DeCurret(ディーカレット)

No tags for this post.

仮想通貨取引所を簡単に選べる?診断ツールが「コイン相場」よりスタート

仮想通貨情報・取引アプリ「コイン相場」は8月30日、取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」のリリースを発表しました。コイン相場から自身の理想である仮想通貨取引所を選ぶための判断基準をチェックできます。

コイン相場が取り扱う取引所診断ツールの内容や考えられる背景を解説します。

 

要点

・コイン相場が取引所診断ツールを開始
仮想通貨情報・取引アプリのコイン相場が8月30日に取引所診断ツールをリリースしました。これにより理想の仮想通貨取引所が選びやすくなったと考えられます。

 

取引所診断ツールの内容は?

コイン相場から取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」がリリースされたことにより、仮想通貨初心者でも理想の取引所選びがしやすくなりました。

これまでの取引所選びでは、知名度やインターネット記事の情報を基準にすることが多かったでしょう。

しかしそれでは、知名度が高くても登録後に使いづらいことがわかったり、情報が偏ったまま取引所を選ぶことで、本当に自分に合ったものを発見できないことが考えられました。

以上のようなことを防ぐためには、コイン相場が展開する取引所診断ツールを利用するといいでしょう。

「ぴったり仮想通貨取引所診断」では、最大5項目を基準に、おすすめの取引所を教えてくれます。仮想通貨の投資経験や投資スタイルなどに関する選択制の質問に答えるだけで、理想の取引所がわかります。

コイン相場が展開する取引所診断ツールは、PCとスマホ両方から利用可能です。これから仮想通貨への参入を考えていたり、投資活動の発展のために2ヶ所目以降の取引所に登録したい場合はぜひ活用してみませんか。

 

背景には取引所の環境変化が考えられる

仮想通貨取引所診断ツールが生まれるようになった背景には、取引所を運営する交換業者を取り巻く環境の変化が考えられます。

2019年8月30日現在、日本国内だけでも仮想通貨取引所は18ヶ所が活動しています。取引所によって使いやすさや手数料、取り扱う仮想通貨の数や種類など様々な要素が異なります。なかには仮想通貨取引所自体の環境が変化したケースもあります。

2019年だけでも仮想通貨取引所に大きな動きが見られています。まず1月11日にコインチェックが金融庁から正式な仮想通貨交換業者として再認可を受けています。

コインチェックは2018年1月にネムなどが流出する大規模なハッキング被害を受け、一度金融庁から認可を取り消されていました。

同年4月のマネックスグループ買収を受け大幅に経営体制を刷新し、セキュリティ強化などの努力をした結果、金融庁から再びのお墨付きをもらったのです。

加えて3月25日には、楽天ウォレットとディーカレットという新規の仮想通貨取引所が金融庁から認可を受けています。

特にディーカレットは伊藤忠商事、JR東日本など19社もの有名会社の出資を受けているなど、仮想通貨取引所史上類を見ないバックグラウンドの強さなどが注目を集めています。

一方で業界を去った交換業者もいます。2019年8月22日をもって、Zaifの元運営者であったテックビューロが廃業を発表しています。

このように仮想通貨交換業者が入れ替わるなか、安心して長く使える取引所を探すためには「ぴったり仮想通貨取引所診断」のようなツールは貴重と考えられます。

Q&Aに正直に答え、おすすめされた仮想通貨取引所を吟味してみましょう。

 

まとめ

コイン相場では現在、「ぴったり仮想通貨取引所診断」というツールが利用できます。

最大5つのQ&Aに答えるだけで、ユーザーに合った取引所をおすすめしてもらえます。

特に2019年は取引所をめぐる動きが大きかったため、これから仮想通貨に参入する人は、以前よりも慎重な判断に基づいた選び方が求められます。

診断結果を参考に、自身にとって使いやすい取引所を探してみましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

電子マネーを仮想通貨でチャージ!ディーカレット上でau Walletなど利用可能

仮想通貨 電子マネー チャージ

8月21日、日本の仮想通貨取引所ディーカレットは、電子マネーを仮想通貨でチャージできる新サービスを開始しました

同取引所のスマートフォンアプリからチャージ可能で、対象となる電子マネーは「au WALLETプリペイドカード」「楽天Edy」「nanaco」と有名なものが揃っています。

ディーカレットの最近の注目度と合わせ、電子マネーとのリンクによる利便性を解説します。

要点

・ディーカレットが仮想通貨による電子マネーチャージサービスを開始
国内仮想通貨取引所ディーカレットが、スマートフォンアプリ上でau WALLET、楽天Edyなどの電子マネーを仮想通貨でチャージできるサービスを開始。ディーカレット自体や新サービスの利便性を紹介します。

ディーカレットとは?

ディーカレットとは、東京都千代田区を拠点にする仮想通貨取引所です。2018年1月に設立され、2019年3月25日に金融庁より正式に仮想通貨交換業に認定されました

「デジタル通貨による価値交換」をコンセプトに、シンプルかつ便利な仮想通貨送金システムを構築し、「仮想通貨の銀行」を目指しています。

ディーカレットには伊藤忠商事株式会社、株式会社インターネットイニシアティブ、JR東日本、SOMPOホールディングスなど、大手ばかり19社と業務提携しています。

豊富なサポートからなる資金力を活かした本格的なサービス展開で、多くの仮想通貨ユーザーの関心を引いています。

今回、誰もが一度は利用したことがあるとされる電子マネーとのリンクに着眼したことで、さらに多くの人がディーカレットに注目すると考えられます。

ディーカレットの電子マネーチャージサービスとは?

ディーカレットの電子マネーチャージサービスは仮想通貨を使って行います。

この新サービスは、デジタル通貨を使った価値交換をメインコンセプトとするディーカレットにとって肝煎りのプロジェクトかもしれません。

ディーカレットで利用できる電子マネーサービスは3つです。au WALLETプリペイドカード、楽天Edy、nanacoです。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュという、ディーカレットで取引可能な5種類の仮想通貨を日本円に換算して電子マネーにチャージします。

一度に複数の仮想通貨を電子マネー化することも可能です。最低1000円分からチャージ可能で、毎月の上限額は合計10万円です。

電子マネー別の一度にチャージできる上限額は、au WALLETが10万円、楽天Edyが2万5000円、nanacoが2万9000円です。チャージ額が3000円に満たないと108円の手数料がかかるので注意しましょう。

仮想通貨の電子マネー化でできること

仮想通貨を電子マネー化することで便利なポイントが2つあります。電子マネーをチャージできる手段が増えたことと、仮想通貨を日本円に換金後銀行に送金する手間が省かれることです。

仮想通貨があればどこでもチャージできる

ディーカレットの新サービスで、現金だけでなく仮想通貨があればどこでもチャージができるようになります

現代社会では仮想通貨で決済できる店舗やネットショップなどが増えつつありますが、電子マネーと比べると数はそこまで多くありません。

仮想通貨で決済できないお店にいて、電子マネーの残額が代金に足りなかったとしましょう。仮想通貨をディーカレット上のアプリを通して電子マネーに直接換えることで、すぐに決済準備が整います

このように、現金を使わずに電子マネーをチャージできる手段は、仮想通貨とお出かけが好きな人にとって便利でしょう。

銀行への送金の手間も省ける

仮想通貨から換金した日本円を電子マネーに換えたいとき、一度銀行を経由することなく直接電子マネーに換えられます。

本来仮想通貨を日本円に換金した場合、一旦銀行に送金しなければ手に入りません。しかし、手数料や時間などの関係で面倒に感じる人も多いでしょう。

しかしディーカレット上のアプリにつなげた電子マネーなら、銀行経由なしで仮想通貨を直接電子マネー化できます。これで手数料も節約できます。

まとめ

ディーカレットが電子マネーを仮想通貨でチャージできる新サービスを開始しました。これにより、仮想通貨の用途が増えただけでなく、電子マネーの利便性も拡大したことになります。

8月20日には、bitFlyerがポイントカードの重鎮である「Tポイント」でビットコインを購入できるサービスも開始しています。

連日の新サービス発表に、仮想通貨ユーザーは驚かされるばかりでしょう。今後、仮想通貨がどのように発展していくかが注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.