仮想通貨取引所

ビットコインを取引するなら改めてどこの取引所がいい?coincheckとbitFlyerを除く2社を紹介!

この記事では、ビットコインを取引する上でおすすめなGMOコインとBITPointを紹介します。

ビットコインETFにより、再び盛り上がりをみせているので、登録していない方はチェックしてみください!

 

要点

・coincheckとbitFlyerが休止中の今どこの取引所に登録すればいい?

以前は国内大手と言えば、coincheck、bitFlyerが挙げられましたが、現在は金融庁の業務改善命令によりサービスが一時休止しています。

そんな中、ビットコインを取引する上で、おすすめの取引所を紹介していきます。

盛り上がりをみせるビットコイン

現在、ビットコインはアルトコインに比べ価格の上昇率が高く、実際に「ドミナンス」と呼ばれる取引量が増えています。

その要因のひとつがビットコインETFへの期待です。

8月にも上場が決定される可能性があり、期待感から価格が上昇しています。

今年最大のイベント到来!Xデーは8月10日!ビットコインETFの上場が決定される!webbotの予測していた「革命」はこのことだった?

 

BITPointでレバレッジ25倍のビットコイン取引を

 

まず、おすすめの1社がBITPointです。

BITPointは実は、資金量がbitFlyerよりも多く、倒産した際でも資産が保証される信託保全も完備しています。

小田社長自ら2018年下半期は力を入れると公言しており、今後もっともサービスに期待できる取引所となっています。

 

サービス概要・特徴

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

BITPoint最大の特徴は、レバレッジ25倍の取引と手数料の安さです。

レバレッジ倍率でいえば、大手取引所の中で屈指の倍率を誇っています。

入出金から取引にかかる手数料も全て無料。

もはや登録しない理由がない取引所とも言えそうです。

 

初心者の方はGMOコインがおすすめ

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

続いておすすめなのが、GMOコインです。

BITPointに比べ、レバレッジ倍率は10倍と低いですが、初心者の方にはおすすめの取引所となっています。

 

サービス概要・特徴

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大10倍 0.04% なし

GMOコインは注文しやすい取引画面も魅力。

またBITPointと同じく、手数料がかからないのが大きなメリットとなっています。

初心者の方でも簡単に始められるので、不安がある方はぜひGMOコインに登録してみてください。

 

まとめ・チャンスが到来しているビットコインでトレードを始めてみよう!

繰り返しにはなりますが、ビットコイン市場はETFの期待感から上昇中です。

ぜひ、この機会に、ビットコイントレードを始めてみてはいかがでしょうか。

また、その際は、BITPointとGMOコインがおすすめです。

BITPointであれば、レバレッジ25倍でガツンと稼げるチャンスです!

まだ登録していない方は、ぜひこの機会に登録してみてくださいね。

 

今期最大の注目取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイン取引を

 

BITPointはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

 

BITPointの基本的な特徴

取り扱い通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュの5種類。

資本金額はビットフライヤーを超える規模であり、信託保全といって顧客の資産が銀行によって補償されるサービスも完備しています。

取り扱い通貨が少ないのがややデメリットですが、そのほかの点で国内トップクラスのサービスです。

すでに充実したサービスですが、小田社長によるとビットフライヤー・コインチェックの規模までもっていくとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【仮想通貨】海外取引所ランキング!おすすめの20社を徹底比較

欲しい仮想通貨が日本の取扱所で扱っていない! もっと大きなレバレッジをかけたい! 仮想通貨取引に慣れるにつれてこうした悩みを感じる方が多いようです。 実は、中級者以上のほとんどが海外取引所を利用していることをご存知でした ... No tags for this post.

SBIバーチャルカレンシーが本日より一般受付開始!XRP取引の増加に期待!?

SBIバーチャルカレンシーの一般受付が本日より開始されました。

XRPの取引に力をいれている模様で、今後、取引量が増えることが期待されています。

 

要点

・SBIバーチャルカレンシー

昨年から、サービス開始が期待されていたSBIバーチャルカレンシーの一般受付がとうとう開始されました。

SBIバーチャルカレンシーの一般受付が開始!

本日より、SBIバーチャルカレンシーの一般受付が開始されました。

他の取引所と同じように公式サイトから申し込みができます。

昨年の時点から話題になっていた取引所なので、今後サービスが充実することに期待したいですね。

 

SBIバーチャルカレンシーのサービス概要

2018年7月時点での取り扱い通貨は、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ、ビットコインの3種類となっています。

取り扱い通貨については、今後増えていくことに期待したいですね。

全て現物取引のみで、レバレッジをかけたFX取引はありません。

 

SBI最大の特徴は手数料の安さ

SBIバーチャルカレンシー最大の魅力は手数料の安さです。

取引手数料・出金手数料は無料。取引手数料は販売レートに含まれているのが特徴です。

出金手数料だけ少しかかります。

とは言っても、国内の出金手数料のかかる取引所と比較すると割安の値段と言えます(国内の出金手数料はだいたい300円~500円のところが多いです)

 

手数料は納得でも今後のサービス充実に期待?

しかし、現状、取り扱い通貨・FXサービスを考えると、やや利用できるサービスが少ないですね。

まだ始まったばかりの取引所なので、今後サービスが充実していくことに期待しましょう。

北尾社長は「業界No.1になる」と過去にも発言しており、SBIバーチャルカレンシーはまだまだ注目の取引所になりそうです。

 

XRPの取引量増加に期待?

北尾社長はリップラーであることで有名ですが、実際にSBIバーチャルカレンシーの最初の取り扱い通貨はXRPでした。

上のツイートのように連日リップルに関する情報を呟いています。

その後、ビットコインキャッシュ、ビットコインが追加されていったのは、国内の取引所で考えればイレギュラーともいえます。

さらに、北尾社長の意向がそのまま反映された運営ともいえます。

海外では、SBIバーチャルカレンシーの動向がXRPの取引量増加につながるという観測記事もでており、その意味でも今後の動向には注目ですね。

リップラーにとっては無視できない取引所となりそうです。

 

まとめ

気になる方は、公式サイトでぜひ登録してみてください。

また、今後サービスの充実・XRP取引の動向には注目でしょう。

現時点では、下記のDMM BitcoinでXRPのレバレッジ取引ができるので、ぜひ登録してみてください!

 

現時点で仮想通貨取引を始めるなら

 

DMM Bitcoinはリップルのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

SBIバーチャルカレンシーは現状、サービスが完璧に始まった状態ではないので、まずはDMM Bitcoinにも登録しておきましょう。

リップルの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所の選び方!徹底比較とかんたん解説で脱・初心者

仮想通貨を取引したいけど、 仮想通貨取引所の選び方がわからない! こんな悩みを抱えていませんか? 仮想通貨の取引所は国内外にたくさんあるので、正しい仮想通貨取引所の選び方ってわかりにくいものですよね。 難しいからといって ... No tags for this post.

コインタップ(cointap)とは?DMMグループ最新の取引所をチェックしておこう!

コインタップ(cointap)はDMMグループが運営元の取引所です。

2018年春にサービスを開始する予定でしたが、現在は延期になり事前登録だけができる状態となっています。

今回は、cointapの特徴と、DMM Bitcoinについて紹介します。

要点

・DMM Bitcoin

7種類の通貨ペアのレバレッジ取引で有名なDMM Bticoin

レバレッジ取引の取り扱いは、国内でずば抜けており、収益チャンスが多いのが特徴です。

コインタップ(cointap)とは?

コインタップはDMM Bitcoinを運営するDMMグループが運営する取引所です。

正確には、DMMの子会社にあたる「ネクストカレンシー」という会社が運営元となります。

 

サービスの開始時期は?

昨年の発表では、2018年春にもサービスを開始する予定でした。

しかし、金融庁の規制強化により、開始が延期になっている状態です。以下が公式サイトに記載されている文章です。

サービスのリリース時期につきまして、2018年春とお知らせしておりましたが、 現在、仮想通貨交換業の登録に向け、準備を進めております。今後、リリース時期に関して目処がつき次第、あらためてご案内いたします。

セキュリティや顧客資産の管理について万全の体制を整え、 みなさまにとって使いやすく、よりご安心いただけるサービスを提供するために社員一同、力を尽くしてまいります。

参照元:コインタップ公式サイト
https://cointap.jp

2018年7月時点でサービスの開始時期に関する情報はありません。

現状は、公式の発表を待つかたちとなっています

 

コインタップの特徴は?どんな取引所になる?

サービス開始時期と同じく、現時点でサービスの詳細も何も発表されていません。

しかし、ネットではすでにサービス内容についての憶測が飛び交っています。また、公式サイトからもサービス内容についてわかる部分があります。

 

お手軽に取引でき、アプリが主体のサービスになる?

公式サイトをみると「カジュアルに始める仮想通貨」というキャッチフレーズが記載されています。

このことからも、簡単に仮想通貨を取引できるようなサービスが予想されます。

また、グーグルの検索覧にも「はじめてのビットコインはcointap」とあることから、「お手軽さ」、「簡単」というがコインタップの特徴となりそうです。

取り扱い通貨、手数料など詳細のサービス内容は不明です。

 

SNSの反応

DMM Bticoinと同じDMMグループが運営する取引所ということからも、SNS上でも期待の声が高いです。

 

まとめ

とにかく、現状はコインタップ公式の発表を待ちましょう。

なお、事前登録は公式サイトからメールアドレスを登録するだけで申し込めます。気になる方はチェックしてみてください。

そして、コインタップを利用する前に、同じDMMグループが運営するDMM Bitcoinも登録しましょう。

同じDMMグループが運営元ということもあり、サービスの提携には十分期待できます!

 

コインタップに登録する前にDMM Bitcoinに登録しておこう!

 

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

コインタップは運営元が同じDMMグループであり、DMM Bitcoinとのサービスの提携は多いに考えられます

コインタップが始まる前に、DMM Bitcoinへの登録をおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

国内で唯一!アルトコインのレバレッジ取引できるGMOコインとDMM Bitcoin!サービスを徹底比較!

2018年6月現在、アルトコインのレバレッジ取引ができるのは、GMOコインとDMM Bitcoinの2社だけです。

先日、bitFlyerの一時休止を受けてから、国内の取引所動向も変わっている中、この2社のサービスを徹底比較してみました。

 

要点

・アルトコインとは

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。

・レバレッジ取引とは

現物取引ではなく、自分の資金を証拠金として多くの額の取引ができます。

たとえば、レバレッジ5倍・資金が10万円なら5×10=50万円分の取引が可能です。

GMOとDMMは長年に渡るライバル業者

実は、仮想通貨事業以前に、GMOとDMMは外国為替取引(法定通貨)で長年ライバル関係にある会社です。

GMOは世界でFX取引量が1位の業者として、たいしてDMMは国内で一番多く口座が開設されているFX業者です。

両者が仮想通貨に参入したのも同時期であり、仮想通貨事業でもライバルとして熱い戦いを繰り広げています。

 

GMO vs DMM サービス内容比較

両社は、国内で唯一アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所です。

つまり、ビットコイン以外の仮想通貨(イーサリアム、リップルなど)でハイリスク・ハイリターンの取引ができます。

どちらでも他社より収益チャンスが多いのが特徴となっています。

ここからは取り扱い通貨から手数料までを比較してみていきましょう。

 

取り扱い通貨

取り扱い通貨
GMOコイン ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ
DMM Bitcoin ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・ネム・イーサクラシック

取り扱い通貨はDMMが勝利!7種類と豊富です。

 

レバレッジ

レバレッジ倍率
GMOコイン ビットコイン最大10倍・その他は5倍
DMM 一律5倍

アルトコインのレバレッジ倍率は両者互角。

しかし、ビットコインのレバレッジは、GMOコインが最大10倍と勝利です!

 

各種手数料

日本円入出金手数料 取引手数料 スワップポイント 仮想通貨送金手数料
GMOコイン 無料 無料 0.04% 無料
DMM Bitcoin 無料 無料 0.04% 無料

なんと両者ともに手数料では完全に引き分けです!

GMOコインは今年4月に入り、手数料を値下げしましたが、おそらくDMMの手数料は競合として参考にしたかもしれませんね。

両社とも国内ではトップの手数料の安さです。

 

口コミ

最後にツイッター上での口コミをいくつかみていきましょう。

実際に、使ったことがある方の口コミなので、とても参考になりますね。

2018年に入り、取引所動向はめまぐるしく変化していますが、この2社は安定した評価を受けています。

それは両者とも、FX時代からの金融取引のノウハウがいきた結果ともいえそうです。

トレーダーからはゆるぎない評価をえています

 

まとめ・どっちの取引所を使ったらいい?

まとめると、GMOコインDMM Bitcoinどちらとも登録して損はありません。

しかし、強いて言うなら

・ビットコインを中心に取引したい方はGMOコインのレバレッジ10倍で

・より多くのアルトコインで収益チャンスを狙いたい方はDMM Bitcoinで

でしょう。

両社ともこれまでの金融取引がいかされており、アプリも充実しています。

もちろん、セキュリティーも万全の対策

これから、仮想通貨市場は多くの上昇観測が出ており、価格がやすくなった今は投資の大チャンスとも言えます。

まだ登録していない方は、ぜひこの機会に登録してみてください。

そして、どちらか一方を開設している方でも、サブとして持っておけば間違いのない取引所でしょう。

GMOコイン公式サイトはこちら

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックの送金方法!世界一簡単に徹底解説

コインチェックにアカウントを作ったものの、コインチェックでは取扱いをしていない通貨を購入するために、別の取引所にコイン送金したいというときがあるでしょう。 しかし、やり方を間違えたらどうしようと不安になってしまい、送金が ... No tags for this post.

コインチェックにログインできない場合の対処法は?完全解説

ビットコインを中心とした仮想通貨は『時間・場所を選ばずに送金できること』が特徴的で、今もどんどんとユーザー数を伸ばしています。 そんな仮想通貨に興味をもった方が次におこなうことは、仮想通貨取引所の開設です。 国内の仮想通 ... No tags for this post.

bitbankが国内取引量1位の取引所へ?bitFlyerが休止している中どこまで伸ばせるか

コインマーケットキャップによる、過去24時間の取引量はbitbankが国内取引所では1位となっており、世界でみても23位にランクインしています。

bitFlyerが新規顧客の受け入れを停止しているなか、どこまで取引量1位の取引所として伸びるか注目です。

要点

・bitFlyerなきあとの取引所動向

コインチェック、bitFlyerと大手取引所サービスが休止する中、その次にくる取引所がにわかに関心の的になっています。

bitbankが世界的に見ても取引量の多さを誇る取引所へ成長

※ランキングは26日時点の手数料のある市場です

6月26日時点の過去24時間の取引ボリュームは、bitbankが世界で23位にランクインしています。

bitbankは2018年に入り注目され始めた取引所で、今年4月にはXRPの取引量が世界1位になったことから、認知が急速に拡大しています。

 

bitFlyerが新規顧客受け入れを急遽発表

22日、bitFlyerは金融庁の業務改善命令を受け、新規顧客の登録を自主的に停止することを発表しました。

今まで「国内大手」の異名をとっていた取引所の突然の発表に驚いた方も少なくはないでしょう。

ただし、bitbankもbitFlyerとともに、業務改善命令を受けています。

今後、bitFlyerが完全復活するまで、どこの取引所に登録したらいいのかは関心の的にもなっています。

 

bitbankの復習!

bitbankは2018年に入り急速に注目されるようになった取引所です。

今年4月にはXRPの取引高が1位を記録し、多くのメディアが取り上げられるようになりました。

 

アルトコインのスプレッドの低い取引が可能

bitbank最大の特徴は、アルトコインの板取引です。

他の顧客と直接、売買をする方式により、スプレッドが狭くお得なレートで購入することができます。

特に、XRPの板取引ができるのは、国内でbitbankのみとなっています。

XRPの取引を検討している方、すでにしているけどまだ口座開設していない方にはマストの取引所です。

 

Twitterでの反応

SNSでの反応はどうでしょうか。

bitbankの使いやすさには定評があるようですね。

 

まとめ・少しづつ変わりつつある取引所動向

年初のコインチェック事件、そして金融庁の仮想通貨規制強化により、取引所動向は2018年に入り急速に変わりつつあります

1年前と比較したら、その違いは歴然ですね。

また、今後はSBIバーチャルカレンシーなど大手の取引所の参入により、取引所動向はさらに変わっていく可能性があります。

bitbankが今後どこまで「取引量の多い取引所」としての地位を築けるかには注目です!

 

これからXRPを取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

※bitFlyerが新規顧客を受け入れを停止したことにより、取引量では国内で圧倒的に多い取引所になっていくのが濃厚です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

4月はXRPの取引高が世界1位を記録し今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

XRPの価格が安い今、少額から仕込んでおくのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.