0f:GMOコイン

No tags for this post.

GMOコインもリニューアル発表!仮想通貨レンディングサービスが話題

GMOコインは、自社で展開中の「貸仮想通貨」サービスのリニューアルを2月12日に行うと発表しました。

仮想通貨のレンディングサービス自体が現在発達とともに注目を受けているので、今回の発表にも多くのユーザーが注目しているでしょう。

仮想通貨レンディングサービスの定義を踏まえ、今回のGMOコインの発表内容の詳細を解説します。

 

要点

要点
・GMOコインが貸仮想通貨サービスをリニューアル
GMOコインによる仮想通貨のレンディングサービスがリニューアルします。新サービスの詳細を解説します。

 

そもそも仮想通貨レンディングサービスとは?

仮想通貨レンディングサービスを知らない人もいるでしょう。今回話題となっているサービスについて述べます。

 

仮想通貨を取引所に貸し出すサービス

仮想通貨レンディングサービスとは、ユーザーが持っている仮想通貨を取引所に貸し出すことです。

銀行などでもお金を預けると金利により預金が増えますが、今回はその仮想通貨版と言えます。

国内で仮想通貨の貸し出しを行っているのは、主にコインチェックやGMOコインなどの金融庁の認定を受けた取引所です。

 

ローリスクで仮想通貨を増やせる可能性が

仮想通貨レンディングサービスは、実際のお金同様に預けた期間に応じて利子を得られるので、銀行の預金と同じ感覚で仮想通貨を運用できると評判です。

投資知識がなくても、ローリスクで仮想通貨を増やせる可能性があるからです。

利率も今回GMOコインが発表した5%のように高く設定しているところがあります。

銀行預金だと金利が1%にも満たないケースが多いので、仮想通貨の貸出サービスの利率に魅力を感じる人もいるでしょう。

国内では金融庁認定でセキュリティなどの体制に優れた取引所が相手なので、仮想通貨を持ち逃げされるリスクも低いと言えます。

 

貸出期間中の仮想通貨はコントロール不可

貸出中の仮想通貨は原則として売買や送金などに使えないので注意しましょう。

たとえ仮想通貨の価格が急騰や暴落にいたっても、貸出中の仮想通貨を売りに出せないことがデメリットと言えます。

貸出中の途中解約による手数料も手痛い出費となりえます。

以上のリスクを考えながらレンディングサービスの利用を判断したいところです。

 

GMOコインが仮想通貨レンディングサービスをリニューアル

GMOコインは2月12日より「貸仮想通貨」と称したレンディングサービスのリニューアルを発表しました。

同社の発表内容について詳しく解説します。

 

GMO内の全通貨対象、最大年率5%

GMOコインの発表によると、貸出対象となる通貨は同社が扱う全種類です。

GMOコインではビットコイン、イーサリアム、リップルなど7種類の仮想通貨を取引できますが、2月12日以降はそのすべてのレンディングを受け入れることになります。

最低で日本円10万円相当から仮想通貨を貸し出せます。

コースも年率2%の1か月、年率4%の3か月、年率5%の6か月コースの三択にわかれ、ユーザーは柔軟に運用戦略を立てられます。

 

仮想通貨の貸出スケジュール

GMOコインにおけるリニューアル後の貸仮想通貨サービスは2月12日から開始です。

この日から17日まで最初の貸出受付を行っており、実際に仮想通貨を貸し出せるのは17日からです。

3月以降は毎月15日午前6時に翌月分の仮想通貨貸出の受付が始まり、同日には前月までの希望者による貸出も行われます。

15日が土日祝日だった場合は翌営業日に回るのでスケジュールを確認しておきましょう。

GMOコインに登録したい方はこちら

 

まとめ

GMOコインが貸仮想通貨サービスのリニューアルを発表するなど、仮想通貨をそのまま運用するサービスの進化が話題になっています。

GMOでも2月12日から取引所に仮想通貨を貸し出し、最大年率5%による運用も可能です。

今回の記事に興味を持った方は、GMOコインに登録して、レンディング用の仮想通貨を手に入れてみませんか。

GMOコイン公式サイト

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨購入で現金が当たる!?GMOコインで今受けられるキャンペーンとは

GMOコインではただいま、2つのキャンペーンを展開しています。

仮想通貨を買った人と仮想通貨FX参加者を対象に毎日開催中で、いつでも参加可能です。

今回は各キャンペーンの情報を述べます。

ほかの取引所を使っている人も、GMOコインへ新たに口座を開き、キャンペーンに参加してみませんか。

要点

GMOコインで2つのキャンペーンを実施中
仮想通貨取引を行った人を対象に、GMOコインからの現金プレゼント企画が2種類にわたり開催中です。詳細情報を解説します。

 

GMOコインではさまざまなキャンペーンの開催実績がある

GMOコインは、2017年5月末から多種多様な特典を展開しています。

最初は2017年5月31日~7月15日に行われた、クラウドマイニングサービス「Hashing24」でマイニングに成功したビットコインを当選者に山分けする企画でした。

このとき抽選に参加できたのは、対象期間中にGMOコインのフルアクセスプラン口座を得た人でした。

ほかにもスプレッド縮小や、口座開設者への現金贈呈など、さまざまな形のキャンペーンが展開されています。

現在は仮想通貨購入者のうち当選者に1000円、仮想通貨FXでの当選者に1万円をそれぞれ与える抽選を毎日行っています。

 

仮想通貨購入で1000円が当たる

販売所で仮想通貨を購入した人のうち、当選者10名に現金1000円のキャッシュバックを行うキャンペーンです。

こちらでは毎日抽選を行っており、販売所で購入手続きを済ませれば参加決定です。エントリーの特別な手続きも必要なく、参加回数や無制限です。

毎日午前6時になると、新しい回のエントリー受付が始まるしくみです。

購入通貨の種類も問わず、気軽に参加できるのが特徴です。

エントリー状況は公式ホームページの販売所だけでなく、専用アプリ「仮想通貨ウォレット」でも確認できます。

当選すると対象ユーザーの販売所ページで「当選金受取」ボタンが出るので、当選から7日以内にクリックすれば1000円が口座に自動振り込みされます。

当選から7日以上現金の受け取りがないと無効になるので注意しましょう。

全銘柄1000円以下での取引が可能なので、気軽にキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

興味のある方はこちら

 

仮想通貨FXで1万円が当たる

GMOコインの仮想通貨FXに参加すれば、抽選で毎日1名に1万円が当たります。

こちらも毎日開催しており、エントリー用の特別な手続きも必要なく、通貨ペアも無制限です。

毎日午前6時になると、新しい回のキャンペーン開始となります。

ただしこちらは1日に600万円以上の新規注文を完了する必要があります。自身の経済状況に無理のない範囲で参加を決めることが大切です。

1つの銘柄だけで600万円分取引してもよいですし、複数の種類を利用して合計取引額が600万円に達しても抽選に参加できます。

エントリー状況は公式サイトにある「仮想通貨FX」のコーナーだけでなく、レバレッジ取引の専門アプリ「ビットレ君」にも反映されます。

当選結果は公式ホームページの「仮想通貨FX」で確認でき、「当選金受取」ボタンが出れば抽選に当たったことを意味します。

結果発表から7日以内にボタンを押せばユーザーの専用口座に1万円が振り込まれるしくみです。

レバレッジによる一攫千金だけでなく、キャンペーンによる臨時収入も狙えます。

興味のある方はこちら

 

まとめ

GMOコインでは毎日仮想通貨購入者およびレバレッジ取引への参加者を対象にキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

抽選に当たることで、思いがけない臨時収入を得られるかもしれません。

キャンペーンに興味のある人はGMOコインへ入会し、取引を始めてみませんか。

GMOコイン公式サイト

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所COBINHOOD一時営業停止に 出口詐欺か

仮想通貨取引所COBINHOODが10日、突然ツイッターで「すべてのアカウント残高をシャットダウンし監査します。」と告知しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

監査期間は2020年1月10日から2月9日までとなっており、約1ヶ月もの間出金ができないようです。

あまりの突然の出来事で、シャットダウン後の告知であった為出金できたユーザーはほとんどいないようです。

2月10日になれば出金できるとのことですが、事前に告知が無かったため一部のユーザーは出口詐欺を疑っているようですね。

出口詐欺とは

出口詐欺とは、簡単に説明しますと取引所がユーザーの資産を持った状態で取引所を閉鎖することを指します。

過去にあった例ですと、coinroomという仮想通貨取引所がハッキングされたと発表し、ユーザーらの出金を一時停止しました。

しかし、その後出金が再開されることはなくそのまま取引所は閉鎖。

ユーザーは取引所に預けていた資産を取り出せないので、実質的に資産を持ち逃げされた形になりました。

もちろん本当にハッキングされていた可能性もありますが、大半の場合ハッキングされたというのは嘘で、資産を持ち逃げする為の口実でしょう。

今回のCOBINHOODもまさにそのパターンなのではないかとユーザーらは懸念しているようです。

出口詐欺と疑われる一番の理由として、告知なしで出金を停止したことが挙げられます。

そして何故一か月もの間出金を停止するのかという詳細は告知されていない為、逃げる為の準備をしていると思われても仕方がありませんね。

出口詐欺に合わない為には

仮想通貨に投資している人にとって、出口詐欺は一番防ぎたい事態ですよね。

しかし、突然出金ができなくなるので、詐欺が判明してからはどうしようもありません。

そこで、事前に出口詐欺を防ぐ準備をしておく必要があります。

ではどのようにして出口詐欺を防げば良いのでしょうか。

その答えは単純で、国内の安全な取引所を使うことです。

日本の取引所は国の厳しい基準をクリアしないと開設することができません。

それに対して海外の取引所は比較的簡単に開設することができるので、はなから出口詐欺を目的として開設している場合もあります。

なので、仮想通貨を取引するのであれば必ず日本の取引所で通貨を保管しておきましょう。

国内で安全な取引所はどこ?

国内の中でも信頼性の高い取引所は2ヵ所あります。

1ヵ所目はGMOコインという取引所です。

名前の通り、東証1部上場のGMOグループが運営する取引所なので、出口詐欺を行うことはまずあり得ないでしょう。

信頼性だけで考えると、国内の取引所でもNo.1を誇るほど運営元が大きいです。

GMOコインは信頼性だけではなく、各種取引手数料が無料な上にサイバー攻撃対策も徹底しています。

仮想通貨を始めるのであればココしかないと言えるでしょう。

2ヵ所目はDMM bitcoinという取引所です。

DMMグループと言えば誰もが聞いたことがある企業ですね。

ここもGMOと同じように、運営元の会社がとても大きいので出口詐欺を行うことはまずありません。

DMM bitcoinも口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料・取引手数料すべてが無料です。

また、イーサリアムやネム、リップルなど様々な通貨に対応していますので、アルトコインの購入をしたい時にも大変便利なサイトとなっています。

そしてパソコン、スマートフォンそれぞれで使いやすいアプリがリリースされているので、取引に慣れていない方でも問題なく利用ができます。

まとめ

さて、今回の記事は出口詐欺をメインにお話しさせて頂きました。

仮想通貨の世界では、誰もあなたを守ってくれることはありませんので、自衛の術を身につけなければなりません。

時にはハッカーではなく、取引所が牙を向いてくることを理解していなければこの世界では生きていけないでしょう。

特に海外の取引所はとても危険ですので、仮想通貨を利用する際は国内の取引所を使った方が賢明だと言えます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル社がCM公開!イメージアップキャンペーンを本格化か

人気仮想通貨のリップルが、ブランド認知度向上を目的としてCM放映を開始しました。

リップルが展開するキャンペーンの詳細を紹介します。

要点

・リップルがCMなどのイメージアップキャンペーン開始
リップルがCMを公開するなど認知度向上キャンペーンを本格化させたと発表。その詳細を解説します。

 

リップル社のCMとは?

米リップル社のCMがYou Tubeの公式アカウントで公開されています。2カ国ではすでにテレビでも放映されているとのことですが、どの国かはまだ公表されていません。

以下がCM動画です。

CMはリップル社が展開する送金システムの高速性を強調したもので、様々な場面でお金が速く送金されることで助かる人々が描かれています

親近感のある場面を重ねた独創的なクオリティを面白いと感じる人も多いでしょう。

CMの終盤では、「Powering Global Payments for All」(全世界の国際送金に力を与える)というキャッチコピーが示されています。「power」は「力」という意味でよく知られていますが、転じて動詞で「力を与える」という意味もあります。

リップルが今の送金という文明に新しい力を与え、ローコストかつスピーディな活動を実現する結果、人々が便利にお金を動かせるようにとの願いが込められています。

リップルの力で送金システムが便利になれば、お金の流れも今より活発化し、経済発展も夢ではないでしょう。リップルのCMはその将来性を前面に押し出しているように感じられます。

最後には提携企業としてイギリスの送金企業「トランスファーゴー」、スペインの銀行「サンタンデール」、アメリカの送金企業でケニア、タンザニア、ジンバブエなどグローバルに送金サービスを提供する「マネーグラム」と世界的なグループの名前が出ています。

 

リップルにおけるほかの認知度向上への取り組みは?

ほかにリップルが認知度向上としてどんなキャンペーンを予定しているかは、現時点では不明です。

しかし、コミュニティがリップルに関わるハッシュタグを拡散していたり、11月にリップル社のカンファレンスである「SWELL」が予定されていたりして、新たな発表が期待されます。

 

コミュニティもリップルの地位向上に協力している?

リップルのユーザーである「リップラー」により、#runsonrippleというハッシュタグがTwitterを中心に拡散されています。SNSにおけるリップルの影響力の高さがうかがわれます。

以下が#runsonrippleを伴ったツイートの代表例です。

日本のリップラーの多くもキャンペーンを本格化させたリップルの動向に注目しているようです。

特に日本では仮想通貨取引所のbitbankがリップルの取引量で世界一を記録したこともあり、リップルに対する理解度は元々高いと考えられます。

コインチェックやGMOコイン、DMMビットコインなど、国内では多くの取引所でリップルが扱われています。

今回のキャンペーンを機に、リップルの取引がさらに活発になれば、日本でも認知度がますます上昇するでしょう。

 

間もなくSWELL開幕。新たなイメージアップ戦略は語られるのか

2017年からリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が開催されています。2019年は11月7~8日の2日間開催です。会場はシンガポールで、完全招待制とのことです。

しかし、SWELLでの公式発表は多くの仮想通貨メディアでニュースとなっているので、日本でも動向が注目されています。

今回のイベントではリップル社がCMを放映した意図や経緯が語られると思われます。CM以外のイメージアップキャンペーンに関する公式発表も行われるのではないでしょうか。

リップルがどのような形でメディアを味方につけ、新たなリップラーを増やすのか、今から興味深いところです。

 

まとめ

リップルのCM放映は、世界中のリップラーをはじめ多くの仮想通貨ユーザーを驚かせたことでしょう。

11月には恒例となったカンファレンスSWELLが開催されることもあり、認知度向上をめぐる新たな公式発表も待たれるところです。

SWELLをきっかけにリップルの価格上昇も期待され、一連のプロモーションの効果が注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

20,000Satoshiプレゼント!GMOコインで新規登録キャンペーンが開催中!

本記事では国内の大手取引所「GMOコイン」で開催している「もれなく20,000Satoshiプレゼントキャンペーン」について解説します。

GMOコインで開催中のキャンペーン!

[campaign-gmocoin]

GMOコインなら「20,000Satoshi」ですぐに取引可能!

GMOコインの「もれなく20,000Satoshiプレゼントキャンペーン」で貰った 20,000Satoshi で、すぐに取引することが可能です!
1Satoshiとはビットコインの最小単位0.00000001BTCです。

キャンペーン報酬の20000Satoshiだと、0.0002BTCになります。
上の画像はGMOコインの取引所の解説画面のスクリーンショットですが、2019年5月20日現在のGMOコインの取引所での最小取引単位は「0.0001BTC」となっています!

つまり、プレゼントされた0.0002BTCでもすぐに取引をすることができるんです!
ちなみに、販売所の最小単位も同じなので、取引所 = 板取引が苦手な人は簡単に購入できる販売所でもOKです!

また、仮想通貨FXになるとビットコインの最小単位は0.001BTCになるので、FXを始めたい人は入金が必要になります。

[ex-jp-GMOコイン] [kanren postid="4220"] [kanren postid="3152"] [kanren postid="538"]No tags for this post.

仮想通貨初心者必見!GMOコインでの初取引で現金2000円のチャンス

GMOコイン ウォレットアプリデビューキャンペーン

人気仮想通貨取引所であるGMOコインが、販売所から初めて取引所したユーザーを対象とした「ウォレットアプリデビューキャンペーン」を開始しました。

キャンペーン期間の8月末まで販売所での初取引した人は現金2,000円がもらえるチャンスです。

このキャンペーンへの参加方法や特典について解説します。

要点

・GMOコインで現金2,000円キャンペーン開始
人気仮想通貨取引所のGMOコインで、現金2,000円がもらえるキャンペーンがスタート。その内容と参加条件を解説します。

ウォレットアプリデビューキャンペーンとは?

GMOコインでは8月末まで「ウォレットアプリデビューキャンペーン」が展開されています。

取引所が配信中のスマホアプリ「GMOコイン仮想通貨ウォレット」に登録し、そこからGMOコインの販売所へアクセスして仮想通貨取引をすることで、抽選で100名様に2,000円の現金がプレゼントされます。

ウォレットを登録し仮想通貨を買うだけで参加できるシンプルなキャンペーンです。参加条件は以下のとおりです。

・2019年2月13日以降に「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」というスマホアプリに登録
・ウォレットからGMOコインの販売所にアクセス
・GMOコインで「初めて」仮想通貨を購入

重要なポイントが3つあります。スマホアプリと登録時期、アクセス先が販売所であること、仮想通貨取引がGMOコインで初めてであることです。

キャンペーンの参加条件にスマホアプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」に登録していることは絶対です。

ウォレットなしでGMOコインで取引してもキャンペーンに参加したことにはなりません。

アクセスの手順も大切です。GMOコインのウォレットから販売所へ向かいましょう。

PCやスマホでの検索やお気に入りでGMOコインにアクセスしてもキャンペーンへの参加を認められません。

GMOコインは販売所だけでなく取引所もあります。間違って取引所で仮想通貨を購入してもキャンペーンに参加することにはなりません。

販売所での取引は「初めて」であることが条件です。キャンペーン期間中に1人で2回以上販売所で取引したからといって抽選に当たりやすくなりません。

また、キャンペーン期間以前に販売所で取引したことがある人は対象外なので注意しましょう。

以上の注意点を守り、自身はキャンペーンに参加できる条件を満たしているかをチェックすることが大切です。

キャンペーン参加方法を紹介

キャンペーンへの参加方法はシンプルです。まずはApp StoreかGoogle Playにアクセスして「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」をインストールしましょう。

アプリからログインします。このとき、まだGMOコインに口座を持っていない人はメールアドレス、パスワード、個人情報などを登録して口座開設を済ませましょう。

GMOコインの販売所へのアクセス後、「トレード」から希望する仮想通貨の銘柄を指定します。

購入金額と数量を決めて、「購入」をタップしてください。注文内容の確認ページが出ますので、「注文確定」を押しましょう。

GMOコインで扱うどの仮想通貨を買ってもキャンペーンに参加したことになります。

GMOコインはレイアウトがシンプルであり、文字も見やすく老若男女誰でも取っつきやすい取引所です。

今回のキャンペーンは抽選で100名様までと決まっているので、参加したから特典の現金2,000円がもらえるとは限りません。

しかし、仮想通貨初心者はキャンペーン参加をひとつのきっかけとして、終了後もGMOコインで取引を続け、仮想通貨に慣れるのも良いでしょう。

まとめ

GMOコインでは8月末まで、「ウォレットアプリデビューキャンペーン」として、専用アプリのウォレットからGMOコインの販売所で初めての取引をした人のうち抽選で100名様まで現金2,000円がもらえます。

参加条件をチェックして、満たしていれば早速ウォレットよりGMOコインの販売所へアクセスして取引してみましょう。

もらった2,000円はほしい物に使うのも良し、仮想通貨の取引に充てるのも良しです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

GMOコインのスプレッドってどうなの?他の取引所と徹底比較!

スプレッドって何? GMOコインのスプレッドって他社と比べてどうなの? と悩んでいる人も多いと思います。 仮想通貨取引において、スプレッドは非常に重要なポイントで、スプレッドを考慮せずに取引すると、思わぬ損失を出してしま ... No tags for this post.