仮想通貨取引所

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の使い方・評判・メリット【レバレッジ取引】

ペンタごん
ビットバンクトレードってどんな取引所?
亮平
詳しく紹介するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は、仮想通貨取引所のビットバンクトレードメリットや評判、使い方を丁寧に解説していきますね。

 

レバレッジが最大20倍で、追証がないというレバレッジ取引における大きなメリットがあります。

「ビットコインFXをやってみたい!」という方にぜひおすすめですよ!

 

1.ビットバンクトレード(bitbank Trade)とは?

①ビットバンクトレードについて

ペンタごん
そもそもビットバンクトレードってなに?
亮平
ビットバンクが運営する先物取引所だよ!

『ビットバンクcc』は、あなたも聞いた事があると思います。

手数料が安い事で有名な仮想通貨取引所ですね。

 

そのビットバンクとは別サービスで、仮想通貨の先物取引に特化したのが ビットバンクトレード なのです。

なので、レバレッジ取引をしたい方向けの取引所と言えますね。

 

②先物取引とは?FX取引との違い

ペンタごん
先物取引ってなんなの?
亮平
FX取引との違いを含めて説明するね

ビットバンクトレードは、先ほどお話した通り『先物取引所』です。

簡単にいうと、レバレッジ取引の一種だと思って下さい。

現物取引・レバレッジ取引とは?

  • 現物取引:いわゆる通常の取引
  • レバレッジ取引元手の資金よりも大きな金額でできる、ハイリスクハイリターンな取引(『レバレッジ』とは、『てこ』の意味)

先物取引とFX取引の違いは、ざっくり言えば『取引期限があるかないか』だと思って下さい。

先物取引は取引期限があり、今週・来週・四半期の3種類から選びます。

 

一方、FX取引には取引の期限がありません。

まずはこの違いだけしっておけばOKですよ。

 

2.ビットバンクトレード(bitbank Trade)のメリット

ペンタごん
ビットバンクトレードのメリットはなに?
亮平
順番に説明していくね!

 

①レバレッジが最大20倍

亮平
レバレッジが最大20倍までかけられるよ!
最大レバレッジ
GMOコイン 5倍
DMMビットコイン 5倍
ビットフライヤーFX 15倍
ビットバンクトレード 20倍

ビットバンクトレードでは、レバレッジを最大20倍にまで上げる事ができます。

なので、それだけ元手より大きな金額を動かす事ができるというわけですね。

 

②追加証拠金(追証)が不要

亮平
ビットバンクトレードは追証がないよ!

ビットバンクトレードは追加証拠金(追証)がないので、証拠金以上の損失を負担しなくてOKです。

これ目当てで、ビットバンクトレードを始めるユーザーも多いですね。

初心者の人も安心して取引ができますよ。

 

③取引が活発

亮平
取引が活発だよ!

ビットバンクトレードは、実際に板を見るとおどろくほど取引が活発ですよ。

理由として、OKCoinという世界最大級の取引所の板を取次で使用しているからなんですね。

Binanceと並ぶ世界規模の取引板を使えるので、板が厚いなかで取引で楽しめますよ。

 

3.ビットバンクトレード(bitbank Trade)のデメリット

①通貨ペアがBTC/USDのみ

ビットバンクトレードでレバレッジ取引ができるのは、現状ビットコインだけです

またドル建てでしか使用できないのがやや不便ですね。

今のところアルトコインでFX取引をする際は、DMM Bitcoinを使いましょう。

 

②手数料が高い

ビットバンクトレードではお客様の勝ち分から0.1%のキャピタルゲイン手数料(CGF)を徴収することで、流動性の枯渇や不足の事態に対処し追証をなくすことに成功しました。

ービットバンクトレード公式ページより

ビットバンクトレードは、手数料が高いとしばしば言われます。

理由の一つとして、上記のように追証をなくすための手数料で取られているんですね。

 

4.ビットバンクトレード(bitbank Trade)の評判は?

  • 追証がない
  • レバレッジが20倍まで上げられる
  • 取引が活発で流動性が高い
  • 手数料がやや高い

ビットバンクトレードの評判として多いのは、上記あたりです。

やはり追証がないのがいちばんの高評価ですね。

なので、初めてのレバレッジ取引の際に、ぜひ使ってみて下さい。

 

5.ビットバンクトレード(bitbank Trade)の使い方|レバレッジ取引

亮平
実際にビットバンクトレードを始めてみよう!
ペンタごん
すぐに始められるんだね!

ではさっそく、ビットバンクトレードをやってみましょう。

登録は非常に簡単で、すぐに取引開始もできますよ。

ビットバンクccのアカウントをそのまま使う事はできません。

 

ビットバンクトレードのアカウントを別途作成する必要があります。

GMOコインなど他のレバレッジ取引サービスと、使用画面での大きな違いはありません。

ただビットバンクトレードは先物取引なので、上記の3種類から選ぶ必要がありますね。

取引期限満了日
  • 今週物:今週金曜日17時
  • 来週物:来週金曜日17時
  • 四半期物:3,6,9,12月の最終金曜日17時

取引期限は、上記の通りです。

チャートも見やすくて使いやすいので、おすすめですよ。

 

6.ビットバンクトレード(bitbank Trade)の使い方・評判・メリットまとめ

亮平
ビットバンクトレードについてよく分かったね!
ペンタごん
僕もレバレッジ取引やってみるぞ!

いかがだったでしょうか。

レバレッジ取引はさまざまな取引所が扱っていますが、追証がないビットバンクトレードでまず始めてみるのが良いでしょう。

登録後にすぐ使えるので、さっそく始めてみましょう!

 

手数料が半年間、20%OFFの招待コード付!/

 

アルトコインのFX取引なら、DMM Bitcoinをどうぞ▼

あわせて読みたい

 

コインチェック社、消費者補償の具体的指針がないまま「みずほ」と「伊藤忠」が救済か

 事件発生から一か月が経過したコインチェック社の多額の暗号通貨流出問題は、顧客の預かり資産や相場下落に対する補償の方針も打ち出されないまま現在に至っております。そんな中、コインチェック被害弁護団が取締役の和田晃一良さん、大塚雄介さんら、および監査役の佐俣安理さんも含めて総額4億円を超える訴訟を起こす会見を行っています。

 

 一方で、経営再建を目指すコインチェック社は、見込み損害額の大きさを鑑みて経営の破綻を回避し営業を再開させるために、顧客リストの提供を前提にみずほフィナンシャルグループ伊藤忠の投資部門に対して一定規模以上の増資交渉を進めていると見られ、近日中にコインチェック社の全顧客に対し預かり資産の毀損に関する補償方針を打ち出すと関係筋に説明を始めている模様です。

 

 本件コインチェック社の救済に関しては、金融庁や関係各所でも大きく見解が割れており、投資家・消費者の救済に繋がる増資や買収であれば民間同士の話である限り黙認せざるを得ないという見解と、悪質な投資被害が発生した事案に”善玉”であるみずほや伊藤忠が突っ込むのは業界の悪しき前例となるので望ましくないという見解とに大きく分かれ、混沌としています。

 

 何より、一番の問題はコインチェック社の問題は刑事事件化する可能性が否定できないことです。ことは暗号通貨の取引所なので何となく許容されているように見えますが、実態は顧客の預かり資産を会社の運営資金に充当し広告宣伝費など業容拡大の投資に充てた、いわゆる「メルカリスキーム」を採択したことであって、いわば投資金を詐取した経済事件の側面を持ちます。少なくとも、現在伝わっている100億円から200億円前後とされるコインチェック社への救済スキームでは、預かり資産残が6,000億円ほどと推定されるコインチェック社の被害者救済原資としては到底不足しています。

 

 したがって、コインチェック社は被害者である投資家・消費者に対して、取引停止している期間に下落した金融資産の保全や、払い出される暗号通貨そのものや日本円は全額補償しない方針のもとで増資交渉を行っていると予想されるのも仕方のないことです。いわば、顧客資産を切り捨てることでリスクオフし、その枠内で著名企業からの増資を受けるという方針であって、これは本当に許容されるのか、非常に微妙なところです。

 

 このような問題事案で事件を引き起こしたモラルのない企業に対し、日本の著名大手企業が資金面で支援することが「泥棒に追い銭とならないか」という議論になるのも不思議ではありません。

 

 ましてや、このような問題を起こしたコインチェック社が、仮に充分な出資を受けて事業を再開したとして、誰が信頼して取引を継続するのかを考えると非常に悲観的にならざるを得ません。それも分かったうえで出資するという側が欲するものは、コインチェック社が営業再開して得られるであろう収益よりもコインチェック社の広告を見て仮想通貨が儲かると思い飛び乗った投資家・消費者、俗にいう「カモリスト」であることは言うまでもありません。

 

 バブルが崩壊過程とはいえ、あまりにも百鬼夜行の状態で投資家・消費者の補償方針も満足に示されないまま一か月以上この問題が停滞しているというのは望ましいものであるとは言えません。改正資金決済法の議論もさることながら、現行法でも仮想通貨交換業者みなし営業の早期停止、ICOなど不透明なビジネスについては集団投資スキームによる金融商品取引法の適用と、海外取引所を経由した取引の制限など、規律ある投資環境を構築できるような当局の努力が求められていると思います。

 

 本件については、もちろん日本がフィンテックによる技術革新で世界をリードしたいという思惑があることは充分承知、理解したうえで、それでも市場環境は中国やマレーシアにも劣っていることは、日本も自省するべき状況ではないかと強く感じます。少なくとも、引き続き一部の取引所で横行している匿名性が強いコインの流通や、暗号通貨相場を使ったノミ行為紛いの自家FXは日本の消費者や投資家の資産を損ねる危険性の強い性質がありますので、一刻も早く適切な対策が打たれることを望みます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180228-00082157/

 

No tags for this post.

コインチェックNEM580億不正送金犯人の判明が近い? Zaifに犯人が口座を開設している可能性大

【非常事態】コインチェック犯人が判明か / 仮想通貨取引所Zaifに犯人が口座を開設している可能性大

 

ビットコインネムなどの仮想通貨取引所インチェック(Coincheck)がハッカーから不正アクセスの被害に遭い、仮想通貨が約580億円も不正送金された件で、非常に衝撃的な情報が入ってきた。

 

・数百万ものネムZaifに送金


インチェックからネムを盗んだ犯人は、ダークウェブ(極めて匿名性が高い闇サイト)やCoinPaymentsなどを経由して日本の仮想通貨取引所Zaifに数百万ものネムを送金している可能性が高まっている。そうなると必然的に、犯人や共犯者がZaifに口座を持っていることになる。

 

・犯人がZaifに個人情報提出か


Zaifは個人情報を提出しないと口座を開設することができないため、犯人や共犯者がZaifに個人情報を提出している可能性が極めて高いのである。


Zaif送金に関するいくつかの可能性
1. 犯人が本人確認してZaif口座を持っている
2. 犯人の協力者がZaif口座を持っている
3. 知らない人のZaif口座に送っている
4. ハッキングしてZaif口座を開設した

 

犯人が判明したも同然


もし犯人や共犯者がZaif正規ルートで口座を開設していたならば、数百万のネムが送金されたZaif口座の持ち主を捜査すれば、犯人が判明したも同然となる。この状況に気がついた人もおり、「どうやって口座作った?」という疑問が浮上している。

 

 


・他人に成りすまして口座を作った?
だがしかし、昭和時代から「他人に成りすまして口座を作る」という悪質な行為が存在しており、そのような手口で口座を開設していた場合、犯人判明への道は遠くなるだろう。

また、犯人がZaifをハッキングして口座を勝手に開設していた場合、新たな問題として物議をかもしそうだ。
http://buzz-plus.com/article/2018/02/27/zaif-coincheck-offender/