NFT(非代替性トークン)

No tags for this post.

DeFiの次はNFTか?セクシー女優のNFTが1.6億円売れる

仮想通貨界隈で爆発的なブームとなっているDeFiですが、早期に目を付けていた人々は多大な利益を得ることができました。

そんな金脈が眠っている仮想通貨ですが、次はNFTのブームが来るのではないかと囁かれています。

今回は、そんなNFTで衝撃の話題が上りましたので、ご紹介させて頂きます。

 

セクシー女優のデジタル写真が1.6億円分完売

男性諸君であれば知っているであろう、セクシー女優の波多野 結衣さんが、自身のデジタル写真をNFTで販売しました。

NFTとは、デジタル資産のことを示します。

写真やアート、映像や3Dまでネット上で取り扱えるデータをブロックチェーン上で取引することが可能です。

ブロックチェーンを利用することで、所有者を明確に示すことができる為、偽物と本物を見分けることができます。

ビットコインのように、数に上限を設けて”価値”を生み出すことができるので、今後はNFTを利用する投資家が増えていくだろうと考えられています。

今回の波多野さんのデジタル写真も、3000枚限定で販売されました。

一見、枚数が多いようにも感じられますが、開始数分で3000枚全てが販売されておよそ1.6億円もの収益が入ったようです。

▲中国人までもが購入するほどの人気

NFTは転売もできる

なぜこれほどNFTが人気なのか。

その理由は、NFTが転売できるところにあるでしょう。

購入したNFTは、ブロックチェーン上で再度売買をすることができるので、仮想通貨と同じように投資商品として地位を確立しつつあるのです。

例えば、最近だとTwitterの初ツイートがNFTとして販売されて、およそ3億円の値が付きました。

これは、初ツイートという貴重な価値が、今後3億円を上回ると考えた投資家が購入したとみられています。

 

NFTで仮想通貨の普及広がるか

もし、NFTが美術アートのように取引される未来が来た場合、併せて仮想通貨の普及も広がる可能性があるでしょう。

最近では、NFTの特集がテレビで組まれたり、有名人がNFTを販売したりと、着実に一般人への認知は広がってきています。

ですが、NFTを購入するには仮想通貨で支払いをしなければいけません。

その為、彼らがNFTを購入したいと思ったときに、仮想通貨を必ず知ることになります。

そこで興味を持って、仮想通貨への投資を始める者も現れるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

IT企業4社が業務提携!NTF相互利用のためのOct-Pass策定を発表

要点

・IT4社が業務提携し、NFT相互利用のための共通仕様であるOct-Passを策定することが発表されました。
・Oct-Passの登場により、これまでNTFの課題と言われてきた問題を最小化させていくことが同時に発表されました。

4社提携でOct-Passがついに発表される




「NFTをもっと自由に!」をコンセプトに、ブロックチェーンコンテンツ関連企業4社が共同で、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)を相互利用するための共通仕様Oct-Passを策定することを共同発表しました。


ブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyo株式会社(東京都新宿区、上野広伸代表取締役)は、2020年10月23日(金曜)
CryptoGames株式会社(東京渋谷区、小澤孝太代表取締役)
株式会社フィナンシェ(東京渋谷区、田中隆一代表取締役)
株式会社スマートアプリ(東京港区、高長徳代表取締役)
の計3社と業務提携しました。

今回発表された業務提携には、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFTを相互利用するためのオープン・コンテンツ・トークン(Open Contents Token)共通仕様「Oct-Pass」を4社が共同で策定することを目的として提携されています。

NFTとは?


※画像引用先:Oct-Pass 公式ブログ 


NFT(Non-Fungible Token)はERC-721に準拠して発行された非代替性トークンで、ERC-721は『所有、譲渡、譲渡の委任』を定義する規格である事でも知られています。

そのNFTとは、文字通り代替が不可能なトークンであり、“Fungible” は代替できる=代替可能という意味です。
価値が一定で交換できるもののことを指しており、私たちが毎日使用するお金(法定通貨:JPY)がこれにあたります。

NFTは、ERC-721規格でのみ扱うことが可能で、この“ERC”はすでにご存じの方も多いですが、Ethereum Request for Commentsの頭文字を取って作られた造語で、ほかにもERC-20規格トークンも発行されています。
ちなみに、ERC-21はNFT専用規格として設計されたものです。

NFTはゲーム分野で活発に採用されており、ゲームユーザーからの認知度はすでにかなり高く、ゲーム内で使われているアイテムをNFTを介して希少性を確保したり、市場でアイテムを適正な価格で売買できメリットももたらしています。


これまでは、NFTごとにメタデータ(※テータのためのデータ)フォーマットが異なる仕様でした。
その為、統一しづらいだけではなく、取り扱いも難しく、NFT作成者やアプリケーションごとの個別対応のためのシステム開発や調整がその都度要求されており、NFTにとって最も大きな課題が共通仕様の開発でした。

そこで今回発表されたOct-Pass が登場しており、NFTメタデータの共通仕様「Oct-Pass metadata format」を定めることで、これら困難な状況を改善するだけでなく、NFT作成者やアプリケーションでNFTの取り扱いを簡便にすることを目指していくと述べられています。

このOct-Passは、誰でも無償で自由に利用できるオープンなNFT共通仕様で、同仕様に準拠してNFTメタデータを作成することで、アプリケーション間におけるNFTの相互利用が容易にできるようになるとのこと。
その結果、ゲームやSNS、マーケット、ウォレットなど異なるアプリケーションや、異なるブロックチェーンを跨いで、NFTで世界と繋がる「NFTメタバース」を実現する一歩となることを目指しているとプレスリリースで発表されています。

NFTメタデータの共通仕様「Oct-Pass metadata format」は
ベーシック(basic)
NFTの基本的情報である名前や種類、サムネイル画像、発行数
コンテンツ(contents)
NFTのコンテンツ情報と利用や改変に対するライセンス情報
プロパティー(property)
コンテンツの性質などの付随情報
以上の3つのカテゴリー別にメタデータの共通仕様を定義し、ブロックチェーンコンテンツ利用に適したフォーマットを目指して行くと述べています。

API仕様Oct-Pass API specの特徴




イーサリアムのスケーラビリティや送付手数料高騰などが起因となるNFT流動性不全を解決するために、特定ブロックチェーンに依存せず、複数ブロックチェーン上でNFTを取り扱うためのAPI仕様「Oct-Pass API spec」についても提案しています。

Oct-Pass API specは、異なるブロックチェーン間でNFTを流通したり利用するためのAPIの共通仕様を定義していくとのことです。

これまでNFTは、イーサリアムなどの特定のブロックチェーンの中だけに存在していました。
その為異なるブロックチェーン同士は対応できなかったことが2つ目の課題と言われていました。

Oct-Pass API specに準拠して複数のブロックチェーンに対応したゲートウェイを実装することによって異なるブロックチェーン上のアプリケーションやサービスでNFTが取り扱いやすくなるとのことです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.