DMM

No tags for this post.

DMMグループの「コインタップ」が仮想通貨取引アプリのリリースを中止と発表

DMM.com100%出資子会社にあたる株式会社ネクストカレンシー(代表取締役社長 乾 夏衣 氏)が、cointapのリリースを中止したことを発表しています。

ネクストカレンシーが仮想通貨交換業への参入を断念

DMMグループ会社として仮想通貨交換業への進出を発表していたネクストカレンシーが、仮想通貨取引アプリ「コインタップ」のリリースを中止したことを発表しました。

[kanren postid="1140"]

リリース中止のお知らせ
お客様各位

当社が提供を予定しておりました仮想通貨取引アプリ「cointap(コインタップ)」は、この度、リリースを取り止める運びとなりました。

お待ちいただいた皆様にこの場をお借りして心よりお詫び申し上げます。事前登録でお預かりしたメールアドレスは、本日をもちまして、当社が責任を持って破棄いたします。

DMM. com グループでは、DMM Bitcoin(株式会社DMM Bitcoin、仮想通貨交換業者 登録番号:関東財務局長00010号)にて、引き続き仮想通貨取引サービスをご提供して参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

2018年12月25日

株式会社ネクストカレンシー(DMM. com グループ)
cointap運営事務局


引用 : 株式会社ネクストカレンシー
引用 : cointap

公式発表の中に「DMM.comグループでは、DMM Bitcoinにて引き続き仮想通貨取引サービスをご提供して参ります。」とある為、ネクストカレンシー社としては事実上の仮想通貨交換業参入断念と見られます。

2018年全体の弱気相場や法規制の整備が向かい風となってしまったのか、DMMのもう1つの仮想通貨取引所として注目を集めていただけに残念な結果となってしまいました。

また、同社が今後仮想通貨に関するサービスを展開していくのか、もしくは解散するかなどの動向についての発表は現時点では無い状態となっています。

[box class="green_box" title="DMMのもう1つの仮想通貨系サービス"]

DMMで仮想通貨といえば「DMM Bitcoin」ですが、DMM Bitcoinは「東京ビットコイン取引所」を一新して誕生した仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinとは別で仮想通貨交換業への参入を目指していたのがDMMグループ会社「ネクストカレンシー」の「コインタップ」でした。

[kanren postid="631"] [/box]

DMMが運営する仮想通貨取引所!

[ex-jp-DMM_Bitcoin] [campaign-dmmbitcoin] [kanren postid="4423"][kanren postid="1389"]No tags for this post.

DMM Bitcoinがハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選で500名にプレゼント!

アルトコインの取り扱い豊富な国内取引所DMMBitcoinが、新たなキャンペーンを開始しました。

[kanren postid="4406"]
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨ハードウェアウォレットが当たるキャンペーンを開始!

仮想通貨取引所による仮想通貨不正流出が相次ぐ中、セキュリティに対するユーザーの意識が高まっています。
大切な資産を取引所ではなくオフライン(インターネットに繋がっていない)で管理できる「ハードウェアウォレット」はぜひ持っておきたいアイテムです。

そんななかDMMBitcoinが、抽選でハードウェアウォレットのプレゼントキャンペーンを開始しました!
詳しい内容を下記にご紹介します。 [aside type="boader"]

  • キャンペーン概要
  • キャンペーン期間中に、現物・レバレッジの取引高と純資産額に応じて、500名様に仮想通貨ハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選でプレゼント
  • キャンペーン期間
  • 2018年10月10日(水)~2018年11月30日(金) ※日付はDMMBitcoin営業日基準。午前7時から午前6時59分
  • 商品
  • 仮想通貨ハードウェアウォレット(LedgerNanoS)
  • 当選者数
  • 500名
[/aside] このキャンペーンは条件に該当すれば自動的に抽選対象となるようで、特別に抽選に参加を申し込む必要はありません。
ちなみにプレゼント商品であるLedgerNanoS(レジャーナノエス)は、通常15,800円で購入することができます。

プレゼント期間はキャンペーン終了後、約1~2カ月の予定とのことなので、いますぐに欲しい!という方は下記のリンクからどうぞ。

[hw-ledgernanos] [ex-jp-DMM_Bitcoin] [kanren postid="1389,1894,2920,4406"]

投稿 DMM Bitcoinがハードウェアウォレット(LedgerNanoS)を抽選で500名にプレゼント!海外の仮想通貨ニュース速報 に最初に表示されました。

No tags for this post.

DMMが大規模な仮想通貨マイニングファームおよびショールームを開設

日本のエンターテイメント企業DMMは、海外への事業展開を計画し、『大規模でジャパンクオリティー』のマイニングファームを開設しました。DMMは、マイニングプール同様に一般向けマイニングファームが見学できるショールームも展開しています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。

DMM、日本国内でマイニングファームを展開

人気エンタメサイトDMM.comの運営会社であるDMM株式会社は『2,700万人の会員』を誇っており、2018年2月9日に石川県金沢市にて、マイニングファームの開設を発表しました。同社は、「DMMは、日本国内の他の運営会社と比べて大規模でクオリティの高いのマイニングファームを運営しています。寒冷地区でマイニングファームを確立することで、低価格での電力調達、そしてマイニング収益の最大化を実現しています。」と主張しています。

さらに、同社は今回発表したマイニングファームが「利用者がアクセスできるショールーム化した」と明らかにしました。

DMMは、以下のように述べています。

「ショールームは、1000台のマイニングリグ(マイニングに必要なコンピュータシステム)を展示する予定で、2018年3月はじめの開設を目標にしています。3月中旬からは一般向けに見学も受け付けていく予定となっています。」

日本での開設に続き、同社は海外へのマイニングフォームの展開も計画しています。

「国内から始めることで、DMM技術チームはクオリティーの確保、そして国内ユーザーの信頼獲得の運営に直接的に携わっています。」とフジテレビネットワーク通信は記述しています。

DMMのマイニングリグ

DMMは、様々な仮想通貨の採掘を可能にするASICおよびGPUタイプのマイニングリブを設置しています。DMMのASICマシンは、650 MH/s (メガハッシュ/秒)、GPUマシンは約300 MH/sとなっています。

The news outlet通信は、「消費電力は、ASIC が750WでGPUが2000W」と述べており、GPUマイニングリグは2つの電力供給に繋がっているGPUカード12枚を備えていると加えました。

DMMは、ビットコイン、イーサリアム、そしてライトコインを含む複数のコインを採掘できると主張しています。

DMMマイニングラボラトリーの代表である高口真一氏はフジテレビに以下のように述べました。

「ビットコインに限定しているわけではありません。もちろん、他のコインも加えてビットコインも採掘します。」

相場環境によって、ラボが一番有益な仮想通貨を全て採掘することを繰り返し主張しました。

「将来、我々独自のDMMマイニングプール経営の開始、およびユーザーが夏場にマイニング権を購入できる『クラウドマイニング』の開発を予定しています。」

DMMは、7種類の仮想通貨および14通りの取引独自の仮想通貨取引を支援する独自の取引所を開始しました。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Japan’s DMM Launches Large-Scale Cryptocurrency Mining Farm and Showroom

投稿 DMMが大規模な仮想通貨マイニングファームおよびショールームを開設COINNEWS に最初に表示されました。

DMM Bitcoinの特徴を解説!DMM BitcoinならXRPやXEMなど人気のアルトコインでレバレッジ取引ができる!

本記事では 「DMM Bitcoin」 の特徴とおすすめポイントについて解説します。

レバレッジ取引に特化した DMM Bitcoin で、ぜひ各種アルトコインのレバレッッジ取引にチャレンジしてみましょう!

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

DMM Bitcoinの特徴!

取引可能な仮想通貨は全7種、通貨ペアは合計14種類!

DMM Bitcoinでは仮想通貨7種類のうちBitcoinとEthereumの2種類が現物取引可能で、その2種を含め全てでレバレッジ取引が可能です。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

アルトコインのレバレッジ取引ができるので、相場が停滞気味の時や、価格が下がる一方の時でも利益を出すことができる!

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

取引手数料、入出金(送金)手数料などが無料!

DMM Bitcoinは手数料が無料で取引することができます。
※ レバレッジ手数料を除き、手数料が無料。

さらに利益として得た日本円や現物の出入金も手数料無料です。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

PCブラウザはもちろん、スマホアプリにも対応!

PCでの取引も可能で、さらに見やすい画面のスマホアプリもあるのでトレードの幅が広がります。

[box class="green_box" title="おすすめポイント"]

スマホアプリなら外出中のもしもの時にでもすぐに取引をすることができます。

また自宅で取引をする時でも、PCに向かって座りながらだけでなく、スマホアプリなら楽な姿勢で取引できることもうれしいメリットです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

サポートが365日24時間対応!さらにLINEでも連絡可能!

仮想通貨取引所の対応としては例のない、24時間365日対応可能なサポートなのですぐに連絡することができます。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

仮想通貨の取引は、いつでも送金可能という特性から休日や祝日、深夜から早朝などと時間を選ばずに行えます。

ただ通常の取引所だとサポートの対応時間が10:00〜18:00までなどとなっているので、自分が頻繁に取引する時間にアクシデントが起こると途方に暮れることもあります。

さらに返信も一ヶ月返ってこないなどという取引所もある中、DMM Bitcoinの24時間365日対応可能、さらにはLINEでも問い合わせ可能というのは非常にうれしいポイントです。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

初心者コンテンツも充実!

DMM BitcoinのDMM.comグループ会社らしいポイントですが、上の画像のように「仮想通貨の取引について」や「取引の流れ」、リスクなどについて解説しているコンテンツが充実しています。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

これから仮想通貨取引をはじめるという人はぜひ読んでおきましょう!

すでに取引を経験している人でも、取引所ごとに「板取引」や「販売所形式」などといった違いもあるので、復習の意味で一読してみることをおすすめします。

[/box] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinに関するTwitterまとめ

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMMグループ創設者の亀山会長もコメント!

DMMの亀山会長もDMM Bitcoinスタートを機に仮想通貨投資を始めるとのコメントをしています。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録方法

口座簡単は簡単3STEP

口座解説は3つのステップで簡単に登録することができます。

必要なものも「メールアドレス」だけで、あとは自分の情報を入力して「本人確認書類」を撮影してアップロードすれば完了です。

数日後にDMM Bitcoinから確認の葉書が届いたら取引を開始することができます。

[btn class="rich_yellow"] DMM Bitcoin 公式サイトはこちら [/btn]

さいごに

とうとう仮想通貨業界へ参入を果たしたDMM Bitcoin。

種類の豊富なアルトコインでレバレッジ取引ができて手数料無料など魅力が満載です。

確認の葉書が到着するまで数日かかるので、興味のある方は登録が混み合う前に早めの登録をおすすめします!

[box class="blue_box" title="関連記事"] 「DMM Bitcoin」が正式発表!DMMビットコインは2018年1月開設予定の7銘柄を取り扱う国内取引所! [/box] [aside type="boader"]

DMM Bitcoinで開催中のお得なキャンペーンの詳細はこちら!

[kanren postid="5259"][/aside] No tags for this post.