G20

No tags for this post.

G20の仮想通貨規制案|風説流布・空売り禁止など日本主導

3月20日に行われるG20の 規制案について記事が出ていました。 確定情報かは分かりませんが、 下記のような規制案が出ています。 風説の流布というのは、 どこまでの範囲までをいうのか気になるところ。 規制は必要だと思いま・・・No tags for this post.

【News】G20まであと少し値動きの予想

1: 仮想通貨の名無しさん 2018/03/03(土) 17:33:01.87 ID:fXM5scdn 狙ってるやつおるやろ 2: 仮想通貨の名無しさん 2018/03/03(土) 17:35:42.76 ID:vDv/...No tags for this post.

EU、仮想通貨のグローバル化を主導していくことを明示

欧州連合EUの財務長官のValdis Dombrovskis氏(Commissioner for Financial Stability, Financial Services and Capital Markets Union, EU)は、仮想通貨のより広い普及を急いでおり、どのようにして仮想通貨の分権化を担って行くか国際的な合意がない状況下でEUが主導して行くべきであることを主張しています。

EU経済委員理事、仮想通貨のグローバル化を急ぐ

欧州委員会の副理事長であるValdis Dombrovskis氏は、「ビットコインはグローバルな事象であり国際規模のものに引き上げられるようにするべきです。仮想通貨の普及化なしにEUが前に進むことは難しいですし、これに関する問題が出てきた際に国際的な対抗策がないというリスクがありますから。」と、仮想通貨のグローバル化についてこう述べています。

彼の指摘はブリュッセルにある欧州理事会の仮想通貨円卓会議(Roundtable on cryptocurrencies)に持ち込まれました。ウェブによると、この会合は新しいテクノロジーの可能性を導入しながら、市場の透明化や経済の安定化、投資家の保護を確立することを目的としていると言われています。

会合の参加者は、EUや専門家、加盟国がこの急速に進む新しい技術に対して対応して行くか、そしてその可能性をどう掴んで行けるかについて意見を交換しました。仮想通貨と呼ばれるものとブロックチェーン技術は多くの経済セクターの目を釘付けにしていた、と同ウェブサイトにも書かれています。

欧州委員会はブリュッセルで行われたこの会合の内容を、アルゼンチンで開かれるG20においてさらに政策の内容を広げられるよう利用することを決めました。会合の参加者は、「欧州委員会でほ会合には主に三つテーマがありました。まずは経済市場のための仮想通貨とその利用法、次に仮想通貨が資産となる中で、どう市場の透明化と当事者を保護するか、そしてICO(in Irish coin offering)による可能性とその課題について、この3つについて話し合うことになるでしょう。」とそれぞれ話しています。

わかりやすく、親しみやすい、全てにアクセスできる仮想通貨のシステムを目指せ

Dombrovskis氏が仮想通貨の円卓会議の開催を急いでいる理由は、フランスとドイツの間で仮想通貨の普及について定めた協定が一因となっています。さらに彼は、「仮想通貨を資本とする市場はグローバルに開かれ、世界中の投資家や消費者、仲介者の間で取引がなされるようになるべきです。今はまだヨーロッパ内で仮想通貨の利用について話されている段階ですが、G20においてさらに国際的な規模に広げていくよう協力していくことが大切でしょう。」と話しています。

ブロックチェーンの技術が好評をなしてから、彼はまだ仮想通貨に問題が残されていることを把握しました。彼によれば、「仮想通貨は、これまでにあった貨幣とは全く違うものであり、価値は確固としたものではないがこの先人々の間に広がってゆくものです。しかしこれによって、消費者や投資家が資産を失う恐れがあることもわかってきています。だからこそ、仮想通貨を使う人々にとってこのシステムが明確で、親しみやすく、全てにアクセスできるようでなければならないのです。」 と。

そのためにも、彼は可能性にも先述のリスクにもなりうるICOsが失われないよう注意することを推しています。リスクの中でも、とりわけビジネスを行う中で仮想通貨の発行人の情報が見えなくなってしまう事がないようにと警告しています。

彼の指摘の中で最も縁起が良くないことを最後に挙げるとすれば、仮想通貨がマネーロンダリングや不法な経済活動にさらされるリスクがあるという事でしょう。だからこそ、欧州委員会が仮想通貨の取り扱いやそれを担う人がマネーロンダリング対策を踏めるようにせねばならないと主張したのです。委員会内でこの動きが12月に認可され、さらにEU加盟国がこれに加わることとなりました。結論として、EU加盟国と委員会、そしてG20に関わる国々や利害関係者が仮想通貨の市場をくまなくモニターして行くことになりました。そして、仮想通貨の可能性とリスクを共に乗り越えて行くために各国は準備を固めてゆくこととなるでしょう。

EUのこう言った政策案や動きについてどう思いましたか?意見やコメントをお待ちしております。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

EU Losing Patience – Urges Global Crypto Regulation

投稿 EU、仮想通貨のグローバル化を主導していくことを明示COINNEWS に最初に表示されました。

SBIは今年の夏に開業?

SBIバーチャルカレンシーズの取引所開業は夏までに行うようです。 NEMが盗まれたコインチェック、ビットコイン0円販売バグのザイフ、今年に入り何かと事件の多い日本の取引所。 日本の取引所に不安を持つ方も多くいるのではないでしょうか。 しかし海外の取引所は英語で操作がわからなかったり、セキュリティー面にも不安があり登録しにくい。 そこで期待されているのが「SBIバーチャルカレンシーズ」です。 去年からSBIホールディングスが仮想通貨取引所を開業するということで期待されていました。 この春には開業すると噂されていましたが、今年の夏までには開業を目指すとのことです。 取り扱い通貨は下記の4つです。 ・ビットコインビットコインキャッシュイーサリアムリップル 今のところ3月に開催されるG20の内容次第で正式な開業時期を決めるようです。 SBIが開業することで日本の仮想通貨業界に新しい波が起こるといいですね。 [box class="blue_box" title="関連記事"]

関連記事 : 【土日夜間も振込可】住信SBIネット銀行なら仮想通貨取引所への入金手数料無料【即入金可】

[/box] [ex_list_ja]