LedgerNanoS

ハードウェアウォレットでも注意!マルウェア感染が危ない

ハードウェアウォレットがマルウェアに感染されると盗まれる危険性があります。 コインチェック事件以降、仮想通貨取引所に通貨を預けるのは危険だと思った方はたくさんいると思います。 そこで取引所よりもハードウェアウォレットに通貨を入れておけば安心と考えた人も多いはずです。 しかしハードウェアウォレットも完全に安全ではありません。 ハードウェアウォレットでもマルウェアに感染するとアドレスが書き換わり違うアドレスへ送金されてしまう恐れがあります。 ここで怖いのが小額送金の場合はアドレスが書き換わらず、多額になったとたんにアドレスが変わるマルウェアがあります。 さらに怖いのがウィルス対策ソフトでもこのマルウェアは検知されないことがあります。 そのため、送金など行う際は必ずハードウェアウォレットのアドレスが一致しているかの確認を行うことが大切ですね。 マルウェア感染を完全に防ぐことは難しいので、送金専用のPCを使ったり、必要なときだけ送金をして送金回数を減らすことが現在できる対策かと思われます。

LedgerNanoS(レジャーナノS)にリップル(XRP)を送金する方法!

LedgerNanoS(レジャーナノS)に仮想通貨のリップル(XRP)を送金・受信する方法を画像入りで詳しく記載しています。通常リップルを送る際はタグを入力しますが、レジャナーナノSに送金する際はタグの設定がありません。詳細は本文を参考にしてください。

レジャーナノSにリップルを送金する方法

LedgerNanoS-リップル送金方法

コインチェックの不正送金事件が起こりハードウェアウォレットに注目が集まっています。中でもリップル(XRP)を保管できるLedgerNanoS(レジャーナノS)が非常に人気をよんでいます。

LedgerNanoS本体には詳しく記載された日本語の取り扱い説明書が入っていませんので、リップルを保管・送金する際に戸惑う部分もあると思います。

ここではレジャナーナノSにリップル(XRP)を送受信する方法を、画像付きで分かりやすくまとめています。

LedgerNanoSにリップルを送金する手順

  1. レジャーナノS本体にリップルアプリをダウンロードする
  2. パソコンにリップルウォレットアプリをダウンロードする
  3. パソコンのリップルウォレットをレジャナーナノSで起動する
  4. 表示されたアドレスにリップルを送金する

LedgerNanoSにリップルを送金する方法は一度分かれば簡単です。ここでは初めてレジャナーナノSを使う方でもリップルの送金方法が分かるように画像付きで解説しています。

①レジャーナノS本体にリップルアプリをダウンロードする

まずは、レジャナーナノS本体にリップルアプリをダウンロードします。

リップルアプリはLedger社公式サイトからダウンロード可能です。

LedgerNanoS-リップル送金方法

LedgerNanoS本体は、予めPCにつないでおいて、PINコードは解除しておきます。

下記のような通貨一覧が表示されるので、この中からRippleの下矢印ボタンをクリックします。

LedgerNanoS-リップル送金方法

LedgerNanoS本体側で、「Allow Ledger maneger?」(和訳:許可しますか?)という表示が出るので、右側のチェックボタンを押します。

LedgerNanoS-リップル送金方法

これでLedgerNanoS本体にリップルをダウンロード完了です。

次に、パソコンにリップルウォレットアプリをダウンロードするので、一旦LedgerNanoS本体はパソコンから取り外して、Ledger manegerのページも閉じてしまってOKです。

②パソコンにリップルウォレットアプリをダウンロードする

次にパソコインにリップルウォレットアプリLedger社公式サイトからダウンロードします。(私の環境はWindows10)

画像の通りに進めてしまって問題ないです。

LedgerNanoS-リップル送金方法-04

公式サイトからLedgerNanoSのアイコンをクリック → 次にリップルウォレット「Instsll Ripple wallet」をクリック → 次の画面で右側のボタン「GET THE APP」のボタンを押すと、ダウンロードページまでジャンプします。

LedgerNanoS-リップル送金方法

「DOWNLOAD」のボタンを押してPCにリップルウォレットをダウンロードします。

LedgerNanoS-リップル送金方法

どこに保存するかを選択できますがデフォルト(そのまま)の状態で問題ないので「Next」ボタンを押します。※PCのバージョンによって画面は異なります。

LedgerNanoS-リップル送金方法

次にデスクトップにショートカットのアイコンを作るかどうかのチェックを入れることができます。どちらでも問題ありませんが、分からない場合はチェックを入れておきましょう。

LedgerNanoS-リップル送金方法

次にInstallボタンを押すとパソコイン本体にリップルウォレットアプリをダウンロードすることができます。以上でPCにリップルウォレットアプリのダウンロードが完了です。

③パソコンのリップルウォレットをレジャナーナノSで起動する

次にPCにダウンロードしたリップルアプリをLedgerNanoS本体を使って開きます。うまく開かない場合はパソコンを一度、再起動させてみてください。

LedgerNanoS-リップル送金方法

アプリを開いて、LedgerNanoS本体のPINコードを入力し、リップルにカーソルを合わせてボタン二つ押しで下記の画面に移ります。

LedgerNanoS-リップル送金方法

上のメニューバーの左から三番目にLedgerNanoS受信先のアドレスとQRコードが記載されています。

LedgerNanoS-リップル送金方法

後は、この表示されているアドレスにリップルを送金するだけです!

④表示されたアドレスにリップルを送金する

リップルウォレットアプリに記載されているアドレスにXRPを送金します。

リップルの送金時には通常はアドレスと同時にタグを入力しないといけませんが、LedgerNanoSのリップルウォレットに送金する際はタグの入力は必要ありません。

私は国内取引所のbitbank.cc(ビットバンクCC)からLedgerNanoSに送金しましたが、送金にかかった時間は数秒でした。送金手数料は、0.15XRP(この時のレートでは日本円で約15円)でした。※この送金手数料はビットバンクのネットワーク手数料でXRPの手数料自体は0.00001XRPともっと安いです。

試しに、20XRPを始めに送金して着金を確認してから、残りのXRPを全てウォレットに移しました。

LedgerNanoS-リップル送金方法

任意ではありませんが、一度テスト送金は行っておいた方が良いと思います。アドレス等の人為的なミスがあってセルフGOXとなったら大変なので、テスト送金で確実に着金するのを確認してから本送金することをおすすめします。

LedgerNanoS-終了方法

LedgerNanoSを使い終わったら「Quit app」(アプリを終了する)画面で、左右ボタン同時押しで終了します。※LedgerNanoSはUSB端末ではないのでコードからそのまま抜き取っても問題ありません。

LedgerNanoSからリップルを送金する方法

LedgerNanoSのリップルウォレットに入っているXRPをどこかのアドレスに送る際は、リップルウォレットを起動 → LedgerNanoS側でPINコードを入力 → LedgerNanoSでリップルを選択して左右のボタン二つ押し。

LedgerNanoS-リップル送金方法

上記の管理画面の上部メニューバーの左から二番目のアイコインをクリックします。

LedgerNanoS-リップル送金方法

送りたい数量を入力。送金先のアドレスを入力します。

  1. 送りたい数量を入力
  2. 送金先のアドレスを入力
  3. 送金手数料
  4. 送金量+送金手数料

最後に、右下の「SEND」をクリックします。

次に、LedgerNanoS本体の「Confirm transaction」のチェック側(右側)のボタンを押します。

LedgerNanoS-リップル送金方法

以上でLedgerNanoSからXRPを他のアドレスに送信することができます。

LedgerNanoS-終了方法

使い終わったら、LedgerNanoSはそのままコードから抜き取ってもなんの問題もないらしいですが、選択画面で「Quit app」(アプリを終了する)という画面があるので、この画面で左右ボタンを同時押しで終了しましょう。


LedgerNanoS(レジャーナノS)は現在品薄状態になっていますが、Amazon等のショッピングモールなどでは購入せずに、日本公式代理店Earth Shipで購入するかフランスのLedger社から購入することをおすすめします。