IOST

No tags for this post.

個人投資家が注目する2021年仮想通貨ランキングが発表される

金融情報メディアの「お金の知恵袋」が、仮想通貨に関するアンケートを実施しました。

このアンケートでは、個人投資家が今年注目している仮想通貨を集計しています。

ビットコインやイーサリアムといった鉄板を始め、IOSTやBATなど2021年以降急激に注目され始めた通貨もランクインしているようです。

 

個人投資家が注目している通貨とは

金融情報メディアの「お金の知恵袋」は、個人投資家に対して仮想通貨のアンケートを実施しました。

内容は、2021年に最も注目している仮想通貨というテーマです。

アンケート概要

調査対象:10~60代の暗号資産(仮想通貨)投資を行う男性・女性
対象人数:302名
調査方法:インターネットアンケート調査
調査期間:2021年4月19日~21日

アンケートの結果は下記のようになりました。

1位:ビットコイン(BTC) (122票)
2位:イーサリアム(ETH) (49票)
3位:リップル(XRP) (48票)
4位:ビットコインキャッシュ(BCH) (22票)
5位:アイオーエスティー(IOST) (7票)
5位:エンジンコイン(ENJ) (7票)
7位:ネム(XEM) (6票)
8位:オーエムジー(OMG) (5票)
9位:モナコイン(MONA) (3票)
9位:ライトコイン(LTC) (3票)
9位:リスク(LSK) (3票)
9位:クアンタム(QTUM) (3票)
13位:ベーシックアテンショントークン(BAT) (2票)

仮想通貨の王者ビットコインが1位、イーサリアムが2位とここまでは予想通りだと思いますが

訴訟問題で信用が失墜したXRPが3位、最近話題のIOSTが5位にランクインするなど興味深い結果も垣間見ることが出来ました。

XRPの信用が回復しつつある?

去年12月、SECから訴訟を起こされてしまい、信用が失墜してしまったXRPですが

ここ最近、大手企業や銀行との提携が進んだり、SECとの問題も徐々に解決していることもあり信用が復活しつつあるようです。

一時は10円台にまで落ちた価格も、今や200円前後を推移しています。

過去最高値である400円台はまだ遠いですが、今のアルトコインの上昇相場を踏まえると、ATH更新も難しくはないでしょう。

そのような背景もあることから、3位に浮上したのかもしれません。

最近話題のIOSTもランクイン

IOSTは2021年に入って急激に注目され始めた通貨のひとつです。

きっかけは恐らくコインチェックが取り扱っている通貨の中でダントツで単価が安く

更にコインチェックがCMを放映すると決まったことから、個人投資家が集まってくると予想されたことでしょう。

実際、コインチェックのCM放映以降、IOST推しの投資家が続出しています。

2017年のXRPのように、投資家同士のつながりが強い通貨でもある為、日本人を中心として発展していく可能性が高いでしょう。

そんなこともあり、全通貨の中でも5位にランクインするほど期待が持たれているようです。

ENJやBATも日本人から人気多数

IOSTほどではありませんが、ENJやBATも日本人に人気の通貨です。

ENJは今流行のeスポーツに関連する銘柄であり、2017年頃から着々と実績を積み重ねています。

最近ではコインチェックへ上場も果たしている為、より一層個人投資家からの信頼を得ることが出来ました。

BATも同じく、最近Bitbankやビットフライヤーに上場した銘柄です。

グレイスケールの投信に組み込まれていることや、日本国内多数の取引所に上場している信頼感、Braveというブラウザで実際に利用ができる実績があります。

本当に活用できるのかよく分からない通貨が多い中で、実際にユーザーがシステムを体感できることが、日本人に好まれる要因となっているのでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BNBやIOSTが大暴騰!何故価格が上がっているのか徹底解説

年初以来、右肩上がりだったアルトコインや草コインですが、ここ数日は下がる傾向が見られています。

SNSでは、バブルが終わってしまったのではないかと囁かれている一方で、BNBやIOSTといった一部の通貨は依然価格を伸ばしている状況です。

そこで今回は、何故BNBやIOSTは他の通貨と違い、ずっと価格を上げているのかを解説していきたいと思います。

 

バブルが止まらないBNB

Binance Coin(BNB)は、仮想通貨取引所Binanceが発行しているトークンです。

元々はBinanceの手数料を割引するくらいの機能しかありませんでしたが、その時価総額は今や5兆円にも上り、BTCやETHに次いで3位まで上昇しています。

他の通貨とは違い、特別目立った機能がない仮想通貨取引所のトークンがなぜこれ程までに大きくなったのでしょうか。

その背景には、DeFi(分散型金融)での活用がありました。

パンケーキ効果で大暴騰

DeFiとは、簡単に説明すると自分の保有している通貨を貸出して、金利を得ることができるシステムです。

流動性を提供する見返りとして、その手数料を得ることができます。

特に、最近話題になっているパンケーキ(PancakeSwap)という分散型取引所は、素人でも比較的簡単に参入することができます。

そして、そのPancakeSwapで得られる金利は、通貨によって年利100%~500%という驚異的な数値となっているのです。

100万円分の通貨を預けていた場合、1年後には金利手数料だけで数百万円になっている可能性があると考えるとその凄さが実感できるかと思います。

もちろん、リスクはあるので必ずしも利益を得られるわけではありませんが、リスクに対するリターンがあまりにも大きいことから非常に人気を集めています。

そんなPancakeSwapですが、実はBNBを持っていないとまともに利用することができません。

PancakeSwapで通貨を預ける場合、必ず2種類の通貨をペアで預ける必要があるのですが、基本的にどちらか一方はBNBが必要となってきます。

つまり、PancakeSwapを利用する為には、まずBNBを用意しなければいけないのです。

BNBの高騰は需要によって成り立っていた

先ほども述べましたが、PancakeSwapでは年利100%~500%も夢ではありません。

恐らく、一般人が参加できるもので、ここまでリターンが大きいサービスは他にまずないでしょう。

そうなると、人々は次々とBNBを買い求めるようになります。

買えば買うほど、金利収入が増えるわけですから、先行投資として考えている方もそれなりにいるようです。

このように、BNBを中心としたDeFiが誕生したことが、価格暴騰の要因となっていたのです。

IOSTも好調に推移

1月の上旬から価格が暴騰しているIOSTですが、こちらは初心者に人気であることが、価格を伸ばしている大きな要因だと考えられています。

日本の取引所に上場しており、他の通貨よりも圧倒的に単価が安いことから、口座を開設した人が真っ先に目を付けやすい通貨と言えるでしょう。

しかし、BNBとは違って実需を伴わない暴騰なので、SNSではかなり危険なのではないかという声も挙がっています。

ただ、2017年の仮想通貨バブルでは、実需が伴っている通貨よりも、話題性や初心者に人気のある通貨の方が価格が上昇する傾向がありました。

特に、単価が安い通貨は初心者が集まりやすいので、新規投資家が増え続ける限りはそうそう価格が崩れることはありません。

今はどこの取引所も本人確認に時間が掛かっている程、新規投資家が増加しているウェーブですので、状況によってはIOSTの更なる続伸が見られるかもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

第二のリップル!?IOSTを保有する日本人が激増中

個人投資家を中心に、IOSTという仮想通貨を保有し始める傾向が高まってきていると話題になっています。

IOSTはコインチェックで取り扱われている銘柄で、1枚辺り約2円程度で買える通貨ということもあり、SNSで爆発的に知名度が広まってきています。

今やXRP以上に話題性の高いIOSTですが、一体なぜこれほどまでに人気を集めているのかを分析していきましょう。

 

IOSTブームが到来

日本人に人気な通貨と言えば、ほとんどの方はXRPを候補に挙げることでしょう。

しかし、2021年はIOSTという仮想通貨がXRP以上の話題性を集めています。

IOSTはXRP系インフルエンサーを中心に認知が広がった、個人投資家から非常に人気が高い仮想通貨です。

スケーラビリティ問題解消や非中央集権が特徴的であり、DeFiとの関連性があることも注目されています。

 

10日間で価格が4倍に

IOSTは今年に入ってから急激に話題を集めた仮想通貨です。

1月上旬頃は0.6円程度を推移していましたが、インフルエンサーたちが認知を広げた結果、10日足らずで約4倍の2.7円まで価格を伸ばしました。

その後は一旦調整が入ったものの、現在も2円前後を推移しています。

この2017年のバブルを回想するかのような値動きが、Twitterでも毎日のように話題に挙げられています。

価格暴騰の背景

IOSTはなぜこれ程までに個人投資家から人気を集めることが出来たのでしょうか。

その理由のひとつとして、コインチェックのCMが始まったことが挙げられます。

IOSTはコインチェックで扱われている銘柄であり、CMによって新規投資家が参入してきた場合、影響を受けることが容易く想像できます。

コインチェックは2017年のCMで、爆発的に仮想通貨投資家を増やした実績がある為、その期待も織り込まれているのでしょう。

また、単価の安さも人気を集めた理由として挙げられています。

先ほども述べた通りIOSTは現在2円前後を推移しており、現在コインチェックの銘柄の中でもダントツで安い通貨です。

個人投資家は仮想通貨の性能や技術よりも、視覚的に割安なものを好む傾向があります。

特に仮想通貨初心者ほどその傾向が顕著でしょう。

前回のアルトコインバブルを経験した人達は、そのことを理解しています。

その為、コインチェック銘柄で価格の安いIOSTは伸びしろがあると判断しているのでしょう。

 

一部からは警戒をする声も

一部の投資家は、このIOSTの暴騰を警戒しているようです。

IOSTは、SNSの過熱感や初心者を引き寄せやすい性質であることから、大口から仕掛けられる可能性が非常に高いと考えられています。

また、短期間に何倍もの暴騰をした通貨は、その反動で暴落することも多いです。

その為、Twitterでは買い煽りに注意するよう呼びかける動きも見られています。

もちろん、しっかりとしたプロジェクトであった場合、このまま価格を伸ばしていくこともありますが、あくまでアルトコインという不安定な投資商品であることを理解しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

今回は今人気急上昇中のIOSTについて取り上げさせて頂きました。

IOSTは1月上旬以降、SNSを中心に爆速的に話題が広がり、価格も約0.6円から約2円にまで高騰しました。

これは、コインチェックがCMを開始したことによる影響だと考えられており、コインチェック銘柄の中でも特に価格の安いIOSTに注目が集まったようです。

ただ、かなり過熱感があることから、バブル崩壊の警戒をする必要もあると考えられています。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.