@0i:その他・取引所関連

No tags for this post.

ビットフライヤー(bitFlyer)が口座開設完了キャンペーンで変更あり!

要点

・itFlyer 口座開設完了キャンペーンで、プレゼントのビットコイン1,000円相当が500円相当に変更されました。
・bitFlyerでは、同社を語った虚像メール報告が急増しており、同社はユーザーに注意喚起しています。

bitFlyer 口座開設完了キャンペーンに変更事項あり




知名度とシェア率ダントツでトップの人気仮想通貨取引所のbitFlyerが現在、「口座開設完了でもれなく 1,000 円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!」を開催しています。


同キャンペーンはキャンペーンページからエントリーし、キャンペーン期間中に、本人確認手続きが完了した新規ユーザーを対象に実施されています。

応募方法は、bitFlyer のアカウントをお持ちではない場合、キャンペーン期間中に新規にアカウントを作成したうえで、キャンペーンページの「エントリーする」ボタンを押し、キャンペーン参加条件を満たしたユーザーのみ応募が完了します。また、bitFlyer のアカウントをすでに持っている場合は、bitFlyer にログインし、キャンペーンページの「エントリーする」ボタンを押したうえで、キャンペーン参加条件を達成することで応募が完了します。

プレゼント内容についてはキャンペーン開始より、“キャンペーン参加条件”を満たした新規ユーザーを対象に、もれなく1,000円相当のビットコインが付与されるとされていましたが、プレゼント内容が変更されています。変更後の「口座開設完了でもれなく 1,000 円相当のビットコインがもらえるキャンペーン!」プレゼントは、『もれなく 500 円相当のビットコインをプレゼント』へと変わっています

また、キャンペーン期間についても、当初、2020年7月10日(金)午後1時00分~2021年7月9日(金)午後11時59分と告知され、募集していましたが、『2020年9月1日(火)午前0時0分』に期間内容が変更されていますので、エントリーを検討中の方は締め切り日時にご注意ください。


キャンペーンに参加した方については、2020年8月31日午後11時59分までに「キャンペーン参加条件」を満たしたユーザーに対してプレゼントのビットコイン500相当を付与される予定とのこと。

なお、プレゼント進呈時点で bitFlyer アカウントを解約している方
一人で複数アカウントを作成していることが判明した場合
登録済みの連絡先へメール送信できない、または受信されない場合
虚偽の情報を使用していることが判明した場合
その他、bitFlyerが利用規約その他要項を満たしていないと判断した場合
不正行為が発覚した場合
医所、これらが判明した場合、プレゼントを受取る権利が無効になる場合もあるため、注意が必要です。また、プレゼントの受渡し後に上記が発覚した場合については、没収等の措置が取られる場合があるとのこと。

bitFlyer を語った虚像メールに注意!




bitFlyerでは、同取引所名を装ったメールが送信されており、注意喚起がなされています。


bitFlyerによると、同取引所を装ったメールでは、「お客様の取引が対外貿易法を超過している報告を受領した」などでメールが送付されているとの報告されています。同取引所は、そのようなメールを送付することはないとして警告を発しています。各ユーザーは、フィッシング詐欺被害を未然に予防する手段として、慎重に対応をするよう、心掛けてください。

なお、bitFlyerがすでに確認できている送信元メールアドレスは『Bitfler.com@outlook.com』と発表されています。
bitFlyerからのメールは、【@bitflyer.com】もしくは【@bitflyer.jp】から送信されるとのことで、同取引所からメールが送付された場合、開封前に送り元メールアドレスを確認するようにしてください。


bitFlyerでは、不安に思った場合やトラブルが発生した場合、消費者庁か国民生活センター等に相談するよう、進言しており、各機関の公式サイトも記載しています。

消費者庁
国民生活センター

なお、bitFlyer不正ログインなど不正利用の相談窓口は
電話番号:03-6434-7957(日本語のみ対応可能)
受付時間:平日9時30分~17時30分
問い合わせフォーム


日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェック、Coincheckつみたてキャンペーン好評につき期間延長

要点

・コインチェックで8月12日から開催されていた「Coincheckつみたてお申し込みキャンペーン」が公表につき、期間を延長する事を改めて発表しました。

Coincheckつみたてキャンペーンの期間が延長




人気仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)で8月12日から実施されていた『全員にBTCをプレゼント!Coincheckつみたてお申し込みキャンペーン』が好評につき、キャンペーン期間を2020年9月8日まで延長すると公式ブログで発表しました。

同キャンペーンは、キャンペーンタイトルにもあるとおり、“全員にBTC(ビットコイン)がプレゼントされるキャンペーンです。

Coincheckつみたてとは、仮想通貨ボラティリティ(価格変動)が激しいといわれている仮想通貨資産において、相場の急変動に左右されない長期的な資産形成に役立つサービスとして誕生した、コインチェック独自のサービスです。
このサービス上にて用いられている「ドルコスト平均法」は、特に相場が下落しているタイミングでは相対的に購入する数量が増加することや、仮想通貨の購入価格を平準化し、価格変動のリスクをコントロールできるため、投資初心者を中心に有力な資産運用の方法として用いられています。

Coincheckつみたてお申し込みキャンペーンが開始された8月12日以降、ビットコイン価格は多くの仮想通貨ユーザーもすでに知っているように、徐々に上昇しており、8月18日には一時130万円を突破する上昇機運が高まっていました。





しかし、その後は下落傾向にあり、8月26日15時時点のビットコイン価格はCoinMarketCapの調べによると、1BTC=11,398.84ドル、1,212,922円前後(前日同時刻比-2.48%)で取引されています。

Coincheckつみたてキャンペーンの詳細

Coincheckつみたてキャンペーンは、一度Coincheckつみたてをしていたユーザーが解約したものの、仮想通貨価格が下がってきたので再度積立投資を始めたい!という方も対象になるとのこと。
Coincheckつみたてのレートについては、CoincheckにおけるBTC/JPYレートを参照しているので、Coincheckつみたてを始めるまたは再開したい方はCoincheckでのレートを要チェックです!

キャンペーン名称:Coincheckつみたて 2万円以上のお申し込みで1,000円相当のビットコインを全員にもれなくプレゼント!キャンペーン

期間:2020年8月12日 15:00〜9月8日 23:59
※ 当初予定キャンペーン終了日の8月25日から、期間を2週間延長。

対象者:キャンペーン期間中に2万円以上の積立金額でCoincheckつみたてに申し込みをしたユーザーが対象。

その他:以前Coincheckつみたてを利用しており、8月12日 15:00時点で利用を停止していたユーザーは、キャンペーン期間中に利用再開申請をすることで参加可能。
既に口座振替設定済みで、8月12日 15:00時点で積立をしていないユーザー

賞品について:キャンペーンのプレゼント対象であるビットコインについては、キャンペーン参加該当ユーザー全員に1,000円相当のビットコインが付与され、レートは付与時点でのCoincheckレートになります。

賞品付与方法:Coincheckつみたて申込み後、買付日(10月7日)から1週間程度で各ユーザーの取引アカウントへ付与するとのこと。
※なお、賞品の付与実績は、Coincheckサイト、Coincheckアプリの取引履歴から確認できるとのことです。

Coincheckつみたてとは


Coincheckつみたてとは、積立投資未経かつ、いつ、どのようなタイミングで仮想通貨を購入したら良いかわからないビギナーはもちろん、すでに取引経験の豊富なユーザーも仮想通貨取引を楽しみながら資産を増やせるものです。

Coincheckつみたてのメリットとは
月々1万円から積立可能
1万円から積み立て可能なため、いつでも気軽に資産を積み立て、増やせる。
積立で安定した仮想通貨取引
購入単価を引き下げ、長期で安定した投資ができる。
入金から購入まで全てが自動でおこなわれる
購入タイミングがわからない方でも安心して取引ができます。

Coincheckつみたて公式サイトには、2018年10月から2019年9月までの1年間のモデルシミュレーションが掲載されています。





シミュレーションを見てみると、Coincheckつみたてのビットコイン積み立てを開始した2018年10月には、1万円のビットコインが、1年後には221,193円にまで増えており、日本円を毎月1万円積み立てた場合の1年後の合計金額120,000円と比較して101,093円もの大きな差が出ています。

Coincheckつみたてには、「月イチつみたてプラン」と「毎日つみたてプラン」の2つのプランが用意されています。

月イチつみたてプラン
月に一度だけ、あらかじめ決めた仮想通貨の買い付けをするタイプ。
毎日つみたてるのに比べ、損益の幅が増える可能性があります

毎日つみたてプラン
文字通り毎日、あらかじめ決めた仮想通貨の買い付けをするタイプで、従来の積立に比べリスクを抑制し安定した収益を狙うことが可能になっています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

インドでP2P取引量が急増中!今後世界最大の取引市場になる可能性も

要点

・2020年3月に最高裁判所の判決により、仮想通貨取引所の銀行口座凍結を解除して以降、インド国内では、仮想通貨の取引量が急増しています。

インドでP2P取引量の急増

2020年7月、インドではビットコインのP2P取引(※1)量が史上最高の取引量を記録しています。
(※1)Peer to Peer=P2P取引きとは、中央集権型ネットワークによる取引ではなく、各端末が同じ台帳を保有する分散型台帳システムを言います。

インド南部に位置するカルナータカ州バンガロール(Bangalore)の技術系スタートアップ企業である、マーリン(Marlin)社のシッダールタ・ドゥッタ(Siddhartha Dutta)CEOが、最近のビットコインの需要急増について語っています。
インドでは、これまでにも何度となく、仮想通貨取引に対して反対or容認の両極端な考えの間で政府自体が揺れ動き続けています。
しかし、ビットコインなどの仮想通貨の価値が、スタンスを二転三転させる政府によるものではなく、市場の原則に基づいて価値が決まっていく点に多くのインド国民が魅力を感じているようです。

インド国内で人気の仮想通貨取引所ゼブペイ(Zebpay)のビットコイン価格は、アメリカ国内の価格が比較的安定しているにもかかわらず、脱収益化後わずか18日で757ドルから1,020ドルに急騰しています。
一部のインド国内の投資家にとって、政府の気まぐれともとれる右往左往する政策の影響を受ける事がないビットコインへの投資は、富を保存し、不確実性を最小限に抑える安全なオプションと捉えられていました。

現在も成長を続けるインドの仮想通貨市場は、2018年を機に一気に鈍化し、RBI(Reserve Bank of India=インド準備銀行)によって、金融機関に対し仮想通貨取引所との取引を禁じました。
現在、銀行規制の撤廃によって、仮想通貨に対する要求が開放されたように見えるものの、政府自らが仮想通貨の価値について言及することはできません。
最近のビットコイン取引の動向は、PaxfulやLocalBitcoinsなどのP2P取引所の利用がインド全土で増加しています。

グラフが示すように、インドのP2Pビットコイン取引量は過去5か月で2倍になっています。

主要P2P取引プラットフォームの1つ、Paxful広報によると、インドは現在世界で最も急成長している5つのビットコインユーザーグループの1つと述べています。
Paxfulのインドのボリュームは、2019年5月の約576,000ドルから2020年7月の877万ドル(約9億2,000万円)に急増。
PaxfulおよびLocalBitcoinsのP2Pインドの取引慮合計は、1,370万ドル(約14億5,000万円)に達しています。

さらにインドでは、P2P取引所における取引量急増だけではなく、Delta Exchangeのような、インド市場にサービスを提供する小規模取引所も急成長しています。
Delta Exchangeのパンカイ・バラニ(Pankaj Balani)CEOは、新規登録だけでも毎月100%の増加だと明かしています。

ドゥッタ氏は、農村エリアでのインターネットの接続と、高速ストリーミングの提供に役立つメッシュネットワークのおかげでモバイルインターネットにアクセスしているものの、仮想通貨取引きが徐々に勢いを増していると考えており、さらに大きな採用サイクルの始まりを示す可能性があるとコメントしています。

仮想通貨関連のスタートアップ企業も増加

強気市場とコロナウイルスパンデミックが加わり、インドの新興市場が今以上に活性化する可能性があると市場関係者らは見ています。

バンガロールを拠点とする起業家兼ライトニングウォレットを提供しているLastbit社の共同創設者プラシャント・バラスブラマニアン(Prashanth Balasubramanian)氏は、同社は、インド市場を超えてヨーロッパ、そして最終的には北米にサービスを提供することを目標にしている事を公表しました。
しかし、同氏による予測において、今年度は検疫の年になると見ており、事業展開に関してまずは自国で建設するのが良い時期だと考えています。

デュッタ氏は、暗号通貨プロジェクトがコロナウイルス不況の期間中、インドのテクノロジー業界全体が確かに成長する可能性があると見ていることから、引き続き市場の大規模化が行われると予想していると述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

フォビ(Huobi)がDeFiの投資と研究に数千万ドルを投資していることが発覚

要点

・フォビ(Huobi)が投資資と研究を通じて企業成長および推進のため、DeFi部門を設立し、数千万ドル規模の投資をしました。
・元ウォールストリート幹部のシャーリン・ウー(Sharlyn Wu)氏を向かい入れ、さらなる躍進に向け、本格始動を開始させています。

フォビ(Huobi)がDeFi部門立ち上げ

アジアトップクラスの仮想通貨取引所であるフォビ(Huobi)が、分散型の金融成長推進のため、Huobi DeFi Labsを立ち上げ、ウォール街で働いていた幹部クラスを雇い入れたことが分かりました。

CoinMarketCap仮想通貨取引所スポット取引ランキングで世界2位に輝く、仮想通貨取引所フォビ (Huobi)の運営企業であるHuobiグループが、DeFi(分散型金融)投資、インキュベーション(incubation=企業支援などを指す)、および研究に焦点を当てた新部門「Huobi DeFi Labs」を立ち上げました。

DeFiは、合成株、貸付プロトコル、分散型取引所、分散型ステーブルコインなどの非保管暗号製品を指します。
プレスリリースによると、Huobi DeFi Labsは数千万ドルの投資資金から始まり、成長するDeFi市場の前進を支援することを目的としていルトのこと。
シンガポールを本拠とするこの会社は、Defin部門を率いる新しい最高投資責任者として、チャイナマーチャントバンクインターナショナル(CMBI)のマネージングディレクターとしてブロックチェーン投資を指揮し、それ以前はUBSで10年を費やしていたシャーリン・ウー(Sharlyn Wu)氏を迎え入れました。

過去2年間で、私たちはDeFiの誕生と指数関数的な成長を目の当たりにしてきました。イノベーションの幅や深さ、スピードは、人類の歴史において比類のないものです。世界規模で解き放たれる無許可の経済の力を見るのは刺激的です。しかし、理論的および技術的なレベルで解決すべき多くの問題がまだあります。

と、ウー氏はプレスリリースで語っています。

さらに同氏は、現在の金融システムと比較した場合の透明性と効率性、および決定に対する人間の影響およびエラー排除など、DeFiに対するメリットを指摘。

仮想通貨は金融業界にとって完璧なシステムで、DeFiを主流のユーザーに提供するために行うべき投資家教育もたくさんある。DeFiはまだ始まったばかりなので、共同でスペースを構築して成長させるには、グローバルコミュニティからの共同の努力が必要です。

と語っています。

Huobi DeFi Labs とは

Huobi DeFi Labsは、4人の研究社および投資専門家チームで構成され、チームが育成する投資やスタートアップについては現時点ではまだ発表されていません。
大手メディアの報じた内容によると、CMBIはウー氏のリーダーシップの下、仮想通貨ウォレットに特化下スタートアップ企業のBitpieと、パブリックブロックチェーンネットワークw歩提供するNervosに投資したと報じています。

HuobiがDeFiへ参入および計画投資は、市場が驚異的な速度で急上昇しており、数日ごとに新しいベンチマークを設定している今のタイミングで発表されました。
今週初め、Defiの時価総額は2020年8月大1週目の後半に80億ドルに達した後、90億ドル近くになり、市場がにわかに活気づきました…。

現在、チェインリンク(Chainlink/LINK)、バンドプロトコル(Band Protocol/BAND)、ネストプロトコル(Nest Protocol/NEST)などのトークンがDeFiチャージをリード。
分散型取引所(DEX)のひとつであるユニスワップ(Uniswap)は現在のブームの間に、15倍のトラフィック急増を経験しています。

この急速な拡大は、2017年から2018年に発生したICOバブルに似たバブルを実際に煽っているとの懸念が現在では高まっており、バブルが崩壊した場合、かなり巨大な痛手になる可能性があると専門家は指摘しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

bitFlyer アルトコイン販売所、ステラルーメン(XLM)、ネム(XEM)取扱い開始

要点

・ビットフライヤー(bitFlyer)がステラルーメン(XLM)とネム(XEM)の取扱いを新たに始めました。
・XLMとXEMの2銘柄取扱いを記念して、キャンペーンを開始したことも同時に報告されています。

ビットフライヤーでXLMとXEM の取扱い開始

ビットフライヤー(bitFlyer)のアルトコイン販売所で、新たにステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)、ネム(NEM/XEM)の取扱いを開始した事を8月6日13時に、ビットフライヤー公式ブログより発表されました。

今回上場が決定したステラルーメン(XLM)とネム(XEM)の2銘柄のみで、ウエブ(パソコン/スマホ)とスマホアプリ(iOS/Android)のアルトコイン販売所から取引ができます。
また、ビットフライヤーでは、2銘柄取扱いに伴って契約締結前交付書面(暗号資産現物取)を改定しており、改定後の書面および新旧対照表は

契約締結前交付書面(暗号資産現物取引)
新旧対照表から確認可能です。

ステラルーメン(XLM)とネム(XEM)取扱いキャンペーン開催

ビットフライヤー(bitFlyer)では、ステラルーメン(XLM)とネム(XEM)取扱い開始を記念して「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」が開催されています。

キャンペーン参加の概要
エントリーの後、ビットフライヤーが定める一定数量以上のステラルーメンまたはネムを購入したユーザーの中から抽選で、10人に最大30,000円がプレゼントされます。

キャンペーン期間(日本時間)
2020年8月6日(木)午後1時00分~2020年9月3日(木)午後11時5分まで

キャンペーン応募の条件について
「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」の期間中、ビットフライヤーが定める一定の条件を満たしたユーザーは、自動的にキャンペーンにエントリーされ
・キャンペーンページからエントリーし、所定の手続きを全て完了させたユーザー
・ステラルーメンまたはネムをビットフライヤーが定める一定数量以上購入したユーザー
上記の条件を満たしているユーザーがキャンペーンにエントリーされます。

プレゼント内容について
購入した数量に応じて、プレゼント内容が変わるとのこと。

・販売所でステラルーメンまたはネムを合計10,000円以上購入したユーザーの場合
→抽選で10人に10,000円がプレゼントされます。
・販売所でステラルーメンまたはネムを合計50,000円以上購入したユーザーの場合
→抽選で 10人に30,000円がプレゼントされます。

プレゼント進呈のタイミングについて
「ステラルーメン、ネム取扱開始記念!抽選で 10 名様に最大 3 万円が当たるキャンペーン」のプレゼント進呈については、2020年9月を予定しているとのこと。
なお、プレゼントの進呈をもって当選の通知となるため、公式サイトや公式ブログ、SNSなどによる当選通知は行われないとのこと。
また、状況によってはプレゼント進呈に時間がかかる場合があるとのこと。

キャンペーンに関する注意事項について
アカウントは一人につき1アカウントのみで、すでにアカウントを保有しているユーザーが重複して新規アカウントを作成することはできません。

また、仮想通貨取引には、本人確認のお手続きを完了していることが条件のため、完了していないユーザーは参加対象外となります。
本人確認のお手続きには審査があり、時間がかかる場合もあるため、余裕をもって参加しなければなりません。

上記に加え、以下に該当するユーザーは、キャンペーン対象外になるとのこと。

プレゼントの進呈時点でアカウントを解約している場合
複数のアカウントを作成していることが判明した場合
登録先へメールが送信できない場合、または受信されない場合
虚偽情報を用いていることが判明した場合
その他、ビットフライヤーが利用規約およびその他要項を満たしていないと判断した場合や、不正行為とみなした場合など

以上に該当している場合、今回のキャンペーンプレゼントを受取る権利が無効になる可能性があり、プレゼントを渡した後に判明した場合も、プレゼントの没収などの措置が取られる場合があるとのことですので、十分な注意が必要です。

ビットフライヤー(bitFlyer)に取引口座の開設している方は、今回のキャンペーンを機に、アカウントを取得してみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤーは国内最大級の仮想通貨取引所で、アカウント作成手数料、アカウント維持手数料、販売所全通貨売買手数料、ビットコイン FX 取引手数料、住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料といったさまざまな手数料が無料になっています。

さらに、取引は人気の11銘柄の仮想通貨が100円から開始でき、スマホアプリやパソコンから簡単操作で取引できるなど、魅力盛りだくさんの仮想通貨取引所です。

今だからこそ、アカウントを取得したい!という方は

ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイト

から初めて見てください。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Braveとの提携でbitFlyerが見据える未来とは?オラインイベントで見えたもの

要点

ここに本文を記述

bitFlyeが見据える未来とは




7月30日に、次世代ブラウザーを提供しているBrave社が主催のオンラインイベント「Brave Software Asia Office Opening Party」が開催され、その内容がbitFlyer公式ブログに掲載されました。

オンラインイベントには、bitFlyer社の三根公博CEO(代表取締役)とBrave Software Asia社から嶋瀬宏CEOによって開催されました。



(画像引用 bitFlyer公式ブログ)


bitFlyerは2020年4月9日付で、Braveブラウザ上にて流通しているトークンであるベーシックアテンショントークン( Basic Attention Token/BAT)の取扱いが開始され、さらにbitFlyerと Brave Software社は7月9日に業務提携に関する基本合意書を締結しています。

この提携により、さらなる未来を見据え、bitFlyerと Brave Software社が共同で仮想通貨ウォレットを開発することを発表しています。

2社の提携で変わること・できること

現在共同開発中の仮想通貨ウォレットでは、bitFlyerアカウントを保有しているユーザーは、Brave ブラウザ上にてbitFlyerアカウントと連携ができます。
現在、Brave Rewards プログラムに参加しているユーザーは、Braveブラウザ上の広告閲覧で付与されるBAT ポイントから、BAT が付与されるようになり、bitFlyerアカウントのウォレットに直接反映されるとのこと。

付与されたBATについては、Braveブラウザ上で投げ銭に使用できるほか、bitFlyerで売却して日本円へ換金することも可能になります。

両社の提携により、Braveでは高セキュリティ環境下で仮想通貨が取り扱えるようになり、投げ銭などの環境により、投資や投機としての仮想通貨ではなく、日常利用できる身近な仮想通貨とのふれあいが体験できます。

bitFlyerが見据える未来




bitFlyerはこれまでにも仮想通貨決済に関連したパートナーシップやサービス展開を実施してきました。
今回の提携によって仮想通貨の実需に生み出せ、“ブロックチェーンで世界を簡単に。”のスローガンの下、より身近なものへと進めていく見デルケースを目指しているとブログで語っています。

これまで提供する側に与え続けられていた大きな利益を、ユーザーのプライバシーやインターネット環境を守りながら、利用者側へ利益を分与していく未来へとつなげていくと語っています。

Braveが見る未来のブラウザ




Braveはこれまで提供する側に与え続けられていた大きな利益に疑問を持ち、一部の事業者のみが大きな利益を得るスタイルから、ユーザーのプライバシー情報や関心度・注目度をサービスから収益化させる(収益を得る)ことを目標に事業展開をしています。
同時に、コンテンツを提供するクリエイターや消費者への還元は限定的であった部分にも同社がメスを入れる形で、これまでのエコシステムで犠牲となっていた消費者のプライバシーやインターネット速度、通信費などを守っていくと語っています。
消費者の関心ごとに合わせた適切な報酬が支払われ、お気に入りやサポートしたいクリエイターや組織を、ユーザー個人でも支援できるような世界を作ることを目標にしていると語っています。

現在日本では金融庁並びに国の仮想通貨政策によって規制が実施されているため、Brave Rewards プログラム参加ユーザーには、一定条件を満たした場合、他国で実施されているBAT付与ではなく、BAT ポイントが付与されていました。
このポイントシステムが、行動開発中のウォレットが実際にユーザーへ提供開始されると、BATポイントではなく、他国同様にBATの付与へとサービスアップされます。
なお、このBATポイントからBAT付与へシステムチェンジするにあたり、bitFlyerおよびBraveから詳細が発表されるとのこと。

動画閲覧中に登場する煩わしい動画広告が消え、トークンがもらえ、仮想通貨がより身近なものへ変わっていく。
そんな未来をBraveとbitFlyerは見据えていると語っています。


新たな仮想通貨環境をBraveと提供しようと取り組んでいるbitFlyerに口座を開設しようと検討されている方はこちらからどうぞ!

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックがBATの本格取扱い開始でキャンペーンを開催!

要点

・国内大手仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)がBATの取扱いを開始させたことを正式に発表しました。
・コインチェックではBAT取扱いを記念して、「Basic Attention Token取扱い記念キャンペーン」を開催しました。

コインチェックがBATの取扱いを開始


(画像引用先:Basic Attention Token)


ビットコイン谷にて、7月16日付特集記事「コインチェックがベーシックアテンショントークンの取扱いを開始」でもご紹介したように、国内大手の仮想通貨取引所コインチェック (Coincheck:関東財務局長第00014号 平成31年1月11日登録済み)が21日からベーシック・アテンション・トークン(BasicAttention Token/BAT)の取扱いを開始させました。

コインチェックでは、BATの取扱いを開始したことで、国内最多の13銘柄取扱い数となりました。

また、預けるだけで最大年率5%の暗号資産がたまる「Coincheck貸仮想通貨サービス」と、自動で日本円の入金から仮想通貨購入まで手数料無料でできる「Coincheckつみたて」でも取扱いを開始しています。

BAT取扱い開始キャンペーンを開催




コインチェックでは、21日からBTAを取扱いさせた事を記念して、『Basic Attention Token取扱い記念キャンペーン』が開催されています。

キャンペーン期間中に3,000BAT以上をコインチェックへ送金したユーザーを対象に、抽選で5名に10,000円相当のBATが当たります。
なお、キャンペーン賞品のBATは、付与される当日12:00時点のコインチェックレートで10,000円相当になるとのこと。

■期間:2020年7月22日17:00〜8月4日23:59まで
■当選発表:発表については、BATの付与をもって当選とし、公式サイトなどでの発表は行われません。
当選した5名には、8月中旬にBATが付与される予定で、当選者の取引アカウントへ直接付与されるとのこと。
当選者はコインチェック公式サイトおよびコインチェックアプリのアカウント内の「取引履歴」から確認できるとのこと。
■注意事項
BAT送金は、キャンペーン期間内にCoincheckの取引アカウントに反映されていることがキャンペーンエントリーの条件です。
また、キャンペーン参加は20歳以上75歳未満のユーザーのみ応募が可能。

一定条件に該当する場合、当選しても無効となる場合があるとのこと。
賞品の付与時の際、ユーザーの口座が退会などで解約している場合や、口座取引の全てまたは一部が制限されているユーザー、取引時確認作業が完了していないユーザーは当選無効になるとのことです。

Coincheck貸仮想通貨サービスとは




「Coincheck貸仮想通貨(レンディング)サービス」とは、消費貸借契約を締結し、ユーザーが保有する仮想通貨を一定期間コインチェックへ預け、契約期間満了後に預けた仮想通貨と同量・同等の仮想通貨が帰って来ると同時に、利用料を仮想通貨で支払われるコインチェック独自のサービスです。

このサービスでは21日より取扱い開始されたBATをはじめとする全銘柄の仮想通貨に対応しています。
また、ユーザーがコインチェックへ貸し出す期間も14日間・30日間・90日間・180日間・365日間の5つの期間を選択できるようになっており、すでにアカウントを持っているユーザーは簡単な申し込み手続きのみで利用できます。

主な貸出期間の年率は、14日間年1.0、30日間年2.0%、90日間年3.0%、180日間年4.0%、365日間年5.0%となっており、たとえば、10BTCを年利 3.0%の90日間貸出しの場合、(10BTC×3.0%)÷ 365×90日間= 0.0739726 BTCが利用料として支払われる。

Coincheckつみたてとは




「Coincheckつみたて」とは、毎月一定額を自動で積み立てるだけで、安定した仮想通貨投資ができるコインチェック独自のサービスです。

Coincheckつみたてのメリットは大きく分けて3つ。
月々1万円から積立可能で、いつでも気軽に積み立てを開始できる。
購入単価を引き下げてくれるので、長期に渡って安定した投資ができる。
購入タイミングがわからないという仮想通貨取引ビギナーユーザーでも、入金から購入まで全て自動で行ってくれるから、安心して取引ができる。


また、Coincheckつみたてには2つの積み立てプランがあり、毎日コツコツと積み立てていく「毎日つみたてプラン」と、損益の幅が増える可能性のある「月イチつみたてプラン」のプランがあります。

積み立て可能銘柄は
BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, LTC, BCH, XLM, XEM, QTUM, BATで、そのほかの銘柄については順次取扱いをしていくとのことです。


今回、BAT取扱いと同時に開催されるキャンペーン開催を機に、コインチェック独自のサービスが充実ているコインチェックで新規の口座を開設してみませんか。


国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ダークネットから送信のビットコイン減少も3年間で米ドル383%の増加

要点

・ダークネットが送受信するビットコインの量が、2017年第1四半期から2020年第1四半期にかけて減少していることが分かりました。
・ただし、ビットコインの米ドル相当額は逆に383%も増加していることが判明
・ダークネットを利用する犯罪者らは、検証要件なしで取引所をより使用していることが分かりました。

ダークネットからのビットコイン送信が増加

ブロックチェーン分析会社のCrystal Blockchainによると、ダークネットとの間で送受信されるビットコインは、過去3年間でUSD値で383%増加しています。
ダークネットエンティティは、仮想通貨の新しい規制に関係なく、2020年と2017年では、ビットコインを取引するための新しいよりプライベートな方法にシフトしているとみられています。

Crystal Blockchainは、2017年第1四半期から2020年第1四半期までのダークネットエンティティ間のビットコインの使用状況を追跡。
同期間に送受信されるビットコインの量が少ないにもかかわらず、BTCトランザクションの価値が米ドルで増加したことを報告しました。

ダークネットエンティティは、2017年の第1四半期に8,500万ドル(約90億円)相当のビットコインを送信し、8700万ドル(約93億円)相当のビットコインを受け取っていたことが分かりました。
この数値は、ほぼ四半期ごとに増加しており、2020年第1四半期までに、ダークネットエンティティは4億1,100万ドル(439億円)相当を送金し、3億8,400万ドル(410億円)相当のビットコインを受け取っています。

ミキサー使用量の増加が原因か

ビットコインを受け取る方法は、2017年から変わっておらず、2017年第1四半期に、ダークネットエンティティが受け取るBTCの72%は、検証要件のない取引所からのものでした。
対照的に、検証要件のある交換から得られたのはわずか14%で、検証要件のある取引所には、強制的なKYCおよびAML条件があり、積極的な利用はされていないことが分かります。

2020年第1四半期までに、ダークネットは検証なしで取引所でより多くのビットコインを受け取って(45%)います。
ダークネットエンティティは、AMLとKYCの開示に関して、金融取引特別委員会(FATF)の推奨事項に従っているため、検証付きの取引所を使用すると、IDを公開するリスクがあることから、検証付き取引所は避ける傾向がわかりました。

ミキサーの使用は2020年までに大幅に増加しており、2017年第1四半期に、ダークネットエンティティはすべてのビットコインの2%のみをミキサーに送信していますが、2020年第1四半期までには20%にまで増加しています。

マネーロンダリング手法に酷似

ビットコインのトランザクションは追跡可能なため、ミキサーはビットコインの起源を難読化させています。

この“ミキサー”とは、ダークネットから来たように見えないようにするために難解化させるサービスのことを言い、レイヤー化と呼ばれるマネーロンダリング手法に似ていルト指摘されています。
この手法で、トランザクションのレイヤーの後にさらにレイヤーを重ね、金融システムに入った犯罪に関与した資金の出所を隠すとのこと。

多くの仮想通貨取引所は、ミキサーからのビットコインにマークを付け、それらがアプリやサービスに到達するのをブロックできます。
ダークネットエンティティの場合、それは規制された取引所からのビットコインの送受信を減少または停止する必要があることを意味しています。

Crystal Blockchainで指摘されているように、2017年第1四半期のダークネットエンティティから受信したビットコインの数は19%から6%に増加しており、ビットコインを手にする犯罪者の手法は、ダークネットエンティティを介する手法へと犯罪トレンドが変わっていることが分かります。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックがMONA半減期を記念して第一弾キャンペーンを開催

要点

・仮想通貨取引所コインチェックが、MONA半減期を記念してキャンペーンが16日から開催。
・Coincheckでんき・Coincheckガス新規申し込みキャンペーンが15日から開催。

MONA半減期記念キャンペーン開催


(画像引用元 Coincheck Blog)

国内大手仮想通貨取引所のコインチェックが、MONAの半減期を記念して、7月16日から『MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)』が開催されました。


(画像引用元 MONACOIN情報サイト)

MONAコイン半減期まであと51日となった7月16日に、コインチェックが『MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)』開催。

キャンペーン期間中に100MONA以上をCoincheckに送金した方の中から抽選で5名に10,000円が当たる「100MONA送金キャンペーン」と、Coincheck公式Twitterの該当の投稿をフォロー&リツイートしたユーザーの中から抽選で5名様に10,000円が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」のWキャンペーンを開催しました。

100MONA送金キャンペーンの概要

 

キャンペーン期間 : 2020年7月16日 15:00〜8月2日 23:59

■キャンペーン内容
キャンペーン期間中に、100MONA以上を外部サービスからCoincheckへ送金したユーザーの中から抽選で5名に10,000円がプレゼントされます。
Coincheckへの暗号資産の送金方法については、「Coincheck(WEB)で暗号資産を受取る」を要チェック!

当選発表については、当選者に2020年8月中旬(予定)までにCoincheckの取引アカウント残高に直接反映されるとのこと。

フォロー&リツイートキャンペーンの概要

キャンペーン期間 : 2020年7月16日 15:00〜8月2日 23:59

■キャンペーン内容
キャンペーン期間中、Coincheckの公式Twitterアカウント(@coincheckjp)をフォローまたは、キャンペーンをお知らせしているCoincheckの公式Twitterの投稿をリツイートしたユーザーの中から抽選で5名に10,000円がプレゼントされます。

当選発表については、キャンペーン終了後にコインチェック公式Twitterアカウントから、当選と賞品の受取り方法についてだあいれくとメールにて連絡されるとのこと。

キャンペーンの注意事項

16日から開催されている「100MONA送金キャンペーン」は、キャンペーン期間内にCoincheckの取引アカウントに反映されていることが条件で
・賞品の付与時に、対象口座が退会等により解約されていた場合
・賞品の付与時に、対象口座の取引の全部又は一部が制限されている場合
・対象口座の取引時確認が完了していない場合
は対象外とのこと。

また、「フォロー&リツイートキャンペーン」については、20歳以上75歳未満のユーザーのみ応募が可能
・Twitterアカウントが非公開
・ダイレクトメッセージを受信拒否設定している
・当選の連絡時にCoincheckの公式アカウントをフォローしていない
・複数アカウントを用いて応募を行ったり、悪質な行為が確認された場合
・当選連絡後1週間経過しても必要事項を連絡しない
賞品の受取りまでにコインチェックの口座を開設していない
以上のケースに該当する場合は対象外とのことです。

Coincheckでんき・Coincheckガス新規申し込みキャンペーン

コインチェックでは、仮想通貨取引所ではないものの、7月15日からもう一つキャンペーンが開催されています。

コインチェック社が提供するCoincheckでんきとCoincheckガスでは、猛暑を迎える夏本番に向け、「Coincheckでんき・Coincheckガスの新規お申し込みで最大2,500円相当のビットコインを全員にもれなくプレゼント!キャンペーン」が開催されています。

キャンペーン期間 : 2020年7月15日 15:00〜8月14日 23:59

■キャンペーン内容
キャンペーン期間中に新規で「Coincheckでんき」または「Coincheckガス」に申し込んだ新規ユーザーで、該当サービスが提供されるエリアに居住の方が対象です。

・Coincheckでんきのサービスが提供されるエリア
沖縄電力、その他離島を除いた日本全国
・Coincheckガスのサービスが提供されるエリア
四街道12Aエリアを除いた東京都・神奈川県・千葉県
埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県(邑楽郡千代田町・邑楽町・明和町)

なお、キャンペーン対象者は、2020年11月14日までにCoincheckでんきまたはCoincheckガスの供給が開始されていることが条件になっています。
また、各サービスの申し込み時にクレジットカード情報が入力されていない場合、キャンペーンの対象外になるため、注意が必要です。

■キャンペーン賞品
Coincheckでんき → 1,000円相当のビットコイン
Coincheckガス  → 1,000円相当のビットコイン
Coincheckでんき+Coincheckガスお申し込み → 2,500円相当のビットコイン

キャンペーン賞品については、各サービス申し込み後の初回の支払い時に取引アカウントへ付与されるとのこと。
両方サービスを申し込んだ場合は、Coincheckでんきの初回の支払い時に1,500円相当、Coincheckガスの初回の支払い時に1,000円相当のビットコインが付与されるとのことです。

国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックがベーシックアテンショントークンの取扱いを開始

要点

・コインチェックが7月21日から、ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを開始することが正式に発表されました。
・コインチェックでは現在いくつかのセクションに手新たな人材を募集しています。

コインチェックがBATの取扱いを開始




(画像引用先 Coincheck Press)


コインチェック株式会社(東京都渋谷区/蓮尾 聡代表取締役)が、自社仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)で、7月21日よりベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱い開始する事を正式に発表しました。

BATは21日12時頃より取扱い開始予定で、これにともない
・Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
・Coincheck貸仮想通貨(WEB)
・Coincheckつみたて(WEB)
でもBATの取引が開始されます。

なお、Coincheckでは取扱い開始直後について、取引の集中が予想されることから、価格が不安定になる恐れがあると注意喚起しているほか、システム、その他の事情により、取扱い開始時間が変更になる可能性もあるとコメントしています。
なお、取扱い開始予定時刻より早くBATが表示される可能性があるものの、検証などが終了するまでは取引自体はできないとしています。

BAT取引が可能になった時点でCoincheck公式ブログおよびSNSにて案内するとのこと。

今回のBAT上場により、取扱い銘柄が全13種類となり、国内仮想通貨取引所としては最多銘柄取扱いとなります。

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)とは






ベーシックアテンショントークンは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって公開されたトークンです。

イーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC20トークンとして発行されており、コンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)を採用し、上限発行枚数1,500,000,000 BAT、現在1,481,012,637 BATが市場で流通しています。時価総額41,467,522,161円、CoinMarketCap時価総額ランキングでは33位(2020年7月15日時点)にランクしています。

ブロックチェーンを基盤とするDappsの特性を生かした“透明性の高いデジタル広告取引の実現”を目指に開発された次世代ブラウザー「Brave」にて、パブリッシャー、広告主、ユーザーの三者が利用できる新しい種類のユーティリティトークンとして誕生しています。

コインチェックで働く!?






現在コインチェックでは、6月末頃より、いくつかの部門で人材の募集が行われています。

暗号資産のノード運用を支える、ホットウォレット開発担当の人材募集のほか、Coincheckの内部監査室で、Fintech業界の新しいGRCの確立を目指すべく、システム監査担当の募集人事部採用担当の人材募集も行われています。

仮想通貨業界でバリバリ働きたい!そんな方は是非、応募されてみてはいかがでしょうか。


取扱い銘柄が12銘柄と、国内仮想通貨取引所の中でも虎使い数が多く、270万ダウンロードで人気No.1の人気アプリが使いやすいと評判のコインチェックは、関東財務局長 第00014号 平成31年1月11日登録済みの仮想通貨取引所です。

初心者ユーザーが利用しやすいと評判のアプリや取引所サイトを使って、仮想通貨売買を簡単取引きできるほか、毎月一定額を自動で積み立て、安定した仮想通貨投資ができる「Coincheckつみたて」など、他の取引所にはないサービスを提供しているCoincheckで新規口座の開設をしてみてはいかがですか。


コインチェック(Coincheck)の公式サイトはこちら!


国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Binance(バイナンス) の仮想通貨決済が8月中にヨーロッパでついに発売!

要点

・世界No.1規模を誇る仮想通貨取引所バイナンスによって、2020年8月中にも仮想通貨決済カード「Binance Card」が販売開始されることが正式に発売されました。

Binance Cardが8月からついに販売開始


(画像引用先 Binance Blog)

名実ともに世界最大規模の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、その暗号決済カード、Binance Cardのヨーロッパと英国での正式な発売を発表しました。

Binanceは7月14日(月)、ヨーロッパとイギリスでBinance Cardが正式なロールアウトが発表されました。Binance Cardの申請は今年8月からEEA(European Economic Area:欧州経済領域)内で実施され、その後すぐに英国が続くと公式ブログ内で発表しました。

この発表にともない、「Binance Cardをようやくユーザーの手に渡せるようになったことを嬉しく思います。日常生活で仮想通貨が活用できるようになり、Binanceは、誰にとってもオープンなデジタル金融エコシステムを構築する道のりをたどっています。」と、ディレクター、ジョシュ・グッドボディ(Josh Goodbody)Binanceヨーロッパ成長担当は述べています。

日常的に使用するためにクリプトを取引、変換、および使用する具体的な方法を提供することにより、仮想通貨をより一般の人々にアクセスしやすくするという使命を推進しているとBinanceのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏はコメントを寄せています。

CZ氏は、他の地域のユーザーがBinance Cardを利用できるようになることを楽しみにしており、ユーザーへ仮想通貨取引を通じ、世界中のビジネスマンと直接取引することが可能になる事によって、仮想通貨取引きがよりシームレスなものになると語っています。さらに、スワイプとのパートナーシップを通じ、Binance Cardのエクスペリエンス(経験)を強化するための新機能を導入する予定を明かしています。

3月に、THE BLOCKはBinanceが仮想通貨デビットカードを開発中であることを報じており、同時にBinance関連サイトが変更され、Visaに関するロゴなどが削除されていました。発行者としてのVisaの役割について公表していたBinance公式アカウントおよびツイートが削除されました。しかし、当時の担当者およびBinanceはVisaのロゴが削除された理由について公式な見解を明らかにはしませんでした。

その後、2020年7月7日にBinanceは、仮想通貨デビットカードの新興企業であるSwipe(スワイプ)社の株式を取得しようとしていることを正式に発表し、両社によって法定資産とデジタル資産のギャップを埋めることで、仮想通貨の採用をさらに促進するために協力して行くと今後のビジョンを明らかにしました。

今回、Binance Cardを通じてユーザーはビットコイン(Bitcoin/BTC)、バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)、スワイプ(Swipe/SXP)、バイナンス発行米ドルペッグのステーブルコイン(BUSD)を、200の国と地域で6,000万以上のビジネスシーンで取引できるようになります。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BraveとbitFlyerがパートナーシップ提携で仮想通貨ウォレットの開発へ

要点

・国内仮想通貨取引所bitFlyerとウエブブラウザーのBraveが7月9日、パートナーシップを締結したことを発表しました。
・このパートナーシップ締結により、Braveユーザー向け仮想通貨ウォレットを共同開発すると発表しています。

BraveとbitFlyerがパートナーシップ提携

取引量で国内1位のbitFlyer(東京都港区/三根公博代表取締役)が、プライバシーを重視した次世代ウエブブラウザーBrave(カリフォルニア州/Brendan EichCEO)開発元Brave Softwareの子会社で、ブロックチェーン関連業務を行うBrave Software International SEZCとウォレット領域を視野にパートナーシップを締結したことを7月9日、発表しました。

bitFlyerの発表内容によると、2020年4 月に Brave ブラウザー上で流通する仮想通貨であるベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを開始。
今回のパートナーシップによるさらなる連携強化を目的として、今後 Braveのユーザー向けに、仮想通貨ウォレット機能を共同開発すると発表しています。
また、共同でマーケティング活動を開始し、仮想通貨およびブロックチェーン技術のさらなる普及並びにユーザーの利便性向上を目指すと述べています。

なお、発表内容にはウォレットの詳細について記載されていませんが、投機家らはウォレットがブラウザーのBATトークンの報酬に関連している可能性があると期待していると海外メディアは報じています。

日本国内のBraveユーザーは、資金決済法規制による影響のため、BATの報酬は獲得できません。
そのため、国内ではBATに代わり、ベーシックアテンショントークンポイント(Basic Attention Point:BAP)を獲得できます。

新しい暗号通貨ウォレットにより、ユーザーはBATを獲得したり、BAPをBATに変換したり、他の仮想通貨を購入したりできる予定です。
現時点でBraveは、ユーザーに報酬制度で“ポイント”を採用していますが、いくつかの制限があることから、今回のパートナーシップ締結を通じてそれ以上の可能性もあるとBrave広報担当者はメディアに向けてコメントを発表しています。

仮想通貨ウォレットの詳細は、7月30日、Braveのブレンダン・アイヒ創設者兼CEOが参加する東京のイベントで発表されるとのこと。
また、今回のパートナーシップ締結に伴い、bitFlyerとBraveの共同キャンペーンが開催される予定もあり、今後、詳細が発表される予定です。

Braveはeスポーツ市場でも影響を拡大

先月、日本のeスポーツチームのRush Gamingと提携し、ユーザー専用の「限定カスタマイズ版Brave」をファン向けに提供しており、Braveは日本での影響力を拡大していることがわかります。
Rush Gamingのブラウザーを使用するユーザーは、Webサーフィン中にBAP視聴広告を獲得でき、ユーザーはポイントを使用してRush Gamingをサポートできる仕組みになっています。

※限定カスタマイズ版Braveについての詳細は「Rush Gamingは次世代ブラウザーBraveを提供するBrave Softwareとパートナー契約を締結」をチェックしてください。

bitFlyer について

“ブロックチェーンで世界を簡単に”をミッションに掲げ、2014 年に設立されたbitFlyerは、ビットコインなどの仮想通貨取引プラットフォーム領域において、世界最高水準のセキュリティを提供しています。

ビットコイン取引量国内 No.1 を維持しているほか、日本・アメリカ・ヨーロッパの3地域で仮想通貨交換業者としての認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所として活躍しています。

2020年7月10日時点のCoinMarketCap上位仮想通貨取引所ランキングで7位にランキング入りしている世界トップクラスの仮想通貨取引所です。

Brave Software, Inc. について

Brave Software は、高速かつプライバシー重視のブラウザーと、ブロックチェーンベースの
デジタル広告プラットフォームの提供をしている次世代ブラウザーです。

JavaScript の生みの親で、Mozilla(Firefox)の共同創設者であるブレンダン・アイヒ(Brendan Eich)氏と、元 Khan Academy、Mozilla のブライアン・ボンディ(Brian Bondy)氏によっ
て共同創設されています。

Brave ブラウザーは現在、1,500 万人以上の月間アクティブユーザーと 70 万人以上の認証済みパブリッシャーを抱えているまさに、次世代ブラウザーとして、世界から注目されている存在です。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ブラジル規制当局が国内でのBinanceビットコイン先物販売を禁止

要点

・Binanceがブラジル国内にて、無許可でデリバティブ商品を販売。
・ブラジル証券取引委員会が仮想通貨取引所Binanceがブラジル国内で派生商品であるデリバティブ商品を提供する事を阻止しています。

ブラジルCVMがビットコイン先物販売を阻止

ブラジルCVM (証券取引委員会:SEC)は、仮想通貨取引所Binanceがブラジル国内でデリバティブ(ビットコイン先物取引)の販売を禁止した事が分かりました。

7月2日に公表された公式発表によると、Binance Futuresが、ウェブサイト「www.binance.com」を通じてブラジル居住の顧客を対象に、デリバティブ商品の仲介サービスを実施しています。
CVM側は派生商品の契約について、原資産に関係なく証券として法的解釈がなされています。
Binanceは証券取引所からの承認を得ていないため、証券仲介人としてサービス提供誘致は許可されていません。

CVMはインターネットページやアプリケーション、またはソーシャルネットワークの使用を含む、直接的または間接的な証券仲介サービス公募を直ちに停止することをBinanceに警告しています。
今回のこの決定にBinanceが従わない場合、ブラジル国内の法律に基づいて罰金刑が適用され、1日に1,000レアル(日本円で約20,000円)の罰金が科せられ続けると警告しています。
ブラジルCVMによる訴訟は、同国内での仮想通貨派生商品に関する初の訴訟とのこと。

今回の警告は、デリバティブ商品の提供についてのみ言及しており、Binance取引プラットフォームもブラジルで停止されるかどうかについては明らかにされてません。
なお、Binanceの広報担当者は、この件に関してのメディアインタビューでコメントを拒否しているという。

経済低迷でビットコイン取扱い量は増え続けている

ブラジルは南米一のビットコイン取引量と投資家を抱える“南米の仮想通貨先進国”と言われていますが、その背景にはブラジル国内の景気低迷が大きく関係していることは否めません。

2000年代以降のブラジルは堅調な経済成長を追い風に、新興国として注目を集めてきましたが、一転して2014年頃よりブラジル経済は危機に陥っています。
その傷も回復されないまま、コロナ禍によるさらなる打撃によって今年5月にボルソナロ大統領とゲジス経済相が、ブラジル経済は崩壊の危機にあると発表しています。

世界各国から、コロナウイルスを軽視していると指摘されているブラジルボルソナロ大統領ですが、地方州知事らとはコロナウイルスの対応をめぐって意見が対立。
ボウソナロ大統領は都市封鎖を実施することで招く恐れの高い景気のさらなる低迷を警戒し、経済活動を優先するキャンペーンを展開し、他国と比べて防疫政策に大幅な遅れが生じています。

このようなブラジルの経済状況から、法定通貨から仮想通貨へ資産を移しているとみられており、取扱量は右肩上がりの状態が続いている。

2月7日のブラジルでのビットコイン価格(BTCBRL)は1BTC=R$49,499.26(992,649.25円)で24時間変動+1.43%、24時間ボリュームは408.11 BTCとCointrader MonitorがTwitterで配信しています。

Cointelegraphでは、CVMによる今回のBinanceに対する措置が、自治体への苦情に基づいて調査が開始されたと報じているほか、CVMの判断は、デリバティブのみが対象のため、ビットコイン売買業務、仮想通貨交換活動は中断されないと報じています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Binanceがスワイプと提携?公式サイトにはなくキャッシュにある不思議

要点

・Binanceがデビットカード発売に向け、Swipeと業務提携を締結。
・公式サイトの掲載や正式発表はされておらず、Binanceもこの件に関するコメントは拒否している状態です。

BinanceがSwipeと業務提携?

Binanceのウエブサイトにちょっとした不思議なことが発覚し、海外サイトなどが報じています。

不思議なウエブサイトが見つかったのは、Binance公式ページには存在しておらず、すでに削除されているページ、現在確認できるのは過去記事のキャッシュからで、デビットカードの発売に向けてSwipeとパートナーシップを締結したことが確認できる状態になっています。

BinanceカードのFAQをGoogleがキャッシュ、Binanceカードの注文方法やカードのロック方法など、同社サイトに多く寄せられるであろう質問とその問題解消が記載されているページを読み進めていくと

《Binance has partnered with Swipe to provide a Card platform for Binance users.

(日本語訳)
BinanceはSwipeと提携して、Binanceユーザーにカードプラットフォームを提供しています。》

と記載されており、Binanceが仮想通貨トークンであるSwipe(SXP)と、デビットカード発行に向けて両社がパートナーシップを締結したことが確認されました。

Binanceカードに関連付けられたネットワークを受け入れる世界のどこでも使用できます。
通常、現金の引き出しに対応している地域にいる限り、ATMの制限内でATMから現金を引き出すことができます。最寄りのATMにアクセスし、ATMの指示に従って現金を引き出すことも可能と記載されています。
また、同カードを使用すると、リアルタイムの仮想通貨で通貨換算を行い、世界中の加盟店で使用できると記載されています。

Swipeはすでにデビットカードを発行済み

Swipeの公式サイトを確認してみると、すでに「SWIPE CARDS」としてデビットカードの発行がされています。
このことからも分かるように、Swipeはデビットカード発行の顧客確保がされているだけでなく、そのノウハウも十分に持ち合わせていることがうかがえます。

そして、何よりも注目しておきたいのは、このページに2020-07-01 11:32と、日時が記載されている点です。

ただ、Binanceも、今年の4月1日付Binance Blog「Introducing the Binance Card: Shop and Pay With Crypto Anywhere in the World(日本語訳:Binanceカードの紹介:世界のどこにいても暗号通貨で買い物と支払い)」の中で、Binanceカードについて触れています。


(画像引用 Binance Card)

ブログには、銀行が発行する通常のデビットカードのように機能し、ビットコインまたはBNBの形式でBinance Card Appを介してカードに資金をチャージするだけで、準備が整うと記載されています。
さらに、オフラインとオンラインの200の地域と地域で4,600万人以上の商人に受け入れられるため、仮想通貨での買い物がこれまで以上に簡単に。
現在ベータ版で仮想カードとして利用可能で、物理カードは間もなく登場し、今後数週間以内にすべての新規および既存のBinanceユーザーがグローバルに利用できるようにすることを目指していることが書かれています。

これらの状況を合わせると、BinanceとSwipeがパートナーシップを締結したのはつい最近で、Binance Cardは、Swipe経由でホワイトレーベル製品として発行されるとThe Blockが報告しています。

なおSwipeは、イギリスの金融行動監督庁に認定されているVisaメンバーのContis Financial Services Ltdを介してカードを発行しています。

ちなみに…
SwipeはCoinMarketCap7月3日1:00時点で時価総額ランキング124位ながらも、BinanceとSwipeのパートナーシップ締結の一報が報じられた直後から急激に価格が上昇しており、現在1SXP 62.55円(前日同時刻比4.85%)で取引されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所Zaifが「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募開催

要点

・Zaif公式Twitterで、「Zaif大根カレー」パッケージデザイン公募キャンペーンが今月1日より開催されました。
・このキャンペーンの発表で、Zaifが「大根カレー」を販売することが分かりました。
・ユーザーらはジョークなのかと困惑する中、Zaifにはキャンペーンに隠された目的がある様です。

Zaifが大根カレーを発売!?

国内仮想通貨取引所のZaifが一風変わったキャンペーンを開催し、仮想通貨ユーザーからちょっとした注目を集めています。

Zaifのちょっと変わったキャンペーンは、今月1日より開始された『Zaif大根カレー パッケージデザイン公募』で、その名の通り、仮想通貨取引所のZaifが「大根カレー」を販売するという、ちょと信じられないような驚きの事業展開を実施するためのキャンペーンです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

先月5日のZaif公式Twitterに、APAカレーにかんするツイートを発信した後、Twitter民を中心に、ネット上ではうわさ程度にZaifがカレーを販売するのか?ちょっとした関心ごととして注目を集めていましたが、どうやらジョークではなく、本当にZaifから大根カレーが販売されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

その後、先月16日に再びZaifカレーに関するツイートが投稿されましたが、詳細はツイート以外なかったこともあり、まだ困惑を含めた関心ごととして注目されていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

2度目のツイートから2週間後の今月1日、3度目のZaif大根カレーに関するツイートが発信され、ようやく、Zaifからカレーが販売される事を信じたユーザーも居たようです。

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募の詳細

Zaif大根カレー パッケージデザイン公募キャンペーンに関し、Zaifにて作成される公式デザインパッケージとは別に、公募から選ばれたデザインにて作成予定の「特別デザインパッケージ」4種を用意したいと考えているとのこと。

そこで今回のZaifによる公募キャンペーンにて寄せられたデザインの中から4作品を選出し、当選者には「特別デザインパッケージ」4種のZaifカレー全てが進呈されます。

パッケージの図面はあらかじめZaifから用意されており、こちらにてダウンロードで入手できます。

推奨される応募方法は「aiファイル(Adobe Illustratorを用いたデータ形式)」で、jpgおよびpngファイルでも応募可能とのことです。
ただし、セキュリティの観点から、上記以外のファイルは受けられないとしています。

問い合わせフォームより応募可能。
「サービスへのご要望」を選択し、説明欄に「Zaifカレー公募」と記載の上でファイルを添付して送信するだけで応募できます。
なお、締め切りは7月8日(水)19時で、当選発表はZaif Exchange公式Twitterにて発表されます。

注意事項として、デザインは応募を持ってZaif運営元のフィスコへ譲渡し、著作権人格権などを一切行使しないことを応募条件としています。

仮想通貨取引所のZaifがなぜ大根カレーなのか、困惑するユーザーも実際に続出していますが、実は昨年にもZaifは大根に関するツイートを発信し、ユーザーらが困惑するというちょっとした出来事が発生しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「また金融庁に怒られるやろ」などの注意とも受け取れるツイートを受けているZaifですが、ツイートをよく見てみると
【#ZAIFトークンで買いたいものでツイートいただければ、ご用意できるものは販売するようにいたします。】
と記載されていることから、Zaifの目的はちょっとした面白キャンペーン開催の裏に、Zaifトークン流通の活性化を目的としていることが分かります。

ちょっと絵が得意!・デザインするのが好き!という方、試しに応募してみてはいかがでしょうか。

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所のZaifで取引をしてみたいという方、新規口座を作ってみませんか。

→ Zaif公式サイトはこちら

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッカーがBalancer Poolから50万ドル相当のイーサリアムなどの仮想通貨を盗む

要点

・ハッカーがBalancer Pool(バランサープール)から50万ドル相当のイーサリアムなどの仮想通貨を盗んだことが分かりました。
・ハッカーはトレーダーが貸し手に代わってローンを清算できるようにする「フラッシュローン」と呼ばれる仕組みを悪用した犯行でした。

Balancer Pool(バランサープール)がハッキング被害


(画像引用先 Balancer Pool)

今週月曜、ハッカーはフラッシュローンシステムの隙をついてハッキングを実行し、50万ドル相当のイーサリアムなどの仮想通貨を盗んだことが分かりました。
Balancer Pool(バランサープール)は、アルゴリズムを使用してシステム全体で実行される各暗号の量のバランスをとる自動マーケットメーカーです

ハッカーは複雑なトランザクションをイーサリアムメインネットに送信したうえで、Balancer Poolの1つに攻撃を仕掛けています。さらに、1度目の攻撃からわずか数分後には2度目のトランザクションが発生し、別のバランサープールもハッキング攻撃を受けています。

フラッシュローンとは?

フラッシュローンとは、ある一定の目的のために多くのお金を取り出すことを可能にするローンを指しています。

フラッシュローンはトレーダーが貸し手に変わってローンを清算できるようにするもので、トレーダーは貸し手側からローンを引き取り、負債を返済して預け入れ金を回収します。
その後、預け回収した入れ金を使って元のローンを返済し、残った資金を手に入れる。
借主側(ユーザー)のローン返済を促しつつも、残りの資金を手に入れることができる錬金術と言えます。

このフラッシュローンは、今年初めごろからDeFiプロジェクトでも始まっている新たなサービスですが、今年2月、分散型金融(DeFi)レンディングサービスのbzxで今回と同様の被害が発生しています。

ハッカーは、1inch (1トランザクション)内なら無担保で仮想通貨の借り入れができる点を悪用し、まずETHを借り入れ、異なるDeFiプラットフォームで空売りをしたうえで通貨価格を価格を下げた後、決済を行い短時間で利益を上げていたことがこれまでの被害からもわかっています。

今回の被害では、ハッカーが1inchになると、dYdXから104,000 WETHのフラッシュローンを手に入れ、その後WETHをSTAトークンに24回交換していることがわかっています。

クレロス(KLEROS)の最高技術責任者であるクレメント・レザイジ(Clément Lesaege)氏は海外メディアに対して、STAトークンとBalancer Poolは脆弱ではないものの、Balancer PoolでSTAトークンを使用すると、プールをドレイン(排出)できるという脆弱性が生まれると語っています。

Balancer Poolの設定方法によよってプールは多くのWETHを解放することから、ハッカーはこの手口でWBTC、SNX、LINK、COMPも取得しています。

さらにその後、ハッカーはフラッシュローンを返済し、ほとんど価値のないSTAトークンのいくつかを使用して、バランサープールの市場シェアを獲得し、引き続き同様の手口でスマートコントラクトからより多くのお金を取ったとみられています。

1inchは今回の被害について公式ブログで説明しており、ハッカーは、DeFiプロトコルについて幅広い知識と理解を持つスマートコントラクトエンジニアが実行したとみており、攻撃については事前に組織化され、十分に準備されたうえでの犯行であったと語っています。

The BlockのSteven Zheng(スティーブン・ジェン)氏は

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
コミュニティメンバーは、3日前にこれらのトークンを使用した潜在的なエクスプロイトをバランサーラボチームに警告し、チームにブラックリストに登録するように依頼していた。

とTwitterで述べています。

なお、バランサーはエクスプロイト(脆弱性のあるソースコード)の前にプロトコルをサイトから除外していましたが、契約自体はコントロールできないことから、契約レベルでは除外できなかったと、レザイジ氏は述べています。

同氏は、ハッカーがこのバグの完全な意味を理解したとは思わないと述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Binance史上最大のアップグレードが無事完了で10倍のパフォーマンス向上!

要点

・Binanceは、これまでで最大のアップグレードが完了したことを発表しました。
・詳細については説明が不十分であるものの、今回のアップグレードは、Binanceが「次の波」に対応できるよう、取引所のマッチングエンジンを全面的に見直し、10倍のパフォーマンス向上ができるとコメントしています。

Binanceのアップグレードが無事完了


(画像引用先 Binance)

マルタの拠点を置く、世界最大規模の仮想通貨取引所Binanceが、同取引所で最大のアップグレードを完了、復旧し、稼働していると公表しています。

Binanceは今月28日、スポット取引プラットフォームのアップグレードが終了したことを、公式ブログにて発表しました。
アップグレードには当初2時間かかる予定でしたが、当初予定よりも約2時間長くかかったものの、正常に終了しています。

史上最大のアップグレード

Binanceはこれまでにも、さまざまなシステムアップグレードを実施しており、その多くが単純なパフォーマンス改善にとどまっていましたが、今回実施されたアップグレードは、Binance側は“使用最大”と表現するほどの規模で、これまでのアップグレードとは規模が異なっていたとしています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
これまでで最大のアップグレードです。マッチングエンジンを新しいプログラミング言語に切り替え、必要に応じて、すべてのコードを最初から書き直しました。今回の大きなアップグレードは、次の波に備えるべく、より高速なパフォーマンスを実現します。

いまから約1年ほど前に、Binanceは先物商品と証拠金取引をユーザーに公開し、その直後に商品と仮想通貨ステーキング機能をリリースし、同年4月には先物取引プラットフォームのオプションを立ち上げています。
これらも大きなアップデートといえますが、Binanceの趙長鵬(ジャオ・チャンポン:Changpeng Zhao)CEOは、今回のアップグレードは最大のものであると述べています。

Binanceによると、今回のアップグレードには、新しいプログラミング言語で記述された完全にオーバーホールされたマッチングエンジンが含まれていることが明かされています。

しかし、CZ氏は最大クラスのアップグレードと表現しているにもかかわらず、何がどのように変更されたのか、それが仮想通貨取引所の将来にどのように影響するかについての詳細などについては十分にはあかしていません。
CZ氏は今アップグレードが、プラットフォームを“次の波”に備える準備に役立つと主張しています。

取引所の成長準備のアップグレード?

Binanceは当初、ビジネスで間違いなく最速マッチングエンジンを使用して起動されており、約140万注文/秒を維持できていました。

しかし、ここ3年間でBinanceはアクティブユーザーと市場数の両方を劇的に増加させ、最近では、高頻度のアルゴリズム取引戦略がより一般的になっています。
これは、取引量の急激な変動と相まり、取引所が過負荷に悩まされていたこと、重要な市場期間中にユーザーに多くの問題を引き起こしている状況など、取引所として現状に大きな問題はなかったものの、将来的に“致命傷”となる問題の種を抱えていました。

Binanceは新しいアップデートが提供するパフォーマンスの改善に関する正確な数値をまだ投稿していません。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
おそらく10倍以上、理論的には100倍のボリュームを処理できますが、実際のボリュームがヒットした際、一時的にボトルネック(問題・課題が浮上すること)になる可能性がある他の周辺システムがいくつかありますが、すぐに修正されます。

CZ氏はTwitterで、新しいアップデートはおそらく古いマッチングエンジンに比べて10倍のパフォーマンスの改善を提供すると述べています。

顧客は、スポットプラットフォームを使用して、これまでと同様に取引できますが、アップグレードによってBinanceの問題が本当に解決されのたかどうか明確になるには、しばらく時間がかかりそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ハッカー集団が米国と日本を標的に、取引所から210億円以上を荒稼ぎ

要点

・セキュリティ会社の報告により、ハッカー集団CryptoCoreが日本とアメリカの仮想通貨取引所をターゲットにし、約2億ドル、日本円にして約210億円を盗み出していることが分かりました。
・コロナ禍によって、ハッキングが息をひそめる中、多くのフォロワーを抱えるYouTuberへの仮想通貨を使ったフィッシング詐欺が横行しています。

ハッカー集団による複数取引所への攻撃

サイバーセキュリティ会社ClearSkyが今月24日に新たな報告書を公表しました。

報告書の中でClearSky社は、ハッカー集団CryptoCoreが、日本とアメリカの仮想通貨取引所をターゲットに、約2億ドルの仮想通貨を盗んだ事を明らかにしています。
同社はCryptoCoreが東ヨーロッパ以外の地域で活動しているとみており、活動が活発化した2018年以降、日本とアメリカの仮想通貨取引所をターゲットに、ハッキング行為を繰り返しているとみられています。

CryptoCoreは2018年からの2年間でおよそ2億ドル以上を盗み出しており、報告書の中でClearSky社は、CryptoCoreは当別高度なハッキング技術は持ち合わせてないものの、迅速な動きによって効果的に盗み出していると報告しています。

ハッカーらの手口とは

CryptoCoreは、仮想通貨取引所とその従業員が所有する仮想通貨ウォレットへアクセスし、スピアフィッシングと呼ばれる攻撃を通じてセキュリティの内部へ侵入しています。
これには、攻撃対対象である仮想通貨取引所や取引所と提携する組織や企業などを装って実際の取引所幹部や役員および従業員のように見せかけ、アカウントから幹部にメールを送信しているものとみられています。

スピアフィッシング攻撃とは、ターゲット組織や個人を狙い、Eメールを送り個人情報を盗み取り、攻撃対象関係者を装い、攻撃をしかけるという。
北朝鮮の国家的ハッカーグループのトップ集団、ラザルス(Lazarus Group)もこの手口で世界中の仮想通貨取引所から巨額の現金を盗み出していると言われています。

CryptoCoreはネットワークに侵入後、マルウエアをインストールして役員パスワードマネージャーアカウント(仮想通貨ウォレットへのすべてのキーが格納されているもの)にアクセスできるようになります。
その後、彼らはひたすら待ち、多要素認証が削除された場合、ハッカーらは一気にハッキング行動を開始させ、ウォレットから資金を盗み出すのだと報告書にて解説されています。

仮想通貨取引所からYouTubeへ

ClearSky社によると今年前半、ハッカーによる活動は減少したと報告しています。
その理由として、コロナウィルスによって引き起こされたパンデミックの影響を受け、活動を自粛(?)した結果、ハッキングが大幅に減少していたとみられています。

その一方で、仮想通貨犯罪集団は、舞台を仮想通貨取引所からYouTubeへと移し、大規模なスピアフィッシングキャンペーンがYouTubeユーザーに対して行われた事を海外が報じています。

ハッカーは多くのフォロワーを抱える大物YouTuberに対してスピアフィッシング攻撃を仕掛け、全ての動画を削除したうえで、テスラ社の共同設立者兼CEOのイーロン・マスク(Elon Musk)氏やBinanceのCEOジャオ・チャンポン(趙長鵬:Changpeng Zhao)氏らのインタビューをライブストリーム配信をしています。
その後ハッカーはこれらを閲覧した視聴者に対して仮想通貨を送るように依頼し、イーロン・マスク氏を利用した詐欺では2か月で200万ドル、2億円以上もの巨額被害を出しています。

これまで多くの日本の仮想通貨ユーザーがハッキングは海の向こうの犯罪被害と認識しがちでしたが、ClearSky社の報告書には、日本とアメリカの仮想通貨取引所がターゲットだった事が記載されています。

ここで私たち仮想通貨ユーザーは今一度、仮想通貨資産の保管方法を含め、厳重なセキュリティ対策が実行できているのか、見直しを迫られそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所はなぜキャンペーンを実施するの?その理由に迫る!

要点

・なぜ仮想通貨取引所はキャッシュバックなどのキャンペーンを実施するのか?
・2020年6月17日時点で実施されている各仮想通貨取引所のキャンペーンを紹介します。

なぜ仮想通貨取引所はキャンペーンをするのか?

 

日本国内にもすでにいくつもの仮想通貨取引所があり、2020年6月17日時点の金融庁に登録済の取引所は23もの取引所があります。(参考サイト 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」より)

 

これら登録済みの仮想通貨取引所ではいくつものキャンペーンが行われています。
でもこのキャンペーン、取引所にとってはあまり利益につながらないのに、どうして頻繁に開催されているのでしょうか。

 

その最大の目的は、顧客獲得と取引量アップを目的として開催されています。

 

キャンペーンは取引所とユーザー双方にメリット!

 

キャンペーン開催のうち、新規顧客の獲得取引のキャンペーン内容を見てみると、参加資格の多くで“新規登録”の方を対象にしていることが分かります。

どの取引所も、新たな顧客獲得に向け、頻度も多く開催されています。

 

新規登録した新規顧客もキャンペーン時期に合わせて新規口座開設で得られるメリットがあり、多くで仮想通貨(主にビットコイン)や法定通貨の日本円のキャッシュバックがされているので、予算より少しであっても、仮想通貨保有量を増やすことができます。

また、すでに口座を開設している既存顧客へ向けたキャンペーンについても、新規顧客向けに比べると、その頻度は低くなるものの、開催されており、既存顧客へ向けたキャンペーンは主に、取引量アップを狙ってのものと言えます。

 

実際のキャンペーン内容を見てみると、一定の取引量以上の取引をした顧客に対して行われることが多く、新規顧客と同様に、仮想通貨のプレゼントや日本円のキャッシュバックなどが顧客へ還元されています。

 

新規・既存ともに、各取引所のキャンペーン開催に合わせて口座の開設や取引をすることで、より資産を増やせるチャンスですので、うまく活用すると良いでしょう。

 

2020年6月のDMM Bitcoinキャンペーン情報

 

経験者はもちろん、初めての方もかんたんに使用できるオリジナルアプリやツールで、ストレスフリーな取引ができることで高い関心が寄せられているDMM Bitcoin

タレントのローラさんがイメージキャラクターでCMが流れていたことも記憶にある方が多いのではないでしょうか。

 

そのDMM Bitcoinで現在、新規口座開設で1,000円がもらえる「1,000円プレゼント!」キャンペーンが開催されています。

 

参加資格は新規で口座開設を完了させた新規ユーザーが対象で、日本在住の方など、一定条件が満たされていることで自動的にエントリーされ、キャンペーン期間は2021年1月1日(金)6時59分までとなっています。

 

このチャンスに、DMM Bitcoinに新規口座開設を希望される方は

→ DMM Bitcoin 公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月の GMOコインキャンペーン情報

 

東証一部上場のGMOインターネットグループの持つ金融サービスのノウハウが生かされた堅牢なセキュリティや管理体勢と、競合他社よりスプレッドの幅が狭く、他取引所よりお得な取引ができるとして人気のGMOコイン

現在3つのキャンペーンが開催されています。

 

GMOコインで仮想通貨を1回以上購入したユーザーの中から、毎日抽選で10名に現金1,000円が当たる!

 

 

GMOコインで仮想通貨を5,000円以上購入したユーザーの中から抽選で現金10万円が当たる!

キャンペーン期間は2020年6月1日(月)12:00~2020年6月30日(火)23:59まで

 

 

仮想通貨FXで、1日に600万円以上の新規取引を行ったユーザーの中から抽選で毎日1名に現金1万円が当たる!

これらのキャンペーンを機に、取引を増やしたい!そんな方や、新規口座開設を考えている方は

→ GMOコイン公式サイト

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

 

2020年6月のZAIFキャンペーン情報

 

取引するたびに取引金額の0.01%をもらえる特典付きの仮想通貨取引所Zaif

取扱い銘柄も多く、取引所独自トークンや、運営元が開発したプライベートブロックチェーンmijinをリリースするなど、仮想通貨だけではなく、その根幹技術にも注目していることで人気の高い取引所です。

現在、CoinMarketCap仮想通貨取引所ランキングにて59位に入るなど、その注目度の高さが分かります。

そのZaifでは現在、キャンペーン期間中にスマートフォン用アプリ「Zaif Exchange」をダウンロードし、30,000円以上の仮想通貨取引きを行ったユーザーの中から抽選で

1等20名に100,000円相当
2等50名に10,000円相当
3等100名に5,000円相当
のフィスココインが当たるキャンペーンを開催しています!

なお、キャンペーン期間は2020年5月15日(金)21時00分~2020年6月30日(火)23時59分(日本時間)となっています。

 

このキャンペーンを機にZaifで新規口座の開設を検討している方は

 

→ Zaif公式サイト

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.