0b:Zaif(ザイフ)

No tags for this post.

盗まれたBTCの資金洗浄を容易にしたとして訴えられたBinance

要点

・Binanceがマネーロンダリングを容易にしたとして、日本の仮想通貨取引所フィスコが北カルフォルニア地方裁判所に苦情を申し立てました。
・Zaifの従業員は当時、Binanceにハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと連絡を取ったと語っています。

Binanceがマネロンほう助で苦情を申し立てられる

金融庁に登録済みの国内仮想通貨取引所であるFisco(株式会社フィスコ仮想通貨取引所/近畿財務局長第00001号平成29年9月29日登録済)が、ビットコインの900万ドル(約9億5,000万円)相当のマネーロンダリング(資金洗浄)を容易にしたとして、仮想通貨取引所Binanceを訴えました。

2020年9月14日に北カリフォルニア地方裁判所に提出された33ページに渡る苦情の申し立てによると、日本の仮想通貨取引所は、泥棒(※ここではハッカー)似関連下アドレスに資金を供給したと訴えています。

苦情の詳細は、奪われた資金は、ハッカーがウォレットから約6,000BTCを盗んだ2018年に、仮想通貨取引所Zaifが被った6,000万ドル(約63億円)のハッキング被害から得られたものだと主張しています。Fiscoは後にザイフを購入し、傘下に収めて運営を開始しましたが、現在、Binanceが顧客基準(KYC)と「マネーロンダリング(AML)のプロトコルが業界標準に準拠していないため、その資金が不正使用されたと主張しています。

Binance はマネロンの警告を受けていた

直接の苦情によは、ハッカーはBinanceのKYCポリシーを利用した事によって、新規ユーザーは、意味のある識別情報を交換することなく最大2 BTCで取引できます。
また、窃盗犯は盗んだビットコインを数千の別々のトランザクションとアカウントに分割し、すべて2ビットコインのしきい値を下回っています。このようにして、泥棒は盗んだビットコインを他の仮想通貨取引所に変換し、Binanceプラットフォームから価値を送信したと申し立てています。

Zaifの従業員は当時、Binanceに連絡を取り、ハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと交換所に警告をしています。

Fiscoにとって、Binanceは“マネーロンダリングのプロセスを故意または過失で中断することに失敗した”取引所になっています。
そのため、FiscoはBinanceに900万ドルの利息を支払うように要求しており、物件の追跡に費やされた時間とお金に対する公正な補償を要求しているのが裁判所に提出された苦情申立書で分かります。
なお、ZaifをFiscoが買収した後、Fiscoはセキュリティ侵害で資金を失ったユーザーを補償しています。
裁判所の申告によれば、ハッキングによる4100万ドル(約43億円)相当の仮想通貨資産はZaifユーザーの所有していたものであった事が分かっています。

なぜカルフォルニアの裁判所だったのか?

注目すべき点は、Fiscoによるとこの事件は、カリフォルニア州の裁判所で裁判にかけられており、日本を舞台にしていなかった理由については、被害者の一部がこの地域を拠点としており、Binanceのビジネスの「重要なコンポーネント」がそこにあるからだと海外メディアなどでも報じられています。
同取引所はサーバーをホストするためにアマゾンウェブサービス(AWS)を使用していると伝えられており、Fiscoは「BinanceのすべてのAWSサーバーがカリフォルニア州にあるわけではないが、重要な部分はある」と述べています。

同社はまた、Binanceの仮想通貨の予備はサンフランシスコのベイエリアにあるオフラインのハードウエア施設に保存されており、カストディアンによって制御および管理されることも付け加えています。
さらにFiscoは苦情申立書の中で、Binanceが今年初めにクリプトデビットカードの発行会社を買収しており、SwipeがコインベースとBitGoをカストディアンとして使用していることについても追加しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所Zaifが「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募開催

要点

・Zaif公式Twitterで、「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募キャンペーンが今月1日より開催されました。
・このキャンペーンの発表で、Zaifが「大根カレー」を販売することが分かりました。
・ユーザーらはジョークなのかと困惑する中、Zaifにはキャンペーンに隠された目的がある様です。

Zaifが大根カレーを発売!?

国内仮想通貨取引所のZaifが一風変わったキャンペーンを開催し、仮想通貨ユーザーからちょっとした注目を集めています。

Zaifのちょっと変わったキャンペーンは、今月1日より開始された『Zaif大根カレー パッケージデザイン公募』で、その名の通り、仮想通貨取引所のZaifが「大根カレー」を販売するという、ちょと信じられないような驚きの事業展開を実施するためのキャンペーンです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

先月5日のZaif公式Twitterに、APAカレーにかんするツイートを発信した後、Twitter民を中心に、ネット上ではうわさ程度にZaifがカレーを販売するのか?ちょっとした関心ごととして注目を集めていましたが、どうやらジョークではなく、本当にZaifから大根カレーが販売されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

その後、先月16日に再びZaifカレーに関するツイートが投稿されましたが、詳細はツイート以外なかったこともあり、まだ困惑を含めた関心ごととして注目されていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

2度目のツイートから2週間後の今月1日、3度目のZaif大根カレーに関するツイートが発信され、ようやく、Zaifからカレーが販売される事を信じたユーザーも居たようです。

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募の詳細

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募キャンペーンに関し、Zaifにて作成される公式デザインパッケージとは別に、公募から選ばれたデザインにて作成予定の「特別デザインパッケージ」4種を用意したいと考えているとのこと。

そこで今回のZaifによる公募キャンペーンにて寄せられたデザインの中から4作品を選出し、当選者には「特別デザインパッケージ」4種のZaifカレー全てが進呈されます。

パッケージの図面はあらかじめZaifから用意されており、こちらにてダウンロードで入手できます。

推奨される応募方法は「aiファイル(Adobe Illustratorを用いたデータ形式)」で、jpgおよびpngファイルでも応募可能とのことです。
ただし、セキュリティの観点から、上記以外のファイルは受けられないとしています。

問い合わせフォームより応募可能。
「サービスへのご要望」を選択し、説明欄に「Zaifカレー公募」と記載の上でファイルを添付して送信するだけで応募できます。
なお、締め切りは7月8日(水)19時で、当選発表はZaif Exchange公式Twitterにて発表されます。

注意事項として、デザインは応募を持ってZaif運営元のフィスコへ譲渡し、著作権人格権などを一切行使しないことを応募条件としています。

仮想通貨取引所のZaifがなぜ大根カレーなのか、困惑するユーザーも実際に続出していますが、実は昨年にもZaifは大根に関するツイートを発信し、ユーザーらが困惑するというちょっとした出来事が発生しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「また金融庁に怒られるやろ」などの注意とも受け取れるツイートを受けているZaifですが、ツイートをよく見てみると
【#ZAIFトークンで買いたいものでツイートいただければ、ご用意できるものは販売するようにいたします。】
と記載されていることから、Zaifの目的はちょっとした面白キャンペーン開催の裏に、Zaifトークン流通の活性化を目的としていることが分かります。

ちょっと絵が得意!・デザインするのが好き!という方、試しに応募してみてはいかがでしょうか。

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所のZaifで取引をしてみたいという方、新規口座を作ってみませんか。

→ Zaif公式サイトはこちら

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所はなぜキャンペーンを実施するの?その理由に迫る!

要点

・なぜ仮想通貨取引所はキャッシュバックなどのキャンペーンを実施するのか?
・2020年6月17日時点で実施されている各仮想通貨取引所のキャンペーンを紹介します。

なぜ仮想通貨取引所はキャンペーンをするのか?

 

日本国内にもすでにいくつもの仮想通貨取引所があり、2020年6月17日時点の金融庁に登録済の取引所は23もの取引所があります。(参考サイト 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」より)

 

これら登録済みの仮想通貨取引所ではいくつものキャンペーンが行われています。
でもこのキャンペーン、取引所にとってはあまり利益につながらないのに、どうして頻繁に開催されているのでしょうか。

 

その最大の目的は、顧客獲得と取引量アップを目的として開催されています。

 

キャンペーンは取引所とユーザー双方にメリット!

 

キャンペーン開催のうち、新規顧客の獲得取引のキャンペーン内容を見てみると、参加資格の多くで“新規登録”の方を対象にしていることが分かります。

どの取引所も、新たな顧客獲得に向け、頻度も多く開催されています。

 

新規登録した新規顧客もキャンペーン時期に合わせて新規口座開設で得られるメリットがあり、多くで仮想通貨(主にビットコイン)や法定通貨の日本円のキャッシュバックがされているので、予算より少しであっても、仮想通貨保有量を増やすことができます。

また、すでに口座を開設している既存顧客へ向けたキャンペーンについても、新規顧客向けに比べると、その頻度は低くなるものの、開催されており、既存顧客へ向けたキャンペーンは主に、取引量アップを狙ってのものと言えます。

 

実際のキャンペーン内容を見てみると、一定の取引量以上の取引をした顧客に対して行われることが多く、新規顧客と同様に、仮想通貨のプレゼントや日本円のキャッシュバックなどが顧客へ還元されています。

 

新規・既存ともに、各取引所のキャンペーン開催に合わせて口座の開設や取引をすることで、より資産を増やせるチャンスですので、うまく活用すると良いでしょう。

 

2020年6月のDMM Bitcoinキャンペーン情報

 

経験者はもちろん、初めての方もかんたんに使用できるオリジナルアプリやツールで、ストレスフリーな取引ができることで高い関心が寄せられているDMM Bitcoin

タレントのローラさんがイメージキャラクターでCMが流れていたことも記憶にある方が多いのではないでしょうか。

 

そのDMM Bitcoinで現在、新規口座開設で1,000円がもらえる「1,000円プレゼント!」キャンペーンが開催されています。

 

参加資格は新規で口座開設を完了させた新規ユーザーが対象で、日本在住の方など、一定条件が満たされていることで自動的にエントリーされ、キャンペーン期間は2021年1月1日(金)6時59分までとなっています。

 

このチャンスに、DMM Bitcoinに新規口座開設を希望される方は

→ DMM Bitcoin 公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月の GMOコインキャンペーン情報

 

東証一部上場のGMOインターネットグループの持つ金融サービスのノウハウが生かされた堅牢なセキュリティや管理体勢と、競合他社よりスプレッドの幅が狭く、他取引所よりお得な取引ができるとして人気のGMOコイン

現在3つのキャンペーンが開催されています。

 

GMOコインで仮想通貨を1回以上購入したユーザーの中から、毎日抽選で10名に現金1,000円が当たる!

 

 

GMOコインで仮想通貨を5,000円以上購入したユーザーの中から抽選で現金10万円が当たる!

キャンペーン期間は2020年6月1日(月)12:00~2020年6月30日(火)23:59まで

 

 

仮想通貨FXで、1日に600万円以上の新規取引を行ったユーザーの中から抽選で毎日1名に現金1万円が当たる!

これらのキャンペーンを機に、取引を増やしたい!そんな方や、新規口座開設を考えている方は

→ GMOコイン公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月のZAIFキャンペーン情報

 

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえる特典付きの仮想通貨取引所Zaif

取扱い銘柄も多く、取引所独自トークンや、運営元が開発したプライベートブロックチェーンmijinをリリースするなど、仮想通貨だけではなく、その根幹技術にも注目していることで人気の高い取引所です。

現在、CoinMarketCap仮想通貨取引所ランキングにて59位に入るなど、その注目度の高さが分かります。

そのZaifでは現在、キャンペーン期間中にスマートフォン用アプリ「Zaif Exchange」をダウンロードし、30,000円以上の仮想通貨取引きを行ったユーザーの中から抽選で

1等20名に100,000円相当
2等50名に10,000円相当
3等100名に5,000円相当
のフィスココインが当たるキャンペーンを開催しています!

なお、キャンペーン期間は2020年5月15日(金)21時00分~2020年6月30日(火)23時59分(日本時間)となっています。

 

このキャンペーンを機にZaifで新規口座の開設を検討している方は

 

→ Zaif公式サイト

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Zaifが川柳キャンペーン開催!Zaif取引所おすすめポイントも解説!

要点

・Zaif(ザイフ)で開催中のキャンペーンを紹介
・Zaif取引所のおすすめポイントも解説

Zaifがキャンペーンを開催中!

 

長期投資を行っているユーザーや、確実に利益を手にしたい初心者ユーザーに嬉しい積み立てや、他の取引所で取り扱っていない銘柄を上場させているなど、使いやすいと評判の取引所です。

 

現在Zaifで実施されているキャンペーンのお題は『Zaif Exchange』で、指定のハッシュタグ(「#Zaif川柳」もしくは「#ザイフ川柳」)を付けた投稿に対し、いいね数が多い上位10人に、順位に応じて最大100,000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

 

 

この『Zaif川柳キャンペーン』は、4月24日(金)から5月31日(日)23:59まで実施。

キャンペーン応募条件として、Zaif公式Twitterをフォローしたうえで、本人確認済みのZaifアカウントを持っているユーザーを対象に行われます。

 

報酬は
1位 100,000円相当
2位 50,000円相当
3位 10,000円相当
4位 8,000円相当
それ以降5~10位は1,000円ずつ減っていき、6月30日に『Zaif川柳キャンペーン』サイト内で当選発表が実施されます。

 

Twitterをフォローして、指定のハッシュタグをつけてツイートするだけで10万円をゲットできるチャンスが巡って来る、ちょっとわくわくするキャンペーンです。

 

設立日 平成28年4月
運営元 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
金融庁登録 近畿財務局長 第00001号 平成29年9月29日登録済み

《 取扱い通貨 》

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・モナコイン(Monacoin/MONA)
・フィスココイン(Fisco Coin/FSCC)
・ネクスコイン(NCXC)
・カイカコイン(CICC)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
・カウンターパーティー(Counter Party/XCP)
・ザイフトークン(ZAIF)
・ゼン(Zen/ZEN)
・ネム(NEM/XEM)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・コムサ(COMSA/CMS)

 

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Zaif取引所おすすめポイントを紹介

Zaifおすすめポイント1

Zaicaでオリジナルコインが作成できる

Zaifでは独自に開発したブロックチェーンサービス「mijin」が提供されています。
ブロックチェーン技術であるmijinを使った仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を利用することで、オリジナルコインの作成も可能になります。

企業内通貨やトークンの発行のほか、1度きりのチケットとしてなど…
トークン発行を考えている企業や団体の力強い味方となります。

Zaifおすすめポイント2

手軽にチップが送れる

応援したい人や団体にSNSや動画投稿サイトで支援する「投げ銭」はご存じですか?
その投げ銭がZaifでは、「Twitterチップ」と「チャットチップ」として、手軽にチップを送れます。

 

Twitterチップとは…

Twitterアカウントさえわかれば受け手側の準備を意識せずにビットコインを送金できる機能です。
面白いツイートをした人や、困っている人、自分が応援しているタレントなどに直感的にその場でコインを送金することが可能です。

<b>チャットチップとは</b>
取引所チャットパネルで「いいね!」を送る際、自分の残高からチップを追加して送ることができる機能です。
有益な情報のお礼や、感謝の気持ちを伝えるとき、面白い話が投稿されていた時など、チャットチップは様々な場面で活用できます。

(引用先 Zaif)

 

まだまだ仮想通貨取引所ではキャンペーンが今後も随時開催されていきますので、気になる仮想通貨取引所の実施するキャンペーンはこまめに公式サイトをチェックしてみてください。

さらに、海外取引所の口座でもいくつものキャンペーンが実施されていますので、キャンペーンを機に口座の開設や取引を始めてみる!というのも、ワクワク感があってたのしいかもしれませんね。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

北朝鮮のハッキンググループが経済悪化でスキルを高めていた!?

要点

・北朝鮮のハッキング組織Lazarus(ラザルス)が、ハッキングスキルをさらに高めていた事が判明
・Lazarusは、2019年にアメリカ財務量によって制裁対象に加えられています。

 

北朝鮮ハッキンググループのスキルがアップ!

 

先進国に比べて北朝鮮のIT技術は10年も20年も遅れており、IT関連を学んでいる学生たちの使用しているコンピューターも、旧型モデルを使用して学んでいるとみられていました。

ところが、ここ数年は急速にIT技術力を身に付けており、世界でもトップクラスではないかと見る専門家がいるほど、力を付けていることが国連の発表などによって分かっています。

現在の北朝鮮国内の経済状況は、コロナ禍によって低迷しており、今後も仮想通貨を盗むことに焦点を当てていると言われています。

 

韓国の北朝鮮関連ニュースを発信しているDaily NKの報告によると、Lazaruが仮想通貨をハッキングするための取り組みを強化していると指摘しています。

Daily NKはニュースの中で

Analysts say that stealing cryptocurrency could bring enormous profits to a country now completely isolated from the rest of the world following the closure of the Sino-North Korean border in late January due to the COVID-19 pandemic.

(日本語訳)
アナリストは、仮想通貨を盗むことで、COVID-19の大流行により1月末から中国と北朝鮮の国境が閉鎖されたため、他国から完全に孤立した北朝鮮に莫大な利益をもたらす可能性があると述べています。

 

また、LazarusはAPT攻撃を韓国だけでなく、国際的に攻撃を仕掛けており、サイバースパイ活動や外貨を生み出すための活動にも従事していると報じています。

 

以前ご紹介した「韓国の仮想通貨取引所閉鎖騒動と北朝鮮ハッカーの暗躍。今後の規制については?」もご一読ください。

 

Lazarus(ラザルス)とはどんな組織なのか?

 

北朝鮮は2019年8月、国連によって推定20億ドル(約2,100億円)をハッキングなどの不正行為によって資金を入手したと発表されています。

 

Lazarus(※別名:HIDDEN COBRA)は、2019年9月13日にアメリカの財務省が他の2組織と合わせ、経済制裁の対象に加えられたほか、同時期に経済制裁の対象に認定されています。
経済対象となった北朝鮮のハッカー組織は、Lazarus傘下のBlueNoroff (ブルーノロフ)とAndariel (アンダリエル)です。

BlueNoroffは国際銀行間通信協会)の不正送金を、Andarielは韓国への攻撃を中心に役割が分担されていると言われています。

 

日本でも大々的にニュースで報じられた仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨大量流出は、当時のレートに換算すると580億円相当に上る被害だと言われていますが、このコインチェックをハッキングしたのが北朝鮮のハッキンググループLazarusといわれています。

 

 

今だからこそZaifで口座を開設しよう!

 

仮想通貨取引所Zaifで2018年に仮想通貨流出事件が発生し、ビットコインやモナコインなど合計68奥円相当が流出しました。

 

これを受けて金融庁は当時Zaifを運営していた母体企業であるテックビューロ社に対し、
2018年3月8日付け『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年6月22日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年9月25日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について

以上、2018年の1年間に3回の業務改善命令を発令しています。

また、3回の業務改善命令を受け、テックビューロ社から株式会社フィスコに運営が変わりましたが、令和元年6月21日『株式会社フィスコ仮想通貨取引所に対する行政処分について』にて、業務改善命令を受けています。

 

しかしフィスコでは、これらの業務改善命令を受けてセキュリティ面を最強化し、顧客資産はネットワーク上から切り離したほか、積極的な優秀な人材の雇用でサーバーを強化しています。

さらに、流出事件の被害者に対し、補償もおこなっているため、補償の前例がすでにある“安心感”も得られます。

 

Zaifは流出事件があったというマイナスイメージを持っている方もいるかと思います。
ただ、逆に流出させたことがある取引所の方が金融庁の目も厳しく向けられた結果、テックビューロ社からフィスコ社に運営が変わっても業務改善命令が出され、適切な指導の下で改善をしています。
つまり、金融庁の指導に従って業務の改善をした結果、セキュリティが強固な取引所になっていると言えます。

 

北朝鮮ハッキンググループの脅威が指摘されている今こそ、取引手数料が無料で、キュリティ面が強固、かつアルトコインも多数取り扱うZaifにぜひ、口座を開設してみましょう!

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッキング被害のZaif前運営会社廃業・立ち直ったコインチェックとの違いは?

当サイトでも既報のとおり、Zaifの元運営会社であったテックビューロが22日に廃業を表明しました。

国内で初めて起きた仮想通貨交換業者の廃業は多くの仮想通貨ユーザーを動揺させているでしょう。

一部報道はテックビューロの廃業要因としてZaif運営時の仮想通貨流出被害をあげています。

しかしコインチェックのように、過去に大規模な仮想通貨流出被害を受けながらも新しい体制で信頼を回復した仮想通貨交換業者もあります。

ハッキング被害から立ち直ったコインチェックと、立ち直れなかったテックビューロの違いはどこにあるのでしょうか。

要点

・ハッキング被害から立ち直った仮想通貨交換業者
ハッキング被害から信頼を回復した仮想通貨取引所の例を紹介し、回復できないまま廃業したテックビューロ社との違いを解説します。

過去にハッキング被害から回復したコインチェック

ハッキング被害から立ち直った仮想通貨取引所に、コインチェックがあります。

かつてないビットコインバブルに世間が注目していた2018年1月26日、コインチェックはハッキングを受け、ネムを中心に約580億円相当の仮想通貨が流出する被害に見舞われました

この結果コインチェックは金融庁により業務改善処分を受け、警視庁の捜査も入り、自民党からヒアリングを受けるなど世間を騒がせることになります。

当然事件発覚後は取引をはじめすべてのサービスを停止する事態となりました。

仮想通貨はまだまだ社会的に歴史の浅い分野です。これだけの大事件で信頼を失ってしまうと、再開への道のりはかなり厳しいことが想像できるでしょう。

しかしコインチェックは事件を乗り越え、現在は通常通りの運営を続けています。

 

マネックスグループの買収を機に復活

コインチェックは事件後の2018年4月16日にマネックスグループの買収を受けました。

セキュリティを含めた管理体制を大幅に見直し、同年10月30日に新規登録および一部上場仮想通貨の入金、取引を再開したのを皮切りに、サービス体制を元通りに戻していきました。

2019年1月11日、コインチェックは事件で取り消されてしまった金融庁からの仮想通貨交換業者認定を取り戻したのです。

また、事件後のコインチェックの対応も信頼回復の要因とされます。

コインチェックは事件直後の2018年1月26日にネムの不正流出を公表しました。同年3月8日に1月29日に続いて2度目の業務改善命令を受け再度記者会見を行い、ネムの補償やセキュリティ強化、経営体制などの見通しについて説明しました。

このように被害者に対し最大限真摯に向き合う姿勢も、後のマネックスグループの救いの手や現在の信頼回復につながったのでしょう

 

テックビューロはなぜ立ち直れなかったか

テックビューロはZaifを運営していた2018年9月18日に仮想通貨流出被害に見舞われました。被害額は約67億円相当とされます。

しかし、テックビューロは事件発覚後もホームページ上でコメントを出すのみと限定的な対応に終始し、記者会見を行うこともありませんでした。

またコインチェックが事件発覚から間もなく記者会見などのメディア対応を行ったのに対し、テックビューロは18日にハッキング被害を受けながら、事実を公表したのは20日未明と対応が後手に回っていました。

金融庁から3度にわたる業務改善命令を受けた後、2018年11月22日にフィスコ仮想通貨取引所にZaifの運営権利を譲渡しています。

相応の責任も果たさないまま事業を譲渡してしまうという行動に悪印象を受けたユーザーも多いでしょう。

最終的にテックビューロは信頼回復を果たせないまま、今回の廃業に至ってしまいました。

 

まとめ

テックビューロは2019年8月22日をもって仮想通貨交換業者としての幕を閉じました。

Zaifを運営していた2018年9月の仮想通貨流出事件をめぐる対応のまずさが悪印象を与え、信頼回復への道を閉ざしたことも考えられます。

同じハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者でもコインチェックは事件直後からユーザーやメディアに積極的に情報を発信し信頼回復に努めました。マネックスグループの傘下に入るなど経営体制を大きく見直したことも大きいでしょう。

ハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者が立ち直るカギは、事件後の対応への尽力と、経営体制の丁寧な見直しと考えられます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ザイフトークン(ZAIF)の価格推移や将来性を徹底解説!

ザイフトークンって、取引所のZaifと関係している通貨なの? ザイフトークンは将来性があるって聞くけど、期待されている理由はなに? なんて思ったことはありませんか? ザイフトークンを今回初めて聞いたという人もいるかもしれ ... No tags for this post.

Zaif(ザイフ)初の立食パーティー型リアルイベント11月22日開催!

仮想通貨取引所Zaifがフィスコ仮想通貨取引所(FCCE)と手を組んだことを記念し、ザイフ初となるリアルイベントの開催が案内されています。

【Zaif X FCCE Crossover session day0】開催!

概要

11月6日、ザイフの口座所有者を対象にして以下のような招待メールが届きました。

日頃より仮想通貨取引所『Zaif』をご利用いただき、誠にありがとうございます。
今回、仮想通貨取引所Zaifとフィスコ仮想通貨取引所(FCCE)が手を取り合うことを記念いたしまして、Zaif初のオフラインイベントとなる、パーティイベントを開催することを決定いたしました。
副題を「新生Zaifの展望と仮想通貨、トークンエコノミーの未来を語る!」として、以下のような詳細が公開されています。 [aside type="boader"]
    懇親会・立食パーティ
  • イベントタイトル
  • Zaif X FCCE Crossover session day0
  • 開催日
  • 2018年11月22日
  • 会場
  • 都内近郊
  • 参加費
  • 無料
  • 司会
  • フィスコ マーケットレポーター 高井 ひろえ
  • ゲスト
  • HashHub共同創立者 平野 淳也氏 LONGHASH Japan代表取締役 クリス・ダイ氏 日本デジタルマネー協会理事 大石 哲之氏
[/aside] 応募の締め切りは11月9日(金)とのことで、ザイフ登録者で参加希望の方はお早めのご応募を!
そして副題に「Day 0」とあるということは、以降も開催が続くということでしょうか。

経緯

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)は、今年9月にBTC,BCH,MONAの3種類の仮想通貨を不正流出させたことを受け、11月22日付で、Zaif事業を株式会社フィスコ仮想通貨取引所へ譲渡することになっています。
今回アナウンスのあったイベントは、権利が移る22日当日に都内某所で開催される予定です。

ザイフ側の人物の登場は予定されていませんが、今後のザイフ×フィスコの仮想通貨取引所としての未来の展望を聞くことができるかもしれません。

[kanren postid="4680"]

口座所有者は承継同意の承諾をお忘れなく!

ザイフに口座をお持ちの方は、今回の事業譲渡に関わる承諾を行うと1,000ZAIFトークンがもらえます。

具体的なトークン送付時期については追って連絡ということですので、今のうちに承諾は済ませておきましょう。
なお、承諾がまだの場合はログイン後に承諾画面が現れますので、一度ご確認ください。

[kanren postid="2040"]

ツイッターの反応

[recommend-ex] [kanren postid="4680,4212,4235,2040"]No tags for this post.

Zaifハッキング事件の犯人特定なるか、ホワイトハッカーが送金指示のIPアドレスを特定

11月5日、国内のセキュリティー技術者や三菱UFJ企業の技術者らが、9月に起きたZaif(ザイフ)ハッキングによる仮想通貨不正流出の犯人につがなる手がかりを掴んだと発表しました。

ホワイトハッカーの活躍により犯人特定の手がかりが判明

送金指示発信のIPアドレスを検出

朝日新聞の記事によると、9月に起きた国内取引所ザイフからの仮想通貨不正流出事件において、Monacoin(モナコイン)の送金指示を発信したIPアドレスの検出に至ったことが発表されました。

特定した3つのIPアドレスは、欧州にある3ヶ所の窓口を経由して仮想通貨を移動させいていたことが判明しているとのこと。
10月25日には関係当局に情報提供したとして、犯人特定の手がかりになる可能性があり、現在大阪府警が捜査に当たっています。

[aside]補足
IPアドレスとはネット上の住所のようなもので、今回の捜査では犯人の身元に繋がる重要な情報です。 [/aside]

国内のホワイトハッカー6名が活躍

中心人物となったのはセキュリティー専門家である杉浦隆幸(すぎうら たかゆき)氏で、三菱UFJフィナンシャル・グループのジャパン・デジタル・デザイン最高技術責任者(CTO)である楠正憲(くすのき まさのり)氏と学生を合わせた6人でハッキングを行いました。
学生のうち3人は「Tokyo Westerns」という世界的なハッカーチームのメンバーでもあり、「自分の腕とアイデアがどこまで通用するか挑戦したかった」と語っています。

リーダー役の杉浦氏は、匿名性が高いとされる仮想通貨でも犯人特定の可能性が出てきたことで、今後の犯罪抑止にも繋がると期待しています。

仮想通貨を安全に管理するならレジャーナノSがおすすめ!

[hw-ledgernanos] [campaign-dmmbitcoin-ledgernanos] [kanren postid="4212,4191,4307"] No tags for this post.

カイカコインとは?価格や今後の将来性などを解説します!

カイカコインというトークンを知っていますか? 株式カイカが発行しており、国内の取引所での購入が可能です。 株式会社カイカと言われるとピンとこないかもしれませんが、実はフィスコ仮想通貨取引所を運営元である株式会社フィスコの ... No tags for this post.

Zaifさん、ゴミトークンを餌に承認を求めるwwwwwww

■ツイッターより

20180217032


続きを読む No tags for this post.

Zaif運営テックビューロ社、補償決定先送り

9月下旬に提供開始とされていた株式会社フィスコデジタルアセットグループからの50億円の支援について、協議が長引いています。 [kanren postid="4307,4212"] [btn class="lightning big"]Ledger Nano S(レジャーナノS) 公式サイトはこちら[/btn]

支援金についての協議継続を発表

9月に発覚した仮想通貨取引所Zaifのハッキングによる仮想通貨不正流出事件について、金融支援の協議継続となっている状況です。
10月1日、Zaif運営会社のテックビューロ株式会社がプレスリリースにて発表しました。

9月20日に同社より発表された計画によると、流出した顧客資産約45億円は株式会社フィスコグループの子会社(株式会社フィスコデジタルアセットグループ)を通じて50億円の金融支援を受けることで補償を行うとしていました。
当初は9月下旬には正式決定を公表、支援の提供を開始する予定でしたが、詳細についての協議が難航しているのか、正式契約締結に至っていない状況です。

なお、「顧客資産の補償に万全を期す方針に変更はなく、具体的な対応の詳細について現在も検討を続けている」とのことです。

個人でも仮想通貨管理に対する意識をあげよう

株式や投資信託などと違い、仮想通貨には決められた顧客への補償という基盤が整っておらず、今後も同様な事件が起きた際に、必ず資産が戻ってくるとは言い切れません

もちろん正式に補償されるシステムを構築することが望ましいですが、動かす予定のない仮想通貨は取引所には置いておかないなどの対策は必要です。
ハードウェアウォレットを活用するなど、今すぐに自分でできるセキュリティ対策というのも考慮しておくことをおすすめします。

[hw-ledgernanos] [kanren postid="4307,4212,4191"] No tags for this post.

Zaif代表朝山氏、ブロックチェーン推進協会の副代表辞任!同社へは厳しい業務改善命令も

約70億円相当の仮想通貨を不正流出させたZaifの代表取締役である朝山貴生(あさやまたかお)氏が、自身が務めていたブロックチェーン推進協会(BCCC)の副代表辞任を申し出、すでに承認されたとの発表がありました。

また、Zaifに向けて近畿財務局から業務改善命令も出されています。

[kanren postid="4212"]
TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

Zaif代表朝山貴生氏、ブロックチェーン推進協会の副代表を辞任

2018年9月25日、「一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)」の代表理事である平野洋一郎氏よりプレスリリースが発表されました。

発表によると、同協会の副代表を務めていたZaifの代表取締役である朝山貴生氏が、今回のZaifによる仮想通貨不正出金を受け、協会の副代表を辞任することを申し出、すでに承認されたとのことです。

ブロックチェーンの社会的信頼構築におけるダメージは大きい

以下、プレスリリースより引用。
今回の事件は、同社の仮想通貨交換所内部の安全管理に関する問題ですが、ブロックチェーンの典型的な適用例の一つである「仮想通貨」でこのような事故が起こると、ブロックチェーン技術自体に対するイメージも悪化し、社会における信頼構築に時間がかかってしまう恐れがあります。
当協会としては、ブロックチェーンを使用した各種サービスでの周辺セキュリティ強化の注意喚起およびセキュリティ強化対策の研究と実装促進を、リスク管理部会をはじめ各部会で真摯に検討してまいります。

 なお、当協会の副代表を務めておりました同社代表取締役の朝山貴生氏は、本件により仮想通貨利用者に多大な不安を与えたことの責任をとり、当協会の副代表を辞任することを申し出、既に承認されたことを報告いたします。

近畿財務局から業務改善命令

一方でフィスコによる買収が決まっている取引所Zaifには同9月25日、近畿財務局より業務改善命令が出されています。

書面報告期限は27日

Zaifの発表によると、近畿財務局より出された業務改善命令の内容は下記です。 [aside type="boader"]

  1. 流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)並びに再発防止策の策定・実行
  2. 顧客被害の拡大防止
  3. 顧客被害に対する対応
  4. 平成30年3月8日付業務改善命令及び平成30年6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
  5. 上記(1)から(4)までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告
[/aside] 上記の通り、不正出金の原因の究明と改善計画について27日(木)までに提出することを命令されています。

顧客被害への対応としては先の発表にもあった通り、株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて約50億円の金融支援、資本提携を検討する基本契約を締結しており、消失した仮想通貨を調達するとしています。

発表を受けたツイッターの反応

仮想通貨はハードウォレットで管理しよう!

大切な資産を管理するには、ハードウォレットでの管理がおすすめです。
複数取引所にアカウントを持っている人でも、一元管理して出し入れできるのも便利です。

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

取引所は複数登録でリスクへの準備を忘れずに!

一箇所だけではいざ業務停止となった際に仮想通貨取引の手段が断たれてしまいます。
そんな事態を避けるために、複数の取引所に口座を持っておき、「ここがダメでもあそこがある」という状態を保つようにしましょう。

[recommend-ex]No tags for this post.

【Zaifハッキング】67億円の被害で経営陣退任へ

9月14日から入出金を停止していた取引所Zaifが、該当3通貨(BTC・MONA・BCH)がハッキング被害にあったことを発表しています。

[kanren postid="4191"]
TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

Zaifのホットウォレット管理の仮想通貨の一部がハッキングされる

今回ハッキング被害を受けたのはホットウォレットで管理していた仮想通貨の一部(約67億円)で、うちZaifの運営会社であるテックビューロ固有の資産(約22億円相当)も含まれています。
本件発覚後直ちに関係各所に支援を要請し、株式会社フィスコグループの子会社を通じて50億円の金融支援を受ける契約を結んだとしています。
これにより被害のあった顧客分の資産については補償が可能となります。

また同時に株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣を検討する基本契約も締結しました。
プレスリリースによると、朝山貴生(あさやまたかお)代表を含むテックビューロの現経営陣は問題の解決後、フィスコグループの経営陣に引継ぎを全うしたうえで退任することも明記されています。

[aside]補足
フィスコ:投資支援サービスを展開するJASDAQ上場企業 プレスリリース [/aside]

ハッキング被害についての事実関係

以下、プレスリリースより引用。

①ハッキング被害の経緯
弊社は、お客様の入出金に対応するために、お客様からの預かり仮想通貨のホットウォレット(一部コールドウォレット)に保管しております。
その入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。
なお、具体的な不正アクセスの手法等につきましては、本件が犯罪事件であり、既に捜査当局に被害申告をして捜査を依頼していることや、今後の同種犯行を予防するためにも、公表を差し控えさせていただきたいと存じます。
できる限り詳細な説明が責務であることは承知しておりますが、何とぞご了承下されば幸いです。
ハッキングにより被害を受けた各通貨の被害額は下記の通り、ビットコイン以外は調査中とのことです。 [aside type="boader"]
  • BTC :5966BTC
  • MONA:現在調査中
  • BCH:現在調査中
[/aside] 日本円換算した被害総額は約67億円と発表しています。
1BTCが9月20日現在約722,000円と仮定して5966BTCは約43億円ですから、BTC以外のMONAとBCHの被害額は約24億円分となります。

また、今後のセキュリティ改善のため、株式会社カイカとの間で技術提供に関する基本契約を締結したことも発表されています。

[aside]補足
株式会社カイカ:システム開発を得意とするJASDAQ上場企業 プレスリリース [/aside]

Zaifの入出金の再開と顧客資産について

停止中のサービスについて

停止中のサービスの再開については安全を確認したあとで、現時点では未定としています。

仮想通貨の入出金の再開は、システムの安全性が確認されることが前提となります。現時点におきましては、再開の年月日を具体的に申し上げることはできませんことを、心からお詫び申し上げます。

顧客資産について

フィスコからの50億円の金融支援により、顧客資産である仮想通貨を調達し、補償するとしています。

株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、弊社に対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結しました。
同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めております。
その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行う予定です。
今後支援が実行されるタイミングで改めて報告があるとのことです。

本件に関わる問い合わせ先

テックビューロの広報が問い合わせ窓口となっているようです。 [aside type="boader"]

  • テックビューロ株式会社:広報担当
  • メールアドレス:pr@techbureau.jp
  • 電話番号:03-6705-8653(専用電話)
  • 受付時間:平日10時から17時半
[/aside]

仮想通貨はハードウォレットで管理しよう!

大切な資産を管理するには、ハードウォレットでの管理がおすすめです。
複数取引所にアカウントを持っている人でも、一元管理して出し入れできるのも便利です。

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

取引所は複数登録でリスクへの準備を忘れずに!

一箇所だけではいざ業務停止となった際に仮想通貨取引の手段が断たれてしまいます。
そんな事態を避けるために、複数の取引所に口座を持っておき、「ここがダメでもあそこがある」という状態を保つようにしましょう。

[recommend-ex] No tags for this post.

楽天証券なら貯まったポイントで株式投資!Zaifに出資の2社が高騰の可能性

本日発表されたZaifのハッキング被害を受けて支援契約を結んだ2社が、今後の株価高騰の可能性があるとして、投資家の間で話題となっています。
ハッキングのニュースについて詳しくは、下記の記事にて解説しています。

[kanren postid="4212"]

フィスコとカイカが株価高騰?その理由とは

Zaifの仮想通貨流出を受けて買収を前提とした支援を発表したフィスコと、セキュリティ面での全面支援を発表したカイカそれぞれの株価に注目が集まっています。
その理由は、過去のコインチェック事件の際に買収を発表したマネックスグループの株価の暴騰にあります。

利益率の高い取引所を買い取ることで業績アップ

記事をお読みのあなたは、仮想通貨取引所の利益率の高さをご存知でしょうか。
マネックスが買収したコインチェックの決算発表によると、その営業利益率は破格の86%だったとのことです。

取引所全てがこの数字ではないとしても、通常利益率の良い美容業界でも50%程度と言われていますから、高い利益率であることは想像に難くありません。
下の画像は、実際に買収を発表した後のマネックスの株価のチャートです。
2018年4月から急激に高騰し、現在は少し落ち着いてはいるものの、買収発表前よりも高値で推移を続けています

300円台だったマネックスの株価は、買収の発表を受けて最大700円台にまで上昇し、2倍以上の価値になったのです。

マネックスグループや今回のフィスコによる買収も、セキュリティ面で改善の余地はあるとしても、仮想通貨取引所としてある程度のレベルで運営できる事業を手に入れることは、企業として大きなメリットなのです。

楽天証券なら取引でポイントが貯まる・使える!

ここまでの価値上昇を見せると、今日を機会に投資対象として株に興味が湧いてきたという方もいるのではないでしょうか。
そこで本記事では、株取引におすすめの楽天証券をご紹介します。 [aside type="boader"]楽天証券の魅力

  1. 手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!
  2. いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!
  3. じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!
  4. 楽天ポイントを使って投資できる!
  5. 新規デビューキャンペーンがアツい!
[/aside] 以下に詳しく解説していきます。

手数料が安くて取引するごとにポイントがもらえる!

楽天証券は、業界最低水準の取引手数料が魅力です。

また、取引手数料の1%をポイントバックしてくれます。
取引するほどポイントが貯まり、実質手数料もさらにお得になりますから、楽天グループならではの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

楽天グループは証券以外にも様々なサービスを提供しており、楽天経済網とも言えるお金の回る仕組みを構築しています。
グループ内全てのサービスで使えるポイントが、株式投資にも活用できるとなれば、これは他社にはない大きなメリットかと思います。

いつでもどこでも取引できるスマホアプリが使える!

株価や状況、ニュースやチャートなど、常に知りたい最新情報を集めてくれています。
しかも自分好みにチャートカスタマイズが可能で、株式投資の強い味方です。

[aside type="boader"]
    対応取引
  • 現物
  • 信用
[/aside]

じっくり派もアクティブ派も投資スタイルに合わせた商品が豊富!

仮想通貨ユーザーであればアクティブ派を好む人が多いかもしれませんが、以下のような多彩な商品から選択して投資することができます。 [aside type="boader"]アクティブ

  • 株式
  • FX
  • 信用取引
  • 先物 etc..
[/aside] [aside type="boader"]じっくり
  • 投資信託積立
  • 純金積立 etc...
[/aside]

銘柄を選ぶのは面倒という方には「楽ラップ」という選択肢も

ロボアドバイザーを使ったお任せ資産運用「楽ラップ」が登場しています。
楽ラップとは楽天証券があなたに変わって投資を行ってくれるというサービスで、ロボアドバイザーがあなたに合った資産運用方法を提案してくれるというものです。
経験や時間の有無に関わらず投資ができるということで、注目を集めています。

楽天ポイントを使って投資できる!

先ほど手数料部分でも紹介したように、取引によって楽天ポイントがもらえます。

楽天証券でポイントをゲットする方法はそのほかにも紹介プログラムが用意されていて、友人や家族などに紹介すると、紹介者と紹介された人両方が2,000ポイントずつ受け取ることができます。

さらに、貯めたポイントは投資に回すこともできるんです!
もちろん楽天市場などの他サービスに使ってもいいのですが、ちょっとした投信など、現金では手を出しにくい商品にポイントを当てて投資の幅を広げるのも面白いと思います。

新規デビューキャンペーンがアツい!

quoinexlight

新規に楽天証券に口座開設すると、各種取引で最大20,000ポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。
楽天は定期的にこのような新規ユーザーに向けたキャンペーンを行っていますので、開催している今がチャンス!

楽天銀行の同時利用で通常より5倍の優遇金利!

楽天銀行

楽天証券を使うなら、ぜひ同時に楽天銀行も口座開設してマネーブリッジ(楽天銀行連携サービス)を利用することをおすすめします。
通常金利より5倍の0.1%の優遇金利が適用になるほか、下記のような特典が受けられてお得です! [aside type="boader"]

  • 楽天証券口座との自動入金サービス
  • ATM手数料最大7回無料
[/aside] 自動入金サービスとは、楽天証券口座に残高がなくても、楽天銀行から自動的に入金して取引を可能にしてくれるサービスです。
詳しくはこちらの動画で説明されています。

楽天銀行 公式サイトはこちら

貯めたポイントも投資に使える楽天証券

[unit-rakuten_shouken]

さいごに

大きな事件がおこったときにはむしろ投資のチャンスです。
仮想通貨に注目していることで、株取引でも投資のタイミングを掴みやすくなることを実感します。
この機会にぜひ、楽天証券から株取引デビューしてみてはいかがでしょうか。

[kanren postid="4212"]No tags for this post.

Zaifがサーバ障害のためBTC・MONA・BCHの入出金を停止中!1、2日中に復旧予定

国内取引所Zaifがサーバ障害による入出金の一部停止をアナウンスしています。

TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

サーバ障害を理由に1部通貨の入出金を停止

停止の対象となっているのはBTC・MONA・BCHの3通貨です。

上記の公式ツイートにもある通り、原因は現在調査中とのことです。
最初の報告は9月17日で、18日現在まで断続的に入出金停止のツイートが流れていますが、公式サイトのニュースページにはこの件についての掲載はありません。

ユーザーの資産の安全は確認済とのことで金銭的な被害は避けられそうですが、Zaifを運営するテックビューロは今年に入り行政処分を受けて金融庁から改善要求が出されています。
仮想通貨ユーザーとしては、大切な資産の管理方法に対する意識を上げることが大切です。

仮想通貨はハードウォレットで管理しよう!

保有通貨を取引所に置いておくことで取引の手間が省けるメリットはありますが、今回のように急なシステム停止も考えられます。
大切な資産を管理するには、ハードウォレットでの管理がおすすめです。
複数取引所にアカウントを持っている人でも、一元管理して出し入れできるのも便利です。

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

取引所は複数登録でリスクへの準備を忘れずに!

一箇所だけではいざ業務停止となった際に仮想通貨取引の手段が断たれてしまいます。
そんな事態を避けるために、複数の取引所に口座を持っておき、「ここがダメでもあそこがある」という状態を保つようにしましょう。

[recommend-ex]No tags for this post.

Zaifコイン積立とは?方法や評判・メリットを解説!

仮想通貨を始めてみたいけど、ハイリスクな投資はしたくない… 買ったとたん価格が暴落しそうで、怖くて手が出せない… 手間をかけないで、自動で運用できたらいいのに… そんな悩みを持つ方におすすめなのがZaifのコイン積立です ... No tags for this post.