GMOコイン

No tags for this post.

GMOコインの取り扱い通貨は?その特徴をわかりやすく解説!

GMOコインではどんな通貨を取り扱っているの? GMOコインで取り扱っている通貨それぞれの特徴を知りたい! と思ったことはありませんか? 仮想通貨はまだまだ歴史が浅く、法定通貨のような安定感はありません。 そのため、国の ... No tags for this post.

GMOコインでビットコインを買うには?購入方法を徹底解説!

2017年5月31日に取引を開始したGMOコインは、仮想通貨の初心者にも人気の取引所です。 GMOコインの評判が気になっているけど、 GMOコインの口座開設方法がわからない! GMOコインでビットコインを買うにはどうすれ ... No tags for this post.

仮想通貨取引所を徹底比較!お得な5社をランキングで紹介

仮想通貨取引所を選びたいけど、どこを選べば良いかわからない… できるだけお得な仮想通貨取引所を選びたい… 仮想通貨初心者の場合、まず最初に迷うのが取引所選びではないでしょうか? 2018年11月現 ... No tags for this post.

国内の仮想通貨取引所を様々な項目で徹底比較しました!

仮想通貨の取引所は日本国内だけでも10数社、海外取引所もいれると200以上もあります。 これだけ数が多いと、いざ仮想通貨を始めようと思っても 一体どの取引所で始めればいいの? と迷ってしまう方も多いことでしょう。 このペ ... No tags for this post.

仮想通貨FXといえば『GMOコイン』!GMOコインの特徴と注文方法

少額から始められる手軽さなどから人気が高まっている「仮想通貨(ビットコイン)FX」。 あなたは「仮想通貨FX」をするならどのような基準で取引所を選びますか? 「他の人たちが利用しているから?」 「ツールなどの使い勝手がい ... No tags for this post.

仮想通貨取引所はいくつ作るのがオススメ!?【2018年最新版】

本格的に盛り上がりを見せている仮想通貨市場。 それに伴うハッキング事件なども増えており仮想通貨取引所自体の運営体制においても重要視されるようになりました。 ユーザーはひとつの取引所で運用するのではなく、複数取引所で運用す ... No tags for this post.

ビットコインで支払い可能な自動販売機登場!ブラジル人のプログラマーが開発

ビットコインを使ってコーラの購入ができる自動販売機が開発されました。
開発したのはブラジル人のRicardo Reis(リカルド レイス)氏で、ライトニングネットワークを使用することによって、従来のビットコイン決済の問題点である「決済処理時間」の短縮に成功しています。

ビットコインでコーラが買える自動販売機が登場!

フィアット(通貨)としてのビットコイン利用にまた一歩近く技術が発明されました。

ライトニングネットワークにより1分以内の決済処理を可能に

ライトニングネットワークとは、スケーラビリティ問題と言われる将来的なビットコインの処理能力不足に関する懸念を解決するための技術です。

従来のビットコイン決済を行うためには、生成されたトランザクションがマイナーによって承認され、正式にブロックチェーンに記載されることを待つ必要がありました。

しかしライトニングネットワーク(LN)技術では、その承認を必要としない支払いチャンネルを新たに追加し、承認待ちによる待機時間をなくします。
ユーザーがLNのチャンネルを閉じた後で公式ブロックチェーンへ記録され、マイナーによって承認作業がなされます。

支払いはQRコードを読み取って送金するだけ!

今回開発されたコーラ自販機は、受信機のビットコインウォレットのQRコードを備えたシンプルなデザインで、購入者はコードをスキャンして金額を入力して送金するだけ!
1分以内で行われるこの作業の後、機械の下のグラスにコーラが注がれます。

このようにビットコインを使って日常的な製品の購入が可能になっていくと、今後さらなる通貨としての仮想通貨の流通が期待されます。

参考:CCN

ツイッターの反応

[recommend-ex]

GMOコインの評判とは?GMOコインの気になる手数料やレバレッジ等を解説!

「GMOクリック証券」や「FXプライムbyGMO」を運営してきたFX取引の超大手企業「GMO」
仮想通貨の「GMOコイン」のサービスを開始したことは皆さんご存知だとは思います。
「GMOコイン」は、先述したFX取引のノウハウをどのように継承しているのか?
具体的にはレバレッジや手数料はどうなのか?
非常に気になるところですよね。
そこで本記事では、「GMOコイン」のレバレッジや手数料など、仮想通貨FXを行うにあたって気になる情報をご紹介していきます。
この記事を読むと、GMOコインで仮想通貨FXに挑戦したくなるはずです!

GMOコイン 公式はこちら 

仮想通貨FXはGMOコインですべき理由!

GMOコインで仮想通貨FXを行うのに、これだけのメリットがあります。
これから一つひとつご紹介していきます。

取引手数料が無料!

なんといってもうれしいのが取引手数料が無料なことです。

上記がGMOコイン 公式サイトから引用した、取引手数料一覧表です。
GMOコインの仮想通貨FXは、新規、決済注文とロスカットの手数料が無料です!
他社だと建玉ごとに0.04%の手数料が発生するところもあるので、手数料無料で仮想通貨FXができるのはとても魅力的です。
ちなみに、入出金手数料においても無料(※振込等には負担あり)となっています。

GMOコイン 公式はこちら 

追証がない!!!

これは最大のメリットと言っていいかもしれませんが、
「GMOコイン」はFX取引につきものの「追証」と呼ばれる、「追加証拠金制度」がありません!
追証とは簡単に言うと、建玉の含み損が証拠金(担保)の最低維持率を下回った場合に追加しなければいけない証拠金のことです。
FXでは、この追証システムの怖いイメージ(初期投資だけではなく、損をするとその分どんどん証拠金を入金しなくてはならず大変な損失になる…)も定着しています。
そのため、FXに対してネガティブなイメージを持っている人も少なからずいます。

それが「GMOコイン」なら「追証なし」なので、初期投資の分だけ投資を行うだけで仮想通貨FXを気軽に始めることが可能です。
代わりにロスカットルールが設けられており、損失がでても最低限の損失で済むようになっています。

GMOコイン 公式はこちら 

24時間取引可能!

株式取引の場合だとおよそ5時間ほどしか取引時間はありませんが、
仮想通貨FXなら24時間365日取引しています。
GMOコインでももちろん24時間365日対応。チャンスを逃さずに取引できます。

少額から取引が可能

2017年12月、1ビットコインの価格が200万円を突破し、史上最高値を更新しました。
もしGMOコインでビットコインを購入するには、販売単位が0.01BTCからなので最低でも2万円(0.01BTC)の資金が必要になります。
一方仮想通貨FXの場合レバレッジ10倍を利用すると最低2,000円から注文が可能になります。
まずはお小遣い程度の投資からチャレンジしたい!という人も気軽に挑戦可能です。

充実のサポート&セキュリティ

GMOグループと言えば、GMOクリック証券がFX世界取引高第一位となるなど、
FXの分野でも、またITの分野でも日本を代表する企業です。
ノウハウを生かした強固なセキュリティと直感的に使いやすいサイト・アプリを提供しています。
特にセキュリティについては、
[aside type="boader"]

  • 即時送付に必要な分以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」にて保管
  • 複数名によって厳重に監視された状態でのみ、コールドウォレットからの仮想通貨の移動を行う
  • 仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を必要とする「マルチシグ(マルチシグネチャ)」を導入
  • さらに秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管
  • 顧客のアカウントへのサイバー攻撃対策として、日本円出金や仮想通貨送付等の際に2段階認証を必須化
  • システムの24時間365日監視
[/aside] など、万全の体制をとっています。安心して仮想通貨FXを行えます!
また、サポート体制については、サイト内では
このようないつでも質問が可能なチャット機能が搭載されています。
また問い合わせにも迅速にレスポンスがあったりと非常にきめ細かいサービスを展開しています。
そのような面でも、信頼のおける取引所と言っていいのではないでしょうか。

GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジは?

次に、GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジについてご紹介していきます!

上記がGMOコインの仮想通貨FXで取り扱っている通貨ペアとレバレッジです。
2018年5月よりアルトコインのFX取引もスタートし、日本でも人気のリップルなども取引が可能になりました。
レバレッジはBTCの最大10倍。
先ほど例にとったように、現物取引だと2万円資金が必要ですが、2千円の資金で取引可能になります!
ちなみに販売所(現物取引)でも、下記の通貨を取り扱っています。
[aside type="boader"]

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
[/aside]

GMOコインの評判は?

最後に、GMOコインの評判について、twitterで見ていきましょう。





[rank-101-gmo]

おわりに

仮想通貨FXを始めるのに最適な取引所、GMOコインについてそのメリットを中心にご紹介してきました。
手数料が無料、レバレッジが最大10倍、追証なし、セキュリティ強固、アルトコインのレバレッジ取引ができる
など魅力ある特徴がたくさんあります。
仮想通貨FXにまだ挑戦していない人も、上級者の方もぜひ登録して始めておきたい取引所です。
是非チェックしてみてください。

GMOコインが仮想通貨送金管理サービス「GMO SigNeD」をリリース!

GMOインターネットグループのひとつ、GMOシステムコンサルティング株式会社より、マルチシグベースで仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」の提供が開始されました。

[colwrap] [col2] [btn class="lightning big"]

公式サイトはこちら

[/btn]

特許出願中のサービス「GMO SigNeD」とは

以下プレスリリースから引用。

GMOインターネットグループのGMOシステムコンサルティング株式会社(代表取締役社長:糸山 日出男 以下、GMOシステムコンサルティング)は、マルチシグ(※1)ベースで仮想通貨の送金管理ができる「GMO SigNeD」(URL:https://signed.jp/ )を、本日2018年9月10日(月)より提供開始いたしました。
 仮想通貨の送金を行いたい事業者は、「GMO SigNeD」を利用することで、お客様専用のマルチシグアドレス(※2)を作成でき、アドレスから行う一連の送金フローをGUI(※3)上で簡単に運用管理することが可能です。
また、アドレスの秘密鍵を事業者側と「GMO SigNeD」側で分散管理することにより、仮想通貨の不正流出や誤送金リスクを低減することができます。
 なお、本サービスは現在特許出願中です。(出願番号:特願2018-041989)

(※1)マルチ・シグネチャーの略。仮想通貨の取引(送金)の際、複数の秘密鍵による署名(承認)を必要とする仕組み。
(※2)マルチシグ対応の口座番号のようなもの。
(※3)Graphical User Interfaceの略称で、ウィンドウ上にアイコンやボタンなどが配置され、システムの操作を行いやすい画面のこと。

GMO SigNeDでは、仮想通貨の送金をしたい業者専用のマルチシグアドレスを作成・提供します。

そしてそのアドレスを通して行われる仮想通貨の送金が一元管理できることにより、送金フローの把握が容易になり、さらにその管理画面の使いやすさ(わかりやすさ)も特徴の一つとしています。

サービス提供の背景

GMOインターネットグループでは、今回のサービス提供開始に関して、下記のような背景があるとしています。 [aside type="boader"]

  • GMOインターネットグループでは仮想通貨事業を主力事業の一つとしていること
  • 仮想通貨の取引(送金)におけるマルチシグによるセキュリティ対策ニーズが高まっていること
  • セキュリティを高めつつ秘密鍵の管理をしやすくすることが解決するべき課題
[/aside] マルチシグアドレスの秘密鍵をユーザー側と「GMO SigNeD」側で分散管理するため、仮想通貨の不正流失や誤送金、秘密鍵の紛失による凍結といったリスクを低減することができます。

また、ユーザー側とGMO SigNeD側ではお互いの秘密鍵を共有しません。
このこともセキュリティを高め、GMO SigNeD側から万が一の攻撃があったとしても、秘密鍵や仮想通貨の持ち出しができないようになっています。

[aside] すでにゲームアプリ内で導入事例あり
GMOインターネットが開発したゲームアプリ「CryptoChips byGMO」において、ゲームプレイヤーへの報酬としてビットコインを配布する際の仕組みとして活用されています。 (参考:https://www.gmo.jp/news/article/6111/) [/aside]

アルトコインも続々対応予定

現在GMO SigNeDはビットコインのみの対応ですが、今後はアルトコインへの対応も予定しています。

システムインテグレータとしてのGMOシステムコンサルティング株式会社

GMO SigNeDを提供している「GMOシステムコンサルティング株式会社」は、インターネットインフラを活用したWebシステムの開発、保守、運営を請け負うシステムインテグレータです。

インテグレート(integrate)は統合を意味し、文字通りクラウドECパッケージ「ecOrigins byGMO」の提供をはじめ、ネット通販サイト構築など、EC支援において実績を持ちながら、仮想通貨関連技術の研究開発も盛んに行っている会社です。

GMOインターネットグループでは、GMOコインが仮想通貨取引所サービスを開始し、外貨預金や投資に強いあおぞらネット銀行を立ち上げたりと活発な動きが見られます。
今回の仮想通貨送金サービスも併せて、フィンテック業界において目の離せない状態が続きそうです。

「GMO SigNeD」公式サイト

口座開設するだけでビットコインがもらえるGMOコイン

[campaign-gmocoin] [kanren postid="3856,3957,3152,2899,101"] No tags for this post.

【速報!】GMOコインが「取引所」サービス開始を発表!すでに利用可能な状態に

日本国内の仮想通貨取引所大手の「GMOコイン」が「取引所」サービスを開始したことを発表しました。

GMOコイン 公式サイトはこちら

GMOコインが「取引所」サービスを開始!「板取引」が可能に

GMOのグループ会社の仮想通貨取引所大手「GMOコイン」が、取引所サービスを開始したことを9月5日に公式サイトで発表しました。

取引所サービス提供開始について

いつもGMOコインをご利用いただきありがとうございます。

当社では、これまで仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引(仮想通貨FX)のサービスを提供して参りましたが、2018年9月5日より、ビットコインの取引所サービスの提供を開始いたしました。

■取引所サービスの概要
取引所サービスとは、ビットコインの現物取引、レバレッジ取引を板形式でお取引いただくことができるサービスです。

板形式とは、売り注文と買い注文を付け合わせてそれぞれの注文が合致するごとに売買が成立する方式です。
お客様は売買の気配値を見ながら証券市場の株取引と同じようなイメージで取引ができます。

引用 : GMOコイン公式サイト

9月5日18:30時点で、既に利用可能な状態に!

発表を受け実際にログインして確認したところ、管理画面の左メニューに「取引所」という項目があり、実際にサービス提供が開始されていることを確認できました。

取引所では、「現物取引」と「レバレッジ取引」のいずれも「板形式」(板取引)ができることが確認できます。

GMOコイン 公式サイトはこちら

ユーザーの声

GMOコイン 公式サイトはこちら

リップルの取り扱い開始やマイニング事業への参入、ネット銀行の開始などと活発な動きの見られるGMOコイン。

板取引での「取引所」サービスによって、さらなるユーザー獲得からの流動性の高まりに期待が寄せられています。

[kanren postid="3856"]

仮想通貨始めるなら「GMOコイン」がおすすめ!

[ex-jp-GMOコイン] [campaign-gmocoin] [aside type="boader"]

GMOコインで取引するなら、こちらもおすすめ!!

[kanren postid="3856"] [/aside]No tags for this post.