PayPal(ペイパル)

No tags for this post.

オンライン決済大手PayPal、ビットコインや仮想通貨の取扱いを発表

要点

・オンライン決済最大手のPayPalが、仮想通貨をサポートすることを発砲しました。この決定は、ビットコインにとって歴史的瞬間になる可能性があると専門家は述べています。
・PayPalの今回の発表は、同社の3億4600万人という膨大でグローバルなアクティブユーザーをデジタル資産へと導くことができます。

PayPal(ペイパル)が間もなく仮想通貨の取扱い開始


※動画引用元:PayPal「PayPal Launches New Service Enabling Users to Buy, Hold and Sell Cryptocurrency

オンライン決済最大手のPayPal(ペイパル)が、顧客がビットコインやその他の仮想通貨を間もなく購入、販売、使用できるようになることを発表しました。この発表によってビットコインは価格が高騰しただけでなく、仮想通貨業界からも大歓迎されています。

Statistaによると、PayPalのアクティブユーザーアカウントの数は2020年の第2四半期に3億4600万に達しており、膨大なの数のユーザーが仮想通貨で取引ができるようになります。

3.5億人のPayPalユーザーがビットコインにアクセスできる


2010年Q1~2020年Q2でのPayPalのアクティブユーザーアカウント総数
※画像引用元:statista

オーストラリアのデジタルマーケティングエージェンシーであるE-WebMarketingが調査したデータ結果が示したように、PayPalユーザーの約43%がアメリカ出身で、アメリカのミレニアル世代の87%がPayPalを使用して送金しています。これは、発売時に、約1億5000万人が、PayPalウォレットの使い慣れた環境のなかで仮想通貨を購入、販売、および使用できることを意味しています。

クオンタムエコノミクス(QuantumEconomics)アナリストのジェイソン・ディーン(Jason Deane)氏は、PayPalの発表について

ビットコインやその他の仮想通貨の大量採用のマイルストーンであり、ビットコインの歴史書が書かれるときに極めて重要であると考えられる瞬間である可能性が非常に高いです。

ビットコインやその他の仮想通貨の大量採用のマイルストーンであり、ビットコインの到達範囲を大幅に加速し、追加サービスの開発を推進します。さらなる制度につながる可能性があり、ビットコインの歴史書が書かれるときに極めて重要であると考えられる瞬間の可能性が非常に高い

と語っていたことが海外メディアによって報じられています。

PayPalのクローズドループサービス

ジェイソン・ディーン(Jason Deane)氏のように大歓迎している専門家がいる一方で、一部の専門家は、PayPalのシステムは仮想通貨を購入して保持する「真の」方法ではなく、同社は少なくとも現時点で、PayPalアカウント間で仮想通貨を取引するオプションはないと述べています。

このコメントに呼応するように

PayPalは現在、このサービスをアメリカにのみ提供しており、機能からすると非常に基本的なものです。ビットコインを引き出して他の場所で使用したり、外部からビットコインの送信はできません。

とイギリスを拠点とする取引所コインコーナー(CoinCorner)の創設者兼CEO(最高経営責任者)であるダニー・スコット(Danny Scott)氏は述べています。

それでも、業界の観点から見ると、新しいビットコイン採用者の数が非常に多く今回の発表が業界にとって前向きな一歩を示しており、ビットコインとその将来にさらに信頼性をもたらすため、依然として素晴らしいニュースであると同氏は述べています。

仮想通貨に関連する事件などを専門とする法律事務所アンダーソンキル(Anderson Kill)のワシントンD.C.オフィスのパートナーであるスティーブン・パリー(Stephen Palley)氏は、PayPalの動きについて“資産クラスの正常化の兆候”だとツイートし、多くの人々がブランドマーケティングの価値を理解していないようだとコメントしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

PayPal(ペイパル)がPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始か

要点

・ペイメント業界大手のPayPal(ペイパル)がPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始したことが報じられました。

PayPal(ペイパル)で暗号化サービスを開始か


(画像引用先:PayPal)

コロナ禍の影響を受け、自宅にいることが増えると同時にオンラインショッピングで必要な物を購入している方も急増しています。
オンラインショッピングで毎回決済方法に悩ませている方も多い中、キャッシュレス化を進めている人たちの中には、決済サービスを利用して毎回の決済手続きの煩わしさから解放されている方も増えています。

オンラインショッピングで便利に決済を済ませる選択肢の一つに『PayPal(ペイパル)』があり、あらかじめカードや銀行口座を登録しすることで、オンラインショッピングではIDとパスワード入力だけで決済が完了できる仕組みです。
このPayPalでは、銀行口座や口座振替設定をするだけで、友人や家族間でのお金の送受金が簡単にできる点も注目されています。

そんなペイメント業界で大手のPayPalでは、企業が自社アプリケーション内で仮想通貨の購入や販売、保有、送金機能を提供できるようにするプラットフォームPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始したと海外メディアが報じています。

大手メディアのCoinDeskが報じた内容によると、7月20日(月曜)に、フィンテック企業のRevolut USが最初の顧客として発表され、ニューヨークを拠点にしているPaxosのプラムアサインメントで、情報筋によると、PayPal関係の正式な発表は今週中に発表される可能性があると報じています。
この提供によって、PayPalは仮想通貨の購入を提供する最も有名な企業の1つに加わると報じられました。

ただし、現時点でPayPalは公式発表をしていないことから、同社の発表が待たれている状況が続いています。

PayPalユーザー3億人が仮想通貨決済可能に

APIベースの仲介サービスによって、フィンテック企業は仮想通貨の購入、販売、保持、送信機能を独自のアプリケーションに統合できるようになり、Paxosは規制、技術、流動性の全側面を処理し、フィンテック企業はフロントエンドの経験を担当するとのことです。

PayPalの暗号化計画は2020年6月に、PayPalとVenmoのユーザーに仮想通貨売買を提供する計画が進行中であることをTHE BLOCKが報じたばかりでした。
なおPayPal は今年3月、欧州委員会に対して、暗号化機能を開発中であり、暗号化資産のEUレベルのフレームワークの構築に賛成であるとの書簡を送っています。

PayPal は世界で3億人を超えるユーザーを抱えており、同社による暗号化サービスの開始は大規模にものなることが予想されています。
また、すでに暗号化サービスを提供している他の主要なフィンテック企業には、RobinhoodやSquare’s Cash App、eToro、SoFiなどがあり、これらの企業とは対照的に、WealthfrontやBettermentなど、他のいくつかのフィンテック大手はまだ暗号化市場へ参入していません。

仮想通貨決済導入が大きな転換点に!

Paxosのチャールズ・カスカリル(Charles Cascarilla) CEOは7月15日の同社公式ブログの中で、同社の仲介サービスが暗号化採用の「主要な転換点」が生まれる事に喜びを感じていると述べています。
主流のオーディエンスが大勢いる企業がデジタル資産の需要に応え、デジタル金融の未来を探り始めることができるようになり、自社の内部交換itBitを拡張することで、新規クライアントの需要に対応する準備をしていると語っています。

一方のPayPalも、テクノロジーは進化し続けており、透明性を促進しながらイノベーションを促進する思慮深い規制は、業界の成長と繁栄に役立つと信じていると述べています。

PayPalは以前Libraプロジェクトのメンバー企業として加わっていたことでも知られています。しかし、Libraに対する逆風が日増しに強くなっていた2019年10月、Mastercardやvisaなどの大手決済企業とともに同プロジェクトから撤退しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.