Ethereum2.0

No tags for this post.

Ethereum2.0へ祝福が続々!ビーコンチェーン発売でついに稼働開始!

要点

・昨日、待望のイーサリアムネットワークへのアップグレード、イーサリアム2.0が発売されました。
・ビーコンチェーンと呼ばれるフェーズ0は、今回のローンチの最初のステージで、イーサリアムネットワークにプルーフオブステークを導入します。

Ethereum2.0がついに稼働開始


※動画引用元:EthHub「Ethereum 2.0 Launch Livestream (EthHub + Bankless + Yield TV)」 


イーサリアムのネットワークアップグレードがついに開始されました。

イーサリアム2.0への最初のステップで、イーサリアムネットワークに革命をもたらす大規模アップグレードは、12月1日日本時間の21:00に公開されました。

イーサリアム2.0のアップグレードは、イーサリアムが長年抱えていた最大の問題点であったスケーラビリティ問題のいくつかを解決するために重要だと言われていました。
問題解決のため、プルーフオブステークメカニズムの導入をはじめとするイーサリアムネットワークにいくつかの改善を加えます。


 


イーサリアムの共同創設者のひとりであるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はツイッターで、イーサリアムコミュニティが素晴らしい証拠だとツイートした後、ローンチおめでとうとメッセージを送っています。

イーサリアム財団のコア研究者のダニー・ライアン(Danny Ryan)氏は、イーサリアム2.0ライブストリームで、次のように述べています。

すべての指標を取得し、非常に興奮しています。打ち上げには非常に自信がありますが、何か問題が発生した場合は、エンジニアがそれを修正できることに非常に自信があります。

ライアン氏は、昨年12月にローンチするつもりだったため、長い旅だったとコメントしています。

ブロックの署名に証しを刻む




バリデータ(※検証、実証、認可、妥当性を行うコンピュータープログラム)によって作成された最初の適格なブロックはスロット1で、検証者は、「Fさんはここにいました」と署名しました。
談笑形式で進められたライブストリーム参加者らは、これが何を意味するのかについて推測しました。
ちなみに、4番目のブロックには「WelcometotheNewBeginning(新しい始まりにようこそ)」と署名されていました。





ハドソン・ジェイムソン(Hudson Jameson)氏は後に、2つの意味があることを明らかにしており、記録のために:F氏は彼らへの女王とヴィタリックのサインへの言及であるとツイートしています。

ビーコンチェーンの立ち上げが確認され、ネットワーク上には21,000を超えるアクティブバリデータがあり、各エポックでは8割を超える成功率が見られていますが、バリデータはブロックを定期的に見逃していると海外メディアは報じています。

そもそもイーサリアム2.0とは?




Ethereum2.0のローンチは、ETH2.0アップグレードのフェーズ0で、ビーコンチェーンを導入することが最大の目的でした。

イーサリアム公式サイトによると、ビーコンチェーンはイーサリアムを安全に保つため、イーサリアムにプルーフオブステークを導入すると記載されています。
導入理由として、スケーラブルで、より安全、より持続可能なイーサリアムの新しい基礎を築くとライブストリームでライアン氏は語っています。

プルーフオブステーク(Proof of Stake)とは、特定量のイーサリアムを保持または賭けている場合、イーサリアムネットワーク上のトランザクションをマイニングまたは検証できるという概念を指します。
ユーザーは、トランザクションを検証するため、少なくとも32イーサリアム約195万円を賭ける必要があります。


 


Glassnode社によると、これまでにほぼ90万ETHが賭けられ、フェーズ0に必要な最小量よりも約355,000多いとツイートしています。

イーサリアムでは、新しいプルーフオブステークネットワークに参加する人が増えるほど、ネットワークの安全性が高まることが期待されています。
ユーザーがステークされているネットワークを攻撃する意欲が失われるという事実とは別に、ビーコンチェーンが最終的にシャードチェーンを検証するためにスタッカーをランダムに割り当てるためです。

このシャードチェーンとは、ネットワークを軽減するだけでなく、1秒あたりのトランザクション数を増やす手段といわれています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Ethereum2.0ビーコンチェーンがついに発売!今後何が期待できるのか

要点

・イーサリアム2.0のビーコンチェーンは12月1日に稼働する予定です。
・イーサリアムホルダーは仮想通貨で何もする必要はないとされており、Eth2ネットワークは、さらなるアップグレードが開始されるまで完全には機能しないことが分かっています。

Ethereum2.0がついに発売!


※画像引用元:Ethereum 


イーサリアムホルダーや投資家にとって、2020年12月1日が到来することを首を長くして待っていたのではないでしょうか。
本日12月1日、ついに待望のイーサリアム2.0のビーコンチェーンのジェネシスブロック(プルーフオブステークチェーン)が本格的に開始されます。


イーサリアム2.0のビーコンチェーンは、イーサリアム(Ethereum/ETH)ホルダーが、チェーンを開始するのに十分なETH(現時点で867,000 ETHを超え、必要最低限の524,288を超えています)を提供した後、12月1日(火曜/UTC正午=日本時間21時)に稼働されます。

ここで気になるのが、ーサリアム2.0のビーコンチェーンが本格稼働へ向けた準備のために何をする必要があるのでしょうか。
この答えについてはイーサリアム財団のサービス発表の場にて記載されています。

すでに保有しているETHについては、何もする必要はありません。



その理由として、少なくとも次のアップグレードが実行されるまで、Ethereum2.0はユーザー観点からはあまり機能しません。
財団はイーサリアムのメインネットのようにはならず、アカウントやスマートコントラクトを処理できないと述べており、代わりに、フェーズ0は、ETHホルダーがブロック報酬の一部を獲得するチャンスのために仮想通貨をロックする、プルーフオブステークを導入すると公表されています。

次のステップについては、2021年にシャードチェーンを作成することを目標に掲げており、スケーラビリティ問題で苦しむことが多いプルーフオブワークイーサリアムよりも多くのトランザクションを1秒あたりに処理できるようになります。
さらに2021年または2022年には、フェーズ1.5がヒットし、その時点でETH1とETH2が収束することで、新しいブロックチェーンが広く使用できるようになるとの事です。

ここまででも年単位での大掛かりなプロジェクトであることが垣間見られますが、この間にETHへ貢献したいコミュニティメンバーは、ETHを初期のネットワークに賭けるほか、クライアントを実行し、アップグレードが公開される前に各アップグレードテストすることでバグバウンティを獲得できます。

取引によってETHを保有した場合




一般ETHホルダーが何もすることがないというのは、なんとなくお分かりいただけたと思いますが、では、仮想通貨取引によってETHを保有した場合はどうなるのでしょうか。


仮想通貨取引所は、最近、Ethereum2.0のサポートを相次いで発表しています。


 


Coinbase(コインベース)では、公式Twitterにて「12月1日に、イーサリアムビーコンチェーンが開始され、イーサリアム2.0(ETH2)への複数年アップグレードが開始されます。Coinbaseは、ステーキングと取引を通じてETH2を完全にサポートする予定です。」と11月30日付でツイートを発信しています。


しかし一方で、ETH2開発者とイーサリアムコミュニティとの間の議論を促進したイーサリアムマジシャンのフェローシップのメンバーであるジェイミー・ピッツ(Jamie Pitts)氏は次のように述べています。

これは取引所によって生成されたIOU製品(※)であり、ネイティブに取引可能な資産ではありません。
(※) IOU製品とは、「I owe you(私はあなたに借りができた)」つまり、ネットワーク間における貸し借りの付け替えシステムを言います。

イーサリアム2.0ブロックチェーンで実行されているETHはまだいくつかのアップグレードが行われているため、Coinbaseはそれ自体よりも進んでいる可能性があるとピッツ氏は考えており、実装の詳細はまだ議論されている途中とのこと。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.