IPO株の個別銘柄情報

No tags for this post.

2018年版IPO結果まとめ

2018年2月のIPO結果を更新しました!

新規上場の際、初値の高騰による利益を狙う「IPO株(新規公開株)」。IPOで利益を上げるなら、上場前の情報収集はもちろん、新規上場後の結果からこれまでの流れを知ることも欠かせません。

なぜなら「どんな業種」で「どのくらいの利益・損失だったか」を知り、IPOで「儲けが出やすい銘柄」を見つけるための判断材料を増やすことができるから。

この記事では、2018年に上場したIPO株の「初値」や「騰落率」、「初値で売った場合の利益がいくらだったのかを算出し、紹介しています。

自分が買った銘柄はもちろん、そのほかの銘柄もぜひチェックしてみてくださいね。

※2018年は1月にIPOが実施されなかったため、2月の結果から随時更新しています。

2018年2月に上場した2社のIPO結果

2月に上場したIPOの結果は次のとおりです。

2月のIPO結果一覧
<証券コード>
銘柄名
上場日 公募
価格
初値 騰落率
<4380>
Mマート
2/23 1,240 5,380 333.87%
(4.34倍)
<3446>
ジェイテックコーポレーション
2/28 2,250 9,700 331.11%
(4.31倍)
※<6234>世紀は上場中止となりました

2月に上場したIPO株は2銘柄でした。各企業の概要と騰落をそれぞれ見てみましょう。

チェックしたい企業が決まっている場合は、上の表にある銘柄名をクリックしてください。画面一番上にクリックした企業の概要と騰落についての項目が表示されます。

<4380>Mマート

東証マザーズに上場した<4380>Mマートは、業務用食材や、厨房機器等の業務用機械、備品・用品の業者間電子商取引(BtoB)サイトを運営している企業です。

インターネットマーケットプレイス事業を中心に、卸売業界に業務を展開しています。

初値で売却した場合の利益は+414,000円でした。

<3446>ジェイテックコーポレーション

東証マザーズに上場した<3446>ジェイテックコーポレーションは、放射光施設要Xミラーの設計や製作・販売、自動細胞培養装置や各種自動化システムの開発設計や製作・販売を行っている企業です。

国公立大学や各種研究機関と共同研究を行なうことで、最先端の研究や技術の実用化を目指しています。

初値で売却した場合の利益は+745,000円でした。

IPOってこんなに儲けられるんですか?!
確かに2018年のスタートダッシュは好調だったな。

しかし油断は禁物だ!IPO株はかなりの確率で利益を得られるが、必ずしもこれだけ大きな利益が出るわけではないぞ!

2018年のIPO結果まとめ

この記事では、2018年に上場したIPO株の初値や騰落率、初値で売却した場合の利益といった結果を紹介してきました。

2018年の上場銘柄のなかで、現在騰落率が最も高いのは<4380>Mマート。

また次の企業は、上場日翌日も株価が上昇しました。

・<4380>Mマート

IPO株のなかには、上場日以降も株価を上げ続けるものもあります。

しかしほとんどの銘柄は上場日以降、株価が下がることが多いです。

長期保有目的で購入したのでなければ、基本的に初値での売却がオススメ。

IPO株を購入できるかどうかは抽選によって決まりますが、購入できなかった銘柄の結果もチェックし、今後のIPO株購入に備えましょう。

No tags for this post.

メルカリ上場はいつ?期待のIPO銘柄情報とメルカリ関連銘柄を紹介

日本最大級のフリマアプリを運営する株式会社メルカリが、東京証券取引所に上場を申請したことが報じられました。

出品数は一日100万品以上、月間流通額は100億円以上という驚くべき数字をたたき出すメルカリですから、以前から上場が予想されてきました。

ほかにもフリマアプリといわれるものは数あれど、認知度、流通額、ダウンロード数ともにメルカリはダントツのナンバーワン。

2014年にはアメリカ、2016年にはイギリスへ海外進出し、もし将来的にも期待値の高い銘柄になることは間違いありません。

この記事では、大躍進を続けるメルカリの上場情報や、会社情報、メルカリ関連銘柄を、現在判明している情報をもとに紹介します。

上場はいつ?株式会社メルカリの上場情報

メルカリの上場日は、まだ正確に決定していません。

2017年7月に東京証券取引所に予備申請※を終え、2017年末までには上場するのではないかと予想されていました。

予備申請とは

上場時期を早期化できる制度。上場申請を行う日の直前事業年度の末日からさかのぼって3カ月前以降から行うことができます。

ところが結局上場は見送られました。

えー!なんで?私楽しみにしてたのに!!
ユーザーが売上金を最大で1年間プールしておけるメルカリのルールが、資金決済法に抵触する可能性があるため東証がGOを出さなかったからだそうだ。

ではこの「資金決済法に抵触するかもしれない」問題をクリアできたら、上場できるということなのでしょうか?

一部の報道ではメルカリは2018年6月をメドにマザーズに上場予定と報じていますが、真相は不明。

メルカリの小泉文明取締役社長兼COOは、「未上場の方が多くの投資ができる良さもある(から上場はまだしない)」というような、上場に慎重な意見もコメントしています。

そのため本当のところ、2018年6月に上場するかどうかすらよくわかりません。

とはいえもし上場すれば、時価総額は2,000億円を超える大型案件になる可能性が高く、投資家なら絶対に見逃せませんね!

「IPO株をどうやって買ったらいいかわからない!」という人は、まず「IPOの買い方と売り方!SBI証券から一番カンタンに応募する方法」を読みましょう。

日本のユニコーン企業といわれるメルカリ

メルカリは、日本のユニコーン企業※といわれています。

ユニコーン企業とは

非上場にもかかわらず、企業価値が10憶ドル(約1000億円)規模のベンチャー企業のこと。たいへん珍しいことから伝説の一角獣になぞらえてた名前で呼ばれています。

海外の有名なユニコーン企業には、アメリカのライドシェアリングサービス「Uber」や、中国のスマホメーカー「Xiaomi」、WEB民泊サービスの「Airbnb」などがあります。

メルカリはそうそうたる海外企業にも引けを取らない、急成長を遂げています。

ビジネスの幅を、人口減少や少子高齢化で需要の先細りが懸念される日本国内だけに限定せず、アメリカやイギリスに積極的に事業展開。

「家に居ながらにして使わなくなったものを出品し、ネットショッピング感覚でだれでも手軽に買い取りができる」このようなインターネットの利用法をビジネスにつなげ、普及させたメルカリの功績は大きいといえるでしょう。

フリマアプリ「メルカリ」が大人気!メルカリの会社情報

2013年7月に開始して以来、メルカリは急成長を続けています。メルカリの会社情報は次のとおりです。

会社名 株式会社メルカリ
Mercari, Inc.
代表取締訳会長兼CEO 山田進太郎
設立日 2013年2月1日
資本金 125億5020万円(資本準備金含む)
所在地 東京都港区六本木6丁目10 六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー

メルカリの設立は2013年2月ですから、たった4年でここまで売り上げを伸ばしたことになります。たくさんの人が期待する理由もわかるのではないでしょうか。

今後も活躍が期待できるメルカリのビジネスモデルについて解説します。

この山田進太郎って人が会長なのね、たった4年でなんてスゴイわ!
彼は早稲田大学在学中に、楽天で「楽オク」の立上げなどを経験したそうだ。「ラクマ」を運営している楽天は、かつての仲間に追い抜かれたってことだな。

メルカリはあらゆるユーザーが対象の「なんでも売れる」フリマアプリ

メルカリは、個人から個人へ簡単に物を売買できるフリマアプリです。

自分が要らなくなったものを出品すると、それを欲しい人が直接本人から買うことができます。

不要なものをリサイクル店に引き取ってもらったとき、いくら価値のあるものでも二束三文の値段にしかならず、悔しい思いをした経験がある人も多いですよね。

その点、メルカリは直売できるので、自分で値段を決めることができます。

また一般的なフリーマーケットだと参加するのに出店料がかかりますが、メルカリは出品するだけなら無料。

「女性限定」「出品ジャンル限定」のようにユーザーターゲットを絞らないので、不特定多数の人と売買するチャンスがあることが人気の秘密です。

法に触れるようなことがなければ、ほぼ「なんでも売れる」フリーマーケットなんです。

メルカリは「ヤフオク」とどう違うんでしょうか?
ヤフオクのようなオークションは出品物に入札者が「買いたい値段」を提示する競売形式だ。フリマは価格交渉は個別に行う。時間の制限などはないから、オークションより早く売買することができるぞ。

メルカリの手数料は3種類!会社は何もしなくても儲かる仕組み

メルカリのアプリはダウンロード・登録・出品どれも無料ですが、出品したものが売れると手数料がかかります。

メルカリが儲かる仕組みは、手数料にあるといってもいいでしょう。

メルカリの手数料は3種類です。

メルカリでユーザーが負担する手数料
  • 販売手数料
  • 支払手数料
  • 振込手数料

メルカリに出品して物が売れると、出品者側は販売価格の10%の販売手数料が必要になります。

その際、支払い方法によっては購入者側にも100円の支払手数料がかかります。

さらに売上金を現金にするとき、1万円未満で引き出すと210円の振り込み手数料がかかる仕組みになっているのです。

メルカリは場所を提供しているだけで儲けられる、まさに夢のようなシステムだといえるでしょう。

生鮮食料品の直売を強化!ポケットマルシェと業務提携

メルカリでひそかな人気を博している出品物が、野菜や果物などの生鮮品です。

メルカリでは「家庭菜園で作りすぎた野菜」や「買いすぎてしまったお米」など、一般家庭同士のやり取りだけでなく、実際に農業を営む側が、自家栽培で作った収穫したての旬の野菜を売るケースも多いです。

メルカリがポケットマルシェと業務提携し生鮮食品を販売を強化

農業協同組合(JA)や卸売市場を介すことなく直売するため、市場に出回っている野菜よりも「安価」に「新鮮」なものを手に入れることができることがメリット。

さらに「メルカリチャンネル」と呼ばれるライブ配信を使い、個々の野菜の説明や調理法を解説しつつ自家製野菜を売る側も現れ、大変な反響を生んでいます。

そんな「なんでも売れる」メルカリですが、この生鮮食料品の直売を今後はもっと強化していく予定です。

2017年9月末メルカリは、株式会社ポケットマルシェに、「ミドリムシ」の研究開発に特化した株式 会社ユーグレナ<2931>ととともに、第三者割当増資を決定。

今後は生鮮食料品の販売をより強化し、ポケットマルシェで取り扱う農産物の流通に貢献するとともに、生産者と消費者を直接つなぐ新しい農産物の流通形態をリノベーションしていくだろうと期待されています。

メルカリに立ちはだかる壁?メルカリが抱える社会的な問題点とは

ユニコーン企業ともてはやされるメルカリですが、ネット上で売買するフリーマーケットというビジネススタイルに何の問題もないわけではありません。

ここでは上場後、メルカリの株価に影響を及ぼす可能性のある問題点について解説します。

利用者の倫理観の欠如!「なんでも出品できる」ことが反作用に

不特定多数のユーザーを対象とした、「(ほぼ)なんでも売れる」ことで、社会的に問題になる場合も多くあります。

多くの人から注目を集めるメルカリだからこそ、常軌を逸した出品物が問題になり、非難が集中しました。

問題視されたメルカリの出品物例
  • 偽ブランド品など違法な出品物
  • 倫理的に問題がある出品物
  • 不良品

「あくまでも本人同士のやりとり」で売買を行うため、届いてみたら偽物だった、というケースも実際にあることも事実です。

現在メルカリでは偽ブランド品の出品は禁止されており、出品者には厳しいペナルティーが科されることになっています。

ケース1
「妊娠菌が付いているという妊娠米の販売」が問題になったことは、記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。

むろん妊娠菌などというものは迷信であり、全く医学的根拠はなく医薬品医療機器法に当たる可能性があるとして、その後削除されています。

ケース2
最近では「夏休みの宿題をメルカリで売っている」として、中高生向けの読書感想文や自由研究が出品されていることが問題になりました。

「他人がやった宿題を学校に提出する」ことは法的に問題があるわけではありませんが、本来宿題は本人の勉強のためにやるものであり、それを買い与える親側に倫理観の欠如を疑わざるをえません。

出品者側のモラルの欠如がメルカリの不名誉なニュースとして報道されれば、イメージの悪化にもつながります。

もし今後メルカリが上場するのであれば、このようなことで株価が翻弄されるようなことのないよう、出品物の精査も徹底して行う必要があるでしょう。

ええ~!メルカリって読書感想文まで売ってるの?私も学生時代にメルカリ欲しかった~!
バカモノ、夏休みの宿題くらい自分でやって当然だ!学生のうちに学ばなくてどうするんだ!
僕、メルカリで現金が売っているの見たことがあります!
よく知っているな!メルカリでは以前、例えば50,000円分の現金なら59,000円になるなど額面以上の値段で売られ、しかも売れ行きも悪くなかった。

現金の売買は出品の意図がよくわからず、またなぜ売れるのかもわからない「謎の出品物」として結構大きな話題になったが、マネーロンダリングの疑いがあるとして、現在は削除対象になっているぞ。

メルカリの株価に影響?メルカリの個人情報流出問題が発覚!

2017年6月、メルカリが管理するユーザーの個人情報が流出したとして、運営側の安全対策の不備が問われました。

個人情報の流出があったのは最大で約5万4,180名とされ、「意図しない第三者にお客さま情報が閲覧できる状態になっていた可能性がある」と報告されています。

情報の内容は、銀行の口座番号、購入・出品履歴、クレジットカードの下4桁と有効期限など。

不正利用される可能性はほとんどないと言われていますが、信用の失墜にもつながりかねない重大なミスであり、今後このようなトラブルにはくれぐれも注意してほしいものです。

売上高は100億円!?メルカリの決算報告(公告)

メルカリは第4期(2015年7月~2016年6月)の決算公告が、官報にて公開されました。

気になるメルカリの決算報告(公告)は、次の通りです。

株式会社メルカリの損益計算書(抜粋)
単位:百万円 第3期 第4期
売上高 4,238 12,256
営業利益 -1,104 3,286
経常利益 -1,100 3,262
当期純利益 -1,105 3,011
株式会社メルカリの貸借対照表(抜粋)
単位:百万円 第3期 第4期
資産合計 10,365 29,171
負債合計 8,757 16,109
株主資本 1,608 13,061
利益余剰金 -2,503 508

メルカリの売上成長率がわかるよう、上の表では前年(第3期)の決算と並べて掲載しています。

第3期から4期のたった一年間で、営業利益・経常利益・当期純利益ともにプラスに転じ、売上高は約3倍に増大しています。

損益計算書、貸借対照表ともに順調な推移を見せていますので、メルカリの業績に関しては今のところ全く不安はありません。

メルカリの業績ってスゴイのね!わたし、絶対IPOに応募しようっと!
メルカリの上場は十中八九安泰だろうが、中には直前に上場取消になるケースもある。

過去に上場が取りやめになったグラフィコの上場情報は「グラフィコ上場取消し!ドタキャンのグラフィコIPO情報」で読めるぞ!

上場すると株価が騰がるかも?メルカリ関連銘柄

メルカリの上場が決まったら、気になるのはメルカリ関連銘柄です。

ここではメルカリの上場決定ニュースや、上場日に影響を受ける可能性のある関連銘柄を紹介します。

東証マザーズに上場のITベンチャー企業、<2497>ユナイテッド

東証マザーズに上場している<2497>ユナイテッドは、スマホアプリの開発やネット広告を手掛けるITベンチャー企業です。

ユナイテッドはメルカリ(正確にはメルカリの前身企業)と資本業務提携しています。メルカリの14.5%の株式を保有しているほか、多額の出資もしているため、関連銘柄として注目されています。

メルカリの上場が予想されていた時点から、すでに買いが集まっており投資家の期待度の高まりがうかがえますね。

ユナイテッドの株価はこちらです。

メルカリ関連銘柄ユナイテッドの株価

メルカリのノウハウを生かし海外進出、<8031>三井物産

メルカリは2016年3月、三井物産や日本政策投資銀行などの大手企業6社などから総額約84億円の資金調達を完了したことをホームページ上で明かしました。

出資金額などの詳細は明らかにされていませんが、その6社のなかでも最も多く出資したのが三井物産です。

三井物産はかねてからインドネシアの高速携帯通信サービスやアフリカの高速モバイルデータ通信事業に参入するため、現地の企業に出資し、事業参画しています。

メルカリと業務提携することで、メルカリのフリマアプリの技術を応用。

インターネットを使った個人間取引を普及させるネットビジネスを海外に普及させていく予定です。

三井物産の株価はこちらです。

メルカリ関連銘柄三井物産の株価

メルカリに大手総合商社がそろって出資、<8001>伊藤忠商事

2014年3月、「グローバル・ブレイン」「グロービス・キャピタル・パートナーズ」「伊藤忠テクノロジーベンチャーズ」「GMOベンチャーパートナーズ」より14.5億円を調達したことが、メルカリのホームページ上で公表されています。

そのため伊藤忠テクノロジーベンチャーズの親会社である伊藤忠商事がメルカリ関連銘柄として注目されています。

伊藤忠商事と三井物産は、どちらも日本を代表する総合商社。

メルカリという強力なベンチャー企業をを仲間に引き入れたことで、総合商社間に繰り広げられる熾烈な上位争いに、どのような影響をもたらすのか見逃せませんね。

伊藤忠商事の株価はこちらです。

メルカリ関連銘柄伊藤忠商事の株価

メルカリ関連銘柄はいつ買えばいいんでしょうか?
もちろん上場前の今だ!関連銘柄の上昇が期待できるのは、上場承認のニュース後と、メルカリ上場日付近だと予想される。しかしメルカリが上場しなかったらすべて「おジャン」になるぞ!

IPOがなかなか当たらないあなたにSBI証券をおすすめする理由!

「IPOに頑張って応募するけど、なかなか当選しない」という人に質問です。

SBI証券の証券口座から応募していますか?

SBI証券はIPOチャレンジポイントという、個人投資家に有利な独自のサービスを提供しているネット証券なんです!

SBI証券のIPOチャレンジポイントは、IPOに応募するごとにコツコツ貯めることができ、貯めたポイントを使ってIPOに応募すると当選確率が上がるというもの。

つまりSBI証券でIPOに応募し続けているお得意様が、優遇される制度なんですね。

IPOに当選しなくてもポイントは付与されます。少しづつポイントを貯めて、「これは絶対外したくない!」という本命IPOにポイントを使いましょう。

SBI証券のIPOチャレンジポイント、実はたっぷり貯まってるんだよね、うふふ~!私、メルカリIPOは絶対当選したいから、ポイント使っちゃおうかなあ!
まてまて。メルカリは上場自体まだ決まっていないから、引受証券会社も当然決まっていない!気が早いにもほどがあるぞ!

しかし希望のIPOが発表されてから慌ててSBI証券の口座を作ったとしても、ポイントがすぐに貯まるわけではありません。

まだSBI証券の口座を持っていない人はすぐにでも口座を作り、IPOチャレンジポイントを貯めることをおすすめします!

口座開設はこちらからできます。

今年最大のIPO銘柄になるか?メルカリ上場で今年を締めくくろう!

この記事では、上場が予想される話題のIPO銘柄メルカリについて解説してきました。

メルカリはもし上場が決定すれば、時価総額が2000億円規模といわれています。日本のユニコーン企業にふさわしい大きなIPOになることは間違いないでしょう。

もし上場した暁には、皆をあっと驚かせるような斬新なアイデアや決算発表で、さらにマーケットを盛り上げてくれることを期待したいですね。

今後、上場日やブックビルディング期間が新たに決定すれば、そのつど当サイト上で情報を公開していきますので、楽しみに待っていてください!
※2017年11月現在

No tags for this post.