0d:bitbank.cc(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所

ビットバンク キャンペーン延長

国内仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank.cc)が、当初2018年3月31日までを予定していた取引手数料無料キャンペーンの延長を発表しました。

私は普段からリップル(XRP)の取引に利用していますから、キャンペーンの延長は非常に嬉しい発表です。

また、ログイン時の2段階認証も追加になり、セキュリティも万全な状態になりましたよ。

今回はビットバンク(bitbank.cc)の発表をまとめていきますね。

取引手数料無料キャンペーン延長

取引手数料ゼロキャンペーン

仮想通貨取引所 bitbank.cc において開催されておりました、「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」について、ご好評につき2018年6月30日まで延長致します。

キャンペーンは、bitbank.ccで取扱う全通貨ペアが対象となります。

ビットバンク公式サイトより引用

ログイン時の2段階認証を追加


ログイン時の2段階認証設定が出来ない事がビットバンクの唯一の欠点でしたが、ついに設定が出来るようになりました。

設定出来る事を知らなかった方は、すぐに2段階認証を追加で設定をしておきましょう。

ウォレットの管理方法も公開済みで安心出来る

顧客資産保護を最優先とし、内部監視を含めたセキュリテイ強化に力を入れるとの事です。

ビットバンクは以前からセキュリテイの強化に努めていますので、私も安心して資産を預けていますよ。

また、同じ国内取引所のビットフライヤー(bitFlyer)もセキュリティは世界一と評価されるほどの対策をしています。

アルトコインの取り扱いも増やしており、最近はリスク(LISK)の上場をしました。

詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」で紹介していますよ。

資産を取引所に置いておきたい方はどちらかの取引所に置いておくと良いでしょう。

アルトコインの購入におすすめな取引所

ビットバンクは5種類のアルトコインとビットコインの取引をする事が出来ます。

私は主にリップル(XRP)の取引に利用する事が多いですが、ICO参加の為にイーサリアム(ETH)を購入するのに利用する場合もありますよ。

各アルトコインごとに購入におすすめな取引所は変わってきますが、ビットバンクにある通貨であれば基本的にビットバンクで購入することが最もおすすめの手順になります。

キャンペーン延長について:まとめ

以前からずっと応援してきたビットバンクも、最近は取引量が増えてきて嬉しい限りです。

手数料を多く取る取引所が多い中で、長い間キャンペーンを行なっているビットバンクは信頼出来る取引所と言えますね。

1時間あたりのリップル(XRP)の取引量も、以前に世界1位になりましたので、今後ますます取引量が増えていく事と思います。

これを機に皆さんもビットバンクを利用してみて下さいね。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

モナコイン(MONA)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介

モナコイン(MONA)は日本発祥の仮想通貨です。

既に秋葉原ではモナコインを使って買い物が出来たり、メイドカフェで支払いが出来るなど、使える場所は限定的ですが、実際に使用する事が出来る数少ない通貨になります。

また、2017年は年始から最高で700倍になるなど、注目度の高い通貨ですよ。

昨年に続き今年も注目のモナコインですが、どの取引所で売買するのが良いのでしょうか?

今回は私が普段から使用している取引所でおすすめのランキングを作りましたので紹介しますね。

1位:Zaif(ザイフ)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
仮想通貨積立の方法記事 Zaifで積立投資を始めるには
Zaifの登録・使い方記事 Zaifの登録方法と使い方とは

モナコイン の売買で最もおすすめの取引所はZaif(ザイフ)です。

次に紹介するビットバンク(bitbank.cc)は手数料が無料ですので、取引だけで言えばビットバンクの方がおすすめなのですが、Zaif(ザイフ)では仮想通貨の積立投資が出来るのです。

自分で決めた金額分を毎月自動で購入してくれるシムテムですから、モナコインの様にまだ単価が低い通貨での利用は非常におすすめです。

モナコインの将来性に期待してZaifで積立投資をする事にしました」という記事でも紹介した通り、私もモナコインの積立投資をしていますよ。

2位:ビットバンク (bitbank.cc)

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (4/5)
 ビットバンクの登録方法記事 ビットバンクの登録・口座開設方法

2位はビットバンク(bitbank.cc)です。

現在は取引手数料が無料になるキャンペーン(2017年10月16日~2018年6月31日)を開催中なので、この機会に利用する事をおすすめします。

元々は2018年3月31日までのキャンペーンでしたが、非常に好評で延長となりました。

ビットバンク(bitbank.cc)はオフラインのウォレットを採用していますので、ハッキング対策もしっかりされています。

私はメインの取引所として利用しており、モナコインに限定しなければ国内で最もおすすめする取引所ですよ。

また、リップルも日本円で購入可能ですので、リップルを買いたい場合はこの取引所を利用する事をおすすめします。

リップル(XRP)を最も安く購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介」の記事を参考にして下さいね。

3位:BITTREX(ビットレックス)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (5/5)
BITTREXの登録・使い方記事 BITTREXの登録・使い方とは

BITTREXは海外取引所ですので、日本語対応していません。

しかし、取引量は非常に多いのでモナコインを大量に仕入れたい方は利用しても良いと思いますよ。

日本円でモナコインを買いたい場合ビットバンク(bitbank.cc)Zaif(ザイフ)を利用しましょう。

4位:ビットフライヤー(bitFlyer)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (2/5)
通貨の取引量  (3/5)
   ビットフライヤーの登録方法記事  ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

成海璃子さんのCMで有名なビットフライヤー(bitFlyer)は4位になります。

他の3つの取引所とは違い販売所形式になっているため、手数料が非常に高くなってしまいます。

その代わり売買の手続きは一瞬で終わりますから、今すぐにモナコインを買いたい場合は利用すると良いでしょう。

また、私が最近注目しているリスク(LISK)という通貨が日本円で買えるのは、コインチェックとビットフライヤー(bitFlyer)のみですから、購入する際にはどちらかを利用すると良いでしょう。

リスク(LISK)に関しては「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」を参考にして下さいね。

海外取引所も積極的に利用しよう

取引に慣れて来たら海外取引所でビットコインを使って購入する事も可能です。3位でご紹介したビットレックス(BITTREX)も海外取引所ですね。

ビットコインの送金は非常に時間がかかりますから、手っ取り早く送金したい場合はイーサリアムを国内取引所で購入して送金するようにしましょう。

イーサリアムの購入は「イーサリアム(ETH)を一番お得に購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介」で紹介していますよ。

海外取引所でおすすめなのはバイナンスです。

この取引所は日本語対応していますから、初心者の方でも安心して利用可能ですよ。

通貨別ランキングと国内取引所一覧

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post モナコイン(MONA)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

bitbankがセキュリティ強化で国内最強の取引所に!?ミーの仮想通貨最新ニュース【2月6日】

2月6日仮想通貨最新ニュース

2/6はビットコインが暴落中です。本日の仮想通貨ニュースはビットバンクがセキュリティ向上!BTC暴落はテザー(USDT)の呼び出し公聴会?コインチェックのNEM不正送金の日本円返金に課税!?mijinとHyperledger Fabricを連携!等々をピックアップしています。

2月6日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日は仮想通貨全体が大きく下落しています。時間によってかなり変動しているので下記の価格もあまり当てにならないかも…

仮想通貨価格-前日比-2月6日

ケンケン
今日もビットコインが大きく下落しているね
ミー
テザー社の呼び出しからの市場不安が影響してるっぽいね
ケンケン
mijinとか良いニュースもたくさん出てるのに埋もれてる…
ミー
本日2月6日のニュースはこちら!
2月6日仮想通貨News概要
  • ビットバンクがセキュリティ向上!
  • BTC暴落はテザー(USDT)の呼び出し公聴会?
  • コインチェックのNEM不正送金の日本円返金に課税!?
  • 韓国の取引所規制は容赦なし!
  • Binanceがメディアを立ち上げ!?
  • mijinとHyperledger Fabricを連携!

ビットバンクがセキュリティ向上!

bitbank(ビットバンク)がセキュリティ向上のため、ログイン時の二段階認証をリリースするようです。

二段階認証が開始するのは明日2/7(木)午前11時からです。尚、認証アプリによる二段階認証のみが対象となり、SMS認証は対象外になるようです。

ビットバンクは以前から仮想通貨投資をしている投資家から人気の取引所です。人気の理由は、やはり運営の対応や運営側の取引所に対する知識や透明性などや、手数料が無料(キャンペーン期間中)で、安く仮想通貨を買う事ができる取引所ということもあります。

しかし、ビットバンクにログインの際に二段階認証を必要としない仕様にセキュリティに問題があるのではと疑問の声もありました。

今回はコインチェック事件を受けてかどうかは分かりませんが、ログイン時にも2段階認証を求められる仕様に変更され、今まで以上に評価があがり最強な取引所になったのではないでしょうか(Ü)

しかしながら、取引所のセキュリティ管理はどこまでいっても「最強で絶対」ということはないので、自身でできることは全て行っておきたいですね。

BTC暴落はテザー(USDT)の呼び出し公聴会?

現在ビットコインは、最高値から考えると過去最高の暴落を見せています。価格が下落している要因は様々あると思いますが、現状で主に思い当たるものは下記です。

  • テザー(USDT)の呼び出し公聴会
  • コインチェック不正流出事件
  • 各国やFacebook広告の仮想通貨規制
  • ダウ平均株価の暴落
  • 中国の旧正月
  • G20で仮想通貨に関する議論

ビットコイン暴落については、そのなかでもテザー社の米金融庁公聴会への呼び出しの影響が大きいとされています。

テザー社は「USDT」というドルとペッグされた通貨を発行していますが、通常は預けられたドルと同じだけのUSDTしか発行できませんが、ドルの裏付けがなくUSDTを発行していてBTCの価格を吊り上げていたのではないかという疑惑がかけられています。

ただし、まだ疑惑の段階です。さらにアメリカではそこまでテザーの話題があがっておらず、呼び出しは仮想通貨の詐欺やICOの質問がされるだけではないかとも言われています。

ダウ平均株価の暴落

仮想通貨に直接は関係ないかもしれませんが、ダウ平均株価(アメリカ)と日経平均も大きく価格を下げています。

ダウ平均株価はリーマンショック以上の下落幅とされています。

原因は、米長期金利の値上げがきっかけとされています。相対的に見ても仮想通貨価格と株価が全く関係がないとも言い切れません。どちらも同じ金融投資と考えている投資家も多いので…

ここであまり安易な事はいえませんが、ビットコイン下落の要因は直接的であったり決定的な原因がないということです。なにか間接的な不安感のようなものを感じます。

決して楽観的な考えは良くないといわれますが、私はこの暴落も仮想通貨の未来が断たれたようには思えません。この大暴落は限定的なもののようにしか感じられません。どこで上がるかなんて分かりませんが、私はまだまだ信じています!

コインチェックのNEM不正送金の日本円返金に課税!?

本日2/6に麻生太郎財務相兼金融担当相が、コインチェックのNEM不正送金の補償内容の日本円の返金額に対する税金について述べました。

現在コインチェックより発表されている補償内容は88.549円×保有数を日本円で返金するという内容です。

まだ確定ではありませんが、NEMの返金にあたって日本円での返金額が取得価格を上回っていれば所得税の課税対象とする可能性があると公表したようです。なので、NEMを購入した金額が88.549円より安い顧客に対して課税される可能性があるということです。

ただし、実際にいつ返金されるのか、どのように返金されるのかも決まっていないので早とちりは禁物です。

しかしながら、一刻も早い返金と安全を確保した上ので運営の再開を願っています。

韓国の取引所規制は容赦なし!

韓国の取引所は先日、匿名アカウントが規制されて、KYC(顧客本人の身元確認における書類手続き)が必要になりました。

このKYCを実施しなかった取引所Coinpiaは、停止命令を受けたようです。

韓国ではマネーロンダリングや、違法な取引を規制するためにKYCが徹底されているようなので、世界の取引所も一部韓国の徹底したコンプライアンスは見習わないといけない部分もあるかもしれませんね。

Binanceがメディアを立ち上げ!?

海外取引所のBinance(バイナンス)では取引所が運営するメディア「Binance info」のベータ版を発表しました。

このメディアのコンテンツは、バイナンスが発行するBNBコインを使ってユーザーがコンテンツをアップロードするようです。

なんらかの規約や運営の審査もあるとは思いますが、それって…(ポジトーク全開なのでは?…インサイダー情報が…)というような疑問も出てきますが、詳細が分かり次第改めて内容を更新します!

mijinとHyperledger Fabricを連携!

本実証実験の目的
本実証実験は企業間の契約書締結時における、ファイルの閲覧・編集などの作業履歴および合意締結に至るまでの承認プロセスの、管理コスト削減を課題としています。契約書の締結には紙やメールを手段とし、内容の確認から合意にいたるまで当事者間で度重なるやり取りが行われています。この課題に対するブロックチェーン技術の有用性を検証するため、ブロックチェーンで履歴の管理を行い、契約書のペーパーレスおよび業務効率化の実現可能性を検証します。

ふむふむ。何やら難しいことが書かれていますが、要点をまとめるとmijinとHyperledger Fabricのブロックチェーンを使って、企業間の契約書などをペーパーレスにする実証実験をするということですな。超簡単に言うと紙じゃなくて改ざんできないデータにしようというものですね。

ジャパンネット銀行はmijin、富士通株式会社はHyperledger Fabricを用いて開発を行うとのことです!

これは非常に良いニュースではないでしょうか(*´﹀`*)

大企業が積極的にブロックチェーン技術を使っていけば、自ずと基盤となっている仮想通貨自体の評価も上がってくれると信じています!

⇒ mijinとHyperledger Fabricを連携

保有している仮想通貨一覧

FXをやっていない私は、さすがに本日はポートフォリオアプリを開くのが嫌になりました。FX勢はこの下げ相場でショートで利益をガンガン出している方も多いようです!

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月6日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 70.6 -17.27%
ビットコインキャッシュ BCC 9.64万 -16.92%
イーサリアム ETH 6.54万 -26.1%
アリス ALIS 34.07 -22.97%
ネム XEM 44.09 -20.0%
リスク LSK 1547 -23.7%
ネオ NEO 8920 -21%
モナコイン MONA 400 -5.21%
仮想通貨総資産平均合計 -18.92%

BTCのチャートでは6000ドルに大きなサポートがあるといわれています。ここを切ったら、もう一段階下がるのを覚悟しないといけませんね!

投資の格言で「頭と尻尾はくれてやれ」「落ちるナイフはつかむな」という有名な格言があります。底で買えたら万々歳ですが、底なんて誰にも分かりません。下落途中の相場でジタバタするのはさすがに危険と察知しました。

自分で分析して冷静な判断で行動するのみですねo(`*ω*´)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月6日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のBinance銘柄もほぼ全滅です。。保有している全ての通貨が-20%~という危機的な状況ですw

買い増しのチャンスなのかもしれませんが、本日ももう少し様子を見ています。

何も触っていません。。

それではまた明日☆

bitbankがログイン時の2段階認証をリリース

bitbankからログイン時の2段階認証をリリースすることがアナウンスされています。

いつもbitbankをご利用いただきありがとうございます。

アカウントセキュリティの向上のため、以前よりご要望頂いておりましたログイン時の二段階認証を2018/2/7 AM11:00 にリリース致します。

上記時刻以降、二段階認証を既に設定済みのお客様は、ログイン時に二段階認証が必須となります。
引用 : bitbank : ログイン時の二段階認証リリースのお知らせ
かねてからユーザーの要望が多かったbitbankのログイン時の2段階認証ですが、2018年2月7日午前11時にリリースされることが発表されています。

また、すでに2段階認証を設定しているユーザーは、上記の時間以降のログインの際には2段階認証が必須となっています。

なおbitbankでは2段階認証アプリで 「Google Authenticator」「IIJ SmartKey」 に対応しています。

[box class="red_box" title="2段階認証の注意点!"]

2段階認証で「Google Authenticator」を使用しているユーザーの注意点です。

Google Authenticator で2段階認証を設定して「機種変更」を行った場合、Authenticatorはデータを引き継ぎません。

ですのでもしbitbankで2段階認証を設定したまま機種変更を行っている場合には、旧機種であらかじめ2段階認証を解除しておき、新機種で新しく設定しておくとスムーズにログインすることができます。
※ Authenticatorで2段階認証をして機種変更して、旧機種を初期化や売却してしまった場合、取引所のサポートへ連絡して「本人確認」ができれば大抵の場合は2段階認証を解除してもらえるようです。

[/box] [ex-jp-bitbank.cc] [link-recommended_ex]No tags for this post.

ビットバンクがログイン時の二段階認証をリリース!

取引所ビットバンクが2月7日(火)にログイン時の二段階認証をリリースすると発表しました。

ビットバンクが二段階認証に対応


ビットバンクがアカウントセキュリティ向上の為、ログイン時の二段階認証を2018年2月7日(水)AM11:00にリリースすると発表しました。

二段階認証とは


二段階認証は「Google Authenticator」というアプリを使い、ログインパスワードに加えて、さらに確認コードによる認証を行うことで、アカウントのセキュリティをより強化するための仕組みです。
ニ段階認証アプリから作成される一定時間のみ有効なパスワードの入力が求められるようになります。
このパスワードは時間が経つとすぐ無効になるため、キーロガー等のスパイウェアに対し非常に有効です。

Twitterでの反応

セキュリティが向上したビットバンク

ビットバンクはリップル、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュなどといったアルトコインを取引所形式で購入でき、手数料が無料なので大変お得です。
二段階認証も導入し、セキュリティ面でも向上したビットバンクなら安心して取引することが可能です。

ビットバンクがログイン時の二段階認証をリリース!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

【画像で解説】bitbank(ビットバンク)の登録方法(口座開設手順)

ペンタごん
人気のビットバンクを始めたい!
亮平
登録方法をまとめてもらったよ!
アニメスターさん
私が紹介しますね!

はじめまして、アニメスター(@anime0star)と申します

仮想通貨をゼロから始めた私が、ビットバンクで口座開設をした時の手順をお話します!

 

個人的にとてもおすすめの取引所で、私も今はビットバンクしかほとんど使っていないほどです。

難しそうな登録手順も、たった3分程度で終わります

待ち時間にでもサクッとできてしまうので、この記事を参考にさっそく始めてみて下さい!

 

1.bitbank(ビットバンク)の登録(口座開設)手順

アニメスターさん
さっそくはじめていきましょう!

まずはbitbankの公式ページを開いて下さい。

クジラがお迎えしてくれますので、メールアドレスを入力して、新規登録を押すとメールが送信されます。

さて次はパスワードを決めるために、届いたメールを確認してみましょう。

赤枠で囲われたメールのURLをクリックしてください。

その次に、赤い矢印の欄を入力して「登録」ボタンを押します。

次は基本情報の登録ですね。

名前、生年月日、住所の3つですので、ササっと終わると思います。

取引の目的、職業、外国重要公人への回答を入力していきます。

外国重要公人に該当する人は少ないと思うので、ここでは上の欄のところに矢印を置いてます。

スムーズに登録ができますし、私の場合は2分くらいでした( *´艸`)

確認画面に移りますので、不備が無ければ登録ボタンを押してください。

「本人確認書類のアップロード」に進みましょう。

「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「在留カード」の中から選んでね、と指示されます。

画像をアップロードして、「この内容で登録する」を押しましょう!

この画面が出れば、登録の手続きはほぼ完了です!

あとはハガキが届くのを待ちましょう、早ければ数日で届きますよ。

後日、このようなハガキが登録した住所に届きます。

アニメスターは年末にやってしまったので、2週間近く待ちましたが、連休などで無ければ数日で来るそうです( *´艸`)

ハガキに記載されている文字列を入力したら終了です(^^)

お疲れ様でした( *´艸`)

ペンタごん
うーんめちゃくちゃ簡単だ…
亮平
これなら誰でもできそうだね!

 

2.bitbank(ビットバンク)の二段階認証手順

アニメスターさん
超大事な二段階認証も一緒にやっておきましょう!

大事な二段階認証も、一緒にやっておきましょう。

ログイン後、右上の「セキュリティ」をクリック。

「二段階認証」をクリックし、設定を進めていきましょう。

まだ認証アプリをお持ちでない方は、以下からインストールしておきましょう。

他の取引所にも使えるので、必須のアプリですよ。

Google 認証システム
Google 認証システム
開発元:Google LLC
無料
posted with アプリーチ

アプリから設定したら、二段階認証も完了です。

とっても簡単なので、忘れずにやっておきましょうね!

 

3.bitbank(ビットバンク)の登録方法(口座開設手順)まとめ

ペンタごん
驚くほど簡単にできたよ!
アニメスターさん
さっそく始めてみましょう!

ここまで読んでくれた方も、ぜひ実際にやってみて下さい!

実際にビットバンクを登録した感想としては、驚くほど簡単でした( *´艸`)

登録手順の中で迷うところは特になく、終わってみれば「あ、もう終わりか」と感じるほどですよ。

 

数分で登録が終わり、ハガキもすぐに届くので、今のうちにチャチャっと終わらすことをおすすめします。

ようこそ仮想通貨の世界へ。

仮想通貨通貨が織りなす激動の相場と世界を、一緒に歩んでいきましょう!

寄稿者プロフィール

この記事を書いた人アニメスター(@anime0star)さん

ブログ内定ゼロから始めるアニメスターの奮闘記

内定辞退した大学18卒生。ブログ「内定ゼロから始めるアニメスターの奮闘記」にて、大学生と投資家に向け情報発信。

亮平
アニメスターさん、ありがとうございました!
ペンタごん
すぐ登録します!

いかがだったでしょう。

ビットバンクの登録は驚くほど簡単ですよ。

さっそく、登録をしてみましょう!

 

\今ならキャンペーン中!/

 

▼ビットバンクの詳細は、こちらからどうぞ▼

あわせて読みたい
No tags for this post.

【追加更新】取引所各社が自社のセキュリティ体制を再周知

先日のCoincheck社(コインチェック)不正出金事件を受けて、国内取引所各社が自社のセキュリティ体制を再び周知しています。

そこで本記事では現在までに公式サイトで公表している取引所をまとめました。

現在公表している取引所

GMOコイン

GMOコインの顧客資産保護体制について

顧客資産の分別管理

当社では、法令に則り、顧客資産は全て当社資産と分別して管理しております。
仮想通貨は、当社保有分とお客様保有分で物理的に分離して保管しており、またお客様から預託を受けた金銭につきましても、当社の自己資金とは別口座で管理しております。

また、顧客資産と当社資産につきましては、毎営業日、過不足が生じていないかを算定・照合することにより、分別管理を徹底しております。
GMOコインの顧客資産保護体制について | GMOコイン株式会社

Zaif(ザイフ)

セキュリティの強化

更なるマルチシグの強化
ウォレットがすでにマルチシグ化されている通貨を含め、更なるマルチシグ環境の強化を実施します。

マルチシグにおける署名サーバー環境の更なる分散化
マルチシグにおける署名手順の更なる複雑化

ホット・コールドウォレット環境の強化
既存の厳格なルールから、更なるセキュリティ強化のためコールドウォレット優先化を実施します。

ホットの比率の見直しと、コールドの比率の引き上げ
通常、ユーザーの入出金に合わせた残高をホットウォレットで管理するが、更に高度な残高予測アルゴリズムを導入することにより、その数値を最小限にとどめる。
ただしコールドウォレット優先化に伴い、引き出し制限により「すぐに引き出せないことがある」など、一部ユーザー体験を損なう可能性があるが、セキュリティ優先の旨をユーザーに徹底周知する。

なお、本件に関する詳細な情報公開は、セキュリティリスクに繋がる可能性があるため割愛いたします。
テックビューロ(Zaif)セキュリティ対策室設置について | Zaif Exchange

bitFlyer(ビットフライヤー)

【「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義】
1.当社及び当社グループは、全社一丸となり最新セキュリティ技術を導入し、お客様にご安心いただけるセキュリティ管理体制を維持し続けます。
2.当社及び当社グループは、顧客資産保護のため必要なセキュリティ対策を策定し実施します。
3.当社及び当社グループは、万が一セキュリティに関する事故等が発生した場合には、金融庁、警察庁、警視庁及び日本ブロックチェーン協会(以下、「JBA」)と連携し、速やかに適切な措置を実施するとともにその状況を当局等に報告します。
4.当社及び当社グループは、セキュリティに関する内部監査体制を構築し、セキュリティ対策の継続的な改善・見直しを実施します。
5.当社及び当社グループは、セキュリティの重要性を常に認識し、各種法令・内部規程を遵守します。
bitflyer-security-first-policy-and-our-measures-for-security-and-customer-asset-protection-ja.pdf

bitbank(ビットバンク)

当社の取り組み
当社は、顧客資産の保護、安全性の確保を事業運営上の最優先課題としております。そのため、法令に則り、日々顧客資産と自社資産の分別管理を実施しており、倒産隔離を行っています。

仮想通貨の運用管理においては、いかにその安全性を高めつつ、現実的な運用を行うかを突き詰めることが至上命題となります。仮想通貨のセキュリティは、仮想通貨を動かすにあたり必要な「秘密鍵」の運用方法に集約されます。

ここでは、仮想通貨を狙った攻撃の概念を改めて紹介し、それを防止するために当社が行っている運用管理方法について説明します。
仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

当社のセキュリティ対策および
今後の更なる強化策について

1. 取扱仮想通貨は100%コールド・ウォレットで管理*
2. 徹底した顧客資産の分別管理
3. 出金用仮想通貨アドレスのホワイトリスト化
4. 仮想通貨出金における4段階でのチェックプロセスおよび当社によるマニュアルでのダブルチェックプロセスの導入
5. プライベートサーバーを利用
6. サービス利用におけるユーザー二段階認証の必須化
7. API経由での法定・仮想通貨の出金の禁止
8. 外部専門家(ホワイトハッカー)によるペネトレーションテスト(システム脆弱性等のチェック)を1年に2度実施
9. 社内システムへのアクセス時の全従業員への二段階認証の必須化
10. 社内システムへのアクセス時のIPアドレスのホワイトリスト化

*ビットコインおよびビットコインキャッシュについてはマルチシグを導入済みです。
引用 : 【QUOINEX(コインエクスチェンジ)】当社のセキュリティ対策および今後の更なる強化策について (QUOINEX会員宛のメールより)

BITPoint(ビットポイント)

具体的には、お客様の情報資産管理の適切性を確保するため、「組織的安全管理措置」、「人的安全管理措置」、「技術的安全管理措置」を踏まえた「情報セキュリティポリシー」を策定しており、経営陣を中心とした管理体制のもと情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築して情報セキュリティの維持、向上に取り組んでおります。また、当社では、代表取締役社長を情報セキュリティ確保のための最高責任者として「情報セキュリティ委員会」を発足し、その委員長として情報セキュリティを統括管掌する取締役を任命、情報セキュリティ委員会の事務局ならびにサイバー対策を講じる責任部署を「システム管理部」としており、情報漏洩防止に最大限の施策を講じることに加え、仮に情報が漏洩した場合であっても、第三者がこの漏洩情報を解読することの不可能な対策を講じることを当社の情報セキュリティに係るポリシーとしております。
BITPoint | ビットポイント 当社の情報セキュリティ管理態勢について

BitTrade(ビットトレード)

当社の取り組み
当社は、顧客資産の保護、安全性の確保を事業運営上の最優先課題としております。そのため、法令に則り、日々顧客資産と自社資産の分別管理を実施しており、倒産隔離を行っています。

仮想通貨の運用管理においては、いかにその安全性を高めつつ、現実的な運用を行うかを突き詰めることが至上命題となります。仮想通貨のセキュリティは、仮想通貨を動かすにあたり必要な「秘密鍵」の運用方法に集約されます。

ここでは、仮想通貨を狙った攻撃の概念を改めて紹介し、それを防止するために当社が行っている運用管理方法について説明します。
仮想通貨取引所ビットトレードのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について
[ex_list_ja]

【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキング!

ペンタごん
取引所はたくさんあるけどおすすめが知りたい…
亮平
ランキングで比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は おすすめの仮想通貨取引所 を、ランキングで紹介しますね。

『仮想通貨取引所』とは、簡単に言えば仮想通貨の売り買いをするところです。

取引所に登録する事で、仮想通貨を買う事ができるようになると思って下さい。

 

仮想通貨の取引所はずいぶん増えてきて「どこを使うのが良いんだろう…」と悩む事も多いと思います。

この記事を参考に、おすすめの取引所をぜひ使ってみて下さい!

 

0.仮想通貨(ビットコイン)取引所のランキング基準について

亮平
上記の基準でランキングにするよ!
ペンタごん
おぉ分かりやすい!

ランキングは手数料の安さ、使いやすさ(アプリ含む)、銘柄の豊富さ星5段階で評価します。

僕が実際にすべて使っている上での感想を含めてお話しますので、ご参考にして下さい。

 

またその他の特徴として、取引所ごとの特徴(強み)もあわせてご紹介しますね。

それでは、さっそく1位から見ていきましょう。

 

1.Zaif(ザイフ)取引所

亮平
まずはやっぱりZaifだね

第1位はZaif

手数料の安さと積立機能が大きな強みですね。

詳しい紹介については、以下の記事をどうぞ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

①Zaif取引所のメリット

ビットフライヤー コインチェック・ビットバンク Zaif
Maker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.05%
Taker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.01%

まずはなんといっても、手数料の安さがあります。

主要な仮想通貨であるビットコインを日本円で買うならば取引手数料はなんと-0.05~-0.01%(!)

つまり、手数料がかかるどころか、逆にボーナスが貰えてしまうんですね。

またアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも 『取引所』 があるのは大きな魅力です。

アルトコインの 『取引所』 があるのは、国内主要取引所ではZaifとビットバンクだけですからね。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

そして最大の特徴としては、『Zaifコイン積立』にて自動のほったらかし積立ができる点です。

月1,000円から始められるのでたいへんおすすめですよ。

>>関連記事:『Zaifコイン積立』とは?元銀行員がメリット・デメリット・評判を解説!

 

②Zaif取引所のデメリット

個人的な一番のデメリットとしては、アプリが使いづらい事ですね…。

Zaifは、アプリが使いづらいと以前からよく言われています。

 

ただ普段は積立だけなら、アプリで頻繁に相場を見る事はないのでそこまで大きなデメリットでは無いですよ。

なので、総合的に見て一番良いのはZaif取引所だと思います。

 

2.ビットバンク(bitbank)取引所

亮平
ビットバンクは、手数料の安さが素晴らしいね

第2位はビットバンク

最近、僕もよく使っていますが、手数料の安さが大きな特徴ですね。

これからさらにユーザーが増えていくであろう、おすすめの取引所ですよ。

>>関連記事:リップル・ライトコインの購入ならbitbank(ビットバンク)!メリット・デメリット・評判は?

 

①ビットバンク取引所のメリット

ビットバンクは3月31日まで、取引手数料ゼロのキャンペーンをやっています。

なので、さらに安く買う事ができますね。

取引手数料
ビットフライヤー 割高。『取引所』はBTCのみ
コインチェック 割高。『取引所』はBTCのみ
Zaif 0~0.3%
ビットバンク 0%

国内の主要取引所と比較しても、手数料ゼロはかなり良いですね。

これは大きな強みといえるでしょう。

またビットバンクが好評な理由は、アルトコインで『取引所』がある事です。

アルトコインで『取引所』と聞くと、さきほど紹介したZaifが思い浮かびますね。

 

ただリップルとライトコインはZaifで取り扱いが無いので、リップル・ライトコインの 『取引所』 があるのはビットバンクだけなんです。

しかも、現在コインチェックでリップルの取引ができない事から、国内の主要取引所でリップルを購入できるのはビットバンクだけなのでさらにおすすめですよ。

 

②ビットバンク取引所のデメリット

ビットバンクのデメリットとして、まず取引ペアが限られている事があります。

イーサリアムやライトコインは、ビットコインとしか取引(売買)できません。

 

またビットコインやリップルは、日本円でしか取引できないのです。

このように、ビットバンクは取引ペアが限られているのがやや不便ですね…。

またビットバンクは、コインチェックなどの主要取引所に比べてユーザーが少ないので、売買が成立しにくいと言えます。

ただ、そこまで大きな額で無いなら、取引にさほど問題は無いでしょう。

最後に、ビットバンクはスマホアプリにまだ対応していません。

ネットからアクセスすれば問題なく使えますが、アプリユーザーにはやや不満かもしれませんね。

 

僕のようにPCからしか使わないなら問題は無いですよ。

総合してみると、手数料を安く取引するなら必須の取引所かなと思います。

 

3.ビットフライヤー(bitFlyer)取引所

亮平
次は国内最大手のビットフライヤーだよ

第3位は国内最大手のビットフライヤー

僕も初めての仮想通貨取引所はビットフライヤーでしたが、PCもスマホアプリも使いやすいので初心者にもピッタリですね。

またセキュリティにも力を入れている、安心の取引所ですよ。

>>関連記事:【超まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・評判!

 

①ビットフライヤー取引所のメリット

ビットフライヤーの一番のメリットは、なんといっても国内最大の取引所である実績と安心感ですね。

大手金融系を始めとした有名企業も株主に並んでおり、取引所としての充実ぶりが伝わってきます。

また、ビットフライヤーはいち早く補償制度を実施しています。

コインチェックやZaifなど他の取引所は、まだ補償制度は未実施ですね。

  補償制度
 ビットフライヤー あり(ただし円出金のみ)
コインチェック  なし(制度試行自体は発表済)
Zaif  なし 

ユーザーにとって超大事補償制度にいち早く取り組んでくれている点は、大きく評価できると思います。

>>関連記事:【補償制度比較】ビットフライヤー・コインチェック・Zaif【仮想通貨取引所】

 

②ビットフライヤー取引所のデメリット

ビットコインしか取引所がなく、他の通貨を買う際は手数料が高くなりますね。

またビットフライヤーも積立機能はあるのですが、1日の最低購入金額が1,000円からなんですよね…。

これだと、毎日の積立にすると月30,000円程度かかってしまいます。

なので積立をするならZaifの方がおすすめでしょう。

 

総合的に見ると、使いやすさにも定評があり、Zaifと一緒にまず使って欲しい取引所かなと思います。

 

4.バイナンス(Binance)取引所

亮平
海外取引所はまずバイナンスを使ってほしいね

第4位は、海外取引所のバイナンス

海外取引所では、No.1の人気を誇っていますね。

国内取引所に慣れてきたら、ぜひ使って欲しい取引所です。

>>関連記事:【超まとめ】Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・評判!【海外仮想通貨取引所】

 

①バイナンス取引所のメリット

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1% 0.1%

Zaifやビットバンクと同じように、バイナンスの手数料も安い事で人気です。

バイナンスはなんと全銘柄0.1%と驚きの水準です

他の海外取引所より安いのも、大きな特徴ですね。

またバイナンスで取り扱っている銘柄(コイン)100種類以上とたいへん豊富です。

国内取引所で仮想通貨銘柄が豊富と言われているコインチェックでも10ちょっとなので、バイナンスははるかに多いですね。

 

②バイナンス取引所のデメリット

国内取引所だと、日本円を入金して仮想通貨を買うという流れになりますね。

バイナンスのような海外取引所だと、日本円の取り扱いが無いので、国内取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに入金(送金)して使用する事になります。

 

出金の際も同様で、国内取引所を経由して日本円に換える必要がありますね。

慣れるまでは、正直ちょっと面倒です。

 

また、日本語対応もしなくなってしまったので、やや使いづらくなってしまいましたね。

以前までは日本語対応していたので、今後の改善に期待しましょう。

海外取引所を使うなら、まずはバイナンスから始めるのがおすすめですよ。

 

5.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)取引所

亮平
DMM Bitcoinでレバレッジ取引にもチャレンジしてみよう

続いて、大手企業DMM.comがスタートさせたDMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応しているだけでなく、アプリの使いやすさにも定評がありますよ。

>>関連記事:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・メリット・デメリットは?レバレッジ取引におすすめ!

 

①DMM Bitcoin取引所のメリット

DMM Bitcoinの一番の特徴は、アルトコインでのレバレッジ取引ができる点ですね。

レバレッジ取引自体はビットフライヤーGMOコインでもできるのですが、どちらもビットコインだけとなっています。

亮平
スマホアプリも使いやすいよ!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいと思います。

チャートを見るのはもちろん、取引までもスマホ一つでできるのも便利ですね。

今なら登録すると、1,000円がもらえるキャンペーン中ですよ。

 

②DMM Bitcoin取引所のデメリット

DMM Bitcoinは 『取引所』 形式が無く、 『販売所』 形式を使うしかありません。

なので、取引による手数料がやや高いと言えるでしょう。

またDMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッド(売値と買値の差の事で、実質的な手数料)が広くて手数料が高いと言われています。

これはややネックですが、アルトコインが大幅に値動きする時を狙うなら、チャンスはあると思います。

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引にも挑戦してみると良いですよ。

 

6.【登録停止中】コインチェック(coincheck)取引所

亮平
レバレッジ取引はスプレッドが広いから手数料が高いと言えるね

現在は登録停止してますが、コインチェックについても書いておきます。

使いやすさ、スマホの見やすさ、銘柄の豊富さなどで総じて評価の高い取引所だと思います。

アルトコインの手数料がやや高いのがネックですが、今後の取引再開に期待して待ちましょう。

>>関連記事:【超初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット・評判!

 

7.使う取引所を増やしていくおすすめのステップ

ペンタごん
取引所はどんな順番で使っていけばいい?
亮平
このステップをおすすめするよ!

初心者の方は、まずZaifビットフライヤーで始めていきましょう。

リップルやライトコインなどが欲しくなった際には、次にビットバンクも使い始める。

 

そして国内取引所に慣れてきたら、バイナンスにチャレンジしてみましょう。

最後に、レバレッジ取引がしたければDMM Bitcoinを使う…というイメージですね。

ただどの取引所も本人確認に時間がかかるので、登録だけは早めに済ませておく事をおすすめします。

 

8.【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキングまとめ

ペンタごん
仮想通貨取引所のランキングがよくわかったよ!
亮平
おすすめの取引所をぜひ使ってみよう!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕が普段から使用している取引所です。

自信を持っておすすめできるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

一つの取引所のみを使っていると、何らかのトラブルで使用できなくなった際に困ってしまいます。

そうならないためにも、いつでも複数の取引所を使えるようにしておきましょう!

今回紹介した取引所ランキング

第1位⇒Zaif:手数料の安さ、積立機能が魅力

第2位⇒ビットバンク:手数料の安さ、リップルの購入におすすめ

第3位⇒ビットフライヤー:最大手取引所。使いやすさと補償制度が特徴

第4位⇒バイナンス:海外取引所No.1で、取り扱い銘柄も豊富

第5位⇒DMM Bitcoin:アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応

 

▼各取引所の登録手順へ進みましょう▼

あわせて読みたい

【ライトコインの買い方・購入方法】取引所はビットバンクがおすすめ!

ペンタごん
ライトコインってどこで買えるの?
亮平
おすすめの買い方を紹介するね!
 ライトコイン(Litecoin) を知っていますか?

ビットコインが金なら、ライトコインは銀といわれる注目のコインです。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.101より

過去にビットコインが暴落した際にも、ライトコインが代わりに値上がりするなど人気を集めてきました。

ビットコインよりも機能性に優れ、期待されているコインなのです。

今回は、そんなライトコインの買い方と取引所を紹介しますね!

 

1.ライトコイン(LTC)とは?

ペンタごん
そもそもライトコインってなに?
亮平
分かりやすく説明するね!

 

①ライトコインは『銀』に例えられるコイン

亮平
ビットコインが『金』、ライトコインは『銀』と例えられているよ!

ライトコインは、元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されたコインです。

送金速度が速いなど実用性の高さが特徴で、ビットコインの問題点を改善した通貨として注目されました。

通貨としての特徴はビットコインと似ている事から、ビットコインが『金(デジタルゴールド)』と例えられるのに対し、ライトコインは『銀』と例えられています。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.101より

ライトコインは日本でも人気が高く、大手取引所のコインチェックやビットフライヤーにも上場しています。

そのためアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の中でも注目度が高いですね。

 

ライトコインの発行数量は8,400万枚と限度が決まっています。

ビットコインの発行数量は2,100万枚なので、ライトコインの方が流通するコイン量が多く、より安く安定して取引ができると言われています。

まさしく、『金』より安定感のある『銀』を目指しているというわけですね。

 

②ライトコインの特徴は送金速度の速さ

亮平
ライトコインの送金速度の速さで人気だよ!

ライトコインの大きな特徴は送金速度の速さです。

送金が速いといえばリップルが有名ですが、ライトコインも負けてはいません。

現在、仮想通貨での支払い手段としてはビットコインが普及していますが、送金速度の速さなどによりライトコインが代わる日も近いか…とまで言われています。

ライトコインの実用性が高まり、さまざまな決済に使えるようになるとさらに注目されていくでしょう。

 

③SegWit(セグウィット)を実装済み

(『ビットコイン投資やってみました!』P.93,94より

亮平
ライトコインは、『Segwit(セグウィット)』も実装済みだよ

ビットコインの『スケーラビリティ問題』は、あなたも聞いた事があると思います。

上記の絵がたいへん分かりやすく、簡単に言うとユーザーの増加につれ取引も増えて、送金に時間がかかるようになってしまったのですね。

 

その解決策として、取引データを圧縮するSegwitという方法が注目されるようになりました。

ライトコインは、このSegwitをいちはやく実装している点も、大きく評価されているのです。

 

2.ライトコインのチャートは?

ペンタごん
おぉ、すごい!
亮平
2017年の12月にも大きく値上がりしたね

ライトコインは、しばしば大きく値上がりを見せています。

支払い手段に採用されるというニュースや、開発者のチャーリー・リー氏がメディアで発言する事で高騰しているようですね。

ビットコインとの大きな違いとして、ライトコインは開発者がはっきりしているので、チャーリー・リー氏の動向を見るのがポイントになってきます。

ライトコインの普及に向けて積極的に活動されているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

3.【ライトコインの買い方・購入方法】取引所はコインチェック・ビットフライヤーよりビットバンクがおすすめ!

ペンタごん
よし、僕もライトコインを買うぞ!
亮平
ビットバンクが安く買えておすすめだよ!

ライトコインは、国内の仮想通貨取引所だとコインチェックビットフライヤービットバンクで購入ができます。

ただコインチェック、ビットフライヤーだと手数料が高いので安く買えるビットバンクがおすすめですよ。

理由もあわせて説明していきますね。

 

①ビットバンクは、ライトコインなどアルトコインの『取引所』がある

亮平
ビットバンクには、ライトコインなどアルトコインの『取引所』があるよ!
ペンタごん
『販売所』、『取引所』のやつだね!

 

①-1 『販売所』、『取引所』とは?

亮平
まずは、『販売所』と『取引所』のおさらいをしておこう

仮想通貨取引所では、基本的に仮想通貨を買う方法は2つあります。

  • 販売所:コインチェックやビットフライヤーといった 販売元から、直接買う 

コインチェックやビットフライヤーといった販売元から、直接買うところが 『販売所』 です。

これはシンプルで、イメージしやすいですね。

  • 取引所『板』を利用し、 他のユーザーから買う 

もう一つが、 『取引所』 

株式の売買に使われる『板(いた)』の、仮想通貨バージョンです。

亮平
『板』は、パっと見難しそうだけど、実はとても簡単だよ

簡単に言えば、「この値段で売りたい(買いたい)」という注文が並んでいるのが『板』です。

左側の青枠の数字が大きければ、売りたい人がたくさんいて、右側の赤枠の数字が大きければ、買いたい人が多い、というわけですね。

 

①-2 仮想通貨を安く買うなら、『取引所』を使おう

亮平
『取引所』の方が、仮想通貨を安く買えるよ!

これがとても大事なのですが、仮想通貨を安く買うなら、『取引所』を使うのがベターです。

『販売所』はどうしても、販売元に手数料が多くとられてしまうんですね。

試しにライトコインを買う際の、 ビットフライヤーの『販売所』  ビットバンクの『取引所』 の価格の差を見てみましょう。

  •  ビットフライヤーの『販売所』 :1LTC=21,405円
  •  ビットバンクの『取引所』 :1LTC=20,990円
ペンタごん
ビットバンクの方が安いね!
亮平
ライトコインを買う時は、ビットバンクで『取引所』を使おう!

上記の通り、 ビットバンクの『取引所』 の方が安く買えます。

ただし、ビットバンクはビットコイン(BTC)でしか買えないので、日本円で買いたい場合はビットフライヤーが良いでしょう。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

 

4.ライトコインの今後の予想は?

ペンタごん
ライトコインの今後の予想は?
亮平
実用化が一番のポイントになるだろうね

今回お話した通り、ライトコインは送金速度の速さなどで優れています。

なので、今後は支払いなどの決済により使われるようになり、実用化が進んで行く事が重要なポイントになる事でしょう。

 

機能としては優れているものの、まだ知名度がそこまで高くないため、さらに使われるようになれば値上がりの可能性は十分あると思います。

ライトコインの将来性に期待しましょう。

2月5日追記。

ライトコインで決済できる『LitePay』のプロダクトが、Litecoin財団から発売する予定が発表されました。

すでにライトコインは値上がりを見せており、大きな注目をあびています。

>>参考:LitePay端末の発売発表によりLTC(ライトコイン)価格が高騰中!(外部リンク)

 

5.ライトコインの買い方・おすすめの取引所と購入方法まとめ

ライトコインの買い方・おすすめの取引所と購入方法まとめ
  • ビットコインの『金』に対して、『銀』と例えられている
  • 送金速度の速さが特徴で、Segwitにも対応済!
  • 開発者であるチャーリー・リー氏の動向にも注目
  • おすすめの買い方は、ビットバンクの『取引所』!
  • 今後も、さらなる実用化によって期待できる!
ペンタごん
ライトコインがよくわかったよ!
亮平
さっそく手に入れてみよう!

いかがだったでしょう。

ビットコインに代わり、ライトコインが普及する日も来るか…と個人的に期待しています。

 

いくつか仮想通貨を所有するなかで、ポートフォリオにライトコインを組み込んでおくのもおすすめですね。

さっそく、あなたもライトコインを購入してみましょう!

 

\今ならキャンペーン中!/

 

▼ビットバンクの詳細は、こちらからどうぞ▼

あわせて読みたい

【評価】ビットバンクトレード(bitbanktrade)は怪しい?評判と口コミを徹底調査

bitbanktrade
ビットコインFXに特化した仮想通貨取引所ビットバンクトレード(bitbanktrade)の評判や口コミなどのユーザーレビューが本当なのか徹底調査してビットバンクのメリット、デメリットを解説します。

ビットバンクトレード(bitbanktrade)とは?

bitbankcc2 ビットバンクトレードは2014年5月に設立したビットコインFXの取引所です。 ビットバンクトレードは、世界最大のビットコイン(BTC)取引所を運営するOKCoinとの間を取り次ぐことにより、世界最大規模の取引流動性の提供と最大レバレッジ20倍、追証不要を特徴とした、国内初のビットコイン先物証拠金取引ができる取引所です。 ビットコインFXを本格的に行いたい方向けの仮想通貨取引所です。

ビットバンクトレード(bitbanktrade)の運営会社は?

bitbankcaree
会社名 ビットバンク株式会社
資本金 11億3,100万円(資本準備金含む)
会社情報 代表取締役 廣末紀之 本社所在地 東京都品川区西五反田7丁目20-9KDX西五反田ビル7F
設立年月日 2014年5月
ビットコインFXのみならず、アルトコインを購入が可能な「bitbank CC」も運営しております。

ビットコインニュースBTCN

btcnews ビットバンクはも国内最大規模の仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースメディア「ビットコインニュースBTCN」も運営。専門のライターさんを沢山抱えられており最先端な情報が満載です。

ブロックチェーン大学校

daigaku ビットバンクは国内唯一のブロックチェーンエンジニア向けの教育プログラムである「ブロックチェーン大学校®」の運営も行っております。 仮想通貨取引所の運営のみならず、ブロックチェーン技術エンジニア育成に力を入れている点が各界から注目されています。

ビットバンクトレード(bitbanktrade)のメリットは?

ALEX 口コミや評判でささやかれているビットバンクトレードにしかないメリットをお伝えします!

追証なしのビットコインFX(BTC FX)

oisyo BTC FXは、ロスカット制度を採用していますので、追加の証拠BTCを求められる事がありません。 万が一ロスカット時に証拠BTC以上の損失が出た場合でも、お客様は証拠BTC以上の損失を負担する必要はありません(本損失分は当社の決済損失積立金より充当いたします)。 ロスカット時に証拠BTC以上の損失が出た場合に追加で損失負担をしなければならない取引所もあります。 ビットバンクトレードでは、お客様の勝ち分から0.2%のキャピタルゲイン手数料(CGF)を徴収することで、流動性の枯渇や不足の事態に対処し追証をなくすことに成功しました。 これは、他の金融取引では見られないビットバンクトレードだけの特徴です。 その点においてビットバンクトレードは安心して取引をする事ができます。

レバ最大20倍 24時間365日取引できる!

bitbankcc3 ビットバンクトレードなら、国内初の証拠BTC取引(BTCFX®)の入金、出金、購入、売却、FXトレードが、24時間365日、いつでもどこでも可能です。 このことが意味するのは、一年を通してのトレード時間が通常の株やFXと比較して、1.5倍(365営業日÷250営業日)ほどあるということです。 平日は忙しいので、休日だけトレード!などのスタイルも可能です。

最大13種類のテクニカル指標の描画が可能

chart1 ビットバンクトレードでは、インジケーター/オシレーターに加えトレンドライン、フィボナッチ・リトレースメントなど豊富な描写機能を持つチャート機能を利用する事ができます。

テクニカル分析ツールの種類

ccccccc トレンドライン,フリーハンド,アロー,フィボナッチリトレースメント,フィボナッチファン,フィボナッチアーク,サークル,出来高,MACD,RSI,ストキャスティクスRSI,OBV,DPO,アルーン,指数平滑移動平均線(EMA),単純移動平均線(SMA),パラボリックSAR,ボリンジャーバンド,ケルトナーチャネル,一目均衡表,シャンデリアシステム,ジグザグ

ビットバンクトレード(bitbanktrade)のデメリットは?

ALEX (1) 口コミや評判でささやかれているビットバンクトレードのデメリットをお伝えします!

入出金がBTC(ビットコイン)でしか出来ない

bcc2 入金は「ビットコイン預入」のみ可能です。(日本円での入金はできません) 他の取引所でBTC(ビットコイン)を購入して、ビットバンクトレードの口座に送金する必要があります。 まだビットコインをお持ちでない方はビットバンク(bitbank.cc)にて、まずは現物ビットコインをご購入をオススメします。 ビットバンクでの口座開設するとビットバンクトレードとも連携できるのであらゆる面でスムーズです。 出金も入金と同様に「ビットコイン引出」のみとなります。 どこか他の取引所またはウォレットに送金する事になります。

ビットバンクトレード(bitbanktrade)の口コミと評判

https://twitter.com/izumi_kenichi/status/939315292945113088 https://twitter.com/mago_d0/status/938742124446494721 https://twitter.com/jouhohgenjin/status/932587853434970112

ビットバンクトレード(bitbanktrade)はビットコインFXに特化したい人にオススメ

ビットバンクトレードリスクなく安心してビットコインFXをしたい方にぴったりの取引所です。 登録は無料で、簡単にアカウントも作成できちゃいます。 「とりあえず始めてみたい」「どんなものか見てみたい」という方にもオススメです。 [btn class="rich_pink"]ビットバンクトレード公式[/btn]

【評価】ビットバンクトレード(bitbanktrade)は怪しい?評判と口コミを徹底調査ビットコインマニアックスで公開された投稿です。

Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本!

Rippleとは、米Ripple社が提供している海外送金に優れた仮想通貨です。

リップルの特徴

Ripple(リップル、XRP)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に拠点を置くリップル社(Ripple, Inc.)によって開発が行われている分散型台帳技術(ブロックチェーン)を活用した外国為替・送金ネットワークと即時グロス決済システムです。

RippleはBitcoin(ビットコイン)などの非中央集権型の仮想通貨(暗号通貨)とは違い「中央集権型」です。

取り引きの承認も、Bitcoinのような「PoW」(Proof of Work、一番仕事をした人 = 計算マシンパワーが優れている人)ではなくXRP Ledger、Ripple社が指定する承認者による「投票」により行われるため信頼性が担保されています。

リップルの概要

[table id=239-001 /]

[box class="red_box" title="Rippleの価格が上昇して話題に!"]

Rippleは2017年12月15日に80円台に突入し、時価総額ランキングも149,819,313,000円(1,498億円)となっています。

また12月19日現在も 1XRP = 90円 を超えています。

[/box]

Rippleが目指すもの - 安くて速い海外送金

Rippleは各国の金融機関と提携して海外送金の円滑化を目指しています。

現在の海外送金は「コルレス銀行」と呼ばれていて、現地に直接窓口を置いていない銀行・金融機関の場合他の銀行数社を経由して送金されます。

この場合、他行を経由するごとに手数料が発生し、送金完了までに2日以上かかり、紛失なども起こり大変効率が悪い状況となっています。

また国際送金の市場はJPモルガンやシティなどの6つの巨大金融機関が独占しているという状況です。

それらにリップルを媒介すれば、取引が5秒が終わり、24時間受付可能となります。
参考 : 全通貨が対象、2日かかる決済も5秒で:日本経済新聞

このことからRippleはローンチ当初から注目が集まり続けています。

Rippleの歴史(抜粋)

[table id=239-002 /]

Twitterまとめ

[ex-ja-XRP] [kanren postid="743"] [external-explan-air_drop]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.