仮想通貨取引所

No tags for this post.

BNBやIOSTが大暴騰!何故価格が上がっているのか徹底解説

年初以来、右肩上がりだったアルトコインや草コインですが、ここ数日は下がる傾向が見られています。

SNSでは、バブルが終わってしまったのではないかと囁かれている一方で、BNBやIOSTといった一部の通貨は依然価格を伸ばしている状況です。

そこで今回は、何故BNBやIOSTは他の通貨と違い、ずっと価格を上げているのかを解説していきたいと思います。

 

バブルが止まらないBNB

Binance Coin(BNB)は、仮想通貨取引所Binanceが発行しているトークンです。

元々はBinanceの手数料を割引するくらいの機能しかありませんでしたが、その時価総額は今や5兆円にも上り、BTCやETHに次いで3位まで上昇しています。

他の通貨とは違い、特別目立った機能がない仮想通貨取引所のトークンがなぜこれ程までに大きくなったのでしょうか。

その背景には、DeFi(分散型金融)での活用がありました。

パンケーキ効果で大暴騰

DeFiとは、簡単に説明すると自分の保有している通貨を貸出して、金利を得ることができるシステムです。

流動性を提供する見返りとして、その手数料を得ることができます。

特に、最近話題になっているパンケーキ(PancakeSwap)という分散型取引所は、素人でも比較的簡単に参入することができます。

そして、そのPancakeSwapで得られる金利は、通貨によって年利100%~500%という驚異的な数値となっているのです。

100万円分の通貨を預けていた場合、1年後には金利手数料だけで数百万円になっている可能性があると考えるとその凄さが実感できるかと思います。

もちろん、リスクはあるので必ずしも利益を得られるわけではありませんが、リスクに対するリターンがあまりにも大きいことから非常に人気を集めています。

そんなPancakeSwapですが、実はBNBを持っていないとまともに利用することができません。

PancakeSwapで通貨を預ける場合、必ず2種類の通貨をペアで預ける必要があるのですが、基本的にどちらか一方はBNBが必要となってきます。

つまり、PancakeSwapを利用する為には、まずBNBを用意しなければいけないのです。

BNBの高騰は需要によって成り立っていた

先ほども述べましたが、PancakeSwapでは年利100%~500%も夢ではありません。

恐らく、一般人が参加できるもので、ここまでリターンが大きいサービスは他にまずないでしょう。

そうなると、人々は次々とBNBを買い求めるようになります。

買えば買うほど、金利収入が増えるわけですから、先行投資として考えている方もそれなりにいるようです。

このように、BNBを中心としたDeFiが誕生したことが、価格暴騰の要因となっていたのです。

IOSTも好調に推移

1月の上旬から価格が暴騰しているIOSTですが、こちらは初心者に人気であることが、価格を伸ばしている大きな要因だと考えられています。

日本の取引所に上場しており、他の通貨よりも圧倒的に単価が安いことから、口座を開設した人が真っ先に目を付けやすい通貨と言えるでしょう。

しかし、BNBとは違って実需を伴わない暴騰なので、SNSではかなり危険なのではないかという声も挙がっています。

ただ、2017年の仮想通貨バブルでは、実需が伴っている通貨よりも、話題性や初心者に人気のある通貨の方が価格が上昇する傾向がありました。

特に、単価が安い通貨は初心者が集まりやすいので、新規投資家が増え続ける限りはそうそう価格が崩れることはありません。

今はどこの取引所も本人確認に時間が掛かっている程、新規投資家が増加しているウェーブですので、状況によってはIOSTの更なる続伸が見られるかもしれません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

新規ユーザーが更に増加?コインチェックの本人確認時間が2週間以上必要に

仮想通貨取引所コインチェックが、本人確認の作業に遅延が出ていることを発表しました。

この遅延は、今年1月頃にもアナウンスされていましたが、2月に入りより一層遅延が発生している模様です。

コインチェックは1月にCMを放映し始めたこともあり、新規のユーザーが殺到してきているのかもしれません。

 

コインチェックの本人確認所要時間が更に延長

日本の大手仮想通貨取引所コインチェックが公式ブログ上で、本人確認に2週間以上掛かるとのアナウンスをしました。

コインチェックは、先月にも同様のアナウンスを行っており、その際は

かんたん本人確認:3-5日程度
郵便ハガキによる本人確認:10-14日程度

を目安としていました。

しかし、今回のアナウンスでは

かんたん本人確認:1週間程度
ハガキによる本人確認(法人のお客様):2週間以上

と以前よりも更に延長をしており、ハガキによる本人確認に至っては、法人限定となってしまったようです。

これはつまり、先月よりも更に新規口座開設が増えていると捉えることができます。

CMの影響が大きいか

コインチェックは、先月テレビCMを新たに放映し始めました。

この影響もあり、新規ユーザーが増加している可能性が高いです。

また、連日テレビなどで仮想通貨のニュースが報道されていることも、更に拍車をかける要因となっているでしょう。

 

仮想通貨バブルは終わらない?

今年に入って以降、仮想通貨の勢いが非常に増しています。

特にアルトコインや草コインに至っては、数十倍以上価格を暴騰させた通貨もあるほどです。

その為、仮想通貨が過熱してきたとの声も挙がっており、そろそろバブルが弾けるのではないかと噂されています。

しかし、今回のコインチェックのニュースを見ると、まだまだ序章に過ぎないようにも思えます。

先ほど、本人確認に2週間掛かると述べましたが、これは仮想通貨バブルの2017年11月末に匹敵する勢いです。

当時も、本人確認に2週間ほど要しており、彼らが取引できるようになった12月半ば~翌1月に掛けて仮想通貨は大暴騰を起こしました。

今回も、過去の例に当てはまるようであれば、これから本格的なバブルが来ると予想することもできます。

もちろん、今の時点でも過熱してきていることは間違いないので、暴落のリスクに備えることも忘れてはいけません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインベースの利用者が増加|仮想通貨バブルが到来か

世界最大級の仮想通貨取引所コインベースの人気が右肩上がりであることが、SimilarWebのデータによって判明しました。

SimilarWebによると、コインベースへの訪問者は去年10月時点で2370万だったものの、12月には4800万にまで上昇しています。

このことから、新規のユーザーが激増しているのではないかと噂されています。

 

コインベース利用者が激増

仮想通貨取引所Coinbaseの利用者数が、この数ヶ月で激増していることが明らかになりました。

これは、各WEBサイトのアクセス数を解析できるSimilarWebによって誰でも確認することができます。

このデータによると、去年10月以前は訪問者数2000~3000万を推移していたものの、12月になってから突如4800万までアクセスが激増しています。

丁度、ビットコインやXRPが暴騰していた時期と重なりますので、価格上昇によって人々が興味を持った可能性が高いとみられています。

次のバブルは欧米が主力となるか

コインベース利用者の約50%はアメリカ居住者によるもので、次いでイギリス居住者の利用者が約10%となっています。

その為、2017年のバブルはアジア圏が主力となっていましたが、今回は欧米が先導していくのではないかと考えられています。

 

日本の取引所でもユーザー数は増加

日本の取引所でも、海外同様にユーザー数の増加が伺えます。

日本大手取引所のBitbankやコインチェックでは、やはり10月以降から急激に訪問者数が増加しています。

コインベースと比べると、総訪問者数は微々たるものですが、それでも訪問者が増えていることは仮想通貨にとって非常にプラスと捉えられるでしょう。

コインチェックやzaifでは新規口座の開設も増加しており、本人確認が詰まってしまう事態にまで陥っているようです。

このような現象は世界的に発生していると考えられるので、本格的な仮想通貨バブルがこれから到来するのではないかと期待されています。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロシア仮想通貨取引所Livecoinでハッキング被害後に取引所閉鎖を発表

要点

・Livecoinは、2020年12月にハッキング攻撃を受け、インフラストラクチャーの制御が失われたことを理由に取引所のサービス停止を発表しました。
・同取引所は、公式サイトにて、顧客に対し、残りの資金を支払うと発表しています。

ロシア仮想通貨取引所Livecoinがサービス停止




2020年12月にハッキング疑惑が浮上したロシアの仮想通貨取引所Livecoinが、ユーザーに330万ドルの損失をもたらしたハッキング攻撃の後、同取引所のサービス停止を発表しました。

Livecoinは公式サイト上で、ハッキング被害により厳しい決断を下したとして取引所のシャットダウンすることを発表し、次のように述べました。

私たちのサービスは2020年12月に攻撃を受け、現在調査中の段階にあります。私たちのサービスは、技術的および財政的な方法で大きな被害を受け、このような状況では事業を継続する方法がないため、事業を閉鎖し、残りの資金を顧客に支払うという厳しい決断を下します。



Livecoinへの攻撃は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)価格が2万ドルを超えて上昇していた2020年12月末に発生しました。
12月23日、23,000ドルで取引されていた際、Livecoinでのビットコイン価格は前例のない高騰により、450,000ドルに急騰していました。

Livecoinのハッキング被害の全容


12月24日のクリスマスイブ、同取引所は計画的な攻撃を受け、一部のサーバーの制御を失い、顧客にサービスの使用を停止するよう警告したと述べました。

ハッカーは、ビットコイン106 BTC、イーサリアム380 ETH、ビットコインキャッシュ236 BCH、リップル567,012 XRP、ドージコイン6680万DOGEのほか、金額は不明なものの、テザー(Tether/USDT)とERC-20が被害に遭ったことが分かっています。
さらに、被害にあった仮想通貨のうち、イーサリアム系トークン(ERC-20)については分散型取引所UniswapでDAIと交換され、仮想号通貨取引所KuCoinに送られたという。

Livecoin公式サイトの案内によると、同取引所ユーザーは2020年3月17日までに払い戻し請求する必要があり、以降は払い戻し請求に応じないと述べています。

LivecoinはLivecoin.news へ移動


LivecoinはメディアチャネルをLivecoin.newsに移動しており、現時点で唯一の公式情報源となっていますが、一部ユーザーからは、livecoin.newsドメインで提供されたメールアドレスが機能していないと述べているとのこと。

Livecoin.newsサイトが取引所によって管理されているという唯一の証拠は、前述のTwitter投稿であると述べ、最新の発表に慎重な見方をするユーザーも。
ただし、一部のクライアントは、払い戻しリクエストを送信できたと述べているものの、特定の情報の提供を求められました。

ユーザーが求められた特定情報には、最初の預金の詳細や政府発行のIDカードのコピー、住所の証明、IDカードとLivecoin登録日が書かれた紙のセルフィーや取引所にログインするために最も使用されるデバイス、および資金源の証明書の提出が含まれているとのこと。
詳細な個人データを必要としているLivecoin側に対し、ユーザー側は、取引所で実際に何が起こったかについての詳細な情報を要求する反訴を行うべきであると提案しています。

取引所運営がベールに包まれたままのLivecoin


Livecoinは2015年4月から稼働している仮想通貨取引所で、ハッキング前の1日あたり約1,600万ドル、約16億円超の取引がありました。

現時点でLivecoinの所有者はスヴェトラーナ・ゲラー(Svetlana Geller)とイヴォナ・ズロトヴァ(Ivona Zlatova)が最高経営責任者(CEO)であると伝えられているものの、これまで両者社は本物ではないとの声も多く聞かれており、実際の経営者は不明のままです。
Livecoinは最後に次のように述べています。

誰にも送金しないでください。私たちから資金を取り戻すためにお金を払う必要はありません。必要なのは、リクエストを送信して簡単な手順に従うことだけです

なお、Livecoinはサーバー攻撃でユーザーがどれだけの被害を受けたかなどの発表はされていません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Binance(バイナンス)、米国ユーザーに14日の猶予後アカウントロック

要点

・アメリカの一部Binanceユーザーは、14日間の猶予を与えたうえで取引所からの退去をメールで通知していることが分かりました。
・ユーザーに送付されたメール内容は、指定の手続きを怠った場合、アカウントがロックされルト通知されています。
・これは、アメリカのユーザーを取引所から遠ざけるための以前の取り組みのステップアップさせたものとみられています。

Binance(バイナンス)が米国ユーザーに退去勧告




世界最大クラスの仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、アメリカを拠点とする顧客に対して退去勧告をメールにて通知していたことが分かりました。

Binanceでは以前にもアメリカのユーザーに対して取引所からの退去を通知していましたが、今回はさらに強硬な姿勢で退去勧告を通知しており、今回の勧告で2週間の期限が設けられていることから、本当にアカウントがロックされるかもしれません。
ユーザーへ送付された退去勧告メールのな様は以下の書き込みが含まれていることが海外メディアの取材で分かりました。

利用規約により、米国人にサービスを提供することはできませんのでご注意ください。アカウントのすべてのアクティブなポジションを閉じ、すべての資金を14日以内に引き出してください。失敗するとアカウントはロックされます。


Binance(バイナンス)による復号化アプリ入手のすすめ




顧客に対してBinance(バイナンス)側は、取引所のお知らせと機能のため、アプリ入手を推奨しています。
Binanceが米国の顧客に退去を求めたのはこれが初めてではないものの、今回のメール内容は以前のものと比べると堅固な姿勢で対応していく方針であることがうかがえます。

2019年7月にBinanceは、米国のユーザーに2019年9月12日までの90日間を与え、サイトの利用規約に違反していないこと、または取引や預金機能にアクセスできなくなっていないことを証明しました。

この警告は、BinanceがBAMTradingと提携してBinance.USを立ち上げると発表した翌日に通知されました。
Binance.USは、提供するトークンペアリングが少なく、すべての州で利用できるわけではないが、アメリカの法律によって規制されているため、アカウントの残高を転送したい人にソフトランディングを提供すると述べています。

以前にも同様の通知が!




以前の通知においては、アメリカに拠点を持つBinanceユーザーは、ほとんどの場合、警告を無視することができました。
一つには、Binanceはユーザーが提供する情報に部分的に依存してきたという経緯があるため、強硬措置を講じなかったとメディアは述べています。
顧客は、アカウントを設定する際、チェック方式ではあるものの、自分(ユーザー)はアメリカ人ではないと通知する必要があります。

Binanceは、少なくとも過去に、ユーザーがアメリカを拠点とする取引所で見られるような種類のKYC(Know-Your-Customer=顧客確認情報)検証を経ることなく、スポット取引を介して限られた量のビットコインを取引すること、引き出すことを可能にする段階的検証システムを採用しており、まだ取引所を使用することができました。

今月に入って2度目の退避勧告




今月初め、Binanceがアメリカに関連付けられたIPアドレスを持つユーザーにメールを送信し始めたと報告し、11月10日付けのビットコイン谷の「バイナンス、ついに米国ユーザーからのアクセスをブロック開始へ」でも報じたように、アメリカユーザーのブロックを開始する事を通知していました。

その上で今月初めの通知では、ステートサイドにログインしていることが判明した人は誰でも、プラットフォームを切り替えるために90日間の猶予を与える警告メールを受信していることが記載されていました。
ただし、この時点では、仮想プライベートネットワークを使用すると、ユーザーはこれらの制限を回避できることも同時に判明していました。

Forbesを訴えたことが関係しているのか




ここにきてBinanceの最新の取り締まりは、大手メディアForbesとForbesのジャーナリスト2人を名誉毀損で訴えたことを発表してから、1週間も経たないうちに、Forbesが米国の子会社として表面上はBinance.USを設立し、コンプライアンスへの偽りの関心であると報じ、“太極拳文書”をリークしていました。

記事はさらに、顧客は、技術的な回避策が実施されている間、制限を回避する方法を教えられるでしょうと述べていました。

なお、現在もBinance側は、Forbesに掲載された記事内の主張の多くを強く否定しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米・財務省、仮想通貨取扱い業者に対する不当差別を終わらせたい意向

要点

・アメリカの通貨監督庁は、国立銀行がリスク以外の要因で事業を差別することを禁止する規則を提案しました。
・これは、銀行サービスへのアクセスに問題がある仮想通貨会社やマネーサービスビジネスに影響を及ぼします。
・アメリカ財務省は現在、Coinbaseの元最高法務責任者であるブライアン・ブックス氏が率いています。

米・財務省は不当差別と決別できるか?




アメリカ規制当局は11月20日(金曜)、仮想通貨業界にとって“不利”な排除を終わらせ、仮想通関連業が銀行サービスにアクセスしやすくなるような規制の変更を提案しました。

元coinbase(コインベース)顧問のブライアン・ブックス(Brian Books)氏率いる国立銀行規制当局であるOCC(Office of the Comptroller of the Currency=アメリカ通貨監査局)は、銀行が法務業界をブラックリストに載せることを禁止する規則を提案しました。
おそらくこの“ブラックリスト”の中には仮想通貨取引所も含まれていると複数の海外メディアが報じています。


提案された規則の変更は、特定基準を満たさない限り、仮想通貨会社などのマネーサービスビジネスまたは他のカテゴリーのビジネスへの金融サービスサービスを拒否する国立銀行の能力を制限したい構えです。
これまでの規則の下で銀行は、政治的圧力に応じることなく、事前に確立された基準に基づいてのみ顧客への金融サービスを拒否することができました。

銀行は、事業カテゴリーではなく、個々の事業にリスク評価を適用する必要があるものの、OCCは、一部の銀行は顧客が金融サービスにアクセスすることを拒否するために、カテゴリーベースのリスク評価を引き続き採用していると述べています。


11月20(金曜)に連邦官報に発表された提案は、仮想通貨についてこそ言及していませんが、アメリカで銀行口座の取得や維持に長い間苦労してきたこのジャンルの企業にとって、歓迎すべきニュースとなる可能性があり、好意的に受け止められています。

一方、世界最大の経済圏の銀行が合法的なビジネスを差別することを禁じられている場合、他のすべてが同等であるとすると、理論的には、ビットコイン(Bitcoin/BTC)など、許可のない検閲に強い決済システムの魅力を損なう可能性があると指摘する声も聞こえています。

OCCの提案内容とは




今回の提案の中で、規制当局は、家族計画組織やショットガンやライフルのメーカーへの金融サービスの提供をやめるように政治的ボイコットによって圧力をかけられている銀行の例を挙げています。

今週、ドナルド・J・トランプ大統領は、5年間の任期でOCCの常任理事長に代行会計監査役ブルックスを指名したものの、議会はまだ投票しておらず、ブルックス氏が1月20日までに承認されない場合、ジョー・バイデン次期大統領がポストを埋めることになる可能性があります。





仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)の最高法務責任者であるマルコ・サントリ(Marco Santori)氏は、今回の提案には事実上、仮想通貨取引所が含まれているとツイートしており、以下の主張を述べています。

仮想通貨OGは、普及の最大の障害は銀行サービスへのアクセスの欠如であり、これからも続くことを知っています。初期の頃、ビットコインは“オペレーションチョークポイント”に巻き込まれていましたが、今日で仮想通貨はより広く巻き込まれています。



提案で言及された“オペレーションチョークポイント”は、オバマ時代の司法省の圧力キャンペーンの一環であり、2017年に終了したものの、OCCには、政府圧力なしにそのような差別が依然として発生していると現在も信じる理由があるようです。
その理由とは、アメリカ大手銀行が北極掘削に従事する石油・ガス会社への融資を停止したと主張するアラスカ議会の代表者からの報告を指摘しており、論争の的となる政治問題ですが、おそらく財政的または法的に危険な問題ではないとみられています。

ブルックス氏によって署名された新しい規則は、OCCの対象となる銀行は、地理的市場のすべての人が提供する各金融サービスを利用できるようにすると述べています。
さらに、マネーサービスビジネスなどの競合他社を防ぐために金融サービスを否定することはできません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Binance太極拳ファイル報道、フォーブス記者を名誉毀損訴訟へ

要点

・Forbes(フォーブス)は10月に、規制を回避するためのBinance戦略を報じました。
・Binance(バイナンス)は、記事を中傷的と呼び、出版物と2人の記者を訴え、損害賠償および出版物の差し止め・回収を求めています。

Binance(バイナンス)が名誉棄損でForbes(フォーブス)を訴える




大手メディアForbes(フォーブス)が中傷的と見なすストーリーを撤回しなかった後、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は補償的および懲罰的損害賠償を求めています。

世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceの運営会社Binance Holdings Limitedは先月、名誉毀損に値する記事を公開したとして、Forbes MediaLLCと2人の記者を11月18日(水曜)に訴えたことが分かりました。

Binance(バイナンス)の申し立て内容とは




ニュージャージー地方裁判所に提出された申立書によると、「contains numerous false, misleading and defamatory statements about Binance.(日本語:リークされた太極拳文書は、ビットコイン規制当局を回避するためのBinanceの精巧な計画を明らかにしています)」には、Binanceに関する多数の虚偽と誤解を招くような中傷的な声明が含まれていると主張しています。

問題となっている記事は、Forbesのマイケル・デル・カスティージョ(Michael del Castillo)記者によって書かれており、後にジェイソン・ブレット(Jason Brett)記者による追加報告があり、両記者は、Forbesと並んで訴訟の原告として名前が挙げられています。

Forbesの記事は、CZことチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:趙長鵬) CEO (最高経営責任者)含む「上級管理職によって作成されたと思われる文書」と「Binanceの上級管理職によって見られたと信じられている」と記載されていました。

Forbesの記事は、Binance幹部が“作成したと考えられている”2018年からの漏洩文書にかかっており、太極拳文書は、子会社であるBinance.USを設立し、“規制当局の注意を逸らし”、“ライセンス料などの形で収益を上げる”計画を巧妙な形で作成したと概説。
また、子会社について記事に、子会社を他のグローバル事業に収益を移動する方法として使用し、2019年、Binanceはサンフランシスコを拠点とする仮想通貨取引所であるBinance.USにその名前を貸したと文中で主張しています。

訴訟によると、Binanceが適用法を遵守せず、規制当局を回避しようとし、マネーロンダリング(資金洗浄)の特徴がBinanceに大きな損害を与える活動に従事しているという被告の虚偽の陳述、不実表示、ほのめかしであると主張しています。

Binance(バイナンス)はメディアとの闘いを避けていた!?




Binanceは過去に他の企業を名誉毀損で訴えた経歴がありますが、メディアに対してはこれまでで、世論の声、つまりソーシャルメディアで問題と戦う傾向があり訴訟へと発展することは意図的に回避しているとみられていました。



(※日本語訳:記事の記述と告発は正しくありません。記事全体は、サードパーティのドキュメントに依存しており、文書は、Binanceの元従業員(または現職員)によって作成されたものです。誰でも「戦略文書」を作成できますが、Binanceが文書に従うという意味ではありません。)


しかし、今回、同社がForbesに対して訴訟へ踏みきった事で、これまでのBinanceのスタンスがかわりつつあるとの見方もできます。

Forbesは今回の訴訟に対し、次のように述べています。

私たちは、この訴訟がBinanceの報道に対する脅威を表していないことをメディアに保証したいと思います。私たちと業界をリードするプレーヤーは、私たちに説明責任を負わせ、情報を一般に報告するためのメディアを必要としています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DeFiプラットフォームが200万ドルのハッキング被害を認める

要点

・散型仮想通貨取引所のアクロポリスがハッキング被害を認めるツイートを発信しました。
・アクロポリスのハッキング被害額は約200万ドルだった事もあわせて公表されています。

DeFiアクロポリス(Akropolis)がハッキング被害を認める




DeFi(分散型仮想通貨取引所)のアクロポリス(Akropolis)が200万ドル、日本円で約20億1,000万円相当のDAIハッキング被害に遭っていたことを発表しました。

分散型仮想通貨取引所のアクロポリスが13日午前(3:57分発信)、取引所がハッキング被害に遭ったことをツイッターで明かしました。

2回監査された「貯蓄プール」のスマートコントラクト全体で実行されたハッキングを特定しました。私たちはセキュリティスペシャリストやオンチェーン分析プロバイダーと協力しており、まもなく、より詳細な声明を発表することを目指しています。

これは、イーサリアムベースの収量農業用(※1)DeFiプロトコルに対する最新のフラッシュローン攻撃です。
(※1)収量農業用とは、仮想通貨を保有することに対して報酬を生成する方法で、ステーキンによってトークンをロックし、報酬を受け取る仕組みを指します。


プールされたイーサリアムベースの資産に関心を持たせるためのプロトコルを実行するアクロポリスは、フラッシュローンを介してハッキングされた最新DeFiプロジェクトです。
同プロジェクトのDelphiSavingsプール内の収穫量農業用のプールのいくつかは、約200万ドル相当の200万以上のステーブルコインのダイ(DAI)が流出したと公表しています。

「グリニッジ標準時14時36分頃、stablecoinプールのAPYに不一致があり、yCurveプールとsUSDプールから約200万DAIが排出されていることがわかりました」とプロジェクトは11月12日の夜、公式サイト内ニュースレターにて報告しました。

Curveは、ステーブルコインを取引し、利息を稼ぐためのプロトコルで、アクロポリスによると、他のCurveプール(bUSDとsBTC)、およびそのAaveプールとCompoundプールは影響を受けていないと述べています。

今回の攻撃は、プールが2つの独立した監査を受けていたものの、エクスプロイトで使用された攻撃ベクトルはどちらの監査でも特定されさなかったと述べ、アクロポリスにとっては驚きだったのようです。
問題のエクスプロイトの本質は、リエントラント攻撃とdYdXフラッシュローンの組成の組み合わせであり、盗まれた資金は現在ウォレット
【 https://etherscan.io/address/0x9f26ae5cd245bfeeb5926d61497550f79d9c6c1c 】
に保管されているとのこと。
また、ハッカーは盗んだ資金を長期間保管せず、盗まれたDAIをすぐに別のウォレットに移していることもあわせて公表しています。

アクロポリスは、コードを確認し、「プロジェクトにとって持続可能な方法で、損失をユーザーに払い戻す方法を模索する」ことを約束しています。
ただし、その間、すべてのステーブルコインプールを一時停止し、ハッキングについて取引所に通知したと述べています。

先月末、ハーベスト・ファイナンス(Harvest Finance)はフラッシュローン攻撃を受けたことで、米ドルステーブルコインのUSDCとテザー(Tether /USDT)のステーブルコイン準備金で約3,400万ドル、日本円で約36億円相当を失っています。

アクロポリスのこれまでの対応と今後について




これまでにアクロポリスが行った活動には
・すべてのステーブルコインプールの一時停止措置
・情報交換の場に、セキュリティスペシャリストを従事させて対応。
・開発プロセスとセキュリティプロセスの見直しおよびその対応

今後の対応として予定されているのは、現在、コードとセキュリティ手順を確認しており、分析を含む事後分析をできるだけ早く公開していく予定とのことです。

現在、アクロポリスプロジェクトでは、持続可能な方法で損失をユーザーに払い戻す方法を模索している最中であると発表しており、最終決定が下される前にコミュニティに提案がおこなわれる予定とのことです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

バイナンス、ついに米国ユーザーからのアクセスをブロック開始へ

要点

・バイナンス(Binance)は、アメリカ国民およびアメリカに居住するユーザーがプラットフォームにアクセスするのをブロックしていることがわかりました。
・同取引所では、ユーザーの拠点がアメリカにある場合は90日以内に資金を引き出すよう案内しています。
・これらの措置はバイナンスが2019年9月から米国居住者へのサービスを停止することを発表してから1年以上経過してからの措置です。

バイナンス(Binance)が米国をブロック




世界一の取引量を誇る仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、アメリカを拠点とするユーザーがプラットフォームにアクセスするのをブロックし始めたことがわかりました。
この動きは、同取引所が2019年7月、同年9月からアメリカに居住する者に対し、サービスを停止すると発表してから1年が経過指定からの措置でした。

これまで、取引所は依然としてアメリカのユーザーがプラットフォームにアクセスすることをいわばスルーしていましたが、最近同取引所は米国居住者に対し《 私は「アメリカ人」ではありません 》と表示される質問事項にクリックするするよう求めており、この手続きをすることでBinance.comでアカウントを設定でき、現在も引き続き設定可能とのことです。

しかしバイナンスは現在、IPアドレスに基づいてアメリカ居住者にメールを送付しており、以前に発表された米国居住者へのサービス停止措置を実施するためのステップとみられています。

送付されたメールには

過去に接続したIPアドレスが原因で、アカウントがアメリカと関連付けられている可能性があることがわかりました。規制要件に従い、アメリカ国民またはアメリカに居住している者に対し、サービスを提供できません。アメリカ国民または居住者の場合は、90日以内にアカウントから資産を譲渡してください。BinanceU.Sまたはその他のアメリカ国内の取引所使用を検討してください

と記載されています。

Binanceのカスタマーサポート側は、システムがアカウントへのアクセスを検出するか、メールに記載されている要素がアカウント内で検出されると、このメール通知がユーザーに送信されまる事を明かしたと海外メディアは報じています。

バイナンス(Binance)の抱える問題とは


バイナンス(Binance)の動きは、アメリカ政府が仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXに対して2つの訴訟を起こした直後に実行されており、少なからずこの問題と切り離せない問題をバイナンスが抱えていることがうかがえます。

アメリカ司法省とアメリカ商品先物取引委員会は最近、BitMEXとその創設者を、KYC(Know Your Customer=本人(顧客)確認)およびAML(Anti-Money Laundering=アンチマネーロンダリング)防止規制に違反したとして起訴してばかりでした。
このケースに照らし、BitMEXはKYCプログラムを加速させ、2021年2月の当初の期限より3カ月早い11月5日までにすべての顧客を確認しなければなりませんでした。
さらに、デリビット(Deribit)についてもIPアドレスに基づいてアメリカ居住者をブロックしているものの、今年中にすべてのユーザーを確認しなければならないことが分かっています。





Binanceは、当局からの精査回避のため、規制当局の指示に従う姿勢をみせており、 9月にFATF(金融活動作業部会)はレポートを発表し、表面上は規制を回避するために、業務の中心をシフトさせることに何年も費やしてきたことを示唆しています。

ごく最近、大手メディアのフォーブスが、アメリカの規制当局の監視を回避するためにバイナンスが実施している取り組みを詳細に解説したレポートを公開しています。同レポートは「太極拳ドキュメント」と呼ばれ、バイナンスが意図的に規制当局を欺き、アメリカの仮想通貨投資家から利益を得るために設計された精巧な企業構造を考案したと述べられています。

その根拠となったのが、2018年のドキュメントであると述べ、未公開文書であったことも分かっており、このレポートには、後にBinance.USとなったアメリカを拠点とする企業を使用するためのロードマップも含まれていました。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クーコイン(KuCoin)ハッキングのハッカーを特定したとCEOが公表

要点

・9月26日、アジアで人気の大手仮想通貨取引所のKuCoinで、ハッキングが発生しました。
・ハッキングの犯人特定をしたことを3日付でCEOであるJohnny Lyu氏が発表しています。

クーコイン(KuCoin)でハッキングが発生

10月3日(土曜)、シンガポールを拠点とする仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)の共同創設者兼CEOであるジョニー・リュウ(Johnny Lyu)CEO(=最高経営責任者)は、9月26日に発生したセキュリティインシデントに関する興味深い最新情報を提供しました。

9月26日の02:51(UTC + 8=日本時間11時51分)頃、これまでハッキングされたことのない仮想通貨取引所クーコイン(KuCoin)で、セキュリティ違反があったことを発見しました。

リュウCEOは9月26日にライブストリームを主催し、ホットウォレット内の取引所の仮想通貨の一部は「取引所から転送」され、盗まれた資金を回収するため、KuCoinは他の取引所や「国際法執行機関」に連絡してハッカーを見つけようとしたと述べました。

KuCoinは盗まれた金額を明らかにはしていないものの、TheBlockのリサーチディレクターであるラリー・セルマック(LarryCermak)氏は、ハッカーがKuCoinから約2億8000万ドル相当、日本円にして約300億円近い仮想通貨号を盗んだことを推定したと、9月28日に述べています。

4日(日曜)、リュウCEOは9月26日のライブストリームにて、この事件に関する初の情報を公開し、KuCoinはこの事件の背後にいる人物を証明でき、法執行機関はこれらの個人に対して行動を起こす準備ができているとツイートしました。
また、同氏はこれまでに、盗まれた仮想通貨のうち2億100万ドルが回収されたと述べています。
同氏はKuCoinが“完全な機能に戻ってきている”と述べ、合計31のトークンが入出金サービスを開始し、BTC、ETH、USDTを含むさらに多くのトークンが続くと述べています。

迅速な対応で被害を最小化した(クーコイン)KuCoin

KuCoinでは、被害発覚から迅速な対応を続け、被害を最小限に食い止めています。

リュウCEOの声明によると、総額1億4000万ドル(約150億円)を超える10枚の仮想通貨が、疑わしいアドレスの管理外になっているの被害状況を明かしました。

そのうえで、KuCoin特別チームと24時間年中無休で不審なアドレスと資産の流れを追跡する外部業界専門家と協力して、総額1億4000万ドルを超える10枚のコインを凍結させ、被害を受けたユーザーに対して、KuCoinと保険会社によって被害額が補償され、影響はないと強調しました。

なお、公表している疑わしいアドレスが以下の通りです。
ETH:0xeb31973e0febf3e3d7058234a5ebbae1ab4b8c23
BTC:1NRsEQRg5EjmJHbPUX7YADVPcPzCQBkyU7
12FACbewf5Fy9nmeaLQtm6Ugo5WS8g2Hay
1TYyommJW3uhjhcnHhUSuTQFqSBAxBDPV
LTC:LQtFoidy5TmLrPP77MZzgMRffqPsmRfMXE
XRP:r3mZvvHVLPtRWAujzBsAoXqH11jhwQZvzY
BSV:15mC7zKbLyErSKzGRHpy6gyqS7GyRpWjEi
XLM:GBM3PJWNB5VKNOFXCDTTNXPMUNBMYTLAAPYDIIKLHUGMKX7ZGN2FNGFU
USDT:1NRsEQRg5EjmJHbPUX7YADVPcPzCQBkyU7
TRX:TB3j1gUXaLXXq2bstiSMfjQ9R7Yh9DdDgK

また、KuCoinが現在発表したハッキング資産対応プロジェクトは

USDT、VELO、ORN、SNTR、COV、OPQ、AMPL、VIDT、OCEAN、NOIA、KAI、CV、PAZZI、UTK、BEPROなどで、詳しくは公式ブログを確認してください。

ハッキング発覚からの流れ

現地時間2020年9月26日の午前2時51分(日本時間の11時51分) にリスク管理システムより初めてアラートを受信。
このアラートによって、TXI:D0x4b738df5d7f12e3fa1cbe83b8165c542da461ef0c9255fc1a3f275259a92623bで異常なETHトランザクションが発生したことを示していました。

次に、ETHおよびその他のERC-20トークン系にいくつかの異常なトランザクションが監視されました。実際に不正侵入があったのは、KuCoinのホットウォレット内の他のトークンの一部が取引所から転送されており、総資産保有の一部が含まれている事が明らかになりました。この時点でコールドウォレットの資産は安全かつ無傷であり、現時点でホットウォレットについても再展開されています。

・2020年9月26日の午前3時15分(日本時間の12時15分)に、KuCoinチームによって特別なチームが設立されました。
・2020年9月26日午前3時20分(日本時間の12時20分)に、特別チームがウォレットのサーバーを緊急閉鎖し、シャットダウン後も異常なトランザクションが発生していることを発見しました。
・2020年9月26日の午前4時20分(日本時間の13時20分)に、特別チームによって、残りの資産をホットウォレットからコールドストレージへ転送を開始しました。
・2020年9月26日の午前4時25分(日本時間の13時25分)に、KuCoinウォレットチーム、運用チーム、およびセキュリティチームによって、収集された情報と手がかりに基づいてインシデントの調査を開始。
・2020年9月26日の午前4時40分(日本時間の13時40分)に、KuCoinチームは、この事件の重要なパートナーとマーケットメーカーのためのコミュニケーションチャネルを確立。
・2020年9月26日の午前4時50分(日本時間の13時50分)に、インシデントの理由に関するいくつかの初期調査結果を公表。
KuCoinウォレットチームによって残りの資産のほとんどをホットウォレットからコールドストレージに転送しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

英FCA、無登録事業者Cryptenixを警告リストに掲載!ユーザーへ警告も

要点

・イギリスのFCAが、仮想通貨取扱業を運営しているCryptenixに対し、無登録業者として警告しました。
・FCAはイギリスに居住する者に対し、Cryptenixを利用しないよう、呼びかけている。

FCAがCryptenix へ無登録事業者として警告

イギリスのFCA(Financial Conduct Authority=金融行動監視機構)は、イギリス国内において、仮想通貨ブローカーであるCryptenixを利用しないよう警告しました。

規制当局側は、同社が“イギリス国内において、当局の許可なしに金融サービスまたは商品を提供している”とその理由について説明しており、イギリス国内においては、金融サービスまたは商品を提供、宣伝、または販売するほとんどすべての企業および個人は、当局による承認を受ける義務があります。

発表の中で、FCAは、イギリス国内に居住する者に対し、仮想通貨関連のFXサービスを許可されていない状態でサービス提供をしている一部の企業は、故意に投資詐欺を実行していると指摘しています。

名指しは避けたFCA

Cryptenixに対して詐欺を働いたと名指しで指摘していないものの、Cryptenixは当局から承認されていないまま、イギリス国内に居住する人々をサービスの提供対象としています。
当局が保持している情報に基づき警告を発しているものの、当局側は認可をとる必要はあるが、規制内の活動を行っていると信じているとべています。

CryptenixはFinplexGroup LTDの一部であると報じられており、FX、商品、株式、暗号通貨など、あらゆる種類の海外投資サービスを提供する英国の投資家をターゲットにしていると言われています。

規制当局は、Cryptenixから連絡を受けたイギリス居住者に連絡をとるよう求めており、同社に資金を送金した人は誰でもその事件をActionFraudに報告する必要があると付け加えています。 FCAによると、許可されていない会社との取引はイギリスの救済制度によって保護されていないため、影響を受ける人は誰であっても金融オンブズマンサービスに苦情を申し立てたりはできない仕組みになっていると明かしています。

Finance Magnatesによると、警告は、イギリス政府が仮想通貨の宣伝に関連し、これらの製品の新しいフレームワークを作成するのではなく、市場監視機関の既存の監視の範囲に含めることを提案した数週間後に発生しています。
財務大臣と市大臣の経済秘書であるジョン・グレン(John Glen)氏は、基礎となる仮想通貨資産要素を備えた規制投資を販売する企業についても、FCAによる承認が必要になる可能性があると述べたことを地元メディアによって報じられている。

仮想通貨詐欺が投資家を騙すためにますます洗練された戦術を使用している中、FCAは個人投資家やトレーディングブローカーに焦点を合わせていると報告されており、今後も当局により規制と監視活動はより一層厳しさを増すとみられている。

危険な仮想通貨詐欺から身を守るためには?

イギリス国内においては、日本の金融庁による登録業者が国内で仮想通貨取扱い業を運営できるのと同じように、FCA(Financial Conduct Authority=イギリス・金融行動監視機構)にて、金融サービス登録を行った事業者のみがイギリス国内居住者へサービス提供できる仕組みを構築しています。

イギリスでは、許可されていない企業を利用した場合、金融オンブズマンサービスにアクセスできなくなるほか、FSCS(Financial Services. Compensation Scheme=金融サービス補償スキーム)による補償を受けることができないという、厳しい措置が講じられています。

一方の日本における仮想通貨関連の補償制度については、まだまだ発展途上の段階であり、最近になり、改正資金決済法の登場により、ようやく義務化への光が見えてきのではないか?と言われる段階です。
このような状況から、顧客の資産を保護する流れについては、まだまだこれから規制及び保護されていくのではないか、というのが現状で、日本国内での保証制度などは、時間がかかるのではないかとみられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クラーケン、銀行憲章承認を受けワイオミング州にクリプトバンク設立

要点

・アメリカで信頼度の高い老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)がクリプトバンク(仮想通貨銀行)を設立することが分かりました。
・銀行を設立するのは、クラーケン・ファイナンシャルで、ワイオミング州が考案した新しい枠組みの下で規制されるとのことです。
・クラーケンによる銀行設立の動きは、仮想通貨取引所が非仮想通貨資産の取引を開始できることを意味しています。

クラーケン(Kraken)がクリプトバンクの設立へ


(※kraken-financialBlogより)


同社は水曜日の発表で、アメリカのワイオアミング州に拠点を構える仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)が、同州の新しい規制の枠組みの下で銀行を立ち上げ、その製品を拡大すると発表しました。

ワイオミング州が世界初のSPDI(special purpose depository institution=特別目的預金金融機関)の設立を承認し、ワイオミング州に本社を置くクラーケン・ファイナンシャル(Kraken Financial)は、SPDIの下で、ワイオミング州銀行部門によって規制されるとのことです。
新しい構造は仮想通貨会社向けに設計されており、クラーケンは特定の銀行機能をクライアントに提供し、取引所の主要な銀行関係として効果的に機能できます。

クラーケン・ファイナンシャルのデイブ・キニツキー(Dave Kinitsky)CEO(最高経営責任者)は

私たちは、私たちの哲学と価値観に非常に一致した状態で働くことに興奮しています。ワイオミングは、思慮深い規制がFinTech企業のイノベーションを促進できる珍しい輝かしい例です。サードパーティプロバイダーへの依存度が低くなり、規制の観点からの確実性が高まることで、新しい顧客セグメント向けに新製品を発売できるようになり、クラーケンにとってより良い銀行インフラストラクチャーを表しています。

とメディアインタビューで答えています。

クリプトバンクが稼働するとどうなる?




実際にクリプトバンクが動き出した後もクライアントは既存の銀行と同じように、クラーケンファイナンシャルで直接バンキングでき、既存の為替サービスにシームレスに統合され、より良い資金調達インフラストラクチャー、より良い経験、および規制の明確化を提供するとのことです。
キニツキーCEOは、第1フェーズでは、お客様に最適な銀行になると期待し、フェーズ2または3では、新しいサービスと製品の提供を開始すると今後の展望も語っています。

今回の発表では、クライアントが請求書を支払ったり給与を仮想通貨で受け取れるだけでなく、デジタル資産を投資ポートフォリオに組み込めるなど、詳細に説明しています。
クライアントは、他の銀行と同様に、クラーケンファイナンシャルで直接銀行取引ができ、設立される新しい金融機関は、アメリカの他銀行と「ほぼ同じように」規制されます。
キニツキーCEOは、未来の仮想通貨経済と現在の既存金融エコシステムとの間の、“世界の信頼できるかけ橋”になるというビジョンを実現するために、SPDI憲章を申請したと述べています。

なお、クラーケンは今後完全に独立したクリプトバンクを運営し、第三者の金融機関への依存を減らすことができるようになるほか、仮想通貨デビットカード、イールド口座、口座管理サービス、仮想通貨ステーキングサービスなどの新製品の発売にもスムーズにできると述べています。

ただし、銀行としてのクラーケン・ファイナンシャルは、ワイオミング州の法律によって、常に法定通貨の預金の100%の準備金を維持することを要求されており、すべてのクライアントが同時に法定通貨の引き出しを要求した場合、クラーケンファイナンシャルは、ローンの残高に関係なく、各引き出しを即座に実行しなければならないとされています。

同社は当初の運用では、アメリカ居住者にのみアカウントを提供しますが、将来的にはサービスをアメリカ以外の国にも拡張する予定で、サービスの拡大に伴い、資産管理、財務サービス、さらには証券まで提供できる可能性があると述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

盗まれたBTCの資金洗浄を容易にしたとして訴えられたBinance

要点

・Binanceがマネーロンダリングを容易にしたとして、日本の仮想通貨取引所フィスコが北カルフォルニア地方裁判所に苦情を申し立てました。
・Zaifの従業員は当時、Binanceにハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと連絡を取ったと語っています。

Binanceがマネロンほう助で苦情を申し立てられる

金融庁に登録済みの国内仮想通貨取引所であるFisco(株式会社フィスコ仮想通貨取引所/近畿財務局長第00001号平成29年9月29日登録済)が、ビットコインの900万ドル(約9億5,000万円)相当のマネーロンダリング(資金洗浄)を容易にしたとして、仮想通貨取引所Binanceを訴えました。

2020年9月14日に北カリフォルニア地方裁判所に提出された33ページに渡る苦情の申し立てによると、日本の仮想通貨取引所は、泥棒(※ここではハッカー)似関連下アドレスに資金を供給したと訴えています。

苦情の詳細は、奪われた資金は、ハッカーがウォレットから約6,000BTCを盗んだ2018年に、仮想通貨取引所Zaifが被った6,000万ドル(約63億円)のハッキング被害から得られたものだと主張しています。Fiscoは後にザイフを購入し、傘下に収めて運営を開始しましたが、現在、Binanceが顧客基準(KYC)と「マネーロンダリング(AML)のプロトコルが業界標準に準拠していないため、その資金が不正使用されたと主張しています。

Binance はマネロンの警告を受けていた

直接の苦情によは、ハッカーはBinanceのKYCポリシーを利用した事によって、新規ユーザーは、意味のある識別情報を交換することなく最大2 BTCで取引できます。
また、窃盗犯は盗んだビットコインを数千の別々のトランザクションとアカウントに分割し、すべて2ビットコインのしきい値を下回っています。このようにして、泥棒は盗んだビットコインを他の仮想通貨取引所に変換し、Binanceプラットフォームから価値を送信したと申し立てています。

Zaifの従業員は当時、Binanceに連絡を取り、ハッカーが資金を多数のアドレスに分割してロンダリングをしていたと交換所に警告をしています。

Fiscoにとって、Binanceは“マネーロンダリングのプロセスを故意または過失で中断することに失敗した”取引所になっています。
そのため、FiscoはBinanceに900万ドルの利息を支払うように要求しており、物件の追跡に費やされた時間とお金に対する公正な補償を要求しているのが裁判所に提出された苦情申立書で分かります。
なお、ZaifをFiscoが買収した後、Fiscoはセキュリティ侵害で資金を失ったユーザーを補償しています。
裁判所の申告によれば、ハッキングによる4100万ドル(約43億円)相当の仮想通貨資産はZaifユーザーの所有していたものであった事が分かっています。

なぜカルフォルニアの裁判所だったのか?

注目すべき点は、Fiscoによるとこの事件は、カリフォルニア州の裁判所で裁判にかけられており、日本を舞台にしていなかった理由については、被害者の一部がこの地域を拠点としており、Binanceのビジネスの「重要なコンポーネント」がそこにあるからだと海外メディアなどでも報じられています。
同取引所はサーバーをホストするためにアマゾンウェブサービス(AWS)を使用していると伝えられており、Fiscoは「BinanceのすべてのAWSサーバーがカリフォルニア州にあるわけではないが、重要な部分はある」と述べています。

同社はまた、Binanceの仮想通貨の予備はサンフランシスコのベイエリアにあるオフラインのハードウエア施設に保存されており、カストディアンによって制御および管理されることも付け加えています。
さらにFiscoは苦情申立書の中で、Binanceが今年初めにクリプトデビットカードの発行会社を買収しており、SwipeがコインベースとBitGoをカストディアンとして使用していることについても追加しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Apple、コインベースのアプリ通貨とDeFi機能を追加しないよう検閲か

要点

・Coinbaseのブライアン・アームストロング氏は、Appleはユーザーがアプリを通じて直接仮想通貨を獲得したり、アプリを通じて分散型金融アプリケーションにアクセスしたりできる機能をCoinbaseに追加することを阻止したと指摘しています。

Apple がアプリ通貨とDezfi機能を阻止!?




Apple Incは、サンフランシスコに拠点を構える仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がiOSアプリに特定の仮想通貨とDeFi(分散型金融)関連の機能を追加しないように検閲したと海外メディアが報じています。

https://platform.twitter.com/widgets.js


コインベースのブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)CEO(最高経営責任者)によって公開されたツイートストームによると、Appleはユーザーがアプリを通じて直接仮想通貨を獲得したり、アプリを通じて分散型金融アプリケーションにアクセスしたりできる機能をCoinbaseに追加することを阻止したと指摘されています。

アームストロング氏のツイートには

AppleのApp Storeの制限に苦しんでいる他の企業をきっかけに、ここでCoinbase自身の苦闘について少しお話ししたい。多くの企業が報復を恐れてこれらのトピックについて発言することをためらっているが、私たちはオープンなところで対話を続ける必要があると感じています。この件についてAppleと定期的に話し合ったが、直接リーダーシップに連絡してダイアログをリクエストしたが、行き止まりになっているようだ。Appleは、iOSアプリに次の機能を追加できないことを教えてくれた。(1)仮想通貨を使用してお金を稼ぐ機能、および(2)分散型金融アプリ(DeFiアプリまたはDappsと呼ばれることもある)にアクセスする機能。

と述べています。



(※ イメージ図)


アームストロング氏は、Coinbaseは通常のチャネルを通じてAppleとその問題についてリーダーと話し合ったが、その議論については「死んでいるようです」終わり。とコメントしています。
さらに同氏は、Coinbaseは多くの場合、Appleのガイドラインに準拠するため、報酬を請求できるよう、モバイルでWebページに送信されるタスクを実行するなど、ユーザーが難関を飛び越えなければならないことを指摘し、不況の間に人々がお金を稼ぐことを妨げたとしてAppleを批判している。

同氏はツイートの中で、DeFiスペース上の分散型アプリケーションは本質的にWebサイトであると指摘しており、Coinbaseは、“アプリ内に組み込まれていないソフトウエアで仮想通貨トランザクションを提供する”ため、iOSユーザーがそれらを使用することをより困難にしていると述べています。

Appleのポリシーは当初、ユーザーを保護するように設計されていましたが、アームストロング氏は、「Appleを競争からも保護している」ように見えるようになったと述べています。
同氏はAppleを企業として賞賛していると述べているものの、仮想通貨に関する彼らの制限は「私の見解では擁護できないとの見解を公にしています。

さらに同氏は、Appleの顧客は「チームがそれらに慣れていないので、iOSで使用する仮想通貨アプリに必要な機能が欠けているわけではなく、それらの機能はAppleによって検閲されている」ことを知っておく必要があると付け加えています。



(※Epic Games FORTNITEより引用)


今年初め、超人気ビデオゲーム「Fortnite(フォートナイト)」の開発者であるEpic Games(エピックゲームズ)は、アプリ内決済市場を独占し、ビットコイン決済のような「イノベーション」を事実上禁止したとして、Appleに対して訴訟を起こしました。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)の創設者であるアームストロング氏のTwitterスレッドに反応し、同じくトロンの創設者であるジャスティン・サン(Justin Sun)氏は、スマートフォンの分野でAppleのライバルであるサムスンは仮想通貨に非常に友好的であり、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)などのいくつかの仮想通貨をサポートする仮想通貨ウォレットを開発したと指摘しました。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーン中!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerでビットコインが当たるキャンペーンが実施中のようです

仮想通貨取引所を利用するだけでビットコインがもらえるなんて魅力的なキャンペーンですよね!

仮想通貨取引所bitFlyerといえば最近テレビCMも再開しており、

乃木坂46の齋藤飛鳥さんが出演したことで注目を集めています。

ここでは仮想通貨取引所bitFlyerの特徴や詳しいキャンペーン内容を見て行きたいと思います。

 

仮想通貨取引所bitFlyerとは?

仮想通貨取引所bitFlyerは国内で最大級の仮想通貨取引所ということもあり、

ユーザー数も日本で一位の仮想通貨取引所になります。

2014年1月に設立されており、仮想通貨取引所として長い歴史を持っています。

そのため、三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、

みずほキャピタル、第一生命などから出資を受けています

これだけの大手企業から出資を受けていることもあり、安心して利用できる仮想通貨取引所と言えるでしょう!

 

仮想通貨取引所bitFlyerの特徴は?

では仮想通貨取引所bitFlyerがどのような特徴を持った取引所なのか見て行きたいと思います。

日本で一番利用されている取引所ということもあり、

魅力的な特徴がたくさんあるのでぜひ口座開設の参考にして見てください!

 

ビットコイン取引量が日本一

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインの取引量が日本一の取引所として知られています。

国内の仮想通貨取引所の数は年々増え続けていますが、

その中で仮想通貨の代表であるビットコインの取引量日本一を保持しています。

取引量が多いということは通貨の流動性が高いということなので、

自分が意図した価格で通貨を取引しやすくなるというメリットがあります。

ビットコインを取引して見たいという方はまずこちらの仮想通貨取引所bitFlyerがオススメです!

 

初心者でも使いやすい取引所

仮想通貨取引所bitFlyerは日本で一番利用されている取引所ということもあり、

仮想通貨取引初心者の方でも簡単に取引できるように作られています。

取引所のアカウントの開設はメールアドレスを登録するだけなので、

これまで仮想通貨取引所を利用したことがない方でもすぐに取引開始できます!

また、仮想通貨取引所bitFlyerでは専用のアプリも用意されており、

リアルタイムでチャートの確認ができるので急な相場の動きにも対応することができます。

さらに、配信されている「bitFlyer ウォレット」では実店舗での決済や、

ECサイトでのビットコイン決済などの機能もついているので、仮想通貨をこれ一つで最大限活用することができます。

 

bitWireで瞬時にビットコイン送金が可能

仮想通貨取引所bitFlyerではメールアドレスだけでビットコインの送金が行えるサービス、

「bitWire」を利用することができます。

通常の取引所ではビットコインを送金するためにはビットコインアドレスを入力する必要があり、

相手のビットコインアドレスを把握する必要があります。

しかし、bitWireではメールアドレスのみでビットコインの送金ができるので、

友人や家族などに簡単にビットコインを送金することができます。

また、ビットコイン決済ができる法人向けサービスの「bitWire SHOP」が用意されており、

ビットコインを使っての決済ができるようになっています!

 

仮想通貨取引所bitFlyerのキャンペーンをご紹介!

では最後に仮想通貨取引所bitFlyerで現在行われているキャンペーンについて紹介して行きたいと思います!

現在、仮想通貨取引所bitFlyerではスマホアプリ「bitFlyerウォレット」にログインすることで、

ビットコインが当たるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容

・A賞.最大10名に1,000円相当のビットコイン

・B賞.最大3,000円名に5円相当のビットコイン

毎日抽選を行っているので、ほかのキャンペーンと比べて当たる確率がかなり高いです。

キャンペーンは7月1日〜未定となっており、

現在も開催中ですのでぜひbitFlyerの仮想通貨ウォレットを利用してみてください!

 

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DMM Bitcoinで新規口座開設するだけでキャッシュバックキャンペーンが実施中!

仮想通貨取引所DMM Bitcoinにて、

新規口座開設するだけで現金のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施中です!

DMM Bitcoinは無料で口座開設できるので、誰でも簡単にキャッシュバックが受けられます。

どの仮想通貨取引所で口座開設しようか検討されている方はぜひDMM Bitcoinで口座開設するのがオススメです。

また、キャッシュバックキャンペーン以外にも、

DMM Bitcoinではお得なキャンペーンが実施中なのでご紹介していきたいと思います!

 

仮想通貨取引所DMM Bitcoinとは?

ではキャンペーンの紹介の前に仮想通貨取引所DMM Bitcoinが、

どのような取引所なのかということから解説していきたいと思います。

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立された仮想通貨取引所です。

DMMグループはグループ全体で2000億円を超える売り上げを持つ大企業なので安心して利用できると思います。

また、取引所のスマホアプリも用意されているため、いつでも仮想通貨取引を行うことができます!

国内でも利用者数が多く人気の仮想通貨取引所なので、

仮想通貨取引を検討されている方はぜひお勧めしたい取引所の一つです!

 

仮想通貨取引所DMM Bitcoinの特徴とは?

では次に仮想通貨取引所DMM Bitcoinの特徴についてみていきたいと思います。

仮想通貨取引所は取引所ごとに特徴が異なるので、自分に合った取引所を見つけることが重要です。

 

DMM Bitcoinは現物の取引手数料が無料!

DMM Bitcoinは仮想通貨現物の取引手数料が無料の取引所になります。

通常の仮想通貨取引所では取引の際に必ず取引手数料がかかるのですが、

それが一切かからないのはとても大きなメリットですよね。

また、DMM Bitcoinは入金手数料や出金手数料のほか、

送金手数料なども無料となっているので初心者の方に優しい取引所になっています。

しかし、DMM Bitcoinは販売所で取引できる通貨が、

ビットコイン、イーサリアム 、リップルのみなので注意が必要です。

それでも人気の仮想通貨を手数料無料で取引できるのはありがたいですね!

 

DMM Bitcoinは365日カスタマー対応

DMM Bitcoinは365日LINEでサポートセンターが対応してくれる取引所になります。

初心者の方にとっては取引所の扱いに迷うこともあるかもしれませんが、

すぐにLINEで対応してくれるので安心です。

年末年始などは対応してくれる取引所が少ないですが、365日対応はとても魅力的ですよね!

 

DMM Bitcoinはレバレッジ取引が豊富

DMM Bitcoinはレバレッジ取引が豊富な取引所としても有名です。

DMM Bitcoinでは

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネムなどの11種類の通貨に対応しています。

これだけの数のレバレッジ取引が行える取引所はなかなかないので、

レバレッジ取引をお考えの方はお勧めです!

 

仮想通貨取引所DMM Bitcoinのキャッシュバックキャンペーン

では気になるキャッシュバックキャンペーンの詳細について解説していきます!

DMM Bitcoinでは新規口座開設するだけで誰でも1000円のキャッシュバックを受けることができます。

スマホでスピード本人確認を利用すれば最短で当日に口座開設が完了するので、

すぐにキャッシュバックを受けることができます。

キャンペーン期間は?

キャンペーンは2021年1月1日(金)6時59分まで実施しているので、いつでもキャッシュバックを受けることができるのでぜひ開設してみてください

仮想通貨取引所DMM Bitcoinのその他のキャンペーンをご紹介

また、DMM Bitcoinではその他にもキャンペーンを実施しているのでご紹介していきたいと思います。

現在実施中のキャンペーンとしては、ベーシックアテンショントークン(BAT)とクアンタム(QTUM)の取扱開始を記念して、

抽選で1万円が当たるキャンペーンなどが実施されていました。

詳細としてはDMM Bitcoinで35万円以上取引したユーザーを対象に抽選で1万円が当たるというものになります。

DMM Bitcoinではこのようなキャンペーンが頻繁に実施されているので、

その都度キャンペーンを調べてみることをオススメします!

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、リップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitbankでイーサリアム ・ライトコインの取引手数料無料キャンペーンが実施中!

現在、仮想通貨取引所bitbankでイーサリアム・ライトコインの取引にかかる手数料が無料になるキャンペーンを実施中です!

仮想通貨取引にかかる手数料は利益を出す上でかなり重要になってきます。

取引手数料がかからないことで何回でもポジションの変更ができるため、

相場が自分の思うような動きをしなかったときにすぐに損切りすることができます。

この機会にぜひ仮想通貨取引所bitbankを利用してみてはいかがでしょうか?

 

仮想通貨取引所bitbankとは

bitbankは2014年に仮想通貨の健全性を目的に設立された仮想通貨取引所で、

安全性に特に重点を置いた取引所です。

国内でも人気の仮想通貨取引所の一つで、人気の仮想通貨の取引に対応しています。

また、XRPの取引量が世界一の取引所としても知られており、

アルトコインの手数料が低くお得に取引することができます

Androidのアプリもリリースされており、外出先でもどこでも仮想通貨を取引できるようになっているのでオススメです!

 

仮想通貨取引所bitbankの特徴は?

では仮想通貨取引所bitbankの特徴を見ていきたいと思います。

国内でも人気の仮想通貨取引所ということもあり、

魅力的な特徴がたくさんある取引所なので一つずつ見ていきたいと思います。

 

アルトコインがお得に取引できる

bitbankはアルトコインの取引に強い取引所であるため、

モナコインやリップルなどのアルトコインを取引したい方にはオススメです。

というのも、国内の仮想通貨取引所でアルトコインを取引しようとした場合、

販売所のみで取引されていることが非常に多いです。

ですが、bitbankではアルトコインも取引所形式で取引できるので、手数料がとても安く取引することができます

アルトコインなどの一枚あたりの価格が低い通貨を取引する際は、

手数料がかなり重要になってくるのでかなりお得だと思います!

 

セキュリティが高い

bitbankはセキュリティにも非常に力を入れて作られている仮想通貨取引所になります。

bitbankではハッキング対策として、

顧客の資金をコールドウォレットで保管することやマルチシグなどを採用しています。

取引所のハッキング事件なども多いため、安心して利用できる取引所を選ぶことも大切です!

 

仮想通貨取引のメイカー手数料がマイナス

bitbankでは取引の際のメイカー手数料がなんとマイナスに設定されています

・BTC/JPY  -0.02

・XRP/JPY -0.02

・MONA/JPY -0.02

・BCC/JPY -0.02

メイカー手数料とは仮想通貨の板取引で取引板にない価格で注文を出すこと、

あるいはそれら注文により約定した取引のことを指します。

つまり、取引板に注文を出して取引している限り手数料を払うのではなく受け取れるということになります。

手数料を気にせずに取引できるのはとても大きなメリットだと思います!

 

キャンペーン参加はこちらから!

 

仮想通貨取引所bitbankのキャンペーン

先ほど少し説明しましたが現在bitbankでは新規ペア取扱開始記念で、

イーサリアムとライトコインの取引手数料が無料のキャンペーンを実施中です

bitbankは通常でも手数料がかなり低いのですが、手数料無料などのキャンペーンが多く開催されています。

今回のキャンペーンではETH/JPY、ETH/BTC、LTC/JPY、LTC/BTCの取引手数料が0円になるようです。

キャンペーン期間は6月22日〜9月30日とかなり長い期間開催されているのでぜひ取引してみてください!

bitbankではこのような手数料無料のキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが頻繁に開催されているので、

定期的に確認しておくことでお得に仮想通貨を取引できるのでオススメです!

 

キャンペーン参加はこちらから!

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロンドンのバス停にビットコイン広告が登場!広告主はBinance.UK

要点

・世界最大規模の仮想通貨取引所Binanceが、イギリス国内の居住者向けに、新たな仮想通貨取引きプラットフォームの立ち上げに向け、イギリスで準備に入っていることが分かりました。
・Binanceは、今週にもローンチされる予定の新たなプラットフォームとビットコインを宣伝するために、ロンドンのバス停留所に広告を出しています。

ロンドンの街にBTC広告登場!

2020年6月17日、Binanceは、イギリスFCA(Financial Conduct Authority=金融行動監視機構)によって規制されている新しいエンティティであるFCA規制対象事業体の買収をBinanceが発表しました。
これは、ユーザーが英国ポンド(通貨コード:GBP)およびユーロ(通貨コード:EUR)を用いて仮想通貨取引が実施される予定で、当初は夏の終わりごろにはローンチを予定していたものの、現在は今年秋頃に向けてローンチが予定されているようです。

Binanceはさらに、この市場ではFPSイギリス高速決済サービス(※24時間365日即時決済・送金ができる金融サービス、通称FPS:faster payments service)およびSEPA(Single Euro Payment Area=単一ユーロ決済圏ネットワーク)を介した直接銀行振込を通じて、デジタル通貨の売買のための迅速かつ簡単な入金と引き出しへのアクセスを提供すると述べています。

さらに、追加機能として、デビットカードを介したフィアット(法定通貨)から仮想通貨への交換、および顧客が独自仮想銀行口座を開くためのオプションが含まれており、それぞれに専用のソートコードと口座番号が付与されるなど、充実したサービスが提供される予定とのこと。

Binanceの共同創設者兼CEOであるジャオ・チャンポン(趙長鵬:Changpeng Zhao、別名CZ)氏は当時

イギリスは重要な金融機関の中心地であり、ロンドンは世界で2番目に大きい金融センターを抱える街で、外国為替の主要市場です。デジタル資産とそのテクノロジーの力を通じて、より具体的な金融アクセスを実現するための世界中のローカルマーケットの成長への取り組みの一環として、英国はこの地域およびヨーロッパ全体で大きな関心を呼び起こしている最前線にいる。Binance.UKが次世代の金融の足がかりとなることを願っています。

と語っていました。

また、8月27日(木曜)、BinanceはBinance.UKがエグゼクティブメンバーとして「クリプトアセットセクターを代表するイギリスの自主規制業界団体(※2018年初めに始動)」CryptoUKへ参加したことを公式ブログ上にて発表しました。

CryptoUKへの参加を受け、Binanceは、

Binance.UKは、Coinbase、Coin Shares、CryptoCompare、eToro、およびRippleとともに、CryptoUK実行委員会のメンバーとなる予定です。この業界の専門家と利害関係者のグループが協力し、協会の戦略的方向性を導きます。これには、協会の行動規範、ポリシーの位置付け、および英国がこの急速に発展し拡大している業界で世界的なリーダーシップの可能性を確実に満たすためのガバナンスが含まれます。

とコメントしています。

その後、8月28日(金曜)にBinance.UKは、Twitterで『#TakingOverLondon』キャンペーンを開始しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

画像からもわかるように、Binanceは、Binance.UKとビットコインを宣伝するための広告を、ロンドンのさまざまなバス停留所にお金の進化として古い貨幣からビットコインまでを配置したデザインの広告展開を開始させています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアムクラシックでハッカーによる今月3回目の51%攻撃が発覚

要点

・ハッカーは月の3度目の51%攻撃を実行し、7,000以上のブロックが再編成されました。
・再編成された7,000ブロックは、1度目の攻撃と2度目の攻撃を合わせた数とほぼ同ブロック数でした。
・これを受け、OKExなどの取引所で、セキュリティ上の懸念がある年てETCの上場廃止を検討しています。

イーサリアムクラシックに3度目51%攻撃

イーサリアムクラシックが3度目の51%攻撃を受けたことが判明し、7,000ブロック以上が再編成されました

イーサリアムクラシック開発者は、ブロックチェーンを将来の攻撃から保護するため、対策を急いでいるものの、これまで実行された3度の攻撃はネットワークセキュリティの弱点を露呈しており、OKExは今後の損失から自らの身を守るため、コインの上場廃止も検討していると海外メディアは報じています。

何が起こったのか?

29日夜、最新の51%攻撃が行われました。
ハッカーは再びネットワークの過半数を制御する方法を総当たり的に実行したうえで、7,000数を超えるブロック(約2日間)のマイニングを再編成することに成功しています。

攻撃はオーストリアに拠点を持つマイニング企業のBitflyによって特定されており、最初と2番目の攻撃も特定されました。
ハッカーは1番目と2番目の攻撃で約8,000のブロックを再編成し、約900万ドルに相当する二重支出トランザクションを不正に入手しています。
また、二重支出のほとんどが仮想通貨取引所OKExによる被害とみられています。

イーサリアムクラシックブロックチェーンを見守る非営利のETC Cooperativeは、昨日の夜遅くにツイートを発信。

https://platform.twitter.com/widgets.js

今日(実行された)攻撃は認識しています。提案されたソリューションを可能な限り迅速にテストおよび評価するため、他の方とも協力しています。

とツイートしています。

再び51%攻撃が実行された理由として考えられるのは、イーサリアムやビットコインなど、より大きなブロックチェーンよりも、イーサリアムクラシックの計算能力がはるかに少な(低い)くすむこととみられています。
ブロックチェーンの大部分を制御するのに十分な計算能力を短時間占領することはそれほど難しくないと考えられています。

最近立て続けに実行される51%攻撃をより困難にするために、イーサリアムクラシックのアルゴリズムを変更する2つのドラフトがあると海外メディアは報じていますが、それらは今の段階では実装されていません。

ハッキング以降、イーサリアムクラシックの価格は、CoinMarketCapの価格推移を見ても、約1.7%低下しており、長期的な目線で見ると、実際の被害はもっと大きくなる可能性があるとみられています。
これらを誘引する一つの材料が、Coinbaseでは、“パフォーマンスの低下”に苦しんでいると記載されており、これらによってさらにトレーダーはイーサリアムクラシックから離れる可能性が指摘されています。

今月初めに実行された2度の51%攻撃後、OKExはイーサリアムクラシックコミュニティのチェーンのセキュリティを改善するための取り組みの結果が出るまで、イーサリアムクラシックを取扱いリストから除外することを検討すると述べています。

8月15日に発表された同取引所の声明によると、OKExが最初の攻撃でイーサリアムクラシック約560万ドルの被害を受け、大きな打撃を受けたためとみられています。
ただし、ユーザー保護ポリシーの観点から、この時の損失についてはOKExが全て負担しており、取引所ユーザーへの被害はなく、「ユーザーがOKExに預けたETCは安全なままです」と2度目の51%攻撃の後でOKExは公式にコメントを発信しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer、ステラルーメン、ネム取扱い記念キャンペーン締め切り間近

要点

・bitFlyerが、『抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン』を開催しています。

キャンペーンの締切間近!

ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)、ネム(Nem/XEM)の取扱いを記念して、大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、『抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン』を8月6日より開催しています。

同キャンペーンの締め切りは9月3日迄となっており、締め切り間近のため、キャンペーン参加希望の方は早めに手続きを!

キャンペーンのタイトル
ステラルーメン、ネム 取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン

キャンペーンの概要
キャンペーンエントリー後、所定の数量以上のステラルーメンまたはネムを購入したユーザーのなかから抽選で、10 名に最大30,000円がプレゼントされます。

キャンペーン実施期間(※日本時間)について
2020年8月6日(木曜)午後1時00~2020年9月3日(木)午後11時59分まで

キャンペーン条件について
キャンペーン期間中に条件を満たすことで自動的にキャンペーンが適用されるとのこと。
なお、キャンペーンに参加希望の方は、キャンペーンページからエントリーして、所定の手続きを完了させておく必要があり、別ページからはエントリーできません。
また、ステラルーメンまたはネムを一定数量以上購入しなければエントリーできないため、必ず数量を確認してください。

キャンペーンのプレゼント内容
購入した数量に応じて、プレゼント内容が変わります。

・販売所でステラルーメンまたはネムを合計 10,000 円以上購入した場合
⇒抽選で10人に、10,000円がプレゼントされます。
・販売所でステラルーメンまたはネムを合計 50,000 円以上購入した場合
⇒抽選で10人に、30,000円がプレゼントされます。

プレゼント進呈のタイミングについて
2020年9月を予定しているとのことですが、プレゼントは直接ユーザーへの進呈をもって当選通知となり、bitFlyer公式サイトや公式ブログおよびSNSなどを通じた発表はされません。
また、進呈に時間がかかる場合があるとキャンペーン公式ページにも記載されています。

キャンペーン応募時の注意事項について
bitFlyerのアカウントは、一人につき1アカウントとされており、すでにbitFlyerのアカウントを保有しているユーザーについては重複してアカウント作成はできません。
仮想通貨お取引は、ご本人確認の手続きを完了しておく必要がありますので、まだ完了していない方はキャンペーンにエントリーできませんのでご注意ください。
なお、本人確認の手続きには審査があり、時間を要する場合もあるため、bitFlyerでは時間に余裕をもって参加するよう、注意喚起されています。

キャンペーン対象外について
プレゼントの進呈時点でbitFlyerアカウントが解約されている場合
一人で複数のアカウントを作成していることが判明した場合
登録された連絡先へのメールが送信・受信できない場合
虚偽の情報を用いてアカウント作成していることが判明した場合
その他、bitFlyerが利用規約およびその他要項を満たしていないと判断された場合、不正な行為がなされたと判断された場合

bitFlyerについて

株式会社bitFlyer(東京都港区/三根公博代表取締役)は日本国内はもとより、海外からも認知されている知名度抜群の仮想通貨取引所です。

“ブロックチェーンで世界を簡単に。”をスローガン&ミッションとして掲げ、2014年に設立されています。
日本で仮想通貨取引所を運営するためには、金融庁への届け出が必要ですが、bitFlyerは金融庁で初めて認可した11社の中の1社として、関東財務局長第00003号(平成29年9月29日)に登録されているので、安心して取引ができます。

仮想通貨取引プラットフォームにおいては、世界最高水準のセキュリティを誇り、ビットコイン取引量国内No.1を維持し続けています。
また、国内仮想通貨取引所としてだけでなく、日米欧の3地域にて、仮想通貨交換業者として各国の規制に準拠したうえで、各当局による認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所です。

ユーザー目線に立つbitflyerは3大メリットを私たちユーザーへ提供しており

様々な手数料が無料
アカウント作成手数料
アカウント維持手数料
販売所全通貨売買手数料
ビットコイン FX 取引手数料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

100円から始められる
ビットコインやリップル(XRP)、
モナコイン、イーサリアムなど、
人気な 11 種類の仮想通貨が少額から売買できる

かんたん操作で取引できる
土日祝日、いつでもどこでも
スマホアプリやパソコンから、
シンプルな操作画面で初心者の方でも
かんたんに使える
と、取引を始めるにあたって、スムーズで障壁の少ないサービスを提供しています。

現在、取引所探しに悩んでいたり、bitflyerで開設を検討しているなら、是非こちらからスタートしてはいかがでしょうか。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.