IOTA

No tags for this post.

モノとインターネットを繋げるIOTA (アイオータ)!!Tangleが仮想通貨のあり方を変える!?

 仮想通貨IOTA (アイオータ)の概要

IOTAとは モノのインターネット化と言われているIOT(Internet of Thingsの略)で取引するのに適した仮想通貨 である。

IOTとはパソコンやスマホだけでなく、時計やテレビなどあらゆるモノをインターネットに繋げることで、様々なモノの状態や位置を知ることができたり、環境(温度、湿度、気圧、照度、騒音、その他)を知ることができ、生活を便利にすることができるものである。

しかし、IOT関連の商品を使う際にハッキングしやすくなるというセキュリティの問題、インターネットの料金が発生するなど、コスト面で問題が出て来ます。
そこでIOTAを使用することにより、無駄な手数料を省き、ネット上の情報を安全に取得出来るようにしました。

ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンを導入するにしても、維持するにはコンピューターの莫大な計算が必要となり、送金手数料などが発生してしまいます。

IOTAはブロックチェーンではなく 「Tangle」という新技術 を使い、トランザクションの手数料を無料、つまり送金手数料をタダにすることを可能としました。

ブロックチェーンとは異なり、一つのブロックからいくつものチェーンでブロックをつなぐことができ、ユーザー自身が未承認のトランザクションを承認する(取引者と承認者が同じ)ことで決済ネットワークを形成している。取引者が増えると承認者も増え、負荷は増えることがないため、軽量で決算スピードが早いのも特徴である。

仮想通貨IOTA (アイオータ)スペック

 通貨単位は「IOTA」

IOTA (アイオータ)の通貨単位はIOTA。

創設者 David Sanstebo

IOTAにはIOTA財団というパブリックな組織が存在します。
メンバーは
Devid Sanstebo (IOTA founder)
Dominik Schiener
Serguei Popov(Mthcl)
Sergey Ivancheglo(Come from Beyond)

共同創業者のDominik氏は、2016年デロイトと万向が主催で開催されたハッカソンにおいて優勝した実績を持つ若手のイタリア人です。

IOTA財団はドイツの非営利団体にも登録されえています。
仮想通貨のIOTAの普及を推進するために、IOTA財団が設立されました。
ドイツにおいては、初めて仮想通貨で資金を集めて非営利団体に登録されたことを誇りにもっていると発表しています。
IOTA財団では、世界的な専門家を各分野で集めることで、様々な分野の企業や研究機関と協力して専用のワーキンググループを設立。

すでに、IOTA財団では、モビリティ・アイデンティティ・サプライチェーン・コンセンサスメカニズムの研究・暗号化に関するR&Dなどの専門知識を持ち合わせています。

公開日は2016年7月11日

公開後1年もたたない間に、一気に価格が暴騰し 価格が500倍 となり時価総額第6位の仮想通貨として話題になった通貨です。

価格は約271円程度 (2018年1月25日時点)

IOTAの価格推移を見ると
2017年12月4日あたりから価格が上昇し始めて高騰しています。
12月に入るまでは日本円で100円以下であり、最低価格16,570円でしたが、12月以降400円弱まで価格が上がり、倍率にすると2,3日で約3倍以上もの高騰である。
一時、5.55ドル(632円)を超え、過去最高値を更新しています。

IOTAの価格上昇の原因としては、11月末頃から独自のIOT技術により「マイクロソフト」、「富士通」など20社以上の大手企業と提携を結んだことにより、知名度や仮想通貨の信頼が上がったことがかん。が考えられます。
また、上場初日、時価総額ランキングが6位にランキングしました。

発行枚数上限 2800兆枚

時価総額約1.3兆円程度 (2018年1月時点)

2018年1月の時価総額は$11,495,942,683 (約1.3兆円)で「7位」です。

承認システムは POW

IOTAの承認システムはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)形式。

採用されている技術はTangle(もしくはDAG)

簡単に言うと、Tangleとは、ブロックチェーンが一般化したものです。

基本構造として、ビットコインにおけるブロックチェーンのような役目を果たすが、一つ一つのトランザクションを承認しメッシュ状に分散させて記録し、ブロックチェーンより毎秒たくさんの取引ができるようになります。

 ITAOはブロックチェーンを使わない世界初の暗号通貨 です。
ほとんどの仮想通貨は、ブロックチェーン技術が使われているのが一般的です。しかし、IOTAは分散型の暗号通貨のためブロックチェーンとはまた違った動きをするTangleを開発したのです。

IOTAで採用されているTangleは有向非巡回グラフと呼ばれているデータ構造を応用した分散台帳の事です。
1つ1つのトランザクションを承認してメッシュ状に分散させて情報を記録してい来ます。

台帳を分散させる仕組みにブロックを使わないため、膨大な計算量を必要とせず、取引が多いほど処理スピードが高速化されます。
ブロックチェーンの仕組みの場合、取引をするたびにマイナーに支払う手数料が発生してしまいます。しかしITAOのように少額の報酬を発生することを目的とした暗号通貨の場合、取引のたびに手数料が発生してしまうとそれだけで膨大な金額を支払はなくてはいけなくなります。

それでは、ITAOが掲げているコンセプトとかけ離れてしまいます。

そこで、ブロックチェーンではなくTangleを採用することでマイナーへの手数料を無料にすることが可能にしました。

ブロックチェーンでは、取引に応じてマイナーが承認することで取引が成立しますが、Tangleの場合、 取引しあうもの同士が承認しあうことで、取引の高速化と取引台帳への記録が可能 になりました。

専用ウォレットは「IOTA wallet」

IOTAのウォレットはユーザーが独自に「シード」と呼ばれる秘密鍵を作る必要があります。この際に専用の生成ツール「iotaseed.io」などのオンラインジェネレーターを利用してシードを生成します。

公開された動画

ホワイトペーパー

https://iotafan.jp/wp-content/uploads/2017/12/iota1_4_1jp-1.pdf
・全26ページ
・目次
1. システムの紹介と説明
2. 荷重 等
3. システムの安定性とカット集合
4. 起こりうる攻撃シナリオ
5. 量子計算への耐性
謝辞
参考文献

公式サイトURL

https://iota.org/

仮想通貨IOTA (アイオータ)の特徴1:送金手数料が不要

IOTAはビットコインとは異なり、ブロックチェーンを使わない仮想通貨です。
従来の仮想通貨はブロック承認をするために計算力が必要であり、それを提供してくれる採堀者グループ(マイナー)の報酬として取引に手数料が支払われています。

IOTAはTangleという技術の特性を活用し、Tangleネットワークのトランザクション承認を計算能力の低いIOTデイバスで行うことができます。そのため計算力を提供してくれる採堀者グループは必要なくなり、取引手数料が要らなくなりました。

つまり、このシステムを利用すると送金手数料なしで効率的、安全でリアルタイムのマイクロザクションを提供することができるのです。

多くの決済プロセスを簡略化することができるので、コストをほとんどゼロにすることが可能となっており、送金やデータの送信が簡単にできるようになります。

このような新しい特徴や仕組みを持つIOTAは小さなデータのやり取りを頻繁に行うIOTでは重要であり、非常に注目を浴びています。

仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴2:IOTデイバスで取得したデータを安全に送信

IOTAは、パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆるIoTデバイスでの利用が可能です。

IOTの問題点としてコストの他にIoTデバイス間のネットワークのセキュリティがあります。
モノがネットにつながることで、ハッキングのリスクが高くなり、今まではデバイス間でのデータの整合性やネットワーク上でのデータ改ざんを防ぐことが技術的にとても難しいことでした。

そこでTangleを使用し、IOTAは暗号計算によってデータに不正や改ざんが無いか確認する事にしました。

そうする事により、IoTデバイス間でのデータの安全性が担保され、安心したネットワークが構築できるようになります。

結果、IoTデバイスの取得したデータ(気温、位置、振動、回転数などの情報)を、 デバイス間でセキュア(安全)にやりとりが可能 となります。

仮想通貨IOTA (アイオータ)の特徴3:量子コンピューターに対する耐性がある

IOTA(イオタ)は量子コンピューター耐性を備えることに積極的に取り組んでいます。

ランポート署名やヴィンテルニッツ署名といった電子署名を採用。
そして3進数とタングル(Tangle)を用いる事で、量子耐性を持ったシステムができるとしています。

詳細はホワイトペーパーに記述してあります。
https://iotafan.jp/wp-content/uploads/2017/12/iota1_4_1jp-1.pdf

仮想通貨IOTA (アイオータ)の特徴4:POW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用

それぞれの仮想通貨のネットワークには、それぞれアルゴリズムが決まっており、プログラミング通りに取引を完了しています。

取引の際に管理者がいない仮想通貨では、取引を完了するために

• 取引過程に矛盾はないか?
• 不正取引は行っていないか?
• 正しく送金されているか?

これらの証明が必要になります。

IOTAに採用されているPOW( プルーフ・オブ・ワーク)は、直訳で『仕事の証明』と訳し、プログラムされている手順で取引完了までの『仕事の証明』を取引の際に毎回行っています。

他の仮想通貨の取引では、最終的にマイナーと呼ばれる人の手によって取引があっているかを確認する作業の『マイニング』を行う必要があります。

一方でIOTAで採用されているTangleの技術を用いればマイニング作業が必要ありません。
取引の際に人の手が必要ないため、ビットコインや他の仮想通貨に比べて、コストや手数料が格段に少なくなっています。

仮想通貨IOTA (アイオータ)の特徴5:IOTとIOTAについて

IOTAの特徴はIOTデバイス間の決済に最適化された仮想通貨です。
IOTというのは、Internet Of Thingsの略で、直訳すると『モノのインターネット』です。
要は、 『あらゆるものをインターネット上でつなぐ』 という意味があります。

最近話題になったAmazonエコーやGoogleHomeなどはIOTの技術を使った製品です。

GoogleHomeに話しかけるだけで、テレビをつけてくれたり、電気を消してくれたりします。これがIOTの機能なります。

IOT機器同士でのデータのやり取りを記録するために、IOTAが開発されました。
IOT機器はインターネット上につながって、あらゆるものを小さいデータ取引(マイクロトランザクション)を行います。

この、マイクロトランザクションは小さい取引で膨大な量になるため、これまでのブロックチェーン技術では記録することができませんでした。

そこで、ブロックチェーン技術を使わない仕組みが開発されたのがIOTAになります。

仮想通貨IOTA (アイオータ)の特徴6:データを安全に送信が可能に

Iotでデバイスで取得したデータを安全に送信することができるのがIOTAです。

例えば、今流行りのカーシェアリングを利用する際に、その会社がIOTAの独自技術であるTangleをシステムとして導入することで、カーシェアリングを利用する人は、スマートフォンに氏名などのレンタルに必要な個人情報を入力します。

そして、仮想通貨のIOTAで決済をすることで簡単にカーシェアリングを借りることができます。

IOTAは少額の取引でも独自の技術であるTangleを使っているため、手数料がかかることはありません。

そして、カーシェアリングを運営している企業はlotデバイスで取得したデータを安全に送信することが可能なため、不正アクセスやハッキングされる恐れがないため、安心・安全にネットワークが構築することができます。

仮想通貨IOTA (アイオータ)の評判・口コミ

ポジティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミ

仮想通貨IOTA (アイオータ)の将来性

IoTデバイスに最適化したIOTAのポテンシャルは非常に高く、TangleによりIoTデバイス間での決済がますます進むことが期待できる。

IOTAを利用したいという企業は増えており、 イスラエルのSirn Lab(シリン ラボ)社ではIOTAを利用したIoTを内蔵したスマートフォンを開発 しています。
また、IOTAを開発したIOTA財団はデータマーケットプレイスと呼ばれる、データをIOTAのプラットフォームを利用したIoTの新しい市場を作成。

データマーケットプレイスに寄せられた富士通のコメントでは、「IOTAなどTangleの技術を取り入れたエコ製品の製造を行う予定です」とのこと。

世界中の20以上の企業が参加しており、注目が集まっているため技術の期待感、IoTもまだまだ大きく広がっていく可能性を秘めていることに加えて、具体的な実用性に向けての発表等があればIOTAの価格は大きく上がる可能性がありでしょう。

IOTと繋ぐ際に、全ての電気機器や自動車などにIOTAが使用されるようになったり、気象データや健康分野など幅広いジャンルでの応用を予定しているようです。

もし、全世界の電気機器や自動車がIOTの際にIOTAを使うようなことになれば、現在時価総額トップであるビットコインは敵ではないばかりか、大きく差をつけることも可能かもしれません。

つまり、 IoTは今後どんどん発達することが見込まれており、同時にIOTAの需要も高まることが予想されているので、将来性にも大きな期待が寄せられています。 

また、Iotはソフトバンクの孫社長が早い段階から「Iotの時代は必ず来る」と断言しており、Iotの自体を見越してARMに3.3兆円もの資金をかけて買収しました。

その際に対処をしておかなくてはいけない大きな問題がハッキングによるシステムの乗っ取りです。

システムが乗っ取りされてしまうと、テロや飛行機墜落など世界中が大事故や事件に巻き込まれてしまう可能性があります。
しかし、孫社長はこのような事態が起こるのをARMは避けることができると断言しています。

まだそれほど高くないIOTAを買うことは、良い投資といえます。日本ではまだ発売されていないので、今がチャンスなのではないでしょうか。
今後IOTAがどのようになっていくのか気になる方、興味が出てきた方は購入をしてみてはいかがでしょうか。

IOTAの課題

ブロックチェーン技術を利用している他の仮想通貨が抱えている問題をIOTAを利用することで克服できると期待されていますが、そのTangleにも様々な課題があると指摘する技術者も多くいます。

ブロックチェーンの場合は、金融機関を通さずに取引する人どうしが直接管理しあうシステムとなっています。

そのため、履歴をすべて確認することができますが、IOTAのTangleはDAGを活用しているため、ブロックチェーンのような取引に対して直接的な承認をされるわけではありません。

Tangleでは、取引を行う際に暗号のハッシュ関数は気まぐれな量をインプットして、一定サイズの予測不応のアウトプット値を量産します。

その、アウトプット値に繋がるインプットを探すのは非常に難しく暗号ハッシュ関数に問題が生じてしまう『衝突』が起こる可能性があります。

要は、ブロックチェーンよりも複雑な形でブロックが生成されるため、チェーンが拡散してしまうリスクがあると指摘されています。

DAGの場合は、マイナーが取引を承認するのではなく、取引をする人が他の取引を承認する仕組みとなっています。

まだ、開発されたばかりのシステムで、今後どのような動きをするのかは未知数なため、どのようなバグが起こるのかが想像つかないところも指摘されています。

IOTAは日本の大手企業や海外の企業にも注目されています。
そのため、これからもっとIOTAを活用する企業が増えると予想されます。
その一方で、これらの技術に対する懸念要素を克服できるかに注目が集まっています。

IOTAのリスク

IOTAは、上記でも説明させていただいている通り、独自の技術であるTangleと含めてコンセプトが注目されている仮想通貨です。

しかし、その分システムがとても複雑で、 IOTAの技術はまだ実用的に動けるまで完成されていない と言っても過言ではありません。
非常に注目度が高い技術のため、これからの価格に対しても期待はされていますが、複雑な技術だからこそ開発に遅れが生じて、実用化がどんどんと先延ばしになってしまうことも考えられます。

しかし、これだけ多くの企業が注目をしているということは、期待も高く、今よりもさらに便利になる可能性も高いと感じます。

現在、実用化の目途は立っていませんが、実用化されることでIOTAの価格はもっと上昇することは想像に難くないでしょう。

仮想通貨IOTA (アイオータ)を購入することができる仮想通貨取引所

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港の仮想通貨取引所です。米ドルを使った取引については世界1位の実績があります。
2016年に当時レートで71億円をハッキングされたことがあります。
そのため、現在はセキュリティに対してシビアに対応しています。
日本語対応は2018年1月に終了しました。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
あまり、有名ではありませんが世界8位の取引ボリュームをもっています。
取引通貨ペアも378種類もあるのでかなり豊富です。
使い方が独特なので、不向きな人には使いづらいといわれています。

OKEx(オーケーイーエックス)
中国北京に本社を置き香港に拠点をおく中国3大取引所の1つです。
12月11日に、初めて取引所でビットコインキャッシュを基軸通貨にしたことで有名になりました。
取引高は14億USDを超えており、世界でも取引ボリュームが上位にランクインしています。

Huobi(フォボー)
中国の上海に拠点をおく中国最大級の仮想通貨取引所です。
中国の仮想通貨取引所の中で、セキュリティの厳重さやサポート体制などトップクラスを誇っています。
日本人トレーダーのために日本語対応も開始しました。
HuobiはICO直後の仮想通貨を最速で上場させることが多いため、まだ値段が上がっていない倍々銘柄を購入することができます。

Bithumb(ビッサム)
韓国最大の取引所です。
Bithumbの取引量は韓国で約60%を占めています。
2017年で会員数は約80万人となり、1日の取引量も約2600億円を記録するなど超大手の取引所になります。
取引手数料も日本の主要取引所と比較しても、さほど変わりない料金となっています。

仮想通貨IOTA (アイオータ)に関する情報サイト

サイト名 簡単な紹介

https://blog.iota.org/
https://www.gitbook.com/book/domschiener/iota-guide/details
https://iotasupport.com/foundation.shtml

 

IOTA (アイオータ)が購入できる取引所を開設したい方はこちら

 

IOTA (アイオータ)についてもっと情報が欲しい方はこちら

投稿 モノとインターネットを繋げるIOTA (アイオータ)!!Tangleが仮想通貨のあり方を変える!?COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。