仮想通貨取引所QUOINEXを紹介します。

今回は、利用する上のメリット・デメリットを中心にまとめました。実際のユーザーの意見も紹介するので、取引所を使った際のリアルな感想も知ることできます。

この記事を読んだら簡単にQUOINEXがどんな取引所がわかる内容となっているので、参考にしてくださいね!

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本を本拠におきながら、シンガポール、アジアにも展開する取引所です。

2017年9月に日本で初めて金融庁に認可されました。

取り扱い仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルの4種類に加え、QASH(キャッシュ)というQUOINEXが独自に発行している仮想通貨も取引できます。

取り扱い通貨 取引手数料 入金手数料 出金手数料 レバレッジ倍率
5種類 無料 無料 500円 25倍

また、円以外にも米ドル、ユーロ、オーストラリアドルなどあらゆる法定通貨に対応しており、52種類の通貨ペアを取引できます。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)を他の取引所と比べた時のメリット・デメリット

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリットはQASHが取引できるのとレバレッジ倍率が高いことです。

デメリットとしては取り扱い通貨が少ないのと、追証があることです。

 

メリット①QASHが取引できる

QASHが取引できるのは、国内でQUOINEXだけです。

QASHはQUOINEX社が独自に開発する金融プラットフォーム「LIQUID」で使われる仮想通貨で、ICOで124億円の資金を調達した注目プロジェクトです。

海外取引所Bitfinexの提携も発表されており、今後LIQUIDが本格的にサービスを始めるため期待もされています。

 

メリット②レバレッジが国内最大25倍

日本の現法律で取引できるレバレッジ倍率は25倍です。なので、QUOINEXは国内最大の倍率でレバレッジ取引ができるということです。

さらに、イーサリアムもレバレッジ25倍で取引できます

この倍率でイーサリアムを取引きできるのは国内で「みんなのビットコイン」しかなく、貴重な取引所です。

 

デメリット①取り扱い通貨が少ない

QASHを除けば主要な仮想通貨は4種類しかありません。

色々な仮想通貨を取引きしたい方は物足りないかもしれませんね。

 

デメリット②追証がある

レバレッジ取引では追証がない取引所が多いですが、QUOINEXでは追証があります。

ただし、レバレッジは2倍から選択できるので、慣れてない方は低いレバレッジから始めるといいでしょう。

 

SNSなどでの口コミ

最後にTwitterの口コミを紹介したいと思います。リアルな感想が反映されているので、とても参考になりますね。

セキュリティーも徹底しているので、評判はいいです。

タイトなスプレッドを売りにしているQUOINEXですが、実際にかなり狭いようです。

 

まとめ

QUOINEXの特徴をまとめると、手数料(スプレッドも含む)の安さ・QASHの取引・レバレッジ25倍が挙げられます。

また、口コミにもあったようにセキュリティー対策もコールドウォレット・マルチシグ・出金プロセスの管理と安心して使えます。

日本で初めて金融庁に認可されただけありますね。

また、今後は独自の金融プラットフォームLIQUIDのサービスを本格的に運営していくことが発表されており、QASHの値上がりにも期待できます。

手数料が安いので、初心者の方でも使いやすい取引所でしょう

すでに他社で口座を開設している方も、サブで持っておけば間違いない安定した取引所です。

知らなかったかたは、この機会に口座を開設するのを強くおすすめします

 

登録はこちらから

↓↓↓

QUOINEX公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.