0a:bitflyer(ビットフライヤー)

No tags for this post.

仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーン中!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーンが実施中のようです

仮想通貨取引所を利用するだけでビットコインがもらえるなんて魅力的なキャンペーンですよね!

仮想通貨取引所bitFlyerといえば最近テレビCMも再開しており、

乃木坂46の齋藤飛鳥さんが出演したことで注目を集めています。

ここでは仮想通貨取引所bitFlyerの特徴や詳しいキャンペーン内容を見て行きたいと思います。

 

仮想通貨取引所bitFlyerとは?

仮想通貨取引所bitFlyerは国内で最大級の仮想通貨取引所ということもあり、

ユーザー数も日本で一位の仮想通貨取引所になります。

2014年1月に設立されており、仮想通貨取引所として長い歴史を持っています。

そのため、三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、

みずほキャピタル、第一生命などから出資を受けています

これだけの大手企業から出資を受けていることもあり、安心して利用できる仮想通貨取引所と言えるでしょう!

 

仮想通貨取引所bitFlyerの特徴は?

では仮想通貨取引所bitFlyerがどのような特徴を持った取引所なのか見て行きたいと思います。

日本で一番利用されている取引所ということもあり、

魅力的な特徴がたくさんあるのでぜひ口座開設の参考にして見てください!

 

ビットコイン取引量が日本一

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインの取引量が日本一の取引所として知られています。

国内の仮想通貨取引所の数は年々増え続けていますが、

その中で仮想通貨の代表であるビットコインの取引量日本一を保持しています。

取引量が多いということは通貨の流動性が高いということなので、

自分が意図した価格で通貨を取引しやすくなるというメリットがあります。

ビットコインを取引して見たいという方はまずこちらの仮想通貨取引所bitFlyerがオススメです!

 

初心者でも使いやすい取引所

仮想通貨取引所bitFlyerは日本で一番利用されている取引所ということもあり、

仮想通貨取引初心者の方でも簡単に取引できるように作られています。

取引所のアカウントの開設はメールアドレスを登録するだけなので、

これまで仮想通貨取引所を利用したことがない方でもすぐに取引開始できます!

また、仮想通貨取引所bitFlyerでは専用のアプリも用意されており、

リアルタイムでチャートの確認ができるので急な相場の動きにも対応することができます。

さらに、配信されている「bitFlyer ウォレット」では実店舗での決済や、

ECサイトでのビットコイン決済などの機能もついているので、仮想通貨をこれ一つで最大限活用することができます。

 

bitWireで瞬時にビットコイン送金が可能

仮想通貨取引所bitFlyerではメールアドレスだけでビットコインの送金が行えるサービス、

「bitWire」を利用することができます。

通常の取引所ではビットコインを送金するためにはビットコインアドレスを入力する必要があり、

相手のビットコインアドレスを把握する必要があります。

しかし、bitWireではメールアドレスのみでビットコインの送金ができるので、

友人や家族などに簡単にビットコインを送金することができます。

また、ビットコイン決済ができる法人向けサービスの「bitWire SHOP」が用意されており、

ビットコインを使っての決済ができるようになっています!

 

仮想通貨取引所bitFlyerのキャンペーンをご紹介!

では最後に仮想通貨取引所bitFlyerで現在行われているキャンペーンについて紹介して行きたいと思います!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerではスマホアプリ「bitFlyerウォレット」にログインすることで、

ビットコインが当たるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容

・A賞.最大10名に1,000円相当のビットコイン

・B賞.最大3,000円名に5円相当のビットコイン

毎日抽選を行っているので、ほかのキャンペーンと比べて当たる確率がかなり高いです。

キャンペーンは7月1日〜未定となっており、

現在も開催中ですのでぜひbitFlyerの仮想通貨ウォレットを利用してみてください!

 

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer、ステラルーメン、ネム取扱い記念キャンペーン締め切り間近

要点

・bitFlyerが、『抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン』を開催しています。

キャンペーンの締切間近!

ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)、ネム(Nem/XEM)の取扱いを記念して、大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、『抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン』を8月6日より開催しています。

同キャンペーンの締め切りは9月3日迄となっており、締め切り間近のため、キャンペーン参加希望の方は早めに手続きを!

キャンペーンのタイトル
ステラルーメン、ネム 取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン

キャンペーンの概要
キャンペーンエントリー後、所定の数量以上のステラルーメンまたはネムを購入したユーザーのなかから抽選で、10 名に最大30,000円がプレゼントされます。

キャンペーン実施期間(※日本時間)について
2020年8月6日(木曜)午後1時00~2020年9月3日(木)午後11時59分まで

キャンペーン条件について
キャンペーン期間中に条件を満たすことで自動的にキャンペーンが適用されるとのこと。
なお、キャンペーンに参加希望の方は、キャンペーンページからエントリーして、所定の手続きを完了させておく必要があり、別ページからはエントリーできません。
また、ステラルーメンまたはネムを一定数量以上購入しなければエントリーできないため、必ず数量を確認してください。

キャンペーンのプレゼント内容
購入した数量に応じて、プレゼント内容が変わります。

・販売所でステラルーメンまたはネムを合計 10,000 円以上購入した場合
⇒抽選で10人に、10,000円がプレゼントされます。
・販売所でステラルーメンまたはネムを合計 50,000 円以上購入した場合
⇒抽選で10人に、30,000円がプレゼントされます。

プレゼント進呈のタイミングについて
2020年9月を予定しているとのことですが、プレゼントは直接ユーザーへの進呈をもって当選通知となり、bitFlyer公式サイトや公式ブログおよびSNSなどを通じた発表はされません。
また、進呈に時間がかかる場合があるとキャンペーン公式ページにも記載されています。

キャンペーン応募時の注意事項について
bitFlyerのアカウントは、一人につき1アカウントとされており、すでにbitFlyerのアカウントを保有しているユーザーについては重複してアカウント作成はできません。
仮想通貨お取引は、ご本人確認の手続きを完了しておく必要がありますので、まだ完了していない方はキャンペーンにエントリーできませんのでご注意ください。
なお、本人確認の手続きには審査があり、時間を要する場合もあるため、bitFlyerでは時間に余裕をもって参加するよう、注意喚起されています。

キャンペーン対象外について
プレゼントの進呈時点でbitFlyerアカウントが解約されている場合
一人で複数のアカウントを作成していることが判明した場合
登録された連絡先へのメールが送信・受信できない場合
虚偽の情報を用いてアカウント作成していることが判明した場合
その他、bitFlyerが利用規約およびその他要項を満たしていないと判断された場合、不正な行為がなされたと判断された場合

bitFlyerについて

株式会社bitFlyer(東京都港区/三根公博代表取締役)は日本国内はもとより、海外からも認知されている知名度抜群の仮想通貨取引所です。

“ブロックチェーンで世界を簡単に。”をスローガン&ミッションとして掲げ、2014年に設立されています。
日本で仮想通貨取引所を運営するためには、金融庁への届け出が必要ですが、bitFlyerは金融庁で初めて認可した11社の中の1社として、関東財務局長第00003号(平成29年9月29日)に登録されているので、安心して取引ができます。

仮想通貨取引プラットフォームにおいては、世界最高水準のセキュリティを誇り、ビットコイン取引量国内No.1を維持し続けています。
また、国内仮想通貨取引所としてだけでなく、日米欧の3地域にて、仮想通貨交換業者として各国の規制に準拠したうえで、各当局による認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所です。

ユーザー目線に立つbitflyerは3大メリットを私たちユーザーへ提供しており

様々な手数料が無料
アカウント作成手数料
アカウント維持手数料
販売所全通貨売買手数料
ビットコイン FX 取引手数料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

100円から始められる
ビットコインやリップル(XRP)、
モナコイン、イーサリアムなど、
人気な 11 種類の仮想通貨が少額から売買できる

かんたん操作で取引できる
土日祝日、いつでもどこでも
スマホアプリやパソコンから、
シンプルな操作画面で初心者の方でも
かんたんに使える
と、取引を始めるにあたって、スムーズで障壁の少ないサービスを提供しています。

現在、取引所探しに悩んでいたり、bitflyerで開設を検討しているなら、是非こちらからスタートしてはいかがでしょうか。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤー(bitFlyer)が口座開設完了キャンペーンで変更あり!

要点

・itFlyer 口座開設完了キャンペーンで、プレゼントのビットコイン1,000円相当が500円相当に変更されました。
・bitFlyerでは、同社を語った虚像メール報告が急増しており、同社はユーザーに注意喚起しています。

bitFlyer 口座開設完了キャンペーンに変更事項あり




知名度とシェア率ダントツでトップの人気仮想通貨取引所のbitFlyerが現在、「口座開設完了でもれなく 1,000 円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!」を開催しています。


同キャンペーンはキャンペーンページからエントリーし、キャンペーン期間中に、本人確認手続きが完了した新規ユーザーを対象に実施されています。

応募方法は、bitFlyer のアカウントをお持ちではない場合、キャンペーン期間中に新規にアカウントを作成したうえで、キャンペーンページの「エントリーする」ボタンを押し、キャンペーン参加条件を満たしたユーザーのみ応募が完了します。また、bitFlyer のアカウントをすでに持っている場合は、bitFlyer にログインし、キャンペーンページの「エントリーする」ボタンを押したうえで、キャンペーン参加条件を達成することで応募が完了します。

プレゼント内容についてはキャンペーン開始より、“キャンペーン参加条件”を満たした新規ユーザーを対象に、もれなく1,000円相当のビットコインが付与されるとされていましたが、プレゼント内容が変更されています。変更後の「口座開設完了でもれなく 1,000 円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!」プレゼントは、『もれなく 500 円相当のビットコインをプレゼント』へと変わっています

また、キャンペーン期間についても、当初、2020年7月10日(金)午後1時00分~2021年7月9日(金)午後11時59分と告知され、募集していましたが、『2020年9月1日(火)午前0時0分』に期間内容が変更されていますので、エントリーを検討中の方は締め切り日時にご注意ください。


キャンペーンに参加した方については、2020年8月31日午後11時59分までに「キャンペーン参加条件」を満たしたユーザーに対してプレゼントのビットコイン500相当を付与される予定とのこと。

なお、プレゼント進呈時点で bitFlyer アカウントを解約している方
一人で複数アカウントを作成していることが判明した場合
登録済みの連絡先へメール送信できない、または受信されない場合
虚偽の情報を使用していることが判明した場合
その他、bitFlyerが利用規約その他要項を満たしていないと判断した場合
不正行為が発覚した場合
医所、これらが判明した場合、プレゼントを受取る権利が無効になる場合もあるため、注意が必要です。また、プレゼントの受渡し後に上記が発覚した場合については、没収等の措置が取られる場合があるとのこと。

bitFlyer を語った虚像メールに注意!




bitFlyerでは、同取引所名を装ったメールが送信されており、注意喚起がなされています。


bitFlyerによると、同取引所を装ったメールでは、「お客様の取引が対外貿易法を超過している報告を受領した」などでメールが送付されているとの報告されています。同取引所は、そのようなメールを送付することはないとして警告を発しています。各ユーザーは、フィッシング詐欺被害を未然に予防する手段として、慎重に対応をするよう、心掛けてください。

なお、bitFlyerがすでに確認できている送信元メールアドレスは『Bitfler.com@outlook.com』と発表されています。
bitFlyerからのメールは、【@bitflyer.com】もしくは【@bitflyer.jp】から送信されるとのことで、同取引所からメールが送付された場合、開封前に送り元メールアドレスを確認するようにしてください。


bitFlyerでは、不安に思った場合やトラブルが発生した場合、消費者庁か国民生活センター等に相談するよう、進言しており、各機関の公式サイトも記載しています。

消費者庁
国民生活センター

なお、bitFlyer不正ログインなど不正利用の相談窓口は
電話番号:03-6434-7957(日本語のみ対応可能)
受付時間:平日9時30分~17時30分
問い合わせフォーム


日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer アルトコイン販売所、ステラルーメン(XLM)、ネム(XEM)取扱い開始

要点

・ビットフライヤー(bitFlyer)がステラルーメン(XLM)とネム(XEM)の取扱いを新たに始めました。
・XLMとXEMの2銘柄取扱いを記念して、キャンペーンを開始したことも同時に報告されています。

ビットフライヤーでXLMとXEM の取扱い開始

ビットフライヤー(bitFlyer)のアルトコイン販売所で、新たにステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)、ネム(NEM/XEM)の取扱いを開始した事を8月6日13時に、ビットフライヤー公式ブログより発表されました。

今回上場が決定したステラルーメン(XLM)とネム(XEM)の2銘柄のみで、ウエブ(パソコン/スマホ)とスマホアプリ(iOS/Android)のアルトコイン販売所から取引ができます。
また、ビットフライヤーでは、2銘柄取扱いに伴って契約締結前交付書面(暗号資産現物取)を改定しており、改定後の書面および新旧対照表は

契約締結前交付書面(暗号資産現物取引)
新旧対照表から確認可能です。

ステラルーメン(XLM)とネム(XEM)取扱いキャンペーン開催

ビットフライヤー(bitFlyer)では、ステラルーメン(XLM)とネム(XEM)取扱い開始を記念して「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」が開催されています。

キャンペーン参加の概要
エントリーの後、ビットフライヤーが定める一定数量以上のステラルーメンまたはネムを購入したユーザーの中から抽選で、10人に最大30,000円がプレゼントされます。

キャンペーン期間(日本時間)
2020年8月6日(木)午後1時00分~2020年9月3日(木)午後11時5分まで

キャンペーン応募の条件について
「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」の期間中、ビットフライヤーが定める一定の条件を満たしたユーザーは、自動的にキャンペーンにエントリーされ
・キャンペーンページからエントリーし、所定の手続きを全て完了させたユーザー
・ステラルーメンまたはネムをビットフライヤーが定める一定数量以上購入したユーザー
上記の条件を満たしているユーザーがキャンペーンにエントリーされます。

プレゼント内容について
購入した数量に応じて、プレゼント内容が変わるとのこと。

・販売所でステラルーメンまたはネムを合計10,000円以上購入したユーザーの場合
→抽選で10人に10,000円がプレゼントされます。
・販売所でステラルーメンまたはネムを合計50,000円以上購入したユーザーの場合
→抽選で 10人に30,000円がプレゼントされます。

プレゼント進呈のタイミングについて
「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」のプレゼント進呈については、2020年9月を予定しているとのこと。
なお、プレゼントの進呈をもって当選の通知となるため、公式サイトや公式ブログ、SNSなどによる当選通知は行われないとのこと。
また、状況によってはプレゼント進呈に時間がかかる場合があるとのこと。

キャンペーンに関する注意事項について
アカウントは一人につき1アカウントのみで、すでにアカウントを保有しているユーザーが重複して新規アカウントを作成することはできません。

また、仮想通貨取引には、本人確認のお手続きを完了していることが条件のため、完了していないユーザーは参加対象外となります。
本人確認のお手続きには審査があり、時間がかかる場合もあるため、余裕をもって参加しなければなりません。

上記に加え、以下に該当するユーザーは、キャンペーン対象外になるとのこと。

プレゼントの進呈時点でアカウントを解約している場合
複数のアカウントを作成していることが判明した場合
登録先へメールが送信できない場合、または受信されない場合
虚偽情報を用いていることが判明した場合
その他、ビットフライヤーが利用規約およびその他要項を満たしていないと判断した場合や、不正行為とみなした場合など

以上に該当している場合、今回のキャンペーンプレゼントを受取る権利が無効になる可能性があり、プレゼントを渡した後に判明した場合も、プレゼントの没収などの措置が取られる場合があるとのことですので、十分な注意が必要です。

ビットフライヤー(bitFlyer)に取引口座の開設している方は、今回のキャンペーンを機に、アカウントを取得してみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤーは国内最大級の仮想通貨取引所で、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、販売所全通貨売買手数料、ビットコイン FX 取引手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料といったさまざまな手数料が無料になっています。

さらに、取引は人気の11銘柄の仮想通貨が100円から開始でき、スマホアプリやパソコンから簡単操作で取引できるなど、魅力盛りだくさんの仮想通貨取引所です。

今だからこそ、アカウントを取得したい!という方は

ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

から初めて見てください。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Braveとの提携でbitFlyerが見据える未来とは?オラインイベントで見えたもの

要点

ここに本文を記述

bitFlyeが見据える未来とは




7月30日に、次世代ブラウザーを提供しているBrave社が主催のオンラインイベント「Brave Software Asia Office Opening Party」が開催され、その内容がbitFlyer公式ブログに掲載されました。

オンラインイベントには、bitFlyer社の三根公博CEO(代表取締役)とBrave Software Asia社から嶋瀬宏CEOによって開催されました。



(画像引用 bitFlyer公式ブログ)


bitFlyerは2020年4月9日付で、Braveブラウザ上にて流通しているトークンであるベーシックアテンショントークン( Basic Attention Token/BAT)の取扱いが開始され、さらにbitFlyerと Brave Software社は7月9日に業務提携に関する基本合意書を締結しています。

この提携により、さらなる未来を見据え、bitFlyerと Brave Software社が共同で仮想通貨ウォレットを開発することを発表しています。

2社の提携で変わること・できること

現在共同開発中の仮想通貨ウォレットでは、bitFlyerアカウントを保有しているユーザーは、Brave ブラウザ上にてbitFlyerアカウントと連携ができます。
現在、Brave Rewards プログラムに参加しているユーザーは、Braveブラウザ上の広告閲覧で付与されるBAT ポイントから、BAT が付与されるようになり、bitFlyerアカウントのウォレットに直接反映されるとのこと。

付与されたBATについては、Braveブラウザ上で投げ銭に使用できるほか、bitFlyerで売却して日本円へ換金することも可能になります。

両社の提携により、Braveでは高セキュリティ環境下で仮想通貨が取り扱えるようになり、投げ銭などの環境により、投資や投機としての仮想通貨ではなく、日常利用できる身近な仮想通貨とのふれあいが体験できます。

bitFlyerが見据える未来




bitFlyerはこれまでにも仮想通貨決済に関連したパートナーシップやサービス展開を実施してきました。
今回の提携によって仮想通貨の実需に生み出せ、“ブロックチェーンで世界を簡単に。”のスローガンの下、より身近なものへと進めていく見デルケースを目指しているとブログで語っています。

これまで提供する側に与え続けられていた大きな利益を、ユーザーのプライバシーやインターネット環境を守りながら、利用者側へ利益を分与していく未来へとつなげていくと語っています。

Braveが見る未来のブラウザ




Braveはこれまで提供する側に与え続けられていた大きな利益に疑問を持ち、一部の事業者のみが大きな利益を得るスタイルから、ユーザーのプライバシー情報や関心度・注目度をサービスから収益化させる(収益を得る)ことを目標に事業展開をしています。
同時に、コンテンツを提供するクリエイターや消費者への還元は限定的であった部分にも同社がメスを入れる形で、これまでのエコシステムで犠牲となっていた消費者のプライバシーやインターネット速度、通信費などを守っていくと語っています。
消費者の関心ごとに合わせた適切な報酬が支払われ、お気に入りやサポートしたいクリエイターや組織を、ユーザー個人でも支援できるような世界を作ることを目標にしていると語っています。

現在日本では金融庁並びに国の仮想通貨政策によって規制が実施されているため、Brave Rewards プログラム参加ユーザーには、一定条件を満たした場合、他国で実施されているBAT付与ではなく、BAT ポイントが付与されていました。
このポイントシステムが、行動開発中のウォレットが実際にユーザーへ提供開始されると、BATポイントではなく、他国同様にBATの付与へとサービスアップされます。
なお、このBATポイントからBAT付与へシステムチェンジするにあたり、bitFlyerおよびBraveから詳細が発表されるとのこと。

動画閲覧中に登場する煩わしい動画広告が消え、トークンがもらえ、仮想通貨がより身近なものへ変わっていく。
そんな未来をBraveとbitFlyerは見据えていると語っています。


新たな仮想通貨環境をBraveと提供しようと取り組んでいるbitFlyerに口座を開設しようと検討されている方はこちらからどうぞ!

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BraveとbitFlyerがパートナーシップ提携で仮想通貨ウォレットの開発へ

要点

・国内仮想通貨取引所bitFlyerとウエブブラウザーのBraveが7月9日、パートナーシップを締結したことを発表しました。
・このパートナーシップ締結により、Braveユーザー向け仮想通貨ウォレットを共同開発すると発表しています。

BraveとbitFlyerがパートナーシップ提携

取引量で国内1位のbitFlyer(東京都港区/三根公博代表取締役)が、プライバシーを重視した次世代ウエブブラウザーBrave(カリフォルニア州/Brendan EichCEO)開発元Brave Softwareの子会社で、ブロックチェーン関連業務を行うBrave Software International SEZCとウォレット領域を視野にパートナーシップを締結したことを7月9日、発表しました。

bitFlyerの発表内容によると、2020年4 月に Brave ブラウザー上で流通する仮想通貨であるベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを開始。
今回のパートナーシップによるさらなる連携強化を目的として、今後 Braveのユーザー向けに、仮想通貨ウォレット機能を共同開発すると発表しています。
また、共同でマーケティング活動を開始し、仮想通貨およびブロックチェーン技術のさらなる普及並びにユーザーの利便性向上を目指すと述べています。

なお、発表内容にはウォレットの詳細について記載されていませんが、投機家らはウォレットがブラウザーのBATトークンの報酬に関連している可能性があると期待していると海外メディアは報じています。

日本国内のBraveユーザーは、資金決済法規制による影響のため、BATの報酬は獲得できません。
そのため、国内ではBATに代わり、ベーシックアテンショントークンポイント(Basic Attention Point:BAP)を獲得できます。

新しい暗号通貨ウォレットにより、ユーザーはBATを獲得したり、BAPをBATに変換したり、他の仮想通貨を購入したりできる予定です。
現時点でBraveは、ユーザーに報酬制度で“ポイント”を採用していますが、いくつかの制限があることから、今回のパートナーシップ締結を通じてそれ以上の可能性もあるとBrave広報担当者はメディアに向けてコメントを発表しています。

仮想通貨ウォレットの詳細は、7月30日、Braveのブレンダン・アイヒ創設者兼CEOが参加する東京のイベントで発表されるとのこと。
また、今回のパートナーシップ締結に伴い、bitFlyerとBraveの共同キャンペーンが開催される予定もあり、今後、詳細が発表される予定です。

Braveはeスポーツ市場でも影響を拡大

先月、日本のeスポーツチームのRush Gamingと提携し、ユーザー専用の「限定カスタマイズ版Brave」をファン向けに提供しており、Braveは日本での影響力を拡大していることがわかります。
Rush Gamingのブラウザーを使用するユーザーは、Webサーフィン中にBAP視聴広告を獲得でき、ユーザーはポイントを使用してRush Gamingをサポートできる仕組みになっています。

※限定カスタマイズ版Braveについての詳細は「Rush Gamingは次世代ブラウザーBraveを提供するBrave Softwareとパートナー契約を締結」をチェックしてください。

bitFlyer について

“ブロックチェーンで世界を簡単に”をミッションに掲げ、2014 年に設立されたbitFlyerは、ビットコインなどの仮想通貨取引プラットフォーム領域において、世界最高水準のセキュリティを提供しています。

ビットコイン取引量国内 No.1 を維持しているほか、日本・アメリカ・ヨーロッパの3地域で仮想通貨交換業者としての認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所として活躍しています。

2020年7月10日時点のCoinMarketCap上位仮想通貨取引所ランキングで7位にランキング入りしている世界トップクラスの仮想通貨取引所です。

Brave Software, Inc. について

Brave Software は、高速かつプライバシー重視のブラウザーと、ブロックチェーンベースの
デジタル広告プラットフォームの提供をしている次世代ブラウザーです。

JavaScript の生みの親で、Mozilla(Firefox)の共同創設者であるブレンダン・アイヒ(Brendan Eich)氏と、元 Khan Academy、Mozilla のブライアン・ボンディ(Brian Bondy)氏によっ
て共同創設されています。

Brave ブラウザーは現在、1,500 万人以上の月間アクティブユーザーと 70 万人以上の認証済みパブリッシャーを抱えているまさに、次世代ブラウザーとして、世界から注目されている存在です。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyerが新規口座開設で1,000円分のETHがもらえるコラボキャンペーン実施!

要点

・bitFlyerがブロックチェーンゲーム企業とコラボ!
・コラボを記念して、bitFlyerにて新規口座を開設した新ユーザーに、もれなく1,000分のETHをもれなくプレゼント

 

bitFlyer がコラボ記念キャンペーンを開始!


<画像 bitflyer campaign2>

bitFlyerと、世界最大のブロックチェーンゲームを手掛ける“マイクリ”ことMy Crypto Heroes(マイ クリプト ヒーローズ)が、共同キャンペーンを開始しました。

同キャンペーンで新規ユーザーに対し、ブロックチェーンゲーム参入をスムーズにできるようサポートするための共同キャンペーンとのこと。

期間中bitFlyer に新規で口座開設を完了すると、もれなく 1,000 円相当の Ethereum(イーサリアム/ETH)がもれなくもらえます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

キャンペーン参加条件は、期間中にbitFlyer の新規アカウントを作成し、キャンペーン期間内に本人確認のお手続きが完了している新規ユーザーで、日本に居住している方に限ります。

 

bitFlyerではアカウントは一人につき1 アカウントのみとされていることから、すでに bitFlyerアカウントを開設されているユーザーは同キャンペーンに参加できません。

一度解約し、再度アカウントを作成した方についても、無効になるので注意が必要です。

 

なお、本人確認手続きには審査が必要で、場合によっては時間を要することもあるため、早めの手続きをおすすめします。

 

キャンペーン内容の詳細


(画像引用先 bitFlyer)

 

キャンペーン期間
日本時間は、2020年5月30 日(土)15時00分~2020年6月26日(金)14時59 分まで。

プレゼントの受取時期
プレゼントの受取時期については、2020年7月上旬を予定しているとのこと。

 

進呈に際しては時間を要する場合があるとのことで、プレゼンとのイーサリアム数量については、進呈時点のbitFlyer任意のレートを参照して決定されます。

 

プレゼントが無効になるケースとは?

 

bitFlyerでは不正などが判明した場合、プレゼントを受取る権利が無効となる処置をとると公表しています。

 

一人で複数アカウントを作成している場合
・登録された連絡先メールに送信できないもしくは受信されない場合
虚偽の情報を用いた場合
・その他、bitFlyerが定める利用規約およびその他要項を満たしていないと判断した場合
不正行為が発覚した場合

 

受け取り後の発覚についても没収などの措置が講じられるとのことで、いかに該当するか注意しなければなりません。

 

My Crypto Heroes(マイ クリプト ヒーローズ)とは?


(画像引用先 My Crypto Heroes)

 

今回bitFlyerと共同でイーサリアムプレゼントキャンペーンを開催しているMy Crypto Heroesこと“マイクリ”は、歴史上のヒーローと一緒にマイクリワールド制覇を目指すブロックチェーンRPGゲームです。

 

マイクリ公式サイトによると、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームとして、トランザクション量、トランザクション量、DAUで世界第1位にランクされているとのこと。
2018年末には業界初のテレビCMも放送されるなど、スタートアップ企業の中でも群を抜いて勢いに乗っている企業です。

 

運営企業 double jump.tokyo Inc.
所在地 東京都新宿区西新宿
設立 2018年4月

 

マイクリでは、ブロックチェーンの特性をゲームサイトに生かしており、サイト内でのやり取りはEthereum(イーサリアム/ETH)を使ってプレイをします。

歴史上の人物を使って対戦するマイクリでは、敵を倒したり、写真をアップロードしてヒーローを変えられるほか、入手したアイテムをサイト内で売買することもできます。

 

世界的に大人気ブロックチェーンゲームを手掛けるマイクリと、国内仮想通貨取引所としてトップクラスでシストレ(システムトレード)ができることでも高い注目度を誇るbitFlyer。

bitFlyerの口座を開設しようか迷っていた方はこのキャンペーンを機に、新規口座を開設してみてはいかがでしょうか。

記事参考元
bitFlyer
My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyerがテレビCMの放送開始で最大9万円が当たるキャンペーン開始!

要点

・仮想通貨CMが2年ぶりにテレビ放送
・テレビCMの放送に合わせてキャンペーンも開始!

 

bitFlyerが2年ぶりのテレビCMを放送開始

 


国内大手仮想通貨取引所のbitFlyer(東京都港区、三根公博代表取締役)が、約2年ぶりにテレビCMを本日から放映しました。
「ビットコイン篇」

このテレビCM放送決定に合わせ、bitFlyerでは『テレビ CM 放映記念!暗号資産(仮想通貨)の買いそろえで最大 9 万円相当のビットコインが当たるキャンペーン』を開始させました。

放送されるテレビCMは上記の「ビットコイン篇」のほかに
「マルチシグ篇」

「コールドウォレット篇」

以上の3パターンが放送されます。

なお、放映エリアについては、愛知県に加え、岐阜県と三重県は一部エリアでの放映の予定となっています。

 

 

bitFlyerが最大 9 万円相当のビットコインが当たるキャンペーン

 

本日より放送されているbitFlyerは、セキュリティを強固にしている事をアニメ仕立てでアピールしたものです。

 

この放送を記念し、bitFlyerでは「テレビ CM 放映記念!暗号資産(仮想通貨)の買いそろえで最大 9 万円相当のビットコインが当たるキャンペーン」を開始しました。

 

キャンペーン期間2020年5月13日(水)午前9:00~5月29日(金)午後11時59分

キャンペーン応募資格日本に居住の方を対象としており、期間中にビットコイン販売所またはアルトコイン販売所にて、仮想通貨を1種類あたり合計2,000円以上、かつ、2種類以上ご購入したユーザーを対象に、自動的にキャンペーンにエントリーされます。

 

キャンペーンのプレゼント内容については、購入した仮想通貨の種類数に応じてプレゼント内容が変わります。

仮想通貨を2種類以上5種類未満で、計4,000円以上購入のユーザーを対象に、抽選で20名に2,000円相当のビットコイン
仮想通貨を5種類以上9種類未満で、10,000円以上購入のユーザーを対象に、抽選で10名に5,000円相当のビットコイン
仮想通貨を全9種類で、計18,000円以上購入のユーザーを対象に、抽選で3名様に90,000円相当のビットコイン

 

なお、当選についてはプレゼントの発送を持って当選者の発表とし、6月頃にプレゼントの予定とされています。

 

 

What is a コールドウォレット?

 

コールドウォレットとは暗号資産(=仮想通貨)を保管するもので、文字通り“財布”を意味しています。

 

コールドウォレットはコールド・ストレージと呼ばれる事もあり、通常のウォレット(ホットウォレット)がインターネットに接続され続けている状態であるのに対し、コールドウォレットはインターネットから完全に切り離された場所に保管されています

 

インターネットに接続されていないことで、不正アクセスにって大切な資産である仮想通貨が盗まれる危険性を大幅に軽減させています。

 

 

What is a マルチシグ(マルチ・シグネチャ)?

 

マルチシグネチャー(Multi Signature)=マルチシグ(Multisig)とは、トランザクション(仮想通貨取引き)の署名時に複数の秘密鍵(シークレットキー)を要求することが技術を指しています。

 

マルチシグを採用することでシングルキーに比べてセキュリティの高いウォレットの構築ができます。

一般的には攻撃者が2つ以上の異なったプレットフォームに同時侵入することは非常に難しいといわれており、仮想通貨口座で最重要データとなる秘密鍵が万が一漏洩した場合でも、もう一つの秘密鍵がなければ取引きできないように設定できる仕組みになっています。

 

 

まとめ

 

 

今回bitFlyerが3パターンのCMを放送開始させた背景には、コロナ禍によって生活が一変し、これまでのお金の概念も変わろうとしている今こそ仮想通貨を利用する転換期と見ているものとみられます。

まだ仮想通貨に触れていない方の中には、ハッキング流出事件などの報道により、セキュリティが不安という方も多いと言われています。

bitFlyerなら、大切な資産を安心できるコールドウォレットで保管し、マルチシグによって高セキュリティで守ってくれるので、キャンペーンを機に仮想通貨の取引きを始めてみるものいいですね!

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤーがリップル(XRP)の取り扱いを開始!販売所形式での取引可能に。

 

 

国内仮想通貨取引所であるビットフライヤーは2日、新たにリップル(XRP)の取り扱いを開始したことを発表しました。

ビットフライヤーによると約2年ぶりとなる新規通貨の取り扱いとなり、リップルは日本国内でもビットコインに次ぐ取引量の多い人気の通貨です。

 

またビットフライヤーはXRPの取り扱い記念として、現金がもらえる2つのキャンペーンを行うことも発表しました。

 

リップルは販売所形式で取引可能

ビットフライヤーでリップルを取引する場合には、Webまたはスマホアプリ(ios/android)のアルトコイン販売所で売買できます。

アルトコイン販売所とは、ビットフライヤーにある販売所形式で売買できる取引所のことです。

リップル以外にもイーサリアムやモナコインなど7種類の仮想通貨と取引できます。

引用:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会|統計情報

 

リップルは日本国内でも人気の高い仮想通貨の一つであり、国内の取引量で見てもビットコインに次ぐ2位に位置しています。

ちなみに仮想通貨交換業者20社をあわせると、2019年10月1日からの1ヶ月間で約580億円取引されているようです。

 

現金がもらえるリップル取り扱い記念キャンペーンについて

現在、ビットフライヤーはリップルの取り扱い開始を記念し、現金がもらえるキャンペーンを2つ実施しています。

2つのリップル取り扱い記念キャンペーンについては以下のとおりです。

 

リップル取扱開始記念!抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーン

抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーンの期間は、2019年12月26日(木)午後11時59分(日本時間)までです。

上記のキャンペーン参加条件は、キャンペーン期間中に、リップル(XRP)販売所で合計5000円以上の取引を1回以上行った方

ビットフライヤーにログインし参加条件を満たすだけで応募が可能です。

 

当選者の発表は、2020年1月を予定しているとのこと。

リップル取扱開始記念!抽選で10名様に10万円が当たるキャンペーンの詳細はこちらです。

 

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーン

https://twitter.com/bitFlyer/status/1201381383878242306?s=20

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーンの期間は、2019年12月16日(月)午後11時59分(日本時間)までです。

上記のキャンペーン参加条件は、ビットフライヤー公式ツイッターアカウントをフォローし、キャンペーン期間中に上記のツイートをリツイートするだけです。

応募条件を満たした中から抽選で10名に3万円がプレゼントされます。

 

当選者の発表は、ビットフライヤーのツイッター公式アカウントからダイレクトメッセージが送られてきます。

当選者はダイレクトメッセージに記載されている期日までに、ビットフライヤーが指定する必要事項を連絡する必要があります。

また、ツイッターのダイレクトメッセージを開放しておきメッセージが届くように設定しておきましょう。

期日に遅れた場合やメッセージが送れない場合には、キャンペーン対象外になります。

リップル(XRP)フォロー&リツイートキャンペーンの詳細については、こちらにあります。

 

まとめ

最近ではリップルが大量に売られているというニュースが流れており悲観的な見方もされていますが、リップルの取り扱いが開始したことで価格は15%程度上昇しました。

また日本国内でも新規通貨の取り扱いを増やしてほしいという声も多いことから、今回のビットフライヤーの発表は良い材料になったのではないでしょうか。

 

しかしながらリップルはすでに他の仮想通貨取引所でも取引できる通貨。

ユーザーが求めていることは国内の仮想通貨取引所で売買できない新規通貨の取り扱いではないでしょうか。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

12月のリップルは価格上昇?関連ニュースなどから今後を予測

11月のリップルは長い下落トレンドで一時30%分も価値を落とすなど不調が見られました。しかし最近は相場に変化の兆しが見られ、価格上昇の可能性がうかがわれます。

リップルの現在の相場や先週報じられた関連ニュースなどから、今後の価格予測などを解説します。

要点

・12月のリップルは価格回復へ?
最近の値動きから11月の不調を脱したかに思われるリップル。12月の値動きを最近の関連ニュースなどから予測します。

 

リップルは11月の長い下落トレンドを脱したか

こちらが最近のリップルにおける日足チャートです。

最近では11月6日に終値33.715円まで伸びていましたが、翌日から31.766円に下がったことを皮切りに下落トレンドへ入ります。

ネガティブなトレンドは終値23.672円を記録した25日まで19日間続き、6日から約30%もの下げ幅にいたりました

ビットコインやイーサリアムなどの人気仮想通貨も11月は似たような値動きが見られ、そうした現象に引っ張られた可能性も否めません。

それでも11月はリップルにとって停滞の1カ月だったでしょう。

 

12月はリップルの相場上昇の兆し?

最近のチャートから、12月はリップルの価格が持ち直す可能性が高いと考えられます。改めて最近のリップルの日足チャートをご覧ください。

画像では26日から4日連続で価格が回復した後、12月2日まで3日連続で価格下落が見られ、25円近くでのレンジ相場という印象です。

しかし下落トレンド中の価格上昇は2日連続が最長だったため、26日からの4日続けての上昇はリップル相場における変化の兆しとも考えられます。

チャート中の赤い線グラフである25日移動平均線も、値動きを示すローソク足から離れた上方で下降線にあります。

この状況では平均線に対する価格の行きすぎを調整するため、ローソク足と平均線が寄り添いあい、相場価格アップにつながるケースが多くあります。

以上から、12月はリップルの上昇トレンドが訪れる可能性が高いと考えられます。

 

最近のリップル関連ニュース

最近のリップル関係のニュースから今後の価格を占うことも考えられます。特に数週~数ヵ月以上のスパンでリップル投資を行っている人は要注目です。

先週報じられたリップルの主要ニュースを紹介します。

 

マネーグラムの出資を完了

かねてから世界的送金企業「マネーグラム」との提携が話題のリップル社ですが、現地時間の11月25日には同社への5000万ドル(約54億円)の出資完了を明かしました

出資は株式取得という形で2019年6月から始まっていました。これをもってリップルのマネーグラムへの出資は完了とのことです。

マネーグラムはリップルからの出資金を運営資金に使う予定であり、リップルが使う送金プラットフォームであり、「xRapid」から名前を変えた「オンデマンド・リクイディティ」のバージョンアップにも活かす予定とされます。

 

bitFlyerがリップル取り扱い開始

bitFlyerでは12月2日からリップルの取引を始めています。

これで同取引所の上場通貨は、ビットコイン、イーサリアムなどと合わせて8種類に増えました。

bitFlyerはすぐに仮想通貨の取引を成立させたい人のために販売所も設けており、ビットコイン用とアルトコイン用の2種類があり、後者にリップルが加わります。

リップル上場記念として、bitFlyerでは12月26日まで販売所で総額5000円以上のリップル取引を行った人から、抽選で10名に10万円プレゼントのキャンペーンを展開中です。

bitflyer

以上のように先週はリップル関係のポジティブなニュースが複数見られ、市場への好影響も考えられます。

 

まとめ

12月のリップルは前月の下落トレンドから反動を受ける形による上昇の可能性が見込まれます。

リップル社の出資完了によるマネーグラムとの提携進展やbitFlyerでの取扱開始なども、リップルの需要強化につながると考えられます。

今月のリップル相場に注目しましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン暴落は買いのサイン?米大手ファンドCEOの発言が話題

9月24日の暴落以来、下げ止まりが見られないビットコイン。

しかし2日後、アメリカ大手ファンドであるモルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演し、ビットコインを「買いだね」とコメントし話題になっています。

今のビットコインは本当に買いに値するのか、ユスコ氏の発言やビットコインの近況、将来性などの観点から考察します。

要点

・米大手ファンドCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言
米モルガンクリーク・キャピタル・マネジメントCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言。信用に値するのかをビットコインの現況や将来性とともに分析します。

 

ビットコインは下落中の今こそ「買い」か

9月26日、アメリカ金融界の大手であるモルガンクリーク・キャピタル・マネジメントの代表を務めるマーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演しました。

暴落が決定的となった24日の最安値は85万1000円で、米ドル換算で8000ドルを下回っていました。これを受けユスコ氏はビットコインの価格下落に関する質問を受け、”Buy it.”(買いだね)と即答しました。

同氏は発言の根拠として日々の価格変動を気にする必要はなく利用基盤が2009年以来大きくなり続けているからとしています。

ユスコ氏は2019年7月にもビットコインは3万ドル(約320万円)に到達すると予測しています。

これまでビットコインが記録した最高値は237万8320円です。

世間に対するビットコインの理解度は高まっているので将来性は変わらず高いことを示唆しているのでしょう。

 

ビットコインは暴落を乗り越え、再び成長する

投資分野としての仮想通貨の性質や将来性を考えると、ユスコ氏の発言の通り、ビットコインは暴落後も利益を狙える可能性があります。根拠として3つをピックアップしました。

 

理由1: 安くなったことで買いやすくなったから

1つ目の根拠は単純に暴落後の方が、限られた予算でまとまった数量を買いやすいことです

現在ビットコインは下落トレンドに入っていますが、この終わり頃をテクニカル分析などで見極めて購入すると、次の上昇トレンドに乗って利益を狙えるでしょう。

また、暴落を待ち伏せていた大口投資家が安く買い叩くことで、再び価格上昇する可能性もあります。

暴落後に仮想通貨業界に参入した人にとっても、思いがけずビットコインを安く買える恩恵にあやかれるでしょう。

 

理由2: ビットコインの用途は今も拡大中だから

ビットコインは価格変動に関わらず現在も世界的に用途が拡大しています。たとえば日本ではbitFlyerが8月20日にTポイントでビットコインを買えるサービスを開始しています。

海外でも9月23日に開始したBakktによるビットコイン先物取引もまだまだ始まったばかりで様子見でしょう。

ネットショップや店舗で仮想通貨は決済できるだけでなく、オランダの「スポーツベットアイオー」のようにビットコインを使ったカジノサイトも展開されています。

このように現在もビットコインの用途は拡大中で利便性を増している最中です。

 

ビットコインの将来性が高いから

ビットコインは従来の国際送金よりもスピードが速く約10分で完了するとされます。仮想通貨による国際送金が世界中の金融機関で常識になれば、1日の送金回数も増えて経済発展に貢献するでしょう。

ビットコインの将来性を決めるポイントに、データ処理能力を意味するスケーラビリティ改善のカギとされるライトニングネットワークが挙げられます。

Decryptoの9月26日記事によると、ライトニングネットワークのノード数が1万を超えました。ネットワークの利用者数が増え続けていることを意味します。

ライトニングネットワークがビットコインに実装される期待感はますます高まっていることがうかがえ、このこともビットコインの高い将来性に一役買っている印象です。

 

まとめ

モルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏は、ビットコインに関して暴落中でも買いという見方を示しました。

暴落後に安く買い高く売る戦略を実践すれば、ユスコ氏の言葉通りにビットコインで利益を狙える可能性はあります。

現在ビットコインは使用可能範囲を世界的にどんどん広めており、ライトニングネットワークなどの関係性から将来性も高いとされます。

目先の価格暴落や急騰に一喜一憂せず、ビットコインを持ち続けたまま今後の動向を見守ることも考えられます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer、Tポイントでのビットコイン購入サービスを開始へ

人気仮想通貨取引所のbitFlyerが、ポイントカード事業大手のTポイントジャパンと提携を開始しました。8月20日より、bitFlyerにてビットコイン購入代金のTポイント決済が可能になります。

今回の業務提携の内容を踏まえ、ポイントカードの新しい使い道ができたことで、仮想通貨市場にどのような変化が起きるかを考察します。

要点

・bitFlyerでビットコインをTポイントで買える
仮想通貨取引所bitFlyerは、ビットコイン購入の決済手段にTポイントを追加しました。新サービスの詳しい内容を解説し、市場にもたらす変化を考察します。

Tポイントでビットコインを買えるときが来た

bitFlyerでは8月20日からビットコインを買うのに現金ではなくTポイントでの支払いが可能になりました。

これはポイントカード事業大手のTポイントジャパンとの業務提携から生まれた新サービスです。

Tポイントとは?

Tポイントとは、取扱対象店舗で商品を買ったりサービスを受けたりして支払った代金の一部をポイントとしてTカードに貯められるサービスです。

提携先は数多く、TSUTAYA、ファミリーマート、Airbnbなど、ジャンルを問わず数多くの店舗やサービスで利用できます。

貯めたTポイントは、対象店舗の購入代金の代わりに支払えます。これを使うことで代金を事実上安く済ませられるなどお得感を味わえます。

Tポイントでのビットコイン購入でできることは?

Tポイント100ptごとにビットコイン85円分を購入できます。またbitFlyerウォレットを提携先で使えば、500円分のビットコインに対し1ptのTポイントが返ってきます。

しかし仮想通貨の決済分をTポイントに換えられる対象店舗はヤマダ電機、ビックカメラ、湘南美容クリニックなど一部に限られますので注意しましょう。

日本円なら仮想通貨取引所に登録したら、まずは入金のために銀行を訪れるか、クイック入金を使う必要があります。

しかし銀行までわざわざ移動するのが面倒に感じる人もいるでしょう。入金が反映されるのにも時間がかかります。

一方、クイック入金は24時間365日いつでも入金できるシステムですが、その分まとまった手数料を取られるデメリットがあります。

Tポイントを仮想通貨取引所とリンクさせれば、日本円入金の手間をかけることなく取引に臨めます。

もちろんTポイントで購入したビットコインも価値が上がれば利益になります。Tポイントを投資に使えることは、仮想通貨とポイント両方の業界を大きく変えるでしょう。

Tポイントでのビットコイン購入スタートがもたらす変化とは?

bitFlyerによるTポイントとビットコインを結びつける新サービスは、仮想通貨市場に大きな変化をもたらすでしょう。

それまで仮想通貨に触れることがなかった人でも、Tポイントはたくさん持っている場合が多いと考えられます。Tポイントを保有する層を仮想通貨に結びつけることで、新しい客層を取り込めます。

まだまだ仮想通貨を知らない人は多いので、Tポイントとのリンクで仮想通貨に対する認知度も高まるでしょう。

bitFlyerは7月に新規登録再開済み

2019年7月3日にbitFlyerは金融庁からの業務改善命令が解除され、新規登録を再開しています。

bitFlyerは2018年6月から1年近くにわたり、新規口座開設不可などの制限を受けていました。

しかし業務改善の成功とTポイント導入をきっかけに、これまで登録できずに残念がっていた人も参入することが考えられます。

ビットコイン決済手段としてのTポイント導入は、bitFlyerにとって久々のポジティブな話題です。同取引所がどこまで信頼を回復できるかに注目しましょう。

まとめ

bitFlyerは8月20日に、ビットコインをTポイントで購入できる新サービスを開始しました。

ポイントカードの重鎮であるTポイントを仮想通貨とリンクさせることで、新規顧客を取り込む狙いが考えられます。

7月3日からbitFlyerは、それまで1年近く停止していた新規登録を再開しています。このニュースをきっかけにbitFlyerに大きな関心を持つユーザーも多いのではないでしょうか。

ポイントで仮想通貨を買えるという事実に、二つの業界における時代の変化が感じられます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットフライヤーへの入金が24時間365日可能に!

仮想通貨取引所大手のビットフライヤーが、日本円の入金を24時間365時間可能にしたことを発表しました。

ビットフライヤーの入金時間枠が拡大へ

[aside type="boader"][/aside]

2018年12月12日の12:15に会員へ向けたメールにて記載されているところによると、12月12日(水)より開始で、「モアタイムシステム」に参加している銀行からの振込が対象とされています。

モアタイムシステムには下記を含めた504の金融機関が参加しています。

[aside type="boader"]

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 各地方銀行
  • 各第二地銀協加盟銀行
  • 各信用金庫
  • 各信用組合
  • ※ 参加金融機関の一部を抜粋。
参考 : モアタイムシステム参加金融機関一覧|会社案内|全国銀行資金決済ネットワーク

[/aside]

国内有数の知名度·ユーザー数を誇り、海外進出も果たしている人気の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)。

今回の入金時間枠拡大により、よりユーザーの利便性に注力している様子が窺えます。

仮想通貨の取引所と相性抜群の銀行! - SBIネット銀行

[bank-SBI_NET_BANK] [campaign-sbinetbank] [aside type="boader"]

国内の主要な仮想通貨取引所への入金が「無料」で出来る!
SBIネット銀行について詳しくはこちらの記事で解説しています!

[kanren postid="538"][/aside] No tags for this post.

仮想通貨取引所のセキュリティ対策とおすすめ3社を徹底比較

「最近ハッキング事件が多いけど、仮想通貨って危ないのかな」 「仮想通貨取引所のセキュリティ対策って何を基準に選んだら良いのだろう?」 とお考えではありませんか? 確かに、近年では仮想通貨取引所のハッキング事件が相次いでお ... No tags for this post.

衝撃!bitFlyerが新規顧客受け入れを停止!2018年下半期はどこの取引所を使えばいい?

本日22日のNHK NEWS WEBにて、bitFlyerが新規の顧客受け入れを停止することが判明しました。

理由は、金融庁の業務改善命令を受けての、経営改善とのことです。

 

要点

・業界に衝撃が走る
コインチェックが本格始動していない中「国内最大手」の地位をとっていたbitFlyer。

突然の新規顧客停止に衝撃が走っています。

・2018年下半期に登録すべき取引所

コインチェックとbitflyre大手2社が登録できない今、おすすめの取引所を紹介します。

bitFlyerが新規顧客受け入れを停止

NHKニュースによると、bitFlyerは本日午前に金融庁から、マネーロンダリング対策などの内部管理がなされていないとし、業務改善命令を受けました。

これを受けて、bitFlyerは当面の間、新規の顧客受け入れを停止することを発表しました。

※追記 ツイッターで公式アナウンスがありましたが、新規顧客受けれ入れ開始時期は触れていないもようです。

新規顧客受け入れ開始時期は?既存の顧客のサービスは継続

ただし、サービスを停止することはなく、既存の顧客の取引は継続するとのことです。

本稿執筆時点(22日15時)で、公式の発表はなく、わかっている事実は「bitFlyerの新規登録ができなくなる」ことだけです。

NHKの取材に対し、ビットフライヤー側は「現時点ではお答えできない」とコメントしているとのことです。

 

今後の展開と影響は?

まずは、公式の発表を待ちましょう。

現時点で、bitFlyerは国内最大手の取引所だったので、今回の報道は金融庁の規制強化がわかるものでした。

また、夏はSBIなどの参入も控えており、仮想通貨業界の地位が変わる可能性もあります。

 

2018年下半期はどの取引所を利用したほうがいいのか

では、これから取引所に登録するとしたらどこに登録すればいいでしょうか?

おすすめはBITPointとGMOコインです。

 

おすすめの取引所①BITPoint

ビットポイントは、ビットフライヤーが停止している今、もっともおすすめできる取引所です。

①ビットフライヤーを除いて、国内で唯一信託保全がある取引所である
②海外展開やテレビCMなど新規顧客の獲得に力を入れると発表しており、サービスの拡大が期待できる

先日、決算説明会では、今期の強気の売り上げ目標も発表したばかりです。

今期は新規顧客の獲得に力を入れるとも発表しており、良くも悪くもビットフライヤーと真逆の動きとなりそうです。

おすすめ取引所②GMOコイン

GMOコインもビットポイント並び、これからのサービスに期待できる業者です。

直近では国内で2社目となるアルトコインのレバレッジサービスも開始しています。また、直接関係はないですが、マイニングマシンの発売や、将来的には取引所の開設も検討しているとのことです。

 

まとめ~2018年に登録をおすすめする取引所~

BITPointGMOコインはビットフライヤーがない現在、もっともおすすめする取引所です。

 

BITpoint サービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

BITPointでは最大25倍のレバレッジ取引が可能。

そして何より、国内で唯一の信託保全があるので、安心して取引できます。

 

GMOコイン サービス概要

通貨種類 レバレッジ倍率 日本円入出金手数料 取引手数料
ビットコイン 最大10倍 無料 無料
アルトコイン4種類 最大5倍 無料 無料

GMOコインではビットコインの最大10倍のレバレッジ取引が可能。

イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュではレバレッジ最大5倍の取引が可能です。

BITPointのほうがやや手数料は安いですが、他の取引所も加味すると、この2社の手数料は国内でもトップクラスの低さです。

ビットフライヤーに関しては、まずは公式の発表を待ちましょう。新規顧客の受け入れ再開時期によっては、業界に大きな影響を与える可能性もあります。

そして、上に挙げた2社はこれからサービスが充実し、注目を浴びる取引所です。

まだ登録していない方は、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

 

BITPOINT公式サイトはこちら

GMOコイン公式サイトはこちら

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.