@0i:その他・取引所関連

日本が無登録でありながら運営を続けるICO業者を規制

日本の金融庁は、日本で仮想通貨が決算手段として法律化されて以降、初めて忠告を出す予定であることを明らかにしました。

ある海外のICO業者は、無登録で日本の投資家に営業活動を行っており、何度も忠告を受けるものの運営を止めていない状況となっています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。



金融庁の警告

日本金融庁(FSA)は、日本国内にて無登録で営業活動を続けるICO事業に対し、忠告を出す予定であることを日経新聞が報じました。

さらにThe news outlet通信は、以下のように詳細を述べています。

「今回の忠告は、マカオを拠点とするブロックチェーンラボラトリーに対し出されます。金融庁は同社の活動によって、投資家が損害を被る可能性があるとこから今回の決定に至りました。金融庁は警視庁および消費者庁と連結し、同社が今回の警告に対し順守しない場合は『刑事告発』することになります。」

マカオの本社では、「ブロックチェーンラボラトリーは、仮想通貨を使って資金調達をするICO代理業として運営を行っています。」と通信社が伝えています。同社の活動は、仮想通貨およびICOコンサルティングサービス、そして投資家を勧誘するセミナーの開催などを行っています。

金融庁は同社に対し、日本での営業を停止するよう忠告したことを同通信社が述べました。金融庁職員によると、金融庁は同社に対し直接的に忠告し、金融庁のホームページでも社名を公開しています。順守しない場合は、刑事告発が余儀なくされます。

日本で営業活動をするには登録が必要

2017年4月に改正資金決済法が施行されて以降、日本では仮想通貨が決算手段として認められるようになりました。同法律は、仮想通貨取引所に金融庁への登録を義務づけています。「登録業者および登録申請中となっている取引所のみ日本国内での営業が認められる」と日経新聞は強調しています。

ブロックチェーンラボラトリーに対する忠告は、改正資金決済法に基づく初の忠告となります。

the news outlet通信は、以下のように説明しています。

「この動きは、国内の無登録で行われている営業活動に関する調査の一貫です。改正資金決済法は、無登録取引所が国内での運営および営業活動を行うことを禁止しています。」

2018年2月現在、日本で運営を行うために登録をしている取引所は、1月に580億円の損失の被害に遭ったCoincheck を含む16社となります。

Bitflyer のCEOであるMidori Kanemitsu 氏は、news.Bitcoin.comとのインタビューで下記のように述べています。

「金融庁に登録されている安全性の高い取引所を利用する必要性をわかってもらえたでしょう。」

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Japan Cracks Down on Foreign ICO Agency Operating Without License

投稿 日本が無登録でありながら運営を続けるICO業者を規制COINNEWS に最初に表示されました。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?

仮想通貨投資を始めようとしている初心者の方が最初に迷うのが取引所選びかと思います。
取引所の口座を開設していないと仮想通貨を買うこともできません。
日本でも取引所が増えてきていて、“どの取引所に登録すればいいかわからない”という方にオススメの取引所を紹介していきます!

取引所を複数登録した方がいい理由

仮想通貨を購入するにあたって必要になるのが取引所ですが、日本の取引所は約14社ほどあり、初心者の方はどこに登録すればいいのかわからないと思います。
数ある取引所の中でも安心して取引ができ、絶対に登録しておいたほうがいい仮想通貨取引所を3つ紹介します。
なぜ、複数の取引所の登録が必要かというと、それぞれの取引所で取り扱っている通貨の種類が異なる点や手数料の違い、サーバーダウンなど不測の事態に備えて、最低でも3つの取引所を登録しておいたほうが安心です。
資産の分散管理や同じ通貨でも取引所の手数料によって購入できる通貨の数も変わってくるので、使い分けることをおすすめします。

絶対に登録すべき3つの取引所

初心者が登録すべき3つの取引所はザイフGMOコインビットフライヤーです。
この3つは国内の取引所としては運営が長く、しっかりとした実績と万全のセキュリティ体制があり安心して取引ができます。

各取引所の特徴

それぞれの取引所で取り扱っている通貨や手数料の違い、運営会社に関しての特徴を紹介します。

Zaif(ザイフ)


ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。

最大の特徴として、ザイフの取引手数料はゼロからマイナス0.1%に引き下げられています。
注文の約定時にマイナス0.1%の手数料が支払われます。
他の取引所が最大で取引手数料ゼロにしている中で、マイナスにしているのは大きなメリットです。
また、ザイフには「コイン積立」というサービスがあり、毎月任意の固定額が自動で引き落とされ、日割で希望のコインを買い付けてくれます。低リスクで楽な投資が可能となります。

Zaifを運営するテックビューロは資金調達用ICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開始しました。
COMSA(コムサ)は爆発的な話題を呼び、事前登録者で約20万人10月16日現在で90億円の資金調達を達成しています。

GMOコイン


GMOコインはネット企業大手「GMOインターネットグループ」の子会社「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所。
GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制で安心して仮想通貨の売買が可能です。
また、金融庁から仮想通貨交換業者として認可されていて、国から認められた販売所となっています。

GMOコインで購入できる通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっており、主要な通貨の購入ができます。

GMOコインは仮想通貨の売買だけではなく、仮想通貨FXのサービスも提供しています。
24時間365日取引が可能で、最低0.01BTCから取引が可能です。

GMOインターネットグループが運営しているため、金融サービスのノウハウとセキュリティがしっかりしていて、安心できます。
仮想通貨取引が初めての人にうってつけの販売所となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内でトップクラスの資本力をもつ取引所です。
SBIやGMO、UFJや三井住友などの企業から資金調達をしており、信頼性は日本で一番となります。
テレビCMなども流しており、仮想通貨をあまり知らない人でも一度は目にしたことがあるかもしれません。

ビットフライヤーが取り扱っている通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどメジャーなものが多かったのですが、2017年10月からモナコインの取扱も開始し、その影響もあってか価格も高騰しました。
また、2017年秋からビットフライヤーはアメリカに進出し、仮想通貨取引事業を開始する予定です。
すでに34州で取引許可を受けており、注目を集めています。

複数の取引所を持っておく

今回紹介した取引所はどれも信頼できる取引所ですが、それでも万が一に備え、リスクの分散の為に複数の口座を開設しておくことをおすすめします。
また、取引所によって取り扱っている通貨の種類や手数料も違うので、欲しい通貨を一番安い取引所で購入できます。
仮想通貨取引所の口座は無料ですぐに作れるので、本格的に始める前に開設しておきましょう。

仮想通貨初心者が登録すべき3つのおすすめ取引所を比較!手数料や評判・口コミは?仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

Zaifで「2200兆円分のビットコイン」売り注文 バグ? Zaifは「確認中」と回答したが本人に回答が先決

f:id:herosclub:20180220120007p:plain

 

テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaif」で2月16日、ビットコイン20億枚(約2200兆円分)の売り注文が出現し、ユーザーを驚かせた。ビットコインは発行上限が2100万枚で、「20億BTC」という数字はあり得ない。この事態はなぜ起きたのか――テックビューロは2月19日、ITmedia NEWSの取材に対し「事実関係を確認中」と答えるにとどめた。今後の対応も「未定」という。

 

16日、Zaifビットコイン売買板に、20億BTCの指し値注文が出現し、ネットを騒がせた。

 

その後、あるYouTuberがこの注文は自分によるものだと名乗り出た。Zaifの「簡単売買」機能でビットコインの売買価格が「0円」になっていることを発見し、購入を試みたところ、0円で21億BTCが購入できてしまったという。さらに、20億BTCの売り注文を、約定しないよう指し値で出してみたところ、売り板にも出たという。

 

テックビューロは2月19日、ITmedia NEWSの取材にメールで返答したが、「現在事実関係を確認中です。今後の対応も未定になっております」と答えるにとどめた。
https://www.oricon.co.jp/article/404989/

てか記事にするの遅すぎだ!笑

BITPointでリップル(XRP)の取引がスタート!この機会に口座開設しよう!

 

2月18日付けで国内取引所BITPointがリップル(通貨名はXRP)の取引サービスを開始しました。

 

BITPointホームページより抜粋)

 

今回はBITPointとはどういう取引所なのか、最近のリップルの動向もあわせてご紹介したいと思います!

 

BITPointの特徴をあらためて確認してみよう!

あまり知られていませんが、BITPoint国内で初めて、信託保全を導入した取引所です。メディアのCMはないので、BitFlyerやZaifと比べると、認知も低い印象ですね。

なので、BITPointがどういう取引所なのか、要点をまとめてみました

【取り扱い通貨】・・・ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル

【レバレッジ】・・・2倍・5倍・10倍・25倍の中から選択可能

【手数料】・・・入出金手数料は振り込みの場合のみ負担。その他、取引手数料などは無料。

そして、保証面も充実しています。

 

◆信託保全スキーム導入の背景
現在、世界各国でビットコインをはじめとする仮想通貨の取引は活発に行われています。日本国内におけるビットコインの取引も活性化しており、一日あたりのビットコイン取引量は100億円を超える規模にまで増加しています。

他方で、2014年2月に国内の仮想通貨取引所の一つであったマウントゴックス社が経営破綻した際に顧客からの預かり資産が消失したという事件があり、仮想通貨取引には取引固有のリスクに加え仮想通貨取引業者の信用リスクがクローズアップされてきました。

現在、我が国においては改正資金決済法が成立し、同法が施行された場合には仮想通貨取引業は登録制となり、仮想通貨取引業者には顧客資産の分別管理を含めた管理態勢の強化が要求される予定です。
こうした状況下、当社では国内の仮想通貨取引所としては初となる信託保全スキームを導入することを決定しました。

引用元:「Bitpointホームページ」https://www.bitpoint.co.jp/2016/07/19/%E6%97%A5%E8%A8%BC%E9%87%91%E4%BF%A1%E8%A8%97%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%BF%A1%E8%A8%97%E4%BF%9D%E5%85%A8%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5/

 

信託保全とは、万が一に会社が倒産した時、銀行が顧客の資産を守ってくれる制度です。

上の掲載は2017年7月に書かれたものであり、早いから時期から顧客の資産を守ることを考えていたといえます。その点は好印象ですね。

 

最近のリップルの動向

さて、取引が開始されたリップル(XRP)ですが、最近の動きはどうでしょうか?チャートで確認してみましょう。

リップル/円 4時間足 2/9~2/18

 

一時、140円を超える上昇になりましたが、その後は100円近辺まで下落。2月9日にはインド最大の取引所ZebpayでXRPの取引が開始されるニュースが流れました。

その後の下落は、世界同時株安によるビットコインの下落も関係しているでしょう。

年初には、XRPが単独で上昇する時期もありましたが、直近ではビットコインと連動して動いているようです。

しかし、リップル自体は、大手の国際送金企業(UAE Exchange,Western Union)やサウジアラビアの通貨庁と提携するなどのニュースがありました。

チャート自体は、下値を切り上げる展開となっています。2月に入っても提携のニュースが絶えないので、今後も価格の上昇には十分期待できますね

 

信託保全のあるBITPointでリップルを安心して取引しよう

さて、リップルは知っていてもBITPointでXRPの取引が開始されたのは知らなかった方も多いと思います。

BITPointは信託保全もあり、安心してリップル(XRP)を取引できる取引所です。

 

(Bitpointホームページより抜粋)

2月に入ってからも世界中の銀行やサービスと提携するニュースが続くリップル(XRP)ですが、価格が下落している今、買い時のチャンスでもあります。

200円になる前に、ぜひ今のうちに仕込んでおきましょう。

そして、Bitpointでも取り扱いが開始されたので、ぜひこの機会に、登録してみてください。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ビットバンク(bitbank.cc)をスマホアプリと同じように使う方法を紹介!公式アプリが出るまではこの方法がおすすめ

取引手数料無料のキャンペーン実施中で、リップルなどのアルトコインを手数料をかけずに取引出来るビットバンク(bitbank.cc)ですが、公式のスマートフォンアプリがありません。

しかし、私が普段から使っている方法にすれば、アプリ同様に独立して起動する事が出来ますよ。

今回はその方法とスマートフォンからの使い方について紹介しますね。

ビットバンクをスマホアプリと同じように使う方法

ブラウザからホーム画面に追加

ビットバンク(bitbank.cc)公式サイトにスマートフォンからアクセスしましょう。

ブラウザからアクセスする

ブラウザで開いたサイトをホーム画面に追加します。

この際、「トレード」画面を選択してホームに追加しておくと後々便利ですよ。

ホーム画面に追加する

上の画面になったら「追加」をタップしましょう。

これでホーム画面にビットバンク(bitbank.cc)のアイコンが表示されます。

ホーム画面の表示

ホーム画面に追加したアイコンから起動する

アイコンから起動する

先ほどホーム画面に追加したアイコンから起動すると、他の取引所アプリと同様に独立して起動する事が出来ます。

動作もかなり軽いですから、ブラウザで利用するよりもこの方法がおすすめですよ。

スマートフォンからの使い方・通貨の買い方

トレード画面からチャートなどが見られる

ビットバンクの画面の見方

画面右上にある3本の線をタップすると、「ログイン」「トレード」などの一覧が表示されます。

ここから「トレード」を選択すると、取引画面やチャートなどを見る事が出来ますよ。

チャートと注文画面

画面を閉じたい場合は、下部にある✖をタップすれば元の画面に戻ります。

取引方法はパソコンからアクセスした場合と同じですから、以前に書いた解説記事を参考にして下さいね。

表示する通貨の切り替え方法

通貨の一覧

表示する通貨は上部にある赤枠部分をタップすれば大丈夫です。

タップすると画像のように通貨一覧が表示されますから、取引したい通貨を選択しましょう。

ビットバンクはビットコイン(BTC)以外に、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などのアルトコインも取り扱いが豊富ですよ。

おすすめの使い方:まとめ

私はビットバンク(bitbank.cc)のヘビーユーザーですので、普段から頻繁にチャートを見たり取引をしています。

毎回ブラウザで開くのは億劫なので、アプリ感覚で開けるこの方法は重宝していますよ。

海外取引所のバイナンス(BINANCE)も以前まではブラウザで起動しなければなりませんでしたが、今は公式アプリが出ましたので、非常に利便性があがりました。

外出先からでも気軽にトレード出来る環境は、仮想通貨投資においてかなり重要になりますので、皆さんもこの方法を一度試してみて下さいね。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post ビットバンク(bitbank.cc)をスマホアプリと同じように使う方法を紹介!公式アプリが出るまではこの方法がおすすめ appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

フィスコが提供する日本初の仮想通貨ヘッジファンド!!

この記事を読んでる方の多くは、仮想通貨を投資もしくは投機として見ている方が多いのではないでしょうか?
投資には資金が増えるメリットもありますが暴落に合い資金を失うリスクも常に付いて回ります。

そんなリスクは少しでも回避出来たら良いと思いますよね。

実は仮想通貨取引所としても知られるFISCO(フィスコ)さんがこの度、仮想通貨ヘッジファンドを開始しようと動いているようなので紹介させていただきたいと思います。

フィスコグループ

株式会社フィスコ概要

会社名: 株式会社フィスコ
所在地: 東京都港区南青山五丁目 4 番 30 号
設立日: 1995 年 5 月 15 日
資本金: 1,266 百万円(2017 年 6 月 30 日現在)
代表者: 代表取締役社長 狩野 仁志
事業内容: 金融機関、投資家、上場企業を支援する各種情報サービスの提供

フィスコは、各投資市場に対する鋭い分析力と豊富な経験をもとに、投資家の皆様を支援する各種金融サービスの提供。
最良の投資支援サービスを提供する プロフェッショナル集団 のようです。ご存知の方もいると思いますがフィスコ仮想通貨取引所はフィスコの子会社が運営している取引所です。

株式会社フィスコ仮想通貨取引所概要

会社名: 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
所在地: 東京都港区南青山五丁目 4 番 30 号
設立日: 2016 年 4 月 12 日
資本金: 387 百万円(2017 年 8 月 31 日現在)
代表者: 代表取締役 越智 直樹
事業内容: 仮想通貨の取引所運営、仲介、ファイナンス、仮想通貨を利用した金融派生商品の開発、仮想通貨の取引所運営に関するシステムの開発・販売およびコンサルティング、その他仮想通貨一般サービス

フィスコの100%子会社の、株式会社フィスコ仮想通貨取引所。2016 年 4月に開設、2017年8月には仮想通貨交換業者(近畿財務局長 第 00001 号)として、金融庁の仮想通貨交換事業者にも登録 仮想通貨の販売所であり取引所 でもあります。
取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)、モナーコイン(MONA)、ビットコインキャシュ(BCH)、カウンターパーティーを取り扱っています。
日本で初めてモナーコインを扱った取引所です。手数料が安く、ビットコインに関しては国内最安水準です。母体がジャスダックに上場しているので安心感のある取引所でもあります。またZaif(ザイフ)と提携を結んでいます。

会社概要はフィスコ、フィスコデジタルアセットグループで仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへより引用

日本初の仮想通貨ヘッジファンド「FISCO Crypto Currency Fund」

株式会社フィスコグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループは、仮想通貨ヘッジファンド「FISCO Crypto Currency Fund」立ち上げの準備を関係各所と進めており、運用規模は総額約10億円を目指す予定とのこと。
引用元:仮想通貨情報サイト ビットプレス
フィスコデジ タルアセットグループ、仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへ―運用規模は約10億円

株式会社フィスコグループ企業のフィスコデジタルアセットグループが仮想通貨ヘッジファンドを日本で初めて開始するようです。

その名を「 FISCO Crypto Currency Fund 」といいます。

ファンドにはフィスコだけではなく他にも数社が出資をするようで、運用総額約10億円を目指しているようです。

株式会社フィスコデジタルアセットグループ概要

会社名: 株式会社フィスコデジタルアセットグループ
所在地: 東京都港区南青山五丁目 4 番 30 号
設立日: 2017 年 10 月 4 日
資本金: 387 百万円(2017 年 10 月 4 日現在)
代表者: 代表取締役 田代 昌之
事業内容 仮想通貨関連ビジネスを営む会社の株式又は持分を所有することによる当該会社の経営管理、グループ戦略の立案及びこれに附帯する業務

フィスコ、フィスコデジタルアセットグループで仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへより引用

フィスコ持つ蓄積データ

フィスコグループでは、積み上げてきた仮想通貨の価格変動データなどの研究内容を元に、2017年からは仮想通貨の自己勘定投資を実施、デリバティブ高頻度取引を用いて価格下落局面でも損失を限定的とする運用手法や、ICO(Initial Coin Offering)投資など様々な運用手法を駆使して着実に利益を積み上げてきており、同ファンドでは、 これまで構築してきたトレードモデルをさらに改良し、運用を行う予定 

引用元:仮想通貨情報サイト ビットプレス
フィスコデジ タルアセットグループ、仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへ―運用規模は約10億円

フィスコグループでは既に仮想通貨のトレードをしたりICO(Initial Coin Offering)投資など様々な運用を行い利益を上げた実績があります。そして、その蓄積してきた経験とデータを更に改善して、運用を行おうとしているようです。

現在国内外の取引所間の価格差を調査、アービトラージを実行、利益を出そうともしているようです。また早くから仮想通貨を取り入れたフィスコですので、多くのデータを保有していると思われます。

仮想通貨の投資収益目標は20%程度を目指している模様ですが、もしかすると簡単にクリアしてしまうかもしれません。

仮想通貨に変わりゆくの金融市場

フィスコグループでは、近い将来、既存の金融市場で提供されるサービスはほぼ全て仮想通貨で代替することが可能な社会が到来すると予想しており、来るべき仮想通貨社会に向けて、仮想通貨を用いた金融サービス「トークンファイナンス」の研究開発を加速させております。
引用元:フィスコ、フィスコデジタルアセットグループで仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げへ
http://www.fisco.co.jp/uploads/20180110_fisco_pr.pdf

最近やっと戻っては来ましたが、今年に入り下落気味の仮想通貨市場でした。急落が起きるこの市場に不信感や不安を抱いている人は大勢いるのが現状だとも思います。

そんな中、フィスコさんのように上場していて安心感のある企業さんが仮想通貨の将来性をこんな風に言ってもらえるのは、仮想通貨の愛好家である私をはじめ、コインオタクユーザーの皆さんにとっても本当に嬉しい事ですよね。

今後も、フィスコさんの活躍を期待せずにはいられません。

近く到来する 今の金融市場にとって代わる仮想通貨社会 に今から備えておく事にしましょう。
 

仮想通貨で利益を出したい人にオススメはこちら

 
 

フィスコが提携しているZaif(ザイフ)を開設したい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 フィスコが提供する日本初の仮想通貨ヘッジファンド!!COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

Zaif(ザイフ)がテレビCMの放映を開始!登録方法・使い方・積立投資など関連記事を総まとめ

国内の仮想通貨Zaif(ザイフ)がテレビCMの放映を開始しましたね。

他の国内取引所では、コインチェック(Coincheck)が出川哲朗さん・ビットフライヤー(bitFlyer)が成海璃子さんを起用したCMを放映しています。

Zaif(ザイフ)は剛力彩芽さんを起用し、「ビットコインするならZaif」という分かりやすいワードを使って新規層の獲得を狙っているようです。

当ブログでもZaif(ザイフ)については多々解説してきましたので、今回は過去に紹介した記事をまとめていきますね。

Zaif(ザイフ)の登録方法とは?30秒で簡単に登録出来る

ビットコインするならザイフ

Zaif(ザイフ)公式サイトにアクセスすると、メールアドレス入力欄があります。

ここにメールアドレスを入力して「無料登録」をクリックすれば登録完了です。

その後、個人情報などの入力をすればビットコインの取引などが出来るようになりますよ。

個人情報の登録方法や日本円の入出金については下記記事を参考にして下さいね。

仮想通貨を安く購入出来る指値取引とは?

販売所と取引所

仮想通貨を購入するには、取引所か販売所のどちらかを使う必要があります。

販売所を利用すればすぐに仮想通貨を買う事が出来ますが、大きな手数料がかかってきます。

取引所を利用すると自分の希望価格で売買が可能になり、自分が売りたい価格で売り注文を出しておき、その価格で買いたい人が現れた場合のみ取引が成立します。

この取引方法を指値取引といい、無駄な手数料をかける事なく取引する事が出来ますので、Zaif(ザイフ)を利用する際には取引所での取引をしましょう。

ビットコインをマイナス手数料で買う方法とは

通常は仮想通貨の取引に対して0.1%程度の手数料がかかるのですが、Zaif(ザイフ)では寧ろお金が貰えます。

maker/takerというシムテムで、購入時・売却時どちらのケースでも条件を満たすことで、手数料がマイナスになるのです。

これについては下記の記事を読んで頂ければ、初心者の方でもすぐに分かりますよ。

仮想通貨の積立投資が出来るのはZaif(ザイフ)だけ

仮想通貨でも毎月自動的に通貨を購入してくれる「積立投資」が出来ます。

このサービスはZaif(ザイフ)のみでしか利用出来ないですから、仮想通貨投資を始めるか悩んでいる方は、まず積立投資から始めてみても良いでしょう。

私はイーサリアムとモナコインという2つの通貨を積立投資していますよ。

イーサリアムとモナコインを買う際におすすめの取引所は「イーサリアム(ETH)を一番お得に購入出来る取引所とは?」と「モナコイン(MONA)を購入するのはどの取引所がNO.1?」で紹介していますので、参考にして下さいね。

Zaif(ザイフ)について:まとめ

仮想通貨の積立投資があるという点が、個人的には最もメリットがある取引所と感じています。

しかし、サーバーが弱いという弱点もある為、取引を頻繁にするのであればビットバンク(bitbank)がおすすめですよ。

Zaif(ザイフ)で仮想通貨の積立をしつつ、ビットバンク(bitbank)でアルトコインの取引をする使い分け方が、今は一番良い手法かと私は考えています。

海外取引所を使う事に抵抗が無ければ、バイナンス(BINANCE)を利用すると手数料が安く済みますので、こちらも利用してみて下さいね。

The post Zaif(ザイフ)がテレビCMの放映を開始!登録方法・使い方・積立投資など関連記事を総まとめ appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.

国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所17選

[box class="green_box" title="ピックアップ!"] [colwrap] [col3]
[2488-praise_title-left]
[2488-praise_desc-left]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-mid]
[2488-praise_desc-mid]
[/col3] [col3]
[2488-praise_title-right]
[2488-praise_desc-right]
[/col3] [/colwrap] [/box]

ビットコイン、アルトコインはどこの取引所で購入、取り引きしていますか?

取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあり一長一短といった感じで、仮想通貨を保有・取り引きするためには複数の取引所にアカウントを開設しておくことが一般的です。

本記事では、国内と海外の取引所の中から人気のある取引所をおすすめします。

「欲しいコインがある」、「手数料を安く抑えたい」、「長期保有したいから安心安全な取引所を知りたい」、「短期取引メインだから人が集まる取引所が知りたい」などなど、仮想通貨に求めるニーズは多岐に及びます。

どの取引所で扱われている仮想通貨の人気がいつ上がるかは、誰も予想できないのが仮想通貨取引です。

またその仮想通貨が、自分が登録している取引所で扱われていたとしても、サーバー障害などのアクシデントで即座に対応できない可能性もあります。

機会を失ってしまう前に、主だった取引所へは早めに登録を済ませておきましょう。

[external-explan-air_drop]

仮想通貨・ビットコインの取引所を選ぶときのポイント!

取り扱い通貨 手数料
購入したい、投資したい仮想通貨を扱っているかを確認しましょう。 短期トレード・FXはもちろん長期・積立投資においても手数料は重要なポイントです。
ツール・スマホ対応 仮想通貨・ビットコインFX
PCでの操作、スマホ対応有り無しを確認して自分に投資スタイルに合っているかを確認しましょう。 仮想通貨市場は高いボラティリティによるFXも魅力!現物だと買えない量でもFXなら稼げるチャンス!追証の有無やレバレッジが何倍かも重要なポイントです。
セキュリティ 会社の信頼度
ビットコイン・仮想通貨は常にハッキングリスクと隣り合わせです。コールドストレージなどセキュリティ対策も確認しましょう。 運営会社の資本金や金融庁登録の有無、業界団体への参加なども仮想通貨取引所には重要な要素です。※国内の交換業者は金融庁への登録が必須です。

取引所比較まとめ一覧

[rank-101-dmm] [rank-101-gmo] [rank-101-bitbank] [rank-101-quoinex] [rank-101-bitflyer] [ex_list_ovse] [external-explan-air_drop]
No tags for this post.

Zaifビットコイン0円バグで21億BTCコイン※仮想通貨時価総額2246兆円稼いでしましった人!

Zaifビットコイン0円バグで21億BTCコイン※仮想通貨時価総額2246兆円稼いでしましった人!

 

売買契約が成立しているのだが・・・ ブロックチェーンでもなんでもなかった。笑

0でもなんでも〇〇〇〇しまくり!

 

ジェイコム株大量誤発注事件

 

ジェイコム株大量誤発注事件ジェイコムかぶたいりょうごはっちゅうじけん)とは、2005年(平成17年)12月8日、新規上場したジェイコム(現・ライク)の株式において、みずほ証券(旧法人)が誤注文し、株式市場を混乱させた事件。俗にジェイコムショックとも呼ぶ。

 

2005年(平成17年)12月8日午前9時27分56秒、この日東証マザーズ市場に新規上場された総合人材サービス会社ジェイコム(当時。証券コード:2462)の株式(発行済み株式数14,500株)において、みずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力した。

 

この際、コンピューターの画面に、注文内容が異常であるとする警告が表示されたが、担当者はこれを無視して注文を執行した。「警告はたまに表示されるため、つい無視してしまった」(みずほ証券)という。 この注文が出る直前までは、90万円前後に寄り付く気配の特買いで推移していたが、大量の売り注文を受けて初値67.2万円がついた。その後、通常ではありえない大量の売り注文により株価は急落し、9時30分にはストップ安57.2万円に張りついた。

 

この大量の売り注文が出た瞬間から電子掲示板で話題騒然となり、様々な憶測が飛びかった。「誤発注である」と見て大量の買い注文を入れた投資家がいた一方で、価格の急落に狼狽した個人投資家が非常な安値で保有株を売りに出すなど、さまざまな混乱が生じた。

 

担当者は、売り注文を出してから誤りに気付き、1分25秒後の9時29分21秒に取消し注文を送ったが、東京証券取引所のコンピュータプログラムに潜んでいたバグのため、この取り消し注文を受け付けなかった。合計3回にわたって売り注文の取消し作業を行ったが、東京証券取引所のホストコンピューターは認識しなかった。「東証と直結した売買システム」でも取り消そうとしたが、こちらにも失敗した。東証に直接電話連絡して注文の取り消しを依頼したが、東証側はあくまでもみずほ証券側から手続きを取るように要求した。その間にも買い注文は集中しはじめ、約定されてしまう危険性があったことから、みずほ証券は全発注量を「反対売買により買い戻す」ことを決定する。

 

反対売買の執行によってすべての注文が成立し、株価は一気に上昇、9時43分には一時ストップ高77.2万円にまで高騰する。その後、他の証券会社や個人トレーダーの利益確定売りや押し目買いなどにより、株価は乱高下をともない高騰し、結果として10時20分以降はストップ高である77.2万円に張り付いた。みずほの反対売買にもかかわらず、すでに注文を出されていた9万6,236株の買い注文については相殺しきれず、そのまま市場での売買が成立した。

 

B・N・F(ビー・エヌ・エフ、1978年(昭和53年)3月5日- )2ちゃんねるで有名になった日本の個人投資家である。

 

東京都港区在住。「B・N・F」の呼称は当人が使用している2ちゃんねるでのハンドルネームから来ている。マスコミでの通称は「ジェイコム男」

 

千葉県市川市出身。2000年(平成12年)、都内の私立大学法学部3年生の時、それまでの貯金やアルバイトで稼いだ160万円を元手に株式投資をスタート。ネットトレードを始めた時は大学に在学していたが、卒業までの単位を2科目残したまま中退している。

 

2004年(平成16年)2月5日に、2ちゃんねるに初めて投稿する。2ちゃんねるには、主に「B・N・F ◆mKx8G6UMYQ」として『今日の勝ち負けを報告するスレッド』で投稿していた。固定ハンドルネーム(コテハン)での投稿は2005年(平成17年)4月1日を最後に途絶えているが、情報収集に「市況実況板」「ニュース速報板」を使用したり、「投資一般板」の【株板相場師列伝】スレッドにたまに「名無し」での書き込みをしているという。2005年のジェイコム株大量誤発注事件により知られるようになる。2008年(平成20年)5月17日には日本経済新聞の1面に顔写真入りで紹介された。

 

不動産にも投資しており、2008年10月には、秋葉原駅前の地上10階・地下1階の商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円程度で取得し、2011年(平成23年)には秋葉原の、敷地面積800平方メートル、地上6階、地下2階建ての商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入している。

 

地元に高級住宅を購入し、親には高級車を贈ったほか、高層マンションを購入したこと以外には、特別に贅沢をしておらず、普段は専用のトレードルームに引きこもって1人で取引している。

https://ja.wikipedia.org/

【仮想通貨】仮想通貨取引所、重大エラー発生で大炎上!!

1: 2018/02/18(日) 05:50:11.83 ID:CAP_USER9
http://buzz-plus.com/article/2018/02/17/zaif-coincheck-bugs-and-errors/
コインチェック事件

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨を取り扱う「ザイフ」(Zaif)で重大なエラーが発生し、取り返しがつかない事態に発展している。エラーのため一時的にビットコインを0円で販売してしまい、10億ビットコインが購入されたのである。日本円にして約2200兆円分のビットコインが0円で販売されたことになる。

・存在しえないビットコインを販売か
問題なのは、現在市場に出回っているビットコイン数以上のビットコインが買われてしまった現象だ。これが意味するのは、Zaifが存在しえないビットコインを販売していた可能性があるということ。つまりノミ行為である。


・仮想通貨業界のルールを破綻
ノミ行為は商品先物取引法第212条で禁止されているが、相対取引というルールのもと禁止に該当しないケースもある。今回の騒動でザイフがノミ行為をしていたとしても違法行為とはいえないかもしれないが、存在し得ない数のビットコインを販売する行為は仮想通貨業界のルールを破綻させるものといえる。

・ビットコインが大暴落する可能性
今回のビットコイン0円販売エラーは、クレジットカードでビットコインを購入したときにのみ発生したもので、現在はそのエラーも修正されている。しかしながら、ザイフの信頼度はガタ落ちとなり、コインチェック事件の際と同様に、ビットコインが大暴落する可能性を秘めている。

また、コインチェック事件はいまだに解決しておらず、奪われてしまった客の仮想通貨は返金されないままとなっている。


zaif

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518900611/


続きを読む

【徹底比較】日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介!

日本国内で利用できる取引所は?

日本国内で安心して取引するためには取引所選びは重要です。
「ビットコインやイーサリアムを買ってみたいけど、どこなら安全なのかな」「コインチェックの件があったから慎重に調べておきたい」など思うことはたくさんあると思います。
大切な資産を仮想通貨にするためには安心、安全は第一です。
それに加えて、簡単で楽に取引をしたいと思います。

現在、日本国内で利用できる取引所は10以上ありますが、その中から一つ一つを調べて決めるのは正直面倒ですよね。
「結局一番いい取引所はどこなの?」そんな疑問を解消するべくわかりやすくランキング形式にしてまとめてみました!

おすすめ取引所ランキングTOP5

第6位Coincheck(コインチェック)

取引タイプ
取引所 販売所
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 コンビニ入金 ペイジー入金 クレジットカード 住信SBIネット銀行 ゆうちょ銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
-0.05~0% (指値取引) 0.1~0.15 (成行取引) 400円~756円 0.0002 BTC
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・モネロ(XMR) ・ダオ(DAO) ・ファクトム(FCT) ・リスク(LISK) ・ネム(NEM) ・ダッシュ(DASH) ・ライトコイン(Litecoin)

ココがオススメ!

  • シンプルで見やすいデザイン
  • スマホアプリが使いやすい
  • 365日24時間取引が可能
  • 取扱している通貨が多い
  • 登録、本人確認が簡単
  • 現状一番使いやすい

ココがいまいち!

  • クレジットカード決済では手数料がかかる

第5位bitbank Trade(ビットバンク)

取引タイプ
ビットコインFX 販売所
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 ビットコイン入金 住信SBIネット銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
現物:無料 FX:0.1% 324円 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC)

ココがオススメ!

  • ビットコインFXに特化している
  • レバレッジが最大20%
  • 365日24時間取引が可能
  • 口座開設が最短2分
  • 国内唯一の追証なし

ココがいまいち!

  • 取扱通貨がビットコインのみ
  • FXメインなので用途は絞られる

第4位bitFlyer(ビットフライヤー)

取引タイプ
販売所 取引所 FX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 コンビニ入金/ネット銀行 クレカ(販売所) 三井住友銀行
手数料
売買手数料 日本円出金手数料 BTC出金手数
0% 216円~716円 無料

おすすめポイント

  • 取引画面が初心者でもわかりやすい
  • アプリがシンプルでキレイ
  • イーサリアムも取引可能
  • 安心の平日9時~19時のサポート対応
  • 365日(6時~25時)売買できる
  • 大手企業が出資していて安心

イマイチポイント

  • 売買時間が25時~6時まで
  • 取り扱い仮想通貨が少ない点

第3位DMM Bitcoin

取引タイプ
取引所 ビットコインFX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 クイック入金
振込入金
手数料
入出金手数料 取引手数料
無料 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・リップル(XRP) ・ライトコイン(LTC) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・ネム(XEM)

おすすめポイント

  • 取扱通貨が多い
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • 口座開設で1000円貰える
  • 手数料が無料(レバレッジ取引は除く)
  • 取引ツールが使いやすくワンタッチで注文が可能

イマイチポイント

  • 通貨の種類が海外に比べると少なめ

第2位GMOコイン

取引タイプ
販売所 ビットコインFX
レバレッジ5倍
入金方法
日本円入金方法 提携銀行
振込入金 ペイジー 住信SBIネット銀行 楽天銀行
手数料
入出金手数料 取引手数料
無料 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・リップル(XRP) ・ライトコイン(LTC)

おすすめポイント

  • シンプルでわかりやすい販売所形式
  • 追証なし
  • アルトコインのレバレッジ取引も開始予定
  • 手数料が無料
  • アプリの「ビットレ君」が使いやすい

イマイチポイント

  • アルトコインの種類があまり多くない

第1位Zaif(ザイフ)

取引タイプ
日本円入金方法 提携銀行
銀行振込 ビットコイン入金 コンビニ入金 住信SBIネット銀行
手数料
取引手数料 日本円出金手数料 BTC送信手数料
0円 350円〜756円 無料
通貨の種類
仮想通貨 ・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・ネム(XEM) ・ビットコインキャッシュ(BCH) ・モナコイン(MONA)

ココがオススメ!

  • 登録が簡単!
  • 取り扱っている通貨が多い
  • セキュリティが高く安全
  • 手数料がかからない

ココがいまいち!

  • アプリが少し使いづらい

あなたはどこを選ぶ?

仮想通貨取引所のおすすめランキングを紹介しましたが、自分に合う取引所は見つかりましたか?
取引所といっても様々な特徴があります。

FX経験者やこれからFXを始めてみたいという方はGMOコインビットフライヤー
様々な仮想通貨で運用したい、安心できる取引所がいいという方にはザイフなど用途に寄って使い分けることも可能です。

どの取引所も登録が簡単ですぐに終わるので、一度登録して使ってみて判断するのもいいかもしれません。
自分のスタイルに特化した取引所を使うことでより一層仮想通貨生活が充実するでしょう。

【徹底比較】日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介!仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。

Zaifが剛力彩芽主演のテレビCMを開始!ミーの仮想通貨最新ニュース【2月16日】

2月16日仮想通貨最新ニュース

2/16は全体的にヨコヨコ相場。本日の仮想通貨ニュースはZaif(ザイフ)が剛力彩芽さん主演のテレビCMを開始!GMOがクラウドマイニングサービスを開始!取引所の偽サイトに要注意!投資家チャーリー・マンガーが仮想通貨を痛烈批判!等々をピックアップしています。

2月16日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日は全体的にヨコヨコの相場です。NEMが価格を下げていますが、BCHが大きく上げています。

仮想通貨価格-前日比-2月16日

ケンケン
今日は大きいニュースは特になかったね
ミー
ZaifのテレビCMで話題は持ちきりの一日だったね
ミー
本日2月16日のニュースはこちら!
2月16日仮想通貨News概要
  • Zaifが剛力彩芽さん主演のテレビCMを開始!!
  • GMOがクラウドマイニングサービスを開始!
  • 取引所の偽サイトに要注意!!
  • 投資家チャーリー・マンガーが仮想通貨を痛烈批判!
  • ゲーム会社アタリが独自のデジタル通貨発行で株価高騰!?

Zaifが剛力彩芽さん主演のテレビCMを開始!!

取引所のZaifが本日の16日(金)より、女優の剛力彩芽さんが主演のテレビCMをスタートしました。

ネット上では漫才コンビの「かまいたち」さんが、ZaifのネットCMを務めていましたが、テレビCMは大人気の女優さんを起用!

それに合わせて、Zaifのトップページも剛力彩芽さんを前面に推し出すゴージャスなものにイメージチェンジしています♪

また、各取引所のテレビCMについては、すごく分かりやすい画像を作っておられたので下記ツイートを共有させていただきます!

12月のコインチェックのCMでは新規参入者が「出川組」と呼ばれ、今回は早速「剛力組」といわれています。

確かに名前からして握力は強そうではある…w

zaifトークン&CMSトークンが急上昇

Zaifトークンチャート
※上記画像はZaifトークンのチャート

ZaifのテレビCMが流れたことによって、Zaif取引所オリジナルの通貨でもある「Zaifトークン」とCOMSAで使用できる「CMSトークン」の価格が大きく上昇しています。

ネット上ではCMが流れたことによってCOMSAが本格始動するのではないかという噂も出始めています!いずれにせよこれからが楽しみですね(*´﹀`*)♪

GMOがクラウドマイニングサービスを開始!

2018年8月(予定)からGMOがクラウドマイニングサービスを開始することが判明しました!

GMOでクラウドマイニングに参加するには、1契約がなんと・・・・約5.5億円・・・・( ゚Д゚)

2年間のレンタル料の一括前払い方式のようで、途中解約は当然不可。。ハイ。一般ピーポーにはまったく関係のない話でした。

スケールが大きすぎて、個人ではなかなか参加できませんが、大黒字の大企業なら美味しい話、、なのか、、?

⇒ Z.com Cloud Mining について

また、GMOインターネットグループは仮想通貨販売所の「GMOコイン」の運営もしていますね!

GMOコインは、仮想通貨交換業者にも登録を完了している国内の仮想通貨販売所です(´∪`*)

GMOコイン公式ページへ
 GMO関連おすすめコンテンツ

取引所の偽サイトに要注意!!

注意喚起です!!

去年から横行しているフィッシングサイトが未だに後を絶たないようです。今回はHitBTCの偽サイトのようですが、過去にはBittrexやBinanceなどの世界最大手取引所の偽サイトが出てきています。

当然この、偽サイトにパスワードを入力してしまうと、パスワードの流出で通貨を盗まれる可能性も大いにあります。

フィッシングサイト(偽サイト)に引っかからないようにするには、下記の3つを注意してください。

1.検索エンジンから取引所になるべくアクセスしない
2.検索に表示されている広告枠から取引所に絶対にアクセスしない
3.取引所は予めブックマークをしておく

特に、2番の検索で表示される広告枠の部分からは絶対に取引所にアクセスしないようにしてください!(ほとんどのフィッシングサイトがこの広告枠に偽サイトを出しています)

HitBTCーフィッシングサイト

フィッシングサイトは見た目は本物と同じです。URLに注意するなどもありますが、基本はURLも似せて作られているので、URLからフィッシングサイトかを判断するのは、ほぼ不可と思っておいた方がいいです。

今後もこういったフィッシングサイトや詐欺サイトなども次々と出てくるものと思って、常に敏感過ぎるほどの危機管理を持っておくのが詐欺に引っかからない方法です。

投資家チャーリー・マンガーが仮想通貨を痛烈批判!

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットが会長を務める投資持株会社バークシャー・ハサウェイの副会長にあたるチャーリー・マンガー氏がビットコインを「完全に愚か」と痛烈に批判しました。

さらに仮想通貨に対して、下記のように株主総会で発言してたようです。

安易な金儲けに人々が飲み込まれているのが、ただただ不愉快だ。<中略>これに対する、我々の政府の手ぬるいアプローチは間違いだ。これほど悪質な物への正しい答えは、厳しく踏みつけることだ。

バフェット氏も仮想通貨に対しては懐疑的なので、投資の神様からは仮想通貨投資は嫌われてるようです。

どこかで、JPモルガンのダイモンCEOのように意見が変わってくれればいいのですが…

ゲーム会社アタリが独自のデジタル通貨発行で株価高騰!?

古くからある海外のビデオゲーム会社の「アタリ」が独自のデジタル通貨を発行すると発表があり、アタリの株価も2月8日以降から60%も上昇しました。

日本でも海外でもそうですが、仮想通貨関連やマイニング事業に参加すると発表があった上場企業の株価が上昇しているものが多いように思えます。

上記では、バジェット氏やマンガー氏が仮想通貨投資や仮想通貨を「悪い結末を迎える」と批判していますが、終わりゆく市場に大企業が新規参入して株価が上がるのでしょうか。

まだまだ仮想通貨やブロックチェーン技術は黎明期で、これからどうなるのかはまだ誰にも分かりません。私自身、認証バイヤスがかかっているのかもしれませんが、仮想通貨投資にも技術面においても明るい未来が待っているように思うのですが…。

私個人は仮想通貨の未来は各国の政府や中央銀行と、どのように共存していくかが一番の課題と考えています。

保有している仮想通貨一覧

クリプトフォリオのポートフォリオの表示の仕方が変わっている…。比率が高いのが右側に移動している!!

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月16日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 110.4 -1.62%
ビットコインキャッシュ BCC 15.58万 +8.46%
イーサリアム ETH 9.89万 -0.32%
アリス ALIS 55.21 +1.12%
ネム XEM 51.67 -9.16%
リスク LSK 3169 +4.02%
ネオ NEO 1.28万 -0.28%
モナコイン MONA 577 +9.07%
仮想通貨総資産平均合計 +1.28%

MONAコインがかなりいい感じですね!1歩づつ着実にゆっくりと価格を上げている印象です。

ZaifのテレビCMも始まったので、もしかするとまたモナコインの時代が到来するかもしれません(*‘∀‘)……到来しないかもしれません。

Zaifでのモナコインの買い方の記事を先日書いたので、MONAに注目している方はぜひ参考にしてくださいね♪

Zaif取引所でモナコインの買い方と売り方を初心者向けに詳しく解説しています。モナコインは国産通貨ですがアトミックスワップが成功したなどの好材料が入り世界中から注目されている仮想通貨です。Zaifでの注文の仕方や買い方が分からないという方はぜひ参考にしてください。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月16日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

Binance銘柄では、昨日に引き続きVENが調子よいですね~(*´’▽’`*)!

VENは2月26日にリブランディングを控えています!それで徐々に上げているのかな!?

その他の銘柄も基本は調子よさげです。本日は大きく下げている通貨は無しです!

それではまた明日☆

コインチェック「賠償責任を一切負わない」利用規約は有効か?

知らないと損をする? コインチェック「賠償責任を一切負わない」利用規約は有効か 弁護士が解説 (1/2)

 

 コインチェック社から約580億円分の仮想通貨NEMネム)が外部に不正送信される事故が発生して10日たちましたが、その後も金融庁による業務改善命令発出やコインチェック被害者弁護団結成など、毎日のようにコインチェック&仮想通貨関連のニュースが駆け巡っております。(編集部注:この記事は2018年2月7日に掲載されたものです)

 

 今回気になった記事はこちら。

 

・コインチェックの利用規約をチェックしたら、通常あるはずのアレがなかった(サインのリ・デザイン)

 

 コインチェックの利用規約について複数の角度から分析を行う内容であり大変有益なのでご一読いただくとして、本記事ではwebサイトの利用規約に「当社は賠償責任を一切負いません」と書かれていても有効なのか(免責規定はどこまで有効なのか)について、コインチェックの利用規約を例に学んでみましょう。

 

利用規約とは、webサイトの利用者と運営者が交わすルール


 利用規約とは、webサイトの利用者と運営者が交わすルールのことです。

 

 サービス種類や料金の支払方法、著作権がどちらに帰属するか、運営者が負う損害賠償の範囲などが定められており、利用者はあらかじめこれらのルールに同意しないとサービスを利用できません。

 

 TwitterでもFacebookでもメルカリでも、およそwebサイトを利用する昨今のビジネスでは利用規約が定められています。

 

Twitter利用規約

Facebook利用規約

メルカリ利用規約

 

 利用規約に書かれているルールを守るとあらかじめ約束した人だけが、サービスを利用できる形式になっています(同意ボタンをクリックする形式で約束をさせるサイトが多い)。

 

 インターネット上のwebサイトは多数の人が利用するため、いちいち個別に契約書など作ってられません。そこで利用規約というユーザーに統一して適用されるいわば契約書のひな型を置き、そこに書かれた内容に同意する人のみにサービスを提供する(同意しない人には利用サービスを提供しない)ことで、webサイトにおける1対多のビジネスを容易にしているわけです。

 

 利用規約の特徴として、個々の利用者ごとの個別の修正には応じない点があります。

 

 利用者ごとの要望に応じていたら大変ですし(自分だけは投稿内容の著作権利用許諾はしたくない、自分だけは損害賠償を制限なく行いたいなど)、運営側がこれらの要望に応じるメリットも無いので、運営側の作った利用規約に応じるか否か、イエスかノーかにしているのですね。

 

 利用規約と良く似たものに、保険会社の保険約款があります。

 

利用規約には原則何を書いてもOK(契約自由の原則


 利用規約には、公の秩序や強行法規に反しない限り、どのような内容でも自由に定めてOKです。

 

 このような「誰と」「どんな内容の」契約をするかは自由であるというルールを契約自由の原則といいます。

 

例外的に無効になる場合もある(強行法規)


 契約自由の原則は、当事者が対等の場合に機能します。

 

 例えば職場の使用者と労働者、建物の賃貸人と賃借人など、いずれか一方の立場が強い場合、契約内容を自由に決められると、強い方が決めたルールに、弱い方は一方的に従わざるを得なくなります(どちらの立場が強いかは、昨今は微妙ですが)。

 

 そこで国はこのような弱い立場に置かれる者を保護するために、契約自由の例外となる法律を作っています。労働基準法(労働者保護)、借地借家法(賃借人保護)、消費者契約法(消費者保護)などがこの例外にあたり、これらは契約自由の例外として強制的に適用されるので「強行法規」と呼ばれます。

 

 強行法規に対して、契約自由の原則通り当事者が自由に定められる規定を「任意法規」と呼びます。

 

 任意法規と異なる利用規約や契約をしても、契約自由の原則により有効ですが、強行法規に反した利用規約や契約は無効になります。

 

インチェックの「賠償する責任を一切負わない」との利用規約は有効か


 コインチェックの利用規約には以下の内容が定められていました。

 

インチェック利用規約

第17条(免 責)

(略)

5 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、登録ユーザーのメッセージ又は情報の削除又は消失、登録ユーザーの登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して登録ユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

 一定の場合に損害賠償その他の法的責任を免れるための規定を免責規定といいます。

 このような登録ユーザーが被った損害について、いかなる場合であってもコインチェックは賠償責任を一切負わないとする免責規定は有効なのでしょうか。


強行法規である消費者契約法第8条1項には、以下の内容が定められています。

消費者契約法

 

(事業者の損害賠償の責任を免除する条項の無効)

第八条 次に掲げる消費者契約の条項は、無効とする。

 

一 事業者の債務不履行により消費者に生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項

二 事業者の債務不履行(当該事業者、その代表者又はその使用する者の故意又は重大な過失によるものに限る。)により消費者に生じた損害を賠償する責任の一部を免除する条項

三 消費者契約における事業者の債務の履行に際してされた当該事業者の不法行為により消費者に生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項

四 消費者契約における事業者の債務の履行に際してされた当該事業者の不法行為(当該事業者、その代表者又はその使用する者の故意又は重大な過失によるものに限る。)により消費者に生じた損害を賠償する責任の一部を免除する条項

(略)

 

 つまり消費者と事業者との間でなされるBtoC取引においては、事業者の損害賠償責任の全部を免除する規定は消費者契約法に抵触するものとして無効(同法8条1項1号及び3号)になります。

 

 BtoC取引の場合の免責規定は「事業者に軽過失がある場合に」「賠償責任の一部を制限する」規定のみが消費者契約法上有効となります。BtoC、BtoBでそれぞれ無効になる免責規定の範囲については以下の当事務所過去記事に詳しいです。

 

利用規約における免責規定は会社を救う(STORIA法律事務所)

 

 コインチェックの利用規約第17条5項(免責規定)は、理由のいかんを問わずコインチェックが利用者に対して負う損害賠償責任の全部を免除する旨を定めているように読めます。

 

インチェックの利用規約のうち少なくとも第17条5項は、消費者契約法第8条1項1号及び3号に反するものとして無効となる可能性が高いと思われます。

 

 なお東京地裁平成20年7月16日(金融法務事情1871号51頁)は、FX取引の約款で、事業者が定めたコンピュータシステムの故障や誤作動等で生じた損害からは免責されると定めた免責条項につき、消費者契約法第8条1項1号に照らして、事業者に責任がある場合には適用されないと判断しています。

 

なぜコインチェックは消費者契約法上無効となる免責規定を定めたのか


 それではなぜコインチェックは、消費者契約法上無効となる免責規定を含んだ利用規約を定めているのでしょうか。

 

 これはひとえに「賠償する責任を一切負わない」と利用規約に書いておくことで、諦めてくれる登録ユーザーもいるかもしれない、という点に尽きると思われます。

 

 争われたり訴訟になったら無効になるかもしれないが、一定数は規約を見た段階で諦めてくれるかもしれない、利用規約に書いてあるから請求しても無理だな、と思ってほしいわけです。

 

 ちなみにコインチェックのように、消費者契約法その他の強行法規に抵触して無効となる可能性がある免責規定を利用規約に「あえて」(または知らずに?)設置しているwebサービスは他にもあります。

 

 免責規定が消費者契約法第8条に抵触して無効と判断されても罰金などの法的ペナルティーがあるわけではなく、民法などの法律に従った処理が行われるためです。

 

 もっとも消費者契約法に抵触する利用規約を定めている企業に対しては「そのような順法精神しか持ち合わせていない企業」または「消費者契約法すら知らない企業」との評価を免れないでしょうし、やはり消費者契約法を含む強行法規に抵触しない利用規約をきちんと作成しておくことが結局は望ましい、というのが私見であります。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/16/news026.html

 

No tags for this post.

【仮想通貨】剛力彩芽が仮想通貨取引所「zaif」のCMに登場

1: 2018/02/16(金) 09:06:15.69 ID:Sn38Gt4U0 BE:292723191-PLT(19081)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
テックビューロ株式会社は、女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM
「ビットコインするならZaif ?ハピネス篇?」(15秒)を本日16日より全国にて放映を開始いたします。
またYouTube等での長編やメイキング動画の配信も予定しています。

仮想通貨やブロックチェーン技術への社会の注目が高まると同時に、仮想通貨取引所への
関心も日々増しております。その中で一般消費者へ向け、当社が運営する仮想通貨取引所
「Zaif」の安全への取組について知っていただき、さらにはサービスの認知向上、そして
業界全体のイメージ向上を目指し、全国規模によるテレビCMを活用したプロモーションを実施いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000012906.html
no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518739575/


続きを読む

コインチェック580億流出NEM※14億円がロシアのダークウェブで換金済~洗浄のルートが確保できましたのでとのたまっていた日本人の影?

“14億円分”流出NEMが換金済!なぜロシアに?

 

 仮想通貨取引所「コインチェック」から「NEM」が流出した問題で、その一部がロシアの匿名サイトで別の通貨に交換されていたことが新たに分かりました。

 

 これは、“ダークウェブ”と呼ばれる闇のウェブ。通信元を隠す「Tor(トーア)」など、匿名化ソフトを使わないと接続できないサイトです。

 

この“ダークウェブ”で仮想通貨交換業者「コインチェック」から大量に流出したNEMが取引されていることが明らかになりました。

 

情報セキュリティーの専門家の杉浦氏によりますと、犯人側は、“ダークウェブ”上の取引所を通じて、他の仮想通貨や法定通貨と交換。交換した人が、さらにロシアなどの業者と取引し資金洗浄を図っているということです。

 

警視庁は、こうしたNEMの動きを把握。不正アクセス禁止法違反の容疑で捜査をしているということです。

 

この“ダークウェブ”上で流出したNEMをで取引する動きは、8日に始まったのだといいます。

 

一部報道によると、今月9日時点では、“ダークウェブ”で取引されたNEMは約5億円。犯人側はこの数日間で、動きを活発化させています。

 

また、取引のたびに新たな口座を作るなど、「ネム財団」などからの追跡を逃れるために、捜査をかく乱しているのだといいます。

 

警視庁はすでに複数の人物が犯人側との取引に応じたことを確認しており、このうち、日本人の男性から任意で事情を聴いているということです。

 

今後も、激変が予想される“仮想通貨”。その未来には、何が待ち受けているのでしょうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/14302005/

 

No tags for this post.