0C:Coincheck(コインチェック)

No tags for this post.

【仮想通貨で配当生活?】コインチェックによるLiskのステーキング報酬額が判明

今月の15日に仮想通貨Liskのステーキングサービス開始を発表したコインチェックが、第一回目のステーキング報酬額を発表しました。

日本で初となるステーキングサービスだったので、Liskを持っていない人達からも注目をされていた今回の報酬額。

一体いくらになったのでしょうか。

 

初回のステーキング報酬額は総計2,251.9LSK

こちらの記事で紹介させて頂きましたが、仮想通貨取引所コインチェックは今月の15日に、日本初となるLiskのステーキングサービスを開始しました。

ステーキングサービスとは、簡単に説明すると株の配当のようなシステムです。

仮想通貨取引所に該当の仮想通貨を預けていると、預けた枚数に応じた報酬を獲得することができます。

今回はLiskが対象だったので、コインチェックの取引アカウントに10LSK以上預けているユーザーは報酬を貰えたようですね。

そして、気になるのはその報酬額。

コインチェックの発表によると、今回得られた報酬は2,251.9LSK(約18万円相当)とのことでした。

https://twitter.com/coincheckjp/status/1219817109246464000

コインチェックとユーザーの分配率は半々なので、約1100LSK程がユーザーに分配されたようですね。

 

年利は意外と渋い?

報酬額の合計は約18万円にのぼりますが、そこからコインチェックと取り分を分けて、更にユーザー同士で分配をするといくら手元に来るのでしょうか。

実際にLSKの分配を受け取った方を調査してみました。

すると、どうやら1000LSKのステーキングでおおよそ0.034LSKの報酬が得られたようです。

年利にすると、0.17%といったところになりますね。

株の配当でも1%~3%の利回りが一般的なので、相当渋い結果となりました。

とは言え、まだ1回目の結果しか情報がありませんので、今後配当率が変わってくる可能性はあります。

しかし、劇的に変わるということは考えにくいので、ステーキングサービスはあくまでおまけと考えていた方が良いですね。

 

今後の展開に期待

Liskのステーキングサービスが成功することによって、今後の仮想通貨の在り方に変化が訪れます。

コインチェックやLiskに続いて、他の取引所や色んな通貨でステーキングサービスが行われるようになれば、配当を目的として仮想通貨に投資するユーザーも出てくるでしょう。

そして新規ユーザーの増加によって、仮想通貨全体が盛り上がってくると考えられます。

要はステーキングサービスの実用化によって、仮想通貨に新たな価値が生まれるわけですね。

現在、仮想通貨は決済利用だけでなく、スマートコントラクトや企業利用といった様々な分野で活用できるよう研究が進められています。

そこに更に配当要素が加わることによって、より多様な使い方・運用方法が見つかることでしょう。

 

まとめ

今回は日本初のステーキングサービスが実施されたLiskの配当についてまとめてみました。

結果としては、1000LSK(約80,000円相当)のステーキングでおおよそ0.034LSK(約2.72円)というなかなか渋い報酬になってしまいましたが、仮想通貨で配当金を受け取れる実績ができたことは、仮想通貨業界にとって大きな希望になったことでしょう。

そして、まだ1回目の報酬しか確定しておりませんので、今後配当率が伸びていく可能性もあります。

この先、他の通貨でもステーキングサービスが実施される可能性は十分ありますので、Liskを持っていないユーザーも今後の報酬に注目しておくと良いかもしれませんね。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックが日本初のステーキングサービスを開始

9日、国内最大手の取引所「コインチェック」が、Liskのステーキングサービスを開始しました
ステーキングサービスの提供は日本国内では初となります。
この発表による影響で、Liskの価格は一時的に40%高騰しました

要点

Liskのステーキングサービスが開始されたことによる他の通貨への影響は?
日本初のステーキングサービスの発表により、仮想通貨に新たな可能性が生まれました。
ステーキングサービスの影響によって、仮想通貨界にどのような変化が起こるのでしょうか。

ステーキングサービスとは?

ステーキングとは、いわゆる利息のようなシステムです。

ステーキングサービスの利用者が保有している仮想通貨を、取引所側が運用することによって利益を出し、その一部をサービス利用者に還元しています。

今回はLiskが対象なので、コインチェックの口座でLiskを保有していることによって、毎週水曜日に保有量に応じた報酬が付与されるようです。

Liskは、ブロックの生成・承認者だけではなく、投票者にも報酬が支払われる仕組みとなっています。

コインチェックは、その投票を顧客から預かったLiskを使うことによって有利に進められると考え、今回のステーキングサービスを実施したようです。

 

ステーキングサービスによる他の仮想通貨への影響は?

コインチェックのステーキングサービスは現時点では実証実験の段階だそうですが、もしこれが成功したとなると今後は他の取引所もステーキングサービスを導入してくるようになるでしょう。

そうなると、投資家達はステーキングされる可能性も見越して投資をするようになってきますので、仮想通貨業界から見るといい流れが来ていると考えられます。

また、今までは仮想通貨の長期保有は意味のあるものではありませんでしたが、ステーキングによって長期保有をするメリットが生まれてきます。

これは仮想通貨を手放すユーザーが減る要因にもなりますので、価格の安定にも繋がることでしょう

仮想通貨を保有しているだけで収益が発生するというシステムは、仮想通貨に新たな価値が生まれたといっても過言ではない為、この先の仮想通貨業界に良い結果をもたらすかもしれませんね。

 

今回のステーキングサービスの対象者

https://platform.twitter.com/widgets.js
今回のステーキングサービスは、コインチェックの取引アカウントに一日平均10LSK以上保有しているユーザーもしくは、貸出中でないLiskを一日平均10LSK以上保有しているユーザーが対象となっています。

9日時点の価格で1LSKが約70円となっていますので、約700円ほどの保有で対象者になることが可能です。

かなり敷居の低い設定なので、相当数のユーザーが参加すると想定されるでしょう。

報酬の付与は毎週水曜日に行われるようなので、対象となるユーザーは月4回報酬を受け取ることが可能です。

現時点では保有量に対してどれくらいの報酬が付与されるか判明していませんので、来週の水曜日の報酬によってLiskの値段がまた動くことになるでしょう。

 

まとめ

9日、国内最大手の取引所「コインチェック」よりLiskのステーキングサービスの実施が発表されました。

この影響でLiskの価格は暴騰し、仮想通貨の保有によって収益を得られるという新たな可能性が仮想通貨に生まれました。

現在はまだ実験の段階ではありますが、ステーキングサービスが成功することによって、仮想通貨業界は大きく前へと進むことができるでしょう。

そして、ユーザーはステーキングを価格に考慮するようになるので、価格の上昇も見込めるようになってきます。

尚、ステーキングサービスが有効なのはコインチェックのみとなっています。

他の取引所で保有していても報酬は発生しませんので、注意しておきましょう。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックが2020年3月13日にレバレッジ取引終了。影響や背景は?

12月16日、コインチェックは2020年3月13日正午でのレバレッジ取引終了を明かしました。

発表の詳細やユーザーへの影響、背景などを解説します。

要点

・コインチェックがレバレッジ取引打ち切りへ
コインチェックがレバレッジ取引終了を明かしました。発表内容やユーザーへの影響、レバレッジ規制という背景などを解説します。

 

コインチェックがレバレッジ取引から撤退

コインチェックは2020年春にレバレッジ取引を停止します。

 

コインチェックの発表内容

12月16日に行われた同取引所の発表によると、2020年3月13日12時をもってレバレッジによる仮想通貨の売買ができなくなるとのことです

国内で人気の仮想通貨取引所の多くはレバレッジ取引を展開しています。

証拠金を取引所の口座に預けるだけで、その倍数分を仮想通貨売買の予算にできるため、一攫千金のチャンスを夢見たユーザーも多くいるでしょう。

コインチェックが今回の発表にいたった理由は明らかになっていませんが、ユーザーにとってはサービス終了までに必要な対応が出てきました。

 

ユーザーが取るべき対応は?

終了期日である2020年3月13日12時までに、コインチェックのユーザーはすべてのレバレッジ取引の精算などで対応する必要があります

現在、買いや売りのポジションを持っている人でも、終了期日までに決済を済ませなければなりません。

レバレッジアカウント内に日本円など法定通貨を残しているユーザーも考えられますが、この場合も通常取引用に移行する必要があります。

コインチェックの発表によると、期限までに必要な手続きをしていなかった分は、取引所側から通常アカウントへの振替などで対応するとのことです。

取引所側によるレバレッジを使った売買の自動決済を意味しており、これにより大幅な損失を受けても自己責任になるので注意しましょう。

 

仮想通貨業界では2020年春にレバレッジ上限が2倍に?

コインチェックからレバレッジ終了の理由は明かされていません。しかし背景として日本国内の仮想通貨業界におけるレバレッジ取引への風当たりが考えられます。

2020年春の金商法改正により、仮想通貨取引で可能なレバレッジは最大2倍になるという情報があります。

金融庁の審議会に参加し、レバレッジ2倍を提案したという麗澤大学経済学部教授・中島真志氏が真意をツイートしています。アメリカやヨーロッパなどの仮想通貨に関係した規制を参考にしてもらうための主張のようです。

もともと2018年後半からJVCEA(日本仮想通貨交換業協会)がレバレッジの最大倍率を4倍にするよう各取引所に自主規制を呼びかけていました。

しかし2020年春の改正でさらに規制が厳しくなる可能性が出ています

コインチェックもこのような背景を受けて、先手を打つ形でレバレッジ廃止に踏み切ったように考えられます。

 

まとめ

2020年3月13日正午をもってコインチェックはレバレッジ取引を廃止します。

日本国内の仮想通貨業界におけるレバレッジへの規制厳格化が背景と考えられます。

現在コインチェックでレバレッジ取引を行っているユーザーは、終了期日前の決済などの対応が必要です。

対応が遅れたことで大損にならないよう注意しましょう。

coincheck

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』がコインチェックとコラボ実施

11月28日に、ブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』が人気仮想通貨取引所である「コインチェック」とコラボレーションキャンペーンを行うと明かしました。仮想通貨取引所と手を組むことで、ブロックチェーンゲームの知名度拡大への期待が高まります。

今回のコラボレーションの詳細とクリプトスペルズのゲーム内容を述べます。

要点

・クリプトスペルズがコインチェックとコラボレーション
ブロックチェーンゲームのクリプトスペルズが仮想通貨取引所のコインチェックとタイアップを行います。今回の報道の詳細と同ゲームの解説を行います。

 

クリプトスペルズとはどんなゲームか

クリプトスペルズは、クリプトゲームス株式会社が展開するカードゲームです。開発会社は東京都渋谷区が拠点で、小澤考太氏が代表取締役を務めています。

クリプトスペルズはブロックチェーンゲーム開発用プラットフォームであるDAppsによる製作を受けたゲームです。

カードはイーサリアム規格のプラットフォームの一種であるERC721規格でできており、ゲーム内のブロックチェーンに所有記録が載ります。

ゲーム内のマーケットプレイスなどを通じてカード売買なども行えます。

DAppsにありがちなイーサリアムやウォレットを必要とせず、ブロックチェーンゲーム初心者でもいきなり参入を行えるなど、気軽に臨めることもこのゲームの魅力です。

 

カードは発行枚数上限ありも、自由な取引が可能

クリプトスペルズ内で発行を受けるカードは枚数に上限を伴いながらも、ユーザーが自由に取引できます。

発行上限があるのはビットコインなど従来の多くの仮想通貨と同じです。しかし、ゲーム内のマーケットプレイスや、DApps系ゲームの資産取引所であるOpenSeaなどで自由な売買が可能です。

 

オリジナルカード入手、ほかのゲームへの流用など自由度が高い

このゲームに現れるカードは、ユーザーがオリジナルで発行を行えたり、ほかのゲームに使い回したりできます。

ユーザーはゲーム進行中に「カード発行権」を入手可能です。行使により権利のバーンが成立し、オリジナルカード発行に進めます。流通させればカードの売買手数料の半分はオリジナルカードを作ったユーザーのものになります。

クリプトスペルズ登場カードは、「MyCryptoHeroes」など6つのゲームと相互に使い回せます。自分が作ったオリジナルカードをほかのゲームで戦わせることも可能です。

以上のようなカードをめぐる自由度の高さが、ブロックチェーンゲームならではのロマンをそそるでしょう。

 

ゲーム内カードやAmazonギフト券が当たる

11月28日にクリプトスペルズはコインチェックとのコラボレーションを発表しました。目的はキャンペーンであり、以下の3種類を12月に展開予定です。

 

コラボキャンペーンは3種類

今回のコラボレーションキャンペーン期間は12月1日の正午から31日の正午です。それぞれの参加条件を満たしたユーザーに以下の特典が与えられます。

・参加条件クリアのユーザー全員に「クリスマス スノーマン(シルバー)」カード
・条件クリアのユーザーから抽選30名に「クリスマス スノーマン(ゴールド)」カード
・キャンペーンツイートをリツイートしたユーザーから抽選20名に「Amazonギフト券2000円分」

キャンペーンの参加条件は対象期間内にクリプトスペルズを始めている必要があります。

該当ユーザーのうち、コインチェックでイーサリアムを購入または入金し、クリプトスペルズで使用中のウォレットに入れているとキャンペーンの対象になります。

0.1ETH以上分のSPLと呼ばれるゲーム内通貨を購入し、特設フォームにコインチェックとクリプトスペルズ両方のユーザーID申請でキャンペーン参加成立です。

これで「クリスマス スノーマン(シルバー)」カードは最低限手に入り、抽選結果次第でほかの特典にもあやかれる可能性があります。

 

まとめ

クリプトスペルズはゲーム単体でもカードの扱いの自由度が高いことなどでユーザーから好評を受けているようです。

コインチェックは仮想通貨の初心者から上級者まで人気の高い取引所なので、今回のコラボキャンペーンをきっかけにクリプトスペルズをはじめブロックチェーンゲームを試してもおもしろいでしょう。

クリプトスペルズまたはコインチェックのユーザーは、もう一方もユーザー登録してキャンペーンに臨んではいかがでしょうか。

coincheck

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェック、家計簿アプリとの提携発表。登録者数増や親会社の決算も

最近、コインチェック周辺の動きがあわただしくなっているようです。

コインチェックは28日、大手家計簿アプリ配信会社の「Zaim」(ザイム)と提携することを発表しました。家計簿アプリのZaimを紹介しつつ今回の提携内容について解説します。

同社では、最近の登録者数増加や親会社のマネックスグループが決算を迎えたことも報じられています。コインチェックに関する各報道から今後の展望を解説します。

要点

・コインチェックが家計簿アプリと提携、登録者数増加なども明らかに
コインチェックに関するニュースが多く見られました。家計簿アプリ「Zaim」との提携が発表され、同時期に報じられた登録者数増加や親会社の決算から今後の展望を述べます。

 

コインチェックと提携する家計簿アプリ「Zaim」とは?

コインチェックは28日、大手家計簿アプリ配信会社の「Zaim」と提携することを発表しました。Zaimは日本最大手の無料で使える家計簿・レシート管理アプリとして有名です。

Zaimはダウンロード数が800万を超え、家計簿アプリのメッカとして多くの人に愛されています。

お店などから取ってきたレシートや領収書を撮影で記録したり、食費や交通費などの各種支出をグラフなどでデータ化し、自身の生活状況をチェックできます。

約1,500もの金融機関のデータを取り入れることもでき、銀行口座などを自動的に管理してもらえるのもポイントです。

今まで書いてまとめるのが面倒だった人でも、スマートフォンひとつで楽に支出や残高の管理ができるので、画期的なアイデアとして人気が高まっています。

 

Zaimとの提携でコインチェックはどうなる?

今回の提携により、コインチェックではZaimで資産管理ができるようになりました

Zaimではコインチェックの口座にある入金・換金済みの現金残高から始まり、同取引所における仮想通貨ごとの保有量に応じた相当金額がチェックできます。現金・仮想通貨・レバレッジ取引の証拠金を通算した総合評価額も見れます。

ただしコインチェックの口座に保有している分だけが対象ですので、ウォレットに仮想通貨などを入れているとその分はZaimに反映されないので注意しましょう。

コインチェックにログインし、アクセスキーおよびシークレットアクセスキーと呼ばれる2つのAPIキーを設定しましょう。Zaimの方でコインチェック側の2つのキーを連携させることでコインチェックの口座情報を開けます。

人気家計簿アプリでコインチェックの口座もチェックできるため、ほかの資産状況と合わせて管理できれば便利でしょう。

 

コインチェックの未来は明るいか?登録者数増も取引収益は減少傾向

コインチェックでは最近、登録者数が増えていますが、取引による収益は減少傾向という対照的な現象が起きています。同取引所の今後は明るいのでしょうか。

 

登録ユーザー数は増加中

コインチェックの登録ユーザー数は最近増加しており、9月末時点で190万を超えています。前回の決算時期である6月末から6%を超える上昇率です。

同取引所から配信されているアプリは262万ダウンロードを超えるなど、運営の順調さがうかがわれています。

今回のZaimとの提携もあり、コインチェックの注目度はますます高まるでしょう。

 

取引による収益は減少中も今後盛り返す?

28日、マネックスグループで決算が行われました。対象時期は2020年3月期第2四半期と呼ばれていますが、これは2019年の7-9月期を意味します。

同年の3月期第1四半期である4-6月でコインチェックはマネックスグループ買収後初の黒字決算を実現しており、2018年初頭のネム流出事件の汚名返上となっています。

今回の決算では、取引による収益が前回より40%減少していることが明らかになっています。8月~9月に度々発生したビットコインなど多くの仮想通貨の暴落が影響しているようです。

しかし10月下旬に起きた各仮想通貨の爆発的上昇は、コインチェックの増加するユーザー数とともに、取引高のアップに貢献する可能性があります。

コインチェックの今後の動向が注目されます。

 

まとめ

コインチェックは大手家計簿アプリとの提携が決まり、登録者数が上昇するなど明るいニュースが続いています。10月下旬の仮想通貨の爆発的上昇もあり、取引高アップなど今後の発展が注目されるところです。

 

コインチェック公式サイト

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社がCM公開!イメージアップキャンペーンを本格化か

人気仮想通貨のリップルが、ブランド認知度向上を目的としてCM放映を開始しました。

リップルが展開するキャンペーンの詳細を紹介します。

要点

・リップルがCMなどのイメージアップキャンペーン開始
リップルがCMを公開するなど認知度向上キャンペーンを本格化させたと発表。その詳細を解説します。

 

リップル社のCMとは?

米リップル社のCMがYou Tubeの公式アカウントで公開されています。2カ国ではすでにテレビでも放映されているとのことですが、どの国かはまだ公表されていません。

以下がCM動画です。

CMはリップル社が展開する送金システムの高速性を強調したもので、様々な場面でお金が速く送金されることで助かる人々が描かれています

親近感のある場面を重ねた独創的なクオリティを面白いと感じる人も多いでしょう。

CMの終盤では、「Powering Global Payments for All」(全世界の国際送金に力を与える)というキャッチコピーが示されています。「power」は「力」という意味でよく知られていますが、転じて動詞で「力を与える」という意味もあります。

リップルが今の送金という文明に新しい力を与え、ローコストかつスピーディな活動を実現する結果、人々が便利にお金を動かせるようにとの願いが込められています。

リップルの力で送金システムが便利になれば、お金の流れも今より活発化し、経済発展も夢ではないでしょう。リップルのCMはその将来性を前面に押し出しているように感じられます。

最後には提携企業としてイギリスの送金企業「トランスファーゴー」、スペインの銀行「サンタンデール」、アメリカの送金企業でケニア、タンザニア、ジンバブエなどグローバルに送金サービスを提供する「マネーグラム」と世界的なグループの名前が出ています。

 

リップルにおけるほかの認知度向上への取り組みは?

ほかにリップルが認知度向上としてどんなキャンペーンを予定しているかは、現時点では不明です。

しかし、コミュニティがリップルに関わるハッシュタグを拡散していたり、11月にリップル社のカンファレンスである「SWELL」が予定されていたりして、新たな発表が期待されます。

 

コミュニティもリップルの地位向上に協力している?

リップルのユーザーである「リップラー」により、#runsonrippleというハッシュタグがTwitterを中心に拡散されています。SNSにおけるリップルの影響力の高さがうかがわれます。

以下が#runsonrippleを伴ったツイートの代表例です。

日本のリップラーの多くもキャンペーンを本格化させたリップルの動向に注目しているようです。

特に日本では仮想通貨取引所のbitbankがリップルの取引量で世界一を記録したこともあり、リップルに対する理解度は元々高いと考えられます。

コインチェックやGMOコイン、DMMビットコインなど、国内では多くの取引所でリップルが扱われています。

今回のキャンペーンを機に、リップルの取引がさらに活発になれば、日本でも認知度がますます上昇するでしょう。

 

間もなくSWELL開幕。新たなイメージアップ戦略は語られるのか

2017年からリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が開催されています。2019年は11月7~8日の2日間開催です。会場はシンガポールで、完全招待制とのことです。

しかし、SWELLでの公式発表は多くの仮想通貨メディアでニュースとなっているので、日本でも動向が注目されています。

今回のイベントではリップル社がCMを放映した意図や経緯が語られると思われます。CM以外のイメージアップキャンペーンに関する公式発表も行われるのではないでしょうか。

リップルがどのような形でメディアを味方につけ、新たなリップラーを増やすのか、今から興味深いところです。

 

まとめ

リップルのCM放映は、世界中のリップラーをはじめ多くの仮想通貨ユーザーを驚かせたことでしょう。

11月には恒例となったカンファレンスSWELLが開催されることもあり、認知度向上をめぐる新たな公式発表も待たれるところです。

SWELLをきっかけにリップルの価格上昇も期待され、一連のプロモーションの効果が注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

マネックスがコインチェックの口座を持つ株主にビットコイン500円分配布を計画!

ビットコイン

9月24日、株式投資の大手であるマネックスグループが、仮想通貨取引所であるコインチェックの口座保有をはじめ一定条件を満たした株主に対し、ビットコイン500円分を配布する優待サービスを発表しました。

2020年4月上旬から実施するとのことです。マネックスグループとコインチェックの関係性を交えながら、株主優待の内容を解説します。

要点

・マネックスがビットコイン500円分配布の株主優待を計画
マネックスグループが日本円で500円相当のビットコインを配布する株主優待を発表。条件には傘下グループであるコインチェックの口座保有などが設けられる予定です。

 

マネックスグループのビットコインによる株主優待とは?

株式投資の大手であるマネックスグループは株主優待のサービス内容にビットコインを利用する決定を下しました。

仮想通貨と株式投資は同じ資産運用によく使われる分野です。マネックスグループも2つのジャンルのリンク性に注目し、株主優待に仮想通貨を関連づけることで、資産形成の多様化を狙っているようです。

マネックスグループから株主優待として配布されるビットコインは日本円にして500円分で、2020年4月からサービス開始予定とのことです。

ビットコインの価格は24時間365日秒ごとに変動するため、最終的な数量は神のみぞ知る状態ですが、いずれにしても配布されたビットコインは、値上がり後に売って利益にできます。

それ以外にも、店舗やネットショップでのちょっとした代金の決済に使ったり、ビットコインでほかの安い仮想通貨の購入も可能です。

今回の株主優待を受けられる条件は、9月30日時点で株主名簿に記載され、翌年3月末までにコインチェックに口座を開いていることです。

株主優待の申し込みはコインチェックで開かれる予定の特設ページからできるとされています。

マネックスグループではこれまで、100株以上の同グループの株式をマネックス証券に預けている株主に「マネックスポイント」を与える株主優待も知られていました。

今回ビットコインを使った株主優待を追加することで、株式投資者と仮想通貨投資者の交流も期待できるでしょう。

 

マネックスグループはコインチェックにとって恩人的存在である

マネックスグループの株主優待にコインチェックが関係するのは、同グループがコインチェックを救済した恩人的存在だからです。コインチェックは現在、マネックスグループの傘下として活動しています。

コインチェックは2012年8月に東京都渋谷区を拠点に設立された仮想通貨取引所です。初心者でも使いやすいレイアウトが人気でした。

加えてビットコイン、イーサリアム、リップルのようなメジャー系だけでなく、ネム、ファクトム、ジーキャッシュなど国内ではレアな仮想通貨まで取引できることで利用した人もいるでしょう。

しかし2018年1月にコインチェックはハッキングを受け、ネムが約580億円相当も流出する被害を受けました。ユーザーの信頼を一気に失ったコインチェックは一時営業停止に追い込まれます。

2018年4月にマネックスグループがコインチェックを買収する形で救済に乗り出しました。

マネックスグループとの提携でセキュリティ体制などを見直したコインチェックは、同年10月30日より段階的にサービスを再開していき、2019年1月11日に一度取り消された金融庁からの仮想通貨交換業者認定を再び受けました。

以上の背景からマネックスグループは株主優待サービスにコインチェックを結びつけ、株式と仮想通貨のリンクを強めようとしているようです。

 

まとめ

マネックスグループはコインチェックへの口座開設などを条件に、日本円で500円相当のビットコインを配布する株主優待サービスを2020年4月から開始予定です。

コインチェックが株主優待に協力する背景には、マネックスグループがコインチェックのハッキング被害による経営危機からの救済が関係しています。

コインチェックはマネックスグループの提携効果からか、ネム流出事件前よりもセキュリティ体制が強化され、現在では従来どおり初心者でも使いやすい取引所として人気を取り戻しています。

マネックスグループおよびコインチェックの今後の活躍が期待されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所を簡単に選べる?診断ツールが「コイン相場」よりスタート

仮想通貨情報・取引アプリ「コイン相場」は8月30日、取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」のリリースを発表しました。コイン相場から自身の理想である仮想通貨取引所を選ぶための判断基準をチェックできます。

コイン相場が取り扱う取引所診断ツールの内容や考えられる背景を解説します。

 

要点

・コイン相場が取引所診断ツールを開始
仮想通貨情報・取引アプリのコイン相場が8月30日に取引所診断ツールをリリースしました。これにより理想の仮想通貨取引所が選びやすくなったと考えられます。

 

取引所診断ツールの内容は?

コイン相場から取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」がリリースされたことにより、仮想通貨初心者でも理想の取引所選びがしやすくなりました。

これまでの取引所選びでは、知名度やインターネット記事の情報を基準にすることが多かったでしょう。

しかしそれでは、知名度が高くても登録後に使いづらいことがわかったり、情報が偏ったまま取引所を選ぶことで、本当に自分に合ったものを発見できないことが考えられました。

以上のようなことを防ぐためには、コイン相場が展開する取引所診断ツールを利用するといいでしょう。

「ぴったり仮想通貨取引所診断」では、最大5項目を基準に、おすすめの取引所を教えてくれます。仮想通貨の投資経験や投資スタイルなどに関する選択制の質問に答えるだけで、理想の取引所がわかります。

コイン相場が展開する取引所診断ツールは、PCとスマホ両方から利用可能です。これから仮想通貨への参入を考えていたり、投資活動の発展のために2ヶ所目以降の取引所に登録したい場合はぜひ活用してみませんか。

 

背景には取引所の環境変化が考えられる

仮想通貨取引所診断ツールが生まれるようになった背景には、取引所を運営する交換業者を取り巻く環境の変化が考えられます。

2019年8月30日現在、日本国内だけでも仮想通貨取引所は18ヶ所が活動しています。取引所によって使いやすさや手数料、取り扱う仮想通貨の数や種類など様々な要素が異なります。なかには仮想通貨取引所自体の環境が変化したケースもあります。

2019年だけでも仮想通貨取引所に大きな動きが見られています。まず1月11日にコインチェックが金融庁から正式な仮想通貨交換業者として再認可を受けています。

コインチェックは2018年1月にネムなどが流出する大規模なハッキング被害を受け、一度金融庁から認可を取り消されていました。

同年4月のマネックスグループ買収を受け大幅に経営体制を刷新し、セキュリティ強化などの努力をした結果、金融庁から再びのお墨付きをもらったのです。

加えて3月25日には、楽天ウォレットとディーカレットという新規の仮想通貨取引所が金融庁から認可を受けています。

特にディーカレットは伊藤忠商事、JR東日本など19社もの有名会社の出資を受けているなど、仮想通貨取引所史上類を見ないバックグラウンドの強さなどが注目を集めています。

一方で業界を去った交換業者もいます。2019年8月22日をもって、Zaifの元運営者であったテックビューロが廃業を発表しています。

このように仮想通貨交換業者が入れ替わるなか、安心して長く使える取引所を探すためには「ぴったり仮想通貨取引所診断」のようなツールは貴重と考えられます。

Q&Aに正直に答え、おすすめされた仮想通貨取引所を吟味してみましょう。

 

まとめ

コイン相場では現在、「ぴったり仮想通貨取引所診断」というツールが利用できます。

最大5つのQ&Aに答えるだけで、ユーザーに合った取引所をおすすめしてもらえます。

特に2019年は取引所をめぐる動きが大きかったため、これから仮想通貨に参入する人は、以前よりも慎重な判断に基づいた選び方が求められます。

診断結果を参考に、自身にとって使いやすい取引所を探してみましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所コインチェック 10月末からレバレッジ率を4倍へ変更

 

コインチェックが8月30日にレバレッジ変更に関するお知らせを発表しました。

レバレッジ5倍から4倍へ

仮想通貨取引所コインチェックは、

10月31日14:00以降(予定)でレバレッジ率を5倍から4倍へ変更する旨を発表しました。

その際、利用している方はいくつか注意しておく事があります。

 

レバレッジ変更に伴う注意点

レバレッジ変更により、以下の2点を注意しておく必要があります。

 

①:未約定のレバレッジ新規注文がある場合

2019年9月30日14:00 以降(予定)に注文をキャンセルされます。

②:ポジションを持っている場合

倍率変更後に証拠金維持率が 50% を下回るとロスカットが発生します。

証拠金維持率を再度確認し、必要に応じて証拠金の追加、またはポジションの縮小する等で調整を行わなければなりません。 

証拠金維持率の確認方法: https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/37

参照元

特に気を付けておくべき事は、

倍率変更後の証拠金維持率に関する部分かと思います。

 

倍率変更が行われるのは10月末の“予定”である為、

変更時期が前後する可能性があります。

早めの対策を心がけておきましょう。

 

その他注意事項として、

現在、コインチェックでのレバレッジ取引の新規注文は停止している為、

レバレッジ取引が出来ない方はエラー等ではない事をご確認ください。

まとめ

今回は証拠金維持率次第でロスカットが発生する可能性がある内容の発表でした。

10月末に変更される予定ですが、

対策が必要な方は早めの対応を心がけておくことをオススメ致します!

 

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、リップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッキング被害のZaif前運営会社廃業・立ち直ったコインチェックとの違いは?

当サイトでも既報のとおり、Zaifの元運営会社であったテックビューロが22日に廃業を表明しました。

国内で初めて起きた仮想通貨交換業者の廃業は多くの仮想通貨ユーザーを動揺させているでしょう。

一部報道はテックビューロの廃業要因としてZaif運営時の仮想通貨流出被害をあげています。

しかしコインチェックのように、過去に大規模な仮想通貨流出被害を受けながらも新しい体制で信頼を回復した仮想通貨交換業者もあります。

ハッキング被害から立ち直ったコインチェックと、立ち直れなかったテックビューロの違いはどこにあるのでしょうか。

要点

・ハッキング被害から立ち直った仮想通貨交換業者
ハッキング被害から信頼を回復した仮想通貨取引所の例を紹介し、回復できないまま廃業したテックビューロ社との違いを解説します。

過去にハッキング被害から回復したコインチェック

ハッキング被害から立ち直った仮想通貨取引所に、コインチェックがあります。

かつてないビットコインバブルに世間が注目していた2018年1月26日、コインチェックはハッキングを受け、ネムを中心に約580億円相当の仮想通貨が流出する被害に見舞われました

この結果コインチェックは金融庁により業務改善処分を受け、警視庁の捜査も入り、自民党からヒアリングを受けるなど世間を騒がせることになります。

当然事件発覚後は取引をはじめすべてのサービスを停止する事態となりました。

仮想通貨はまだまだ社会的に歴史の浅い分野です。これだけの大事件で信頼を失ってしまうと、再開への道のりはかなり厳しいことが想像できるでしょう。

しかしコインチェックは事件を乗り越え、現在は通常通りの運営を続けています。

 

マネックスグループの買収を機に復活

コインチェックは事件後の2018年4月16日にマネックスグループの買収を受けました。

セキュリティを含めた管理体制を大幅に見直し、同年10月30日に新規登録および一部上場仮想通貨の入金、取引を再開したのを皮切りに、サービス体制を元通りに戻していきました。

2019年1月11日、コインチェックは事件で取り消されてしまった金融庁からの仮想通貨交換業者認定を取り戻したのです。

また、事件後のコインチェックの対応も信頼回復の要因とされます。

コインチェックは事件直後の2018年1月26日にネムの不正流出を公表しました。同年3月8日に1月29日に続いて2度目の業務改善命令を受け再度記者会見を行い、ネムの補償やセキュリティ強化、経営体制などの見通しについて説明しました。

このように被害者に対し最大限真摯に向き合う姿勢も、後のマネックスグループの救いの手や現在の信頼回復につながったのでしょう

 

テックビューロはなぜ立ち直れなかったか

テックビューロはZaifを運営していた2018年9月18日に仮想通貨流出被害に見舞われました。被害額は約67億円相当とされます。

しかし、テックビューロは事件発覚後もホームページ上でコメントを出すのみと限定的な対応に終始し、記者会見を行うこともありませんでした。

またコインチェックが事件発覚から間もなく記者会見などのメディア対応を行ったのに対し、テックビューロは18日にハッキング被害を受けながら、事実を公表したのは20日未明と対応が後手に回っていました。

金融庁から3度にわたる業務改善命令を受けた後、2018年11月22日にフィスコ仮想通貨取引所にZaifの運営権利を譲渡しています。

相応の責任も果たさないまま事業を譲渡してしまうという行動に悪印象を受けたユーザーも多いでしょう。

最終的にテックビューロは信頼回復を果たせないまま、今回の廃業に至ってしまいました。

 

まとめ

テックビューロは2019年8月22日をもって仮想通貨交換業者としての幕を閉じました。

Zaifを運営していた2018年9月の仮想通貨流出事件をめぐる対応のまずさが悪印象を与え、信頼回復への道を閉ざしたことも考えられます。

同じハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者でもコインチェックは事件直後からユーザーやメディアに積極的に情報を発信し信頼回復に努めました。マネックスグループの傘下に入るなど経営体制を大きく見直したことも大きいでしょう。

ハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者が立ち直るカギは、事件後の対応への尽力と、経営体制の丁寧な見直しと考えられます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【最大¥20,000】コインチェックが期間限定キャッシュバックキャンペーンを開催中!

国内大手の人気仮想通貨取引所「coincheck」(コインチェック)で、新規登録者を対象としたキャッシュバックキャンペーンが開催されています!

4月12日(金)まで!ビットポイントで「リップル」が貰える「平成最後のキャンペーン」!

[campaign-coincheck] [ex-jp-Coincheck] [aside type="boader"]

コインチェックについて詳しくはこちら!

[kanren postid="5173"][/aside]No tags for this post.

coincheck(コインチェック)が選ばれる3つの理由と特徴を解説

国内の取引所として、仮想通貨黎明期から運営を続けている「coincheck」(コインチェック)。

本記事ではコインチェックの特徴について解説していきます。
※ 本記事に掲載している情報は 2019年4月19日現在 の情報に基づいています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

コインチェックが選ばれる3つの理由

コインチェックがユーザーに選ばれている3つの大きな理由があります。

まずはその3つの理由から順番に見ていきましょう。

取扱い通貨数が豊富 - 11種類の仮想通貨を購入できる

コインチェックでは、国内最多となる「11種類」の通貨を扱っています。

日本国内の他の取引所で扱っている通貨は全て扱いがある上に、日本ではコインチェックでしか扱っていない通貨もあるので、通貨数に関してはコインチェックで完結できる程に豊富なラインアップとなっています。

[table id=5173-001 /]

他社と比較するとコインチェックの取扱い通貨数が多いことがわかります。

[aside type="boader"]
  • 他社がラインナップを増やす可能性
  • どの通貨の価格が伸びるか未知数
[/aside]

上記のことからも、あらかじめ多くの通貨を購入できる状態にしておくことは取引においても有利となるので、まだコインチェックに登録していない方はぜひ「取扱い数の多さ」という点からもコインチェックへの登録をおすすめします!

スマホ対応済み - 最短10秒で購入できる

コインチェックのスマホアプリは見やすく使いやすいので、仮想通貨に慣れていない人でも簡単に仮想通貨を購入することができます。

またコインチェックで仮想通貨を購入するのは簡単なわずか3ステップでOKです。

[aside type="boader"]
  1. 欲しい通貨を選ぶ
  2. 購入する金額を入力する
  3. 「購入ボタン」をタップする
[/aside]

他の取引所で扱っていない仮想通貨が欲しい経験者の方はもちろん、これから仮想通貨の取引を始めるという初心者の方にも使いやすく簡単な操作画面となっています。

いつでもすぐに価格チェックできる - 安心のウィジェット機能付き

コインチェックのスマホアプリのもう一つの魅力は見やすくとても綺麗な「ウィジェット機能」にあります。

設定するだけでホーム画面からすぐに仮想通貨の価格をチェックすることができるので、自分の保有している通貨·自分がよく取引している通貨の「最新の価格」がいつでもどこでもすぐに確認できます。

また、通貨の価格変動を教えてくれる「プッシュ通知設定」もできます。

自分の好きな通貨のみを選択してアプリをカスタマイズできるのも大きな魅力です。

[text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed]

コインチェックの特徴

次に、その他のコインチェックの魅力について見て行きましょう。

安心のセキュリティ

コインチェックでは、最新のセキュリティ体制でユーザーの資産を守っています。

コールドウォレット

全通貨のコールドウォレット化に対応しており、堅牢性の高いセキュリティが担保されています。

システム監査

国内外の複数の情報セキュリティ企業等を通して、情報システムの信頼性、安全性、効率性が保たれていることを確認しています。

2段階認証

ご利用にはメールアドレスとパスワードによる認証に加え、ご自身のスマートフォンを利用した2段階認証が必要なため、第三者は容易にアクセスできません。

金融大手「マネックスグループ」傘下の仮想通貨取引所

コインチェックは、オンライン証券の最大手の「マネックスグループ株式会社」に買収されグループ会社となっています。

上場済みの大手企業のグループ会社なので、他の単独で営業している取引所のように、急な経営破綻などの心配が少ないことも魅力です。

[table id=5173-002 /] [text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed]

コインチェックの評判まとめ

[text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed] [ex-jp-Coincheck]No tags for this post.