Spark(スパークトークン)

No tags for this post.

Sparkトークンの取引がスタート|初動は一時XRPの価格を超える

XRP保有者におよそ1:1の割合で配布される予定のSparkトークンが、6日午後16時よりbitrueで事前取引出来るようになりました。

Sparkトークンそのものの配布は2021年後半頃を予定していますが、この事前取引によっておおよそのSparkトークンの価格を確認することができます。

現時点では、まだ取引が始まったばかりということもあり価格の変動が激しいものの、一時はXRPの価格を超えることもありました。

 

Sparkトークンの事前取引が始まる

6日16時頃、取引ペアにXRP基軸を採用したことで話題になったbitrueが、Sparkトークン(FLR)の事前取引を開始しました。

事前取引とは、まだ実体のないものをあると仮定した上で行われる取引です。

Sparkトークンの配布は2021年後半を予定していますが、この事前取引によって配布前からトレードをすることが出来ます。

なお、bitrueの事前取引によって獲得したトークンは、将来的にSparkトークンと交換することが可能です。

価格の変動が続く

Sparkトークン(FLR)の事前取引は、インドの仮想通貨取引所Giottusでも既に実施されており、そこでは1FLR=15インドルピー(約21円)とおおよそXRPと同じ価格で取引されていました。

その為、bitrueで取引が開始された場合も、同じ価格で落ち着くものだと思われておりました。

しかし、取引開始早々から1FLR=1.5XRP(約35円)に到達したかと思いきや、その後すぐに1FLR=0.3XRP(約7円)まで下落するなど激しい価格変動を見せております。

Sparkトークン自体まだ配布されていないことや、取り扱いをしている取引所の少なさ、そして出来高の少なさなど様々な問題があることから、当面の間は不安定な価格変動が続くと考えられるでしょう。

なお、bitrueの取引を行うには本人確認手続き(KYC)が必要であり、米国とシンガポールのユーザーは利用が出来ません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

XRPホルダーに朗報!Coinbase(コインベース)がエアドロップサポート

要点

・Coinbaseは、全XRPホルダーに対し、無料の仮想通貨を提供するエアドロップをサポートすることを明らかにしました。
・エアドロップはコインベース以外の複数の仮想通貨取引所でもサポートをしています。

Coinbase(コインベース)がエアドロップをサポート



Coinbase(コインベース)顧客はエアドロップを受け取れるという朗報が舞い込んできました。ただし、実際に受け取るためにはトークンをリストする必要があるとのこと。


 


先週、来週すべてのXRP保有者に同量のSparkトークンを発行するFlare Networkは、Coinbaseは顧客をエアドロップへ参加させるには「遅すぎる可能性が高い」と述べていました。
しかし、12月6日、Coinbaseは事態を好転させたと発表しました。


 
※日本語訳) Sparkエアドロップ。12月12日のスナップショット日にアカウントにXRPを保持している承認管轄区域の顧客は、Sparkトークンを受け取る資格があります。FlareNetworkの立ち上げ後にエアドロップを配布する予定です。


また、本日付のブログには、「2020年12月12日午前00:00UTCのスナップショット日時にCoinbaseまたはCoinbaseProでXRP残高を保持している適格な顧客である場合、FlareNetwork立ち上げ後の日付でCoinbaseからSparkトークンを受け取れると発表しています。
なお、受け取るSparkの量については、スナップショット時にアカウントにあったXRP保有量によって異なるとのこと。

アメリカ・サンフランシスコに拠点を構える仮想通貨取引所のCoinbaseは、Coinbaseが取扱い可能な仮想通貨と取扱いのできないコインを決定する規制当局に注目されています。
そのため、Coinbaseがエアドロップをサポートしている場合でも、特定の顧客はコインを受け取る資格がない場合があり、次のように述べています。

資産をサポートするという私たちの決定には、重要な技術的およびコンプライアンスのレビューが必要であり、一部の法域では規制当局の承認が必要になる場合があります。したがって、現時点で特定の管轄区域でSparkがいつ配布可能になるのか、利用可能になるかどうかは保証できません。

現時点でCoinbase側は、“管轄区域”についての詳細は明かしておらず、その地域がエアドロップをサポートしているのか、明らかにしていません。

Sparkトークンのエアドロップをサポートする複数の仮想通貨取引所には、Kraken(クラーケン)、Binance(バイナンス)、Bitfinex(ビットフィネックス)、Bithumb(ビッサム)、Bittrex(ビットトレックス)、eToro(イートロ)、Huobi(フォビ)、OKEx(オーケーイーエックス)、Poloniex(ポロニエックス)でサポートをしていることが分かっています。

FlareNetwork とSpark について




Sparkは、XRP元帳にイーサリアムのような機能をもたらすことを目的としたシステムを構築したFlareNetworkのネイティブトークンです。

FlareNetworkであるSparkは、これまでにないユーティリティフォークで作成されます。これにより、オリジンネットワークは、ユーティリティの増加によってメリットを得ることができます。

と、スマートコントラクトプロジェクトチームは8月10日付のブログにて記載しています。

Flareは、2つの重要な問題を解決するために存在していると明言しています。
仮想通貨業界を構築する上で重要になるのが、パブリックブロックチェーンに存在する価値の75%が、現在、スマートコントラクトで信頼できない方法で使用できないことだとFlareNetworkは述べています。

そしてもうひとつの重要な問題であるのが、短期的および長期的な結果の両方で、今日のスマートコントラクトネットワークにスケーリングがどのように実装されているかについて問題がある点です。
新しいネットワークの大部分は、プルーフオブステークまたはそのバリアントを使用しており、これらのプロトコルは、ネイティブトークンからネットワークの安全性を引き出すとしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.