ICO

No tags for this post.

「ASOBI COIN/ABX」がICOを実施!アソビコインとセルラン上位のゲームアプリ会社アソビモについて解説!

iPhoneアプリのセールスランキングが上位のゲームをリリースしている日本のゲーム会社「アソビモ株式会社」が新たにICOを実施すると発表して話題となっています。

本記事ではその話題の ASOBI COIN / ABX と、ICOを実施する アソビモ株式会社 について解説します。

ASOBI COIN

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COINの特徴について

それではアソビモの「ASOBI COIN」について解説していきます。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ASOBI COINの「コンセプト&ソリューション」

  • コンセプト
    デジタルコンテンツは、なぜ二次流通(中古)で売れないのでしょうか?
    私たちは、モノと同じようにデジタルコンテンツも二次流通させたいと考えています。
    流通コストゼロでやり取りできるデジタルコンテンツこそ、二次流通に最適だと考えています。
  • デジタルであるメリット、デメリット
    デジタルは無限にローコストで、完全同一なものをコピーすることができますがこれは便利な半面、デメリットもあります。
    例えば、音楽ファイルやゲームアイテム、お店のポイントなどは、無制限に複製されると問題が起きてしまいます。
  • ソリューション
    ブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの所有権を明確にするシステム「分散型セキュリティシステム(DSS)」DSSで保護されたデジタルコンテンツの二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

ASOBI COINはデジタルコンテンツの「保護」と「二次流通」を目指しています。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

デジタルコンテンツ保護 & 流通プラットフォーム

  • デジタルコンテンツの保護プラットフォーム
    ブロックチェーンを活用して、デジタルコンテンツの所有権を明確にするシステム「分散型セキュリティシステム(DSS)」をクラウド形式で提供します。
  • デジタルコンテンツの流通プラットフォーム
    このシステムを活用して、デジタルコンテンツのP2P型の二次流通プラットフォームを立ち上げます。
  • 具体的には?
    このプラットフォームでは、DSSを活用し、読み終わったデジタルマンガや遊び飽きたゲームのアイテムやデータ、聞き飽きた音楽ファイルなどを、個人間で売買することができます。

ASOBI COINは、デジタルコンテンツの保護&二次流通を円滑にするためのプラットフォームを構築し、その中でASOBI COINを利用できる枠組みを提供することが目的です。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ASOBI MARKET(アソビ・マーケット)

ASOBI COINのプロジェクトで構築するプラットフォームは「ASOBI MARKET(アソビ・マーケット)」という名称で、ユーザーはこのアソビ・マーケットを介して下記のデジタルコンテンツの二次流通(中古売買)を行うことができます。 [aside type="boader"]

  1. ゲームアイテム
  2. ソフトウェア
  3. 電子書籍
  4. 音楽
  5. 動画
  6. 電子チケット
[/aside] 本や音楽、動画のみならず、スマホアプリゲーム(オンラインゲーム、ソーシャルゲーム)会社だけあって「ゲーム内のアイテムの売買」を行うことも視野に入れています。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ロードマップ

[aside type="boader"]
  • 2018
    ASOBI MARKETでASOBI COINや仮想通貨をアソビモや他社ゲームで利用を可能にします
  • 2018
    ASOBI MARKETとゲームアイテムの二次流通プラットフォームSwitex Japanのサービス開始
  • 2019
    分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスの提供
  • 2019
    電子書籍・音楽・映画・チケットなどのデジタルコンテンツの二次流通プラットフォームの提供
  • 2021
    中央サーバーの存在しないオンラインゲーム、DAPPS-MMORPGの提供を開始
[/aside]

最終的には2021年にDAppsでMMORPGをリリース予定です。

現在でも数多くのDAppsゲームが登場していますが、日本国内のゲーム会社で、さらにゲームアプリのセールスランキング上位の企業がDAsspゲーム開発に乗り出すことを表明しているのは現時点で世界初となっています。

ASOBI COIN

アソビモ株式会社について

次にアソビモについて解説していきます。

グローバルに展開しており社員数が約600人、数々のアワード受賞などといった経験·実績のあるオンラインゲーム会社です。

※ 画像引用 : ASOBI COINホワイトペーパー(日本語版)より

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

アソビモのヒットタイトル「アヴァベルオンライン」は累計売り上げが200億円以上のビッグタイトルです。

※ 画像引用 : ASOBI COINホワイトペーパー(日本語版)より

アソビモのアプリは"App Store"のセールスランキング上位の人気ゲーム!

ゲームのヘビーユーザー達が新イベントの盛り上がりの指標に使ったりするもするのが、「セルラン」と略されるこの「セールスランキング」です。

上の画像は2018年7月12日のセルランですが、アソビモの「アヴァベルオンライン」は、「アイドルマスター」や「サカつく」、「にゃんこ大戦争」、「ソードアート・オンライン(SAO)」、「ナルコレ」、「閃乱カグラ」といった人気のビッグタイトルを押さえて119位にランクしています。

これだけ人気タイトルを抱えている国内のゲーム会社の仮想通貨業界参入といった面でも「ASOBI COIN」は話題となっています。

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COIN

アドバイザーに「マックスむらい」氏や「イケダハヤト」氏が就任!

ASOBI COINのアドバイザーにはあのApp Bankの「マックスむらい」氏と、さらに超有名ブロガー·インフルエンサーで仮想通貨にも造詣の深いイケハヤこと「イケダハヤト」氏が就任しています!

マックスむらい氏レベルのメジャーな人物が参画しているのもASOBI COINの面白く、そして期待が持てる一因ではないでしょうか。

ASOBI COIN

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

プレセールには期間、数量あり!

プレセールは各ステージに分けられ、それぞれ期間と販売数量が設定されています。

この期間を過ぎる、もしくは売り切れになる可能性もあるので、興味のある方はお早めのご参加を!

ゲーム会社らしい「AirDrop」企画もあり!

仮想通貨を無料でもらえることで人気の「AirDrop」ですが、ASOBI COINでも実施しています。

通常のAirDropでは登録やリツイート、フォローなどが条件ですが、ASOBI COINはゲーム会社というだけあり「ゲームの成績に応じて配布」されるスタイルという非常に珍しいAirDropとなっています。

こちらも興味のある方はぜひ「アヴァベルオンライン」をインストールして遊んでみましょう!

ASOBI COINまとめ

ASOBI COIN
[aside type="boader"]
  • デジタルコンテンツの保護&流通が目的!
  • 新たなプラットフォーム「アソビ・マーケット」を構築!
  • DAppsゲームへの参入予定!
[/aside] [btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COIN

No tags for this post.

新規仮想通貨公開(ICO)、資金調達した新興企業の半数以上が4カ月内に消滅・・・

1: 2018/07/10(火) 20:02:25.03 _USER
新規仮想通貨公開(ICO)によって資金を調達した新興企業の56%が4カ月以内に廃業に追い込まれる。ボストン大学がこうした新興企業からのツイートの頻度から存続を調査した結果分かった。

研究者らによると、ICO完了から120日後に存続している割合は44.2%だった。ヒューゴ・ベネデッティ、レオナルド・コストベツキー両氏が5月前に完了したICO2390件を調査した。

従って、ICOに参加した投資家は初日に売るのが最も安全な戦略で、少なくとも6カ月以内に売るべきだという。「調査で分かったのは、3カ月、最長でも6カ月を過ぎるとICOの通貨は他の仮想通貨のパフォーマンスを下回るということだ。最高のリターンが得られるのは最初の1カ月だ」とコストベツキー氏が電話インタビューで述べた。
2018年7月10日 12:08 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-10/PBMQ0I6S972901


c626caf4.jpg

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531220545/


続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】ICOおすすめ情報・2018年スケジュール【総まとめ】

仮想通貨取引をしていると、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか。 そんな人のために、2018年に実施されるICOプロジェクトを時系列順でご紹介します。 ICOの多くは先に参加した人ほどお得になるよう、ボーナスが設定さ ... No tags for this post.

仮想通貨ICOトークンの70%が取引所に未上場・・・

2017年のICO人気で購入した「あなたのICO」は既に上場しているでしょうか。すで800以上は死んでいるとされ、いかがわしいものも200以上、ICOトークンの70%が取引所に未上場とう数字。今日は、何千もの死んでいる仮想通貨プロジェクトICOについて、幾つかの「プロジェクト名」と、トークンが上場するために最低必要なことをご紹介します。

0543ccbc.png


No tags for this post.

【悲報】今年日本で話題になった仮想通貨ICOは全てICO割れしていることが発覚・・・

1: 2018/06/22(金) 01:43:17.53 ID:jPnOBWt2
NOAHCOIN(ノアコイン) ICO割れ
ICO価格 0.85円、最高値 1.43円、最安値 0.66円
0.77倍

Bankera(バンクエラ) ICO割れ
ICO価格 1.3円、最高値 1.18円、最安値 0.76円
0.58倍

Refereum(リフェリウム) ICO割れ
ICO価格 1.09円、最高値 2.1円、最安値 0.5円
0.45倍

Shivom(シボム) ICO割れ
ICO価格 7.7円、最高値 6.53円、最安値 3.39円
0.44倍

CashBetCoin(キャッシュベットコイン) ICO割れ
ICO価格 81円、最高値 52円、最安値 29.6円
0.36倍

Medicalchain(メディカルチェーン) ICO割れ
ICO価格 22円、最高値 28.9円、最安値 7.5円
0.34倍

Energi Token(エナジートークン) ICO割れ
ICO価格 4円、最高値 2円、最安値 0.8円
0.2倍

Decent.Bet(ディセントベット) ICO割れ
ICO価格 30.9円、最高値 48.5円、最安値 5.6円
0.18倍

Rentberry(レントベリー) ICO割れ
ICO価格 21円、最高値 12.9円、最安値 3.4円
0.16倍

SwissBorg(スイスボーグ) ICO割れ
ICO価格 11円、最高値 3.2円、最安値 1.7円
0.15倍


c626caf4.jpg

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1529599397/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨ICOとは?2018年おすすめランキング!

そもそも『ICO』とは? 出典: http://www.thinkstockphotos.jp/ 仮想通貨について調べると『ICO』という名前をよく目にするようになりますが、ICOがどういったものなのかいまいち理解してい ... No tags for this post.

仮想通貨のICOとは?購入する前に知っておきたい5分でわかるICO基礎知識

ICOとは Initial Coin Offering の略で、企業が新規プロジェクトのための資金調達の手段として、新しい仮想通貨を発行することです。

ICOで資金調達する方法は「クラウドセール」とも呼ばれます。

[external-explan-air_drop]

ICOの特徴

ICO はその特性上、しばしば株式のIPO(Initial Public Offering、新規公開株のこと)に例えて解説されます。

ICOの目的は資金調達

企業が新しいプロジェクトを立ち上げるため、もしくは新規プロジェクトのために集まったチームがそのプロジェクトのための資金を調達する方法として ICO を行います。

これまでのICOの例だと、仮想通貨の「イーサリアム」が有名です。

その他にも仮想通貨の新規取引所の設立などでICOが行われています。

ICOの成功は取引所への上場

ICOでは企業が独自のトークン(独自トークン、仮想通貨)を発行します。

ユーザーはこのトークンをフィアット(Fiat、法定通貨、ドルなど)もしくはビットコイン、イーサリアムで購入します。

このトークンが取引所から認められて取り扱われると「上場」となり、ICOの成功となります。

ICOの魅力は価格上昇からの含み益

ICOの魅力はなんといっても「上場直後 = 価格が低い状態からの値上がり」を期待できる点です。

ビットコインのように 0円 から 1BTC = 60万円まで達し、仮想通貨で一財産を築いた例があります。

このように既に存在している通貨より、これから誕生して価格が上昇するものをいち早く保有しておけるという魅力があり、2017年にICOは世界的に流行しました。

ICOは上場 = 大儲けという単純な図式ではない

ICOを行った企業の信頼、信用や、プロジェクト自体の期待、将来性などによって需要の高さは異なります。

従って上場を達成したからといって、いつまでたっても価格が低いまま横ばいを続けるといった通貨が数多く存在します。

ICOに参加して大きな利益を得るためには、値上がりの期待が持てるICOを探さなければなりません。

トークンプレセールでトークンを購入する

トークンはICOのプレセール期間で購入します。

各通貨ごとに発行総数は異なりますが、このプレセール期間でのみ販売しその後は追加販売無しというものもあります。

またトークンプレセールでは購入額に応じてボーナスを付与する場合もあります。

ホワイトペーパーとは目論見書

IPO に例えて解説される理由にはこの「ホワイトペーパー」の存在もあります。

ホワイトペーパーは IPO で言うところの「目論見書」で、このホワイトペーパーにプロジェクトについての詳細が記述されています。

ホワイトペーパーで確認したいところは主に下記の項目です。

  • プロジェクトの概要
  • 運営企業(チームの詳細)
  • どこの国で運営されるのか
  • ロードマップ(プロジェクト各段階のローンチ予定)
  • プロジェクトの展望
例えば新規で取引所を創設するICOだった場合には、運営する企業が籍を置いている国も重要になります。

中国のようにICOを禁止している国に籍を置いているのに新規取引所を創設しようとしているならば注意が必要になります。

またプロジェクトがクリーンであるならばチームメンバーの氏名や顔写真を公表できるはずなので、チームメンバーが何人でどういった人物が何を行うのかが記載されていない場合には、注意が必要かもしれません。

ICOのトークンはイーサリアムベースが多い

ICOのトークンはビットコインもしくはイーサリアムで購入します。(稀に国内であればJPY(日本円)、海外であればUSD(米ドル)などでの参加が可能な場合もあります。)

購入する通貨にイーサリアムが選ばれている理由は、ICOの独自トークンはイーサリアムをプラットフォームとして作成されることが多いからです。

この理由から、ICOに参加するためにイーサリアムを保有するユーザーも数多く存在しています。

ICOのメリット

ユーザーはインセンティブを受けられる

ICOに参加したユーザーはプレセールでいち早くトークンを購入し保有することができます。

有名な企業や、そういった企業が関連しているICOならその後に価格の上昇が予想されるため、プレセールで購入した金額より価格が上がったタイミングで売却して利益を得ることができます。

ICO成功事例として語られるEthereumの価格推移を見てみると

  • 2015年8月7日 1ETH = 351円
  • 2016年6月17日 1ETH = 1,605円
  • 2017年3月30日 1ETH = 5,849円
  • 2017年6月13日 1ETH = 42,891円
となっており、1年10ヵ月程度で価格が122倍も上がっています。

もし351円の時にEthereumを100,000円(十万円)購入したとして単純に計算すると1年10ヵ月で 12,200,000円(一千二百二十万円) になっています。

このような価格の上昇を期待できるため、第二のビットコインを求めてICOに参加を希望する人々の需要は高まり続けています。

ICOのデメリット

ICOは詐欺の可能性も高い

全てのICOではありませんが、詐欺を目的としたICOも存在します。

ICO(広く言えば仮想通貨自体も)には、まだ各国が規制やルール整備を検討、実験、検証しているような段階です。

そのために、資金を集めたあとにプロジェクトを放棄しても(もしくは最初から詐欺目的で、偽プロジェクトで資金を集めても)罰則がありません。

そのためユーザーは、参加を検討しているICOが信頼できるか、将来価値の付くICOなのかどうかをきちんと調べてから投資する必要があります。

[box class="green_box" title="国ごとに規制などが整備されている"] 仮想通貨やICOに関しては各国が独自に法整備や規制をかけています。

具体的な例として、アメリカで2017年10月1日に「証券取引委員会」(SEC)が2件のICOを告発しています。

同じ実業家による「REcoin」、「DRC World」というICOで、実在しない仮想通貨を販売したとされています。

このように各国の対応も目に見えて変化してきています。 [/box]

ICOとネズミ講の違い

ICOの話題に関連して語られるものに「ネズミ講(無限連鎖講)」、「MLM(Multi Level Marketing、マルチレベルマーケティング)」、「ネットワークビジネス」といったものがあります。

ICOは本来、企業とユーザー間でトークン売買されますが、まれに「代理店形式」や「子会員に紹介すればインセンティブ報酬をもらえる」といった仕組みのものがあります。

こういった性質をもつICOは一般的に「詐欺ICO」と認識されていて、投資筋や有識者などから警鐘を鳴らされています。

実際中国では2017年に国内でのICOを禁止しましたが、その理由には仮想通貨という「目に見えない金融商品」がネズミ講詐欺の温床になる可能性が極めて高いところにあります。

ICOや仮想通貨に対する各国の動き

世界各国のICO、仮想通貨に対する動き、ICOの事例を抜粋しました。

  • 2013年12月19日
    レバノンのレバノン銀行はビットコイン(仮想通貨)についてのリスクについて警告を発しました。
    レバノン国内の金融機関、外貨交換機関は法令により電子貨幣の扱いを禁止されていることを指摘しています。
  • 2014年1月5日
    台湾の金融監督管理委員会(Financial Supervisory Commission、FSC)は、台湾国内におけるビットコインATMの設置を許可しないと表明しました。
  • 2014年1月27日
    ロシアのロシア連邦中央銀行は、ビットコインはロシアで禁止されている貨幣の代替に当たるとの声明を発表しました。
  • 2014年2月15日
    タイ政府は書面にて、タイ国内でバーツと交換されるのみという条件付きでビットコイン売買を許可しています。
  • 2014年2月24日
    マウントゴックス社が全取引を停止、サイトが消去される。
    その後744,408BTCを盗難により損失し破産に至る事件が発覚した。
    事件の詳細は不明のままで、マルク・カルプレスCEOがビットコインを横領していたという説から、盗難は実際にあり真犯人がいるという説など未だ全容が解明されていない。
    2013年4月には世界のビットコイン取引量の70%を占めるまでになっていた取引所での事件ということでマスコミも大々的に報道し、日本ではビットコインがネガティブなイメージで浸透する結果となった。
  • 2014年3月26日
    コロンビアの金融監督局はその監督下にある金融機関のビットコイン投資を許可しないとともに、ビットコインのリスクについての声明を発表しました。
  • 2014年9月2日
    仮想通貨Ethereum(イーサリアム)がICOで資金調達に成功。
    2014年7月23日から2014年9月2日の42日間行われたプレセールにて約15億円(BTC建てで当時の金額)の資金を調達しました。
  • 2015年1月14日
    ロシア政府がビットコインに関連した複数サイトへのアクセスを遮断しました。
  • 2015年8月8日
    アメリカのニューヨーク州では仮想通貨事業を行う事業者へ「BitLicense(ビットライセンス)」の取得を義務付けました。
    取得条件が非常に厳しいライセンスで、現在Circle Internet Financial、Ripple、Coinbase、Gemini、itBitの5社のみが付与されています。
  • 2016年6月17日
    投資ファンドICO「The DAO」がプログラムの脆弱性を突かれ大量のEthereumを盗難される事件が発生。
    Ethereumのハードフォークを実行すべきかどうかの議論が開始された。
    この議論はプログラムの制約につきおよそ28日(4週間、ブロック生成時間)という制限付きのものだった。
  • 2016年7月20日
    先のThe DAOの件によりEthereumがハードフォークを実行し、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック、ETC)が誕生。
    Ethereumが二つに分岐した。
  • 2017年4月1日
    日本が「仮想通貨法」を施行。
    国内の取引所は金融庁へ申請が義務付けられ、登録制となりました。
  • 2017年4月14日
    インド政府は仮想通貨規制のための官民合同の諮問委員会を設置しました。
    今後は規制しつつ合法化に向けた動きが予想されています。
  • 2017年6月2日
    ウェブブラウザで有名なFirefoxを提供しているMozilla社の前CEO、Brendan Eich氏のスタートアップブラウザ開発企業Braveが、ICO開始から30秒以内で3500万ドルを調達しました。
  • 2017年7月1日
    日本は仮想通貨の消費税を非課税に変更しました。
  • 2017年7月23日
    アメリカのワシントン州では仮想通貨に関する規制(上院法案5031)を施行しました。
    その結果PoloniexやKraken、Bitfinexなど主要取引所を含む複数の仮想通貨取引所が同州から撤退しています。
  • 2017年8月1日
    ビットコインは取引速度の遅延解消方法としてSegwit2xとブロックサイズ増大派で意見が分かれハードフォークを実行。
    増大派の新仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ、BCH)が誕生し、ビットコインは分岐した。
  • 2017年8月7日
    ロシア政府が支援しているロシアのマイニングファームのICO、「Russian Mining Coin」がトークンプレセールを開始。
  • 2017年9月3日
    韓国の財政管理委員会(FSC)が仮想通貨の規制に関する合同会合を開催。
    FSCは、仮想通貨は法定通貨でもなくまた財政商品でもないと言及しました。
    また今後はICO規制も強化していく見通しであると語っています。
  • 2017年9月4日
    中国政府はICOを違法な金融事業活動とみなし、中国国内でのICOを禁止しました。
    以下は中国人民銀行HPの原文です。
    中国人民银行 中央网信办 工业和信息化部 工商总局 银监会 证监会 保监会关于防范代币发行融资风险的公告
  • 2017年9月5日
    香港では証券先物委員会(SFC)がICOのデジタルトークンは「有価証券」と定義し、注意喚起声明を公表しました。
    ※ 香港では1997年7月1日の香港返還後から50年間、一定の自治権の付与と本土(中国大陸)とは異なる行政・法律・経済制度の維持が認められています。(香港の法定通貨は人民元ではなく香港ドル(HKD)です。)
  • 2017年9月6日
    日本はビットコインを運用して生じた利益を所得税(課税対象)にすると発表しました。
  • 2017年9月17日
    中国政府からの規制を受けて中国3大仮想通貨取引所が取引停止を発表。
    BTCChinaは2017年9月30日まで、OK coinとHuobiは2017年10月31日までに仮想通貨の取り引きを停止すると発表しました。
  • 2017年10月2日
    仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社のICOプラットフォームCOMSAが自身のICOのプレセールを開始。
    前評判も高く、開始早々40億円超の資金を調達し話題になりました。
  • 2017年10月2日
    SEC(米証券取引委員会)がDiamond Reserve Club WorldとRECOin Group Foundationの2つのICOが架空と虚偽のプロジェクトだとして創業者のMaksim Zaslavskiy氏を告発しました。
    連邦証券法の不正防止および登録規定を違反したとして裁判所へ請求し、ニューヨークとブルックリンの連邦地方裁判所が緊急裁判所の命令により凍結しました。
    ICOを資金調達モデルに利用している企業に対しての、史上初の告発といわれています。
  • 2017年10月25日
    シンガポールでは、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)メノン長官が、仮想通貨を規制する計画はないと表明しました。
    その上で、仮想通貨を利用したマネーロンダリングなどのリスクには警戒を続けると述べました。

[aside type="boader"]

ICOに参加するまでの流れを解説!!

[kanren postid="2863"][/aside] [external-explan-air_drop] [aside type="boader"]

ICOに参加するには「ETH」(イーサリアム、Ethereum)が必要!
ETH を買うなら安心、安全はもちろん人気の取引所を選ぼう!!

仮想通貨におすすめなのは仮想通貨を日本語で購入できる「国内の取引所」がおすすめ!

[/aside] [ex_list_ja] [ex_list_ovse]No tags for this post.

【PR】【ICO】Tebura Ninja「手ぶら忍者」は大手日本企業も大注目!リリース済みの観光支援サービスのICOプロジェクトを解説!

本記事では荷物の預け入れや配送、観光ガイドなどのより広い観光サービスを提供するTebura忍者(NinjaCoin)について紹介します。

[box class="pink_box" title="必読!"]こちらの記事は、NinjaCoin(Tebura)を運営しております(社)手ぶら観光協会の提供の元作成されています。
また、トークンを購入 する場合は、購入者にとって大きなリスクを伴います。
90%以上のベンチャー企業 が、失敗しているというデータがありますので、プロジェクトに関わる時は、必ずリスクを確認して頂くことを推奨します。[/box]

ANGERIUM
[btn class="lightning"]Tebura Ninja(手ぶら 忍者)の公式ページはこちら[/btn]

登録ユーザーには自動返信メールは飛ばず、3営業日以内(基本は1営業日以内)に支払い先のETHアドレス情報などが送られてきます

Teburaとは

Teburaとは、レストラン、カフェ、事務所などの遊休施設・空き時間・空きスペースを活用し「荷物預り 店舗」として、観光客の荷物を保管する場所を確保するサービスです。
日本に不慣れな訪日観光客や、 コインロッカー難民を対象に、より便利で身近な手荷物預けサービスを提供します。
引用:https://tebura.ninja/ico/?lang=ja

Teburaの要点をまとめると

世界中の人たちと協力して荷物の預かりサービスを展開させるプロジェクト。
今回のICOによる資金で、配送や観光ガイドなどのより広い観光サービスを提供するとしています。

[aside]補足
2016年のマサチューセッツ工科大学日本フォーラムビジネスコンテストにて優秀賞を受賞! [/aside]

日本企業がパートナーとして多数参加する注目のプロジェクト

ビジネスコンテストでの実績

メディア紹介など実績

なんと参加ICOの選び方についての動画をTeburaメンバー自ら参加して動画にしています。

Tebura Ninjaの公式ページはこちら

Teburaの具体的なサービスとは

すでに日本とタイで観光プラットフォームを展開中

現在のサービス状況は下記です。

・荷物預かり予約店舗14店舗。※一部休止中店舗有り
・東京(東京駅日本橋口前観光案内所、HIS原宿、銀座レストランなど、7店舗は、全て主要駅から、徒歩3分ー5分の距離)にあります。
・関東以外(大阪など7店舗)
・Related areas : Tokyo Station, Otemachi, Ginza,Harajuku, Akihabara
・コインロッカーの場所、数の情報表示400駅。※駅ページは9000駅超ありますので、随時追加予定です。
・大阪・京都の当日荷物配送サービス紹介:1社
・タイでの荷物預かり、配送サービス予約提携 1社

引用:Bitcoin Talk

プロジェクトにより得られる恩恵

[aside type="boader"]
  1. 荷物の預け場所を探す手間が省けるから、観光に最大限の時間を使える
  2. 大きな荷物によるストレスから解放され、目的地を限られない!
  3. 利用者として参加することでトークンをゲットできる!
[/aside]

コインロッカー難民卒業

主に主要都市のコインロッカーはいつも空きがなく、しぶしぶ大きな荷物を抱えたまま観光するなんてことも無くなります。

手ぶらだから行きたいところに行ける

移動が身軽になるので、行きたい場所を諦めることもありません。

自分にできるタスク参加でトークンがもらえる

お店のレビューやメニューの翻訳でトークンがゲットできます。

Tebura Ninjaの公式ページはこちら

Teburaの特徴(強み)はこの3つ!

既存サービスサイトは53%が海外からのPV

アクセスの半分以上は海外からのもので、顧客数は今も増加を続けています。

google検索 メジャー駅のSEOにて高順位を獲得した実績あり!

ユーザーにわかりやすいUIで情報をまとめたコインロッカー情報サイトはすでにたくさんの利用者から支持されています。 [aside type="boader"] 観光主要駅のコインロッカー検索

銀座駅:1位

浅草駅:2位
東京駅:3位
[/aside]

観光関連市場規模は1.6兆円!

日本国内の市場だけでもこれだけの市場があり、2018年現在海外からの観光客は右肩上がりという状況ですから、目標としている18億円の市場獲得も期待されるところです。

Tebura Ninjaの公式ページはこちら

通貨の概要

トークンの主な用途3つ

[aside type="boader"]

  1. 荷物を預けるために使用
  2. 取引所に上場した後、キャッシュへの交換が可能
  3. 今後導入予定のサービスへの利用
[/aside]
[table id=2973-001 /]
[box class="yellow_box" title="POINT"] ICOでは珍しく、すでにサービスの提供は開始されています。
今回は、そのサービスをさらに広げて良いものにしていくためのプロジェクトということですね。[/box]

Tebura Ninjaの公式ページはこちら

ロードマップ

ゆくゆくは荷物のピックアップや、デリバリーサービスに加え、観光ガイドも行うとしています。

ICO資金の用途は?

サービス強化の目的が強そうです。

Tebura Ninjaの公式ページはこちら

Teburaの未来のビジョンとは

「地元の人の協力がなければ素晴らしい旅行にはなりえない」という思いのもと、ローカルの人たちをガイドやサポーターとして巻き込み、
より多くの人とともに旅行者のサポートをしていきます。
Teburaの次の使命は、旅行会社と協力して強く豊かな旅行業界を作り上げることだとしています。

そのためには協力者への適切な報酬と、それを叶えるシステムの構築をすることが重要だとし、
これをさらに前に進めるために今回のプロジェクトが立ち上がったということです。

さいごに

Tebura Ninjaのおさえたいポイント

ANGERIUM
[aside type="boader"]
  • 市場規模1.6兆円の業界ですでに世界的なサービスが開始されている!
  • ユーザーにも参加者にもメリットが生まれる分散型サービスプラットフォーム!
  • 取引所上場後はキャッシュへの交換可能!
[/aside] [btn class="lightning"]Tebura Ninja(手ぶら 忍者)の公式ページはこちら[/btn]

登録ユーザーには自動返信メールは飛ばず、3営業日以内(基本は1営業日以内)に支払い先のETHアドレス情報などが送られてきます

No tags for this post.

【ICO】エンジェリウムは世界最大のアダルトプラットフォームのICO!ANGELIUMのプロジェクトについて解説

本記事では‘Sexuality’ x ‘Technology’なICO「ANGELIUM」(エンジェリウム)を紹介します。

ANGELIUM
[btn class="lightning"]ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら[/btn]

ANGELIUM(エンジェリウム)とは?

‘Sexuality’ x ‘Technology’

あなたのウォレットからアクセスするセクシーな未来の仮想空間

ブロックチェーン技術にストリーミングや3D映像レンダリングをハイブリッドさせた独自の「Angeliumブロックチェーン」と、動画、ストリーミング、チャットを含むプライベートインターネットアクセスを可能にした「Angeliumウォレット」が実現する、仮想世界と現実世界をクロスする世界最先端のセクシープラットフォーム。

それが 『ANGELIUM(エンジェリウム)』です。
引用 : ANGELIUM *ICO* - Blockchain based cyber sexual platform and crypto

[aside]

要するに ANGELIUM(エンジェリウム) って何?
ANGELIUM(エンジェリウム)とは、アダルトの仮想世界と現実世界を繋ぐ革新的なウォレットを作成・提供するプロジェクトです。

それでは内容について詳しく見ていきましょう。

[/aside] ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

"仮想世界"と"現実世界"を統合する世界初の「3DWEBブラウズ機能搭載ウォレット」

世界初の "Proof of Rendering" と "Proof of Streaming" によるPeer2PeerネットワークによるANGELIUMブロックチェーンが、スムーズな3Dリアルタイムレンダリングを実現する次世代型エンターテイメントウォレット。
3DWEBブラウズ機能搭載ウォレット を使って下記のものが提供されます。 [aside type="boader"]
  1. 3D仮想世界
    まずは3D仮想世界にダイブして、好みのANGELを見つけましょう。あなたが彼女をどんどんセクシーに育ていくことができます。
  2. セクシー生放送
    ANGELは実在の女の子とリンクされています。リアルな彼女の生放送を見てみましょう。
    仲良くなればプライベートチャットも。
  3. チャイルドトークン
    気に入ったら彼女のANGELトークンを買ってあげましょう。新しい動きを覚えたり、あなたの名前を呼んでくれます。
  4. プライベートオファー
    トークンを使って、女の子にオファーをかけられます。「ディナーしたい」「デートしたい」など素敵な出会いのチャンスです。
  5. DATING
    AIが世界のどこでもあなたのパートナーを見つけてくれます。楽しく刺激的な出会いを楽しみましょう。
  6. 拡張サイバーセックス
    VR、拡張デバイスとの連動やANGELアバターのAI機能搭載など、未来のサイバーセックス機能を随時追加していきます。
[/aside]

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

ANGELIUM(エンジェリウム)の技術動画を紹介!

ANGELIUM(エンジェリウム)で使われている技術を紹介している動画がYouTubeで公開されています。

※ ANGELIUM(エンジェリウム)はアダルト系のプロジェクトなので 閲覧注意!!

ANGELIUM(エンジェリウム)のビジョン

ヴィジョン すべての人に未来のセクシーライフを。
性欲とは人間の3大欲求の1つで、人生を豊かにするキーです。
私たちは新しいテクノロジーの活用により、ユーザーに未来のセクシー体験を提供するとともに、本産業に従事する人々に、安全で新しい収益源を提供する、革新的なエコシステムを追求したいと考えています。

「2030年までにはほとんどの人がバーチャルセックスをする」
「2030年までには、VRコンタクレンズが一般的になる」
「2030年あたりには、神経との相互リンクが可能になる」
「2050年には、ロボットとのセックスのほうが一般的になる」
Ian Pearson
イギリスの未来科学者 (引用)
引用 : ANGELIUM *ICO* - Blockchain based cyber sexual platform and crypto
VRの普及と共に ‘Sexuality’ x ‘Technology’(セクシャリティ x テクノロジー) というツールやプロジェクトも数多く現れましたが、ANGELIUM はそれらの中でも特に大きな規模で仮想空間x現実空間、そして現実の人と人をつなぐことを目的としています。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

アダルト市場の規模は10兆円以上!

巨大な世界のアダルト市場
10兆円を超える世界の巨大市場、アダルト産業市場。それがANGELIUMのマーケットです。
中でも日本、韓国、中国、アメリカは世界の87%を占めるアダルト4大国です。
私達の新しいテクノロジーは、パイレーシーをはじめとする様々な問題に革新的なソリューションを提供します。
アダルト市場で世界的にも非常に大きな市場となっています。
ANGELIUM(エンジェリウム)は、そのアダルト市場へ革新的な技術とサービスで持って進出しようとしています。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

ANGELIUM(エンジェリウム)の"3つの強み"

TECHNOLOGY - 映画「マトリックス」メンバーが集結!

仮想世界の代名詞となった映画『マトリックス』メンバーによる、世界初の3D技術と連動したブロックチェーンとウォレットの応用技術を保有しています。
"仮想世界の代名詞"とも呼べる、映画「マトリックス」のメンバーが3D技術を担当しています!

CONTENTS

アジア市場中にファンベースを持つ日本のセクシーコンテンツの主要会社との提携により、膨大なコンテンツと女の子がプラットフォームに参加します。
日本のセクシー動画レーベルも参加しています。

MARKETING

中国、韓国、日本はじめアジア全域とUSAに強力なマーケティングチームを保有し、直ちにサービスインすることで、通貨の流動性が確保され価値の上昇が期待できます。
日中韓とアメリカにマーケティングチームを置き、さらにサービスインのスピードも早めることで通貨「ANL」の価値を確保し、さらなる上昇を目指します。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら
ANGELIUM

ANGELIUM(エンジェリウム)の通貨の概要

[table id=2922-001 /]

特徴1 : Proof of Rendering & Streaming

1. 独自技術によるProof-of-Work
私達の発行する仮想通貨ANLは、仮想世界ANGELIUMを実現するための新しいProof -of-Work機能を備えています。
ここにおけるWorkとは、ピアネットワークによってオンデマンド形式でストリーミングされる、3Dの仮想空間を構築する為のmeshとテクスチャの演算を意味します。
Workに対する報酬は、新しいエリアの演算を行ったプレイヤーに対してANLが生成され付与されることを指します。
仮想世界ANGELIUMはMandelbrotフラクタルに基づいて構成され、新しい演算、より高解像度の演算などがなされた時にProof-of-Workが適応されます。
引用 : ANGELIUM のホワイトペーパーより抜粋

ANGELIUM で採用されている PoW はBitcoinでも採用されている方式ですが、ANGELIUMの場合は独自の PoW を採用しています。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

特徴2 : Child Token Integration

Angelトークン(チャイルドトークン)
各Angelが発行する、Angelの名称がついたオリジナルトークン。
ANLとのみ交換でき、それを使用することにより当該Angelの様々なサービスを受けることができる。

ANLとペッグされたチャイルドトークン「Angelトークン」の作成。
引用 : ANGELIUM のホワイトペーパーより抜粋

AngelとはANGELIUMに参加しているモデル(現実の女の子)のことで、彼女達が独自に発行しているトークンを「Angelトークン」(チャイルドトークン)と呼びます。

Angelからサービスを受ける、もしくは応援する時にそのトークンを使用することになります。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

ANGELIUM(エンジェリウム)は「完全日本語」対応済み!

ANGELIUM(エンジェリウム)はアジア地域を視野に入れているだけあって、サイトは完全日本語化に対応しています!

日本語に対応しているICOは非常に少ないので、プロジェクトの概要などがとても読みやすく、参加しやすくなっています。

もちろんホワイトペーパーも日本語を含む多言語に対応しています。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

ANGELIUM(エンジェリウム)のロードマップ

2018年の8月には早くも取引所への上場、そしてサービス開始を予定しています。

さらにフル3D搭載版のローンチや、AI機能の搭載も予定されています。

現在の売り出し価格は 1ANL = 0.0003 BTC

ANGELIUMの1ANLの売り出し価格は 0.0003 BTC = 約 300円 となっています。

早期の参加の方がより多くのボーナスを受け取ることができます。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

ICOで集めた資金の使用用途

こちらも公開されていて、その半分以上はプラットフォーム(3DWEBウォレット)開発と、コンテンツ開発・制作費に充てられます。

ANGELIUM(エンジェリウム)のコアメンバー

日本からは元AVEXのプロデューサー兼アーティストのRIOこと「Rio Takeshi Kubo」さんがFounderとして、そしてアダルト映像作品などを手がける株式会社ビッグベイブの代表取締役 瀧 智樹 氏がChief Contents Officerとして名を連ねています。

ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら

さいごに

ANGELIUM(エンジェリウム)の3つの要点

ANGELIUM
[aside type="boader"]
  • 超大型アダルトコンテンツ系プロジェクト!
  • ブロックチェーンを使った革新的な3DWEBウォレットが魅力!
  • リアルでもVR(仮想世界)でも、どちらでも楽しめる!
[/aside] [btn class="lightning"]ANGELIUM(エンジェリウム) の公式ページはこちら[/btn]No tags for this post.