくれば、あらゆるサービスが非中央集権的に分散していくものになるでしょう。

参考:David Johnston氏のGithub

DApps(分散型アプリケーション)の活用例

現在、すでにDAppsは多く存在しており、今後さらに活用されていくことが期待されています。『ゲーム』『取引所』『予測市場』『ID認証』『分散型ストレージ』『著作権保護』などの分野でDAppsが応用されています。

ゲーム

ゲームとDAppsの親和性は非常に高いと言われています。代表的なものとして『cryptkitties(クリプトキティーズ)』や『Etheremon(イーサエモン)』が挙げられます。

cryptkitties』とはバーチャル上に現れるネコを収集したり育てていく、「たまごっち」のようなゲームです。

マーケットプレイスで猫を売り買いしたり、2匹の猫を交配させて新しい猫を誕生させることもできます。

cryptkittiesではネコはトークンのように扱われます。育てたネコは売買することができ、その際の売買は仮想通貨のイーサリアム(ETH)を使って行います。過去には1300万円相当の価値で落札されたネコもいます。

そして、『Etheremon』は一言で言えば「イーサリアムのネットワークを利用したポケモン」です。

ゲームの世界観はポケモンと同じで、「イーサエモン」というモンスターを捕獲したり、交換したり、進化させて戦ったりすることができます。

Etheremonは2018年3月1日時点ではベータ版のリリースの段階ですが、今後さらなる開発が進んでいくでしょう。

分散型取引所(DEX)

仮想通貨の取引において重要になってくると思われるのが分散型の仮想通貨取引所(DEX)です。現在多くの取引所は株式会社が運営していますが、もしも「コインチェック」のようにハッキング被害に遭遇すれば、預けていた仮想通貨は奪われてしまうかもしれません。

しかし、分散型取引所では秘密鍵を取引所に預けることなくセルフコントロールできることができるので、上記のような事件に巻き込まれるといったことはなくなります。自分で管理する必要があるのでその点は注意です。

代表的な分散型取引所として『0x(ゼロエックス)』が挙げられます。


正確に言うと0xは『分散型取引所を作るためのプロトコル』を提供しているICOプロジェクトです。ZRXというトークンも発行されており、Binanceで購入することができます。

予測市場

予測市場とは、未来の出来事を予測する市場のことです。この例として、n年後に株価はどれくらい上がるかや、競馬のレースでどの馬が勝つのかなどを予想してお金を賭けることなどが挙げられます。DAppsでこの予測市場を作ることができたら、賭けの透明性が増します。

この予測市場の代表的なものとしてはイーサリアムをベースに作られている『Auger(オーガー)』や『Gnosis(ノーシス)』が有名です。

Auger(REP)は2016年10月に運用が開始され、2018年3月1日現在で時価総額41位の仮想通貨です。(参考:コインマーケットキャップ

Augerの特徴は未来予測市場において未来に賭け金を賭けて、予想を当てた者が配当を受け取ることができる公平公正な仕組みが成り立っていることです。

さらにAugerには集められた予測に対してどれが正しいかを判定する「レポーター」が存在します。正しい報告を行えば報酬が与えられ、誤った報告を行えば供託金(レポーターになるために必要なお金)が没収される仕組みとなっています。

Gnosis(GNO)は2017年5月に取引が開始された仮想通貨です。Gnosisもイーサリアムブロックチェーン上で構築されている点でAugerと似ていますが、AugerはREPの保持者が未来の出来事を予測して結果を報告するのに対して、Gnosisではユーザーの中から選ばれた専門家が同様の行為を行います。

今のところ(2018年3月1日現在)AugerやGnosisは国内取引所での取り扱いはありませんが、アメリカのPoloniexやBittrexでは取り扱いがあります。

DApps(分散型アプリケーション)の課題

将来が有望なDAppsですが、現段階では課題も残されています。具体的には以下が挙げられます。

  • 手数料(gas)
  • スマートコントラクトの実行速度
  • プライバシー保護

手数料(gas)

イーサリアムでトランザクションを実行するためには手数料が必要です。トランザクションが増えていくにつれて手数料も増加するため、普段の送金においても高額の手数料が請求されることになります。(このことはビットコインに関しても言えます)

この手数料の問題を解決するためには、スケーラビリティ問題を解決することが鍵となってきます。簡単に言えば多数のトランザクションに対応できるようネットワークを拡大することが必要になります。

スマートコントラクトの実行速度

将来多くのトランザクションを処理していくことを考えると、スマートコントラクトの実行速度は十分に早いと言えるものではありません。

ブロックチェーンで構成されたネットワークはP2Pのノードで構成されており、それぞれ処理速度は異なります。

こうした速度のばらつきは分散化したネットワークにおいて問題で、処理が多くなるだけ処理能力の高いノードに負担がかかってしまうのです。

イーサリアムの開発サイドはこの問題の解決策をいくつか提示しており、改善が進められています。

プライバシー保護

イーサリアムではzk-SNARKというプライバシー保護技術が採用されていますが、この技術を利用したトランザクションには多額の手数料が必要になるので、実用化に向けてさらなる改善が必要です。

また、コードミスから生じたバグにより損害につながる可能性もあります。スマートコントラクトの設計ミスは簡単に直せるものではないのでデバッグを徹底して行う必要があります。

まとめ

DAppsはイーサリアムのプラットフォームを中心に開発されていますが、課題も残っています。今後多くのユーザーに利用されるためには手数料の問題やスマートコントラクトの実行速度の問題を解決していく必要があります。こうした課題が解決されていけば、DAppsは今後数十年で我々の暮らしを大きく変えるかもしれません。

投稿 DApps(分散型アプリケーション)とは何か?活用事例もピックアップCOINNEWS に最初に表示されました。

NEO vs. Ethereum。ICOプラットフォームの覇権を握るのはどちらなのか?

昨今、仮想通貨の話題の中でも特に盛り上がりを見せているのがICO案件です。独自のサービスに対してトークンを発行して資金調達を試みるICOですが、2017年の最大調達額がFILECOINの257億円をつけるなど着々と存在感を増しているのが現実です。ICOの登場は資金調達のバリエーションを増やしただけでなく、価格上昇率が高いことからも投資家からの人気が高いのです。

現在ICOをするためには、 分散型アプリケーションプラットフォームであるEthereumか中国版Ethereumと称されるNEOのどちらかを使用しなければなりません。 

では、今後ICOの中核を担うのはEthereumなのでしょうか?それともNEOなのでしょうか?迫っていきたいと思います!

 

EthereumとICOの関係性

Ethereumは仮想通貨の時価総額ランキングが第2位であり、仮想通貨の中でもbitcoinに次いでプレゼンスの高い通貨です。

しかし、bitcoinとは使用用途が大きく異なります。

これは仮想通貨全般に言えることですが、bitcoinを中心に決済としての役割を担っているものが多いです。

一方でEthereumは分散型アプリケーション作成のプラットフォームとしての役割を持っています。Ethereumのブロックチェーンを使用することによって、誰でもブロックチェーンの仕組みを持ったアプリケーションを作成することが可能なのです。

またEthereumはERC20と呼ばれる技術規格が存在し、ERC20を用いた場合に作成されたトークンは、イーサリアムと同じウォレットに保管することが可能になります。

まとめると、Ethereumを用いることでアプリを作成できるだけでなくEthereumと同じウォレットに保管することのできるトークンを発行できるということです。

Ethereumには ICOをする上での要件を満たしており、親和性の高さがICOでよく用いられている理由 なのです。

 

NEOは中国版のEthereum

中国といえば、これまで自国の産業を保護するために海外のサービスを使用できないように金盾と呼ばれるファイアウォールを敷いています。

そのため自国でサービスを作る文化が浸透しており、検索エンジンの百度(Baidu)や中国版のラインである微信(WeChat)など国内で様々なサービスを展開しており、その規模は年々大きくなっています。

仮想通貨でも同様に国際的に優位性の高いEthereumに対抗するべくNEOを作りました

Ethereumに対抗するべく作られたため仕組みは非常に似ており、分散型のアプリケーションプラットフォームとして、NEOのプラットフォーム上でサービスがリリースされ、さらにはICOが行われているようになっています。

しかし NEOはsmart economyを掲げて全く新しい経済圏を構築することを目標 としています。この点でEthereumと目指す世界が異なっており、NEOとEthereumとの間では仕組みに異なる点が見られるのです。

 

NEOはEthereumより優れている!

NEOとEthereumは仕組みは似ているものの、目指している世界観が違います。

それに伴いできることの幅や特徴が異なっています。

そのためNEOとEthereumを客観的に判断してみるとNEOの方が優れているのではないかと思われます!

なぜそう思うのか紹介していきたいと思います!

 

複数言語により開発が可能

EthereumはSolidityと呼ばれる特殊な言語を用いないと実装できないようになっています。

それに対してNEOはJavascriptやPython、C#と言ったプログラミング界ではメジャーな言語によって実装が可能です。そのためNEO上でアプリケーションを作成することが比較的に容易で、開発しやすい環境になっています。

そのため、これからより多くの多様性のあるアプリケーションが誕生すると思われます。

そうなるとNEO自体の価値もより高まるのではないかと思われます。

 

合意形成アルゴリズムの違い

Ethereumでは現在Proof of Workと呼ばれるBitcoinでも用いられている代表的なコンセンサスアルゴリズムを用いています。PoWでは非中央集権型のアプローチを実現しているものの、非効率的で意思決定が遅いのが問題になっています。

また電力消費量も膨大で、システムの運営に相当な負担を強いていると言われています。

それに対してNEOでは、Delegated Byzantine Fault Tolerance(dBFT)と呼ばれれるコンセンサスアルゴリズムを採用しており、イメージとしてはProof of Stakeに近いイメージのモデルになっております。

細かい話を飛ばして結論から述べると、 ハードフォークを回避することができるメリット を有しています。これはリプレイ攻撃によるデータ流出やハッシュパワーの分散、コイン自体への不信感など多くのデメリットを回避できるのと同義です。

トランザクション能力の違い

コンセンサスアルゴリズムの違いもあって、EthereumとNEOの間にはトランザクション能力に大きな違いがあります。Ethereumも現在トランザクション能力の向上に尽力しているものの、現在は15件/秒になっています。

しかしNEOでは現在1,000件/秒処理できるとされており、最大10,000件/秒の処理が可能とされています。

この違いはかなり大きく、トランザクション能力の違いだけで乗り換えられる可能性があるほどです。

 

量子コンピューターへの対策

当初ブロックチェーンは従来のコンピューターではセキュリティ上破られることはなく完璧なシステムであるとされていました。

セキュリティの高さはハッキングによるデータ流出を不可能にし、仮想通貨の確固たるメリットとされてきました。

しかし近年、計算能力が従来のコンピューターの1億倍を有する量子コンピューターの開発が進んだことにより、量子コンピューターによってブロックチェーンのセキュリティを破ることが可能であることがわかったのです。

これに対してNEOではNeoQSと呼ばれる量子コンピューターに耐えうる仕組みの実装を行い、量子コンピューター対策が進められています。

しかしEthereumでは量子コンピューター対策は行われておらず、将来性に対して不安視されている声もあります。

政府との密接な関係

中国政府が仮想通貨に対して厳しい規制をしたり、ICOを禁止する中でNEOは極めて異質な存在とも言えます。

なぜならNEOは中国の地方政府と協力してプロジェクトを進めていたり、政府からの資金援助を受けているからです。この点からも中国政府からの期待値も高く、百度や微信と同じように 中国国内で唯一認められる仮想通貨として地位を築いていくことが予想 されます。

この点からも成長していく公算がとても高いのです。

 

NEOが覇権を握る日は近いかもしれない!

ここまで読んだ方ならNEOがEthereumと似て非なる仮想通貨であり、Ethereumより優れている点が多いことがわかっていただけたのではないでしょうか?

今すぐにEthereumの立場が脅かされることはないと思われます。

しかし近い将来NEOの立場は今のような位置に甘んじていることはなく、このままEthereumに対して優位性を保ち続けるなら逆転もあるかもしれません。

NEOが覇権を握った世界は基本的なコードがかければ誰でもNEOのプラットフォーム上でサービスを作れてICO案件としてローンチすることができます。

今の世界よりも誰にでも門戸が拓かられているだけでなく、ますます私たちが享受することのできるメリットが増える素敵な世界がまっていることでしょう。

 

今回取り上げた仮想通貨についてもっと知りたい方はこちら

コインオタクがオススメしている仮想通貨の取引所はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 NEO vs. Ethereum。ICOプラットフォームの覇権を握るのはどちらなのか?COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

【随時更新】Ethereumから誕生したゲーム特集!

Ethereum(イーサリアム)の特徴の一つに「DApps」(Decentralized Applications)、「分散型アプリケーション」があります。

本コラムではイーサリアムのDAppsを用いた話題のゲームをご紹介します。

[coin-explan-ETH]

Ethereum × ゲーム特集

Etheremon(イーサエモン)

イーサリアムでモンスターを集めて戦わせる「ポケ◯ン」ならぬ「イーサエモン」。

  • フェーズ 1: [リリース済み]
    基本のゲーム機能を実装しイーサリアムのメインネットにリリースします。MonSeekersはイーサエモンを捕まえ、卵を生むようにトレーニングしたり、新しい種に進化したり、他のイーサエモンを倒してEMONTを獲得することができるようになります。マーケットプレイスがMonSeekersに公開されイーサエモンの購入、販売、レンタルを開始する。

    城とジムの二つのバトルモードをMonSeekersに公開します。イーサエモンが 2018年の人気ゲームになるべく数週間で何千というバトルが繰り広げられることでしょう!
  • フェーズ 2: [開発中]
    このフェーズでは次の4つのゲームモードの開発に焦点を当てます:
    1. P2Pプレイモード:MonSeekersは挑戦状を送った相手と一対一の対戦ができる。
    2. グループプレイモード:MonSeekersはチームを編成して他のチームと対戦できる。
    3. リーグとトーナメント :多数のMonSeekersが価値ある賞品を賭けて共に戦うことができる。
    4. アドベンチャーモード:新種のイーサエモンハンティング。
  • フェーズ 3: [計画中]
    フェーズ3ではサードパーティーと協力し、ゲーム体験の向上に努めます:
    1. SDKを他のゲーム開発者に提供し新しいバトルモードを実装する。
    2. 分散化&VR技術を使って、プレーヤーにユニークな体験を提供する。
公式サイトで公開されているロードマップでは既にフェーズ1まで完了しているので、もうイーサエモン達を捕まえたり進化させたりすることが可能です!

また今後の計画もフェーズ3まで公開されており、この先も楽しみなプロジェクトとなっています。

ポ◯モン世代な人にはクリティカルヒットなプロジェクトなのではないでしょうか。

イーサエモン: 分散型イーサーモンスターワールド – etheremon – Medium

Aethia(Ethergotchi、イーサゴッチ)

こちらは昔懐かしの「たま◯っち」ならぬAethiaのイーサゴッチです。

2018年2月9日まで無料配布が行われ満を辞してスタートしたイーサゴッチですが、初回販売分がなんと1分で完売という大盛況のようです。

た◯ごっち好きの方はぜひチェックしてみてください!

Aethia - Join a Phantasmal World as Trainer

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

イーサリアムで遊べるゲームといえばまずこのクリプトキティーを連想する方も多いのではないでしょうか?

2017年に開始された猫を育成、売買するゲームでレアな猫を育てると高値で取引もされるこのゲームは、人気が出過ぎて一時イーサリアムのネットワークへ負荷をかけたともいわれています。

独自のタッチで描かれた猫が可愛く大勢のユーザーがいる人気のゲームです。

CryptoKitties | Collect and breed digital cats!

もっとたくさん!その他のDAppsゲーム!

AXIE infinity

[kanren postid="2322"]

Crypland

[kanren postid="2349"]

Ethereum(イーサリアム)がすぐ分かる!いまさら聞けないイーサリアムを解説!

[coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.