0C:Coincheck(コインチェック)

No tags for this post.

仮想通貨取引所を簡単に選べる?診断ツールが「コイン相場」よりスタート

仮想通貨情報・取引アプリ「コイン相場」は8月30日、取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」のリリースを発表しました。コイン相場から自身の理想である仮想通貨取引所を選ぶための判断基準をチェックできます。

コイン相場が取り扱う取引所診断ツールの内容や考えられる背景を解説します。

 

要点

・コイン相場が取引所診断ツールを開始
仮想通貨情報・取引アプリのコイン相場が8月30日に取引所診断ツールをリリースしました。これにより理想の仮想通貨取引所が選びやすくなったと考えられます。

 

取引所診断ツールの内容は?

コイン相場から取引所診断ツール「ぴったり仮想通貨取引所診断」がリリースされたことにより、仮想通貨初心者でも理想の取引所選びがしやすくなりました。

これまでの取引所選びでは、知名度やインターネット記事の情報を基準にすることが多かったでしょう。

しかしそれでは、知名度が高くても登録後に使いづらいことがわかったり、情報が偏ったまま取引所を選ぶことで、本当に自分に合ったものを発見できないことが考えられました。

以上のようなことを防ぐためには、コイン相場が展開する取引所診断ツールを利用するといいでしょう。

「ぴったり仮想通貨取引所診断」では、最大5項目を基準に、おすすめの取引所を教えてくれます。仮想通貨の投資経験や投資スタイルなどに関する選択制の質問に答えるだけで、理想の取引所がわかります。

コイン相場が展開する取引所診断ツールは、PCとスマホ両方から利用可能です。これから仮想通貨への参入を考えていたり、投資活動の発展のために2ヶ所目以降の取引所に登録したい場合はぜひ活用してみませんか。

 

背景には取引所の環境変化が考えられる

仮想通貨取引所診断ツールが生まれるようになった背景には、取引所を運営する交換業者を取り巻く環境の変化が考えられます。

2019年8月30日現在、日本国内だけでも仮想通貨取引所は18ヶ所が活動しています。取引所によって使いやすさや手数料、取り扱う仮想通貨の数や種類など様々な要素が異なります。なかには仮想通貨取引所自体の環境が変化したケースもあります。

2019年だけでも仮想通貨取引所に大きな動きが見られています。まず1月11日にコインチェックが金融庁から正式な仮想通貨交換業者として再認可を受けています。

コインチェックは2018年1月にネムなどが流出する大規模なハッキング被害を受け、一度金融庁から認可を取り消されていました。

同年4月のマネックスグループ買収を受け大幅に経営体制を刷新し、セキュリティ強化などの努力をした結果、金融庁から再びのお墨付きをもらったのです。

加えて3月25日には、楽天ウォレットとディーカレットという新規の仮想通貨取引所が金融庁から認可を受けています。

特にディーカレットは伊藤忠商事、JR東日本など19社もの有名会社の出資を受けているなど、仮想通貨取引所史上類を見ないバックグラウンドの強さなどが注目を集めています。

一方で業界を去った交換業者もいます。2019年8月22日をもって、Zaifの元運営者であったテックビューロが廃業を発表しています。

このように仮想通貨交換業者が入れ替わるなか、安心して長く使える取引所を探すためには「ぴったり仮想通貨取引所診断」のようなツールは貴重と考えられます。

Q&Aに正直に答え、おすすめされた仮想通貨取引所を吟味してみましょう。

 

まとめ

コイン相場では現在、「ぴったり仮想通貨取引所診断」というツールが利用できます。

最大5つのQ&Aに答えるだけで、ユーザーに合った取引所をおすすめしてもらえます。

特に2019年は取引所をめぐる動きが大きかったため、これから仮想通貨に参入する人は、以前よりも慎重な判断に基づいた選び方が求められます。

診断結果を参考に、自身にとって使いやすい取引所を探してみましょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所コインチェック 10月末からレバレッジ率を4倍へ変更

 

コインチェックが8月30日にレバレッジ変更に関するお知らせを発表しました。

レバレッジ5倍から4倍へ

仮想通貨取引所コインチェックは、

10月31日14:00以降(予定)でレバレッジ率を5倍から4倍へ変更する旨を発表しました。

その際、利用している方はいくつか注意しておく事があります。

 

レバレッジ変更に伴う注意点

レバレッジ変更により、以下の2点を注意しておく必要があります。

 

①:未約定のレバレッジ新規注文がある場合

2019年9月30日14:00 以降(予定)に注文をキャンセルされます。

②:ポジションを持っている場合

倍率変更後に証拠金維持率が 50% を下回るとロスカットが発生します。

証拠金維持率を再度確認し、必要に応じて証拠金の追加、またはポジションの縮小する等で調整を行わなければなりません。 

証拠金維持率の確認方法: https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/37

参照元

特に気を付けておくべき事は、

倍率変更後の証拠金維持率に関する部分かと思います。

 

倍率変更が行われるのは10月末の“予定”である為、

変更時期が前後する可能性があります。

早めの対策を心がけておきましょう。

 

その他注意事項として、

現在、コインチェックでのレバレッジ取引の新規注文は停止している為、

レバレッジ取引が出来ない方はエラー等ではない事をご確認ください。

まとめ

今回は証拠金維持率次第でロスカットが発生する可能性がある内容の発表でした。

10月末に変更される予定ですが、

対策が必要な方は早めの対応を心がけておくことをオススメ致します!

 

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、リップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッキング被害のZaif前運営会社廃業・立ち直ったコインチェックとの違いは?

当サイトでも既報のとおり、Zaifの元運営会社であったテックビューロが22日に廃業を表明しました。

国内で初めて起きた仮想通貨交換業者の廃業は多くの仮想通貨ユーザーを動揺させているでしょう。

一部報道はテックビューロの廃業要因としてZaif運営時の仮想通貨流出被害をあげています。

しかしコインチェックのように、過去に大規模な仮想通貨流出被害を受けながらも新しい体制で信頼を回復した仮想通貨交換業者もあります。

ハッキング被害から立ち直ったコインチェックと、立ち直れなかったテックビューロの違いはどこにあるのでしょうか。

要点

・ハッキング被害から立ち直った仮想通貨交換業者
ハッキング被害から信頼を回復した仮想通貨取引所の例を紹介し、回復できないまま廃業したテックビューロ社との違いを解説します。

過去にハッキング被害から回復したコインチェック

ハッキング被害から立ち直った仮想通貨取引所に、コインチェックがあります。

かつてないビットコインバブルに世間が注目していた2018年1月26日、コインチェックはハッキングを受け、ネムを中心に約580億円相当の仮想通貨が流出する被害に見舞われました

この結果コインチェックは金融庁により業務改善処分を受け、警視庁の捜査も入り、自民党からヒアリングを受けるなど世間を騒がせることになります。

当然事件発覚後は取引をはじめすべてのサービスを停止する事態となりました。

仮想通貨はまだまだ社会的に歴史の浅い分野です。これだけの大事件で信頼を失ってしまうと、再開への道のりはかなり厳しいことが想像できるでしょう。

しかしコインチェックは事件を乗り越え、現在は通常通りの運営を続けています。

 

マネックスグループの買収を機に復活

コインチェックは事件後の2018年4月16日にマネックスグループの買収を受けました。

セキュリティを含めた管理体制を大幅に見直し、同年10月30日に新規登録および一部上場仮想通貨の入金、取引を再開したのを皮切りに、サービス体制を元通りに戻していきました。

2019年1月11日、コインチェックは事件で取り消されてしまった金融庁からの仮想通貨交換業者認定を取り戻したのです。

また、事件後のコインチェックの対応も信頼回復の要因とされます。

コインチェックは事件直後の2018年1月26日にネムの不正流出を公表しました。同年3月8日に1月29日に続いて2度目の業務改善命令を受け再度記者会見を行い、ネムの補償やセキュリティ強化、経営体制などの見通しについて説明しました。

このように被害者に対し最大限真摯に向き合う姿勢も、後のマネックスグループの救いの手や現在の信頼回復につながったのでしょう

 

テックビューロはなぜ立ち直れなかったか

テックビューロはZaifを運営していた2018年9月18日に仮想通貨流出被害に見舞われました。被害額は約67億円相当とされます。

しかし、テックビューロは事件発覚後もホームページ上でコメントを出すのみと限定的な対応に終始し、記者会見を行うこともありませんでした。

またコインチェックが事件発覚から間もなく記者会見などのメディア対応を行ったのに対し、テックビューロは18日にハッキング被害を受けながら、事実を公表したのは20日未明と対応が後手に回っていました。

金融庁から3度にわたる業務改善命令を受けた後、2018年11月22日にフィスコ仮想通貨取引所にZaifの運営権利を譲渡しています。

相応の責任も果たさないまま事業を譲渡してしまうという行動に悪印象を受けたユーザーも多いでしょう。

最終的にテックビューロは信頼回復を果たせないまま、今回の廃業に至ってしまいました。

 

まとめ

テックビューロは2019年8月22日をもって仮想通貨交換業者としての幕を閉じました。

Zaifを運営していた2018年9月の仮想通貨流出事件をめぐる対応のまずさが悪印象を与え、信頼回復への道を閉ざしたことも考えられます。

同じハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者でもコインチェックは事件直後からユーザーやメディアに積極的に情報を発信し信頼回復に努めました。マネックスグループの傘下に入るなど経営体制を大きく見直したことも大きいでしょう。

ハッキング被害を受けた仮想通貨交換業者が立ち直るカギは、事件後の対応への尽力と、経営体制の丁寧な見直しと考えられます。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【最大¥20,000】コインチェックが期間限定キャッシュバックキャンペーンを開催中!

国内大手の人気仮想通貨取引所「coincheck」(コインチェック)で、新規登録者を対象としたキャッシュバックキャンペーンが開催されています!

4月12日(金)まで!ビットポイントで「リップル」が貰える「平成最後のキャンペーン」!

[campaign-coincheck] [ex-jp-Coincheck] [aside type="boader"]

コインチェックについて詳しくはこちら!

[kanren postid="5173"][/aside]No tags for this post.

coincheck(コインチェック)が選ばれる3つの理由と特徴を解説

国内の取引所として、仮想通貨黎明期から運営を続けている「coincheck」(コインチェック)。

本記事ではコインチェックの特徴について解説していきます。
※ 本記事に掲載している情報は 2019年4月19日現在 の情報に基づいています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

コインチェックが選ばれる3つの理由

コインチェックがユーザーに選ばれている3つの大きな理由があります。

まずはその3つの理由から順番に見ていきましょう。

取扱い通貨数が豊富 - 10種類の仮想通貨を購入できる

コインチェックでは、国内最多となる「10種類」の通貨を扱っています。

日本国内の他の取引所で扱っている通貨は全て扱いがある上に、日本ではコインチェックでしか扱っていない通貨もあるので、通貨数に関してはコインチェックで完結できる程に豊富なラインアップとなっています。

[table id=5173-001 /]

他社と比較するとコインチェックの取扱い通貨数が多いことがわかります。

[aside type="boader"]
  • 他社がラインナップを増やす可能性
  • どの通貨の価格が伸びるか未知数
[/aside]

上記のことからも、あらかじめ多くの通貨を購入できる状態にしておくことは取引においても有利となるので、まだコインチェックに登録していない方はぜひ「取扱い数の多さ」という点からもコインチェックへの登録をおすすめします!

スマホ対応済み - 最短10秒で購入できる

コインチェックのスマホアプリは見やすく使いやすいので、仮想通貨に慣れていない人でも簡単に仮想通貨を購入することができます。

またコインチェックで仮想通貨を購入するのは簡単なわずか3ステップでOKです。

[aside type="boader"]
  1. 欲しい通貨を選ぶ
  2. 購入する金額を入力する
  3. 「購入ボタン」をタップする
[/aside]

他の取引所で扱っていない仮想通貨が欲しい経験者の方はもちろん、これから仮想通貨の取引を始めるという初心者の方にも使いやすく簡単な操作画面となっています。

いつでもすぐに価格チェックできる - 安心のウィジェット機能付き

コインチェックのスマホアプリのもう一つの魅力は見やすくとても綺麗な「ウィジェット機能」にあります。

設定するだけでホーム画面からすぐに仮想通貨の価格をチェックすることができるので、自分の保有している通貨·自分がよく取引している通貨の「最新の価格」がいつでもどこでもすぐに確認できます。

また、通貨の価格変動を教えてくれる「プッシュ通知設定」もできます。

自分の好きな通貨のみを選択してアプリをカスタマイズできるのも大きな魅力です。

[text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed]

コインチェックの特徴

次に、その他のコインチェックの魅力について見て行きましょう。

安心のセキュリティ

コインチェックでは、最新のセキュリティ体制でユーザーの資産を守っています。

コールドウォレット

全通貨のコールドウォレット化に対応しており、堅牢性の高いセキュリティが担保されています。

システム監査

国内外の複数の情報セキュリティ企業等を通して、情報システムの信頼性、安全性、効率性が保たれていることを確認しています。

2段階認証

ご利用にはメールアドレスとパスワードによる認証に加え、ご自身のスマートフォンを利用した2段階認証が必要なため、第三者は容易にアクセスできません。

金融大手「マネックスグループ」傘下の仮想通貨取引所

コインチェックは、オンライン証券の最大手の「マネックスグループ株式会社」に買収されグループ会社となっています。

上場済みの大手企業のグループ会社なので、他の単独で営業している取引所のように、急な経営破綻などの心配が少ないことも魅力です。

[table id=5173-002 /] [text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed]

コインチェックの評判まとめ

[text-right-st]

coincheck(コインチェック) 公式サイトはこちら

[text-right-ed] [ex-jp-Coincheck]No tags for this post.

コインチェックのネム流出事件、信頼したメールの主はハッカーだった

1: 2019/01/27(日) 11:51:35.39 ID:CAP_USER
 仮想通貨交換業者コインチェックから約580億円相当(当時のレート)の仮想通貨NEM(ネム)が流出した事件で、ハッカーが半年前から、同社のネットワークへの侵入を狙って社員とのメールや電話を頻繁に繰り返していたことが分かった。流出分の一部は交換所で現金化されたとみられる。事件発覚から26日で1年。警視庁はハッカーが周到に準備して事件を起こしたとみて調べている。

捜査関係者や同社関係者への取材で、流出の経緯の詳細が明らかになった。

 2017年7月、複数の同社社員のもとに英文のメールが届いた。その2カ月前に米国で開かれた世界最大級の仮想通貨イベントを挙げ「参加した○○です」などと名乗っていた。このイベントは取引が始まったばかりのNEMのお披露目の場として使われていた。

 同社社員たちは、この人物と頻…
https://www.asahi.com/articles/ASM1V46Q7M1VUTIL018.html

c5376882.png

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548557495/


続きを読む No tags for this post.

コインチェックさん、突如ビットコインの入出金を停止・・・

1: 2019/01/25(金) 14:13:33.61 ID:PGqkZiaT0
【BTC入出金について
現在、BTCの入出金を一時的に停止しております。大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。




なお理由は言わない模様
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


c5376882.png

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548393213/


続きを読む No tags for this post.

待ち望まれたコインチェックの交換業者登録完了に対するみんなの反応・・・

1: 2019/01/11(金) 18:24:23.97 ID:CAP_USER
金融庁は1月11日、仮想通貨交換業者として新たにコインチェックを登録したと発表した。

 コインチェックは、仮想通貨交換業における「みなし業者」として登録されていたが、2018年1月26日に仮想通貨NEMの不正送金事件が発生。以降、日本円の出金やビットコインを除いたすべてのアルトコインの売買を停止し、流出したNEMの日本円による補償を実施するなどの対応が続き、交換業登録は暗礁に乗り上げていた。

 その後、4月にはマネックスがコインチェックを36億円で買収。あわせて、元マネックスグループ取締役兼常務執行役の勝屋敏彦氏を新社長に迎え社内体制を一新。業務改善計画を策定・実行し、経営管理態勢及び内部管理態勢の改善を実施した。3~6月には仮想通貨の出金・売却を、11月には取り扱うすべての仮想通貨の売買を再開。仮想通貨交換業への登録に向けた準備を進めていた。
https://japan.cnet.com/article/35131192/

c5376882.png

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547198663/


続きを読む No tags for this post.