0g:Binance(バイナンス)

コインベースにリップル(XRP)が上場する噂が再浮上!?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月5日】

3月5日仮想通貨最新ニュース

3/5はリップルが上昇しています。本日の仮想通貨ニュースはリップルがコインベース上場の噂!?アマゾンが独自の仮想通貨を発行!?バイナンス投票3位のZILが上場!コイン相場がアプリ内トークン発行!等々をピックアップしています。

3月5日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!今日は全体的にいい感じに価格が上昇しています。特にリップルが調子が良いですね!

仮想通貨価格-前日比-3月5日

ケンケン
リップルの上昇はコインベースのXRP上場の噂だね。でもまだ根拠がない噂だもんね…
ミー
本日3月5日のニュースはこちら!
3月5日仮想通貨News概要
  • リップルがコインベース上場
  • アマゾンが独自の仮想通貨を発行!?
  • バイナンス投票3位のZILが上場!!
  • コイン相場がアプリ内トークン発行!

リップルがコインベース上場!?

リップルXRPチャート

本日リップル(XRP)の価格が大きく上昇しています。上昇の一番の要因は、アメリカ大手取引所のコインベースでXRPが上場するのではないかというです。

コインベースは、仮想通貨取引所では唯一のユニコーン企業で、取り扱っている通貨はビットコインビットコインキャッシュライトコインイーサリアムの厳選された4通貨のみです。

先日ビットコインキャッシュ(BCH)がコインベースに上場したときは、BCHの価格が大幅に上昇しました。

コインベースが臨時スタッフを500人増員するのとRipple社のCEOとコインベース社のCOOとがCNBCの番組で講演するタイミングが同じだったことから、XRPの上場が噂になったようです。

でも実はコインベースのXRPの上場の噂は今回が初めてではありません。

以前にもXRPがコインベースに上場するのではという噂がありましたが、空振りに終わりました!

私は、今回もあまり期待せずに、XRPの上場を待っています(*´꒳`*)

仮想通貨Rippleリップル(XRP)について記載しています。リップルの特徴やリップルの将来性について、さらにXRPの価格が分かるリアルタイムチャートやリップルが買える取引所の紹介、リップルに関する最新情報も記載しています。

Amazonが独自の仮想通貨を発行!?

Amazonが仮想通貨やブロックチェーンを事業に取り入れる姿勢を示しているようです。

公式からの発表などではないようですが、ブロックチェーンプラットフォームを使用する契約を結んでいるんだとか…

世論調査の結果では、調査対象者約1000人のうち半数が、アマゾンが仮想通貨を発行すれば使用すると回答したようです。

アマゾンのようなショッピングサイトでの独自の仮想通貨との相性は抜群だと思います。

先日はスターバックスが独自のデジタル通貨や、ブロックチェーン技術を利用する可能性が高いというニュースをお伝えしました。

スターバックスに続きアマゾンでも!!でもこの前、米AmazonのCEOはブロックチェーン技術は使わないって言ってたばかりだったような…

実際に導入となるとかなりのビックニュースになりますね。続報に期待です(´∪`*)

バイナンス投票3位のZILが上場!!

海外大手取引所Binance(バイナンス)で次に上場する通貨の第6回投票は3位のZILが上場という結果になりました!

ちなみに、投票の結果は下記。

1位 Elastos (ELA) 150288票 63.28%
2位 WePower (WPR) 59348票 24.99%
3位 Zilliqa (ZIL) 18339票 7.72%

1位のELAがダントツだったんですが、上場とならなかったようですね。

1位と2位の通貨には不正投票があったとかなかったとか…

ん~…このバイナンスの投票は、取引所のBNBを使って投票するという仕組みなので、それに対して少し疑問が湧いてきます…

コイン相場がアプリ内トークン発行!

コイン相場が、2018年3月中旬頃にアプリ内トークンを発行するとのことです。

株式会社COINJINJAが運営する仮想通貨アプリ「コイン相場」は、2018年3月中旬をめどに、アプリ内でイーサリアムのERC20をベースとしたアプリ内のトークンを発行します。仮想通貨アプリ「コイン相場」は現在20万DLを超え、国内No.1の仮想通貨取引ツールアプリとなっています。発行するトークンは、アプリ内での活動に応じて加算されていく仕組みで、これまで中々実現されてこなかったトークンエコノミーを実現を目指します。

コイン相場アプリでは、仮想通貨の相場の確認や資産管理はもちろん、最新ニュースをチェックできたりと情報収集にも活用できます。

コイン相場アプリのポイントは下記。

  • 仮想通貨の相場(チャート)の確認
  • 仮想通貨関連の最新ニュースの確認
  • ICO情報の確認
  • 取引所との連携で資産の管理
  • 簡易的な税金試算

様々な便利な機能が備わっていますよ!私も恥ずかしながら本日ようやく、バイナンスとコイン相場を連携しましたが、便利すぎます!!

一度設定するとあとは自動なので楽ですよ~。

コイン相場のアプリの使い方や、ウィジェット設定方法など詳細は下記の記事でまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね(*ノω・*)

仮想通貨管理アプリ「コイン相場」の使い方を解説しています。コイン相場アプリでは通貨のチャートや詳細情報の他にも最新のICO情報を日本語で見ることができます。アプリを取引所と連携することで、アプリから通貨の売買も可能です。

保有している仮想通貨一覧

今日はXRP(リップル)が上昇しているので、私の保有している通貨の全体的な前日比もプラス6%ほど上がっていますヾ(*・∀・)/

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月5日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 111 +16.2%
ビットコインキャッシュ BCC 13.5万 +2.1%
イーサリアム ETH 9.1万 +1.29%
アリス ALIS 47.1 -6.2%
ネム XEM 36.6 +0.7%
リスク LSK 2066 +0.2%
ネオ NEO 1.24万 -3.6%
モナコイン MONA 572 -0.6%
仮想通貨総資産平均合計 +6.2%

リップル(XRP)がコインベースで上場するかもという噂で、価格が上昇しているようですが、まだ根拠がなにもない噂です!

AmazonでもXRPが使われるんじゃ無いかという噂もありますが、こっちはあからさまなフェイクニュースですね。(知らんけど)

とにかく、『噂で買って事実で売る』を実行している方が多いのではないでしょうか。どちらにしても楽しみに待ちましょう♪

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月5日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のバイナンスの保有通貨は現在の価格では大きく変動したものはないようです。

やはりハードフォークを控えているXMR(モネロ)の調子が良さそうですね!前日比も約10%プラスでいい感じに上げています♪

短期で考えると、モネロのハードフォーク予定の14日辺りに売却が一番無難ですね。

モネロの特徴や将来性については下記の記事で書いています(Ü)

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の詳細について記載しています。モネロのリアルタイムチャートに時価総額に現在の価格、XMRが買える取引所やウォレットも紹介しています。匿名性通貨Moneroの持つ可能性についてぜひ参考にしてください。

それではまた明日☆

イーサリアムクラッシック(ETC)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介

イーサリアムクラッシック 取引所 おすすめ

イーサリアムクラッシック(ETC)はイーサリアム(ETH)からハードフォークした仮想通貨です。

2016年6月に起きたハッキング事件により約360万ETHが盗まれ、このハッキングを無かった事にする為にハードフォークをし、イーサリアムとイーサリアムクラッシックに分裂しました。

実はイーサリアムクラッシックが元々のメインチェーンであり、セキュリティを重視した安全度の高い通貨を目指して開発が進んでいますよ。

そんなイーサリアムクラッシックですが、どの取引所で売買するのが良いのでしょうか?

今回は私が普段から使用している取引所でおすすめのランキングを作りましたので紹介しますね。

1位:バイナンス(BINANCE)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (5/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
バイナンスの登録方法と使い方記事 バイナンスの登録方法と使い方
海外取引所への送金方法記事 送金から取引後の出金までの流れを知ろう

最も安く買うのにおすすめなのは海外取引所のバイナンス(BINANCE)です。

国内取引所でビットコインを購入してバイナンスに送金する手間はかかりますが、手数料が非常に安いので海外取引所に抵抗が無ければこちらを利用しましょう。

バイナンスでは日本円で直接イーサリアムクラッシック(ETC)を買う事が出来ませんので、日本円ですぐに買いたいという方は後に紹介するビットフライヤーコインチェックを利用して下さいね。

しかし、ビットフライヤーとコインチェックは販売所になりますから、バイナンスにビットコインを送金して取引する方法が一番安く済みますよ。

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (4/5)
   ビットフライヤーの登録方法記事  ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

成海璃子さんのCMで有名なビットフライヤー(bitFlyer)が2位になります。

バイナンス(BINANCE)とは違い販売所形式になっているため、手数料が多めにかかってしまうのが欠点です。

その代わりに売買の手続きは一瞬で終わりますから、今すぐにイーサリアムクラッシック(ETC)を買いたい場合は利用すると良いでしょう。

また、私が最近注目しているリスク(LISK)という通貨が日本円で買えるのは、コインチェック(Coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)のみですから、購入する際にはどちらかを利用すると良いでしょう。

リスク(LISK)に関しては「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」を参考にして下さいね。

3位:BITTREX(ビットレックス)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (3/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (5/5)
BITTREXの登録・使い方記事 BITTREXの登録・使い方とは

BITTREXは海外取引所ですので、日本語対応していません。

バイナンス(BINANCE)に比べて取引手数料が高いですが、取引されている量は多いので、大量に仕入れたい方は利用しても良いと思いますよ。

日本円でイーサリアムクラッシック(ETC)を買いたい場合ビットフライヤー(bitFlyer)コインチェック(Coincheck)を利用しましょう。

BITTREXは通貨の取り扱いが多いので、色々な通貨を取引してみたい方は利用をおすすめしますよ。

4位:コインチェック(Coincheck)

 総合評価  (3/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (5/5)
手数料の安さ  (2/5)
通貨の取引量  (3/5)
  コインチェックの登録方法記事  コインチェック(coincheck)の登録方法

ほとんどの方が最初に登録するであろう有名なコインチェック(Coincheck)ですが、2018年1月末に起きたハッキング事件により取引が停止しています。

以前まではビットフライヤー(bitFlyer)よりもおすすめ出来る取引所でしたので、取引が再開してセキュリティが万全になるようであれば、おすすめ順位は2位まで上がります。

番外編:DMM Bitcoin

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (2/5)
  コインチェックの登録方法記事  DMM Bitcoinの登録方法

DMM Bitcoinではイーサリアムクラッシック(ETC)を買う事は出来ません。

この取引所ではイーサリアムクラッシック(ETC)のレバレッジ取引を取り扱いしており、原資の数倍の金額を取引する事が出来ますよ。

先々に価格が伸びると思うなら「買い」でエントリーして、下がると思うなら「売り」でエントリーすればいいのです。

レバレッジ取引に関しては「レバレッジ取引をするメリット・デメリットは?」で解説していますので参考にしてくださいね。

通貨別ランキングと国内取引所一覧

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post イーサリアムクラッシック(ETC)を購入するのはどの取引所がNO.1?おすすめランキングを紹介 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

決済代行会社Circle、仮想通貨取引所Poloniexを買収

決済代行会社のCircleはPoloniex仮想通貨取引所を買収したと発表しました。

買収の噂は何週間もの間広まっていましたが、ついに本日2018年2月26日、両者の報道発表によって確認されました。

Poloniexは一流の仮想通貨取引所の一つであるものの、景気不振に陥っており、Circleの力を借りる事で仮想通貨市場において社況を逆転させる事が望まれています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


Poloniex、Circleの力をフル活用

CircleによるPoloniex買収の報道が無名のウェブサイト「Modern Consensus」にてなされた時、それは偽情報であると当初見なされていましたが、後に確かな報道であったことが判明しました。

ニューヨークタイムズ上に2018年2月26日午前8時Circleが発した報道の見出しには、「CircleとPoloniex、仮想通貨経済を活性化へ」と書かれています。

Circleは自社のCircle Trade appを通じて仮想通貨に投資していますが、Poloniexは更にそれを主要の事業へと導く事になります。

Circleの報道の中では、「開放されたグローバル仮想通貨市場」とあるように、仮想通貨について多く触れられています。

Circleが大きな計画を所持していて、Poloniex取引所をすぐにでも再生させられるような現場主義を採用する事は明らかです。

これらの計画は、明らかにPoloniexの特徴の一つであるtrollbox(ユーザーのチャットを表示する機能)を停止するだけのものではありません。

Circleは、「ユーザー経験」(Ploniexは悪いと有名なもの)や「リスク、コンプライアンス、テクニカルオペレーション」を改善すると話しています。

古き取引所、新通貨導入へ

Poloniexは2014年より参加する仮想通貨界における古参的存在で、当時より大規模なハッキングの被害を受ける事なく成果をあげてきました。

「この移行の過程におけるいかなる更新も水面下にて行われ、ユーザー経験、プラットフォーム性能、セキュリティを強化する事に焦点を当てる。ユーザーの資金は安全に保管され、アカウントの機能へは一貫してアクセスできる。」とPoloniexは説明しています。

BittrexやPoloniexなどの取引所は昨年2017年に新たに参入してきたBinaceやKucoinなどの取引所に大きくシェアを奪われています。

BittrexやPoloniexは新技術の導入に失敗しており、トレーダーは最新の仮想通貨を扱う取引所を使用せざるを得なくなっていたのです。

しかしPoloniexは依然として仮想通貨総取引量において14番目のシェアを誇っています。

2月26日より過去24時間で、米国株式市場では1億3900万ドルが取引され、ビットコインとリテコインが取引量の37%を占めています。

Circleが舵をきった今、Poloniexが今後主要なグローバル取引所としての地位を再度築きあげるのは、そう難しい事ではないでしょう。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Cryptocurrency Exchange Poloniex Has Been Bought by Circle

投稿 決済代行会社Circle、仮想通貨取引所Poloniexを買収COINNEWS に最初に表示されました。

バイナンスの偽サイトに注意!

Binance(バイナンス)の偽サイトにご注意ください。 中国の仮想通貨取引所バイナンス。 急速に銘柄を増やして成長した取引所であり、去年の12月には世界最大の取引所までになりました。 そんなバイナンスの偽サイトが現れました。 偽サイトにログインしてしまうと、ログイン情報などが盗まれ不正ログインをされてしまいます。 バイナンスの偽サイトはURLに「biṇaṇce」の文字を使っています。 この「n」の下に点が入っていますが、細かいので見逃しがちです。 グーグルで検索すると一番上に広告を出していることがあるため、うっかりそのページからログインするのを狙っています。 海外の取引所は偽サイトがよく出現するため、ログインする際は気をつけてください。 No tags for this post.

バイナンスにNEM/XEM(ネム)が上場間近!?ミーの仮想通貨最新ニュース【2月19日】

2月19日仮想通貨最新ニュース

2/19は価格が全体的にやや上昇しています。本日の仮想通貨ニュースはBinanceにNEMが上場間近!?MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?BITPointでリップルの取扱いがスタート!米ATMでBCHの取扱いがスタート!等々をピックアップしています。

2月19日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は全体的にやや上昇しています。大きく上下している通貨は無し。

仮想通貨価格-前日比-2月19日

ケンケン
今日も良いニュースが多いイメージ!
ミー
最近はホントにポジティブニュースが多いね
ミー
本日2月19日のニュースはこちら!
2月19日仮想通貨News概要
  • バイナンスにNEMが上場間近!?
  • MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?
  • BITPointでリップルの取扱いがスタート!
  • 米ATMでビットコインキャッシュの取扱いがスタート!
  • テックビューロ社の第3期決算公告が話題に!
  • ハードウェアウォレットのアドレスに注意!

バイナンスにNEMが上場間近!?

バイナンスCEOがNEMの上場についてインタビューで、「ネムはリストに載っている」などNEMの上場を期待させるような発言をしています。

現時点では上場は決定していませんが、CEOからそういった発言があったという事は近々、上場のニュースがあるかもしれませんね!(…ないかもしれません)

たくさんの通貨を扱うバイナンスでまだNEMの取扱いがないのは、不思議に感じるほどです。

NEMは最近はコインチェックの不正送金の件で、悪いイメージで有名になってしまいましたが、NEMは悪くなく、通貨自体がもつ可能性や将来性については非常に期待できる通貨だと考えています。

海外取引所の中でも人気の高いバイナンスで、NEMの上場が決まれば、XEMの流動性が大きくアップするのは間違いないです。

NEMの価格も…おそらく上がるのでは…と思います。(ポジトークですw)

先回りしてXEMを購入しておくのもあり…かもしれませんね(´∪`*)(※現時点では上場は決定していませんが…)

NEMは日本の取引所Zaif(ザイフ)で購入可能です。

MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?

三菱UFJフィナンシャル・グループが仮想通貨取引所の設立を発表(予定or方針?)しました。

これは独自が開発している仮想通貨「MUFGコイン」の本格的な始動に向けての動きとみられています。

当初、MUFGコインは1MUFGを1円に固定してしまう方針でしたが、完全に円に固定してしまうと仮想通貨ではなく電子マネーの法律が適用されるのが問題だったとのことです。

なので、円に完全に固定するのではなく、MUFGグループが運営する取引所で1MUFG≒1円に調整して、市場に流通させるのが目的のようです。現在テザー社が発行するUSDTのような位置付けですね。

これが、成功すると暴落時にわざわざ円に利確するのではなく、仮想通貨のMUFGコインに逃すこともできるということも期待できます。続報が楽しみですね!

BITPointでリップルの取扱いがスタート!

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)の取扱いがスタートしました。

あまり話題に挙がらない取引所ビットポイントですが、顧客資産の分別管理やセキュリティに力を入れており、さらに取引手数料無料、送金手数料無料とビットポイントは初心者にとっても非常に優しい取引所になっています。

現在BITPointで取扱いのある通貨は、BTC、BCH、EHT、LTC、XRPのみですが、これからもアルトコインの取扱いが増えてくると人気が出てきそうですね!

私も初めての取引所は実は、ビットポイントでした(o´艸`)

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の特徴や詳細を記載しています。BITPointでの口座開設方法からMT4の評判やビットポイントの手数料も一覧にしています。ビットコイン・イーサリアムを購入するのであれば手数料無料、送付手数料無料のビットポイント取引所が断然おすすめです。またアービトラージのことも記載しているので参考にしてください。

米ATMでビットコインキャッシュの取扱いがスタート!

アメリカのATM「Athena Bitcoin」(アセナビットコイン) でビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いがスタートしました。※今まではBTCとLTCのみの販売

このATMではクレジットカードは不要で約90秒の作業でBCHを購入することができ、即座にウォレットに着金するようです。

現在は、アメリカの8つの州とメキシコにもAthena Bitcoinは設置されており、随時追加予定とのことです。

ビットコインキャッシュはビットコインから僅か約半年前に分裂して誕生した通貨ですが、日々改良が重ねられており、実際の決済にも使われるようになってきました。

2018年はビットコインキャッシュの飛躍の年になるかもしれませんね(Ü)

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)の詳細を記載しています。ビットコインキャッシュと中国の関係やBCHの特徴とチャート・相場・レートから見る今後の将来性についても詳しくまとめています。ビットコインキャッシュを購入できる取引所も紹介しているのでBCHに興味を持った方はぜひ参考にしてください。

テックビューロ社の第3期決算公告が話題に!

本日、話題になっていたZaif取引所を運営するテックビューロ社の第3期決算書です。最終赤字が2億4972万円になっていると色々なところで騒がれていました。

一言で2億5千万の赤字と聞くと、「や、ヤバいんじゃない??」って思うかもしれませんが、単にそういったものではないと思います。

一応、私も簿記は持っていて法人の帳簿付けや決算書を作ったことがあるので、ちょっぴりだけ知識はあります。・・・とか言いながら現在の財務諸表や賃借対照表を見ないと分かりませんが、資本金を資本準備金へ振替っておそらくただの節税、、税金対策でしょう。。

しかもこの貸借対照表は約1年前のものなので、今とは大きく状況が異なっていると思います。ハイ。ホントのところは知らんけどね…

ハードウェアウォレットのアドレスに注意!

仮想通貨を購入してから取引所へ預けっぱなしは危険なので、専用のハードウェアウォレットに保管しましょうと今まで何度もお話してきました。

そのハードウェアウォレットへの保管についても、注意が必要です!

本日、DEGさんのパソコンがマルウェアに感染したということで、ご本人がツイートされていました。

こちらでは注意喚起として、ご紹介させていただいてます。

マルウェア感染に注意!

レジャーナノSには問題なく、コンピューター側に仕掛けられたマルウイルスによってパソコンの画面に別のアドレス(攻撃者・ハッカーのアドレス)に書き換えられています。コンピューターが感染しているのであって、レジャーナノSに感染しているわけではありません。

さらに少額の送金ではアドレスが書き換えられず、多額になるとアドレスが書き換わるというかなり悪質な手口です。

引用元:スポーツトレーナー業界で1番仮想通貨にハマっている人のブログ

感染の具体的な経路については不明のようですが、海外のサイト(ICO情報サイト)などにアクセスすると感染することが多いようです。

PCにはウィルス対策ソフトを入れるのは当たり前ですが、常に、スキャンをする習慣も必要なのかもしれません。

追記情報
DEGさんが、今回の件についてご自身で詳しく記事にまとめられているので、レジャーナノSを使用されている方は一度、確認しておいてほうがよいと思います!

DEGさんの記事は下記から確認できます。

ハードウェアウォレットを狙ったマルウェア感染に注意!

保有している仮想通貨一覧

NEMのバイナンス上場の噂のニュースでXEMが上昇するか?…と思ってましたが、そんなに簡単な事ではなかったようです。XEMは変化無し。バイナンスの上場が決定となれば、大きく価格は上がるとは思うのですが。。どうなるでしょうか(・ω・)ノ

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月19日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 121 +3.42%
ビットコインキャッシュ BCC 16.37万 +3.42%
イーサリアム ETH 10.19万 +1.39%
アリス ALIS 51.64 -1.06%
ネム XEM 52.01 -3.15%
リスク LSK 2979 +0.33%
ネオ NEO 1.44万 +5.12%
モナコイン MONA 680 +10.75%
仮想通貨総資産平均合計 +2.25%

今月と来月はメジャーな通貨に大きな動きがあるものが多いですね!

イーサリアムクラシック(ETC)やライトコイン(LTC)のハードフォークに、リスク(LSK)のリブランディング、モネロ(XMR)もハードフォークで新しい通貨が誕生するようです。

まぁハードフォークコインは取扱う取引所がなければ無意味ですが…(-ε-;)

匿名通貨のMonero(モネロ)の詳細ページを作成したので、ぜひ参考にしてください(*´꒳`*)

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の詳細について記載しています。モネロのリアルタイムチャートに時価総額に現在の価格、XMRが買える取引所やウォレットも紹介しています。匿名性通貨Moneroの持つ可能性についてぜひ参考にしてください。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月19日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

Binance(バイナンス)のポートフォリオにMonero(モネロ/XMR)が加わりました。もちろん3月のハードフォーク狙いですが、フォークコインが欲しいわけではなく期待値狙いですo(`*ω*´)

そして、いよいよバイナンスのポートフォリオがごちゃってきましたね。。でも検証も兼ねた超少額投資なので、これはこれで良しとしましょう(´∀`)w

それではまた明日☆

コインチェック日本円の出金再開!ミーの仮想通貨最新ニュース【2月13日】

2月13日仮想通貨最新ニュース

2/13はビットコイン価格は下がり気味。本日の仮想通貨ニュースはコインチェック日本円の出金再開!リップル社アラブの送金サービス大手と提携!バイナンス登録者が700万人突破!ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!等々をピックアップしています。

2月13日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!昨日上がり過ぎた調整かな…??本日は多くの通貨が前日比マイナス5%~になっています。

仮想通貨価格-前日比-2月13日

ケンケン
またコインチェックに動きがあるみたいだね
ミー
今日から日本円の出金も開始したよ!業務改善命令に係る報告書も提出したようだね
ミー
本日2月13日のニュースはこちら!
2月13日仮想通貨News概要
  • コインチェック日本円の出金再開!
  • リップル社アラブの送金サービス大手と提携!
  • バイナンス登録者が700万人突破!
  • ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!
  • Coinmarketcapが日本語対応

コインチェック日本円の出金再開!

先週コインチェック公式より、2/13(火)から日本円の出金を再開するとの発表がありました。

そして本日2/13になり、公式の発表通りに出金が再開され、無事にユーザーの元へ続々と振り込みが完了したようです。

twitter上でも出金/振込み完了報告が多くあげられていましたので一つの目途が立ったのかと少しだけ安心しました。

※なお出金は2/9(金)の出金申請分まで振り込みが完了しているようです

出金だけじゃなく入金するユーザーも!

多くの方が、コインチェックから出金していますが、中にはコインチェックを信じて逆に入金を開始するユーザーもおられます。

リップルでお馴染みの100億さんや、株式の世界でも有名な資産が200億円以上あるといわれているcisさんもコインチェックに入金されています。

有名な方々が公にコインチェックに入金されているところをみると勇気を貰えますね!

またコインチェックは本日、業務改善命令に係る報告書を提出したようです。

⇒ 業務改善命令に係る報告書提出のご報告【公式ページ】

コインチェック追記情報
コインチェックは本日2/13の午後8時から会見を開くようです。内容は、おそらく「業務改善命令に係る報告書提出の報告」だと思われますが、追って情報を更新します。

リップル社アラブの送金サービス大手と提携!

リップル社がアラブの送金サービス大手UAEエクスチェンジと提携を発表しました。

UAEエクスチェンジは、31か国の800の拠点を通して送金や為替両替サービスを提供する国際送金サービス大手で、特に中東やインドにおいて普及している。両替サービスでお馴染みのトラベレックスと同じ株主を持つことでも知られる。

大企業との提携を続々と発表しているリップルに今後も期待したいですね。

ただし、今回の提携は送金システムにXRPトークンを使うわけではないというところに注意です!

リップル社が発行している仮想通貨がXRPで、リップル社=XRPではないのでお間違いなく。しかしリップル社の株が上がれば相対的にみてXRPの価値が上がるのは必然です( ´ω`)(多分ね)

バイナンス登録者が700万人突破!

人気の海外取引所バイナンスの登録者数が700万人を突破したようです。

年末12/28に300万人、1/10には500万人を突破と驚異のスピードです( ゚Д゚)

一時は、アカウント作成が殺到して、新規口座開設を一時停止している時期もありました。

バイナンスはビットコインの取引高も世界トップクラスで、多くの日本人も使っている海外取引所です。

私も以前は海外取引所はBittrexを併用して使用していましたが、現在は取引手数料も安いバイナンス一択です。

バイナンスは世界一の取引所と言っても過言ではないですが、取引所を完全に信用するのは別問題です。コインチェック事件のように多くの通貨が集まる取引所は悪意のあるハッカーの的にもなります。

購入した通貨は専用のウォレットなどに移すなどの自己管理が大切です!

ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!

国内の仮想通貨取引所bitbank.cc(ビットバンクCC)で行われている、全ペア手数料無料キャンペーン6月末まで延長になりました!

このキャンペーンは、ビットバンクが仮想通貨交換業登録記念としてBTCXRPLTCETHMONABCHの取引手数料がゼロというありがたい内容です。

当初は3月末までのキャンペーンでしたが、6月末まで延長になったのは嬉しいですね(人´ω`*)

XRPを日本円で購入でき、指値注文さらに取引手数料が無料というのは、世界でビットバンクだけです!

Coinmarketcapが日本語対応

Coinmarketcap-日本語化

仮想通貨の時価総額ランキングなどが見れる仮想通貨総合サイトの「Coinmarketcap」が日本語対応になりました。

⇒ Coinmarketcap

特に日本語化しなくても困るようなところはなかったですが、毎日のように確認するサイトなので、これからも改良して見やすくしていってほしいですね!

保有している仮想通貨一覧

本日は大きな変化は無しです。全体的に前日比-5%~-10%ほどになっているので、比率もほぼ変化無しです。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月12日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 102 -9.32%
ビットコインキャッシュ BCC 13.23万 -5.36%
イーサリアム ETH 9.05万 -3.78%
アリス ALIS 37.07 -14.08%
ネム XEM 54.66 -7.75%
リスク LSK 2788 -7.5%
ネオ NEO 1.18万 -4.96%
モナコイン MONA 450 +2.86%
仮想通貨総資産平均合計 -7.16%

私の所有している通貨はモナコイン以外は前日比マイナスです(・ω・`)

メジャー通貨ではイーサリアムクラシック(ETC)が上昇しています。ETCではエアドロップが予定されているので、このエアドロップの材料が価格上昇につながったものと考えられますね。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月12日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンス銘柄も軒並み反落していますね。

昨日大きく上がったICXが一番下がっています。上がったものは下がる。下がったものは上がる。。当たり前の原則ですね(‐∀‐;;

それではまた明日☆

【Binance】メンテナンス終了!原因はDDoS攻撃?

138: 仮想通貨の名無しさん 2018/02/09(金) 18:35:57.95 ID:Xdvb+xtF ・コインはちゃんとコールドウォレットに保管して管理 ・2時間ごとに進捗を報告 ・メンテナンスに時間かかったことを...No tags for this post.

【Binance】メンテ延長も軽微な問題な模様

2: 仮想通貨の名無しさん 2018/02/08(木) 17:38:48.46 ID:n3vfCxsV 一応、メンテ延長のお知らせは出てるけど、、、日本語は消えてる。   10: 仮想通貨の名無しさん 2018...No tags for this post.

バイナンス(Binance)がメンテナンスでGOXの噂!?ミーの仮想通貨最新ニュース【2月8日】

2/8は安定した相場になっています。本日の仮想通貨ニュースはBinanceメンテナンスでGOXの噂!?ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!アンドロイド端末でモネロをマイニング?等々をピックアップしています。

2月8日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日は大きな値動きはなく安定相場。ほどんどの通貨が前日比10%以内の動きの中、BCHだけが20%もあげています。

ケンケン
今日はかなり安定した相場になっているね!
ミー
上記のメジャー通貨で大きく下がっている通貨は今のところはないね
ミー
本日2月8日のニュースはこちら!
2月8日仮想通貨News概要
  • BinanceメンテナンスでGOXの噂!?
  • ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!
  • ビットフライヤーで「SFD」導入!
  • 米コインベースでセグウィットが実装!
  • 米アリゾナ州で仮想通貨での納税が可能に!?
  • アンドロイド端末でモネロをマイニング!?
  • カナダでGoogleの仮想通貨関連の広告禁止!?

BinanceメンテナンスでGOXの噂!?

本日Binance(バイナンス)で12時間にも及ぶメンテナンスが行われています。またバイナンスからはメンテナンス延長のアナウンスがありました。※現在21時点ではまだメンテナンス中のようです。

メンテナンスが延長された理由は、一部データの同期ができておらず再同期するために、膨大なデータ量があり数時間かかるということでした。

ただのメンテナンスのようですが、先日のコインチェックの問題があっただけにメンテナンス中は「このままGOXするのではないか…」と不安の声もあがっていましたね。

先日のコインチェックの問題で、世界中の取引所やユーザーがナーバスになっているのは分かります。しかし不安感に煽られて通常では行わないような行動を取るのは良くないです。

楽観的になり過ぎるのも決して良くないですが、最低限自分でできる通貨の管理をして、常にフラットで冷静な投資判断ができるようにしておきましょう。

私もバイナンスは主要で使っている取引所です。今回のメンテナスの件で、バイナンスが破綻するとは万が一にも思ってはいませんが、取引所はいつ破綻してもおかしくないというのも事実です。

購入した仮想通貨はハードウォレットに移しておくなど、資産管理はご自身でしっかり行いましょう。

仮想通貨のハードウェアウォレットLedgerNanoS(レジャーナノS)の購入方法と注意点について記載しています。日本のECショップ、Amazonやメルカリでも正規品と記載されて販売されていますが、全て並行品でウィルスなどを入れられているリスクがあります。

ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!

国内取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が「tax@cryptact」の開発・運営を手掛ける株式会社クリプタクトと業務提携を行いました!

tax@cryptactは確定申告で必要になる、仮想通貨の損益の計算ができるサービスです。

2017年度の確定申告は2018年2月16日~3月15日です。ビットフライヤーを使って仮想通貨で大きく利益を出されている方は必ず確定申告が必要になるので、ありがたい対応ですね。

全ての国内取引所でも確定申告用のツールを導入してほしいです。。

ビットフライヤーで「SFD」導入!

ビットフライヤーで、日本時間の2/8(木)AM4時より「SFD」が導入されました。SFDはビットコインの現物とFXの価格乖離の縮小を目的としたシステムです。

当初は1月中に導入する予定だったSFDが延期になっていました。

この価格乖離には大きな不満の声があがっていたので、そういった声をくみ取った対応です。

「少しずつ使いやすい取引所になっていってる」とユーザーからは高評価を受けています(Ü)

米コインベースでもうすぐセグウィットが実装!

アメリカの大手取引所Coinbase(コインベース)で、もう間もなくsegwit(セグウィット)が実装されるようです。

segwit(セグウィット)とは
セグウィットとは取引のブロックサイズを最適化(一部を圧縮)することで、ブロックサイズはそのままで実質的なブロックサイズの上昇につながる技術です。

少し難しい話になりそうなので、超簡単に説明するとセグウィットが実装されるとビットコインの送金の時間が短縮されたり、手数料が下がりより快適にビットコインの送金ができるということです。

ビットコインは最近まで、需要が急激に高まったことによる送金詰まりや手数料の高騰が問題視され多くのユーザーや企業がビットコインから離れていきました。

このセグウィットの導入でそういった問題が解決され、離れていった投資家や企業が戻ってくれることを願います。

ビットコインの送金詰まりが激減

ここ数カ月ずっとビットコインの送金詰まりが多く、送金に時間がかかったり手数料が高いなどと問題視されていましたが、ここにきてビットコインの送金詰まりは約4,400件に!

4,400件って数字だけを見たらまだまだ多いようにも感じますが、以前の送金詰まりがピークの時は何十万件あり、送金したBTCが3日以上~届かないというケースが多くみられました。

今回の送金詰まりが解消されつつあるのは、先日のビットコイン大暴落で「BTCを送金するユーザーが急激に減ったから!?」という声もありますが、確かに一理あると思います。

ビットコインの開発では上記で挙げたようなセグウィットライトニングネットワークという新しい技術で送金詰まりなどの問題を解決しようと日々奮起しています!

私は応援することしかできませんが、ビットコイン本来の『送金が速くて手数料が安い』を取り戻してくれることを信じています(`・ω・´)

米アリゾナ州で仮想通貨での納税が可能に!?

アメリカのアリゾナ州でビットコインで税金を払うことを可能にする法案があげられたようです。

まだ法案があげられただけで何も決まっていませんが、アリゾナ州議員の中では、賛成と反対の意見があるようですね。

もし、アリゾナ州がこの法案を認めた場合は世界初の事例になります。

仮想通貨での納税が、可決するようなことがあればこれは仮想通貨界の大ニュースにもなると思います。世界の先駆けとなって仮想通貨での納税が認められると、仮想通貨の認知度や価値観も大きく変わると思います。

日本でも仮想通貨の納税や税金に対して不安の声や疑問の声が多いので、仮想通貨での納税は是非、是非、是非、可決してほしいと思うのでした。。

アンドロイドでモネロをマイニング!?

またもや、利用端末が知らないうちにマイニングに利用される「クリプトジャック」が起こりました。

今回のクリプトジャックは、スマートフォン、タブレット、テレビ等あらゆる種類のアンドロイド端末に影響があるようで、感染すると勝手にモネロ(XMR)のマイニングをさせられ、単一のウォレットに送られるようです。

感染の拡大のスピートが非常に早く、なんと中国や韓国を中心に既に7000台ものアンドロイド端末に感染したようです。。

なぜモネロ…?モネロといえば匿名性の仮想通貨ですね。よく、マネーロンダリングやダークマーケットの資金としても使われている通貨ともいわれています。

ふむ。やはり犯罪者たちは匿名通貨を好むのか…。でも誤解して欲しくないのは匿名通貨が悪いわけではなく、そういった匿名通貨を使って悪いことをする犯罪者たちが悪いということです。

しかし、匿名通貨は安全性が高くプライバシーが守られるとされる注目度の高い通貨でもありますね!

 クリプトジャックの関連コンテンツ

カナダでGoogleの仮想通貨関連の広告禁止!?

カナダの政府機関がGoogleに対して、ICOなど仮想通貨関連の広告禁止を呼びかけているということです。

こういった広告により、犯罪に巻き込まれる可能性があるのかなどGoogle社と話し合いを行っているようです。

前にも書きましたが、私はむしろ広告禁止には賛成です。正直ICOの精査は非常に難しいです。スキャム(詐欺)のICOでも非常に作り込まれていて、ちょっとした知識ではまったく検討が付かないからです。

本当に良いICOや未来が有望なものは、信頼ある有識者やメディアが自然と取り上げられて広まっていくと思ってます。またそれくらいのマーケティング力がないと、これからは生き残ってもいけないとも思います。

 仮想通貨広告禁止の関連記事

保有している仮想通貨一覧

他の通貨に遅れて本日はBCHが値を大きく戻していますね(´∀`*)BCHだけ取り残されている…と昨日は少し不安になりましたが、良かった良かった♪

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月8日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 80 -2.67%
ビットコインキャッシュ BCC 13.37万 +22.53%
イーサリアム ETH 9.07万 +4.96%
アリス ALIS 44.8 +6.02%
ネム XEM 58.9 -4.3%
リスク LSK 2418 +19.9%
ネオ NEO 1.2万 +2.6%
モナコイン MONA 396 -2.2%
仮想通貨総資産平均合計 2.8%

テザー問題が一旦落着したのか、相場に少しだけ活気が戻ってきたように思えます。

あとはコインチェック問題が落ち着くと、、もしかすると一気に上昇気流に乗るかもしれませんね!2月末の相場がどうなっているのか今から楽しみです(*´罒`*)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日の私のBinance(バイナンス)ポートフォリオは、大きな変化はなくヨコヨコです。

バイナンスの中ではDGD、BLZ、TRIGあたりが調子が良く、20%前後前日比がプラスになっているようですね(Ü)

それではまた明日☆

リスク(LISK)を最も安く購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介

仮想通貨のリスク(LISK)は2017年3月に10円台を推移していましたが、12月には400倍の4000円に到達しました。

イーサリアム(ETH)と比べても遜色の無い通貨で、日本でも人気が出てきていますよ。

今回は私がリスク(LISK)を購入する際に使用している取引所で、おすすめのランキングを作りましたので紹介します。

通貨の特徴や購入するメリットについては別の記事でまとめていますので、参考にして下さいね。

1位:バイナンス(BINANCE)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (4/5)
取引所の使いやすさ  (5/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
バイナンスの登録方法と使い方記事 バイナンスの登録方法と使い方
海外取引所への送金方法記事 送金から取引後の出金までの流れを知ろう

1位は海外取引所のバイナンス(BINANCE)です。

手数料も非常に安く済みますので、国内取引所でビットコインを購入してバイナンスに送金しましょう。

バイナンスでは日本円で直接リスク(LISK)を買う事が出来ませんので、日本円ですぐに買いたいという方は後に紹介するビットフライヤーコインチェックを利用して下さいね。

しかし、ビットフライヤーとコインチェックは販売所になりますから、バイナンスにビットコインを送金して取引する方法が一番安く済みますよ。

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

 総合評価  (4/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (3/5)
通貨の取引量  (4/5)
ビットフライヤーの登録・使い方記事 ビットフライヤーの登録と使い方

ビットフライヤーは2018年1月31日にリスク(LISK)を新規上場しました。

セキュリティ面は世界一と評価されるほどの安全性を誇っていますので、国内取引所では最も安心な取引所と言えるでしょう。

日本円で直接買いたい場合はビットフライヤーを利用して購入する事がおすすめです。

また、ビットコインFXの取引量が世界的に見ても上位の取引所ですから、FXをする事を考えているのであれば利用する価値がありますよ。

3位:コインチェック(Coincheck)

 総合評価  (5/5)
 初心者へのおすすめ度  (5/5)
取引所の使いやすさ  (4/5)
手数料の安さ  (5/5)
通貨の取引量  (5/5)
Coincheckの登録・使い方記事 Coincheckの登録方法と使い方とは

コインチェックはNEM(ネム)のハッキング事件により、取引所としては稼働していません。

国内取引所でリスク(LISK)を購入出来るのは、元はコインチェックしか無かったのですが、今はビットフライヤーがあります。

今からリスク(LISK)を買いたい場合は、ビットフライヤーかバイナンスのどちらかを利用すると良いでしょう。

通貨別ランキングと国内取引所一覧

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post リスク(LISK)を最も安く購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

bitFlyerのサイトがダウン中

[box class="red_box" title="2018年1月31日16:51追記"] 現在は復旧しており、ビットフライヤーのサイトへアクセスすることが可能となっています。 [/box]

新たに「LISK」(リスク)の上場を発表したbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、現在サイトにアクセスできない状態となっています。

公式に原因は発表されていませんが、新たに上場した通貨「LISK」の購入を求めるユーザーからのアクセス増加による可能性もあり、LISKの人気の高さがうかがえます。

[box class="green_box" title="関連記事"] 【bitFlyerに新規上場!】Liskコインとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリスクの基礎知識! | 海外の仮想通貨ニュース速報 [/box]

リスクが買えるおすすめの海外取引所

LISKは海外取引所では定番で人気の暗号通貨!

LISKをいち早く保有しておきたい人は海外取引所も活用しよう!

Binance(バイナンス)

  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]No tags for this post.

Binance(バイナンス)本社が香港から日本に移転はデマ!?ミーの仮想通貨最新ニュース【1月30日】

1月30日仮想通貨最新ニュース-0

1/30のビットコイン価格は下落しています。本日の仮想通貨ニュースはBinance本社が香港から日本に移転はデマ!?SBIVが一部でXRPを販売開始!ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに!ビットバンクの資産保管体制公開!等々をピックアップしています。

1月30日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日はビットコインが下落気味です。それにつられて他のアルトコインも全面安状態です。

仮想通貨価格-前日比-1月30日

ケンケン
今日はほとんどの通貨の価格が下がっているね
ミー
うん。なんか嫌な雰囲気だね。昨日のテザーの件が影響しているのかな…
ケンケン
おっ!SBIVに何か動きがあったんだね♪
ミー
本日1月30日のニュースはこちら!
1月30日仮想通貨News概要
  • Binance本社が香港から日本に移転はデマ!?
  • SBIVが一部でXRPを販売開始!
  • ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに
  • ビットバンクの資産保管体制
  • ユーチューブで無断マイニング!?
  • ハードウォレットの中には通貨はない!
  • BITDAYSで連載記事を開始!

Binance本社が香港から日本に移転はデマ!?

海外で注目度の高いBinance(バイナンス)の本社が日本に移転するという情報が流れました。

え!バイナンスが日本!?と一瞬びっくりするようなニュースでしたが、現時点ではまだ噂の段階でデマの可能性も高いようですね。

中国や香港では規制など反対的な動きが多い等の理由で日本に移転ということかな!?

日本では、改正資金決済法の兼ね合いで新規取引所や新しい通貨の上場のハードルは非常に高いです。また新規通貨の上場は金融庁管轄で厳しいので、どう考えてもあのバイナンス銘柄全ての上場は、現状では到底無理だと考えられます。

そこで、今ある海外のバイナンスとは別に新たな日本でのバイナンスを作り別銘柄を上場させるのでは?という意見も見られました。

とまぁ、現時点での情報はすべて憶測です。実際に何かしらの動きがある場合は公式からの発表があるはずですね。

SBIVが一部でXRPを販売開始!

SBIが手掛ける新たな取引所SBIバーチャルカレンシーがいよいよ動き出しました。

本日1月30日から一部顧客限定でXRPを試験的に販売するとのことです。コインチェックの件もあり、かなり慎重に動いているのかな。

とにかくDMM Bitcoinと同じく、たくさんの期待と注目が集まる取引所になることは間違いなしですミ(・∀・ )彡

またXRPを強く推しているので、XRPの価値や普及がさらに進むということも考えられます!本リリースはまだもう少し先になるので、しっかりとした管理体制のもと運営して欲しいですね。

ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに!

ドイツ銀行の最高投資責任者がインタビューで、5~10年以内に仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組みができる可能性があると述べたようです。

投機的だと判断した投資家だけが仮想通貨へ投資をしている現状を警戒し、仮想通貨投資を正規化することによって、安全性と信頼をつくるとのことです。

こういった前向きな動きもある中、中央銀行であるドイツ銀行の理事が、「世界規模で仮想通貨規制を行うべきだ」とも述べていましたね。

また話は少し逸脱しますが、ドイツ銀行はこの前までは経営不振により破綻の恐れのある銀行とされていました。ドイツ銀行が破綻となれば世界経済に計り知れないほどの影響が出るのは間違いないので、仮想通貨とタッグを組んで双方にとって良い方向に進めてほしいと考えています!

 ドイツ銀行の関連記事

ビットバンクの資産保管体制

先日のコインチェックの事件を受けて、ビットバンクがコインの保管方法(仮想通貨ウォレットの運用体制)について発表しました。

管理体制を明確にして顧客を安心させるのは非常に好感がもてますね。

ビットバンクでは全ての通貨をネットワークから切り離したコールドウォレットを適切に使用し、さらに対応できるものであればマルチシグにも対応しているようです。

マルチシグとは
マルチシグとは簡単にイメージで例えるなら、鍵の数を増やすセキュリティ管理方法で、通常一つの鍵で出し入れができるものに、3重の鍵をかけて1つの鍵を盗まれただけでは、通貨の送金や出金ができないようにする手法です。

今回のコインチェックのNEM不正送金ではコインチェック側で、NEMをマルチシグに対応しておらず、ネットにつないだままのホットウォレットで管理していたことが問題視されています。

全ての取引所や販売所で、通貨の管理体制を今一度見直していくことがこれからもっとも重要視されますね。

ユーチューブで無断マイニング!?

先日のニュースでは、スマホでサイトを閲覧していたら、勝手にそのスマホがマイニングに使われる「クリプトジャック」をお伝えしました。

今度は動画サイトのYouTubeでの動画広告?を視聴するとその視聴しているCPUの電力を使って勝手にマイニングに使用されるというものです。

ユーザーから苦情を受けたGoogleは「2時間以内でその広告をブロックし駆逐した」と発表しているようです。

おいおい、そんな技術があるなら他力本願ではなく、マイニング効率を良くして自分でマイニングしたほうがよいのでは…と思うのでした。

 クリプトジャックの関連記事

ハードウォレットの中には通貨はない!

上記のツイートの反響が多かったようで、ハードウェアウォレットの中に通貨が保存されてると思われている方が非常に多かったです。

たしかに。。。私も初めはハードウェアウォレットの意味も分からず理解ができませんでした。

簡単に説明すると、ハードウェアウォレットそのものに仮想通貨を保存するのではなく、ハードウェアウォレットは秘密鍵の役目を果たしてくれるものです。

見た目がUSBのようなので、感覚的にはハードウェアウォレットの中に仮想通貨のデータが入っているイメージになってしまいますよね。

そして、とても重要なことですがハードウェアウォレットの初期設定では、リカバリーフレーズを書き留める必要があります。このリカバリーフレーズはウォレットが紛失したり、破損した時などに、復元する時に必ず必要になるものです。

ハードウェアウォレットの保管も大事ですが、それ以上にリカバリーフレーズを書いた紙を厳重に保管する必要があります。

ハードウェアウォレットは、ヤフオクやメルカリなどでのネット販売もされていますが、セキュリティの観点から公式から購入する事をおすすめします。新品正規品と書いていても中にウィルスが仕込まれている可能性があります。

正規品というのは、正規代理店が販売しているものだけが正規品です。正規代理店から購入してそのまま転売してもその時点で並行品になり正規品ではありません。

自身の大切な資金を守る為に、徹底的な管理を心がける事が大切ですね。

「BITDAYS」さんで記事連載を開始!

BITDAYS(ビットデイズ)さんで記事の連載を開始しました!

普段、このブログでは書かないような私自身の話などを書いているので、是非遊びに行ってくださいね(*´﹀`*)

今回のテーマは、『簡単な自己紹介と私の投資方法手法と情報収集方法』です!

自己紹介 はじめまして。ママコイナーのミーと申します。 「主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ」というブログを運営していますが、タイトル通りなんとか仮想通貨投資で生活できる水準まで到達でしましたので、今回は私の簡単な自己紹介、投資スタイル、仮想通貨における情報収集方法をお伝えしたいと思います。 私は3人の子供と夫の5人家...

保有している仮想通貨一覧

本日は、いつも使っている管理アプリのクリプトフォリオがメンテナンス中ということで、円グラフはなしです。また数字に関しても、クリプトフォリオを参考にして入力していたので、昨日の数字をそのまま使っています。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

※クリプトフォリオがメンテナンス中なので、本日のポートフォリオはなしです。

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

クリプトフォリオがメンテナンス中のため下記の数字は昨日1/29の数字です。
通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 141 +3.23%
ビットコインキャッシュ BCC 18.38万 -1.1%
イーサリアム ETH 12.95万 +1.45%
アリス ALIS 79.95 -10.3%
ネオ NEO 1.7万 +8.5%
リスク LSK 2479 -3.71%
ネム XEM 102.4 -7.07%
モナコイン MONA 649.5 -4.58%
仮想通貨総資産平均合計 +0.53%

どうやら本日はNEOの調子が非常に良かったようですねヾ(*・∀・)/…今は下がっていますが。。

他の通貨もビットコインに引きずられているので、全面安状態です。昨日のテザー者のUSDTの黒い噂の件が関係しているのか、何やら嫌な雰囲気ですね。。。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

※クリプトフォリオがメンテナンス中なので、本日のポートフォリオはなしです。

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のBinance(バイナンス)のポートフォリオは、クリプトフォリオがメンテナンス中なので、どうなっているのか不明です(・ω・`)

バイナンスにログインしてみると、BTC建てではGAS/BTCだけが価格を大きく上げていました!GASはNEOのマイニング報酬としての通貨で、NEOを使うためにも使われる通貨です。やはり、最近はずっと言ってますが中華系の通貨が強い…

うん。やっぱり強いですね!!

それではまた明日☆

【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキング!

ペンタごん
取引所はたくさんあるけどおすすめが知りたい…
亮平
ランキングで比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は おすすめの仮想通貨取引所 を、ランキングで紹介しますね。

『仮想通貨取引所』とは、簡単に言えば仮想通貨の売り買いをするところです。

取引所に登録する事で、仮想通貨を買う事ができるようになると思って下さい。

 

仮想通貨の取引所はずいぶん増えてきて「どこを使うのが良いんだろう…」と悩む事も多いと思います。

この記事を参考に、おすすめの取引所をぜひ使ってみて下さい!

 

0.仮想通貨(ビットコイン)取引所のランキング基準について

亮平
上記の基準でランキングにするよ!
ペンタごん
おぉ分かりやすい!

ランキングは手数料の安さ、使いやすさ(アプリ含む)、銘柄の豊富さ星5段階で評価します。

僕が実際にすべて使っている上での感想を含めてお話しますので、ご参考にして下さい。

 

またその他の特徴として、取引所ごとの特徴(強み)もあわせてご紹介しますね。

それでは、さっそく1位から見ていきましょう。

 

1.Zaif(ザイフ)取引所

亮平
まずはやっぱりZaifだね

第1位はZaif

手数料の安さと積立機能が大きな強みですね。

詳しい紹介については、以下の記事をどうぞ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

①Zaif取引所のメリット

ビットフライヤー コインチェック・ビットバンク Zaif
Maker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.05%
Taker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.01%

まずはなんといっても、手数料の安さがあります。

主要な仮想通貨であるビットコインを日本円で買うならば取引手数料はなんと-0.05~-0.01%(!)

つまり、手数料がかかるどころか、逆にボーナスが貰えてしまうんですね。

またアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも 『取引所』 があるのは大きな魅力です。

アルトコインの 『取引所』 があるのは、国内主要取引所ではZaifとビットバンクだけですからね。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

そして最大の特徴としては、『Zaifコイン積立』にて自動のほったらかし積立ができる点です。

月1,000円から始められるのでたいへんおすすめですよ。

>>関連記事:『Zaifコイン積立』とは?元銀行員がメリット・デメリット・評判を解説!

 

②Zaif取引所のデメリット

個人的な一番のデメリットとしては、アプリが使いづらい事ですね…。

Zaifは、アプリが使いづらいと以前からよく言われています。

 

ただ普段は積立だけなら、アプリで頻繁に相場を見る事はないのでそこまで大きなデメリットでは無いですよ。

なので、総合的に見て一番良いのはZaif取引所だと思います。

 

2.ビットバンク(bitbank)取引所

亮平
ビットバンクは、手数料の安さが素晴らしいね

第2位はビットバンク

最近、僕もよく使っていますが、手数料の安さが大きな特徴ですね。

これからさらにユーザーが増えていくであろう、おすすめの取引所ですよ。

>>関連記事:リップル・ライトコインの購入ならbitbank(ビットバンク)!メリット・デメリット・評判は?

 

①ビットバンク取引所のメリット

ビットバンクは3月31日まで、取引手数料ゼロのキャンペーンをやっています。

なので、さらに安く買う事ができますね。

取引手数料
ビットフライヤー 割高。『取引所』はBTCのみ
コインチェック 割高。『取引所』はBTCのみ
Zaif 0~0.3%
ビットバンク 0%

国内の主要取引所と比較しても、手数料ゼロはかなり良いですね。

これは大きな強みといえるでしょう。

またビットバンクが好評な理由は、アルトコインで『取引所』がある事です。

アルトコインで『取引所』と聞くと、さきほど紹介したZaifが思い浮かびますね。

 

ただリップルとライトコインはZaifで取り扱いが無いので、リップル・ライトコインの 『取引所』 があるのはビットバンクだけなんです。

しかも、現在コインチェックでリップルの取引ができない事から、国内の主要取引所でリップルを購入できるのはビットバンクだけなのでさらにおすすめですよ。

 

②ビットバンク取引所のデメリット

ビットバンクのデメリットとして、まず取引ペアが限られている事があります。

イーサリアムやライトコインは、ビットコインとしか取引(売買)できません。

 

またビットコインやリップルは、日本円でしか取引できないのです。

このように、ビットバンクは取引ペアが限られているのがやや不便ですね…。

またビットバンクは、コインチェックなどの主要取引所に比べてユーザーが少ないので、売買が成立しにくいと言えます。

ただ、そこまで大きな額で無いなら、取引にさほど問題は無いでしょう。

最後に、ビットバンクはスマホアプリにまだ対応していません。

ネットからアクセスすれば問題なく使えますが、アプリユーザーにはやや不満かもしれませんね。

 

僕のようにPCからしか使わないなら問題は無いですよ。

総合してみると、手数料を安く取引するなら必須の取引所かなと思います。

 

3.ビットフライヤー(bitFlyer)取引所

亮平
次は国内最大手のビットフライヤーだよ

第3位は国内最大手のビットフライヤー

僕も初めての仮想通貨取引所はビットフライヤーでしたが、PCもスマホアプリも使いやすいので初心者にもピッタリですね。

またセキュリティにも力を入れている、安心の取引所ですよ。

>>関連記事:【超まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・評判!

 

①ビットフライヤー取引所のメリット

ビットフライヤーの一番のメリットは、なんといっても国内最大の取引所である実績と安心感ですね。

大手金融系を始めとした有名企業も株主に並んでおり、取引所としての充実ぶりが伝わってきます。

また、ビットフライヤーはいち早く補償制度を実施しています。

コインチェックやZaifなど他の取引所は、まだ補償制度は未実施ですね。

  補償制度
 ビットフライヤー あり(ただし円出金のみ)
コインチェック  なし(制度試行自体は発表済)
Zaif  なし 

ユーザーにとって超大事補償制度にいち早く取り組んでくれている点は、大きく評価できると思います。

>>関連記事:【補償制度比較】ビットフライヤー・コインチェック・Zaif【仮想通貨取引所】

 

②ビットフライヤー取引所のデメリット

ビットコインしか取引所がなく、他の通貨を買う際は手数料が高くなりますね。

またビットフライヤーも積立機能はあるのですが、1日の最低購入金額が1,000円からなんですよね…。

これだと、毎日の積立にすると月30,000円程度かかってしまいます。

なので積立をするならZaifの方がおすすめでしょう。

 

総合的に見ると、使いやすさにも定評があり、Zaifと一緒にまず使って欲しい取引所かなと思います。

 

4.バイナンス(Binance)取引所

亮平
海外取引所はまずバイナンスを使ってほしいね

第4位は、海外取引所のバイナンス

海外取引所では、No.1の人気を誇っていますね。

国内取引所に慣れてきたら、ぜひ使って欲しい取引所です。

>>関連記事:【超まとめ】Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・評判!【海外仮想通貨取引所】

 

①バイナンス取引所のメリット

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1% 0.1%

Zaifやビットバンクと同じように、バイナンスの手数料も安い事で人気です。

バイナンスはなんと全銘柄0.1%と驚きの水準です

他の海外取引所より安いのも、大きな特徴ですね。

またバイナンスで取り扱っている銘柄(コイン)100種類以上とたいへん豊富です。

国内取引所で仮想通貨銘柄が豊富と言われているコインチェックでも10ちょっとなので、バイナンスははるかに多いですね。

 

②バイナンス取引所のデメリット

国内取引所だと、日本円を入金して仮想通貨を買うという流れになりますね。

バイナンスのような海外取引所だと、日本円の取り扱いが無いので、国内取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに入金(送金)して使用する事になります。

 

出金の際も同様で、国内取引所を経由して日本円に換える必要がありますね。

慣れるまでは、正直ちょっと面倒です。

 

また、日本語対応もしなくなってしまったので、やや使いづらくなってしまいましたね。

以前までは日本語対応していたので、今後の改善に期待しましょう。

海外取引所を使うなら、まずはバイナンスから始めるのがおすすめですよ。

 

5.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)取引所

亮平
DMM Bitcoinでレバレッジ取引にもチャレンジしてみよう

続いて、大手企業DMM.comがスタートさせたDMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応しているだけでなく、アプリの使いやすさにも定評がありますよ。

>>関連記事:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・メリット・デメリットは?レバレッジ取引におすすめ!

 

①DMM Bitcoin取引所のメリット

DMM Bitcoinの一番の特徴は、アルトコインでのレバレッジ取引ができる点ですね。

レバレッジ取引自体はビットフライヤーGMOコインでもできるのですが、どちらもビットコインだけとなっています。

亮平
スマホアプリも使いやすいよ!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいと思います。

チャートを見るのはもちろん、取引までもスマホ一つでできるのも便利ですね。

今なら登録すると、1,000円がもらえるキャンペーン中ですよ。

 

②DMM Bitcoin取引所のデメリット

DMM Bitcoinは 『取引所』 形式が無く、 『販売所』 形式を使うしかありません。

なので、取引による手数料がやや高いと言えるでしょう。

またDMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッド(売値と買値の差の事で、実質的な手数料)が広くて手数料が高いと言われています。

これはややネックですが、アルトコインが大幅に値動きする時を狙うなら、チャンスはあると思います。

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引にも挑戦してみると良いですよ。

 

6.【登録停止中】コインチェック(coincheck)取引所

亮平
レバレッジ取引はスプレッドが広いから手数料が高いと言えるね

現在は登録停止してますが、コインチェックについても書いておきます。

使いやすさ、スマホの見やすさ、銘柄の豊富さなどで総じて評価の高い取引所だと思います。

アルトコインの手数料がやや高いのがネックですが、今後の取引再開に期待して待ちましょう。

>>関連記事:【超初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット・評判!

 

7.使う取引所を増やしていくおすすめのステップ

ペンタごん
取引所はどんな順番で使っていけばいい?
亮平
このステップをおすすめするよ!

初心者の方は、まずZaifビットフライヤーで始めていきましょう。

リップルやライトコインなどが欲しくなった際には、次にビットバンクも使い始める。

 

そして国内取引所に慣れてきたら、バイナンスにチャレンジしてみましょう。

最後に、レバレッジ取引がしたければDMM Bitcoinを使う…というイメージですね。

ただどの取引所も本人確認に時間がかかるので、登録だけは早めに済ませておく事をおすすめします。

 

8.【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキングまとめ

ペンタごん
仮想通貨取引所のランキングがよくわかったよ!
亮平
おすすめの取引所をぜひ使ってみよう!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕が普段から使用している取引所です。

自信を持っておすすめできるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

一つの取引所のみを使っていると、何らかのトラブルで使用できなくなった際に困ってしまいます。

そうならないためにも、いつでも複数の取引所を使えるようにしておきましょう!

今回紹介した取引所ランキング

第1位⇒Zaif:手数料の安さ、積立機能が魅力

第2位⇒ビットバンク:手数料の安さ、リップルの購入におすすめ

第3位⇒ビットフライヤー:最大手取引所。使いやすさと補償制度が特徴

第4位⇒バイナンス:海外取引所No.1で、取り扱い銘柄も豊富

第5位⇒DMM Bitcoin:アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応

 

▼各取引所の登録手順へ進みましょう▼

あわせて読みたい

世界No.1の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法や手数料の評判は?

2017年7月に開設され、登録者数をぐんぐんと伸ばしている中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
1日の出来高が世界1位になり、今一番注目されている取引所です。
9月には日本語も対応され、取り扱っている通貨が77種類と日本の取引所と比べると圧倒的に多くなっています。
また、Binance(バイナンス)はビットコインのハードフォークでコインの付与が期待できる取引所としても注目を集めています。

ビットコインのハードフォーク全てに対応


BINANCE(バイナンス)公式ツイッターのリプライにて「全てのフォークに対応します」とコメントしています。

BINANCE(バイナンス)はこれまでも、直近(11月25日)のビットコインダイヤモンドの付与へ早期に対応したり、ICOによって新たに発生した通貨を取り扱いを開始するのが早い、という理由から世界的に利用者が急増していました。

海外の取引所でありながら日本語と日本円の表記にも対応しているため、日本人にとって利用しやすいのも特徴の一つです。

Binance(バイナンス)とは


Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所。
9月には日本語の対応も開始し、取扱通貨は77種類と日本の取引所を大幅に上回っています。
一日の取引高が世界1位を記録し、今最も注目を集めている仮想通貨取引所です。
※11月現在

Binance(バイナンス)の登録方法

Binance(バイナンス)は海外の取引所ですが、日本語に対応しており、無料で簡単に口座開設することができます。

こちらでは登録の手順をわかりやすく説明します。

登録画面は日本の取引所と基本同じになっています。

入力する箇所は、
・メールアドレス
・パスワード
・パスワードの確認(上記と同じ)
上記の入力が完了したら『Please slide to verify』を右にスライドし、文字認証をします。
文字認証が完了したら、利用規約に同意し、登録ボタンをクリック。


登録が完了すると↑のメールが届き、『Verify Email』をクリックするとアカウントが有効になるので、ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力してログインすることが出来ます。

ログインするとニ段階認証を設定する画面が出てくるので自分の資産を守るためにも登録しておきましょう。

ここまで完了すると24時間引き出し限度額が2BTCのLv.1アカウントクラスになります。
引き出し限度額を引き上げたい場合は本人確認書類の提出が必要となります。
運転免許証かパスポートが必要になり、自分と本人確認書類が一緒に写った画像をアップロードします。

ビットコインの入金方法

ビットコインの入金は、
『資産』→『預金の引き出し』をクリックすると↓の画面が出てきます。

BTCの『預金』をクリックすると『BTC預金アドレス』が表示されるので、取引所やウォレットから送金します。

送金を確認できれば完了です!

取引方法

取引は左上の『取引センター』をクリックします。

取引画面は『ベーシック』と『アドバンス』の2種類がありますが、注文の仕方は同じなので、自分が使いやすい方を使いましょう。

ベーシック

アドバンス

スマホアプリが使いやすい

Binance(バイナンス)はアプリにも対応しています。
アプリは見やすく、初心者でも扱いやすくなっています。

また、設定画面で指紋認証やパターン認証に対応しているため、セキュリティ面でも安心ができます。

Binance(バイナンス)の手数料

取引所を使う上で気になるのは手数料。
大きな取引をする際はできるだけ安い手数料で取引したいと思います。
Binance(バイナンス)の取引手数料は「0.1%」なので他の取引所と比べて格安設定になっています。
さらに、バイナンス独自の通貨『BNBトークン』払いにすると更に50%オフの0.05%になるので、他の取引所ではありえない安さになっています。
ビットコインを入金したら最初にBNBトークンの購入をオススメします!

他の海外取引所の手数料は↓になります。
・Poloniex 0.15%〜0.25%
・Bittrex 0.25%

ハードフォークでコインが貰える

今後、沢山のハードフォークが予定されているビットコイン。
Binance(バイナンス)は全てのフォークコインに対応予定です。
11月24日のBitcoin Diamond分裂時は預けていたビットコインの10%が付与されました。
12月12日にはSuperBitcoinが付与されました。

ビットコインを持っている人は預けているだけでコインが貰えてしまうので、Binance(バイナンス)の口座を開設しておいたほうがいいですね。

ネットでの反応

まとめ

手数料、使いやすさ、通貨の取扱数、日本語対応、フォークコインの付与とメリットばかりの取引所Binance(バイナンス)
金融庁に登録されている取引所QUOINEと戦略的パートナーシップを締結し、今後は日本での活動にも力を入れていきそうです。
海外の取引所を使ったことがない人や仮想通貨自体はじめての人でも使いやすいBinance(バイナンス)の登録をおすすめします!

バイナンスの次はここ!Kucoin (クーコイン)の登録方法や手数料の評判は?オススメな点を紹介!

2018.01.15

世界No.1の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法や手数料の評判は?仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。