0a:bitflyer(ビットフライヤー)

No tags for this post.

ビットフライヤーがリップル(XRP)の取り扱いを開始!販売所形式での取引可能に。

 

 

国内仮想通貨取引所であるビットフライヤーは2日、新たにリップル(XRP)の取り扱いを開始したことを発表しました。

ビットフライヤーによると約2年ぶりとなる新規通貨の取り扱いとなり、リップルは日本国内でもビットコインに次ぐ取引量の多い人気の通貨です。

 

またビットフライヤーはXRPの取り扱い記念として、現金がもらえる2つのキャンペーンを行うことも発表しました。

 

リップルは販売所形式で取引可能

ビットフライヤーでリップルを取引する場合には、Webまたはスマホアプリ(ios/android)のアルトコイン販売所で売買できます。

アルトコイン販売所とは、ビットフライヤーにある販売所形式で売買できる取引所のことです。

リップル以外にもイーサリアムやモナコインなど7種類の仮想通貨と取引できます。

引用:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会|統計情報

 

リップルは日本国内でも人気の高い仮想通貨の一つであり、国内の取引量で見てもビットコインに次ぐ2位に位置しています。

ちなみに仮想通貨交換業者20社をあわせると、2019年10月1日からの1ヶ月間で約580億円取引されているようです。

 

現金がもらえるリップル取り扱い記念キャンペーンについて

現在、ビットフライヤーはリップルの取り扱い開始を記念し、現金がもらえるキャンペーンを2つ実施しています。

2つのリップル取り扱い記念キャンペーンについては以下のとおりです。

 

リップル取扱開始記念!抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーン

抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーンの期間は、2019年12月26日(木)午後11時59分(日本時間)までです。

上記のキャンペーン参加条件は、キャンペーン期間中に、リップル(XRP)販売所で合計5000円以上の取引を1回以上行った方

ビットフライヤーにログインし参加条件を満たすだけで応募が可能です。

 

当選者の発表は、2020年1月を予定しているとのこと。

リップル取扱開始記念!抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーンの詳細はこちらです。

 

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーン

https://twitter.com/bitFlyer/status/1201381383878242306?s=20

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーンの期間は、2019年12月16日(月)午後11時59分(日本時間)までです。

上記のキャンペーン参加条件は、ビットフライヤー公式ツイッターアカウントをフォローし、キャンペーン期間中に上記のツイートをリツイートするだけです。

応募条件を満たした中から抽選で10名に3万円がプレゼントされます。

 

当選者の発表は、ビットフライヤーのツイッター公式アカウントからダイレクトメッセージが送られてきます。

当選者はダイレクトメッセージに記載されている期日までに、ビットフライヤーが指定する必要事項を連絡する必要があります。

また、ツイッターのダイレクトメッセージを開放しておきメッセージが届くように設定しておきましょう。

期日に遅れた場合やメッセージが送れない場合には、キャンペーン対象外になります。

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーンの詳細については、こちらにあります。

 

まとめ

最近ではリップルが大量に売られているというニュースが流れており悲観的な見方もされていますが、リップルの取り扱いが開始したことで価格は15%程度上昇しました。

また日本国内でも新規通貨の取り扱いを増やしてほしいという声も多いことから、今回のビットフライヤーの発表は良い材料になったのではないでしょうか。

 

しかしながらリップルはすでに他の仮想通貨取引所でも取引できる通貨。

ユーザーが求めていることは国内の仮想通貨取引所で売買できない新規通貨の取り扱いではないでしょうか。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

12月のリップルは価格上昇?関連ニュースなどから今後を予測

11月のリップルは長い下落トレンドで一時30%分も価値を落とすなど不調が見られました。しかし最近は相場に変化の兆しが見られ、価格上昇の可能性がうかがわれます。

リップルの現在の相場や先週報じられた関連ニュースなどから、今後の価格予測などを解説します。

要点

・12月のリップルは価格回復へ?
最近の値動きから11月の不調を脱したかに思われるリップル。12月の値動きを最近の関連ニュースなどから予測します。

 

リップルは11月の長い下落トレンドを脱したか

こちらが最近のリップルにおける日足チャートです。

最近では11月6日に終値33.715円まで伸びていましたが、翌日から31.766円に下がったことを皮切りに下落トレンドへ入ります。

ネガティブなトレンドは終値23.672円を記録した25日まで19日間続き、6日から約30%もの下げ幅にいたりました

ビットコインやイーサリアムなどの人気仮想通貨も11月は似たような値動きが見られ、そうした現象に引っ張られた可能性も否めません。

それでも11月はリップルにとって停滞の1カ月だったでしょう。

 

12月はリップルの相場上昇の兆し?

最近のチャートから、12月はリップルの価格が持ち直す可能性が高いと考えられます。改めて最近のリップルの日足チャートをご覧ください。

画像では26日から4日連続で価格が回復した後、12月2日まで3日連続で価格下落が見られ、25円近くでのレンジ相場という印象です。

しかし下落トレンド中の価格上昇は2日連続が最長だったため、26日からの4日続けての上昇はリップル相場における変化の兆しとも考えられます。

チャート中の赤い線グラフである25日移動平均線も、値動きを示すローソク足から離れた上方で下降線にあります。

この状況では平均線に対する価格の行きすぎを調整するため、ローソク足と平均線が寄り添いあい、相場価格アップにつながるケースが多くあります。

以上から、12月はリップルの上昇トレンドが訪れる可能性が高いと考えられます。

 

最近のリップル関連ニュース

最近のリップル関係のニュースから今後の価格を占うことも考えられます。特に数週~数ヵ月以上のスパンでリップル投資を行っている人は要注目です。

先週報じられたリップルの主要ニュースを紹介します。

 

マネーグラムの出資を完了

かねてから世界的送金企業「マネーグラム」との提携が話題のリップル社ですが、現地時間の11月25日には同社への5000万ドル(約54億円)の出資完了を明かしました

出資は株式取得という形で2019年6月から始まっていました。これをもってリップルのマネーグラムへの出資は完了とのことです。

マネーグラムはリップルからの出資金を運営資金に使う予定であり、リップルが使う送金プラットフォームであり、「xRapid」から名前を変えた「オンデマンド・リクイディティ」のバージョンアップにも活かす予定とされます。

 

bitFlyerがリップル取り扱い開始

bitFlyerでは12月2日からリップルの取引を始めています。

これで同取引所の上場通貨は、ビットコイン、イーサリアムなどと合わせて8種類に増えました。

bitFlyerはすぐに仮想通貨の取引を成立させたい人のために販売所も設けており、ビットコイン用とアルトコイン用の2種類があり、後者にリップルが加わります。

リップル上場記念として、bitFlyerでは12月26日まで販売所で総額5000円以上のリップル取引を行った人から、抽選で10名に10万円プレゼントのキャンペーンを展開中です。

bitflyer

以上のように先週はリップル関係のポジティブなニュースが複数見られ、市場への好影響も考えられます。

 

まとめ

12月のリップルは前月の下落トレンドから反動を受ける形による上昇の可能性が見込まれます。

リップル社の出資完了によるマネーグラムとの提携進展やbitFlyerでの取扱開始なども、リップルの需要強化につながると考えられます。

今月のリップル相場に注目しましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン暴落は買いのサイン?米大手ファンドCEOの発言が話題

9月24日の暴落以来、下げ止まりが見られないビットコイン。

しかし2日後、アメリカ大手ファンドであるモルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演し、ビットコインを「買いだね」とコメントし話題になっています。

今のビットコインは本当に買いに値するのか、ユスコ氏の発言やビットコインの近況、将来性などの観点から考察します。

要点

・米大手ファンドCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言
米モルガンクリーク・キャピタル・マネジメントCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言。信用に値するのかをビットコインの現況や将来性とともに分析します。

 

ビットコインは下落中の今こそ「買い」か

9月26日、アメリカ金融界の大手であるモルガンクリーク・キャピタル・マネジメントの代表を務めるマーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演しました。

暴落が決定的となった24日の最安値は85万1000円で、米ドル換算で8000ドルを下回っていました。これを受けユスコ氏はビットコインの価格下落に関する質問を受け、”Buy it.”(買いだね)と即答しました。

同氏は発言の根拠として日々の価格変動を気にする必要はなく利用基盤が2009年以来大きくなり続けているからとしています。

ユスコ氏は2019年7月にもビットコインは3万ドル(約320万円)に到達すると予測しています。

これまでビットコインが記録した最高値は237万8320円です。

世間に対するビットコインの理解度は高まっているので将来性は変わらず高いことを示唆しているのでしょう。

 

ビットコインは暴落を乗り越え、再び成長する

投資分野としての仮想通貨の性質や将来性を考えると、ユスコ氏の発言の通り、ビットコインは暴落後も利益を狙える可能性があります。根拠として3つをピックアップしました。

 

理由1: 安くなったことで買いやすくなったから

1つ目の根拠は単純に暴落後の方が、限られた予算でまとまった数量を買いやすいことです

現在ビットコインは下落トレンドに入っていますが、この終わり頃をテクニカル分析などで見極めて購入すると、次の上昇トレンドに乗って利益を狙えるでしょう。

また、暴落を待ち伏せていた大口投資家が安く買い叩くことで、再び価格上昇する可能性もあります。

暴落後に仮想通貨業界に参入した人にとっても、思いがけずビットコインを安く買える恩恵にあやかれるでしょう。

 

理由2: ビットコインの用途は今も拡大中だから

ビットコインは価格変動に関わらず現在も世界的に用途が拡大しています。たとえば日本ではbitFlyerが8月20日にTポイントでビットコインを買えるサービスを開始しています。

海外でも9月23日に開始したBakktによるビットコイン先物取引もまだまだ始まったばかりで様子見でしょう。

ネットショップや店舗で仮想通貨は決済できるだけでなく、オランダの「スポーツベットアイオー」のようにビットコインを使ったカジノサイトも展開されています。

このように現在もビットコインの用途は拡大中で利便性を増している最中です。

 

ビットコインの将来性が高いから

ビットコインは従来の国際送金よりもスピードが速く約10分で完了するとされます。仮想通貨による国際送金が世界中の金融機関で常識になれば、1日の送金回数も増えて経済発展に貢献するでしょう。

ビットコインの将来性を決めるポイントに、データ処理能力を意味するスケーラビリティ改善のカギとされるライトニングネットワークが挙げられます。

Decryptoの9月26日記事によると、ライトニングネットワークのノード数が1万を超えました。ネットワークの利用者数が増え続けていることを意味します。

ライトニングネットワークがビットコインに実装される期待感はますます高まっていることがうかがえ、このこともビットコインの高い将来性に一役買っている印象です。

 

まとめ

モルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏は、ビットコインに関して暴落中でも買いという見方を示しました。

暴落後に安く買い高く売る戦略を実践すれば、ユスコ氏の言葉通りにビットコインで利益を狙える可能性はあります。

現在ビットコインは使用可能範囲を世界的にどんどん広めており、ライトニングネットワークなどの関係性から将来性も高いとされます。

目先の価格暴落や急騰に一喜一憂せず、ビットコインを持ち続けたまま今後の動向を見守ることも考えられます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer、Tポイントでのビットコイン購入サービスを開始へ

人気仮想通貨取引所のbitFlyerが、ポイントカード事業大手のTポイントジャパンと提携を開始しました。8月20日より、bitFlyerにてビットコイン購入代金のTポイント決済が可能になります。

今回の業務提携の内容を踏まえ、ポイントカードの新しい使い道ができたことで、仮想通貨市場にどのような変化が起きるかを考察します。

要点

・bitFlyerでビットコインをTポイントで買える
仮想通貨取引所bitFlyerは、ビットコイン購入の決済手段にTポイントを追加しました。新サービスの詳しい内容を解説し、市場にもたらす変化を考察します。

Tポイントでビットコインを買えるときが来た

bitFlyerでは8月20日からビットコインを買うのに現金ではなくTポイントでの支払いが可能になりました。

これはポイントカード事業大手のTポイントジャパンとの業務提携から生まれた新サービスです。

Tポイントとは?

Tポイントとは、取扱対象店舗で商品を買ったりサービスを受けたりして支払った代金の一部をポイントとしてTカードに貯められるサービスです。

提携先は数多く、TSUTAYA、ファミリーマート、Airbnbなど、ジャンルを問わず数多くの店舗やサービスで利用できます。

貯めたTポイントは、対象店舗の購入代金の代わりに支払えます。これを使うことで代金を事実上安く済ませられるなどお得感を味わえます。

Tポイントでのビットコイン購入でできることは?

Tポイント100ptごとにビットコイン85円分を購入できます。またbitFlyerウォレットを提携先で使えば、500円分のビットコインに対し1ptのTポイントが返ってきます。

しかし仮想通貨の決済分をTポイントに換えられる対象店舗はヤマダ電機、ビックカメラ、湘南美容クリニックなど一部に限られますので注意しましょう。

日本円なら仮想通貨取引所に登録したら、まずは入金のために銀行を訪れるか、クイック入金を使う必要があります。

しかし銀行までわざわざ移動するのが面倒に感じる人もいるでしょう。入金が反映されるのにも時間がかかります。

一方、クイック入金は24時間365日いつでも入金できるシステムですが、その分まとまった手数料を取られるデメリットがあります。

Tポイントを仮想通貨取引所とリンクさせれば、日本円入金の手間をかけることなく取引に臨めます。

もちろんTポイントで購入したビットコインも価値が上がれば利益になります。Tポイントを投資に使えることは、仮想通貨とポイント両方の業界を大きく変えるでしょう。

Tポイントでのビットコイン購入スタートがもたらす変化とは?

bitFlyerによるTポイントとビットコインを結びつける新サービスは、仮想通貨市場に大きな変化をもたらすでしょう。

それまで仮想通貨に触れることがなかった人でも、Tポイントはたくさん持っている場合が多いと考えられます。Tポイントを保有する層を仮想通貨に結びつけることで、新しい客層を取り込めます。

まだまだ仮想通貨を知らない人は多いので、Tポイントとのリンクで仮想通貨に対する認知度も高まるでしょう。

bitFlyerは7月に新規登録再開済み

2019年7月3日にbitFlyerは金融庁からの業務改善命令が解除され、新規登録を再開しています。

bitFlyerは2018年6月から1年近くにわたり、新規口座開設不可などの制限を受けていました。

しかし業務改善の成功とTポイント導入をきっかけに、これまで登録できずに残念がっていた人も参入することが考えられます。

ビットコイン決済手段としてのTポイント導入は、bitFlyerにとって久々のポジティブな話題です。同取引所がどこまで信頼を回復できるかに注目しましょう。

まとめ

bitFlyerは8月20日に、ビットコインをTポイントで購入できる新サービスを開始しました。

ポイントカードの重鎮であるTポイントを仮想通貨とリンクさせることで、新規顧客を取り込む狙いが考えられます。

7月3日からbitFlyerは、それまで1年近く停止していた新規登録を再開しています。このニュースをきっかけにbitFlyerに大きな関心を持つユーザーも多いのではないでしょうか。

ポイントで仮想通貨を買えるという事実に、二つの業界における時代の変化が感じられます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤーへの入金が24時間365日可能に!

仮想通貨取引所大手のビットフライヤーが、日本円の入金を24時間365時間可能にしたことを発表しました。

ビットフライヤーの入金時間枠が拡大へ

[aside type="boader"][/aside]

2018年12月12日の12:15に会員へ向けたメールにて記載されているところによると、12月12日(水)より開始で、「モアタイムシステム」に参加している銀行からの振込が対象とされています。

モアタイムシステムには下記を含めた504の金融機関が参加しています。

[aside type="boader"]

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 各地方銀行
  • 各第二地銀協加盟銀行
  • 各信用金庫
  • 各信用組合
  • ※ 参加金融機関の一部を抜粋。
参考 : モアタイムシステム参加金融機関一覧|会社案内|全国銀行資金決済ネットワーク

[/aside]

国内有数の知名度·ユーザー数を誇り、海外進出も果たしている人気の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)。

今回の入金時間枠拡大により、よりユーザーの利便性に注力している様子が窺えます。

仮想通貨の取引所と相性抜群の銀行! - SBIネット銀行

[bank-SBI_NET_BANK] [campaign-sbinetbank] [aside type="boader"]

国内の主要な仮想通貨取引所への入金が「無料」で出来る!
SBIネット銀行について詳しくはこちらの記事で解説しています!

[kanren postid="538"][/aside] No tags for this post.

仮想通貨取引所のセキュリティ対策とおすすめ3社を徹底比較

「最近ハッキング事件が多いけど、仮想通貨って危ないのかな」 「仮想通貨取引所のセキュリティ対策って何を基準に選んだら良いのだろう?」 とお考えではありませんか? 確かに、近年では仮想通貨取引所のハッキング事件が相次いでお ... No tags for this post.

衝撃!bitFlyerが新規顧客受け入れを停止!2018年下半期はどこの取引所を使えばいい?

本日22日のNHK NEWS WEBにて、bitFlyerが新規の顧客受け入れを停止することが判明しました。

理由は、金融庁の業務改善命令を受けての、経営改善とのことです。

 

要点

・業界に衝撃が走る
コインチェックが本格始動していない中「国内最大手」の地位をとっていたbitFlyer。

突然の新規顧客停止に衝撃が走っています。

・2018年下半期に登録すべき取引所

コインチェックとbitflyre大手2社が登録できない今、おすすめの取引所を紹介します。

bitFlyerが新規顧客受け入れを停止

NHKニュースによると、bitFlyerは本日午前に金融庁から、マネーロンダリング対策などの内部管理がなされていないとし、業務改善命令を受けました。

これを受けて、bitFlyerは当面の間、新規の顧客受け入れを停止することを発表しました。

※追記 ツイッターで公式アナウンスがありましたが、新規顧客受けれ入れ開始時期は触れていないもようです。

新規顧客受け入れ開始時期は?既存の顧客のサービスは継続

ただし、サービスを停止することはなく、既存の顧客の取引は継続するとのことです。

本稿執筆時点(22日15時)で、公式の発表はなく、わかっている事実は「bitFlyerの新規登録ができなくなる」ことだけです。

NHKの取材に対し、ビットフライヤー側は「現時点ではお答えできない」とコメントしているとのことです。

 

今後の展開と影響は?

まずは、公式の発表を待ちましょう。

現時点で、bitFlyerは国内最大手の取引所だったので、今回の報道は金融庁の規制強化がわかるものでした。

また、夏はSBIなどの参入も控えており、仮想通貨業界の地位が変わる可能性もあります。

 

2018年下半期はどの取引所を利用したほうがいいのか

では、これから取引所に登録するとしたらどこに登録すればいいでしょうか?

おすすめはBITPointとGMOコインです。

 

おすすめの取引所①BITPoint

ビットポイントは、ビットフライヤーが停止している今、もっともおすすめできる取引所です。

①ビットフライヤーを除いて、国内で唯一信託保全がある取引所である
②海外展開やテレビCMなど新規顧客の獲得に力を入れると発表しており、サービスの拡大が期待できる

先日、決算説明会では、今期の強気の売り上げ目標も発表したばかりです。

今期は新規顧客の獲得に力を入れるとも発表しており、良くも悪くもビットフライヤーと真逆の動きとなりそうです。

おすすめ取引所②GMOコイン

GMOコインもビットポイント並び、これからのサービスに期待できる業者です。

直近では国内で2社目となるアルトコインのレバレッジサービスも開始しています。また、直接関係はないですが、マイニングマシンの発売や、将来的には取引所の開設も検討しているとのことです。

 

まとめ~2018年に登録をおすすめする取引所~

BITPointGMOコインはビットフライヤーがない現在、もっともおすすめする取引所です。

 

BITpoint サービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

BITPointでは最大25倍のレバレッジ取引が可能。

そして何より、国内で唯一の信託保全があるので、安心して取引できます。

 

GMOコイン サービス概要

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

GMOコインではビットコインの最大10倍のレバレッジ取引が可能。

イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュではレバレッジ最大5倍の取引が可能です。

BITPointのほうがやや手数料は安いですが、他の取引所も加味すると、この2社の手数料は国内でもトップクラスの低さです。

ビットフライヤーに関しては、まずは公式の発表を待ちましょう。新規顧客の受け入れ再開時期によっては、業界に大きな影響を与える可能性もあります。

そして、上に挙げた2社はこれからサービスが充実し、注目を浴びる取引所です。

まだ登録していない方は、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

 

BITPOINT公式サイトはこちら

GMOコイン公式サイトはこちら

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤーライトニングとは?使い方を徹底解説!

ビットコインでFXをしてみたいけど初心者で失敗しそうと思っている方はいませんか? そんなFX初心者におすすめなのがビットフライヤーライトニングです。 国内の大手仮想通貨取引所のビットフライヤーは知っているけど、ビットフラ ... No tags for this post.

【ここが安い】仮想通貨取引所の手数料ランキング6選!徹底比較して通貨ごとに一番安いおすすめ取引所を紹介します!

仮想通貨の取引のときにかかる手数料は取引所ごとに大きく異なります。 今回は取引所の中で手数料が安い取引所をランキング形式でご紹介します。 また、手数料は全て一覧にまとめていきますので、取引所の手数料を見比べたい方はぜひ参 ... No tags for this post.

bitFlyer(ビットフライヤー)で入金する方法を徹底解説!

国内最大級の仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)。 世界一の安全性と認知度の高い仮想通貨取引所で、ビットコインだけでなく数多くのアルトコインやトークンを取り扱っています。 そのため、ビットフライヤーのアカ ... No tags for this post.

タダでビットコイン・現金がもらえる国内取引所の特典内容まとめ!

ご存知ですか?
登録するだけで現金やビットコインがもらえるお得なキャンペーンが各社で開催されています。

本記事では、そんなお得なキャンペーンをまとめて紹介いたします。
それでは早速特典付きの取引所を見ていきましょう!

取引所のお得なキャンペーンまとめ

キャンペーンの多くは、取引所への口座開設登録の後、郵送などで本人確認を済ませるなどの条件を満たすだけでお得な特典がゲットできます。 また、取引所を通して楽天やじゃらんでお買い物をしたり、無料キャンペーンへの応募でビットコインがもらえる会員特典も出てきています。 普段のお買い物をするだけで、簡単にお小遣いがゲットできますよ!

口座開設だけで1,000円がもらえるDMM Bitcoin!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年1月11日(木)~2018年6月30日(土)
キャンペーン期間延長中!!!新規登録するなら今がチャンス!


口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)した方を対象に、1,000円をプレゼント!
反映は口座開設完了月の翌月を予定しています。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!
[/aside]

口座開設の特典が、仮想通貨取引所の開設キャンペーン系では非常に珍しい「日本円」での支払いだから、もらった「1,000円」で「Bitcoin」や「Ethereum」が買える!
さらに仮想通貨の取引所で購入(取引)するには、仮想通貨の購入可能な最低数量が設定されている為、1,000円で仮想通貨を買うなら「仮想通貨の価格が安い」うちがチャンス!

[aside]価格が安いうちなら「1,000円」からでも仮想通貨が購入できる「理由」について
DMM Bitcoinは、BTC/JPYペア(日本円でビットコインを売り買いする)の最小発注数量が「0.001 BTC」、ETH/JPYペアなら「0.01 ETH」となっています。
※ 2018年7月2日現在。

なので、イーサリアムなら 1ETH = 100,000 円(10万円)、ビットコインなら 1,000,000 円(100万円)以内の価格であれば「1,000 円」(千円)からでも購入することができます。

2018年7月2日現在の価格なら 1ETH = 49,755 円(約4万9千円、0.01ETHなら497円)、1BTC = 697,199 円(約69万円、0.001BTCなら697円)なので、1,000円でもイーサリアムなら0.01ETH、ビットコインなら0.001BTC購入することができます!

登録するだけで貰える「千円」で仮想通貨を買うことができるので、今から仮想通貨を始める人には仮想通貨の「現物取引」を、実際のお金を使って経験することができます!

さらに、ここから価格が動いたら売り買いしてもOKですし、現在ほぼ70万円のビットコインが2017年のような価格上昇をして140万円になれば、無料でもらった千円が2倍の2千円になります!

仮想通貨の投資に興味があっても、まだ一歩を踏み出せていない人はぜひともこのDMM Bitcoinの新規登録キャンペーンを活用して、仮想通貨投資を体験してみましょう![/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="1389"]

口座開設するだけでビットコイン 20,000SatoshiがもらえるGMOコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2017年8月9日以降

キャンペーン期間中に口座開設(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)をした方を対象ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼント!
口座開設の翌日、登録口座に反映されます。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

口座開設だけで「3,000円相当のQASH」が貰える!Liquid by Quoine

Liquid
[aside type="boader"]

キャンペーン内容
期間 : 2018年10月17日(水)0時〜2018年11月16日(金)23時59分
キャンペーン期間中に新規口座開設で「3,000円」相当の「QASH」が貰えます!
さらに5万円の入金で「1万円」相当のQASH、さらにさらに50万円以上の仮想通貨売買を行うとプラス「1万円」、合計で最大「2万3千円」のQASHが貰える「QASHキャッシュバックキャンペーン」が開催!

[/aside]
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)QASHキャッシュバックキャンペーン
[aside type="boader"]取引所の特徴
  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!
[/aside] [btn class="lightning big"]Liquid 公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="4553"]

いつものお買い物をするだけでビットコインがもらえるbitFlyer(ビットフライヤー)

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:指定なし

bitFlyer経由で提携先のサービスを利用すると、それぞれの内容に応じたビットコインがもらえます。
主には楽天ネットショッピングやじゃらん、U-NEXTのサービス無料お試し登録などがあります。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨に関連した「お得」なおすすめキャンペーン!

新規口座開設で「2,000円」相当のポイントプレゼント!住信SBIネット銀行

国内の主な取引所への「入金手数料が無料」、そして振込が土日でもOK、24時間365日対応と優良ポイント盛り沢山で仮想通貨トレーダーご用達の「住信SBIネット銀行」でも、うれしいキャンペーンが開催されています。

新規口座を開設すれば、なんと「2,000円」分に相当するポイントがもらえるプレゼントキャンペーンが開催中!

まだSBIの口座を持っていない人はお急ぎを!

[aside type="boader"]
  • 国内の主要な仮想通貨取引所への入金手数料が「無料」!
  • 24時間365日いつでも振込可能!入金反映はリアルタイム!
  • PCはもちろん、スマホからでも振込可能!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="538"]

おすすめキャンペーン活用法 - プレゼントされた仮想通貨 or 現金を元手にして取引する!

取引所が行っている「プレゼントキャンペーン」は、今から仮想通貨を始める人に打って付けです!

仮想通貨に興味はあるけど、まだ取引をしたことがない人という人は、おそらく下記のような理由があるのではないでしょうか。 [aside type="boader"]

  • 仮想通貨の取引方法がわからない。
  • 興味はあるけど、自己資金が無い。
  • 資金はあるけど、仮想通貨に使うのが怖い。
  • etc...
[/aside] そんな方は、ぜひこの「仮想通貨取引所のプレゼントキャンペーン」を活用しましょう!

[aside type="boader"]
  • 仮想通貨プレゼントの場合
    例えば3,000円分のビットコインを受け取ったとします。
    取引の例としてですが、1BTC = 100万円として計算してみましょう。(余談ですが2018年7月31日15:00現在のレート901,320円で計算すると、3,000JPY = 0.00330764BTCです。)
    1BTC = 1,000,000JPY(100万円)の場合、1JPY(1円) = 0.000001BTC となります。
    プレゼントが3,000円分のビットコインだとしたら 0.003BTC となります。
    その後ビットコインが120万円に上がったタイミングで売却すれば 0.003BTC = 3,600JPYとなり、約 600円分の利益となります。
    その後、また「安い時に買って、高くなったら売る」を繰り返して「現物取引」で利益を狙ってみましょう!
  • 現金プレゼントの場合
    上の「仮想通貨プレゼントの場合」と同様で、「ビットコイン(仮想通貨)を買った時よりも、価格が上がったタイミングで売る」を繰り返して利益を狙ってみましょう!
    現金のプレゼントの場合は、「ビットコイン以外の仮想通貨を買うことができる」点なので、ビットコイン以外に「リップル」や「イーサリアム」などお気に入りの仮想通貨があれば、それらの仮想通貨を購入して売買益を狙う方法もあります。
  • とりあえず買って寝かせておく
    上記2つの方法は、もらったビットコイン(仮想通貨)もしくは現金で取引をする方法ですが、その他にも「長期保有してみる」という手もあります。
    プレゼントされるものは高くても「数千円」程度なので、少しの値動きでは大きな利益を得ることはできませんが、常に相場を監視して取引を繰り返す労力をあえて避け、忘れた頃に大きく利益になっていれば〜、という期待を込めて長期保有しておくことも一つの手段です。
    ※ 仮想通貨はいつどのくらいまで価格が上がるのかはわからないですが、持っていないよりは「少額でも持っている」方が、いつか利益を手にできるという期待があります。
    ※ 仮想通貨は雑所得扱いになるので、20万円を超える利益が出た場合には税金がかかりますが、仮に単純計算でビットコイン価格が100万円の時に「千円」を寝かしておいたとしても、ビットコイン価格が十倍の1000万円になっても千円が一万円 = 9千円の利益なので、小さい額でのみ投資を行っている場合にはそこまで心配はないといえます。
[/aside]

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

キャンペーンでもらう数千円分の現金(仮想通貨)は、相場が安いうちが狙い目!

キャンペーンでもらえる数千円分のプレゼントで取引をしてみるなら、ビットコインの価格が安いうちが狙い目です。
なぜかというと、取引所には「最低取引単位」というものがあるからです。

単純に例えると、プレゼントキャンペーンで現金を千円もらったとして、その取引所の取引の最低単位が 0.001BTC の場合、ビットコインの価格が 1,000,000JPY(100万円) を超えると取引できなくなり、もらった千円はそのまま日本円で眠り続けることになってしまいます。
※ この例えはあくまでも「プレゼントのみで取引を経験してみる」場合であって、自分で資金を追加すればもちろん取引を行うことは可能です。
※ この他にも取引手数料がかかる場合には、1BTC = 100万円や90万円でも、プレゼント分の千円だけでは購入できない可能性もあります。

ですので、「プレゼントキャンペーン」でもらった分のみで取引を始めてみる、という場合には、ビットコイン価格が90万円を下回っている今が狙いどきです!

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn] [set-news_under] No tags for this post.

国内の仮想通貨取引所・資本金額が多いTop3のサービス内容を比較してみました

今回は、国内の仮想通貨取引所の中でも資本金額がTop3に入る会社を比較してみました。それぞれ、取り扱い通貨や手数料などを主に比較しています。資本金が多いのは何か特徴はあるのでしょうか?

資本金とは?

資本金は、ビジネスの元手金のことです。会社がサービスを展開していくうえでの資金ということですね。

つまり、資本金が多いと基本的に、その会社ができることは多くなります。

資本金が多い=売上が多いというわけではありませんが、額が大きい取引所はどのようなサービスを展開しているのかみていくことにしましょう。

 

bitpoint 1位・44億3,000万円(資本準備金含む)

1位はbitpointです!国内大手といえば、「bitFlyer」のイメージが多いかたもいると思いますが、実はbitpoint資本金では1位となっています。

bitpointは、信託保全を導入した日本で初めての取引所です。それは、資本金の多さの証明でもありますね。

信託保全とは

取引所と銀行が締結を結び、万が一、取引所が倒産しても、銀行が顧客の資産を保証してくれる制度のことです。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュの5種類です。

他の取引所と比較すると、やや取り扱い通貨は少ないですが、手数料では申し分なしですね。

まさに、資本金1位といったサービス内容です。

 

bitFlyer 2位・41 億 238 万円(資本準備金含む)

2位はbitFlyerです!こちらはメディアにでる機会も多く、知っている方も多いのではないでしょうか。

ビットコイン取引高では国内1位を記録。国内の大手企業から多くの融資を受けているのも大きな特徴です。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
7種類 216円~756円 0.01%~0.20%(現物) 15倍 0.04% あり

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムクラシック・リスクです。種類は申し分ないですが、リップルは取引できません。

bitFlyerも信託保全を締結しているので、安心して利用できますね。

その分、手数料の高さはややデメリットです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

QUOINEX 3位・約20億円(資本準備金含む)

3位はQUOINEXです!日本だけではなく、アジアにサービスを展開しており、高い流動性が特徴の取引所です。

日本で初めて金融庁に認可され、独自のトークンも発行しています。

 

サービス内容

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 最大500円 無料 最大25倍 0.05% なし

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・キャッシュ(QASH)です。キャッシュは独自で発行しているトークンで、QUOINEXでしか取引できません。

レバレッジは25倍と申し分ないですね。

しかし、上の2社と比較すると信託保全がないので、安心感はやや劣りまが、セキュリティーは万全の対策をとっています。

 

まとめ・資本金の多さで選ぶならbitPoint

資本金の多い3社を比べてみると、どこも優良なサービスを展開しており、安心して利用できる取引所というのがわかりましたね。

特に、国内で1位・2位の2社は、どちらも信託保全を締結しており、資本金の多さを証明しています。

その中でも、資本金1位を誇るbitPointは、手数料も安く、国内最高クラスのサービス提供しているでしょう。

まだ3社のうちで開設していない取引所があればこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

bitpointの公式サイトはこちら

 

 

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??

「ビットコインは持っているけれど、近くに利用できる店舗がない。」「ビットコインを何かに使ってみたい。」そういった悩みがある人も多いのではないでしょうか。以下で紹介するVISAプリペイドカードは、ビットコインでの入金を可能としたカードとなります。

以下では、『バンドルカード』と『bitFlyer VISAプリペイドカード』の2つのVISAプリペイドカードを紹介し、バンドルカードの登録方法を紹介します。


ビットコインプリペイドカードが持つメリット

「現金に換金する必要なく」ビットコインを利用することができる点がビットコインでチャージできるVISAプリペイドカードのメリットです。

通常、ビットコインを取引所内で売却し円に換金した後、銀行口座へ出金することが必要ですが、その手間もなくビットコインを利用することができます。

また、ビットコインをVISAタイプのプリペイドカードに円建てでチャージできるため、まわりにビットコイン決済ができるお店がなくて困っていた方も、これにより様々な所で利用することが可能になります。

『バンドルカード』とは

『バンドルカード』は、コンビニやクレジットカードなど様々なチャージ方法を可能としているVISAプリペイドカードです。登録無料ですぐに使い始めることができ、ビットコインからのチャージも可能となっています。

スマートフォンアプリをインストールすると利用することができ、インターネット専用で利用するバーチャルカードと、実際の店舗で利用できるプラスチックカードも300円の手数料を支払うことで発行することが可能です。

「バンドルカード』はプリペイドタイプのカードなので、事前にカードに対してチャージした分を利用することができます。また、VISAプリペイドカードであるため、VISAクレジットカードが利用できる場所ならばほとんどの場面で利用できるのです。

使いすぎが心配でクレジットカードはなるべく使いたくないという方や、クレジットカードの発行できない18歳未満の方にオススメです。

バンドルカードのVISAプリペイドカードの登録はこちらから利用ください。

bitFlyerのVISAプリペイドカードとは

ビットコインを「円建て」でチャージして、国内外のVISA加盟店で利用ができるプリペイドタイプのカード「bitFlyer VISAプリペイドカード」があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)から送られてくる「カード」の受け取りと、「バンドルアプリ」をダウンロードし設定を完了させることで利用を開始することができます。

また、カードへのチャージは、ウェブまたはアプリから自身のbitFlyer(ビットフライヤー)アカウントへログインすることで可能です。

bitFlyerのVISAプリペイドカードの登録方法に関してはこちらを参照ください。

「bitFlyer VISAプリペイドカード」サービスの詳細・特徴

手数料

入会金、年会費、利用料は「無料」です。

※ただし、「バンドルアプリ」について、一定期間未利用の場合は維持手数料として残高から100円が30日毎に引かれてしまうようです。

残高の確認方法

残高は「バンドルアプリ」で確認することができます。

プリペイド式

カードにチャージした分のビットコインだけを利用することができるので、クレジットカードのように使いすぎることはありません。

また、このプリペイドカードは「VISA」のプリペイドカードであるため、VISAの加盟店で利用することができるので、国内の店舗やレストランでの利用はもちろん、海外のVISA加盟店でも利用することが可能です。

またネットショッピングにも、クレジットカードと同様に、登録して利用することができます。

その他詳細

1回あたりのチャージできるビットコインの金額やそのた上限額は円建てで換算されます。
また有効期限も5年と設けられております。

  • チャージ上限額 1 回:3 万円、月間:12 万円、カード有効期限内:100 万円
  • 残高上限額 10 万円
  • 有効期限 5 年

『バンドルカード』の登録方法

バンドルカードは、スマートフォンアプリをダウンロードして利用を開始します。
iPhoneをお持ちの方は『AppStore』で、Android端末をお持ちの方は、『GooglePlay』でアプリをダウンロードしてください。

アカウント作成

アプリのダウンロードが済んだら、アカウントを作成します。
バンドルカードで使いたいユーザーIDとパスワードを決め、入力しましょう。

そして次に、生年月日、性別を入力します。

バンドルカードの作成に年齢制限はありませんが、未成年の場合は保護者の同意が必要になります。未成年の方はきちんと親御さんに確認を取ってから、バンドルカードの登録をするようにしましょう。

次に電話番号を登録します。

登録した電話番号にSMSが送られますので、SMSを受け取れる電話番号でなければ、登録することができませんので注意しましょう。

登録した電話番号に届いたSMSを確認し、送られてきた認証番号を入力します。

入力した内容を確認し、間違いがなければ利用規約に同意して『次へ』をタップし、アカウント登録完了です。

その後、「バンドルカード無料発行」を押すとバーチャルカードの発行は完了します。

プリペイドカードに『ビットコイン』をチャージする方法
バンドルカードには数多くのチャージ方法が用意されていますが、今回はその中でも『ビットコイン』でのチャージ方法をご紹介します。

はじめにトップ画面からチャージを選択し、『ビットコイン』を選択します。
次に左下の『リクエスト作成』をタップし、ビットコインでチャージしたい金額を入力します。

入力時の単位は『円』であり、ビットコインの単位『BTC』ではないというところに注意しましょう。

入金金額を指定したあとは、ビットコインをどこからチャージするかを選択します。
coincheckのアカウントをお持ちの方は『coincheckのアカウントを使って支払う』からcoincheckアカウントにログインしましょう。

なお、coincheckのアカウントを持っていない方は、自分のウォレットから画面に表示されるビットコインアドレスへ直接送金する必要があります。

また、送金するビットコインの金額をしっかりと確認し、送金するようにしましょう。
また、トランザクション(送金)手数料は表示金額とは別に必要になるので注意してください。

Coincheck

ビットコインの送金が終了すれば、残高に反映されます。
自分のウォレットから直接送金を行った方は、送金に最大1時間程度かかる場合があります。

もし1時間を過ぎても残高に反映されない場合は、送金に失敗している場合もありますので、一度自分のビットコインウォレットの残高を確認するようにしましょう。

ウォレットの残高は減っているのにバンドルカードには反映されていないという場合は、送金時にトラブルが発生した可能性が考えられますので、バンドルカードの『サポートデスク』へ連絡してみてください。

まとめ

ビットコインをVISAプリペイドカードである『バンドルカード』や『bitFlyer VISAプリペイドカード』にチャージすることで、オンライン、または世界に4,400万店以上存在するVISA加盟店で買い物をすることができるようになります。

ビットコインを『円』にして出金するには出金手数料がかかってしまいますが、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使うなら、それも必要ありません。

VISAプリペイドカードを使えば、ビットコイン取引によって増えた資産も有効活用することができます。
もしも今ビットコインの使い道に困っているのであれば、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使ってみてはどうでしょうか。

まだまだ使える場所の限られているビットコインですので、ビットコインをそのまま支払いなどに利用する機会というのは少ない、または全くないことでしょう。

そんなビットコインを有効活用する方法として、今回はビットコインをバンドルカードにチャージして使う方法をご紹介しました。

しかし、今後時間が経つにつれて、ビットコインがそのまま利用できるような環境は整ってくるでしょう。
その時には、ビットコインそのもので、買い物などの支払いをしてみるのも良いかもしれません。

投稿 ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??COINNEWS に最初に表示されました。

ビットコイン口座の作り方を知って、あなたもこれで億万長者に!!

ビットコインにお金を投資して億万長者になるために、仮想通貨取引所で口座の『作り方』を知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで、以下ではビットコインの仕組み、ビットコイン以外の仮想通貨、仮想通貨取引所のアカウントの作り方などを紹介していきます。


そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨は、インターネット上にある世界共通のお金です。仮想通貨は、硬貨や紙幣のように現実には存在しておらず、インターネット上の『データ』として存在しています。このように、仮想通貨は現在ある、電子マネーや現金とは異なる新しい概念を持った通貨なのです。仮想通貨の主な特徴は、『形が存在しない』『世界共通』、『発行の量が決まっている』です。

①形が存在しない

普段私たちが使用する法定通貨は、100円硬貨や100ドル札のように実物の形として存在しています。しかし、仮想通貨はインターネット上のデータとして存在しているためデジタル化した通貨といえます。

②世界共通

法定通貨は、国が法律によって発行して、価値を保っています。
日本を例として具体的に言えば、
日本の法律で日本円を発行させて、国内のお金のやり取りをすることを決めています。
ですが仮想通貨は、国や銀行との関与なく発行されたものなので、世界中で使うことが出来ます。

ただし、お金というのは「この通貨には価値がある」という信用の元に成り立っているので、基本的に「仮想通貨に価値がある」と信用している人同士が仮想通貨を使うことが出来ます。このように、人々が価値があると信用して取引するものを『信用貨幣』と呼びます。

日本は、経済的に安定しているので日本円が信用されていて想像がつきにくいですが、国が経済的に安定しなくなると、自国の通貨の信用が無くなり価値が無くなります。
そのため、キプロスが金融危機の時、キプロスの資本がビットコインに流れ込みました。

仮想通貨に『価値がある』と信用する人が増えれば、自然と仮想通貨を利用できる機会が増えていくのです。

③発行の量が決まっている

多くの仮想通貨では発行上限が決まっています。ビットコインの発行上限は2100万枚です。通貨は、需要と供給で成り立っています。

一方で、我々が普段目にする一般的な貨幣には、サービスを運営する管理主体である政府の銀行(中央銀行など)がそれぞれの国に存在し、通貨を運用しています。その中央銀行が金利を引き上げたり、はたまた引き下げたりすることで貨幣価値を操作し、通貨としての信用と価値を維持しているわけです。現在、日本では市場に流通する円の量を増やすためお金を多く発行しています。円の供給を増やすことで円の価値を下げて物価をあげるのが日本政府の政策です。このようにして、法定通貨はその価値を保ち続けています。

しかし、仮想通貨は発行主体を持たないため市場に流通する貨幣の量を調整することが難しいです。そこで、仮想通貨は『発行上限』を設けることによって『希少性』を確保し、通貨の過剰発行によるデフレーションを防いでいます。また、この希少性を保つためにビットコインでは『発行上限』なども設けています。

発行上限については、こちらを参考にしてください。

ビットコインの『半減期』とは?~価格上昇の意外な鍵『半減期』の全て~

今回は、法定通貨とビットコインの違いについて書きました。電子マネーと仮想通貨の違いについては、こちらを参照ください。

ビットコインと電子マネーの違いとは?~電子マネーと比較するビットコイン~

ビットコインとは?

ビットコインは、2009年に誕生したとても新しい通貨です。このビットコインが全ての仮想通貨の始まりといっても過言ではありません。このビットコインが注目を集めたのは、新しい技術を多く取り入れているからだと言えます。その一つがブロックチェーンです。
ブロックチェーンが生まれるまでも『中央分散型』の研究は行われていましたが、データの改ざんを防ぐ方法が見つかっていませんでした。そして、2008年サトシナカモトがブロックチェーンに関する論文をインターネットにあげ、改ざんを防ぐ方法が見つかったのです。

そして、研究が進みビットコインは誕生しました。現在ビットコインは価格が暴落、暴騰することから投機的な側面からニュースなどのメディアで騒がれることがありますが、本来は通貨としてこのビットコインは利用されるものです。そして、その通貨としての信用を得ているのがブロックチェーンという技術なのです。

では、なぜビットコインが誕生したのでしょう。それは、私たちが現金を保持する際に感じる不便さを感じることです。現金を持ち歩く手間や現金で支払う手間などがそれに当たります。そして、最近よく聞くキャッシュレス社会が生まれてきました。そして、そのキャッシュレス社会が進む一つの方法としてビットコインが作られたのです。

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨は、ビットコイン以外にも多く存在しています。以下では、その中でも取引量の多い通貨について紹介して行きます。

イーサリアム

イーサリアムは、どこかで聞いたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。現在、ビットコインの次に取引量の多い仮想通貨がイーサリアムです。この、イーサリアムは、ビットコインと異なる独自のブロックチェーンが利用されています。

そこでは従来の特徴である、分散型管理、不正取引に加え、『スマートコントラクト』と呼ばれる機能が追加されています。これは『契約内容の自動保存、自動執行』を可能とする機能になります。

XRP(リップル)

『XRP』は『Ripple Network(リップルネットワーク)』と呼ばれる独自のネットワーク上で機能します。

中央銀行と仮想通貨の関係に関してはこちらの記事を参考にしてください。

現在、国境をまたいだ銀行間での送金や両替には、多くの時間と多額のコストが費やされています。多くの時間がかかる理由は、全ての送金の承認を人間が行なっています。また、各銀行が異なるシステムを導入しているのもこの問題に関係しています。その一つがSWIFTです。また、金銭的な面では、セキュリティーを維持することに高いコストがかかります。

SWIFTに関してはこちらを参照ください。

この問題を仮想通貨を利用することで、解決しようとしているのが『Ripple』社です。
『Ripple』社は『Ripple Network』と呼ばれる独自のネットワークで銀行間を繋ぎ、仮想通貨『XRP』を橋渡しとして利用することにより各法定通貨の送金、両替を行う仕組みを開発しました。
『XRP』を利用することにより、これまで数日はかかっていた海外送金が数十秒といった短時間で行えるようになり、必要な手数料も少額しかかからないようになります。

『Ripple Network』とは、XRPをブリッジ通貨として用いることにより異なる法定通貨間の両替、送金を短時間で安価に行うことを可能とするシステムです。
XRPは、銀行の送金システムで導入されることが考えられています。すでに多くの国やメガバンクと言われる銀行が『Ripple Network』を使った研究を行なっています。日本では、日本銀行と三菱UFJ信託銀行がこういった送金の研究をはじめました。

XRPについては、こちらを参考にしてください。

ビットコインキャッシュ

『ビットコインキャッシュ(BCH)』もビットコインをはじめとする仮想通貨の一種です。取引量は、ビットコイン、イーサリアム、リップルについで4番目の取引量を誇る仮想通貨となっています。『ビットコインキャッシュ』と名前にもある通り、ビットコインととてもつながりの深い仮想通貨ですが、『ビットコイン』と『ビットコインキャッシュ』は全く別の仮想通貨であるということには注意が必要です。

ここではなぜ、ビットコインキャッシュが生まれたのかについて書きます。ビットコインは、スケーラビリティ問題と呼ばれる問題を抱えています。ビットコインは10分に1MB以上の取引を処理することができないのですが、近年ビットコインに多くの注目が集まり利用者が増加しました。それにより、10分に1M』という容量制限を『大幅』に超える量の取引が行われるようになりました。
これが原因で、ビットコインでは『送金詰まり』や『手数料の高騰化』などが起こりました。この問題を解決するためにブロック自体の大きさを大きくするハードフォークというものが行われました。そこで、生まれたのがビットコインキャッシュです。

ハードフォークに関してはこちらを参照ください。

ビットコインキャッシュ に関してはこちらを参照ください。

これらのコインはビットコインではできない新たな通貨の価値を実現していると言えます。つまり、ビットコイン以外の通貨が今後利用されていくことが多いにあるのです。こういった点では、各通貨がどういった特徴を持ち今後利用され出すのかを見極める必要があります。

ビットコイン取引所のアカウントの作り方

ここでは、ビットコインを含む仮想通貨の買い方について説明して行きます。
ビットコインは、販売所と取引所の二つで買うことができます。販売所と取引所の違いについてはこちらを参考にしてください。

では、ここで1つの取引所でのアカウントの作り方から実際に購入するまでの流れについて紹介して行きます。

bitFlyerでのアカウントの作り方

ビットフライヤーでは、アカウントをメールアドレスだけで『簡単』に作るができます。また、このアカウントの作り方には2つの方法があり、それぞれできることが異なります。

ウォレットクラス

メールアドレスだけで作成できる1番簡単なアカウントの作り方です。

登録したメールアドレス宛に送信されるメールの指示に従って、手続きを進めていくと簡単にアカウントが作成できます。

この方法では、外部のウォレットとビットフライヤーの間で所有している仮想通貨を送受したり、所有しているビットコインを用いて、ビットコイン支払い対応の店舗で買い物をすることができたりします。

しかし、このクラスのアカウントだけで『仮想通貨の購入や売却』は、残念ながらできません。
つまり、文字通り仮想通貨の『財布』のような役割しか果たしません。
実際に仮想通貨を購入するためには、次に述べる『トレードクラス』にアップグレードする必要があります。

トレードクラス

トレードクラスでは、ウォレットクラスでできることに加え、実際の仮想通貨の『売買』や『レバレッジ』を効かせた『FX』や『先物取引』など、ビットフライヤーが提供するすべての機能を利用することができます。
トレードクラスになるためには、以下の4つの手続きが必要です。
①本人情報の登録
氏名、住所、生年月日、電話番号を登録します。

②本人確認資料の提出
本人確認資料として運転免許証、パスポートなどを提示します。
スマートフォン等で写真を撮って送ることができるので、とても楽です。
*本人確認書類となる資料は、以下のリンク先で確認ください。
https://bitflyer.jp/identification

③取引目的の確認
ビットフライヤーによる取引が、マネーロンダリング等に悪用されるのを防止するための確認項目です。

④ビットフライヤーから送られる書留郵便の受け取り
①で本人情報として登録した住所に、ビットフライヤーから本人確認書類が送られます。
『返送は不要』なので、待っているだけで大丈夫です。
ただし、何らかの理由で『転送処理』を施している場合、住所登録は無効となり、書類はビットフライヤーに戻るようになっているようです。注意しましょう。
これら4つの過程を全て完了すると、2〜3営業日以内に承認されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント作成はこちら

ビットフライヤーでの取引方法

ビットフライヤーで取引を行うためには、仮想通貨を持っていない場合、クレジットカードで決済するか、日本円での入金が必要になります。
入金方法

①通常入金
こちらは銀行口座を登録しておけば、ウェブサイトやアプリケーションから『入金の手続き』を行うことができます。
『通常入金』を利用するメリットは、『三井住友銀行の口座』を持ってさえいれば『手数料をかけずに入金することができる』ということです。
ただし、住信SBIネット銀行以外の銀行口座を利用して入金を行う場合、銀行の営業時間外に入金すると、翌銀行営業日の9時以降に処理が行われるので『入金の反映に時間がかかる』ことがあります。注意しましょう。

②クイック入金
こちらはネットバンクやコンビニ、ペイジーを用いて、24時間365日いつでもアカウントに入金を行うことができます。
クイック入金を利用するメリットは、すぐに入金が反映されることです。コンビニ入金を利用した際、5分ほどでアカウントに反映されていることが確認されています。

そのため、クイック入金は一律324円の手数料がかかりますが、すぐに取引を始められるという点でとても便利と言えます。

実際の取引について
入金が完了したら、実際に取引を行うことができます。
ビットフライヤーで仮想通貨を取引する方法は『2種類』あります。
①「販売所」で取引する
販売所を利用した取引方法が、最も簡単な方法になります。
販売所を利用して仮想通貨の取引を行うメリットは、即時で売買が成立することです。
購入したい数量を、いつでも手に入れることができます。
ただし、販売所を利用して購入する際は、実際の価格より高い値段が提示され、その差分がビットフライヤー側に手数料として取られます。
売却する際も同様で、実際の価格より低い価格でしか売ることができません。

②「取引所」で購入する
取引所を用いた取引は、株取引のように売り手と買い手の希望価格が一致することによって取引が成立します。
反対に、自分が希望する価格で取引を希望している相手がいない場合は、取引は成立しません。
若干の手数料と時間はかかりますが、販売所よりも実際の価格に近い価格で取引を行うことができるという点にメリットがあります。

他の取引所でも似たようなアカウントの作り方であり、仮想通貨の売買も可能です。ぜひ一度仮想通貨を買ってみてください。

取引所を選ぶ注意点としては、手数料の差などがあります。
そのほか、仮想通貨の投資を行う際で注意したいことに関してはこちらを参照ください。

【これから始める人へ】仮想通貨に投資する上で心がけるべき5つのこと

また、各取引所の紹介はこちらを参考にしてみてください

最後に

ここでは、仮想通貨とはというところから、取引所でのアカウントの作り方、売買の仕方をまとめました。ビットコインを始め、他の仮想通貨は今後もっと利用されていくことが予想されます。今後、億万長者になりたい人はどの通貨が伸びるのかを予想し、投資してみてください。

投稿 ビットコイン口座の作り方を知って、あなたもこれで億万長者に!!COINNEWS に最初に表示されました。