0a:bitflyer(ビットフライヤー)

No tags for this post.

衝撃!bitFlyerが新規顧客受け入れを停止!2018年下半期はどこの取引所を使えばいい?

本日22日のNHK NEWS WEBにて、bitFlyerが新規の顧客受け入れを停止することが判明しました。

理由は、金融庁の業務改善命令を受けての、経営改善とのことです。

 

要点

・業界に衝撃が走る
コインチェックが本格始動していない中「国内最大手」の地位をとっていたbitFlyer。

突然の新規顧客停止に衝撃が走っています。

・2018年下半期に登録すべき取引所

コインチェックとbitflyre大手2社が登録できない今、おすすめの取引所を紹介します。

bitFlyerが新規顧客受け入れを停止

NHKニュースによると、bitFlyerは本日午前に金融庁から、マネーロンダリング対策などの内部管理がなされていないとし、業務改善命令を受けました。

これを受けて、bitFlyerは当面の間、新規の顧客受け入れを停止することを発表しました。

※追記 ツイッターで公式アナウンスがありましたが、新規顧客受けれ入れ開始時期は触れていないもようです。

新規顧客受け入れ開始時期は?既存の顧客のサービスは継続

ただし、サービスを停止することはなく、既存の顧客の取引は継続するとのことです。

本稿執筆時点(22日15時)で、公式の発表はなく、わかっている事実は「bitFlyerの新規登録ができなくなる」ことだけです。

NHKの取材に対し、ビットフライヤー側は「現時点ではお答えできない」とコメントしているとのことです。

 

今後の展開と影響は?

まずは、公式の発表を待ちましょう。

現時点で、bitFlyerは国内最大手の取引所だったので、今回の報道は金融庁の規制強化がわかるものでした。

また、夏はSBIなどの参入も控えており、仮想通貨業界の地位が変わる可能性もあります。

 

2018年下半期はどの取引所を利用したほうがいいのか

では、これから取引所に登録するとしたらどこに登録すればいいでしょうか?

おすすめはBITPointとGMOコインです。

 

おすすめの取引所①BITPoint

ビットポイントは、ビットフライヤーが停止している今、もっともおすすめできる取引所です。

①ビットフライヤーを除いて、国内で唯一信託保全がある取引所である
②海外展開やテレビCMなど新規顧客の獲得に力を入れると発表しており、サービスの拡大が期待できる

先日、決算説明会では、今期の強気の売り上げ目標も発表したばかりです。

今期は新規顧客の獲得に力を入れるとも発表しており、良くも悪くもビットフライヤーと真逆の動きとなりそうです。

おすすめ取引所②GMOコイン

GMOコインもビットポイント並び、これからのサービスに期待できる業者です。

直近では国内で2社目となるアルトコインのレバレッジサービスも開始しています。また、直接関係はないですが、マイニングマシンの発売や、将来的には取引所の開設も検討しているとのことです。

 

まとめ~2018年に登録をおすすめする取引所~

BITPointGMOコインはビットフライヤーがない現在、もっともおすすめする取引所です。

 

BITpoint サービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

BITPointでは最大25倍のレバレッジ取引が可能。

そして何より、国内で唯一の信託保全があるので、安心して取引できます。

 

GMOコイン サービス概要

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

GMOコインではビットコインの最大10倍のレバレッジ取引が可能。

イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュではレバレッジ最大5倍の取引が可能です。

BITPointのほうがやや手数料は安いですが、他の取引所も加味すると、この2社の手数料は国内でもトップクラスの低さです。

ビットフライヤーに関しては、まずは公式の発表を待ちましょう。新規顧客の受け入れ再開時期によっては、業界に大きな影響を与える可能性もあります。

そして、上に挙げた2社はこれからサービスが充実し、注目を浴びる取引所です。

まだ登録していない方は、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

 

BITPOINT公式サイトはこちら

GMOコイン公式サイトはこちら

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤーライトニングとは?使い方を徹底解説!

ビットコインでFXをしてみたいけど初心者で失敗しそうと思っている方はいませんか? そんなFX初心者におすすめなのがビットフライヤーライトニングです。 国内の大手仮想通貨取引所のビットフライヤーは知っているけど、ビットフラ ... No tags for this post.

【ここが安い】仮想通貨取引所の手数料ランキング6選!徹底比較して通貨ごとに一番安いおすすめ取引所を紹介します!

仮想通貨の取引のときにかかる手数料は取引所ごとに大きく異なります。 今回は取引所の中で手数料が安い取引所をランキング形式でご紹介します。 また、手数料は全て一覧にまとめていきますので、取引所の手数料を見比べたい方はぜひ参 ... No tags for this post.

bitFlyer(ビットフライヤー)で入金する方法を徹底解説!

国内最大級の仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)。 世界一の安全性と認知度の高い仮想通貨取引所で、ビットコインだけでなく数多くのアルトコインやトークンを取り扱っています。 そのため、ビットフライヤーのアカ ... No tags for this post.

国内の仮想通貨取引所・資本金額が多いTop3のサービス内容を比較してみました

今回は、国内の仮想通貨取引所の中でも資本金額がTop3に入る会社を比較してみました。それぞれ、取り扱い通貨や手数料などを主に比較しています。資本金が多いのは何か特徴はあるのでしょうか?

資本金とは?

資本金は、ビジネスの元手金のことです。会社がサービスを展開していくうえでの資金ということですね。

つまり、資本金が多いと基本的に、その会社ができることは多くなります。

資本金が多い=売上が多いというわけではありませんが、額が大きい取引所はどのようなサービスを展開しているのかみていくことにしましょう。

 

bitpoint 1位・44億3,000万円(資本準備金含む)

1位はbitpointです!国内大手といえば、「bitFlyer」のイメージが多いかたもいると思いますが、実はbitpoint資本金では1位となっています。

bitpointは、信託保全を導入した日本で初めての取引所です。それは、資本金の多さの証明でもありますね。

信託保全とは

取引所と銀行が締結を結び、万が一、取引所が倒産しても、銀行が顧客の資産を保証してくれる制度のことです。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュの5種類です。

他の取引所と比較すると、やや取り扱い通貨は少ないですが、手数料では申し分なしですね。

まさに、資本金1位といったサービス内容です。

 

bitFlyer 2位・41 億 238 万円(資本準備金含む)

2位はbitFlyerです!こちらはメディアにでる機会も多く、知っている方も多いのではないでしょうか。

ビットコイン取引高では国内1位を記録。国内の大手企業から多くの融資を受けているのも大きな特徴です。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
7種類 216円~756円 0.01%~0.20%(現物) 15倍 0.04% あり

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムクラシック・リスクです。種類は申し分ないですが、リップルは取引できません。

bitFlyerも信託保全を締結しているので、安心して利用できますね。

その分、手数料の高さはややデメリットです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

QUOINEX 3位・約20億円(資本準備金含む)

3位はQUOINEXです!日本だけではなく、アジアにサービスを展開しており、高い流動性が特徴の取引所です。

日本で初めて金融庁に認可され、独自のトークンも発行しています。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 最大500円 無料 最大25倍 0.05% なし

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・キャッシュ(QASH)です。キャッシュは独自で発行しているトークンで、QUOINEXでしか取引できません。

レバレッジは25倍と申し分ないですね。

しかし、上の2社と比較すると信託保全がないので、安心感はやや劣りまが、セキュリティーは万全の対策をとっています。

 

まとめ・資本金の多さで選ぶならbitPoint

資本金の多い3社を比べてみると、どこも優良なサービスを展開しており、安心して利用できる取引所というのがわかりましたね。

特に、国内で1位・2位の2社は、どちらも信託保全を締結しており、資本金の多さを証明しています。

その中でも、資本金1位を誇るbitPointは、手数料も安く、国内最高クラスのサービス提供しているでしょう。

まだ3社のうちで開設していない取引所があればこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

bitpointの公式サイトはこちら

 

 

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??

「ビットコインは持っているけれど、近くに利用できる店舗がない。」「ビットコインを何かに使ってみたい。」そういった悩みがある人も多いのではないでしょうか。以下で紹介するVISAプリペイドカードは、ビットコインでの入金を可能としたカードとなります。

以下では、『バンドルカード』と『bitFlyer VISAプリペイドカード』の2つのVISAプリペイドカードを紹介し、バンドルカードの登録方法を紹介します。


ビットコインプリペイドカードが持つメリット

「現金に換金する必要なく」ビットコインを利用することができる点がビットコインでチャージできるVISAプリペイドカードのメリットです。

通常、ビットコインを取引所内で売却し円に換金した後、銀行口座へ出金することが必要ですが、その手間もなくビットコインを利用することができます。

また、ビットコインをVISAタイプのプリペイドカードに円建てでチャージできるため、まわりにビットコイン決済ができるお店がなくて困っていた方も、これにより様々な所で利用することが可能になります。

『バンドルカード』とは

『バンドルカード』は、コンビニやクレジットカードなど様々なチャージ方法を可能としているVISAプリペイドカードです。登録無料ですぐに使い始めることができ、ビットコインからのチャージも可能となっています。

スマートフォンアプリをインストールすると利用することができ、インターネット専用で利用するバーチャルカードと、実際の店舗で利用できるプラスチックカードも300円の手数料を支払うことで発行することが可能です。

「バンドルカード』はプリペイドタイプのカードなので、事前にカードに対してチャージした分を利用することができます。また、VISAプリペイドカードであるため、VISAクレジットカードが利用できる場所ならばほとんどの場面で利用できるのです。

使いすぎが心配でクレジットカードはなるべく使いたくないという方や、クレジットカードの発行できない18歳未満の方にオススメです。

バンドルカードのVISAプリペイドカードの登録はこちらから利用ください。

bitFlyerのVISAプリペイドカードとは

ビットコインを「円建て」でチャージして、国内外のVISA加盟店で利用ができるプリペイドタイプのカード「bitFlyer VISAプリペイドカード」があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)から送られてくる「カード」の受け取りと、「バンドルアプリ」をダウンロードし設定を完了させることで利用を開始することができます。

また、カードへのチャージは、ウェブまたはアプリから自身のbitFlyer(ビットフライヤー)アカウントへログインすることで可能です。

bitFlyerのVISAプリペイドカードの登録方法に関してはこちらを参照ください。

「bitFlyer VISAプリペイドカード」サービスの詳細・特徴

手数料

入会金、年会費、利用料は「無料」です。

※ただし、「バンドルアプリ」について、一定期間未利用の場合は維持手数料として残高から100円が30日毎に引かれてしまうようです。

残高の確認方法

残高は「バンドルアプリ」で確認することができます。

プリペイド式

カードにチャージした分のビットコインだけを利用することができるので、クレジットカードのように使いすぎることはありません。

また、このプリペイドカードは「VISA」のプリペイドカードであるため、VISAの加盟店で利用することができるので、国内の店舗やレストランでの利用はもちろん、海外のVISA加盟店でも利用することが可能です。

またネットショッピングにも、クレジットカードと同様に、登録して利用することができます。

その他詳細

1回あたりのチャージできるビットコインの金額やそのた上限額は円建てで換算されます。
また有効期限も5年と設けられております。

  • チャージ上限額 1 回:3 万円、月間:12 万円、カード有効期限内:100 万円
  • 残高上限額 10 万円
  • 有効期限 5 年

『バンドルカード』の登録方法

バンドルカードは、スマートフォンアプリをダウンロードして利用を開始します。
iPhoneをお持ちの方は『AppStore』で、Android端末をお持ちの方は、『GooglePlay』でアプリをダウンロードしてください。

アカウント作成

アプリのダウンロードが済んだら、アカウントを作成します。
バンドルカードで使いたいユーザーIDとパスワードを決め、入力しましょう。

そして次に、生年月日、性別を入力します。

バンドルカードの作成に年齢制限はありませんが、未成年の場合は保護者の同意が必要になります。未成年の方はきちんと親御さんに確認を取ってから、バンドルカードの登録をするようにしましょう。

次に電話番号を登録します。

登録した電話番号にSMSが送られますので、SMSを受け取れる電話番号でなければ、登録することができませんので注意しましょう。

登録した電話番号に届いたSMSを確認し、送られてきた認証番号を入力します。

入力した内容を確認し、間違いがなければ利用規約に同意して『次へ』をタップし、アカウント登録完了です。

その後、「バンドルカード無料発行」を押すとバーチャルカードの発行は完了します。

プリペイドカードに『ビットコイン』をチャージする方法
バンドルカードには数多くのチャージ方法が用意されていますが、今回はその中でも『ビットコイン』でのチャージ方法をご紹介します。

はじめにトップ画面からチャージを選択し、『ビットコイン』を選択します。
次に左下の『リクエスト作成』をタップし、ビットコインでチャージしたい金額を入力します。

入力時の単位は『円』であり、ビットコインの単位『BTC』ではないというところに注意しましょう。

入金金額を指定したあとは、ビットコインをどこからチャージするかを選択します。
coincheckのアカウントをお持ちの方は『coincheckのアカウントを使って支払う』からcoincheckアカウントにログインしましょう。

なお、coincheckのアカウントを持っていない方は、自分のウォレットから画面に表示されるビットコインアドレスへ直接送金する必要があります。

また、送金するビットコインの金額をしっかりと確認し、送金するようにしましょう。
また、トランザクション(送金)手数料は表示金額とは別に必要になるので注意してください。

Coincheck

ビットコインの送金が終了すれば、残高に反映されます。
自分のウォレットから直接送金を行った方は、送金に最大1時間程度かかる場合があります。

もし1時間を過ぎても残高に反映されない場合は、送金に失敗している場合もありますので、一度自分のビットコインウォレットの残高を確認するようにしましょう。

ウォレットの残高は減っているのにバンドルカードには反映されていないという場合は、送金時にトラブルが発生した可能性が考えられますので、バンドルカードの『サポートデスク』へ連絡してみてください。

まとめ

ビットコインをVISAプリペイドカードである『バンドルカード』や『bitFlyer VISAプリペイドカード』にチャージすることで、オンライン、または世界に4,400万店以上存在するVISA加盟店で買い物をすることができるようになります。

ビットコインを『円』にして出金するには出金手数料がかかってしまいますが、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使うなら、それも必要ありません。

VISAプリペイドカードを使えば、ビットコイン取引によって増えた資産も有効活用することができます。
もしも今ビットコインの使い道に困っているのであれば、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使ってみてはどうでしょうか。

まだまだ使える場所の限られているビットコインですので、ビットコインをそのまま支払いなどに利用する機会というのは少ない、または全くないことでしょう。

そんなビットコインを有効活用する方法として、今回はビットコインをバンドルカードにチャージして使う方法をご紹介しました。

しかし、今後時間が経つにつれて、ビットコインがそのまま利用できるような環境は整ってくるでしょう。
その時には、ビットコインそのもので、買い物などの支払いをしてみるのも良いかもしれません。

投稿 ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??COINNEWS に最初に表示されました。

ビットコイン口座の作り方を知って、あなたもこれで億万長者に!!

ビットコインにお金を投資して億万長者になるために、仮想通貨取引所で口座の『作り方』を知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、以下ではビットコインの仕組み、ビットコイン以外の仮想通貨、仮想通貨取引所のアカウントの作り方などを紹介していきます。


そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨は、インターネット上にある世界共通のお金です。仮想通貨は、硬貨や紙幣のように現実には存在しておらず、インターネット上の『データ』として存在しています。このように、仮想通貨は現在ある、電子マネーや現金とは異なる新しい概念を持った通貨なのです。仮想通貨の主な特徴は、『形が存在しない』『世界共通』、『発行の量が決まっている』です。

①形が存在しない

普段私たちが使用する法定通貨は、100円硬貨や100ドル札のように実物の形として存在しています。しかし、仮想通貨はインターネット上のデータとして存在しているためデジタル化した通貨といえます。

②世界共通

法定通貨は、国が法律によって発行して、価値を保っています。
日本を例として具体的に言えば、
日本の法律で日本円を発行させて、国内のお金のやり取りをすることを決めています。
ですが仮想通貨は、国や銀行との関与なく発行されたものなので、世界中で使うことが出来ます。

ただし、お金というのは「この通貨には価値がある」という信用の元に成り立っているので、基本的に「仮想通貨に価値がある」と信用している人同士が仮想通貨を使うことが出来ます。このように、人々が価値があると信用して取引するものを『信用貨幣』と呼びます。

日本は、経済的に安定しているので日本円が信用されていて想像がつきにくいですが、国が経済的に安定しなくなると、自国の通貨の信用が無くなり価値が無くなります。
そのため、キプロスが金融危機の時、キプロスの資本がビットコインに流れ込みました。

仮想通貨に『価値がある』と信用する人が増えれば、自然と仮想通貨を利用できる機会が増えていくのです。

③発行の量が決まっている

多くの仮想通貨では発行上限が決まっています。ビットコインの発行上限は2100万枚です。通貨は、需要と供給で成り立っています。

一方で、我々が普段目にする一般的な貨幣には、サービスを運営する管理主体である政府の銀行(中央銀行など)がそれぞれの国に存在し、通貨を運用しています。その中央銀行が金利を引き上げたり、はたまた引き下げたりすることで貨幣価値を操作し、通貨としての信用と価値を維持しているわけです。現在、日本では市場に流通する円の量を増やすためお金を多く発行しています。円の供給を増やすことで円の価値を下げて物価をあげるのが日本政府の政策です。このようにして、法定通貨はその価値を保ち続けています。

しかし、仮想通貨は発行主体を持たないため市場に流通する貨幣の量を調整することが難しいです。そこで、仮想通貨は『発行上限』を設けることによって『希少性』を確保し、通貨の過剰発行によるデフレーションを防いでいます。また、この希少性を保つためにビットコインでは『発行上限』なども設けています。

発行上限については、こちらを参考にしてください。

ビットコインの『半減期』とは?~価格上昇の意外な鍵『半減期』の全て~

今回は、法定通貨とビットコインの違いについて書きました。電子マネーと仮想通貨の違いについては、こちらを参照ください。

ビットコインと電子マネーの違いとは?~電子マネーと比較するビットコイン~

ビットコインとは?

ビットコインは、2009年に誕生したとても新しい通貨です。このビットコインが全ての仮想通貨の始まりといっても過言ではありません。このビットコインが注目を集めたのは、新しい技術を多く取り入れているからだと言えます。その一つがブロックチェーンです。
ブロックチェーンが生まれるまでも『中央分散型』の研究は行われていましたが、データの改ざんを防ぐ方法が見つかっていませんでした。そして、2008年サトシナカモトがブロックチェーンに関する論文をインターネットにあげ、改ざんを防ぐ方法が見つかったのです。

そして、研究が進みビットコインは誕生しました。現在ビットコインは価格が暴落、暴騰することから投機的な側面からニュースなどのメディアで騒がれることがありますが、本来は通貨としてこのビットコインは利用されるものです。そして、その通貨としての信用を得ているのがブロックチェーンという技術なのです。

では、なぜビットコインが誕生したのでしょう。それは、私たちが現金を保持する際に感じる不便さを感じることです。現金を持ち歩く手間や現金で支払う手間などがそれに当たります。そして、最近よく聞くキャッシュレス社会が生まれてきました。そして、そのキャッシュレス社会が進む一つの方法としてビットコインが作られたのです。

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨は、ビットコイン以外にも多く存在しています。以下では、その中でも取引量の多い通貨について紹介して行きます。

イーサリアム

イーサリアムは、どこかで聞いたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。現在、ビットコインの次に取引量の多い仮想通貨がイーサリアムです。この、イーサリアムは、ビットコインと異なる独自のブロックチェーンが利用されています。

そこでは従来の特徴である、分散型管理、不正取引に加え、『スマートコントラクト』と呼ばれる機能が追加されています。これは『契約内容の自動保存、自動執行』を可能とする機能になります。

XRP(リップル)

『XRP』は『Ripple Network(リップルネットワーク)』と呼ばれる独自のネットワーク上で機能します。

中央銀行と仮想通貨の関係に関してはこちらの記事を参考にしてください。

現在、国境をまたいだ銀行間での送金や両替には、多くの時間と多額のコストが費やされています。多くの時間がかかる理由は、全ての送金の承認を人間が行なっています。また、各銀行が異なるシステムを導入しているのもこの問題に関係しています。その一つがSWIFTです。また、金銭的な面では、セキュリティーを維持することに高いコストがかかります。

SWIFTに関してはこちらを参照ください。

この問題を仮想通貨を利用することで、解決しようとしているのが『Ripple』社です。
『Ripple』社は『Ripple Network』と呼ばれる独自のネットワークで銀行間を繋ぎ、仮想通貨『XRP』を橋渡しとして利用することにより各法定通貨の送金、両替を行う仕組みを開発しました。
『XRP』を利用することにより、これまで数日はかかっていた海外送金が数十秒といった短時間で行えるようになり、必要な手数料も少額しかかからないようになります。

『Ripple Network』とは、XRPをブリッジ通貨として用いることにより異なる法定通貨間の両替、送金を短時間で安価に行うことを可能とするシステムです。
XRPは、銀行の送金システムで導入されることが考えられています。すでに多くの国やメガバンクと言われる銀行が『Ripple Network』を使った研究を行なっています。日本では、日本銀行と三菱UFJ信託銀行がこういった送金の研究をはじめました。

XRPについては、こちらを参考にしてください。

ビットコインキャッシュ

『ビットコインキャッシュ(BCH)』もビットコインをはじめとする仮想通貨の一種です。取引量は、ビットコイン、イーサリアム、リップルについで4番目の取引量を誇る仮想通貨となっています。『ビットコインキャッシュ』と名前にもある通り、ビットコインととてもつながりの深い仮想通貨ですが、『ビットコイン』と『ビットコインキャッシュ』は全く別の仮想通貨であるということには注意が必要です。

ここではなぜ、ビットコインキャッシュが生まれたのかについて書きます。ビットコインは、スケーラビリティ問題と呼ばれる問題を抱えています。ビットコインは10分に1MB以上の取引を処理することができないのですが、近年ビットコインに多くの注目が集まり利用者が増加しました。それにより、10分に1M』という容量制限を『大幅』に超える量の取引が行われるようになりました。
これが原因で、ビットコインでは『送金詰まり』や『手数料の高騰化』などが起こりました。この問題を解決するためにブロック自体の大きさを大きくするハードフォークというものが行われました。そこで、生まれたのがビットコインキャッシュです。

ハードフォークに関してはこちらを参照ください。

ビットコインキャッシュ に関してはこちらを参照ください。

これらのコインはビットコインではできない新たな通貨の価値を実現していると言えます。つまり、ビットコイン以外の通貨が今後利用されていくことが多いにあるのです。こういった点では、各通貨がどういった特徴を持ち今後利用され出すのかを見極める必要があります。

ビットコイン取引所のアカウントの作り方

ここでは、ビットコインを含む仮想通貨の買い方について説明して行きます。
ビットコインは、販売所と取引所の二つで買うことができます。販売所と取引所の違いについてはこちらを参考にしてください。

では、ここで1つの取引所でのアカウントの作り方から実際に購入するまでの流れについて紹介して行きます。

bitFlyerでのアカウントの作り方

ビットフライヤーでは、アカウントをメールアドレスだけで『簡単』に作るができます。また、このアカウントの作り方には2つの方法があり、それぞれできることが異なります。

ウォレットクラス

メールアドレスだけで作成できる1番簡単なアカウントの作り方です。

登録したメールアドレス宛に送信されるメールの指示に従って、手続きを進めていくと簡単にアカウントが作成できます。

この方法では、外部のウォレットとビットフライヤーの間で所有している仮想通貨を送受したり、所有しているビットコインを用いて、ビットコイン支払い対応の店舗で買い物をすることができたりします。

しかし、このクラスのアカウントだけで『仮想通貨の購入や売却』は、残念ながらできません。
つまり、文字通り仮想通貨の『財布』のような役割しか果たしません。
実際に仮想通貨を購入するためには、次に述べる『トレードクラス』にアップグレードする必要があります。

トレードクラス

トレードクラスでは、ウォレットクラスでできることに加え、実際の仮想通貨の『売買』や『レバレッジ』を効かせた『FX』や『先物取引』など、ビットフライヤーが提供するすべての機能を利用することができます。
トレードクラスになるためには、以下の4つの手続きが必要です。
①本人情報の登録
氏名、住所、生年月日、電話番号を登録します。

②本人確認資料の提出
本人確認資料として運転免許証、パスポートなどを提示します。
スマートフォン等で写真を撮って送ることができるので、とても楽です。
*本人確認書類となる資料は、以下のリンク先で確認ください。
https://bitflyer.jp/identification

③取引目的の確認
ビットフライヤーによる取引が、マネーロンダリング等に悪用されるのを防止するための確認項目です。

④ビットフライヤーから送られる書留郵便の受け取り
①で本人情報として登録した住所に、ビットフライヤーから本人確認書類が送られます。
『返送は不要』なので、待っているだけで大丈夫です。
ただし、何らかの理由で『転送処理』を施している場合、住所登録は無効となり、書類はビットフライヤーに戻るようになっているようです。注意しましょう。
これら4つの過程を全て完了すると、2〜3営業日以内に承認されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント作成はこちら

ビットフライヤーでの取引方法

ビットフライヤーで取引を行うためには、仮想通貨を持っていない場合、クレジットカードで決済するか、日本円での入金が必要になります。
入金方法

①通常入金
こちらは銀行口座を登録しておけば、ウェブサイトやアプリケーションから『入金の手続き』を行うことができます。
『通常入金』を利用するメリットは、『三井住友銀行の口座』を持ってさえいれば『手数料をかけずに入金することができる』ということです。
ただし、住信SBIネット銀行以外の銀行口座を利用して入金を行う場合、銀行の営業時間外に入金すると、翌銀行営業日の9時以降に処理が行われるので『入金の反映に時間がかかる』ことがあります。注意しましょう。

②クイック入金
こちらはネットバンクやコンビニ、ペイジーを用いて、24時間365日いつでもアカウントに入金を行うことができます。
クイック入金を利用するメリットは、すぐに入金が反映されることです。コンビニ入金を利用した際、5分ほどでアカウントに反映されていることが確認されています。

そのため、クイック入金は一律324円の手数料がかかりますが、すぐに取引を始められるという点でとても便利と言えます。

実際の取引について
入金が完了したら、実際に取引を行うことができます。
ビットフライヤーで仮想通貨を取引する方法は『2種類』あります。
①「販売所」で取引する
販売所を利用した取引方法が、最も簡単な方法になります。
販売所を利用して仮想通貨の取引を行うメリットは、即時で売買が成立することです。
購入したい数量を、いつでも手に入れることができます。
ただし、販売所を利用して購入する際は、実際の価格より高い値段が提示され、その差分がビットフライヤー側に手数料として取られます。
売却する際も同様で、実際の価格より低い価格でしか売ることができません。

②「取引所」で購入する
取引所を用いた取引は、株取引のように売り手と買い手の希望価格が一致することによって取引が成立します。
反対に、自分が希望する価格で取引を希望している相手がいない場合は、取引は成立しません。
若干の手数料と時間はかかりますが、販売所よりも実際の価格に近い価格で取引を行うことができるという点にメリットがあります。

他の取引所でも似たようなアカウントの作り方であり、仮想通貨の売買も可能です。ぜひ一度仮想通貨を買ってみてください。

取引所を選ぶ注意点としては、手数料の差などがあります。
そのほか、仮想通貨の投資を行う際で注意したいことに関してはこちらを参照ください。

【これから始める人へ】仮想通貨に投資する上で心がけるべき5つのこと

また、各取引所の紹介はこちらを参考にしてみてください

最後に

ここでは、仮想通貨とはというところから、取引所でのアカウントの作り方、売買の仕方をまとめました。ビットコインを始め、他の仮想通貨は今後もっと利用されていくことが予想されます。今後、億万長者になりたい人はどの通貨が伸びるのかを予想し、投資してみてください。

投稿 ビットコイン口座の作り方を知って、あなたもこれで億万長者に!!COINNEWS に最初に表示されました。

複数の取引所処分に海外ICO禁止?止まらない金融庁の動き

コインチェックの騒動以来、金融庁による仮想通貨への取り締まりが加速してきています。きょう、金融庁は複数の仮想通貨交換業者を一斉に行政処分する』方向で動いていることが一部報道により明らかになりました。また、横断検索型の旅行提案サービスを運営するタイの「Tavitt」によると『金融庁は日本居住者の海外法人が実施するICOの購入を禁止した』ことが話題になっています。ただし、どちらも金融庁による正式な発表は未だありません。


複数の交換業者を処分

きょう3月7日、金融庁は『複数の仮想通貨交換業者を一斉に行政処分する』方向で動いていることが一部報道により明らかになりました。金融庁は今週中にこの旨を正式に発表する見通しとのことです。

1月26日に起こったコインチェックの騒動を受け、金融庁は国内全ての交換業者を対象に立ち入り検査を行い、問題点がないか総点検すると2月1日時点で発表していました。

一連の捜査で、金融庁は営業認可済みの16業者に対して『顧客保護の体制ができているか』『マネーロンダリングを防止する措置をきちんと講じているか』を審査し、営業認可が下りていない15のみなし業者に対しては『業務の持続性を厳しくみて、業務停止命令を出し、業務全般を見直すよう求めた』とのことです。

今回の第1陣の検査を終え、『問題があった業者』を先行して行政処分するとのことです。

この『問題があった業者』に関して未だ具体的な取引所は明らかになっていません。しかし想定しうる範囲で言えば、「bitFlyer」「GMOコイン」「Zaif」などが対象だと考えられます。

1月の下旬、bitFlyerでは度々サービスにアクセスできないことがありました。アクセス障害に関する具体的な原因は明らかにされていませんが、このことは処分の対象になる可能性があるかもしれません。

また、金融庁によるコインチェックへの立ち入り捜査が始まった数日後、 ZaifとGMOコインに立ち入り捜査が入ったとの報道がありました。

なお、Zaifでは先月の2月16日に同社サービス「簡単売買」においてシステムの不具合により『ゼロ円で仮想通貨が購入できる』状態が発生しました。同社は速やかにこの件に関し謝罪しましたが、このシステム障害により『2246兆円』を手に入れることになった男性がYouTube上で動画を公開し、話題になりました。

 

また金融庁はコインチェックに対し、1月29日に引き続き2度目の業務改善命令を出しました。前回は不正アクセスを受けたことから『システムの脆弱性』に関して改善の指示を出しましたが、今回は『顧客保護』に焦点を当てるよう指示した模様です。先月2月13日にコインチェックはユーザーに対し、日本円の出金を再開しましたが、未だNEMの被害金額の補償は進んでいません。

コインチェックは同日の記者会見において、補償金に関し「自己資金で手当はできている」と発表していますが、具体的な日時に関しては言及していませんでした。今回の業務改善命令を受け、さらなる動きがあるのか注目です。

関連記事:【ネム補償内容に関して追記あり】コインチェック記者会見から見えた580億円ハッキング損失と記者達の仮想通貨に対する誤解

関連記事:コインチェックが資本提携検討か?候補先にさまざまな憶測

関連記事:コインチェック記者会見『今はまだ言えない』の真意

以下は、この件に関する有名人のツイートです。

日本人による海外ICO購入を禁止?

同じく3月7日、横断検索型の旅行提案サービスを運営するタイの「Tavitt」によると『金融庁は日本居住者の海外法人が実施するICOの購入を禁止した』ことが明らかになり、話題になっています。

当サイトによると、「日本居住者は、日本の仮想通貨交換業の登録がない海外法人が実施するICOを購入してはならない」ようです。ただし、非日本居住者(海外に住む日本人)はICOに参加することができるようです。

以下はこの件に関する有名人のツイートです。

先日Hitbtcへの上場を発表したリトアニアの「Bankera」のような、海外のICOに日本人が参加できなくなるということは相当なダメージになりそうです。ICO案件の中には詐欺まがいのものも多いですが、中には優良なICOも存在するのでなんでも規制すればいいという訳でもないのではないでしょうか。

投稿 複数の取引所処分に海外ICO禁止?止まらない金融庁の動きCOINNEWS に最初に表示されました。

ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方とビットコインのおすすめの買い方を解説!販売所ではなく取引所を使おう

ビットフライヤー(bitFlyer)はセキュリティの高さが世界でも有数の取引所として評価されています。 201...

The post ビットフライヤー(bitFlyer)の使い方とビットコインのおすすめの買い方を解説!販売所ではなく取引所を使おう appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

ビットコインFXで追証なし?投資に安全な取引所ランキング

「ビットコインFXを始めてみたい!…けどFXとかよくわからない…」と思っている方も多いのではないでしょうか。ビットコインFXには『追証』や『ロスカット』といった専門用語もあり、取引を始める上で事前に知っておく必要があります。今回はそういった基本用語を紹介しつつ、ビットコインFXで「追証なし」あるいは「ロスカットされにくい」取引所をランキング形式でご紹介していきたいと思います。


ビットコインFX、ロスカットとは

そもそもFXとはForeign eXchange=外国為替の略であり、日本では外国為替証拠金取引と言われています。そして、『追証』とは追加証拠金のことを指しています。この追加証拠金を担保としてbitFlyerなどのビットコインFX業者に預けることで元金よりも大きな金額の取引ができるようになります。
取引所の中には『追証なし(追加証拠金なし)』でビットコインFX取引ができる取引所もあります。詳しくは以下で取り上げていきたいと思います。

また、『ロスカット』とは、ある限度のポジション(現在持っている持ち高)まで含み損が拡大したとき、それ以上損失が大きくならないように強制的に取引所が取引決済を行うシステムのことです。
このシステムはトレーダーが元金以上に損失を負ってしまう事を防ぐためのものですが、強制的に損失を確定するのでトレーダーにとっては厄介なものになることもあります。

『参考記事』
ビットコインFX取引におけるロスカットとは?~ロスカットにならないための対処法~

ビットコインFX投資をするなら知っておきたい『追証』について

ビットコインFX、追証なしの取引所リスト

以下に示すのは『追証なし』の取引所です。

bitbank Trade

「bitbank Trade」はビットバンク株式会社が運営するビットコインFX専用の取引所です。レバレッジを用いて取引を行うことができます。なお、ビットバンクは「bitbank.cc」という現物取引の取引所も運営しています。この両者は別物ですので、混同しないように注意しましょう。
ビットコインFX取引所bitbank Tradeのレバレッジは最大で20倍です。例えば、1BTCを担保にするとしたら、最大20BTCまでの取引が可能になるということです。うまく活用すれば少ない資金でも短期間で大きく利益を上げることも可能です。

また、ビットコインFX取引所bitbank Tradeでは手数料が発生します。取引手数料、入金・出金手数料に加えて、利益が出た時にはキャピタルゲイン手数料が発生するので、手数料に関しては比較的多く払わないといけません。ですが、キャピタルゲイン手数料があるからこそ追証なしで低いロスカット率を実現できています。

Zaif

「Zaif」はテックビューロ株式会社が運営する取引所です。最近は、剛力彩芽さんのテレビCMでも話題になっています。
Zaifでは「FX」と「Air FX」という2種類のビットコインFXサービスが用意されています。

ZaifのFXは最大7.77倍、そしてAir FXは最大25倍のレバレッジをかけることができます。手数料は1日で0.039%の手数料が発生します。また決済時に利益が出た場合は0.7%の手数料も発生します。

GMOコイン

「GMOコイン」は大手ネット企業の「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨交換業者のことです。
グループ会社に「GMOクリック証券」があることからGMOコインは現物取引よりもビットコインFX取引に力を入れているように伺えます。
レバレッジは最大5倍までで、取引手数料は無料です。

みんなのビットコイン

「みんなのビットコイン」は「みんなのFX」で有名なトレイダース証券を有するトレイダーズインベストメント株式会社が運営する交換業者です。
レバレッジ取引は2倍, 4倍, 5倍, 10倍, 25倍まで選ぶことができます。

追証ありの取引所リスト

一方、追証がある取引所もあります。それが以下の3つです。

追証を求められる証拠金維持率の基準はbitFlyerとCoincheckが80%以下、BITPointは120%以下となっています。
これらの取引所には追証がありますが、トレードして失敗した場合は投資元本以上の損失が出る場合があります。
レバレッジをかけなければ大きく損をすることはありません。ビットコインFXをこれから始めてみようという方はまず追証なしの取引所を利用することをお勧めします。

ビットコインFXでロスカットされにくい取引所ランキングベスト5

ビットコインFXでロスカットされにくい取引所ベスト5を作成しました。それがこちらです。

1位 bitbank Trade…証拠金維持率20%を下回ったらロスカット

2位 Zaif…証拠金維持率30%を下回ったらロスカット

3位 bitFlyer , Coincheck…ともに証拠金維持率50%を下回ったらロスカット

5位 GMOコイン…証拠金維持率75%~85%を下回ったらロスカット

bitbank Tradeは証拠金維持率20%までロスカットされないので、一番ロスカットされにくい業者であることがわかります。また追証もないので投資元本以上の損失も出る心配がありません。
またbitbank Tradeは日をまたいで取引を行ってもビットコインの借入手数料がかかりません。よって、数日間ポジションをキープしたままトレードを続けることができます。

Zaifは証拠金維持率30%までロスカットされないので急激な価格変動に耐えることができます。しかし、借入手数料が無料ではなく0.039%かかるのでZaifでビットコインFXを行う場合はデイトレードがお勧めです。

しかし、ロスカットされにくいビットコインFX業者が必ずしもいいというわけではありません。GMOコインの証拠金維持率が高くなっているのはユーザーが多大な損失を出すのを防ぐためです。証拠金維持率20%でロスカットされた場合と証拠金維持率85%でロスカットされた場合とでは失う金額の大きさが異なります。

その点から言えば、初心者がビットコインFXを始めるのであればGMOコインが最適でしょう。

投稿 ビットコインFXで追証なし?投資に安全な取引所ランキングCOINNEWS に最初に表示されました。

イーサリアムクラッシック(ETC)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介

イーサリアムクラッシック 取引所 おすすめ

イーサリアムクラッシック(ETC)はイーサリアム(ETH)からハードフォークした仮想通貨です。

2016年6月に起きたハッキング事件により約360万ETHが盗まれ、このハッキングを無かった事にする為にハードフォークをし、イーサリアムとイーサリアムクラッシックに分裂しました。

実はイーサリアムクラッシックが元々のメインチェーンであり、セキュリティを重視した安全度の高い通貨を目指して開発が進んでいますよ。

そんなイーサリアムクラッシックですが、どの取引所で売買するのが良いのでしょうか?

今回は私が普段から使用している取引所でおすすめのランキングを作りましたので紹介しますね。

1位:バイナンス(BINANCE)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (5/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
バイナンスの登録方法と使い方記事 バイナンスの登録方法と使い方
海外取引所への送金方法記事 送金から取引後の出金までの流れを知ろう

最も安く買うのにおすすめなのは海外取引所のバイナンス(BINANCE)です。

国内取引所でビットコインを購入してバイナンスに送金する手間はかかりますが、手数料が非常に安いので海外取引所に抵抗が無ければこちらを利用しましょう。

バイナンスでは日本円で直接イーサリアムクラッシック(ETC)を買う事が出来ませんので、日本円ですぐに買いたいという方は後に紹介するビットフライヤーコインチェックを利用して下さいね。

しかし、ビットフライヤーとコインチェックは販売所になりますから、バイナンスにビットコインを送金して取引する方法が一番安く済みますよ。

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (4/5)
   ビットフライヤーの登録方法記事  ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

成海璃子さんのCMで有名なビットフライヤー(bitFlyer)が2位になります。

バイナンス(BINANCE)とは違い販売所形式になっているため、手数料が多めにかかってしまうのが欠点です。

その代わりに売買の手続きは一瞬で終わりますから、今すぐにイーサリアムクラッシック(ETC)を買いたい場合は利用すると良いでしょう。

また、私が最近注目しているリスク(LISK)という通貨が日本円で買えるのは、コインチェック(Coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のみですから、購入する際にはどちらかを利用すると良いでしょう。

リスク(LISK)に関しては「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」を参考にして下さいね。

3位:BITTREX(ビットレックス)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (5/5)
BITTREXの登録・使い方記事 BITTREXの登録・使い方とは

BITTREXは海外取引所ですので、日本語対応していません。

バイナンス(BINANCE)に比べて取引手数料が高いですが、取引されている量は多いので、大量に仕入れたい方は利用しても良いと思いますよ。

日本円でイーサリアムクラッシック(ETC)を買いたい場合ビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(Coincheck)を利用しましょう。

BITTREXは通貨の取り扱いが多いので、色々な通貨を取引してみたい方は利用をおすすめしますよ。

4位:コインチェック(Coincheck)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (5/5)
手数料の安さ  (2/5)
通貨の取引量  (3/5)
  コインチェックの登録方法記事  コインチェック(coincheck)の登録方法

ほとんどの方が最初に登録するであろう有名なコインチェック(Coincheck)ですが、2018年1月末に起きたハッキング事件により取引が停止しています。

以前まではビットフライヤー(bitFlyer)よりもおすすめ出来る取引所でしたので、取引が再開してセキュリティが万全になるようであれば、おすすめ順位は2位まで上がります。

番外編:DMM Bitcoin

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (2/5)
  コインチェックの登録方法記事  DMM Bitcoinの登録方法

DMM Bitcoinではイーサリアムクラッシック(ETC)を買う事は出来ません。

この取引所ではイーサリアムクラッシック(ETC)のレバレッジ取引を取り扱いしており、原資の数倍の金額を取引する事が出来ますよ。

先々に価格が伸びると思うなら「買い」でエントリーして、下がると思うなら「売り」でエントリーすればいいのです。

レバレッジ取引に関しては「レバレッジ取引をするメリット・デメリットは?」で解説していますので参考にしてくださいね。

通貨別ランキングと国内取引所一覧

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post イーサリアムクラッシック(ETC)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

ケンブリッジがリップルのxRapidをパイロット!ミーの仮想通貨最新ニュース【3月3日】

3月3日仮想通貨最新ニュース

3/3の仮想通貨ニュースはbitFlyerクレジットカードでの仮想通貨購入停止へ!韓国の銀行でもリップルの国際送金業務スタート!ケンブリッジがxRapidをパイロット!等々をピックアップしています。

3月3日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日はジワジワとBTC価格が上昇しています。

仮想通貨価格-前日比-3月3日

ケンケン
リップル関係のニュースが話題だね
ミー
本日3月3日のニュースはこちら!
3月3日仮想通貨News概要
  • bitFlyerクレジットカードでの仮想通貨購入停止へ
  • 韓国の銀行でもリップルの国際送金業務スタート
  • ケンブリッジがxRapidをパイロット!
  • 英中銀が仮想通貨の規制は既存金融システムと同基準に?
  • ブロックチェーン技術を使った恋愛アドバイザー?

bitFlyerクレジットカードでの仮想通貨購入停止へ

bitFlyer(ビットフライヤー)でクレジットカードを使った仮想通貨の購入が停止されると発表がありました。

3月9日(金)0時から停止とのこと。

先日は、Zaifでもクレジットカード購入が停止されたので、クレジットカードでの仮想通貨購入は世界的にも廃止される流れですね。

クレジットカード購入のメリットは、急遽、仮想通貨が購入したい時もすぐに対応できるところです。

反面、デメリットしては、「手数料が高い」「ボラティリティの激しい仮想通貨ではキャッシングして購入するリスクが高い」「盗まれたクレジットカードでの悪用」などが考えられます。

特に、ユーザー保護の観点からは、価格変動の激しい仮想通貨相場でのキャッシュングの購入はリスクが高いといえます。

私もクレジットカードでの購入はありませんが、クレカでの購入停止はどちらかと言えば賛成かな。

韓国の銀行でもリップルの国際送金業務スタート

韓国のウリィ銀行がリップルを使った国際送金業務をスタートするという発表がありました。

韓国の銀行によると、日本の銀行が「積極的にリップルを商業的実用に向け動いている」ことが採用した理由の一つとのことです。

日本ではSBIホールディングが主権となって、37もの金融機関がリップルの送金試験に参加してます。

世界から見て日本の銀行(特にメガバンク)は信用や信頼性が高いので、そういった銀行が積極的にリップルを使っているとなると、無視はできない状態になってきてるのかなと思います。

しかしXRPの価格は上がりませんなぁ~。リップルの提携や良いファンダ情報は山ほど出てきているのに、XRPの価格にはまだ反映はされてないようです。長い目で見守ることにしましょう!

ケンブリッジがxRapidをパイロット!

もう一つリップルのニュースをお届け!

ケンブリッジグローバルペイメンツがxRapidをパイロットしたと公式ページで発表がありました!

リップル社が開発しているxRapidとは送金サービスを提供したい送金企業向けのプロダクトでXRPを使用して流動性を高める目的で作られています。

ケンブリッジは決済ソリューションのプロバイダーで世界中で13,000以上の顧客を持ち、毎年日本円で約2兆円の国際決済を処理している大企業です。

今は、パイロット(テスト)ですが、正式にXRPがケンブリッジグローバルペイメンツに採用されるとなると・・・ムフフということですね(*´艸`*)

続報を楽しみに待ちます。

英中銀が仮想通貨の規制は既存金融システムと同基準に?

イギリスの中央銀行のイングランド銀行の総裁が、仮想通貨に対する規制を、既存の金融システムと同基準にすべきと見解を述べたようです。

仮想通貨を既存の金融エコシステムに組み込むことにより、マネーロンダリングや消費者のリスクを最小限にとどめ、仮想通貨の技術を公用に広く普及できるという。

各国の仮想通貨に対する規制や考え方はそれぞれ違います。

仮想通貨はマネーロンダリングに使われるなどの課題は山積みですが、中央銀行が前向きな対応や規制を発表することはいいことですね。

ブロックチェーン技術を使った恋愛アドバイザー?

ブロックチェーンとAIで駆動する世界初の分散型の恋愛マーケットプレイス「ヴィオラAI」というものが発表されていました。

ちょっと??なので、そのまま引用させて頂きます。

ブロックチェーンとAIで駆動する世界初の分散型 恋愛マーケットプレイス「ヴィオラAI(Viola.AI)」は、現代社会における男女関係上の問題を解決する新たなソリューションだ。これは男女交際に特化した世界で初めての恋愛専門AIであり、利用者とともに進化しながらデートや交際、結婚といった各段階の男女を助ける画期的なサービスだ。ヴィオラAIは今後、恋愛のはじまりから交際、更には結婚を経て晩年期に至るまでユーザーを助けるはずだ。

これからは恋愛もブロックチェーン技術やAIで管理できるってこと?どういうこと?

でも凄いですよね。10年後ぐらいは、ライフスタイル全てがブロックチェーン技術とAIに支配されている気がしてきた…笑

保有している仮想通貨一覧

そろそろ、ポートフォリオを動かさないと面白みのないコーナーになっていますね。でもネタでやっているわけじゃないので、慎重に動きます。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月3日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 95.43 -0.13%
ビットコインキャッシュ BCC 13.49万 +0.35%
イーサリアム ETH 9.16万 -0.14%
アリス ALIS 52.85 +1.19%
ネム XEM 39.81 -3.13%
リスク LSK 2127 -2.07%
ネオ NEO 1.32万 -1.34%
モナコイン MONA 571.7 -2.17%
仮想通貨総資産平均合計 -0.24%

メインのポートフォリオでは大きな動きがある通貨はありません。平和と言えば平和です。

イーサリアムクラシックが今月にハードフォークするカリストがそろそろだったような…。気になりますが、もう今からだと遅いですよね。。(・ω・`)

ETCはの本日の価格は結構落ちてるみたいだし…様子見です。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月3日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

ここ数日でモネロ(XMR)の調子が非常にいいですね(*´∇`)ノ

こちらも3月半ばに予定されているハードフォーク上げだと思いますが、おそらく売却するならこの辺り…とも思います。

でも価格についてはホントに分かりません!当たり前ですが、まだまだ上がるかもしれないし、今から下落するかもしれません。投資は必殺自己責任です!

おまけ

最近、私が密かにチェックしまくっているカエサル・ナルシスト (@crypto_narcist)さん。

カエサルさんは、リップルの美しさと素晴らしさを語るナルシスト&紳士キャラです。

私はホントにこの人の事が大好きです!

なぜか癒やされますw しかもリップルの情報を正確かつ分かりやすく伝えてくれるのでフォロー必須です(*´﹀`*)!

カエサル・ナルシスト (@crypto_narcist)

それではまた明日☆

ビットコインに代理店は存在しない!詐欺に騙されない7つのポイント

最近、仮想通貨を利用した詐欺が横行しています。実際に被害に遭われた方もおられるのではないでしょうか。詐欺に巻き込まれないためにも「ビットコインの仕組み」「よくある詐欺の手口」そして「安心して取引を行える取引所」を以下で詳しく説明していきます。


ビットコインの仕組みとは

ビットコインは、「仮想通貨」です。

そもそも仮想通貨とは、インターネット上で使える新しい形のお金のことです。
国内では「仮想通貨」と呼ぶのが一般的ですが、海外では「Cryptcurrencies(クリプトカレンシー)」と呼ばれており、これを日本語に訳すと「暗号通貨」となります。

仮想通貨の代表的な存在が、ビットコインと呼ばれる仮想通貨です。

インターネットの発展と共に生まれ、これまでの金融と通貨の概念を覆す、まったく新しい考えに基づいて生成・運用が成されているのが特長です。

サービスを運営管理する主体が存在せず、利用者同士で取引の情報を管理する仕組みが導入されています。利用者の間でやり取りするこの仕組みのことを「ピア・ツー・ピア(Peer to Peer、「P2P」と略す)」といいます。ですから、利用するには専用のプログラムで高度な計算を行って新規発行分のビットコイン通貨を得るか、「取引所」と呼ばれるオンラインのサービスで現実のお金(法定通貨)をビットコインと交換するという方法をとります。

ビットコインは法定通貨のように発行限度額は無制限ではなく、あらかじめ総発行量が決められています。

発行上限は2100万枚で、日々「マイニング」という作業により新たなビットコインが生み出されています。発行されるスピード間隔は決められていて、約4年ごとにペースが落ちていく仕組みになっています。このペースで行くと発行上限に達するのは『2140年ごろ』だと言われています。

ビットコインの仕組みに関して詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

そもそもビットコインとは?~これから始めるビットコイン~

ビットコインのマイニング(採掘)とは?マイニングの仕組みなど徹底解説

技術的な面では非常に優れた仕組みを持つビットコインですが、それを利用して悪いことをしようと企む人たちも世の中には存在します。ビットコインのように、こうした比較的新しいものには詐欺がつきものです。仮想通貨を使った詐欺が年々増えており、消費生活センターなどにも問い合わせが多く寄せられているようです。

実際に「これは詐欺ではないか…?」といった体験をされた方もおられるかと思います。これから仮想通貨を買ってみようと思っている方は、詐欺に巻き込まれないためにもぜひ以下のポイントに留意されることをおすすめします。

詐欺かもしれない7つのポイント

代理店で販売している

一般に、販売代理店は商品の製造元が顧客営業にかかる負担を減らすために顧客基盤を持っていたり、顧客対応が優れている業者に販売を委託する形態をとっています。保険や旅行の業界においては代理店が業務を行うことが多いです。
しかし、仮想通貨取引においては代理店が存在することはまずありません。
仮想通貨を購入するには「仮想通貨取引所」で購入する必要があります。

ビットコインに『代理店』は存在しないため、もし購入を勧誘された時に「代理店」という言葉を見聞きした場合は詐欺を疑ったほうがいいでしょう。

セミナーでの勧誘している、誰かの勧誘を受けた

セミナーを行ったり人づてでこっそり行う理由は、その内容が外部に漏れないようにするためです。勧誘を受けたとしても、セミナー主催者の名前や仮想通貨の銘柄をインターネットで検索して怪しくないかどうかは確認するべきでしょう。

最低購入価格がある

仮想通貨取引所でビットコインを購入する場合は0.0001BTCから購入することができます。日本円にしておよそ114円です。(1BTC = 1,142,220 円の場合、2018年3月1日現在レート)

詐欺の場合は最低購入価格があり、「10万円」や「1万円」といったまとまった金額を要求されることが多いです。

価格保証がある

仮想通貨のチャートは日々変動します。よって、儲かることもあれば大損してしまう可能性もあります。リスクはつきものです。ですから「損害の心配はありません」「必ず儲かる」といった文言には気をつけましょう。

買取保証がある

買取保証があれば安全に思えますが、必ずしも100%買い取ってもらえるとは限りません。詐欺師たちは100%儲からなくても、50%儲かるだけでも十分なのです。50%買い取る行為を繰り返すだけで利益が大きくなります。

「有名人のおすすめ」という触れ込み

「あの人気歌手の〜〜がプロデュースした」「著名な経済学者が推薦する〜〜」といった名声だけで飛びつくのは危険です。

日本だけで販売している

健全な仮想通貨は全世界で取引を行うことができます。ですから「ここだけしか買えない」といった誘い文句に要注意です。

ビットコインはどこで買えるの?ー国が認定している取引所で購入!

ビットコインをはじめとする仮想通貨は「取引所」と呼ばれる場所で購入することができます。

日本は仮想通貨の法整備に関しては世界的に見てかなり優れており、2017年4月に「改正資金決済法」が施行されています。この法に基づいて仮想通貨の取り扱いに関する事項が日々決定されています。

その中でも特に重要なのが「取引所の運営」についてです。仮想通貨の取引所を運営するには金融庁の認可が必要で、必ず申請書を提出する必要があります。

金融庁から申請許可が下りれば、その取引所は「仮想通貨交換業者」として国に認められた上で運営を行なっていくことができます。

申請はしたけれども認可が下りないままであれば、しばらくは「みなし業者」という扱いを受けますが、運営は続けていくことができます。

先日、仮想通貨NEMが流出した国内大手の取引所「コインチェック」は営業許可申請書を金融庁に提出していましたが、しばらく認可が下りない状態が続き「みなし業者」として営業を続けていました。
これを受けて金融庁は安全対策が不十分でない「みなし業者」には自主的に申請書を取り下げることを促す措置をとることを検討しています。

参考:仮想通貨交換「みなし業者」 金融庁が選別  

2018年3月1日現在、金融庁から仮想通貨交換業者として認定されている取引所は16業者存在します。以下ではその中でもおすすめの取引所を取り上げます。

安心・安全なビットコイン取引所3選

金融庁から「仮想通貨交換業者」として営業することを許可されている、そして取引量が大きい、取り扱い通貨の豊富さといった点から3つの国内取引所を選定しました。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年に設立され、現在国内でのビットコイン取引量No.1の取引所です。日本経済新聞が行った「NEXTユニコーン調査」では次世代のユニコーン企業(時価総額10億ドル、日本円にして約1120億円以上の未上場会社のこと)の一つとして選ばれました。
また「リクルート」や「電通」をはじめとする大手企業から出資を受けていることから信頼性の高さが伺えます。

取り扱い通貨は6種類です。(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、ライトコイン、モナコイン)

取引の種類は「現物取引」「先物取引」「FX取引」に分かれています。

特にFX取引においては「bitFlyer Lightning」というサービスがあり、ここでは最大15倍のレバレッジ取引を行うことができます。

bitFlyerではビットコインの取引だけでなく、「ビットコインをもらう」こともできます。

「ビットコインをもらう」サービスを利用してネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると無料でビットコインを手に入れることができます。

会員登録、資料請求、商品購入などの機会にもらえるケースが多く、「じゃらん」や「Yahoo!ショッピング」といった有名なサービスも機会を提供しています。

また、bitFlyerの経営陣として代表取締役(CEO)の加納裕三氏や、最高財務責任者(CFO)の金光碧氏はテレビや雑誌などでのメディア露出度が高く、発言がよく注目されています。bitFlyerで本格的にビットコインの取引を行う場合、彼らの発言に注目しておくと有利でしょう。

加納氏のツイッターアカウントはこちら

金光氏のツイッターアカウントはこちら

ビットコインを始めるなら「bitFlyer」がおすすめです。公式サイトはこちら

参考記事:ビットコイン取引所『ビットフライヤー(bitFlyer)』とは?~ビットフライヤーがおすすめの理由~

DMM bitcoin

DMM bitcoinはモデルのローラさんのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。もともと「東京ビットコイン取引所」という名称で営業していましたが、サービス内容のリニューアルに合わせ2018年1月11日から「DMM bitcoin」として営業しています。

DMMグループは仮想通貨事業以外にも「DMM FX」をすでに運営しているので、金融商品の扱いに関しては信頼できる取引所と言えます。
現物取引における取り扱い通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」のみですが、レバレッジ取引においてはこの二つに加えて「ネム」「リップル」「ライトコイン」「イーサリアムクラシック」「ビットコインキャッシュ」が扱われています。

DMM bitcoinの公式サイトはこちら

参考記事:DMMがついにビットコインの取引を始動!『DMM Bitcoin』とは

Zaif

剛力彩芽さんのCMで最近話題となっているZaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社が運営している取引所で、かつて堀江貴文氏が技術アドバイザーを勤めたことでも知られています。

Zaifの特徴としてはBTC/日本円の現物取引の手数料『マイナス0.01%』に見られる「手数料の安さ」や「コイン積立」などが挙げられます。

また国内取引所の現物取引において唯一、NEMを扱っています。(DMM bitcoinはレバレッジ取引のみ扱い)

ちなみに代表取締役の朝山貴生氏はNEM財団の理事を行なっています。朝山氏のツイッターアカウントはこちら

「さくらインターネット」や「インフォテリア」などの大手企業との提携実績も多岐に及ぶことから、Zaifは信頼性の高い取引所と言えます。

Zaifの公式サイトはこちら

参考記事 :『Zaif』がテレビCMを開始!剛力彩芽さんがビットコインのCMに登場

まとめ

仮想通貨取引を始めるのであれば信頼できる取引所で、余剰資金を使って始めるようにしましょう。
ビットコインの代理店をはじめとする詐欺や儲け話には注意が必要です。
「うまい話はない」と思って、詐欺に巻き込まれないよう何事もまずは疑ってかかりましょう。

投稿 ビットコインに代理店は存在しない!詐欺に騙されない7つのポイントCOINNEWS に最初に表示されました。

ビットフライヤーのLightning FXのSFD騒動まとめ

226: 承認済み名無しさん 2018/02/22(木) 08:32:51.37 ID:BjI6xRtr ビットフライヤーのLightning FXのSFD騒動まとめ FXがビットコインと価格差が大きすぎるため、価格差を縮小する目的で導入されたのがSFD ビットコイン現物価格との違い(乖離)が+10%、+15%、+20%と増...