Huobi

No tags for this post.

【速報!】世界シェア50%を超えるHuobiが国内取引所BitTradeを買収!

シンガポールを拠点にする世界最大級の仮想通貨取引所Huobiが、こじるりの起用で話題となった国内取引所BitTradeを買収したと発表しました。

bittrade
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

HuobiがBitTradeを買収!

ビットトレードの代表取締役閏間亮より、公式に親会社の経営権の異動が発表されました。 [aside type="boader"]

  • 異動前
  • チェン・リェ・メン・エリック Cheng Lye Meng Eric
  • 異動後
  • Huobi Japan Holding Limited クリス・リー Chris Lee
[/aside]

公式発表はこちら [kanren postid="3550"]

背景および目的

BitTradeは昨年9月に仮想通貨交換業者登録を完了しています。
今後はFX関連企業として培ってきたノウハウを活用し、FX事業以上にリスクの高い仮想通貨ビジネスに備えたリスク資本の確保が重要だとし、今回の発表の背景を以下のように述べています。

今回の株主の異動は、加速する仮想通貨市場の成長に遅れることなく、当社が仮想通貨ビジネスで新たな成長フェーズに踏み出す、その第一歩であり、顧客利益の保護を目的に安定経営の下で仮想通貨事業を推進していくために必要な施策として決定したものであります。

2018年9月12日に株式を異動し、経営体制も変更に

今回の株式異動により、以下のような経営体制となります。

BitTradeはすでにグローバル展開を進めているHuobiの資本参加を受けることにより、ビジネスリスクに備えた健全な経営体制を作るとしています。
仮想通貨の中心地である中国での豊富な経験を活かし、経営の安定とサービスクオリティの向上を目標に事業拡大をはかります。

なお、BitTrade口座を持っている既存ユーザーにおいては、特別の手続きなしに引き続き同様のサービスが受けられるとしています。

ツイッターの反応

イメージキャラクターはこじるり!BitTrade

[ex-jp-BitTrade] [kanren postid="2620,3550"]No tags for this post.

Huobiは世界最大級の仮想通貨取引所!世界シェア50%を超える「フォビ」の特徴を解説!

アジア発の取引所で世界第3位(2018年8月7日現在)の取引量を誇る仮想通貨取引所「Huobi」(フォビ)

アルトコインの売買をするなら必ず一度は耳にしたことがある取引所かと思います。

本記事では、そんなHuobiの取扱通貨を中心に、特徴について解説していきます。

[btn class="lightning big"]Huobi公式Twitterはこちら![/btn]

Huobiの特徴 - グローバルに展開している取引所!

Huobi | デジタル資産の金融ハブ

Since its establishment in 2013, Huobi's accumulative turnover has exceeded $1 trillion and once became the world's largest digital asset exchange with a global share of 50%.
Financed by ZhenFund and Sequoia Capital, Huobi Group has invested in more than ten upstream and downstream enterprises.
It has established compliance service teams in Singapore, US, Japan, South Korea, Hong Kong, Thailand, Australia with its secure and credible trading and asset management services to millions of users in 130+ countries.
Huobiの2013年の設立以来、Huobiの累積売上高は1兆ドルを超え、かつては世界最大のデジタル資産取引所となり、世界シェアは50%でした。
ZhenFundとSequoia Capitalが資金を調達したHuobi Groupは、10以上の上流企業と下流企業に投資してきました。
シンガポール、米国、日本、韓国、香港、タイ、オーストラリアのコンプライアンスサービスチームを130以上の国々の数百万人のユーザーに安全で信頼できる取引と資産管理サービスを提供しています。

引用 : Huobi

2013年に設立された「Huobi」は、累積取引高が「1兆ドル」超え、今では世界シェアの取引高の半分である50%を占める程の仮想通貨取引所を運営する、世界最大級の企業へと成長しています。

現在もシンガポールを拠点にして、世界各国でグローバルに展開しています。

[kanren postid="1868"]

また、実現はしませんでしたが、一時期は日本の「SBIホールディングス」との業務提携の話も進むなど、精力的な活動を続けています。

[kanren postid="589"]

Huobiの呼び方 - Huobi(フォビ)

上記のHuobi Japan公式TwitterアカウントのTweetを見るとわかりますが、Huobiは日本語では「フォビ」と読みます

ちなみに中国語では「火幣」と書きます。

Huobiの取扱通貨一覧 - 100種類以上を取引できる

フォビでは、2018年8月7日現在で「100種類」を超える膨大な数の仮想通貨を取り扱っています。

ドルとのペッグ通貨であるUSDTの取り扱い等、話題の通貨や人気のアルトコインは軒並み取り扱っているという印象を受けるラインナップとなっています。

[table id=3550-001 /]

取扱通貨の中には、日本の取引所でも扱いのある下記も含まれています。 [aside type="boader"]

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Litecoin
  • XRP
  • NEM
  • Lisk
  • QASH
[/aside]

取り扱い通貨の解説あり!

取り扱っている「通貨」のListはよくあるのですが、取引所としては非常に珍しい「通貨解説ページ」が存在します。

Asset Introduction(資産紹介)ページのDigital Asset List(デジタル資産リスト)から確認することができるので、仮想通貨でよくある [aside type="boader"]

  • シンボル(ティッカー、通貨単位)が同じだけど、正式名称が違う( = 別の通貨)かもしれない···
[/aside] といった不安な時に、すぐに調べて確認することができます!
※ 取引所によっては、通貨の詳細(正式名称)を記載するページが無いということもざらにありますし、取り扱い通貨のリストすら無いという取引所も存在します。

または、 [aside type="boader"]
  • 取引高が多いけど、聞いたことの無い仮想通貨
  • 人気、もしくは話題になっている通貨
[/aside] というような「ちょっと気になる」時にも、すぐに調べることができます。

Huobiの強み

世界基準のセキュリティ

Huobiの強みには、多数の国で取引所を展開し続けられている世界最高水準のセキュリティがあります。

またTwitterアカウントが各国専用の言語で用意されているように、グローバル展開されている取引所らしく各国のオペレーションチームを擁している規模の大きさも強みです。

併設された「HADAX」では新規上場通貨の投票も!

Huobiの取引所内で設置されている「HADAX」リンクから、併設されているHuobiグループの仮想通貨取引所「HADAX」(ハダックス)へアクセスできます。

この「HADAX」では、新規上場する通貨を「投票」によって決めています。

さらにこの「HADAX」にて一定の基準を満たすと、Huobiに上場することができます。

洗練されたUIデザインが魅力!

Huobiの取引は、上の画像のようにとても見やすくシンプルに構成されています。

老舗取引所ならではの、使いやすさを考え抜かれたUIデザインもHuobiの魅力です。

手数料は一律「0.2%」!

フォビの手数料は一律 「0.2%」 となっています。

手数料の安さも、ユーザーに人気となっています。

公式Twitterでは仮想通貨ニュースを配信中!

Huobi Japanの公式Twitterアカウントでは、仮想通貨に関するニュースを配信しています。

グローバルに展開している企業らしく、海外の仮想通貨ニュースに余すことなく配信しているので、興味のある方はぜひHuobiのTwitterアカウントをフォローしましょう!

[btn class="lightning big"]Huobi公式Twitterはこちら![/btn] [kanren postid="2620"]No tags for this post.

Huobiの特徴と登録方法の解説!「フォビ」はスマホアプリ対応&手数料が安い老舗海外取引所!

老舗大手取引所として、セキュリティ面も安心と広く認知されているHuobi(フォビ)。
手数料の低さと取り扱い銘柄の多さは同じ中国生まれのbinance(バイナンス)と並んで、世界最大級です。

本記事では、日本にもオフィスを構えて世界130か国以上に展開中の取引所、フォビの特徴と登録方法をわかりやすく紹介していきます。

[btn class="rich_pink"] Huobi登録サイトはこちら [/btn]

Huobiの6つの特徴


  1. 日本語対応だから登録時も安心
  2. スマホアプリでいつでもアクセスが可能
  3. 約5年間の運営実績によるセキュリティ面への信頼
  4. 対応銘柄100種類以上だから気になるトークンを見つけやすい
  5. 取引手数料は一律0.2%!
  6. 独自トークンTHの使用でさらに半額の手数料で取引可能




仮想通貨業界では老舗

2013年に設立されたフォビは、すでに約5年間の運営実績があり、
取引所業界では安心と信頼の老舗取引所として知られています。

同じく世界最大手のバイナンスと比べると、日本語対応の有無が大きな判断材料となりそうです。
英語に免疫のない方にとっては、とくに初めての海外取引所の場合Huobiの方が敷居が低そうですね。


[aside]補足

取引所は目的別に使い分けるのが管理する際も便利です。
特徴を理解した上で、賢く使い分けましょう!
[/aside] Huobi登録サイトはこちら

登録の際に準備するもの

登録だけであれば、メールアドレスのみでOKです。

  • メールアドレス


  • 取引にあたって必要となるもの

  • BTCもしくはETH
  • スマホ
  • Google AuthenticatorアプリのDL
  • パスポートもしくは運転免許証
[aside type="warning"]注意
登録サイトには偽サイトが多く存在します。
登録作業の前に、URLをよく確認するようにしてください。
[/aside] Huobi登録サイトはこちら

登録の流れ

以下の説明に従って進めてください。

公式登録ページから、"新規登録"を押します。
メールアドレス欄にアドレスを入力し、その下の欄は空欄のまま右側の送信ボタンを押してください。

認証コードを入力

認証コードが登録したメールアドレス宛に送られるので、コピーしておきます。

登録画面に戻り、コピーしたコードをコード欄に入力。

パスワードを設定してアカウント登録

パスワード欄にパスワードを入力してください。
確認用にもう一度パスワードを入力して、"無料アカウント作成”を押したら完了です。


Huobi登録サイトはこちら

二段階認証でセキュリティ強化

自分の資産を守るためにも、二段階認証はどちらも設定することを強くお勧めします。

電話番号で登録

登録後に再度ログインすると、右上に人アイコンがあります。
プルダウンメニューから”セキュリティ”に進み、二段階認証の登録画面を開いてください。
下記画像の画面が開きます。
電話番号での設定を選択後、番号に従って、設定を進めてください。
  1. 電話番号を入力
  2. コードの送信
  3. 受け取ったコードの入力
  4. 設定

これで一つ目が完了です。

Google Authenticatorで登録

お持ちのスマートフォンにGoogle Authenticatorをダウンロードしてください。
Google Authenticatorのアプリでサイト上のQRコード読み込み、
認証コードの欄に6桁のコードを入力して設定してください。

これで二段階認証が設定されました。
Huobi登録サイトはこちら

本人確認書類はパスポート/運転免許証

二段階認証の設定が済んだら、次は本人確認です。
先ほどと同様に、右上のアイコンメニューのプルダウンから”本人確認”を選択します。
フォームに従って必要事項を入力し、認証ボタンを押して完了です。 [aside]補足
画面上ではパスポート番号を入力するよう記載がありますが、運転免許証番号でも問題ありません。
[/aside]

Huobi登録サイトはこちら

フォビの利用について

取引にはBTCもしくはETHが必要です。
基本的にBTCもしくはETHでの取引となるため、すでに保有しているそれらのコインを送金して利用してください。
なお、送金手数料は無料です。

見やすい取引画面

ちなみに取引画面はこんな感じです。
情報が入りすぎず、非常に見やすいです。そしてかっこいい。

左側の相場部分には、メインゾーンと革新ゾーンに分かれていて、マイナー通貨のチェックにも役立ちそうですね。

Huobi登録サイトはこちら

Huobi(フォビ)のまとめ

[ex-ovse-huobi]

さいごに

以上が今注目の海外取引所フォビの登録方法です。
アプリでのアクセスが可能なので、外出先ちょこちょこ確認したい派には助かりますね。
取引手数料が低いことも合わせると、ただ"仮想通貨の保有"というよりは、
実際に取引をして利益を享受したい方に、より向いているかもしれません。

[btn class="rich_pink"] Huobi登録サイトはこちら [/btn] [ex-ja-BTC]No tags for this post.

Huobiがシリコンバレーに進出

元中国の大手取引所Huobi(火币、フオビー)がシリコンバレーに拠点を設置する計画を発表しました。

2018年1月26日にサンフランシスコで行われたアメリカと中国の仮想通貨業界関係者によるブロックチェーンコネクト会議で明らかにされたもので、すでにシリコンバレーに新たな拠点を設立中とコメントしています。

Huobiは昨年規制により中国本土での取引所を閉鎖して以降、香港や韓国、日本などの海外で Huobi.Pro を展開しています。
Huobi.pro - The Leading Global Digital Asset Exchange - Huobi.Pro

また Huobi は SBIホールディングス と業務提携を結んだことでも話題になっており、今後の事業に関心が集まっています。

[box class="blue_box" title="関連記事"]

関連記事 : SBIホールディングスが中国の仮想通貨取引所「Huobi」(フオビー、火幣)との業務提携を発表

[/box] [ex_list_ovse] [ex_list_ja]No tags for this post.