Zaif

No tags for this post.

【BINANCE上場!】NEMとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるネム基礎知識!

NEM(ネム)とは、元はNew Economy Movementの略称で、送金速度や採掘アルゴリズム、汎用性などに優れた仮想通貨です。

[box class="red_box" title="価格急騰中!"] NEM(XEM)が2018年3月20日に海外の超大手取引所「BINANCE」(バイナンス)へ上場しました!

それに伴い価格が高騰しいます!
関連記事 : 【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!! [/box]

NEMの特徴

2014年1月にBitcoin Talkへ持ち込まれた企画から始まり、2015年3月にローンチされました。

ブロック生成時間(送金、承認時間)が非常にスピーディーで、手数料も比較的安価なことが特徴です。

NEMの優れている点として他に挙げられるのが「PoI」によるハーベスティングです。

またNEMはXEMの上限数を発行済みであり今後新規発行はありません。

NEMの概要

[table id=1101-001 /]

NEMのPoI(Proof of Importance、プルーフ・オブ・インポータンス)とは、NEMコミュニティへの貢献度(PoIスコア)によって報酬がもらえるシステムです。

既存の PoW や PoS と違い、高性能マシンや財力などにより一部のマイナーに報酬が偏らないというところに、「誰にでも平等に機会を与える」というNEMの思想が反映されています。

またBitcoin 2.0と呼ばれる第2世代の仮想通貨の代表格でもあり、Ethereum(イーサリアム)よりも簡単にスマートコントラクトを実装できるなど優秀な点を兼ね備えています。

NEMの価格推移

  • 2015年4月1日
    0.0004 USD
    約 0.05 円
  • 2016年6月1日
    0.010738 USD
    約 1.22 円
  • 2017年2月23日
    0.006826 USD
    約 0.77 円
  • 2017年5月8日
    0.111080 USD
    約 12.57 円
  • 2017年5月22日
    0.262118 USD
    約 29.66 円
  • 2017年6月17日
    0.09895 USD
    約 11.20 円
  • 2017年9月1日
    0.32737 USD
    約 37.04 円
  • 2017年11月2日
    0.169422 USD
    約 19.17 円
  • 2017年12月25日
    1.03 USD
    約 116.55 円
スタート直後の0.05円台から約2年ほどで116円にまで達するなど、驚異的な価格の上昇を見せています。

コアなファンやコミュニティに支持されて高い人気を誇る「NEM」

NEMはPoIという仕組みからもコミュニティなどが非常に活発なことが特徴です。

また国内取引所の「Zaif」(ザイフ)の朝山社長がNEM財団の理事を務めていることも有名です。

また送金時間の速さと人気の高さから、NEMでの支払いに対応する実店舗が増えてきています。

[external-explan-air_drop]

NEMが買える海外取引所

[ex-ovse-Binance] [ex-ovse-yobit] [kanren postid="2146"] [ex-ja-XEM] [kanren postid="1989"]No tags for this post.

ビットコインFXで追証なし?投資に安全な取引所ランキング

「ビットコインFXを始めてみたい!…けどFXとかよくわからない…」と思っている方も多いのではないでしょうか。ビットコインFXには『追証』や『ロスカット』といった専門用語もあり、取引を始める上で事前に知っておく必要があります。今回はそういった基本用語を紹介しつつ、ビットコインFXで「追証なし」あるいは「ロスカットされにくい」取引所をランキング形式でご紹介していきたいと思います。


ビットコインFX、ロスカットとは

そもそもFXとはForeign eXchange=外国為替の略であり、日本では外国為替証拠金取引と言われています。そして、『追証』とは追加証拠金のことを指しています。この追加証拠金を担保としてbitFlyerなどのビットコインFX業者に預けることで元金よりも大きな金額の取引ができるようになります。
取引所の中には『追証なし(追加証拠金なし)』でビットコインFX取引ができる取引所もあります。詳しくは以下で取り上げていきたいと思います。

また、『ロスカット』とは、ある限度のポジション(現在持っている持ち高)まで含み損が拡大したとき、それ以上損失が大きくならないように強制的に取引所が取引決済を行うシステムのことです。
このシステムはトレーダーが元金以上に損失を負ってしまう事を防ぐためのものですが、強制的に損失を確定するのでトレーダーにとっては厄介なものになることもあります。

『参考記事』
ビットコインFX取引におけるロスカットとは?~ロスカットにならないための対処法~

ビットコインFX投資をするなら知っておきたい『追証』について

ビットコインFX、追証なしの取引所リスト

以下に示すのは『追証なし』の取引所です。

bitbank Trade

「bitbank Trade」はビットバンク株式会社が運営するビットコインFX専用の取引所です。レバレッジを用いて取引を行うことができます。なお、ビットバンクは「bitbank.cc」という現物取引の取引所も運営しています。この両者は別物ですので、混同しないように注意しましょう。
ビットコインFX取引所bitbank Tradeのレバレッジは最大で20倍です。例えば、1BTCを担保にするとしたら、最大20BTCまでの取引が可能になるということです。うまく活用すれば少ない資金でも短期間で大きく利益を上げることも可能です。

また、ビットコインFX取引所bitbank Tradeでは手数料が発生します。取引手数料、入金・出金手数料に加えて、利益が出た時にはキャピタルゲイン手数料が発生するので、手数料に関しては比較的多く払わないといけません。ですが、キャピタルゲイン手数料があるからこそ追証なしで低いロスカット率を実現できています。

Zaif

「Zaif」はテックビューロ株式会社が運営する取引所です。最近は、剛力彩芽さんのテレビCMでも話題になっています。
Zaifでは「FX」と「Air FX」という2種類のビットコインFXサービスが用意されています。

ZaifのFXは最大7.77倍、そしてAir FXは最大25倍のレバレッジをかけることができます。手数料は1日で0.039%の手数料が発生します。また決済時に利益が出た場合は0.7%の手数料も発生します。

GMOコイン

「GMOコイン」は大手ネット企業の「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨交換業者のことです。
グループ会社に「GMOクリック証券」があることからGMOコインは現物取引よりもビットコインFX取引に力を入れているように伺えます。
レバレッジは最大5倍までで、取引手数料は無料です。

みんなのビットコイン

「みんなのビットコイン」は「みんなのFX」で有名なトレイダース証券を有するトレイダーズインベストメント株式会社が運営する交換業者です。
レバレッジ取引は2倍, 4倍, 5倍, 10倍, 25倍まで選ぶことができます。

追証ありの取引所リスト

一方、追証がある取引所もあります。それが以下の3つです。

追証を求められる証拠金維持率の基準はbitFlyerとCoincheckが80%以下、BITPointは120%以下となっています。
これらの取引所には追証がありますが、トレードして失敗した場合は投資元本以上の損失が出る場合があります。
レバレッジをかけなければ大きく損をすることはありません。ビットコインFXをこれから始めてみようという方はまず追証なしの取引所を利用することをお勧めします。

ビットコインFXでロスカットされにくい取引所ランキングベスト5

ビットコインFXでロスカットされにくい取引所ベスト5を作成しました。それがこちらです。

1位 bitbank Trade…証拠金維持率20%を下回ったらロスカット

2位 Zaif…証拠金維持率30%を下回ったらロスカット

3位 bitFlyer , Coincheck…ともに証拠金維持率50%を下回ったらロスカット

5位 GMOコイン…証拠金維持率75%~85%を下回ったらロスカット

bitbank Tradeは証拠金維持率20%までロスカットされないので、一番ロスカットされにくい業者であることがわかります。また追証もないので投資元本以上の損失も出る心配がありません。
またbitbank Tradeは日をまたいで取引を行ってもビットコインの借入手数料がかかりません。よって、数日間ポジションをキープしたままトレードを続けることができます。

Zaifは証拠金維持率30%までロスカットされないので急激な価格変動に耐えることができます。しかし、借入手数料が無料ではなく0.039%かかるのでZaifでビットコインFXを行う場合はデイトレードがお勧めです。

しかし、ロスカットされにくいビットコインFX業者が必ずしもいいというわけではありません。GMOコインの証拠金維持率が高くなっているのはユーザーが多大な損失を出すのを防ぐためです。証拠金維持率20%でロスカットされた場合と証拠金維持率85%でロスカットされた場合とでは失う金額の大きさが異なります。

その点から言えば、初心者がビットコインFXを始めるのであればGMOコインが最適でしょう。

投稿 ビットコインFXで追証なし?投資に安全な取引所ランキングCOINNEWS に最初に表示されました。

Counterpartyとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるカウンターパーティの基礎知識!

カウンターパーティとは、ビットコインのブロックチェーンを利用した分散型金融プラットフォームです。

カウンターパーティの特徴

カウンターパーティ(Counterparty,XCP)とは、ビットコインで展開されているオープンソースの金融プラットフォームのことです。
既に260万XCPが発行済で今後増えることはありません。そのため価値が保証されています。

また、主な特徴として分散型取引所・独自トークンの発行機能などが実装されていることが挙げられます。

Pepe CashやZaifトークンなどのように特定の用途や特定のユーザーに対しての報酬を想定したトークンを発行できるのです。
カウンターパーティと言えば独自トークン発行というイメージを持っているユーザーも多いです。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Pepe Cashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるペペキャッシュの基礎知識! [/box]

独自のブロックチェーンを持たずにビットコインのブロックチェーンを利用しているので、
ビットコインのメリットもデメリットも享受することになります。

例えばメリットでいえば信頼性やセキュリティの安全性。
デメリットで言えば決済にはかならずビットコインが必要になることや

決済の遅さ(送金承認に10分程度かかると言われています)といったあたりでしょう。

カウンターパーティの承認アルゴリズムにはProof of Burnという方式が利用されています。
これは、特定のビットコインアドレスにBTCを送金することで、それに対応する等価のXCPを手に入れるというもので、

送金されたBTCの秘密鍵は、誰からも利用できない状態でブロックチェーン上に記録されます。

Proof of Burnにより、XCPとの交換のために利用されたビットコインは、

ブロックチェーン上の取引として確認が可能なため、公平で透明性の高い交換方式だと言われています。

カウンターパーティの概要

[table id=2018-01 /]

カウンターパーティの価格推移

Twitterまとめ




カウンターパーティが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

Zaifで送金手数料が大幅値下げ?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月2日】

3月2日仮想通貨最新ニュース

3/2の仮想通貨ニュースはBittrexにトロン(TRX)が上場!SBIがセキュリティ強化に向け台湾のCoolBitX社へ出資!Zaifで送金手数料が大幅値下げ?カナダでETHとBCHのコールドストレージサービス開始!等々をピックアップしています。

3月2日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!コインチェックの乖離がなくなってきたので、前日比の画像をコインチェックアプリのウィジェットに戻しました!

仮想通貨価格-前日比-3月2日

ケンケン
今日もヨコヨコだけど安定してきた感があるね!
ミー
本日3月2日のニュースはこちら!
3月2日仮想通貨News概要
  • Bittrexにトロン(TRX)が上場!
  • SBIがセキュリティ強化に向け台湾のCoolBitX社へ出資!
  • Zaifで送金手数料が大幅値下げ!
  • カナダでETHとBCHのコールドストレージサービス開始!
  • ドイツは支払いに使用する仮想通貨に課税しない?
  • バイナンスでBCPTトークンがエアドロップ!

Bittrexにトロン(TRX)が上場!

Bittrex
Starting now, $TRX is available for trading on the BittrexExchange.
Bittrex

海外取引所のBittrexにトロン(TRX)が上場しました!昨日から調子が良かったのでもしかしたら予兆だったのか…

トロンは日本でもよく話題になってる通貨ですね!

Bittrexの上場時のTRXのチャートは下記。

トロンTRXチャート
※バイナンスでのチャートです

ギュイーンと上がってギュイーンと下がってまた上がっています。よう分からんチャートになっています。。

トロンは以前マカフィー砲でも話題になったり、トロンのネットワークを使ったゲームがリリースされたりと日本でも注目を集めている面白そうな通貨ですよね(´∪`*)

トロン/TRON(TRX)とはどういう通貨なのかの詳細は下記の記事で書いています。

仮想通貨TRON(トロン)について詳しく記載しています。TRXが購入できる取引所やトロンのリアルタイムチャート、最新ニュースも掲載しています。TRXは日本の取引所でも上場が噂されている注目の通貨なのでぜひ参考にしてください。

SBIがセキュリティ強化に向け台湾のCoolBitX社へ出資!

SBIホールディングスが、台湾でコールドウォレットの開発と販売を行っているCoolBitX(クールビットエックス)社へ出資したことが分かりました。

SBIホールディングスは、CoolBitX社の技術を活用し、セキュリティを強化することを目指すようですね!

仮想通貨取引所を運営するにあたり、セキュリティはもっとも重要視される点です。

今年の夏までに開業予定とされているSBIバーチャルカレンシーズは、ICOで調達した資金もセキュリティ対策や環境整備、技術開発にあてる予定と発表しています。

SBIバーチャルカレンシーズはセキュリティなどの体制を整えて、開業に向けて着々と準備が進んでるようですね!

 夏までに仕込む!SBIVC取扱い通貨を購入するならここ!

  • リスクを抑えETH、BCHの積立投資をするならZaifで決まり!
  • 6月末まで手数料無料キャンペーン中のbitbankもETH、BCHの購入におすすめ!
  • XRPを買うならbitbankで決まり!

Zaifで送金手数料が大幅値下げ!

私も送金手数料が高いと何度か不満を漏らしていたZaifで、大幅な送金手数料の値下げの発表がありました。

時期は3月5日頃からで、今回はビットコイン、イーサリアム、CMSトークンが対象です。

おおよそ今の半値ぐらいになりますねヽ(´∀`)

最近zaifでは、サーバーが不安定になるなどのニュースが多かったので、これは使用するユーザーからすると嬉しい吉報ですね!!

あと個人的な希望としては、NEMの送金手数料も下げてほしいな…

Zaif送金手数料

⇒ Bitcoin、Ethereum及びCOMSAトークン(ERC20)の出金手数料改定のお知らせ

カナダでETHとBCHのコールドストレージサービス開始!

カナダの金取引サービスのゴールドマネー社がビットコインに続き、イーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)のコールドストレージサービスを開始することが発表されました。

コールドストレージサービスとは
ここでいうコールドストレージサービスとは、オフラインの仮想通貨保管方法で、ハッキングリスクなどの被害が抑えられた安全性と信頼性の高いストレージ提供サービスのこと。

簡単に言ってしまうと安全な保管庫の役割を果たしてくれるサービスです。仮想通貨は常にハッキングの脅威にさらされています。安心して通貨を預けられるサービスが今後も次々と出てくるといいですね(*´∇`)ノ

日本の銀行なども、こういったサービスを始めたら流行ると思うんですが…

 ETH、BCH関連記事

 ETH、BCHの購入ならここ!

  • リスクを抑えETH、BCHの積立投資をするならZaifで決まり!
  • 6月末まで手数料無料キャンペーン中のbitbankもETH、BCHの購入におすすめ!

ドイツは支払いに使用する仮想通貨に課税しない?

各国の仮想通貨への税制の考えは千差万別です。

ドイツでは、決済手段として使用する場合に限りビットコインは非課税と発表されました。

ちなみに日本やアメリカでは現法では、ビットコイン決済は資産の売却と区分されるので、税金の対象となります。

もともと決済と送金のために作られた仮想通貨なので、決済に税金がかかるのは・・・と思いますが、これだけ通貨のボラティリティ(価格変動)があれば仕方ないことなのかとも思います。難しい問題ですね。。

バイナンスでBCPTトークンがエアドロップ!

バイナンスで、取引所独自のトークンであるBNBトークンを所有しているユーザーにBCPTのエアドロップがあったようです。

私もBNBは少量ながら所有していたので、BCPTが配布されていました。そして、ごめんなさいBCPTの詳細はまだ調べてないので、不明です。

ブロックメイソン(BCPT)はどうやらクレジットプロトコルで、レンディングや債務市場に特化したなんとかこうとか…ちょっと調べてみます。

⇒ ブロックメイソン(BCPT)バイナンス公式ページ

保有している仮想通貨一覧

ALISが昨日に続き、いい感じで上がっています。先日ALISのβ版の事前登録を発表したからからな。これからが楽しみです(*´艸`*)

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月2日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 96.6 -0.4%
ビットコインキャッシュ BCC 13.6 +2.8%
イーサリアム ETH 9.2万 -0.7%
アリス ALIS 53.4 +6.4%
ネム XEM 41.3 -1.3%
リスク LSK 2184 +4.0%
ネオ NEO 1.35万 +0.2%
モナコイン MONA 587 -0.1%
仮想通貨総資産平均合計 +0.9%

本日の経済ニュースは、日銀の黒田総裁が「2019年度ごろに出口戦略を検討するのは間違いない」と発言したことで、大騒ぎになっていますね。

私的に理解したのは、日本株のETFの日銀による買い支えがなくなるってこと?ゼロ金利やマイナス金利政策がなくなって日本株が↓になるかも…ってことかな(?_?)

日本の経済情勢も、仮想通貨相場に関係なくはないので勉強していきます!

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月2日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンス銘柄では、モネロ(XMR)とトロン(TRX)がいい感じで上昇しています。

トロンは、ビットレックスの上場での価格上昇だと思いますが、かなり不安定なチャートになっています(・ω・`)

モネロは、15日頃にあるハードフォークで上がってるのかな。それまでに売却できたらいいなと考えています!

それではまた明日☆

Zaifトークンとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるザイフトークンの基礎知識!

Zaifトークンとは、Zaifを運営しているテックビューロー社がCounterpartyを使って発行している独自トークンです。

Zaifトークンの特徴

Zaifトークン(Zaifトークン,ZAIF)とは、国内の仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ―社により発行されている独自トークンです。
ネットユーザーなどからは「ザフト」とも呼ばれています。

Zaifトークンというだけあり、Zaifでしか購入することはできません。
また、Zaifトークンはペペキャッシュなどと同じくカウンターパーティのブロックチェーンを使って発行されているトークンです。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Counterpartyとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるカウンターパーティの基礎知識! [/box]

取引方法としてはカウンターパーティの流れをくむトークンですのでビットコインでの取引、または日本円になります。

残念ながらペペキャッシュのような明確な使い道はZaifトークンにはいまのところありません。

ただし、Zaifトークンを発行しているテックビューロ―社は、Zaifの運営はもちろん、国内初のICO(Initial Coin Offering の略で仮想通貨発行による資金調達手法のこと)であるCOMSAを運営していること、また、代表の朝山貴生氏は日本の仮想通貨市場において影響力をもつ一人であること、

Zaifトークンはよくも悪くもテックビューロー社と代表の朝山氏の意志がかなり反映される値動きをする可能性が高いことからZaifトークンは今後成長の可能性が高く、今が買い時であるととらえている投資家も多いようです。

更に、2017年10月20日には、現在テックビューロー社で発行済で未配布となっているトークンの配布を凍結すると発表しています。
(2018年12月までの予定)

これは全発行数の25%にあたり、テックビューロー社で何らかの戦略があってのことと思われます。

こうした点からも今後の成長性が期待されています。

Zaifトークンの概要

[table id=2040-01 /]

Zaifトークンの価格推移

Twitterまとめ

Zaifトークンが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

2246兆円儲かる!?Zaifがビットコインを0円で販売

コインチェック事件に続き、Zaifでも事件発覚です。
Zaifといえば、女優の剛力彩芽さんが起用されたCMでもお馴染みですが、その取引所Zaifでビットコインが0円で販売されるという事件がありました。
そのまま売買もできてしまい、2246兆円儲かった人が出たというのです。
本事件の真実は如何に…調査致しました。

そもそもZaifとは?取引所について

そもそも、Zaif取引所をご存知でしょうか。
Zaifはテックビューロ株式会社が運営しており、Etwingsという取引所をM&Aして始まった取引所です。
この Zaifは、積立投資を行うことができることで有名な取引所でしょう。
最近は、女優の剛力彩芽さんが起用されたCMでも更に知名度が広がっているようです。

剛力彩芽さんが起用されたZaifのCMはこちらです:

このZaif取引所については、コインオタクでも取引所比較等で紹介しております。
詳しい内容はこちらをご覧ください。

【初心者向け】コインオタク伊藤が解説!仮想通貨取引所比較:

【初心者向け】コインオタク伊藤が解説!仮想通貨取引所比較

この日本の取引所の中でも 知名度が高いZaifですが、今回事件が起きてしまった ようです。

Zaifがビットコインを0円で販売

仮想通貨取引所Zaifでエラーが生じ一時0円でビットコインを販売された疑いが起きているのです。

引用元:仮想通貨まとめ 仮想通貨ビットコインを何者かが470億円分購入|取引所Zaifでのエラーは本当なのか(2018年2月19日)より

どうやら、この Zaifで取引データにエラーが生じ、0円でビットコインを販売されていた疑い が発覚してしまったようです。
また、それを大量購入した人物がいたということで話題になりました。
そして、これに対して名乗りを上げてきた人物がいたのです。

麺屋銀次(メンメン)氏、2246兆円儲かる

名乗りを上げた人物というのが、 麺屋銀次ことメンメン氏 です。
実際、この時ビットコインとモナコインが0円で販売されていることに気づき、本当に売買できるか試した結果、できてしまったことにとても驚いたようです。これはおかしいと気付きすぐにZaifに問い合わせたとのことでした。

その時の証拠として残していた動画というのがこちらです:

この事件に対する世間の反応

さて、それではこの麺屋銀次(メンメン)氏に対してやZaifに対して、世間ではどのような反応を見せているのでしょうか。

世間の反応としては、まずは2246兆円儲かったということで、麺屋銀次(メンメン)氏に対して称賛の声が上がってました。
これは、メンメン氏には申し訳ないのですが、あくまで冗談まじりの称賛の声でもある気が致します。

それから、アカウントロックがかかったにも関わらず、問い合わせても連絡がとれなかったことに対しては、Zaifの対応が悪いという非難の声もありました。確かに、何かしらの事情説明などはあっても良かった気がします。謝罪などもまったくなく、連絡が取れなかった時間は、メンメン氏も不安だったに違いありません。

そして、何よりも的を得た意見というのが、今日本には、国の借金が1062兆円あると言われていますが、これを全て返却できるという意見も多数ありました。本当であれば日本は救われます。まさしく妥当な世間の声だと感じました。
しかし、だからこそ2246兆円という数字は大変不可解な数字であり、そもそも、 ビットコインは発行上限が2100万BTCと決められていますが、21億BTCというのがありえません でした。

2246兆円事件の結末とこれから

2018年2月16日夕方頃、当社サービスである「簡単売買」上の価格計算システムに不具合が生じ、ゼロ円で仮想通貨の売買が出来る状態が発生しましたこと、また、それに伴い板情報が異常値を示したことに関して、お客様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしたことを、深くお詫び申し上げます。

引用元:Zaif公式サイト 16日に発生した異常値の表示に関するお詫びとご報告(2018年2月20日)より

この事件の結末としては、2月20日に公式サイトからも謝罪がありました。
まず改めて事件の経緯として、価格計算システムの不具合によりゼロ円で仮想通貨の売買ができてしまっていたことが発覚しました。
そして次に、その状態で7名程のユーザーが0円で仮想通貨を購入してしまったようです。

しかし、Zaif側は、このシステムの不具合は、発生中から即時修正対応したとのことでした。
また、このユーザーの残高データについても無事修正が行われた模様です。
結論、コインチェックのような大きな事件にはならずに済んだということでしょう。

しかし、このような事件が起こるたびに、仮想通貨の相場にも影響が出ています。
なによりも、 このような事件が仮想通貨の心象を悪くしてしまう ようにも感じます。
今回ような事件が今後は絶対に起きないように真摯に受け止めて頂き、安全に仮想通貨の投資を楽しめるようにしてほしいと思います。

Zaifについてもっと知りたい方はこちら

国内取引所についてもっと知りたい方はこちら

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 2246兆円儲かる!?Zaifがビットコインを0円で販売COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。