0e:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

No tags for this post.

仮想通貨取引所COBINHOOD一時営業停止に 出口詐欺か

仮想通貨取引所COBINHOODが10日、突然ツイッターで「すべてのアカウント残高をシャットダウンし監査します。」と告知しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

監査期間は2020年1月10日から2月9日までとなっており、約1ヶ月もの間出金ができないようです。

あまりの突然の出来事で、シャットダウン後の告知であった為出金できたユーザーはほとんどいないようです。

2月10日になれば出金できるとのことですが、事前に告知が無かったため一部のユーザーは出口詐欺を疑っているようですね。

出口詐欺とは

出口詐欺とは、簡単に説明しますと取引所がユーザーの資産を持った状態で取引所を閉鎖することを指します。

過去にあった例ですと、coinroomという仮想通貨取引所がハッキングされたと発表し、ユーザーらの出金を一時停止しました。

しかし、その後出金が再開されることはなくそのまま取引所は閉鎖。

ユーザーは取引所に預けていた資産を取り出せないので、実質的に資産を持ち逃げされた形になりました。

もちろん本当にハッキングされていた可能性もありますが、大半の場合ハッキングされたというのは嘘で、資産を持ち逃げする為の口実でしょう。

今回のCOBINHOODもまさにそのパターンなのではないかとユーザーらは懸念しているようです。

出口詐欺と疑われる一番の理由として、告知なしで出金を停止したことが挙げられます。

そして何故一か月もの間出金を停止するのかという詳細は告知されていない為、逃げる為の準備をしていると思われても仕方がありませんね。

出口詐欺に合わない為には

仮想通貨に投資している人にとって、出口詐欺は一番防ぎたい事態ですよね。

しかし、突然出金ができなくなるので、詐欺が判明してからはどうしようもありません。

そこで、事前に出口詐欺を防ぐ準備をしておく必要があります。

ではどのようにして出口詐欺を防げば良いのでしょうか。

その答えは単純で、国内の安全な取引所を使うことです。

日本の取引所は国の厳しい基準をクリアしないと開設することができません。

それに対して海外の取引所は比較的簡単に開設することができるので、はなから出口詐欺を目的として開設している場合もあります。

なので、仮想通貨を取引するのであれば必ず日本の取引所で通貨を保管しておきましょう。

国内で安全な取引所はどこ?

国内の中でも信頼性の高い取引所は2ヵ所あります。

1ヵ所目はGMOコインという取引所です。

名前の通り、東証1部上場のGMOグループが運営する取引所なので、出口詐欺を行うことはまずあり得ないでしょう。

信頼性だけで考えると、国内の取引所でもNo.1を誇るほど運営元が大きいです。

GMOコインは信頼性だけではなく、各種取引手数料が無料な上にサイバー攻撃対策も徹底しています。

仮想通貨を始めるのであればココしかないと言えるでしょう。

2ヵ所目はDMM bitcoinという取引所です。

DMMグループと言えば誰もが聞いたことがある企業ですね。

ここもGMOと同じように、運営元の会社がとても大きいので出口詐欺を行うことはまずありません。

DMM bitcoinも口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料・取引手数料すべてが無料です。

また、イーサリアムやネム、リップルなど様々な通貨に対応していますので、アルトコインの購入をしたい時にも大変便利なサイトとなっています。

そしてパソコン、スマートフォンそれぞれで使いやすいアプリがリリースされているので、取引に慣れていない方でも問題なく利用ができます。

まとめ

さて、今回の記事は出口詐欺をメインにお話しさせて頂きました。

仮想通貨の世界では、誰もあなたを守ってくれることはありませんので、自衛の術を身につけなければなりません。

時にはハッカーではなく、取引所が牙を向いてくることを理解していなければこの世界では生きていけないでしょう。

特に海外の取引所はとても危険ですので、仮想通貨を利用する際は国内の取引所を使った方が賢明だと言えます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社がCM公開!イメージアップキャンペーンを本格化か

人気仮想通貨のリップルが、ブランド認知度向上を目的としてCM放映を開始しました。

リップルが展開するキャンペーンの詳細を紹介します。

要点

・リップルがCMなどのイメージアップキャンペーン開始
リップルがCMを公開するなど認知度向上キャンペーンを本格化させたと発表。その詳細を解説します。

 

リップル社のCMとは?

米リップル社のCMがYou Tubeの公式アカウントで公開されています。2カ国ではすでにテレビでも放映されているとのことですが、どの国かはまだ公表されていません。

以下がCM動画です。

CMはリップル社が展開する送金システムの高速性を強調したもので、様々な場面でお金が速く送金されることで助かる人々が描かれています

親近感のある場面を重ねた独創的なクオリティを面白いと感じる人も多いでしょう。

CMの終盤では、「Powering Global Payments for All」(全世界の国際送金に力を与える)というキャッチコピーが示されています。「power」は「力」という意味でよく知られていますが、転じて動詞で「力を与える」という意味もあります。

リップルが今の送金という文明に新しい力を与え、ローコストかつスピーディな活動を実現する結果、人々が便利にお金を動かせるようにとの願いが込められています。

リップルの力で送金システムが便利になれば、お金の流れも今より活発化し、経済発展も夢ではないでしょう。リップルのCMはその将来性を前面に押し出しているように感じられます。

最後には提携企業としてイギリスの送金企業「トランスファーゴー」、スペインの銀行「サンタンデール」、アメリカの送金企業でケニア、タンザニア、ジンバブエなどグローバルに送金サービスを提供する「マネーグラム」と世界的なグループの名前が出ています。

 

リップルにおけるほかの認知度向上への取り組みは?

ほかにリップルが認知度向上としてどんなキャンペーンを予定しているかは、現時点では不明です。

しかし、コミュニティがリップルに関わるハッシュタグを拡散していたり、11月にリップル社のカンファレンスである「SWELL」が予定されていたりして、新たな発表が期待されます。

 

コミュニティもリップルの地位向上に協力している?

リップルのユーザーである「リップラー」により、#runsonrippleというハッシュタグがTwitterを中心に拡散されています。SNSにおけるリップルの影響力の高さがうかがわれます。

以下が#runsonrippleを伴ったツイートの代表例です。

日本のリップラーの多くもキャンペーンを本格化させたリップルの動向に注目しているようです。

特に日本では仮想通貨取引所のbitbankがリップルの取引量で世界一を記録したこともあり、リップルに対する理解度は元々高いと考えられます。

コインチェックやGMOコイン、DMMビットコインなど、国内では多くの取引所でリップルが扱われています。

今回のキャンペーンを機に、リップルの取引がさらに活発になれば、日本でも認知度がますます上昇するでしょう。

 

間もなくSWELL開幕。新たなイメージアップ戦略は語られるのか

2017年からリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が開催されています。2019年は11月7~8日の2日間開催です。会場はシンガポールで、完全招待制とのことです。

しかし、SWELLでの公式発表は多くの仮想通貨メディアでニュースとなっているので、日本でも動向が注目されています。

今回のイベントではリップル社がCMを放映した意図や経緯が語られると思われます。CM以外のイメージアップキャンペーンに関する公式発表も行われるのではないでしょうか。

リップルがどのような形でメディアを味方につけ、新たなリップラーを増やすのか、今から興味深いところです。

 

まとめ

リップルのCM放映は、世界中のリップラーをはじめ多くの仮想通貨ユーザーを驚かせたことでしょう。

11月には恒例となったカンファレンスSWELLが開催されることもあり、認知度向上をめぐる新たな公式発表も待たれるところです。

SWELLをきっかけにリップルの価格上昇も期待され、一連のプロモーションの効果が注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DMM Bitcoinの入金方法を徹底解説【2019年最新版】

DMM Bictionってどんな仮想通貨取引所なの? DMM Bitcoinの入金方法はどうしたらいいの? DMM Bitcoinの入金方法はどんな種類があるの? といったことを思われている方も多いと思います。 今回の記 ... No tags for this post.

DMM Bitcoinのスプレッドを他取引所と徹底比較!

DMM Bitcoinはスプレッドが大きいって聞くけど、他の取引所とどのくらい違うの? そもそも、仮想通貨取引にスプレッドって重要? なんて思ったことはありませんか? スプレッドというのは売値と買値の差額のことで、この差 ... No tags for this post.

DMM Bitcooinのレバレッジ取引とは?やり方を徹底解説!

DMM Bitcoinでレバレッジ取引をしたいんだけど、やり方がいまいちわからない… レバレッジ取引のメリット・デメリットについて知りたい! なんてお考えではありませんか? DMM Bitcoinは大手DMM.comが運 ... No tags for this post.

リップル(XRP)が上がらない理由とは?上がる理由と合わせて徹底リサーチで検証してみた!【2019年最新版】

リップルが上がらないとしたら、どんな理由なのか気になりませんか? この記事では、リップルが上がらない場合の理由を、上がる場合の理由と合わせて徹底的に解説しています! でも、初心者だから専門用語ばっかの難しい記事は読めない ... No tags for this post.

DMMグループの「コインタップ」が仮想通貨取引アプリのリリースを中止と発表

DMM.com100%出資子会社にあたる株式会社ネクストカレンシー(代表取締役社長 乾 夏衣 氏)が、cointapのリリースを中止したことを発表しています。

ネクストカレンシーが仮想通貨交換業への参入を断念

DMMグループ会社として仮想通貨交換業への進出を発表していたネクストカレンシーが、仮想通貨取引アプリ「コインタップ」のリリースを中止したことを発表しました。

[kanren postid="1140"]

リリース中止のお知らせ
お客様各位

当社が提供を予定しておりました仮想通貨取引アプリ「cointap(コインタップ)」は、この度、リリースを取り止める運びとなりました。

お待ちいただいた皆様にこの場をお借りして心よりお詫び申し上げます。事前登録でお預かりしたメールアドレスは、本日をもちまして、当社が責任を持って破棄いたします。

DMM. com グループでは、DMM Bitcoin(株式会社DMM Bitcoin、仮想通貨交換業者 登録番号:関東財務局長00010号)にて、引き続き仮想通貨取引サービスをご提供して参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

2018年12月25日

株式会社ネクストカレンシー(DMM. com グループ)
cointap運営事務局


引用 : 株式会社ネクストカレンシー
引用 : cointap

公式発表の中に「DMM.comグループでは、DMM Bitcoinにて引き続き仮想通貨取引サービスをご提供して参ります。」とある為、ネクストカレンシー社としては事実上の仮想通貨交換業参入断念と見られます。

2018年全体の弱気相場や法規制の整備が向かい風となってしまったのか、DMMのもう1つの仮想通貨取引所として注目を集めていただけに残念な結果となってしまいました。

また、同社が今後仮想通貨に関するサービスを展開していくのか、もしくは解散するかなどの動向についての発表は現時点では無い状態となっています。

[box class="green_box" title="DMMのもう1つの仮想通貨系サービス"]

DMMで仮想通貨といえば「DMM Bitcoin」ですが、DMM Bitcoinは「東京ビットコイン取引所」を一新して誕生した仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinとは別で仮想通貨交換業への参入を目指していたのがDMMグループ会社「ネクストカレンシー」の「コインタップ」でした。

[kanren postid="631"] [/box]

DMMが運営する仮想通貨取引所!

[ex-jp-DMM_Bitcoin] [campaign-dmmbitcoin] [kanren postid="4423"][kanren postid="1389"]No tags for this post.