0d:bitbank.cc(ビットバンク)

No tags for this post.

bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスが7月期の募集開始!

ビットバンクのレンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」の7月期の受付が開始されています。

[kanren postid="244"]

「仮想通貨を貸して増やす」7月期の募集開始!

手数料を抑えてリップルやモナコインの取引ができることで人気のビットバンクで、「仮想通貨を貸して増やす」ことのできる仮想通貨レンディングサービスの新規受付が開始されています!

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。

[text-right-st]

bitbank 公式サイトはこちら

[text-right-ed]

このサービスはbitbankの定めた上限数量に達した時点で締め切りとなります。
仮想通貨を保有しているだけではもったいない!

bitbankユーザーなら、1年間貸し出すだけで仮想通貨が最大5%増えるこのサービスを利用しない手はありません。 [aside type="boader"]

    2018年10月の募集内容について
  • 募集開始:2019年7月1日
  • 募集終了:2019年7月31日
  • 満了期日:2020年7月31日
  • 対象仮想通貨:ビットコイン
  • 利用料率:3〜5%
[/aside] [text-right-st]

bitbank 公式サイトはこちら

[text-right-ed] 申請者数が上限数量に達した場合、募集期間が終了する前に締め切ることがあります。

自分ではなかなか取引で利益を増やすことが難しいという方や、仮想通貨投資で確実な利益を希望する方にはぴったりのサービスです。

ご希望の方はログイン後、「仮想通貨を貸して増やす」におすすみください。
応募が殺到すると上限数量に達して受付終了となったこともありますので、お早めの申し込みをおすすめします!

bitbankの口座開設がまだの方は下記リンクからどうぞ。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [ex-jp-bitbank.cc] [kanren postid="244"][kanren postid="239"][kanren postid="3104"][kanren postid="3301"][kanren postid="3191"][kanren postid="3135"] No tags for this post.

ビットコインで支払い可能な自動販売機登場!ブラジル人のプログラマーが開発

ビットコインを使ってコーラの購入ができる自動販売機が開発されました。
開発したのはブラジル人のRicardo Reis(リカルド レイス)氏で、ライトニングネットワークを使用することによって、従来のビットコイン決済の問題点である「決済処理時間」の短縮に成功しています。

ビットコインでコーラが買える自動販売機が登場!

フィアット(通貨)としてのビットコイン利用にまた一歩近く技術が発明されました。

ライトニングネットワークにより1分以内の決済処理を可能に

ライトニングネットワークとは、スケーラビリティ問題と言われる将来的なビットコインの処理能力不足に関する懸念を解決するための技術です。

従来のビットコイン決済を行うためには、生成されたトランザクションがマイナーによって承認され、正式にブロックチェーンに記載されることを待つ必要がありました。

しかしライトニングネットワーク(LN)技術では、その承認を必要としない支払いチャンネルを新たに追加し、承認待ちによる待機時間をなくします。
ユーザーがLNのチャンネルを閉じた後で公式ブロックチェーンへ記録され、マイナーによって承認作業がなされます。

支払いはQRコードを読み取って送金するだけ!

今回開発されたコーラ自販機は、受信機のビットコインウォレットのQRコードを備えたシンプルなデザインで、購入者はコードをスキャンして金額を入力して送金するだけ!
1分以内で行われるこの作業の後、機械の下のグラスにコーラが注がれます。

このようにビットコインを使って日常的な製品の購入が可能になっていくと、今後さらなる通貨としての仮想通貨の流通が期待されます。

参考:CCN

ツイッターの反応

[recommend-ex]

bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスが10月期の参加を受付中! 

ビットバンクのレンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」の9月期の受付が開始されています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="3880"]

「仮想通貨を貸して増やす」10月分の希望者受付開始!

手数料を抑えてリップルやモナコインの取引ができることで人気のビットバンクで、「仮想通貨を貸して増やす」ことのできる仮想通貨レンディングサービスの新規受付が開始されています!

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。

このサービスはbitbankの定めた上限数量に達した時点で締め切りとなります。
仮想通貨を保有しているだけではもったいない!

bitbankユーザーなら、1年間貸し出すだけで仮想通貨が最大5%増えるこのサービスを利用しない手はありません。 [aside type="boader"]

    2018年10月の募集内容について
  • 募集開始:2018年10月1日
  • 募集終了:2018年10月31日
  • 満了期日:2019年10月31日
  • 対象仮想通貨:ビットコイン
  • 利用料率:3〜5%
[/aside] 申請者数が上限数量に達した場合、募集期間が終了する前に締め切ることがあります。

自分ではなかなか取引で利益を増やすことが難しいという方や、仮想通貨投資で確実な利益を希望する方にはぴったりのサービスです。

ご希望の方はログイン後、「仮想通貨を貸して増やす」におすすみください。
くどいですが、上限数量に達した時点で受付終了となりますので、お早めの申し込みをおすすめします!

bitbankの口座開設がまだの方は下記リンクからどうぞ。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [ex-jp-bitbank.cc] [kanren postid="3104,3301,3191,3135,244,239"] No tags for this post.

bitbank.ccの全ペア手数料無料キャンペーンが好評につき延長!

国内主要取引所であるbitbank.ccが、好評につきキャンペーンの延長を発表しました。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="2078"]

全ペア手数料無料キャンペーンが2019年1月4日まで延長!

bitbank.ccで以前より行われていた「全ペア取引手数料無料キャンペーン」が、好評につき来年1月4日まで延長されます。
bitbank.ccで取り扱っている8ペア全てがキャンペーンの対象となります。

キャンペーン概要

ビットバンク株式会社は、平成29年9月29日、仮想通貨交換業の登録を完了いたしました。
これを記念して、bitbank.ccで取り扱う全通貨ペアの取引手数料を完全無料としてキャンペーンを実施致します。

[aside type="boader"]
  • キャンペーン開催期間
  • 2018/09/30 00:00まで → 2019/01/04 23:59まで
[/aside]

手数料を気にすることなく取引ができるのは、値動きの激しい仮想通貨業界では非常に大きなメリットとなります。
bitbank.ccに登録がまだの方は、この機会にぜひ登録することをおすすめします!

[ex-jp-bitbank.cc] [kanren postid="244,3880"] No tags for this post.

ビットバンク(bitbank)でのライトコインの買い方を徹底解説

「bitbankでのライトコインの買い方がよく分からない」と悩んでいませんか? 初めての方は、操作画面の複雑さを見てお手上げ状態になってしまいがちです。 しかし実際は、いったん操作のコツさえ分かればビックリするほど簡単で ... No tags for this post.

bitbankが国内取引量1位の取引所へ?bitFlyerが休止している中どこまで伸ばせるか

コインマーケットキャップによる、過去24時間の取引量はbitbankが国内取引所では1位となっており、世界でみても23位にランクインしています。

bitFlyerが新規顧客の受け入れを停止しているなか、どこまで取引量1位の取引所として伸びるか注目です。

要点

・bitFlyerなきあとの取引所動向

コインチェック、bitFlyerと大手取引所サービスが休止する中、その次にくる取引所がにわかに関心の的になっています。

bitbankが世界的に見ても取引量の多さを誇る取引所へ成長

※ランキングは26日時点の手数料のある市場です

6月26日時点の過去24時間の取引ボリュームは、bitbankが世界で23位にランクインしています。

bitbankは2018年に入り注目され始めた取引所で、今年4月にはXRPの取引量が世界1位になったことから、認知が急速に拡大しています。

 

bitFlyerが新規顧客受け入れを急遽発表

22日、bitFlyerは金融庁の業務改善命令を受け、新規顧客の登録を自主的に停止することを発表しました。

今まで「国内大手」の異名をとっていた取引所の突然の発表に驚いた方も少なくはないでしょう。

ただし、bitbankもbitFlyerとともに、業務改善命令を受けています。

今後、bitFlyerが完全復活するまで、どこの取引所に登録したらいいのかは関心の的にもなっています。

 

bitbankの復習!

bitbankは2018年に入り急速に注目されるようになった取引所です。

今年4月にはXRPの取引高が1位を記録し、多くのメディアが取り上げられるようになりました。

 

アルトコインのスプレッドの低い取引が可能

bitbank最大の特徴は、アルトコインの板取引です。

他の顧客と直接、売買をする方式により、スプレッドが狭くお得なレートで購入することができます。

特に、XRPの板取引ができるのは、国内でbitbankのみとなっています。

XRPの取引を検討している方、すでにしているけどまだ口座開設していない方にはマストの取引所です。

 

Twitterでの反応

SNSでの反応はどうでしょうか。

bitbankの使いやすさには定評があるようですね。

 

まとめ・少しづつ変わりつつある取引所動向

年初のコインチェック事件、そして金融庁の仮想通貨規制強化により、取引所動向は2018年に入り急速に変わりつつあります

1年前と比較したら、その違いは歴然ですね。

また、今後はSBIバーチャルカレンシーなど大手の取引所の参入により、取引所動向はさらに変わっていく可能性があります。

bitbankが今後どこまで「取引量の多い取引所」としての地位を築けるかには注目です!

 

これからXRPを取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

※bitFlyerが新規顧客を受け入れを停止したことにより、取引量では国内で圧倒的に多い取引所になっていくのが濃厚です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

4月はXRPの取引高が世界1位を記録し今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

XRPの価格が安い今、少額から仕込んでおくのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社CEOが語る!XRPがコインベースに上場できる3つの理由!わかりやすく解説

21日、アメリカで行われた「Future of Fintech」というカンファレンス内でリップル社CEOの口から、XRPがコインベースに上場するべき理由を語りました。

今回は、その理由をわかりやすくまとめたので、ご紹介します。

 

要点

・アメリカでのXRPの立ち位置

アメリカでは日本と違い、XRPの取り扱いあが非常に厳しい状況にあります。

それは、XRPが「有価証券」という種類に分類されるかもしれなく、取り扱いが難しいからです。

・ガーリングハウス氏が主張する3つの理由

ガーリングハウス氏はこのXRPの状況に反論しました。

それには3つの根拠があります。

ガーリングハウス氏が語る3つの理由

ガーリングハウス氏はXRPが有価証券に分類されない3つの理由を挙げています。

わかりやすくまとめたのが以下です。

・XRPは分散化されているので、リップル社から独立している
・XRPを購入することによって、投資家たちはリップル社から配当や利益を得ることはない。
(・XRPに有価証券の要件に該当するような項目はない)

つまり、この真逆のことが有価証券に分類される条件になります。では、まず有価証券はどのようなものかをみていきましょう。

 

有価証券とは?

有価証券は、簡単にいうと今日ある株券です。ある会社が発行する株券が有価証券だと思ってください(簡単なイメージです)。それらはすべて、ガーリングハウス氏の真逆の条件になります。

有価証券の条件
①株券はある会社から独立していない。権利などは株券を発行している会社に属する
②株券を購入すると、発行している会社から利益・配当がもらえる
(③株券には有価証券に値する項目が複数ある)

③はわかりづらいので、考えなくてOKです。

重要なのは①、②です。ガーリングハウス氏の主張は「XRPは①、②に当てはまらないから有価証券ではない!」と言いたいのでしょう。確かに、XRPを持っているだけで配当などがあるわけではありません。

しかし、①に関してはグレーゾーンで検証が必要な部分もあるかもしれません。

 

アメリカである有価証券議論

現在、アメリカでは「XRPを有価証券に分類するか・しないか」の議論が活発に行われています。

仮に、分類された場合と、されない場合を考えたのが以下になります。

・XRPが有価証券に分類される=SEC(米証券取引委員会)に認可を受けた取引所でなければ取引できなくなる=事実上の取引禁止
・XRPが有価証券に分類されない=現在よりも取り扱いのハードルが下がる

 

コインベースがXRPを取り扱いできない理由

とても簡単にいってしまえば、米最大の取引所コインベースがXRPの取り扱いをしない理由は「XRPがアメリカの法的にグレーゾーンだから」です。

万が一、取り扱ったとして、規制により上場廃止になれば取引所の信頼・名誉にも関わります。

特に、コインベースは顧客の信頼に重きを置いている取引所としても有名で、取り扱い通貨の合法性には厳しい面もあるようです。

 

まとめ・今後考えられるシナリオ

今後、この議論が決着するシナリオはいくつかあります。

①議論が長引く
②XRPが有価証券に分類されず、コインベースに上場
③XRPが有価証券に分類され、正式にアメリカでの取引が禁止される

単純に、この議論はむこう数年続くという観測もあります。その場合、しばらくは待つ展開が続きそうです。

②はハッピーエンドです。XRPが有価証券に分類されず、コインベースに上場されます。

その場合、ビッグサプライズとなり、価格が暴騰する可能性は高いです(イーサリアムクラシックは上場で20%以上暴騰しましたが、インパクトはその比ではありません)。

③はバッドエンドです。有価証券に認定され、アメリカでの取引が事実上禁止になります

 

SECに認定された取引所が出たら・・・?

しかし、SECに正式に認可された取引所が今後出現したら、XRPが有価証券関係なく、取り扱いができます

その筆頭候補としてあるのが、すでにビットコインライセンスを取得しているサークル社が買収した取引所Poloniexです。

とても簡単にいうと、SECに認可されれば、その通貨が有価証券であろうが・なかろうが関係ないので、XRPが取り扱いできる可能性はあります。

コインベースへの上場は、アメリカの取引量を増やす一番の近道といえるので、リップル社にとってもこの問題を解決したいようです。

まだ議論は長引きそうですが、大きな期待はできるトピックでしょう。

 

これからXRPを取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

※bitFlyerが新規顧客を受け入れを停止したことにより、取引量では国内で圧倒的に多い取引所になっていくのが濃厚です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

4月はXRPの取引高が世界1位を記録し今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

XRPの価格が安い今、少額から仕込んでおくのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

孫正義・Twitter・Facebook・Amazonの仮想通貨に対する見解まとめ!イノベーター達は仮想通貨をどう思っている?

20日に開かれたソフトバンクの株主総会で孫社長は、仮想通貨に対しコメントしたと報じられています。

今回は、そのほかにツイッター社、フェイスブック、アマゾンの見解もまとめました。

さらには巷で噂されるアマゾンとリップル社の提携についても紹介します。

要点

・孫社長が仮想通貨に対し自身の見解を示す

20日にひらかれた株主総会でソフトバンク孫社長が現在の仮想通貨に対し、貴重なコメントをしました。

その他にもツイッター、フェイスブック、アマゾンの見解も紹介します。

・リップル社とアマゾンの提携

ネットやリップラーの間では「アマゾン提携説」が話題となっています。

なぜ噂はささやかれるようになったのかも紹介します。

先見の明をもったCEO達は仮想通貨に対しどのようなヴィジョンを持っているのか

ソフトバンク、ツイッター、フェイスブック、アマゾンCEOたちは、今までに仮想通貨に対するコメントを残しています。

時代を先読みし、イノベーションを世界レベルで起こしてきた人物たちの発言は、とても参考になります。

 

ソフトバンク社長 孫正義

20日に行われた孫社長の仮想通貨に対する見解は以下になります。

①現在の仮想通貨は実用性よりも投機が先行している
②ただし、ブロックチェーン技術はまだ始まったばかりの技術である

孫社長の見解は、もっともポピュラーな意見のようです。

それは、仮想通貨が使われるよりも、現在は投機のためにしか取引されていないということです。

しかし、仮想通貨を否定しているわけではなく「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」とし、むしろ明るい未来を見出しているようです。

投機のために取引されるのも、開発者に資金が流入し、開発がさらに進むというポジティブな側面もあります。

今後も仮想通貨のさらなる発展、そしてソフトバンクが仮想通貨技術を採用するのに期待したですね。

 

ツイッター社 CEOジャック・ドーシー

ツイッターのCEOであるジャック・ドーシー氏は今年の初め「ビットコインは10年後世界共通通貨になる」と発言しメディアを騒がせました。

たびたび、仮想通貨に対するポジティブな発言をし、仮想通貨というよりは「ビットコイン支持者」として有名です。

ツイッターがブロックチェーン技術を採用するような発表は今のところありませんが、先日は共同設立したスクエア社がアメリカで7社目の仮想通貨ライセンスを取得しています。

ドーシー氏がブロックチェーンに興味を示しているのは間違えないので、今後はツイッター社が仮想通貨を発行する可能性も捨てきれませんね。

 

Facebook CEOザッカーバーグ

FacebookCEOザッカーバーグ氏もブロックチェーン技術に興味を示しています。

すでにFacebookが独自の仮想通貨を発行することが発表されており、「仮想通貨は権力を人々の手に戻す、フェイスブックでの活用方法探る」とコメント、現在は研究する部署などを立ち上げています。

 

Amazon CEOジェフ・ベゾス

Amazon社CEOジェフ・ベゾス氏は上記のCEO達と違い、直接の見解を示していません。

そのためか、ネットではあらゆる仮想通貨との提携の噂があります。

その中でも有名なのがリップルとAmazonの提携説で、リップラーの中ではかなり有名になっています。

Amazonが例えば、仮想通貨での支払いなどを開始したら、認知や取引増加がかなり期待できますね。

銘柄に限らず、今後もAmazonと仮想通貨、ブロックチェーンの絡みは注目のトピックです。

 

まとめ

これらCEOの意見をまとめると「仮想通貨、およびブロックチェーンの未来は非常に有望である」ということです。

しかし、同時にまだ仮想通貨は開発段階であるということも確かです。

ただ、時代を先取りしてきた人物たちの発言をきくと、仮想通貨が消えてなくなることはなさそうです。

むしろ、まだ始まったばかりともいえそうですね。それは投資の大チャンスとも考えられます。

今後も既存のサービスと仮想通貨・ブロックチェーン技術の提携に期待しましょう。

 

これから仮想通貨を取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

先月はXRPの取引高が世界1位を記録し、今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

まだ登録していない方はこの機会に登録するのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【ここが安い】仮想通貨取引所の手数料ランキング6選!徹底比較して通貨ごとに一番安いおすすめ取引所を紹介します!

仮想通貨の取引のときにかかる手数料は取引所ごとに大きく異なります。 今回は取引所の中で手数料が安い取引所をランキング形式でご紹介します。 また、手数料は全て一覧にまとめていきますので、取引所の手数料を見比べたい方はぜひ参 ... No tags for this post.

bitbankがXRP取引量で再び世界No.1に!リップルを買うならビットバンクがおすすめ!

ビットバンクがリップルの取引量で世界一位になったことを報告しています。

[kanren postid="2667"]

ビットバンクが「リップル社公式の取引量ランキング」で堂々の世界一位に!

ビットバンクでは過去に何度かリップルの取引量で世界一位となっていますが、今回はリップル社公式の取引量ランキングにて世界No.1となっています。

過去の記録に関しては、下記のbitbankのTweetで確認することができます。

ビットバンクでリップルの取引が多い理由について

XRPの現物を指値で安く買うことができるから

ビットバンクでは板取引を導入しているため、販売所形式の取引所より安くリップルを購入することができます。

[aside]補足 : 販売所形式との違いについて
仮想通貨が購入できるサイト(企業)は「取引所」という名称なので違いがわかり辛いのですが、「販売所」形式の取引所も数多く存在しています。

販売所形式では、その取引所(企業)側が設定している金額で購入します。

対してビットバンクのような取引所形式(板取引)の場合には、自分の「言い値」(専門用語で「指値」)を提示するので、(取引が成立すれば)ほとんどの場合「販売所形式」で購入するよりも安く買うことができます。 [/aside]

取引量が多い = 流動性が高いから取引しやすい!

取引量が多いということは、それだけユーザーが多く取引が活発に行われているということになります。

取引量が低い取引所だと、「好きな通貨を扱っているけど、なかなか取引が成立しない」ということも起こり、結果として「利益を出し辛い」ことになります。
※ 例として、自分が買った時よりも高い価格になっているのに、ユーザーが少ないせいで中々売れずにまた価格が下がってしまう、等ということも起こり得ます。

その数2,000種類以上とも言われている仮想通貨の中でも、時価総額ランキング5位以内である「Ripple」の取引量が世界一位ということは、それだけ「bitbankはXRPの取引が活発で、売り買いがしやすい、取引が成立しやすい」ということになります。

リップルを買うなら、「ビットバンク」を選ぼう!

[ex-jp-bitbank_XRP]

仮想通貨FXなら「bitbank Trade」がおすすめ

bitbank.ccと連携可能!さらに「追証なし」のFXだから安心して取引できる!

[ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="244"]No tags for this post.

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨レンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」が提供開始!

bitbank.ccの新サービス「仮想通貨を貸して増やす」が2018年5月25日から提供されています。

本記事ではbitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスの特徴について解説していきます。

bitbank.cc

[box class="yellow_box" title="レンディング・サービスとは?"]

「ソーシャル・レンディング」とは、インターネット上でお金を貸して欲しい個人もしくは企業と、お金を貸したい個人もしくは企業とを結びつけるサービスです。

[/box]

「仮想通貨を貸して増やす」の特徴

仮想通貨を貸して増やす
「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。
引用 : bitbank
bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」は、仮想通貨をbitbankに1年間貸しておくと、利用料がプラスされて返してもらえるサービスです。

加算される利用料は最大で年率5%となっています。

それではさらに詳しく見ていきましょう。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

bitbankで取り扱う全ての仮想通貨に対応予定

現在はビットコインのみの貸仮想通貨ですが、順次その他の仮想通貨にも対応していく予定です。
ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨でも貸出しする事ができます。
開始直後は「ビットコイン」のみが対象ですが、ビットバンクで取り扱っている全ての仮想通貨に対して順次対応予定となっています。

ビットバンクではリップルやモナコインといった人気の通貨を取り扱っているので、それらも貸すことができるようになります!

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

利用料率最大5% 貸し出すだけで仮想通貨が増える!

貴方の口座に眠っているだけの仮想通貨はありませんか?
使っていない仮想通貨をビットバンクに貸出していただくことで最大年率5%で仮想通貨が増えていきます。
頻繁に取引しない方には特にうってつけなサービスとなっています。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクのユーザーならすぐに開始できる

ビットバンクに口座をお持ちの方なら、面倒な手続き不要で申込むだけですぐに使えます。
使わずに眠っているだけの仮想通貨をお持ちなら、貸出していただくだけでお得に資産を増やすことができます。
すでにビットバンクに登録済みのユーザーであれば、すぐに利用開始することができます。

[aside]補足
取引所でアカウント登録を完了するには、郵送されてくる本人確認のハガキを受け取る必要があります。
そこまでに通常数日程度はかかるので、利用を考えている方は早めに登録しておくことを強くおすすめします。 [/aside]

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクはリップルもモナコインも現物を「指値」で安く買える人気の国内取引所!

[ex-jp-bitbank.cc]

さいごに

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」はいかがだったでしょうか?

仮想通貨を貸しておくだけで増やすことのできるこの新サービス、仮想通貨投資の新しい一手としてぜひ加えてみてください。

bitbank.cc

No tags for this post.

タダでビットコイン・現金がもらえる国内取引所の特典内容まとめ!

ご存知ですか?
登録するだけで現金やビットコインがもらえるお得なキャンペーンが各社で開催されています。

本記事では、そんなお得なキャンペーンをまとめて紹介いたします。
それでは早速特典付きの取引所を見ていきましょう!

取引所のお得なキャンペーンまとめ

キャンペーンの多くは、取引所への口座開設登録の後、郵送などで本人確認を済ませるなどの条件を満たすだけでお得な特典がゲットできます。 また、取引所を通して楽天やじゃらんでお買い物をしたり、無料キャンペーンへの応募でビットコインがもらえる会員特典も出てきています。 普段のお買い物をするだけで、簡単にお小遣いがゲットできますよ!

口座開設だけで1,000円がもらえるDMM Bitcoin!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年1月11日(木)~2018年6月30日(土)
キャンペーン期間延長中!!!新規登録するなら今がチャンス!


口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)した方を対象に、1,000円をプレゼント!
反映は口座開設完了月の翌月を予定しています。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!
[/aside]

口座開設の特典が、仮想通貨取引所の開設キャンペーン系では非常に珍しい「日本円」での支払いだから、もらった「1,000円」で「Bitcoin」や「Ethereum」が買える!
さらに仮想通貨の取引所で購入(取引)するには、仮想通貨の購入可能な最低数量が設定されている為、1,000円で仮想通貨を買うなら「仮想通貨の価格が安い」うちがチャンス!

[aside]価格が安いうちなら「1,000円」からでも仮想通貨が購入できる「理由」について
DMM Bitcoinは、BTC/JPYペア(日本円でビットコインを売り買いする)の最小発注数量が「0.001 BTC」、ETH/JPYペアなら「0.01 ETH」となっています。
※ 2018年7月2日現在。

なので、イーサリアムなら 1ETH = 100,000 円(10万円)、ビットコインなら 1,000,000 円(100万円)以内の価格であれば「1,000 円」(千円)からでも購入することができます。

2018年7月2日現在の価格なら 1ETH = 49,755 円(約4万9千円、0.01ETHなら497円)、1BTC = 697,199 円(約69万円、0.001BTCなら697円)なので、1,000円でもイーサリアムなら0.01ETH、ビットコインなら0.001BTC購入することができます!

登録するだけで貰える「千円」で仮想通貨を買うことができるので、今から仮想通貨を始める人には仮想通貨の「現物取引」を、実際のお金を使って経験することができます!

さらに、ここから価格が動いたら売り買いしてもOKですし、現在ほぼ70万円のビットコインが2017年のような価格上昇をして140万円になれば、無料でもらった千円が2倍の2千円になります!

仮想通貨の投資に興味があっても、まだ一歩を踏み出せていない人はぜひともこのDMM Bitcoinの新規登録キャンペーンを活用して、仮想通貨投資を体験してみましょう![/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="1389"]

口座開設するだけでビットコイン 20,000SatoshiがもらえるGMOコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2017年8月9日以降

キャンペーン期間中に口座開設(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)をした方を対象ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼント!
口座開設の翌日、登録口座に反映されます。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

口座開設だけで「3,000円相当のQASH」が貰える!Liquid by Quoine

Liquid
[aside type="boader"]

キャンペーン内容
期間 : 2018年10月17日(水)0時〜2018年11月16日(金)23時59分
キャンペーン期間中に新規口座開設で「3,000円」相当の「QASH」が貰えます!
さらに5万円の入金で「1万円」相当のQASH、さらにさらに50万円以上の仮想通貨売買を行うとプラス「1万円」、合計で最大「2万3千円」のQASHが貰える「QASHキャッシュバックキャンペーン」が開催!

[/aside]
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)QASHキャッシュバックキャンペーン
[aside type="boader"]取引所の特徴
  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!
[/aside] [btn class="lightning big"]Liquid 公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="4553"]

いつものお買い物をするだけでビットコインがもらえるbitFlyer(ビットフライヤー)

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:指定なし

bitFlyer経由で提携先のサービスを利用すると、それぞれの内容に応じたビットコインがもらえます。
主には楽天ネットショッピングやじゃらん、U-NEXTのサービス無料お試し登録などがあります。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨に関連した「お得」なおすすめキャンペーン!

新規口座開設で「2,000円」相当のポイントプレゼント!住信SBIネット銀行

国内の主な取引所への「入金手数料が無料」、そして振込が土日でもOK、24時間365日対応と優良ポイント盛り沢山で仮想通貨トレーダーご用達の「住信SBIネット銀行」でも、うれしいキャンペーンが開催されています。

新規口座を開設すれば、なんと「2,000円」分に相当するポイントがもらえるプレゼントキャンペーンが開催中!

まだSBIの口座を持っていない人はお急ぎを!

[aside type="boader"]
  • 国内の主要な仮想通貨取引所への入金手数料が「無料」!
  • 24時間365日いつでも振込可能!入金反映はリアルタイム!
  • PCはもちろん、スマホからでも振込可能!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="538"]

おすすめキャンペーン活用法 - プレゼントされた仮想通貨 or 現金を元手にして取引する!

取引所が行っている「プレゼントキャンペーン」は、今から仮想通貨を始める人に打って付けです!

仮想通貨に興味はあるけど、まだ取引をしたことがない人という人は、おそらく下記のような理由があるのではないでしょうか。 [aside type="boader"]

  • 仮想通貨の取引方法がわからない。
  • 興味はあるけど、自己資金が無い。
  • 資金はあるけど、仮想通貨に使うのが怖い。
  • etc...
[/aside] そんな方は、ぜひこの「仮想通貨取引所のプレゼントキャンペーン」を活用しましょう!

[aside type="boader"]
  • 仮想通貨プレゼントの場合
    例えば3,000円分のビットコインを受け取ったとします。
    取引の例としてですが、1BTC = 100万円として計算してみましょう。(余談ですが2018年7月31日15:00現在のレート901,320円で計算すると、3,000JPY = 0.00330764BTCです。)
    1BTC = 1,000,000JPY(100万円)の場合、1JPY(1円) = 0.000001BTC となります。
    プレゼントが3,000円分のビットコインだとしたら 0.003BTC となります。
    その後ビットコインが120万円に上がったタイミングで売却すれば 0.003BTC = 3,600JPYとなり、約 600円分の利益となります。
    その後、また「安い時に買って、高くなったら売る」を繰り返して「現物取引」で利益を狙ってみましょう!
  • 現金プレゼントの場合
    上の「仮想通貨プレゼントの場合」と同様で、「ビットコイン(仮想通貨)を買った時よりも、価格が上がったタイミングで売る」を繰り返して利益を狙ってみましょう!
    現金のプレゼントの場合は、「ビットコイン以外の仮想通貨を買うことができる」点なので、ビットコイン以外に「リップル」や「イーサリアム」などお気に入りの仮想通貨があれば、それらの仮想通貨を購入して売買益を狙う方法もあります。
  • とりあえず買って寝かせておく
    上記2つの方法は、もらったビットコイン(仮想通貨)もしくは現金で取引をする方法ですが、その他にも「長期保有してみる」という手もあります。
    プレゼントされるものは高くても「数千円」程度なので、少しの値動きでは大きな利益を得ることはできませんが、常に相場を監視して取引を繰り返す労力をあえて避け、忘れた頃に大きく利益になっていれば〜、という期待を込めて長期保有しておくことも一つの手段です。
    ※ 仮想通貨はいつどのくらいまで価格が上がるのかはわからないですが、持っていないよりは「少額でも持っている」方が、いつか利益を手にできるという期待があります。
    ※ 仮想通貨は雑所得扱いになるので、20万円を超える利益が出た場合には税金がかかりますが、仮に単純計算でビットコイン価格が100万円の時に「千円」を寝かしておいたとしても、ビットコイン価格が十倍の1000万円になっても千円が一万円 = 9千円の利益なので、小さい額でのみ投資を行っている場合にはそこまで心配はないといえます。
[/aside]

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

キャンペーンでもらう数千円分の現金(仮想通貨)は、相場が安いうちが狙い目!

キャンペーンでもらえる数千円分のプレゼントで取引をしてみるなら、ビットコインの価格が安いうちが狙い目です。
なぜかというと、取引所には「最低取引単位」というものがあるからです。

単純に例えると、プレゼントキャンペーンで現金を千円もらったとして、その取引所の取引の最低単位が 0.001BTC の場合、ビットコインの価格が 1,000,000JPY(100万円) を超えると取引できなくなり、もらった千円はそのまま日本円で眠り続けることになってしまいます。
※ この例えはあくまでも「プレゼントのみで取引を経験してみる」場合であって、自分で資金を追加すればもちろん取引を行うことは可能です。
※ この他にも取引手数料がかかる場合には、1BTC = 100万円や90万円でも、プレゼント分の千円だけでは購入できない可能性もあります。

ですので、「プレゼントキャンペーン」でもらった分のみで取引を始めてみる、という場合には、ビットコイン価格が90万円を下回っている今が狙いどきです!

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

おすすめの仮想通貨取引所!

[set-news_under] No tags for this post.

リップル(XRP)を買うならどの取引所がいい!?おすすめ大手3社の手数料・レバレッジ比較!

この記事では、リップル(XRP)を買うならどの取引所で買ったらいいのか、おすすめの3社を紹介・比較していきます。もちろん、全て金融庁の認可をうけた大手の取引所です。また、3社ともメリットがあり、おすすめする理由があります。

取引スタイル・用途別にどの取引所を使ったらいいのかわかるので、参考にしてください!

 

XRPをとにかくお得に購入したいならbitbank

bitbankXRPの板取引ができる国内唯一の取引所です。

つまり、日本で一番XRPをお得に購入できるといっても間違えではありません。

しかも、4月にはXRPの取引高が世界1を記録したことから、高い流動性でXRPを取引できるのを可能にしています。

 

XRPを取引する上での各種手数料・レバレッジ

取引の種類 取引手数料 入出金手数料 レバレッジ スワップポイント
現物購入のみ 無料 出金500円 なし なし

 

なぜお得に取引できるのか

仮想通貨業者には販売所形式と取引所形式の2種類の取引方法があります。

bitbankは取引所形式の業者です。

取引所では、業者はあくまで仲介役であり、自分は他の顧客と直接売買します。

つまり、業者が上乗せしているスプレッド(買いの価格と売りの価格の差)が、少ないのです。

国内で取引所形式の業者はいくつかあります。

しかし、XRPを取引所形式で扱っているのは、bitbankだけです。

なので、2018年に入ってからは、bitFlyerの取引高を超える月もあり、人気が急上昇しています。

初心者の方には若干、取引画面がわかりづらいかもしれませんが、XRPを頻繁に取引する方にとってはマストな取引所です

 

XRPのレバレッジ取引をしたいならDMM Bitcoin

DMM BitcoinはXRP(リップル)のレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です。

なので、XRPのハイリターンの取引をしたい方に特におすすめです。

 

・ XRPを取引する上での各種手数料・レバレッジ

取引の種類 取引手数料 入金手数料 レバレッジ スワップポイント
レバレッジ取引のみ 無料 無料 最大5倍 0.04%

レバレッジ取引は、ハイリターンの取引ができるメリットもありますが、少額で効率の良い運用ができるというメリットもあります。

XRPでデイトレードをしたい方・XRPでハイリターンの取引を狙いたい方におすすめの取引所となっています。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

手数料を安くおさえたいならGMOコイン

GMOコイン手数料を安くおさえたい方におすすめの取引所です。

なんと、GMOコインでは、入出金から取引手数料、さらにはXRP送金手数料全てが無料です。

DMMのようにレバレッジ取引はできませんが、現物購入ができます。

 

 ・XRPを取引する上での各種手数料・レバレッジ

取引の種類 取引手数料 入金手数料 レバレッジ スワップポイント
現物購入のみ 無料 無料 なし 0.04%

上の2社のように、XRPを取引する上で「国内唯一」といった特徴はありませんが、手数料が安く使いやすい取引所です。

特に、操作方法は2社に比べると一番わかりやすいと思うので、初心者のかたにもっともおすすめしたい取引所です。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

まとめ

最後に、用途別に各取引所をまとめてみました。

①XRPを頻繁に取引したい方・お得に取引したい方はbitbank

②XRPのレバレッジ取引をしたい方はDMM Bitcoin

③手数料を安く押さえたい方・初心者の方はGMOコイン

正直、用途別に全ての取引所を開設してもいいくらい3社とも優れた取引所です。

その中でも、特に、bitbankDMM Bitcoinは、XRPを取引する上で国内唯一のメリットを持っています

まだ口座開設していない方は、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。

bitbankの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

本日より米upholdでXRPの取り扱い開始!アメリカでの取引増加が見込めるか

本日未明よりアメリカのオンライン金融サービスであるupholdにXRPが上場されました。3月末の時点でアナウンスされてましたが、あらためてupholdとは何かと今後の影響について解説したいとおもいます。

このニュースとの関連性は定かではありませんが、本稿執筆時点でXRPは2%をこえる上昇をしています。

米upholdでXRPの取り扱いが開始

先週のツイートを見逃さないでください!5月24日からXRPを完全サポートします。購入・売却・送金・受け取りがUpholdアカウントで可能になります。
Upholdをはじめる絶好の機会です!!

 

upholdとは?

upholdはアメリカのオンライン金融サービスです。

23種類の法定通貨・4種類の貴金属・9種類の仮想通貨を取り扱い、それぞれ購入・売却・送金・受け取り・両替がおこなえます。

現在までの取引量は30億ドルを超え、今後も発展していくサービスとして注目されています。

 

uphold間での送金は手数料が無料

upholdの最大の特徴は、uphold間の送金であれば手数料が無料ということです。

その他、売買にかかる手数料もネッテラーなど他のサービスに比べると安めに設定されています。

また、取引フローや支払い能力がウェブサイトから確認でき、透明性が高いのも注目されているようです。

これらはすべて、XRPの取引にも適用されます。

 

アメリカのリップル事情

実は、アメリカのサービスでXRPが上場するには、大きな意味があります。

アメリカでは現在、XRPを取引しにくい状況にあるからです。

なぜなら、アメリカは現在、XRPを「有価証券」に分類するかの議論があります。もし、有価証券に分類されたら、XRPは国から認可を受けた取引所でなければ取り扱いができなくなってしまいます。

実際に、アメリカ大手取引所coinbase、GeminiはXRPの取り扱いがありません

 

upholdの上場はユーザーの投票で決まった

upholdは仮想通貨取引所ではなく、あくまでオンライン金融サービス会社なので、XRPの取り扱いも可能になったのでしょう。

そもそも、upholdでの取り扱いは、Twitter上での投票で決められ、XRPへの投票は全体の51%を占めました。

つまり、アメリカではXRPを取引したい人が多いのにも関わらず、取引環境が整っていないということです。

 

まとめ・今後アメリカでのXRP取引増加が見込めるか

XRPは仮想通貨市場の価格下落もあり、23日は66円の安値をつけています。

しかし、昨日はビットコインよりも高い上昇をし、このまま価格を維持できれば6日ー13日を引いたトレンドラインをブレイクできそうなチャートになっています。

upholdのXRP追加は規制が厳しいアメリカの取引量増加につながり、今後も期待できそうです。

 

リップルを取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

先月はXRPの取引高が世界1位を記録し、今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

まだ登録していない方はこの機会に登録するのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場がまた下落!中国の規制や「51%攻撃」が原因との指摘も

23日の仮想通貨市場は全面安の展開となりました。ビットコインは注目されていた8000ドル、対円で90万円のサポートを割り込み、4月12日以来の上昇幅を消す勢いとなりました。

5月からの下落の原因はマウントゴックスの売りと韓国取引所Upbitが関係していると噂されていますが、他にも有力視されている2つの原因を解説します。

5月に入ってからの下落要因

5月6日にビットコインが108万円の高値をつけてから価格の下落がとまりません。

月初にメディアで噂される下落要因は2つありました。

 

下落の要因①マウントゴックスの多額の売り

2014年に倒産した仮想通貨取引所マウントゴックスは、自社で保有している多額のビットコインがあります。

そのビットコインは弁護人を通じて、昨年から市場に売却されています。

保有額は2000億円とされ、その多額の売りが、価格下落をまねいているという指摘があります。

 

下落の要因②Upbitの家宅捜査

今月初め、韓国の取引所で、取引高が世界でもトップのUpbitが、詐欺の疑いがあるとして家宅捜査が入りました。

当初は、韓国市場がパニックとなり、市場は全面安の展開でしたが、Upbit側も潔白を主張し、疑いはどうやら間違いだったようです。

なので、この下落要因は、解消されつつあります

 

新しい下落材料

中旬から、特に今週の下落要因には2つ大きなものが報道されています。

ひとつは、モナコインとVergeのブロックチェーンへの攻撃、もうひとつは中国の規制強化の懸念です。

 

新しい下落材料①モナコインへの攻撃

18日未明にモナコインのブロックチェーンが「セルフィッシュ・マイニング」という攻撃をうけました。

簡単に説明すると、モナコインのブロックチェーンが直接攻撃されたのです。

いままで、「セルフィッシュ・マイニング」は理論上のもので、実際に起こることはないと考えられていたようです。

一部では、ある仮想通貨のブロックチェーンが直接攻撃を受けたのは初の事例であり、仮想通貨市場最大の事件と指摘する声もあります。

 

新しい下落材料②Vergeへの攻撃

昨日は、アルトコインVergeが「51%攻撃」という被害をうけました。

「51%攻撃」はマイニングをする人(マイナー)がマイニングの51%を支配し、不当な取引をおこなうことです。

Vergeは51%攻撃をうけ、2億円が持ち逃げされました。

これは、マイニングがある全仮想通貨の課題ともなっています。

事例はありませんが、理論上、ビットコインでも51%攻撃は起こり得るとされています

 

新しい下落要因③中国の規制強化の懸念

シンク・マーケットのチーフアナリスト・アスラム氏によれば、中国政府が規制を強める懸念が下落を呼んでいるとのことです。

政府が最近公表した報告書にはICOなどに対し「無視できないリスク」と記載され、過度な投機をひかえるようにも呼び掛けてるとのことです。

それにより、近々、中国政府が仮想通貨に対し、規制をするのではないかという思惑があるようです。

 

まとめ~トム・リー氏は下落場面で年末予想を上方修正~

まとめると下落要因は以下になります。

①仮想通貨の根本的な問題への不安間

②中国の規制への不安感

この2つが下落要因となっている可能性はありますね。しかし、これらは今までもあった問題であり、どこまで長期化するかは不明です。

コンセンサス2018での予想が誤りだったのを認めたアナリスト・トム・リー氏は、年末の予想を、ビットコイン277万円に上方修正しています

 

仮想通貨を取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

先月はXRPの取引高が世界1位を記録し、今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

まだ登録していない方はこの機会に登録するのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの価格はこれから上昇する!?チャート分析・直近の上昇材料・Webbotの予想まとめ

ビットコインは18日に約89万円の安値をつけ反発。しかし、高値を更新していくような強さはまだ感じられません。

しかし、中長期的にみると価格が上昇する要因はたくさんあります。

今回は、人工知能Webbotの予想もまとめて紹介します。

ビットコイン相場振り返り

昨年12月には200万円を超えたビットコインですが、年初から価格は下落。

今年3月末に約70万円の安値をつけます。

流れが変わったのは4月12日です。この日の取引高は12月以来の高さを記録し、1時間に10万円近い暴騰をする場面もありました。

そして、4月から相場の流れが変わったのは2つの要因があるとされています。

 

4月からの変化①機関投資家の参入

個人ではなく、何百兆円規模のお金を運用する機関投資家・ヘッジファンドが仮想通貨市場へ参入するニュースがこの時期から多く出始めます。

実際、4月12日の数日前には世界三大投資家ジョージ・ソロスが仮想通貨投資の準備を始めているという報道がありました。

その後も,ゴールドマンサックス、先日はJPモルガンの仮想通貨参入が報じられています。

単純にこれまでには比にならない額の資金が仮想通貨市場へ流入することで、価格が上昇する期待があります。

 

4月からの変化②市場の制度化が進む

機関投資家が仮想通貨投資を始めるには、仮想通貨が安全であるという証明が必要です。

そのためには、国に認可された証券取引所への上場などが必要です。アメリカではCMEやCBOBのような証券取引所です。日本でいえば、東証ですね。

この制度化の動きや議論のニュースも4月から増えました。

本日は、イギリスの英国金融行動監視機構(FCA)の規制下にあるLMAX Exchangeが機関投資家へ向けて取引所を開設することが報道されています。

 

7月にビットコインが世界中から注目される?

人工知能Webbotは、ビットコインが7月に世界中から注目されるという予想をだしています。

Webbotはインターネット上のあらゆる情報を収集し、そこから人が何に関心があるかを分析して未来を予測するプログラムです。

100%ではありませんが、2017年中に多くの仮想通貨の値動きを的中し、注目されています。

 

7月に何が起きる?

もしWebbotの予想が当たるとしたら、考える要因は2つです。

①世界的企業(グーグルやアップル、銀行など)との提携

②仮想通貨規制の進展

①は仮想通貨の価格上昇要因で、提携が発表された際は、仮想通貨の種類問わず価格は上昇する場合があります。

②は上で述べた規制の進展です。現在、規制の議論や動きは進行中であり、実際に可能性は低くないでしょう。

たとえば、アメリカのSECが仮想通貨の認可をしたら、時価総額の増加が見込まれ、価格が上昇する可能性は非常に高いです。

 

まとめ~直近のビットコイン市場~

チャートは4月9日~5月6日を結んだフィボナッチと、5月6日と15日の高値を結んだトレンドラインです。

まず、流れが変わった12日から上昇を開始、約2週間かけて5月6日(ゴールデンウィーク終わり)に108万円の高値をつけます。

相場はそこから反落。約88万円がサポートとなりました。これは、フィボナッチの50%戻し(高値から価格が半額)とも重なり、ここがサポートされれば、価格は上昇orもみ合いということになります。

また、下降するトレンドラインをブレイクしたことからも、5月6日~5月18日までの下落の流れはいったんおさまったと判断できます。

※チャート分析は絶対的なものではありません。参考程度にしておいてください。

 

4月からの上昇トレンドは継続か

つまり、流れが変わった4月12日からの上昇はまだ継続しているということです。

いまだに価格が上昇する決定的な材料はでてきていませんが、機関投資家の参入と規制の進展により、準備はできているといった状態です。

そして、Webbotがいうように、7月には世界中が注目するような材料が飛び出すかもしれませんね。

 

仮想通貨を取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

先月はXRPの取引高が世界1位を記録し、今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

まだ登録していない方はこの機会に登録するのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.