Zaif(ザイフ)

No tags for this post.

盗まれたBTCの資金洗浄を容易にしたとして訴えられたBinance

要点

・Binanceがマネーロンダリングを容易にしたとして、日本の仮想通貨取引所フィスコが北カルフォルニア地方裁判所に苦情を申し立てました。
・Zaifの従業員は当時、Binanceにハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと連絡を取ったと語っています。

Binanceがマネロンほう助で苦情を申し立てられる

金融庁に登録済みの国内仮想通貨取引所であるFisco(株式会社フィスコ仮想通貨取引所/近畿財務局長第00001号平成29年9月29日登録済)が、ビットコインの900万ドル(約9億5,000万円)相当のマネーロンダリング(資金洗浄)を容易にしたとして、仮想通貨取引所Binanceを訴えました。

2020年9月14日に北カリフォルニア地方裁判所に提出された33ページに渡る苦情の申し立てによると、日本の仮想通貨取引所は、泥棒(※ここではハッカー)似関連下アドレスに資金を供給したと訴えています。

苦情の詳細は、奪われた資金は、ハッカーがウォレットから約6,000BTCを盗んだ2018年に、仮想通貨取引所Zaifが被った6,000万ドル(約63億円)のハッキング被害から得られたものだと主張しています。Fiscoは後にザイフを購入し、傘下に収めて運営を開始しましたが、現在、Binanceが顧客基準(KYC)と「マネーロンダリング(AML)のプロトコルが業界標準に準拠していないため、その資金が不正使用されたと主張しています。

Binance はマネロンの警告を受けていた

直接の苦情によは、ハッカーはBinanceのKYCポリシーを利用した事によって、新規ユーザーは、意味のある識別情報を交換することなく最大2 BTCで取引できます。
また、窃盗犯は盗んだビットコインを数千の別々のトランザクションとアカウントに分割し、すべて2ビットコインのしきい値を下回っています。このようにして、泥棒は盗んだビットコインを他の仮想通貨取引所に変換し、Binanceプラットフォームから価値を送信したと申し立てています。

Zaifの従業員は当時、Binanceに連絡を取り、ハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと交換所に警告をしています。

Fiscoにとって、Binanceは“マネーロンダリングのプロセスを故意または過失で中断することに失敗した”取引所になっています。
そのため、FiscoはBinanceに900万ドルの利息を支払うように要求しており、物件の追跡に費やされた時間とお金に対する公正な補償を要求しているのが裁判所に提出された苦情申立書で分かります。
なお、ZaifをFiscoが買収した後、Fiscoはセキュリティ侵害で資金を失ったユーザーを補償しています。
裁判所の申告によれば、ハッキングによる4100万ドル(約43億円)相当の仮想通貨資産はZaifユーザーの所有していたものであった事が分かっています。

なぜカルフォルニアの裁判所だったのか?

注目すべき点は、Fiscoによるとこの事件は、カリフォルニア州の裁判所で裁判にかけられており、日本を舞台にしていなかった理由については、被害者の一部がこの地域を拠点としており、Binanceのビジネスの「重要なコンポーネント」がそこにあるからだと海外メディアなどでも報じられています。
同取引所はサーバーをホストするためにアマゾンウェブサービス(AWS)を使用していると伝えられており、Fiscoは「BinanceのすべてのAWSサーバーがカリフォルニア州にあるわけではないが、重要な部分はある」と述べています。

同社はまた、Binanceの仮想通貨の予備はサンフランシスコのベイエリアにあるオフラインのハードウエア施設に保存されており、カストディアンによって制御および管理されることも付け加えています。
さらにFiscoは苦情申立書の中で、Binanceが今年初めにクリプトデビットカードの発行会社を買収しており、SwipeがコインベースとBitGoをカストディアンとして使用していることについても追加しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所Zaifが「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募開催

要点

・Zaif公式Twitterで、「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募キャンペーンが今月1日より開催されました。
・このキャンペーンの発表で、Zaifが「大根カレー」を販売することが分かりました。
・ユーザーらはジョークなのかと困惑する中、Zaifにはキャンペーンに隠された目的がある様です。

Zaifが大根カレーを発売!?

国内仮想通貨取引所のZaifが一風変わったキャンペーンを開催し、仮想通貨ユーザーからちょっとした注目を集めています。

Zaifのちょっと変わったキャンペーンは、今月1日より開始された『Zaif大根カレー パッケージデザイン公募』で、その名の通り、仮想通貨取引所のZaifが「大根カレー」を販売するという、ちょと信じられないような驚きの事業展開を実施するためのキャンペーンです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

先月5日のZaif公式Twitterに、APAカレーにかんするツイートを発信した後、Twitter民を中心に、ネット上ではうわさ程度にZaifがカレーを販売するのか?ちょっとした関心ごととして注目を集めていましたが、どうやらジョークではなく、本当にZaifから大根カレーが販売されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

その後、先月16日に再びZaifカレーに関するツイートが投稿されましたが、詳細はツイート以外なかったこともあり、まだ困惑を含めた関心ごととして注目されていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

2度目のツイートから2週間後の今月1日、3度目のZaif大根カレーに関するツイートが発信され、ようやく、Zaifからカレーが販売される事を信じたユーザーも居たようです。

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募の詳細

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募キャンペーンに関し、Zaifにて作成される公式デザインパッケージとは別に、公募から選ばれたデザインにて作成予定の「特別デザインパッケージ」4種を用意したいと考えているとのこと。

そこで今回のZaifによる公募キャンペーンにて寄せられたデザインの中から4作品を選出し、当選者には「特別デザインパッケージ」4種のZaifカレー全てが進呈されます。

パッケージの図面はあらかじめZaifから用意されており、こちらにてダウンロードで入手できます。

推奨される応募方法は「aiファイル(Adobe Illustratorを用いたデータ形式)」で、jpgおよびpngファイルでも応募可能とのことです。
ただし、セキュリティの観点から、上記以外のファイルは受けられないとしています。

問い合わせフォームより応募可能。
「サービスへのご要望」を選択し、説明欄に「Zaifカレー公募」と記載の上でファイルを添付して送信するだけで応募できます。
なお、締め切りは7月8日(水)19時で、当選発表はZaif Exchange公式Twitterにて発表されます。

注意事項として、デザインは応募を持ってZaif運営元のフィスコへ譲渡し、著作権人格権などを一切行使しないことを応募条件としています。

仮想通貨取引所のZaifがなぜ大根カレーなのか、困惑するユーザーも実際に続出していますが、実は昨年にもZaifは大根に関するツイートを発信し、ユーザーらが困惑するというちょっとした出来事が発生しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「また金融庁に怒られるやろ」などの注意とも受け取れるツイートを受けているZaifですが、ツイートをよく見てみると
【#ZAIFトークンで買いたいものでツイートいただければ、ご用意できるものは販売するようにいたします。】
と記載されていることから、Zaifの目的はちょっとした面白キャンペーン開催の裏に、Zaifトークン流通の活性化を目的としていることが分かります。

ちょっと絵が得意!・デザインするのが好き!という方、試しに応募してみてはいかがでしょうか。

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所のZaifで取引をしてみたいという方、新規口座を作ってみませんか。

→ Zaif公式サイトはこちら

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所はなぜキャンペーンを実施するの?その理由に迫る!

要点

・なぜ仮想通貨取引所はキャッシュバックなどのキャンペーンを実施するのか?
・2020年6月17日時点で実施されている各仮想通貨取引所のキャンペーンを紹介します。

なぜ仮想通貨取引所はキャンペーンをするのか?

 

日本国内にもすでにいくつもの仮想通貨取引所があり、2020年6月17日時点の金融庁に登録済の取引所は23もの取引所があります。(参考サイト 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」より)

 

これら登録済みの仮想通貨取引所ではいくつものキャンペーンが行われています。
でもこのキャンペーン、取引所にとってはあまり利益につながらないのに、どうして頻繁に開催されているのでしょうか。

 

その最大の目的は、顧客獲得と取引量アップを目的として開催されています。

 

キャンペーンは取引所とユーザー双方にメリット!

 

キャンペーン開催のうち、新規顧客の獲得取引のキャンペーン内容を見てみると、参加資格の多くで“新規登録”の方を対象にしていることが分かります。

どの取引所も、新たな顧客獲得に向け、頻度も多く開催されています。

 

新規登録した新規顧客もキャンペーン時期に合わせて新規口座開設で得られるメリットがあり、多くで仮想通貨(主にビットコイン)や法定通貨の日本円のキャッシュバックがされているので、予算より少しであっても、仮想通貨保有量を増やすことができます。

また、すでに口座を開設している既存顧客へ向けたキャンペーンについても、新規顧客向けに比べると、その頻度は低くなるものの、開催されており、既存顧客へ向けたキャンペーンは主に、取引量アップを狙ってのものと言えます。

 

実際のキャンペーン内容を見てみると、一定の取引量以上の取引をした顧客に対して行われることが多く、新規顧客と同様に、仮想通貨のプレゼントや日本円のキャッシュバックなどが顧客へ還元されています。

 

新規・既存ともに、各取引所のキャンペーン開催に合わせて口座の開設や取引をすることで、より資産を増やせるチャンスですので、うまく活用すると良いでしょう。

 

2020年6月のDMM Bitcoinキャンペーン情報

 

経験者はもちろん、初めての方もかんたんに使用できるオリジナルアプリやツールで、ストレスフリーな取引ができることで高い関心が寄せられているDMM Bitcoin

タレントのローラさんがイメージキャラクターでCMが流れていたことも記憶にある方が多いのではないでしょうか。

 

そのDMM Bitcoinで現在、新規口座開設で1,000円がもらえる「1,000円プレゼント!」キャンペーンが開催されています。

 

参加資格は新規で口座開設を完了させた新規ユーザーが対象で、日本在住の方など、一定条件が満たされていることで自動的にエントリーされ、キャンペーン期間は2021年1月1日(金)6時59分までとなっています。

 

このチャンスに、DMM Bitcoinに新規口座開設を希望される方は

→ DMM Bitcoin 公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月の GMOコインキャンペーン情報

 

東証一部上場のGMOインターネットグループの持つ金融サービスのノウハウが生かされた堅牢なセキュリティや管理体勢と、競合他社よりスプレッドの幅が狭く、他取引所よりお得な取引ができるとして人気のGMOコイン

現在3つのキャンペーンが開催されています。

 

GMOコインで仮想通貨を1回以上購入したユーザーの中から、毎日抽選で10名に現金1,000円が当たる!

 

 

GMOコインで仮想通貨を5,000円以上購入したユーザーの中から抽選で現金10万円が当たる!

キャンペーン期間は2020年6月1日(月)12:00~2020年6月30日(火)23:59まで

 

 

仮想通貨FXで、1日に600万円以上の新規取引を行ったユーザーの中から抽選で毎日1名に現金1万円が当たる!

これらのキャンペーンを機に、取引を増やしたい!そんな方や、新規口座開設を考えている方は

→ GMOコイン公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月のZAIFキャンペーン情報

 

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえる特典付きの仮想通貨取引所Zaif

取扱い銘柄も多く、取引所独自トークンや、運営元が開発したプライベートブロックチェーンmijinをリリースするなど、仮想通貨だけではなく、その根幹技術にも注目していることで人気の高い取引所です。

現在、CoinMarketCap仮想通貨取引所ランキングにて59位に入るなど、その注目度の高さが分かります。

そのZaifでは現在、キャンペーン期間中にスマートフォン用アプリ「Zaif Exchange」をダウンロードし、30,000円以上の仮想通貨取引きを行ったユーザーの中から抽選で

1等20名に100,000円相当
2等50名に10,000円相当
3等100名に5,000円相当
のフィスココインが当たるキャンペーンを開催しています!

なお、キャンペーン期間は2020年5月15日(金)21時00分~2020年6月30日(火)23時59分(日本時間)となっています。

 

このキャンペーンを機にZaifで新規口座の開設を検討している方は

 

→ Zaif公式サイト

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Zaifが川柳キャンペーン開催!Zaif取引所おすすめポイントも解説!

要点

・Zaif(ザイフ)で開催中のキャンペーンを紹介
・Zaif取引所のおすすめポイントも解説

Zaifがキャンペーンを開催中!

 

長期投資を行っているユーザーや、確実に利益を手にしたい初心者ユーザーに嬉しい積み立てや、他の取引所で取り扱っていない銘柄を上場させているなど、使いやすいと評判の取引所です。

 

現在Zaifで実施されているキャンペーンのお題は『Zaif Exchange』で、指定のハッシュタグ(「#Zaif川柳」もしくは「#ザイフ川柳」)を付けた投稿に対し、いいね数が多い上位10人に、順位に応じて最大100,000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

 

 

この『Zaif川柳キャンペーン』は、4月24日(金)から5月31日(日)23:59まで実施。

キャンペーン応募条件として、Zaif公式Twitterをフォローしたうえで、本人確認済みのZaifアカウントを持っているユーザーを対象に行われます。

 

報酬は
1位 100,000円相当
2位 50,000円相当
3位 10,000円相当
4位 8,000円相当
それ以降5~10位は1,000円ずつ減っていき、6月30日に『Zaif川柳キャンペーン』サイト内で当選発表が実施されます。

 

Twitterをフォローして、指定のハッシュタグをつけてツイートするだけで10万円をゲットできるチャンスが巡って来る、ちょっとわくわくするキャンペーンです。

 

設立日 平成28年4月
運営元 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
金融庁登録 近畿財務局長 第00001号 平成29年9月29日登録済み

《 取扱い通貨 》

・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・モナコイン(Monacoin/MONA)
・フィスココイン(Fisco Coin/FSCC)
・ネクスコイン(NCXC)
・カイカコイン(CICC)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
・カウンターパーティー(Counter Party/XCP)
・ザイフトークン(ZAIF)
・ゼン(Zen/ZEN)
・ネム(NEM/XEM)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)
・コムサ(COMSA/CMS)

 

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Zaif取引所おすすめポイントを紹介

Zaifおすすめポイント1

Zaicaでオリジナルコインが作成できる

Zaifでは独自に開発したブロックチェーンサービス「mijin」が提供されています。
ブロックチェーン技術であるmijinを使った仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を利用することで、オリジナルコインの作成も可能になります。

企業内通貨やトークンの発行のほか、1度きりのチケットとしてなど…
トークン発行を考えている企業や団体の力強い味方となります。

Zaifおすすめポイント2

手軽にチップが送れる

応援したい人や団体にSNSや動画投稿サイトで支援する「投げ銭」はご存じですか?
その投げ銭がZaifでは、「Twitterチップ」と「チャットチップ」として、手軽にチップを送れます。

 

Twitterチップとは…

Twitterアカウントさえわかれば受け手側の準備を意識せずにビットコインを送金できる機能です。
面白いツイートをした人や、困っている人、自分が応援しているタレントなどに直感的にその場でコインを送金することが可能です。

<b>チャットチップとは</b>
取引所チャットパネルで「いいね!」を送る際、自分の残高からチップを追加して送ることができる機能です。
有益な情報のお礼や、感謝の気持ちを伝えるとき、面白い話が投稿されていた時など、チャットチップは様々な場面で活用できます。

(引用先 Zaif)

 

まだまだ仮想通貨取引所ではキャンペーンが今後も随時開催されていきますので、気になる仮想通貨取引所の実施するキャンペーンはこまめに公式サイトをチェックしてみてください。

さらに、海外取引所の口座でもいくつものキャンペーンが実施されていますので、キャンペーンを機に口座の開設や取引を始めてみる!というのも、ワクワク感があってたのしいかもしれませんね。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

北朝鮮のハッキンググループが経済悪化でスキルを高めていた!?

要点

・北朝鮮のハッキング組織Lazarus(ラザルス)が、ハッキングスキルをさらに高めていた事が判明
・Lazarusは、2019年にアメリカ財務量によって制裁対象に加えられています。

 

北朝鮮ハッキンググループのスキルがアップ!

 

先進国に比べて北朝鮮のIT技術は10年も20年も遅れており、IT関連を学んでいる学生たちの使用しているコンピューターも、旧型モデルを使用して学んでいるとみられていました。

ところが、ここ数年は急速にIT技術力を身に付けており、世界でもトップクラスではないかと見る専門家がいるほど、力を付けていることが国連の発表などによって分かっています。

現在の北朝鮮国内の経済状況は、コロナ禍によって低迷しており、今後も仮想通貨を盗むことに焦点を当てていると言われています。

 

韓国の北朝鮮関連ニュースを発信しているDaily NKの報告によると、Lazaruが仮想通貨をハッキングするための取り組みを強化していると指摘しています。

Daily NKはニュースの中で

Analysts say that stealing cryptocurrency could bring enormous profits to a country now completely isolated from the rest of the world following the closure of the Sino-North Korean border in late January due to the COVID-19 pandemic.

(日本語訳)
アナリストは、仮想通貨を盗むことで、COVID-19の大流行により1月末から中国と北朝鮮の国境が閉鎖されたため、他国から完全に孤立した北朝鮮に莫大な利益をもたらす可能性があると述べています。

 

また、LazarusはAPT攻撃を韓国だけでなく、国際的に攻撃を仕掛けており、サイバースパイ活動や外貨を生み出すための活動にも従事していると報じています。

 

以前ご紹介した「韓国の仮想通貨取引所閉鎖騒動と北朝鮮ハッカーの暗躍。今後の規制については?」もご一読ください。

 

Lazarus(ラザルス)とはどんな組織なのか?

 

北朝鮮は2019年8月、国連によって推定20億ドル(約2,100億円)をハッキングなどの不正行為によって資金を入手したと発表されています。

 

Lazarus(※別名:HIDDEN COBRA)は、2019年9月13日にアメリカの財務省が他の2組織と合わせ、経済制裁の対象に加えられたほか、同時期に経済制裁の対象に認定されています。
経済対象となった北朝鮮のハッカー組織は、Lazarus傘下のBlueNoroff (ブルーノロフ)とAndariel (アンダリエル)です。

BlueNoroffは国際銀行間通信協会)の不正送金を、Andarielは韓国への攻撃を中心に役割が分担されていると言われています。

 

日本でも大々的にニュースで報じられた仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨大量流出は、当時のレートに換算すると580億円相当に上る被害だと言われていますが、このコインチェックをハッキングしたのが北朝鮮のハッキンググループLazarusといわれています。

 

 

今だからこそZaifで口座を開設しよう!

 

仮想通貨取引所Zaifで2018年に仮想通貨流出事件が発生し、ビットコインやモナコインなど合計68奥円相当が流出しました。

 

これを受けて金融庁は当時Zaifを運営していた母体企業であるテックビューロ社に対し、
2018年3月8日付け『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年6月22日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について
同年9月25日付け 『テックビューロ株式会社に対する行政処分について

以上、2018年の1年間に3回の業務改善命令を発令しています。

また、3回の業務改善命令を受け、テックビューロ社から株式会社フィスコに運営が変わりましたが、令和元年6月21日『株式会社フィスコ仮想通貨取引所に対する行政処分について』にて、業務改善命令を受けています。

 

しかしフィスコでは、これらの業務改善命令を受けてセキュリティ面を最強化し、顧客資産はネットワーク上から切り離したほか、積極的な優秀な人材の雇用でサーバーを強化しています。

さらに、流出事件の被害者に対し、補償もおこなっているため、補償の前例がすでにある“安心感”も得られます。

 

Zaifは流出事件があったというマイナスイメージを持っている方もいるかと思います。
ただ、逆に流出させたことがある取引所の方が金融庁の目も厳しく向けられた結果、テックビューロ社からフィスコ社に運営が変わっても業務改善命令が出され、適切な指導の下で改善をしています。
つまり、金融庁の指導に従って業務の改善をした結果、セキュリティが強固な取引所になっていると言えます。

 

北朝鮮ハッキンググループの脅威が指摘されている今こそ、取引手数料が無料で、キュリティ面が強固、かつアルトコインも多数取り扱うZaifにぜひ、口座を開設してみましょう!

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッキング被害のZaif前運営会社廃業・立ち直ったコインチェックとの違いは?

当サイトでも既報のとおり、Zaifの元運営会社であったテックビューロが22日に廃業を表明しました。

国内で初めて起きた仮想通貨交換業者の廃業は多くの仮想通貨ユーザーを動揺させているでしょう。

一部報道はテックビューロの廃業要因としてZaif運営時の仮想通貨流出被害をあげています。

しかしコインチェックのように、過去に大規模な仮想通貨流出被害を受けながらも新しい体制で信頼を回復した仮想通貨交換業者もあります。

ハッキング被害から立ち直ったコインチェックと、立ち直れなかったテックビューロの違いはどこにあるのでしょうか。

要点

・ハッキング被害から立ち直った仮想通貨交換業者
ハッキング被害から信頼を回復した仮想通貨取引所の例を紹介し、回復できないまま廃業したテックビューロ社との違いを解説します。

過去にハッキング被害から回復したコインチェック

ハッキング被害から立ち直った仮想通貨取引所に、コインチェックがあります。

かつてないビットコインバブルに世間が注目していた2018年1月26日、コインチェックはハッキングを受け、ネムを中心に約580億円相当の仮想通貨が流出する被害に見舞われました

この結果コインチェックは金融庁により業務改善処分を受け、警視庁の捜査も入り、自民党からヒアリングを受けるなど世間を騒がせることになります。

当然事件発覚後は取引をはじめすべてのサービスを停止する事態となりました。

仮想通貨はまだまだ社会的に歴史の浅い分野です。これだけの大事件で信頼を失ってしまうと、再開への道のりはかなり厳しいことが想像できるでしょう。

しかしコインチェックは事件を乗り越え、現在は通常通りの運営を続けています。

 

マネックスグループの買収を機に復活

コインチェックは事件後の2018年4月16日にマネックスグループの買収を受けました。

セキュリティを含めた管理体制を大幅に見直し、同年10月30日に新規登録および一部上場仮想通貨の入金、取引を再開したのを皮切りに、サービス体制を元通りに戻していきました。

2019年1月11日、コインチェックは事件で取り消されてしまった金融庁からの仮想通貨交換業者認定を取り戻したのです。

また、事件後のコインチェックの対応も信頼回復の要因とされます。

コインチェックは事件直後の2018年1月26日にネムの不正流出を公表しました。同年3月8日に1月29日に続いて2度目の業務改善命令を受け再度記者会見を行い、ネムの補償やセキュリティ強化、経営体制などの見通しについて説明しました。

このように被害者に対し最大限真摯に向き合う姿勢も、後のマネックスグループの救いの手や現在の信頼回復につながったのでしょう

 

テックビューロはなぜ立ち直れなかったか

テックビューロはZaifを運営していた2018年9月18日に仮想通貨流出被害に見舞われました。被害額は約67億円相当とされます。

しかし、テックビューロは事件発覚後もホームページ上でコメントを出すのみと限定的な対応に終始し、記者会見を行うこともありませんでした。

またコインチェックが事件発覚から間もなく記者会見などのメディア対応を行ったのに対し、テックビューロは18日にハッキング被害を受けながら、事実を公表したのは20日未明と対応が後手に回っていました。

金融庁から3度にわたる業務改善命令を受けた後、2018年11月22日にフィスコ仮想通貨取引所にZaifの運営権利を譲渡しています。

相応の責任も果たさないまま事業を譲渡してしまうという行動に悪印象を受けたユーザーも多いでしょう。

最終的にテックビューロは信頼回復を果たせないまま、今回の廃業に至ってしまいました。

 

まとめ

テックビューロは2019年8月22日をもって仮想通貨交換業者としての幕を閉じました。

Zaifを運営していた2018年9月の仮想通貨流出事件をめぐる対応のまずさが悪印象を与え、信頼回復への道を閉ざしたことも考えられます。

同じハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者でもコインチェックは事件直後からユーザーやメディアに積極的に情報を発信し信頼回復に努めました。マネックスグループの傘下に入るなど経営体制を大きく見直したことも大きいでしょう。

ハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者が立ち直るカギは、事件後の対応への尽力と、経営体制の丁寧な見直しと考えられます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【2018年最新版】Zaifの「コイン積立」とは?メリット・デメリット・口コミもあわせて紹介します!

仮想通貨取引所「Zaif」が提供するサービス「コイン積立」を紹介します。コイン積立は毎月決まった日に、仮想通貨を自動で購入してくれる便利なサービスです。

今回は、サービス内容から手数料まで、さらにはメリット・デメリット、SNS上の口コミもあわせて紹介します!

この記事を読めば「コイン積立」のことがわかる内容となっているので、参考にしてくださいね!

 

Zaifとは?

Zaifはテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所です。

テックビューロ社は日本でも人気の高い仮想通貨NEMのプロジェクトに携わっています

設立も2014年で、現在ある国内の取引所と比較すると、長い運営歴を誇っています。

もちろん、ZaifではNEMも取引できます。今回、紹介する「コイン積立」以外にも、ユニークなサービスが利用できます。

 

コイン積立

コイン積立は、毎月決まった仮想通貨を自動で買い付ける便利なサービスです。

簡単に言いうと「申し込みだけすれば放置しておくだけでOK」ということですね。

買い付けできる通貨はビットコイン・イーサリアム・ネム・モナコインの4種類です。

 

コイン積立の特徴

コイン積立最大の特徴は、ドル・コスト平均法を採用していることです。

ドル・コスト平均法は安いときに多めに買い、高い時は少なめに買う投資法のことです。

つまりは効率よく購入してくれるということですね。もちろん、これらは自動でおこなわれます。

 

積立金額と買い付けスケジュール

積立金額 1000円~100万円。1000円単位で設定可能。
毎月8〜10日頃 翌月分の積み立て申し込みと、積み立て金額の設定変更締め切り
毎月27日 翌月分お客様銀行口座より自動引き落とし
翌月10日~翌々月9日 上で引き落としした分の積み立てについて、日毎に自動的に買い付け、翌日お客様アカウントに振替

例えば、毎月の買い付け金額が1万円だったとします。

すると1月27日に手数料込みの10250円が引き落とされます。

そして翌月2月10日~3月9日まで毎日一定額で仮想通貨を購入していくといった流れになります。

 

手数料

手数料は以下の通りです。

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

 

コイン積立のメリット・デメリット

コイン積立のポイントは自動でおこなえるのと、通常の取引に比べリスクが少ないことです。

ここではメリットとデメリットについてまとめました。

 

コイン積立のメリット①完全に手間いらずで初心者の方に最適

設定だけすれば自動で買い付けてくれるので、完全に手間がいらないのはメリットですね。

初心者の方でも簡単に行えます。

 

コイン積立メリット②少額から投資可能&低リスクの投資

最低金額は1000円から行えるので、誰でも簡単に仮想通貨投資を始められます。

値動きが激しい仮想通貨ですが、現物購入で月々の購入も少ないので、リスクが低いのもメリットです。

仮想通貨取引の中では、一番リスクが低い投資法といっても間違えではないでしょう。

 

コイン積立のデメリット①リターンが少ない

コイン積立は、レバレッジ取引のように、短期間で資金を数倍に増やすことはできません

しかし、その分リスクが低いメリットもあります。

なので、長期間で投資を考えている方、リスクが低い投資を考えている方にもっとも向いているでしょう。

 

コイン積立の口コミ

最後に、SNS上での口コミを紹介しましょう。

コイン積立のリアルな意見なので、とても参考になりますね。

有名ブロガーのイケダハヤトさんのツイートですが、収支はかなり良いようです。

仮想通貨の買い時なんて、実際プロの方でも難しいと思います。

その点、コイン積立は効率的に購入できるので、安心です。

やはり、SNS上でもコイン積立の評判は高いみたいですね。

 

コイン積立を始めるならまずはZaifに登録

コイン積立のメリットを最後に復習しておきましょう。

①ドル・コスト平均法効率の高い投資が可能

②低額から投資可能で完全自動で誰でも簡単に仮想通貨投資を始められる

③低リスクでコツコツと利益を積み重ねられる

知らなかった方は、この機会にコイン積立を始めてみてはいかがでしょうか。

下記のリンクより、まずはZaifに登録して申し込んでくださいね

 

Zaif公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Zaif、サーバーエラーによりビットコインが30分で110万円→64万円程度まで大暴落。

 

ユーザー数800万人を誇る取引所 Zaifでサーバーエラーが発生し、ビットコイン(BTC)がわずか30分程度110万円→64万円程度になってしまいました。

 

Zaif、サーバーエラーによりビットコイン(BTC)大暴落

2月22日21時50分頃、突如Zaifで502 Badgate wayエラーが発生し、多くの人の買い注文や売り注文が通らなくなった。

502エラー

「不正なゲートウェイ」。 通信途中のサーバーのエラーなので対策は不可能。 「502 Bad Gateway」はサーバー間のエラーであり、原因はネットワークの向こうのサーバー管理者にある。

ユーザー側から出来ることはないので、諦めるしかない。

の後、ユーザーが注文を出来ない状態にも関わらずロスカットの連鎖が発生し、ビットコイン(BTC)が30分で46万円の大暴落。

これによりZaifのビットコイン(BTC)は異常なチャートを形成しました。

現在は大暴落の反発であっという間に104万円台後半に戻っています。

今回の事態に対する公式からの声明はまだ発表されておらず、根本的な原因についてはまだ分かっていません。

 

SNS Twitterで大混乱

今回のサーバーエラーによる大暴落により、大手SNS Twitterでも数多くの人が混乱を露わにしました。

https://twitter.com/ari___sa72/status/966675983070781441

今回の大暴落に対してZaif側は一切声明を出しておらず、ユーザーの怒りを増幅させてしまっています。

 

補償について

Zaif側からの声明は一切ありませんが、Zaif Exchangeに問い合わせを行った人が、Zaif側からの返答とするものをTwitterにて公開しました。

Zaif側からの返答とするものによると、「ロスカットに伴う強制決済が連鎖した結果であり、こちら(Zaif)の異常動作ではありません。」との事。

しかし、約定遅延による損失に対する判例は既に存在しています。

 戸田久裁判長は「ロスカットまでに一定のタイムラグが生じることは契約上想定されているが、10秒を超えれば合理的範囲内とはいえない」と指摘。

タイムラグを抑えるシステムを整備する義務に違反したとして、証券会社側に債務不履行があったと結論付けた。

日本経済新聞より引用

今回のZaif側の502エラーは判例の「10秒以上のタイムラグは合理的範囲内とはいえない」という部分に抵触している可能性があり、

Zaif側が何かしら対応を行わなかった場合、大きな訴訟等を発生させる可能性も否定は出来ません。

今後の対応についてZaif側から発表がないか継続して見守っていきます。

 

今後、どこの取引所を使えばいいのか?

Coincheckに続きZaifも問題を発生させてしまいました。

今後、取引所を利用するならGMOコインDMM Bitcoinをおすすめします。

GMOコインをオススメする理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

 

 

一方、DMM Bitcoinの大きな特徴として、

国内で唯一、レバレッジ取引が可能な取引所である事です。

レバレッジ5倍となっており、証拠金が20万円あれば、100万円まで取引が可能です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引が出来るのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

今まで仮想通貨に手を出したくても出せなかった人にとって、レバレッジ取引が出来るという事は非常に嬉しいですよね。

 

また、レバレッジ手数料は除き各種手数料は 無料 となっている点もDMM Bitcoinが強い点です。

 

さらに、パソコン以外で取引をする場合、重要になってくるのがスマートフォンアプリの使いやすさです。

DMM Bitcoinはアプリに対して使いやすさ、見やすさをしっかりと追及しています。

そして、初心者から上級者の方まで取引において重要になってくるのがサポート体制です。

仮想通貨に詳しい人でも、何かしらの問題は発生する事があります。

問題が発生してもすぐに対応する事が出来る365日24時間サポート対応を実施。

電話だけでのサポートではなく、LINEから問い合わせても対応が可能です。

 

以上の理由から、今後はGMOコインDMM Bitcoinでの取引をおすすめします!

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

取引所Zaif/ザイフのテレビCMスタート!評判と注意点

仮想通貨ハマって(中毒って)ますか? ポインです。 取引所Zaif/ザイフの評判と注意点 取引所Zaif(ザイフ)のテレビ CM が始まりました!   女優の剛力彩芽さんが出演されているCM(15秒バージョン)...No tags for this post.

【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキング!

ペンタごん
取引所はたくさんあるけどおすすめが知りたい…
亮平
ランキングで比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は おすすめの仮想通貨取引所 を、ランキングで紹介しますね。

『仮想通貨取引所』とは、簡単に言えば仮想通貨の売り買いをするところです。

取引所に登録する事で、仮想通貨を買う事ができるようになると思って下さい。

 

仮想通貨の取引所はずいぶん増えてきて「どこを使うのが良いんだろう…」と悩む事も多いと思います。

この記事を参考に、おすすめの取引所をぜひ使ってみて下さい!

 

0.仮想通貨(ビットコイン)取引所のランキング基準について

亮平
上記の基準でランキングにするよ!
ペンタごん
おぉ分かりやすい!

ランキングは手数料の安さ、使いやすさ(アプリ含む)、銘柄の豊富さ星5段階で評価します。

僕が実際にすべて使っている上での感想を含めてお話しますので、ご参考にして下さい。

 

またその他の特徴として、取引所ごとの特徴(強み)もあわせてご紹介しますね。

それでは、さっそく1位から見ていきましょう。

 

1.Zaif(ザイフ)取引所

亮平
まずはやっぱりZaifだね

第1位はZaif

手数料の安さと積立機能が大きな強みですね。

詳しい紹介については、以下の記事をどうぞ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

①Zaif取引所のメリット

ビットフライヤー コインチェック・ビットバンク Zaif
Maker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.05%
Taker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.01%

まずはなんといっても、手数料の安さがあります。

主要な仮想通貨であるビットコインを日本円で買うならば取引手数料はなんと-0.05~-0.01%(!)

つまり、手数料がかかるどころか、逆にボーナスが貰えてしまうんですね。

またアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも 『取引所』 があるのは大きな魅力です。

アルトコインの 『取引所』 があるのは、国内主要取引所ではZaifとビットバンクだけですからね。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

そして最大の特徴としては、『Zaifコイン積立』にて自動のほったらかし積立ができる点です。

月1,000円から始められるのでたいへんおすすめですよ。

>>関連記事:『Zaifコイン積立』とは?元銀行員がメリット・デメリット・評判を解説!

 

②Zaif取引所のデメリット

個人的な一番のデメリットとしては、アプリが使いづらい事ですね…。

Zaifは、アプリが使いづらいと以前からよく言われています。

 

ただ普段は積立だけなら、アプリで頻繁に相場を見る事はないのでそこまで大きなデメリットでは無いですよ。

なので、総合的に見て一番良いのはZaif取引所だと思います。

 

2.ビットバンク(bitbank)取引所

亮平
ビットバンクは、手数料の安さが素晴らしいね

第2位はビットバンク

最近、僕もよく使っていますが、手数料の安さが大きな特徴ですね。

これからさらにユーザーが増えていくであろう、おすすめの取引所ですよ。

>>関連記事:リップル・ライトコインの購入ならbitbank(ビットバンク)!メリット・デメリット・評判は?

 

①ビットバンク取引所のメリット

ビットバンクは3月31日まで、取引手数料ゼロのキャンペーンをやっています。

なので、さらに安く買う事ができますね。

取引手数料
ビットフライヤー 割高。『取引所』はBTCのみ
コインチェック 割高。『取引所』はBTCのみ
Zaif 0~0.3%
ビットバンク 0%

国内の主要取引所と比較しても、手数料ゼロはかなり良いですね。

これは大きな強みといえるでしょう。

またビットバンクが好評な理由は、アルトコインで『取引所』がある事です。

アルトコインで『取引所』と聞くと、さきほど紹介したZaifが思い浮かびますね。

 

ただリップルとライトコインはZaifで取り扱いが無いので、リップル・ライトコインの 『取引所』 があるのはビットバンクだけなんです。

しかも、現在コインチェックでリップルの取引ができない事から、国内の主要取引所でリップルを購入できるのはビットバンクだけなのでさらにおすすめですよ。

 

②ビットバンク取引所のデメリット

ビットバンクのデメリットとして、まず取引ペアが限られている事があります。

イーサリアムやライトコインは、ビットコインとしか取引(売買)できません。

 

またビットコインやリップルは、日本円でしか取引できないのです。

このように、ビットバンクは取引ペアが限られているのがやや不便ですね…。

またビットバンクは、コインチェックなどの主要取引所に比べてユーザーが少ないので、売買が成立しにくいと言えます。

ただ、そこまで大きな額で無いなら、取引にさほど問題は無いでしょう。

最後に、ビットバンクはスマホアプリにまだ対応していません。

ネットからアクセスすれば問題なく使えますが、アプリユーザーにはやや不満かもしれませんね。

 

僕のようにPCからしか使わないなら問題は無いですよ。

総合してみると、手数料を安く取引するなら必須の取引所かなと思います。

 

3.ビットフライヤー(bitFlyer)取引所

亮平
次は国内最大手のビットフライヤーだよ

第3位は国内最大手のビットフライヤー

僕も初めての仮想通貨取引所はビットフライヤーでしたが、PCもスマホアプリも使いやすいので初心者にもピッタリですね。

またセキュリティにも力を入れている、安心の取引所ですよ。

>>関連記事:【超まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・評判!

 

①ビットフライヤー取引所のメリット

ビットフライヤーの一番のメリットは、なんといっても国内最大の取引所である実績と安心感ですね。

大手金融系を始めとした有名企業も株主に並んでおり、取引所としての充実ぶりが伝わってきます。

また、ビットフライヤーはいち早く補償制度を実施しています。

コインチェックやZaifなど他の取引所は、まだ補償制度は未実施ですね。

  補償制度
 ビットフライヤー あり(ただし円出金のみ)
コインチェック  なし(制度試行自体は発表済)
Zaif  なし 

ユーザーにとって超大事補償制度にいち早く取り組んでくれている点は、大きく評価できると思います。

>>関連記事:【補償制度比較】ビットフライヤー・コインチェック・Zaif【仮想通貨取引所】

 

②ビットフライヤー取引所のデメリット

ビットコインしか取引所がなく、他の通貨を買う際は手数料が高くなりますね。

またビットフライヤーも積立機能はあるのですが、1日の最低購入金額が1,000円からなんですよね…。

これだと、毎日の積立にすると月30,000円程度かかってしまいます。

なので積立をするならZaifの方がおすすめでしょう。

 

総合的に見ると、使いやすさにも定評があり、Zaifと一緒にまず使って欲しい取引所かなと思います。

 

4.バイナンス(Binance)取引所

亮平
海外取引所はまずバイナンスを使ってほしいね

第4位は、海外取引所のバイナンス

海外取引所では、No.1の人気を誇っていますね。

国内取引所に慣れてきたら、ぜひ使って欲しい取引所です。

>>関連記事:【超まとめ】Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・評判!【海外仮想通貨取引所】

 

①バイナンス取引所のメリット

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1% 0.1%

Zaifやビットバンクと同じように、バイナンスの手数料も安い事で人気です。

バイナンスはなんと全銘柄0.1%と驚きの水準です

他の海外取引所より安いのも、大きな特徴ですね。

またバイナンスで取り扱っている銘柄(コイン)100種類以上とたいへん豊富です。

国内取引所で仮想通貨銘柄が豊富と言われているコインチェックでも10ちょっとなので、バイナンスははるかに多いですね。

 

②バイナンス取引所のデメリット

国内取引所だと、日本円を入金して仮想通貨を買うという流れになりますね。

バイナンスのような海外取引所だと、日本円の取り扱いが無いので、国内取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに入金(送金)して使用する事になります。

 

出金の際も同様で、国内取引所を経由して日本円に換える必要がありますね。

慣れるまでは、正直ちょっと面倒です。

 

また、日本語対応もしなくなってしまったので、やや使いづらくなってしまいましたね。

以前までは日本語対応していたので、今後の改善に期待しましょう。

海外取引所を使うなら、まずはバイナンスから始めるのがおすすめですよ。

 

5.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)取引所

亮平
DMM Bitcoinでレバレッジ取引にもチャレンジしてみよう

続いて、大手企業DMM.comがスタートさせたDMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応しているだけでなく、アプリの使いやすさにも定評がありますよ。

>>関連記事:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・メリット・デメリットは?レバレッジ取引におすすめ!

 

①DMM Bitcoin取引所のメリット

DMM Bitcoinの一番の特徴は、アルトコインでのレバレッジ取引ができる点ですね。

レバレッジ取引自体はビットフライヤーGMOコインでもできるのですが、どちらもビットコインだけとなっています。

亮平
スマホアプリも使いやすいよ!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいと思います。

チャートを見るのはもちろん、取引までもスマホ一つでできるのも便利ですね。

今なら登録すると、1,000円がもらえるキャンペーン中ですよ。

 

②DMM Bitcoin取引所のデメリット

DMM Bitcoinは 『取引所』 形式が無く、 『販売所』 形式を使うしかありません。

なので、取引による手数料がやや高いと言えるでしょう。

またDMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッド(売値と買値の差の事で、実質的な手数料)が広くて手数料が高いと言われています。

これはややネックですが、アルトコインが大幅に値動きする時を狙うなら、チャンスはあると思います。

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引にも挑戦してみると良いですよ。

 

6.【登録停止中】コインチェック(coincheck)取引所

亮平
レバレッジ取引はスプレッドが広いから手数料が高いと言えるね

現在は登録停止してますが、コインチェックについても書いておきます。

使いやすさ、スマホの見やすさ、銘柄の豊富さなどで総じて評価の高い取引所だと思います。

アルトコインの手数料がやや高いのがネックですが、今後の取引再開に期待して待ちましょう。

>>関連記事:【超初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット・評判!

 

7.使う取引所を増やしていくおすすめのステップ

ペンタごん
取引所はどんな順番で使っていけばいい?
亮平
このステップをおすすめするよ!

初心者の方は、まずZaifビットフライヤーで始めていきましょう。

リップルやライトコインなどが欲しくなった際には、次にビットバンクも使い始める。

 

そして国内取引所に慣れてきたら、バイナンスにチャレンジしてみましょう。

最後に、レバレッジ取引がしたければDMM Bitcoinを使う…というイメージですね。

ただどの取引所も本人確認に時間がかかるので、登録だけは早めに済ませておく事をおすすめします。

 

8.【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキングまとめ

ペンタごん
仮想通貨取引所のランキングがよくわかったよ!
亮平
おすすめの取引所をぜひ使ってみよう!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕が普段から使用している取引所です。

自信を持っておすすめできるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

一つの取引所のみを使っていると、何らかのトラブルで使用できなくなった際に困ってしまいます。

そうならないためにも、いつでも複数の取引所を使えるようにしておきましょう!

今回紹介した取引所ランキング

第1位⇒Zaif:手数料の安さ、積立機能が魅力

第2位⇒ビットバンク:手数料の安さ、リップルの購入におすすめ

第3位⇒ビットフライヤー:最大手取引所。使いやすさと補償制度が特徴

第4位⇒バイナンス:海外取引所No.1で、取り扱い銘柄も豊富

第5位⇒DMM Bitcoin:アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応

 

▼各取引所の登録手順へ進みましょう▼

あわせて読みたい