Libra(リブラ)

No tags for this post.

遂にリブラは幻か。G20で発行不認可の結論下る

新仮想通貨としては異例の話題を振りまいてきた「リブラ」ですが、このたび絶望的と思える結果を迎えてしまったようです。

G20では金融面でのリスクなどを理由に、各国でリブラの発行を当面認めない結論が下されました。

以上の結果に至った要因を解説します。

要点

・Facebook発仮想通貨「リブラ」不認可決定
G20で発行不認可の方針が決まり、幻となったリブラ。発行に至らなかった要因を解説します。

 

G20でのリブラ不認可の要因

10月17~18日にかけて、アメリカ・ワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されました。かねてから話題になっていたFacebook発仮想通貨であるリブラについて、金融面などでの深刻なリスクから発行不認可の結論が下りました

リブラにはローコストかつスムーズな送金で経済活動を活発化できるなどのメリットがある一方、主に2つの致命的なリスクがあったとされます。

1つ目は個人情報流出などのセキュリティ問題です。過去には取引所がハッキングされ仮想通貨が流出するなど、サイバー犯罪が幾度となく発生しています。

リブラの発行元であるFacebookでも過去には2019年4月のユーザー情報、9月の登録者の電話番号と複数回流出事件を起こしており、セキュリティに対する意識が低いと政治家たちに判断されたようです。

2つ目はマネーロンダリング対策が不十分であることです。仮想通貨も過去に流出したビットコインがロンダリングされたと考えられており、話題性の高いリブラが発行されてすぐにそうした犯罪に巻き込まれると、経済界への悪影響が避けられません。

しかしG20においてリブラはマネーロンダリング対策も満足にできていないと判断されたようです。

以上の背景からG20がリブラの発行を阻止した結果になりました。

 

金融界の有力者もリブラに否定的発言

今回のリブラ発行不認可を受け、JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOがコメントを発表しています。

リブラはしっかりしたアイデアだけど一生実現しないものだっただろう。

ダイモン氏もリブラに対し辛辣な見方しかできなかったことがうかがわれます。

G20閉幕当日の18日には、ゴールドマンサックスとともにJPモルガンがリブラプロジェクト参加を辞退したことも報道されています。こちらの理由もマネーロンダリング利用などによる経済的な悪影響と考えられています。

世界的二大金融グループが、Facebook肝いりのプロジェクトに揃って難色を示したことは、リブラの発行がいかに困難なものだったかを象徴しています。

 

大手会社が次々とリブラ協会が離脱していたが

リブラプロジェクト頓挫には予兆がありました。11日にeBay、Mastercard、Visaなどの7つの企業グループが、リブラ協会から脱退しています。

これらの企業はリブラが当初発表したホワイトペーパーに設立メンバーとして記されていましたが、プロジェクトの先行きが懸念される背景から身を引いたと考えられています。

しかしこのようなニュースがあってもなお、10月18日の閉幕当日では1500を超えるグループがリブラ協会への参加を希望しているとのことです。

また、eBayやMastercardらと違い、設立メンバーとして加盟を続けている企業もそうそうたるもので、なかには配車サービスでおなじみのUber、音楽アプリのSportify、2018年6月に日本に進出したアメリカの仮想通貨取引所Coinbaseなどが含まれています。

未だ根強いバックアップを味方に、リブラが発行を目指して次のプランに打って出る可能性も否定できません。

 

まとめ

2019年10月18日に閉幕したG20の結果、仮想通貨リブラの発行の道は閉ざされてしまいました。

個人情報流出などのセキュリティ問題や、マネーロンダリング対策が不透明であることなどが要因とされます。

しかし、まだまだ世界中の大手企業がリブラを支援しており、発行元であるFacebookともども 次の動向が注目されているのも事実です。

大逆転でリブラ発行が決まる日が来るのでしょうか。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

“「Libra」はそのサービス開始前からフランスとドイツでブロックされることが決定済み。” / “仮想通貨「Libra」からBooking Holdingsも離脱決定で初期パートナーから4分の1が離脱することに

No tags for this post.

VISA、マスターカード、イーベイ、ストライプ、マーカドパゴの5社が、仮想通貨リブラの管理をするリブラ協会から脱退するとと発表した。

No tags for this post.

「リブラとの関係を考え直せ」 米議員がVISA、マスターカードなどに書簡 

No tags for this post.

フェイスブックの仮想通貨リブラに裏付けされたリブラ?? Devconでパブリックブロックチェーンの「Open Libra」発表 

No tags for this post.

【仮想通貨】フェイスブック、「リブラ」に暗雲 ペイパルが撤退

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/05(土) 19:57:53.56 ID:CAP_USER
米フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」の先行きに暗雲が垂れ込めてきた。電子決済大手の米ペイパル・ホールディングスがリブラ運営団体への加盟を見送ると表明し、ほかの企業の脱退観測もくすぶる。各国の金融当局は強い懸念を示しており、利便性向上と収益の多角化を狙う戦略が試練を迎えている。

ペイパルは4日、「現時点では(運営団体の)リブラ協会への参画を見送る」との声明を発表した。世界の金融当局が懸念を示しており、規制や監督強化を警戒したとみられる。ペイパルはインターネットを活用した決済サービスをいち早く広めた一社で、フェイスブックでリブラ事業を担当するデビッド・マーカス氏はペイパル出身だ。「身内」の離反は痛手となる。

フェイスブックは6月にリブラの構想を発表した。各国の金融当局はグループ全体で27億人の利用者を抱えるフェイスブックが国境をまたいで簡単に送金や決済ができるサービスを始めると、マネーロンダリング(資金洗浄)などのリスクが高まると警戒。中央銀行の金融政策の有効性も失われかねないとの懸念も広がっていた。

米国では金融当局がリブラ協会に参画する意向を表明した企業に対して法令順守体制の確認などを非公式に要請したもようだ。こうした動きを受け、企業の間でも「法的拘束力のない覚書を交わしていただけで、加盟したわけではない」(米ビザのアルフレッド・ケリー最高経営責任者)など、慎重な姿勢が目立っていた。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は10月初め、ビザや米マスターカードなどもリブラからの撤退を検討していると報じた。マーカス氏は報道を受け、ツイッターで「リブラ協会の最初のメンバーは数週間内に決まる」と説明。6月に構想を表明した際は28社・団体が参画すると説明したが、ここからの増減がリブラの勢いを占う試金石のひとつとなる。

フェイスブックは当初、リブラのサービスを2020年に始めるとの目標を示したが、金融当局などの反発を受けて、「適正な承認を受けるまでは提供しない」(マーカス氏)との姿勢に転じている。ただ、予定が大幅に遅れたり断念に追い込まれたりするようなことがあれば、同社の経営への影響は不可避だ。

同社は16年の米大統領選における個人情報の不正利用といった問題を受け、個人情報やそれを過度に活用した広告ビジネスへの依存を下げようとしている。

リブラに代表される決済サービスは新たな収益の柱として社内外の期待が大きく、中国ではネット企業が決済サービスを大きな事業に育てた例もある。フェイスブックの動きはこれにならうものだが、今後の展開によっては成長戦略に黄信号がともりかねない情勢だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50655550V01C19A0EA5000/

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570273073/ダウンロード (3)

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】Facebook「日本企業のみんな!一緒にリブラ運用してくれ!」

1: ビタワンくん(東京都) [EU] 2019/10/05(土) 16:32:49.93 ID:u+PZUtSC0 BE:228348493-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
100社がリブラ協会にそろって初めてガバナンスが実現。日本企業の力が必要
Facebook子会社カリブラ幹部がb.tokyo2019で登壇
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/event/1210708.html
カリブラのイメージ。テキストメッセージを送る感覚で送金できる
https://crypto.watch.impress.co.jp/img/ctw/docs/1210/708/image21_o.jpg

N.Avenueが主催するブロックチェーンカンファレンスb.tokyo2019にて10月3日、
Facebook子会社のCalibra・ビジネス開発ディレクターのキャサリン・ポーター
(Catherine Porter)氏が登壇した。
カリブラ(Calibra)は、Facebookが2020年に提供予定の仮想通貨リブラ(Libra)用の
ウォレットを開発している。リブラを運用するリブラ協会には、Fecebookと
カリブラを合わせて1組織という形で加盟している。リブラ開発の中核企業でもある。

ポーター氏は「100社がそろった段階ではじめて協会のガバナンスが実現する。
1つ1つの組織が、リブラの運用に平等に関わることとなる。
是非日本企業にも参加して欲しい」と述べた。

7月にマネックスグループが、リブラ協会に参加申請を行ったことを明らかにしている。
SBIホールディングスの北尾氏もリブラ協会への参加を検討中とコメントしている。
いずれも子会社に仮想通貨交換所を持つため、協会に加入となれば
リブラの国内展開には大きな影響を与えるだろう。

リブラは、仮想通貨が抱える価格変動(ボラティリティ)の問題に対して、
複数国の法定通貨に連動した通貨バスケット制を採用することで
価値の安定化を図る。独シュピーゲル紙の発表によると、
米ドル50%、ユーロ18%、英ポンド14%、日本円11%、シンガポールドル7%がその比率だ。

リブラの通貨バスケットは、国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)の設計と似ている。
異なる点は、ペッグ通貨に中国人民元が含まれない点で、
代わりにシンガポールドルを採用している。シンガポールドル採用の理由について
ポーター氏は通貨バスケットの仕組みはリブラ協会が取り決めていると前置き、
「歴史的かつ安定性のある通貨」を採用していると話した。

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570260769/ダウンロード (3)

続きを読む No tags for this post.

【仮想通貨】Facebook主導のリブラ協会、PayPalも脱退検討か VISA、MasterCardに続き

1: ゾン太(東京都) [US] 2019/10/04(金) 21:25:26.77 ID:EviyO75h0● BE:295723299-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
PayPal、リブラ協会から脱退か――ビザ、マスターカードに続く不穏な動向
10/4(金) 11:53配信
0
CoinDesk Japan
PayPal、リブラ協会から脱退か――ビザ、マスターカードに続く不穏な動向
PayPal、リブラ協会から脱退か――ビザ、マスターカードに続く不穏な動向
フェイスブック(Facebook)が主導する仮想通貨「リブラ」プロジェクトを推進する、リブラ協会(Libra Association)から創設メンバーの1社が、脱退するかもしれない。

フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)が10月3日(現地時間)に報じたところによると、決済サービス提供企業のペイパル(PayPal)は、リブラがここ数カ月間受けてきた規制当局による反発もあり、プロジェクトからの撤退を検討しているという。

フィナンシャル・タイムズによると、ペイパルの関係者らは10月3日(現地時間)に開かれたリブラ協会の会合に出席しなかったという。より大きな混乱の兆候かもしれない。

フェイスブックがリブラを最初に発表したのは今年6月で、銀行口座を持たない10億人以上の個人に、どのスマートフォンからでもアクセス可能なステーブルコインを通じて、金融サービスを提供するという壮大な野望を明らかにしていた。

プロジェクトの一環として、リブラはフェイスブック及びその子会社カリブラ(Calibra)を含む100のメンバーからなる運営協議会によって監視される。ペイパル、ビザ(Visa)、マスターカード(Mastercard)、ウーバー(Uber)その他22社の著名な決済サービス企業などが、リブラ協会と呼ばれる協議会の設立メンバーとして名を連ねている。

リブラ協会のポリシー・コミュニケーション担当責任者のダンテ・ディスパルテ(Dante Disparte)氏は、リブラのようなプロジェクトの構築は「簡単な道のりではない」とフィナンシャル・タイムズに声明で述べた。この声明は、CoinDeskにも共有された。

「我々は、変化は困難であり、この旅路を歩み始めた各組織は、リブラが約束する変化を最後までやり通すことにコミットするリスクと恩恵につき、独自で評価しなければならないことを認識している」と同氏は語った。

本件の発覚は、ビザ及びマスターカードもプロジェクトからの撤退を検討しているというウォールストリートジャーナル(Wall Street Journal)の報道を受けたものだ。ペイパル同様に、これら企業は、リブラに対する規制当局の反発と精査が、自社の既存事業にも及ぶことを懸念している可能性がある。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00043688-coindesk-bus_all

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570191926/ダウンロード (1)

続きを読む No tags for this post.

『Facebook新事業:仮想通貨Libraまとめ』

No tags for this post.

フェイスブック仮想通貨リブラ、シャドーバンキングシステム構築の可能性=米大手銀行が警告

No tags for this post.

フェイスブック社内会議の音声が漏洩 ザッカーバーグCEOが仮想通貨リブラについて語る

No tags for this post.

VISAとマスターカード、フェイスブックの仮想通貨リブラへの支援を「再考」=WSJ報道 | マーカス氏は記事を批判

No tags for this post.

【仮想通貨】Facebookの仮想通貨リブラ、2020年6月ローンチの遅れ示唆 ~Libra協会幹部「1・2四半期の遅れは問題ではない」

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/30(月) 12:28:16.32 ID:CAP_USER
https://crypto.watch.impress.co.jp/img/ctw/docs/1209/867/image01_o.jpg
(Image: Blue Planet Studio / Shutterstock.com)

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨プロジェクト「Libra」(リブラ)について、リブラの運営主体となるリブラ協会のバートランド・ペレス(Bertrand Perez)マネージングディレクターは、「ローンチが1、2四半期遅れることは大きな問題ではない」と語り、当初計画していた2020年6月のローンチが遅れることを示唆した。ロイター通信が9月27日に伝えた。
Launch of Facebook's Libra could be delayed over regulatory concerns: executive - Reuters(英文)
https://www.reuters.com/article/us-facebook-libra/launch-of-facebooks-libra-could-be-delayed-over-regulatory-concerns-executive-idUSKBN1WC1DE

今年6月に発表されたリブラプロジェクトは、2020年前半のローンチを計画。だが、直後から世界各国の規制当局や政治家を中心に、プライバシーの保護や国家の金融政策への脅威になると懸念が噴出した。フランスとドイツは、欧州での運営を阻止する方針を共同で表明している。

Facebookのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOや、Facebookがリブラのウォレットを開発するために設立した子会社Calibra(カリブラ)のデビッド・マーカス(David Marcus)CEOは、これまで聴聞会や取材などに応じている。彼らは「規制上の懸念をクリアしてからサービス提供を始める」と述べてきたが、具体的なローンチ時期の修正には言及してこなかった。

ロイターの報道によると、ペレス氏は現在も欧州や他の地域の規制当局との話し合いが続いていると述べ、「私たちが6月にリブラを発表したとき、2020年6月のローンチが私たちの目標だった。しかし重要なのは規制を遵守することであり、規制当局が我々のソリューションに十分に安心感を持ってくれることだ。1、2四半期の遅れは問題にならない」と付け加えた。

リブラはFacebookが運営するサービス内での使用を想定し、運営はFacebook、カリブラのほかにビザ(VISA)やマスターカード(Mastercard)など28社(初期メンバー)から構成されるリブラ協会が担う。現状はFacebookのプロジェクトというイメージが強く、リブラ協会の影は薄いが、ペレス氏は「リブラプロジェクトはFacebookから独立している」とも強調した。

2019年9月30日 10:57
仮想通貨 Watch
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1209867.html
ダウンロード

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569814096/

続きを読む No tags for this post.

フェイスブックの仮想通貨リブラ「EUの規制当局と協議中」=協会幹部が明かす 国連SDGsに役立つとも

No tags for this post.