仮想通貨取引所

【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキング!

ペンタごん
取引所はたくさんあるけどおすすめが知りたい…
亮平
ランキングで比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は おすすめの仮想通貨取引所 を、ランキングで紹介しますね。

『仮想通貨取引所』とは、簡単に言えば仮想通貨の売り買いをするところです。

取引所に登録する事で、仮想通貨を買う事ができるようになると思って下さい。

 

仮想通貨の取引所はずいぶん増えてきて「どこを使うのが良いんだろう…」と悩む事も多いと思います。

この記事を参考に、おすすめの取引所をぜひ使ってみて下さい!

 

0.仮想通貨(ビットコイン)取引所のランキング基準について

亮平
上記の基準でランキングにするよ!
ペンタごん
おぉ分かりやすい!

ランキングは手数料の安さ、使いやすさ(アプリ含む)、銘柄の豊富さ星5段階で評価します。

僕が実際にすべて使っている上での感想を含めてお話しますので、ご参考にして下さい。

 

またその他の特徴として、取引所ごとの特徴(強み)もあわせてご紹介しますね。

それでは、さっそく1位から見ていきましょう。

 

1.Zaif(ザイフ)取引所

亮平
まずはやっぱりZaifだね

第1位はZaif

手数料の安さと積立機能が大きな強みですね。

詳しい紹介については、以下の記事をどうぞ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

①Zaif取引所のメリット

ビットフライヤー コインチェック・ビットバンク Zaif
Maker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.05%
Taker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.01%

まずはなんといっても、手数料の安さがあります。

主要な仮想通貨であるビットコインを日本円で買うならば取引手数料はなんと-0.05~-0.01%(!)

つまり、手数料がかかるどころか、逆にボーナスが貰えてしまうんですね。

またアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも 『取引所』 があるのは大きな魅力です。

アルトコインの 『取引所』 があるのは、国内主要取引所ではZaifとビットバンクだけですからね。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

そして最大の特徴としては、『Zaifコイン積立』にて自動のほったらかし積立ができる点です。

月1,000円から始められるのでたいへんおすすめですよ。

>>関連記事:『Zaifコイン積立』とは?元銀行員がメリット・デメリット・評判を解説!

 

②Zaif取引所のデメリット

個人的な一番のデメリットとしては、アプリが使いづらい事ですね…。

Zaifは、アプリが使いづらいと以前からよく言われています。

 

ただ普段は積立だけなら、アプリで頻繁に相場を見る事はないのでそこまで大きなデメリットでは無いですよ。

なので、総合的に見て一番良いのはZaif取引所だと思います。

 

2.ビットバンク(bitbank)取引所

亮平
ビットバンクは、手数料の安さが素晴らしいね

第2位はビットバンク

最近、僕もよく使っていますが、手数料の安さが大きな特徴ですね。

これからさらにユーザーが増えていくであろう、おすすめの取引所ですよ。

>>関連記事:リップル・ライトコインの購入ならbitbank(ビットバンク)!メリット・デメリット・評判は?

 

①ビットバンク取引所のメリット

ビットバンクは3月31日まで、取引手数料ゼロのキャンペーンをやっています。

なので、さらに安く買う事ができますね。

取引手数料
ビットフライヤー 割高。『取引所』はBTCのみ
コインチェック 割高。『取引所』はBTCのみ
Zaif 0~0.3%
ビットバンク 0%

国内の主要取引所と比較しても、手数料ゼロはかなり良いですね。

これは大きな強みといえるでしょう。

またビットバンクが好評な理由は、アルトコインで『取引所』がある事です。

アルトコインで『取引所』と聞くと、さきほど紹介したZaifが思い浮かびますね。

 

ただリップルとライトコインはZaifで取り扱いが無いので、リップル・ライトコインの 『取引所』 があるのはビットバンクだけなんです。

しかも、現在コインチェックでリップルの取引ができない事から、国内の主要取引所でリップルを購入できるのはビットバンクだけなのでさらにおすすめですよ。

 

②ビットバンク取引所のデメリット

ビットバンクのデメリットとして、まず取引ペアが限られている事があります。

イーサリアムやライトコインは、ビットコインとしか取引(売買)できません。

 

またビットコインやリップルは、日本円でしか取引できないのです。

このように、ビットバンクは取引ペアが限られているのがやや不便ですね…。

またビットバンクは、コインチェックなどの主要取引所に比べてユーザーが少ないので、売買が成立しにくいと言えます。

ただ、そこまで大きな額で無いなら、取引にさほど問題は無いでしょう。

最後に、ビットバンクはスマホアプリにまだ対応していません。

ネットからアクセスすれば問題なく使えますが、アプリユーザーにはやや不満かもしれませんね。

 

僕のようにPCからしか使わないなら問題は無いですよ。

総合してみると、手数料を安く取引するなら必須の取引所かなと思います。

 

3.ビットフライヤー(bitFlyer)取引所

亮平
次は国内最大手のビットフライヤーだよ

第3位は国内最大手のビットフライヤー

僕も初めての仮想通貨取引所はビットフライヤーでしたが、PCもスマホアプリも使いやすいので初心者にもピッタリですね。

またセキュリティにも力を入れている、安心の取引所ですよ。

>>関連記事:【超まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・評判!

 

①ビットフライヤー取引所のメリット

ビットフライヤーの一番のメリットは、なんといっても国内最大の取引所である実績と安心感ですね。

大手金融系を始めとした有名企業も株主に並んでおり、取引所としての充実ぶりが伝わってきます。

また、ビットフライヤーはいち早く補償制度を実施しています。

コインチェックやZaifなど他の取引所は、まだ補償制度は未実施ですね。

  補償制度
 ビットフライヤー あり(ただし円出金のみ)
コインチェック  なし(制度試行自体は発表済)
Zaif  なし 

ユーザーにとって超大事補償制度にいち早く取り組んでくれている点は、大きく評価できると思います。

>>関連記事:【補償制度比較】ビットフライヤー・コインチェック・Zaif【仮想通貨取引所】

 

②ビットフライヤー取引所のデメリット

ビットコインしか取引所がなく、他の通貨を買う際は手数料が高くなりますね。

またビットフライヤーも積立機能はあるのですが、1日の最低購入金額が1,000円からなんですよね…。

これだと、毎日の積立にすると月30,000円程度かかってしまいます。

なので積立をするならZaifの方がおすすめでしょう。

 

総合的に見ると、使いやすさにも定評があり、Zaifと一緒にまず使って欲しい取引所かなと思います。

 

4.バイナンス(Binance)取引所

亮平
海外取引所はまずバイナンスを使ってほしいね

第4位は、海外取引所のバイナンス

海外取引所では、No.1の人気を誇っていますね。

国内取引所に慣れてきたら、ぜひ使って欲しい取引所です。

>>関連記事:【超まとめ】Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・評判!【海外仮想通貨取引所】

 

①バイナンス取引所のメリット

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1% 0.1%

Zaifやビットバンクと同じように、バイナンスの手数料も安い事で人気です。

バイナンスはなんと全銘柄0.1%と驚きの水準です

他の海外取引所より安いのも、大きな特徴ですね。

またバイナンスで取り扱っている銘柄(コイン)100種類以上とたいへん豊富です。

国内取引所で仮想通貨銘柄が豊富と言われているコインチェックでも10ちょっとなので、バイナンスははるかに多いですね。

 

②バイナンス取引所のデメリット

国内取引所だと、日本円を入金して仮想通貨を買うという流れになりますね。

バイナンスのような海外取引所だと、日本円の取り扱いが無いので、国内取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに入金(送金)して使用する事になります。

 

出金の際も同様で、国内取引所を経由して日本円に換える必要がありますね。

慣れるまでは、正直ちょっと面倒です。

 

また、日本語対応もしなくなってしまったので、やや使いづらくなってしまいましたね。

以前までは日本語対応していたので、今後の改善に期待しましょう。

海外取引所を使うなら、まずはバイナンスから始めるのがおすすめですよ。

 

5.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)取引所

亮平
DMM Bitcoinでレバレッジ取引にもチャレンジしてみよう

続いて、大手企業DMM.comがスタートさせたDMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応しているだけでなく、アプリの使いやすさにも定評がありますよ。

>>関連記事:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・メリット・デメリットは?レバレッジ取引におすすめ!

 

①DMM Bitcoin取引所のメリット

DMM Bitcoinの一番の特徴は、アルトコインでのレバレッジ取引ができる点ですね。

レバレッジ取引自体はビットフライヤーGMOコインでもできるのですが、どちらもビットコインだけとなっています。

亮平
スマホアプリも使いやすいよ!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいと思います。

チャートを見るのはもちろん、取引までもスマホ一つでできるのも便利ですね。

今なら登録すると、1,000円がもらえるキャンペーン中ですよ。

 

②DMM Bitcoin取引所のデメリット

DMM Bitcoinは 『取引所』 形式が無く、 『販売所』 形式を使うしかありません。

なので、取引による手数料がやや高いと言えるでしょう。

またDMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッド(売値と買値の差の事で、実質的な手数料)が広くて手数料が高いと言われています。

これはややネックですが、アルトコインが大幅に値動きする時を狙うなら、チャンスはあると思います。

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引にも挑戦してみると良いですよ。

 

6.【登録停止中】コインチェック(coincheck)取引所

亮平
レバレッジ取引はスプレッドが広いから手数料が高いと言えるね

現在は登録停止してますが、コインチェックについても書いておきます。

使いやすさ、スマホの見やすさ、銘柄の豊富さなどで総じて評価の高い取引所だと思います。

アルトコインの手数料がやや高いのがネックですが、今後の取引再開に期待して待ちましょう。

>>関連記事:【超初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット・評判!

 

7.使う取引所を増やしていくおすすめのステップ

ペンタごん
取引所はどんな順番で使っていけばいい?
亮平
このステップをおすすめするよ!

初心者の方は、まずZaifビットフライヤーで始めていきましょう。

リップルやライトコインなどが欲しくなった際には、次にビットバンクも使い始める。

 

そして国内取引所に慣れてきたら、バイナンスにチャレンジしてみましょう。

最後に、レバレッジ取引がしたければDMM Bitcoinを使う…というイメージですね。

ただどの取引所も本人確認に時間がかかるので、登録だけは早めに済ませておく事をおすすめします。

 

8.【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキングまとめ

ペンタごん
仮想通貨取引所のランキングがよくわかったよ!
亮平
おすすめの取引所をぜひ使ってみよう!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕が普段から使用している取引所です。

自信を持っておすすめできるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

一つの取引所のみを使っていると、何らかのトラブルで使用できなくなった際に困ってしまいます。

そうならないためにも、いつでも複数の取引所を使えるようにしておきましょう!

今回紹介した取引所ランキング

第1位⇒Zaif:手数料の安さ、積立機能が魅力

第2位⇒ビットバンク:手数料の安さ、リップルの購入におすすめ

第3位⇒ビットフライヤー:最大手取引所。使いやすさと補償制度が特徴

第4位⇒バイナンス:海外取引所No.1で、取り扱い銘柄も豊富

第5位⇒DMM Bitcoin:アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応

 

▼各取引所の登録手順へ進みましょう▼

あわせて読みたい

【速報】QUOINEX(コインエクスチェンジ)にてリップル上場!

日本の取引所QUOINEXにてRipple(XRP)の取り扱いが始まったようです!

QUOINEXからの告知

世界最大級の
仮想通貨取引所

本日、XRP(リップル)が
QUOINEXへ上場しました!

いつもQUOINEXをご愛顧いただきありがとうございます。

本日19時(JST)、XRP(リップル)がQUOINEXへ上場致しました!
QUOINEXではXRP/ベース通貨の現物取引手数料は無料*1でお取引いただけます。
取引通貨ペアの追加設定を頂き、ぜひXRP(リップル)のお取引をお楽しみください!

*1: ベース通貨はお客様の居住地国に基づき決定されます。例えば、お客様が日本に居住されている場合は、BTC/JPYがベース通貨となります。お客様が当社プラットフォーム上で提供していない通貨ペアの国にお住いの場合、ベース通貨はBTC/USDとなります。

QUOINEX

Quoinexでは他にも、ライトコインとネムの上場が決まっているようです。

時価総額でもメキメキ伸びてある種ビットコインよりも注目されているリップルですが、日本においてはCoincheck・GMOコイン・DMM Bitcoinが主な取引所で、取り扱っている取引所が少ないことが非常に懸念となっています。

コインエクスチェンジについては下記の記事でも紹介しています。

【QUOINEX(コインエクスチェンジ)】ビットコイン取引手数料0・狭いスプレッド・レバレッジ25倍の仮想通貨取引所とは?

昨年の20円台の横ばいのように、現在横ばいを続けているRippleですが、取引所での上場や銀行での取り扱い開始などの積み重ねでジワジワとあがってくることが想定されます。

今後の個人的な見込みとしては、毎月20%ずつ上昇しているうちはまだまだ上がり過ぎなのではないかと思います。

Rippleに関しては、数年単位で2倍、3倍となるような硬い銘柄になることが想定されます。

今のうちに買い込んでおく方は各取引所の価格を比べたり、手数料差で少しでもオトクに購入できるように、コインエクスチェンジの登録をオススメしておきます。

 

コインエクスチェンジ登録はこちらから

↓↓↓

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【完全保存版】COINCHECK・BITFLYER・Zaifの3大取引所を徹底比較!

まずは3大取引所から調べよう

仮想通貨の取引所にはいわゆる「大手」といわれるところがあります。特にCOINCHECK・BITFLYER・Zaifの3つは3大取引所といってもいいくらい有名な取引所です。

そのため、どこで仮想通貨を取引すればいいのかわからない時はまずこの3つを参考にするといいでしょう。

仮想通貨の取引所は使い分けても問題ないので、3大取引所すべてに登録しても構いませんが、一番のおすすめはそれぞれの特徴を比較してみることです。

比較することでよりCOINCHECK・BITFLYER・Zaifの良い面、悪い面が見えてくるので、どこを利用したらいいのかすぐにわかります。

 

COINCHECKの特徴

COINCHECKについてですが、ここは2014年から事業をスタートさせた日本の取引所です。COINCHECK PEYMENTというビットコイン決済サービスを展開しており、国内で非常に人気です。

このサービスの特徴はECサイトに銀行振込やクレジットカード払いのように商品の代金をビットコインで支払えるようにする仕組みを導入できることです。

それからCOINCHECKは取り扱っている仮想通貨の種類が非常に多い特徴があります。

ビットコインをはじめとし、イーサリアムやイーサリアムクラシック、さらにはリップル、NEM、DASHなど13種類の仮想通貨ラインナップがあります。

レバレッジは最大5倍、通貨ペアは日本円です。インターフェイスがわかりやすく、ブラウザ版・アプリ版ともに初心者でも利用しやすいメリットがあります。

現物取引手数料は0%、証拠金取引手数料は1日あたり0.04%です。

国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。

 

BITFLYERの特徴

BITFLYERは国内でも最大手の規模を誇る取引所です。国内の仮想通貨取引の大半はBITFLYERで行われているという調査もあります。

仮想通貨というまだ新しいサービスが国内で急速に普及したのは、このBITFLYERにリクルートや電通デジタルホールディングス、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメントなど非常に有名な企業が出資するようになったからです。

有名な企業が出資しているサービスであれば利用側の安心感が全然違います。またBITFLYERは仮想通貨取引だけでなく、FXや先物取引にも対応しています。

取り扱っている仮想通貨はビットコインやイーサリアム、ライトコインなど6種類です。レバレッジは最大15倍、通貨ペアは日本円です。

現物取引手数料は0.01~0.15%、証拠金取引手数料は1日あたり0.04%となっています。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

 

Zaifの特徴

Zaifについてですが、2014年から事業をスタートさせた日本の取引所です。暗号通貨技術、ブロックチェーン技術に関わるソフトウェアを開発していることで知られているテックビューロ株式会社が運営しています。

Zaifの最大の特徴はビットコインやモナコインといった一部の仮想通貨を現物取引すると、手数料を獲得できることです。

普通、手数料というとサービスを利用する側が支払うものですが、Zaifの場合はマイナス0.01%に設定されているので、サービスを利用した側が0.01%分の仮想通貨を受け取ることができます。

ただし、このマイナスの手数料は本人確認書類をZaifに提出しなければ発生しません。

Zaifは口座作成自体はメールアドレスだけでできるので、本人確認書類を提出しなくても取引できるのですが、その場合、0.01%分の仮想通貨を受け取れるメリットはなくなります。

本人確認書類を提出するとこれ以外にもさまざまな取引上のメリットが生まれます。そのため、Zaifを利用するのであればできるだけ早く本人確認を済ませておくのがおすすめです。

Zaifの取扱仮想通貨はビットコイン、モナコインはもちろん、それら以外にもNEM、Bitcoin Cashがあります。レバレッジは最大25倍、通貨ペアは日本円です。

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

アプリの使いやすさを比較するとおすすめなのはCOINCHECK

近年はスマートフォンの普及からスマートフォン上でも取引所のサービスを利用できるアプリが次々と生まれています。

もちろんCOINCHECKでもBITFLYERでもZaifでもブラウザ版とは別にアプリ版のインターフェイスが用意されています。

その中でも特にアプリ版が使いやすい取引所はCOINCHECKです。

ライフスタイルにもよりますが、スマートフォンは基本的に一日中電源をつけっぱなしなので、アプリを利用したいと思った時にすぐに利用できる利点があります。

パソコンの場合、いちいち電源をつけてブラウザを開かなければならず、面倒に思う人も多いでしょう。特に外出中の時は手軽にポケットなどから取り出して操作できるスマートフォンの方が利便性が高いです。

そういったスマートフォン自体のメリットとアプリ版COINCHECKのメリットが合わさればさらに使いやすさが増します。

アプリ版COINCHECKのインストールの仕方ですが、まず普通にCOINCHECKのアカウント登録を行う必要があります。

登録はメールアドレスとパスワードを入力するだけでできます。

Facebookアカウントを持っている場合はそれを使ってログインすることも可能です。

 

COINCHECKのアカウント登録を行ったらスマートフォンで公式ページを開きます。

するとページ上部にアプリの項目が出ているはずなので、その項目の「表示」というところを押し、App Storeに飛びます。

後は難しいことはなく、普通のアプリをインストールする時と同様にCOINCHECKをインストールすれば完了です。後は好きな時にログインし、仮想通貨の取引を行うだけです。

アプリ版COINCHECKのトップ画面はチャートになっています。他の操作がしたければメニューバーを押し、サイドメニューを開いて好きな項目を選べばOKです。

サイドメニューにはたとえば「送金」や「受け取る」、「取引履歴」といった項目があります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

セキュリティを比較するとおすすめなのはBITFLYER

仮想通貨の取引所を選ぶ時はどのようなセキュリティ対策を行っているのかを見ることも大切です。

個人情報や通貨を扱うわけなので、セキュリティが不十分なサービスを利用してしまうとそれらが盗まれる危険性があります。

COINCHECK・BITFLYER・Zaifのセキュリティ面を比較すると一番おすすめなのはBITFLYERです。日本国内最大手で有名企業にも出資を受けているBITFLYERですが、その躍進の理由のひとつにセキュリティ面の高さがあげられます。

なにしろセキュリティがしっかりしていないような不安なサービスに有名企業が出資しようとは思わないものです。

BITFLYERではユーザーの個人情報データを暗号化したり、「DigiCert」という世界トップレベルの認証局の証明書を採用したり、FW(ファイア・ウォール)やWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)によって不正アクセス対策を施したりしています。

さらにユーザー自身がパスワードを漏らしたりしないようにさまざまな対策が取られています。

たとえば、その中の対策のひとつに「二段階認証」というものがあります。これは通常のログインパスワードとは別に確認コードでの認証を行うことで、不正ログインを二重に防止する目的があるものです。

確認コードでの認証は電子メール、携帯電話のSMSメッセージ、認証アプリの3つのいずれかで可能です。

万が一他のサービスと共通するパスワードを設定していてそのパスワードが破られたとしても、二段階認証を設定しておけばBITFLYERにまで被害が及ぶことはありません。

ただし、二段階認証の設定は任意ですし、それ以外のパスワード管理もずさんだった場合、BITFLYERのセキュリティ面の高さとは関係なくパスワードが流出することになります。

 

そのため、仮想通貨取引所を利用する時はサービスのセキュリティに任せるだけでなく、利用者本人が意識的に気を付けることも忘れてはいけません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

手数料を比較するとおすすめなのはZaif

仮想通貨の取引では保有している通貨が値下がりすることで損をすることもありますが、それ以外にも手数料という取引で確実にかかるコストがあります。

このコストは当然抑えられるだけ抑えたいものです。万が一、仮想通貨取引自体がうまくいったとしても、コストが多くかかることであまり利益が出ないということもありえます。

COINCHECK・BITFLYER・Zaifのコスト面を比較すると、一番おすすめなのはZaifです。この中でZaifは唯一現物取引手数料を利用者側が受け取れる仕組みを導入しています。

COINCHECKも現物取引手数料は無料で済むのですが、無料と利用者側に利益が発生するのとでは後者の方が良いに決まっています。

現物取引は利用者が一番多い取引なので、特に何度も売買する人が多いですし、メリットが大きいです。

ただし、仮想通貨のNEMを取引する場合は別です。NEMの場合は普通に現物取引手数料がかかってくるので、Zaifを利用するメリットがあまりありません。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【画像で解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設手順)

ペンタごん
DMM Bitcoinを始めたい!
亮平
分かりやすく教えてもらおう!
つぶまめさん
まかせて下さい!

どうも、つぶまめ(@tsubutsubumame2)でございます。

今回は、話題の仮想通貨取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法・口座開設手順画像で徹底解説します!

 

登録自体は1分で終わりますよ。

サクッとできるので是非チャレンジしてみてください!

 

DMM Bitcoin

1.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でまず仮登録を!1分で終わる口座開設

つぶまめさん
さっそく進めていきますね!

まずはDMM Bitcoinの公式ページにアクセスしましょう。

めちゃくちゃ大きくローラさんが出ているので、わかりやすいですね。

右上の青いアイコンの口座開設を押しましょう。

 

口座開設のアイコンを押すと、メールアドレス登録の画面になります。

赤枠内にご自分のメールアドレスを入力して、下枠のチェック欄(ロボットではありません)にチェックを入れてから「送信する」を押します。

はい、これでメールの送信が完了しました。

黒線で潰してある箇所に入力したメールアドレスが記載されているので間違っていないか確認しておきましょう。

続いて、メールを確認しにいきましょう。

このようなメールが届いているかと思います。

赤枠内のURLをクリックしましょう。

メール記載のURLをクリックすると、ログイン時のパスワード登録画面になります。

パスワードは自由に決めて問題ないですが、他の取引所とは異なるパスワードを設定した方が良いでしょう。

 

また、アルファベットと半角数字を1文字以上いれる必要がありますのでご注意ください。

入力が終わったら「送信する」を押します。

なんと!たったのコレだけで口座登録完了です!

…といっても仮口座ですけどね。

このままマイページにログインをして、続けて本登録に進みましょう!

 

2.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の本登録(口座開設)

つぶまめさん
本登録も簡単ですよ!

仮口座の登録はとっても簡単にできましたね。

続いて、本人確認を含めた本登録を行っていきましょう。

 

画像は私のマイページで、左側の黒線で潰してある箇所にはお客様番号とメールアドレスが載っています。

初回の仮登録が終わったばかりだと、矢印のところに赤字で本登録を行うように指示されているのでクリックして進みましょう。

まずは口座開設の種類、各種書面や事項への承諾画面になります。

登録を行うあなたが仮に法人の場合は、右側の法人の欄にチェックを入れるようにして下さい。

 

また、下の方にあるPDFはいずれも重要な内容の書かれている書面になります。

必ず内容を確認しておくようにしましょう。

そのまま画面を下にスクロールしていくと、続いて口座開設にあたっての表明確約書という項目になります。

それぞれの項目に目を通して、左側にあるチェック欄ひとつひとつにチェックを入れていきましょう。

全ての項目にチェックを入れ終わったら、続いてお客様情報の登録になります。

記載されている情報について入力していくだけですので、特に難しいことはありません。

入力が終わったら確認画面に進みます。

この画面になったら、入力した内容に間違いがないかサラーっと目を通してくださいね。

間違っていたら修正を行いましょう。

そのまま進むと、本人確認書類のアップロード画面になります。

DMM Bitcoinでは、顔写真付きの本人確認書類であれば表面だけでOKみたいです。

私は免許証で登録を行ったので、表面のみをアップロードして完了しました。

 

なお、免許証をお持ちでない場合はパスポートでも可能です。

免許証もパスポートもないという方は、下記の書類の中から2点をアップロードする必要があります。

  • 各種保険証
  • 住民票の写し
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • その他官公庁から発行の書類

本人確認書類の登録が終わると、そのまま携帯電話番号認証の画面になります。

先ほどのお客様情報登録の画面で携帯電話番号を入力したかと思います。

 

そこで入力した番号がそのまま表示されているはずなので、そのままコードを発行するを押します。

すると、登録した携帯電話番号宛にSMSで6桁の番号が届きますので、そのコードを入力すれば登録完了です。

つぶまめさん
はい、これで無事に登録が完了です!

登録した内容をもとに口座開設審査が行われ、問題がなければ登録住所にハガキ(認証コード)が送られてきます。

登録からだいたい1週間程度かかるので、比較的速いですよ。

そのハガキに書かれているコードを、マイページで入力することで実際の取引が出来るようになります。

これで登録(口座開設)はすべてOKです!

 

3.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の2段階認証設定について

つぶまめさん
 大事な2段階認証も設定しておきましょう!

本登録が終わってハガキが届くまでのあいだに、「2段階認証」をやっておきましょう。

2段階認証を設定するためには、マイページにログインした後、画面を下にスクロールします。

 

左側のメニュー欄に各種設定という項目がありますのでそれを押しましょう。

その中に2段階認証設定があります。

2段階認証設定を押すと、このような画面になります。

DMM Bitcoinでは、3種類の中から一つを選択して2段階認証の設定ができますので、必ず設定しておくようにしましょう。

 

ちなみに私はアプリでの認証を行いました。

アプリ認証を押すとQRコードの画面になりますので、2段階認証アプリでQRコードを読み取ることで表示される6桁のコードを画面内に入力することで、完了となります。

 

4.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録(口座開設)をやってみた感想

つぶまめさん
 正直、簡単すぎてびっくりしました
ペンタごん
これならすぐできるね

私はコインチェック・Zaif・ビットフライヤー・Binanceの4か所で口座開設をした事がありますが、その中で最も簡単に登録ができた取引所だと思います。

画面の指示に従って各種事項に入力していくだけなので、時間もかからず簡単に終わった印象です。

登録完了までのお手軽さを考えると、ダントツでDMM Bitcoinがオススメだと言えます。

 

5.【期間限定】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)口座開設・取引キャンペーン中!

つぶまめさん
 今ならキャンペーン中ですよ!
ペンタごん
なに、キャンペーン!?

現在、DMM Bitcoinでは口座開設をして実際に取引を行うことで2つのキャンペーンが受けられます。

それぞれを簡単にご紹介しますね。

 

①口座開設するだけ!1,000円プレゼントキャンペーン

2018年1月11日から3月31日までの間に、新規の口座開設が完了するともれなく1,000円がもらえます。

ここでいう口座開設完了とは、ハガキに記載のコードを入力するまでを指すようです。

 

もらえる1,000円は口座開設完了の1か月以内にトレード口座に反映されるみたいです。

登録するだけで1,000円もらえるのは嬉しいですね。

 

②レバレッジ取引をBTC/JPYで50ビットコイン以上取引をすると追加で10,000円!

そして2つめのキャンペーン。

レバレッジ取引で、BTC/JPYを50ビットコイン以上取引すると、もれなく10,000円がもらえます!

レバレッジ取引とは?

簡単に言うと、元手の資金よりも大きな金額でできる取引。

レバレッジとは、『てこ』の意味。

レバレッジ取引に力を入れているDMM Bitcoinならではのキャンペーンですね。

期間が少し短めですが、10,000円もらえるって聞くとウキウキしますよね!

 

6.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法(口座開設手順)まとめ

今回は、DMM Bitcoinの登録手順画像で徹底解説いたしました。

登録はとても簡単で、口座開設で1,000円もらえるキャンペーン中ですので、ぜひ今のうちにどうぞ!

寄稿者プロフィール

この記事を書いた人:つぶまめ(@tsubutsubumame2)さん

ブログSunSprout!~略して「さんすぷ」~

酒もタバコもギャンブルもやらないせいで植物系と呼ばれます。最近はランサーズでライター活動にハマってます。

亮平
つぶまめさん、ありがとうございました!
ペンタごん
さっそく登録します!

いかがだったでしょう。

DMM Bitcoinの登録はとても簡単なので、気軽に始められますね。

さっそく、登録をしてみましょう!

 

\今なら登録すれば1000円もらえます!/DMM Bitcoin

 

▼DMM Bitcoinの詳細はこちら▼

あわせて読みたい

changelly(チェンジリー)使い方いろいろ

取引所よりも簡単に!仮想通貨同士を交換できるサイト ウィジェットの使い方、報酬のアフィリエイト報酬の出金方法を書いてますNo tags for this post.