VISA

No tags for this post.

VISAがデジタル・ドル・ブロックチェーンの特許申請提出!日本も対象か

要点

・VisaがDigital Dollar Blockchainの特許申請提出
・世界的にデジタル通貨発行の機運高まる

 

VASAがデジタルドル発行の特許を申請

 

大手決済企業のVISAが、デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)発行のための特許申請をUSPTOアメリカ特許商標庁(United States Patent and Trademark Office)へ提出したことをForbesが報じました。

提出された特許申請は、ブロックチェーン技術を使用して集中型コンピューターでデジタル通貨を作成するためのものです。

デジタルドルの他にも円やユーロ、ポンドといった世界中のフィアット(法定通貨)をデジタル化できる技術とのこと。

 

VISAは、仮想通貨のメリットである“送金スピードの速さ”をデジタル通貨は有しているが、仮想通貨のデメリットである“規制”に晒されない(ことをあわせもっている)とコメント。

さらに、仮想通貨やデジタル通貨は電子機器を用いることから、政府がフィアットを仮想通貨やデジタル通貨に全面的に移行させるのは非現実的だと述べています。

 

特許申請のなかでVISA側はEthereum(イーサリアム)について何度も触れており、メディア側はVISAのデジタル法定通貨との連携も示唆しているとみています。

 

 

具体的にどんな仕組みなの?

 

昨年11月に特許申請が提出さ、最近になって公開されたVISAの特許システムは、大型集中コンピューターを使って中央銀行発行適用デジタル通貨が発行されることが分かりました。

この特許申請の中には、デジタルウォレットとブロックチェーンの仕組みも解説されています。

 

デジタルウォレットには、公開鍵と秘密鍵のペアも含まれていると記載。

ブロックチェーンについては、複数のトランザクションのデータを格納するための複数ブロックが存在する仕組みになるとしています。

 

紙幣のシリアル番号のほか、単位情報を受け取ることが可能な大型コンピューターが、デジタル通貨の生成と、現在の法定通貨システムから削除された物理的な通貨履歴はブロックチェーンに記録されるとしています。

 

なおUSPTOはVISAの特許について、シリアル番号と物理通貨の額面を含む要求を受け取る「中央エンティティコンピューター」として説明しています。

 

 

世界的にもデジタル通貨発行の機運が高まっている

 

米連邦準備銀行の首脳が昨年10月、アメリカの中央銀行はデジタル通貨の発行について、決定ではないものの、積極的に検討し、議論していることを公に明かしています。

 

アメリカ経済の悪化は世界的な経済不況に陥りやすいことから、ドルが世界の準備通貨としての地位を失うリスクがあるとの懸念が高まっている背景があるとみられています。

 

国際決済銀行は、各国の中銀が中央銀行CBDCにどのように取り組んでいるかをまとめた報告書では、世界人口の5分の1にあたる複数の国の中央銀行が、数年以内にCBDCを発行するのではないかとまとめています。

 

日本国内では、日本銀行が今年1月、中央銀行デジタル通貨の発行や活用の可能性を共同で検証するグループを設立。

日本銀行やヨーロッパ中央銀行のほか、カナダやイギリス、スウェーデン、スイスの中央銀行のほか、中央銀行の中央銀行と呼ばれている国際決済銀行も参加しています。

 

 

まとめ

 

世界的なCBDC発行への流れは昨年世界最大のSNSを運営するFacebook社がLibra通貨発行計画を発表する事に端を発しています。
各国が危機感を募らせ、アメリカでは法的な規制も視野にLibraの検証を始めています。

 

また、アメリカと貿易戦争真っ只中の中国もLibraに対して強い危機感を募らせており、中国発行デジタル通貨の発行計画を急ピッチで進め、すでに発行間近に迫っています。

 

このような流れの中で、VISAは冒頭でも紹介したように、政府によるデジタル通貨発行は非現実的との見方を強め、今回分かったデジタルドル発行の特許申請を提出したとみられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??

「ビットコインは持っているけれど、近くに利用できる店舗がない。」「ビットコインを何かに使ってみたい。」そういった悩みがある人も多いのではないでしょうか。以下で紹介するVISAプリペイドカードは、ビットコインでの入金を可能としたカードとなります。

以下では、『バンドルカード』と『bitFlyer VISAプリペイドカード』の2つのVISAプリペイドカードを紹介し、バンドルカードの登録方法を紹介します。


ビットコインプリペイドカードが持つメリット

「現金に換金する必要なく」ビットコインを利用することができる点がビットコインでチャージできるVISAプリペイドカードのメリットです。

通常、ビットコインを取引所内で売却し円に換金した後、銀行口座へ出金することが必要ですが、その手間もなくビットコインを利用することができます。

また、ビットコインをVISAタイプのプリペイドカードに円建てでチャージできるため、まわりにビットコイン決済ができるお店がなくて困っていた方も、これにより様々な所で利用することが可能になります。

『バンドルカード』とは

『バンドルカード』は、コンビニやクレジットカードなど様々なチャージ方法を可能としているVISAプリペイドカードです。登録無料ですぐに使い始めることができ、ビットコインからのチャージも可能となっています。

スマートフォンアプリをインストールすると利用することができ、インターネット専用で利用するバーチャルカードと、実際の店舗で利用できるプラスチックカードも300円の手数料を支払うことで発行することが可能です。

「バンドルカード』はプリペイドタイプのカードなので、事前にカードに対してチャージした分を利用することができます。また、VISAプリペイドカードであるため、VISAクレジットカードが利用できる場所ならばほとんどの場面で利用できるのです。

使いすぎが心配でクレジットカードはなるべく使いたくないという方や、クレジットカードの発行できない18歳未満の方にオススメです。

バンドルカードのVISAプリペイドカードの登録はこちらから利用ください。

bitFlyerのVISAプリペイドカードとは

ビットコインを「円建て」でチャージして、国内外のVISA加盟店で利用ができるプリペイドタイプのカード「bitFlyer VISAプリペイドカード」があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)から送られてくる「カード」の受け取りと、「バンドルアプリ」をダウンロードし設定を完了させることで利用を開始することができます。

また、カードへのチャージは、ウェブまたはアプリから自身のbitFlyer(ビットフライヤー)アカウントへログインすることで可能です。

bitFlyerのVISAプリペイドカードの登録方法に関してはこちらを参照ください。

「bitFlyer VISAプリペイドカード」サービスの詳細・特徴

手数料

入会金、年会費、利用料は「無料」です。

※ただし、「バンドルアプリ」について、一定期間未利用の場合は維持手数料として残高から100円が30日毎に引かれてしまうようです。

残高の確認方法

残高は「バンドルアプリ」で確認することができます。

プリペイド式

カードにチャージした分のビットコインだけを利用することができるので、クレジットカードのように使いすぎることはありません。

また、このプリペイドカードは「VISA」のプリペイドカードであるため、VISAの加盟店で利用することができるので、国内の店舗やレストランでの利用はもちろん、海外のVISA加盟店でも利用することが可能です。

またネットショッピングにも、クレジットカードと同様に、登録して利用することができます。

その他詳細

1回あたりのチャージできるビットコインの金額やそのた上限額は円建てで換算されます。
また有効期限も5年と設けられております。

  • チャージ上限額 1 回:3 万円、月間:12 万円、カード有効期限内:100 万円
  • 残高上限額 10 万円
  • 有効期限 5 年

『バンドルカード』の登録方法

バンドルカードは、スマートフォンアプリをダウンロードして利用を開始します。
iPhoneをお持ちの方は『AppStore』で、Android端末をお持ちの方は、『GooglePlay』でアプリをダウンロードしてください。

アカウント作成

アプリのダウンロードが済んだら、アカウントを作成します。
バンドルカードで使いたいユーザーIDとパスワードを決め、入力しましょう。

そして次に、生年月日、性別を入力します。

バンドルカードの作成に年齢制限はありませんが、未成年の場合は保護者の同意が必要になります。未成年の方はきちんと親御さんに確認を取ってから、バンドルカードの登録をするようにしましょう。

次に電話番号を登録します。

登録した電話番号にSMSが送られますので、SMSを受け取れる電話番号でなければ、登録することができませんので注意しましょう。

登録した電話番号に届いたSMSを確認し、送られてきた認証番号を入力します。

入力した内容を確認し、間違いがなければ利用規約に同意して『次へ』をタップし、アカウント登録完了です。

その後、「バンドルカード無料発行」を押すとバーチャルカードの発行は完了します。

プリペイドカードに『ビットコイン』をチャージする方法
バンドルカードには数多くのチャージ方法が用意されていますが、今回はその中でも『ビットコイン』でのチャージ方法をご紹介します。

はじめにトップ画面からチャージを選択し、『ビットコイン』を選択します。
次に左下の『リクエスト作成』をタップし、ビットコインでチャージしたい金額を入力します。

入力時の単位は『円』であり、ビットコインの単位『BTC』ではないというところに注意しましょう。

入金金額を指定したあとは、ビットコインをどこからチャージするかを選択します。
coincheckのアカウントをお持ちの方は『coincheckのアカウントを使って支払う』からcoincheckアカウントにログインしましょう。

なお、coincheckのアカウントを持っていない方は、自分のウォレットから画面に表示されるビットコインアドレスへ直接送金する必要があります。

また、送金するビットコインの金額をしっかりと確認し、送金するようにしましょう。
また、トランザクション(送金)手数料は表示金額とは別に必要になるので注意してください。

Coincheck

ビットコインの送金が終了すれば、残高に反映されます。
自分のウォレットから直接送金を行った方は、送金に最大1時間程度かかる場合があります。

もし1時間を過ぎても残高に反映されない場合は、送金に失敗している場合もありますので、一度自分のビットコインウォレットの残高を確認するようにしましょう。

ウォレットの残高は減っているのにバンドルカードには反映されていないという場合は、送金時にトラブルが発生した可能性が考えられますので、バンドルカードの『サポートデスク』へ連絡してみてください。

まとめ

ビットコインをVISAプリペイドカードである『バンドルカード』や『bitFlyer VISAプリペイドカード』にチャージすることで、オンライン、または世界に4,400万店以上存在するVISA加盟店で買い物をすることができるようになります。

ビットコインを『円』にして出金するには出金手数料がかかってしまいますが、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使うなら、それも必要ありません。

VISAプリペイドカードを使えば、ビットコイン取引によって増えた資産も有効活用することができます。
もしも今ビットコインの使い道に困っているのであれば、これらのVISAプリペイドカードにチャージして使ってみてはどうでしょうか。

まだまだ使える場所の限られているビットコインですので、ビットコインをそのまま支払いなどに利用する機会というのは少ない、または全くないことでしょう。

そんなビットコインを有効活用する方法として、今回はビットコインをバンドルカードにチャージして使う方法をご紹介しました。

しかし、今後時間が経つにつれて、ビットコインがそのまま利用できるような環境は整ってくるでしょう。
その時には、ビットコインそのもので、買い物などの支払いをしてみるのも良いかもしれません。

投稿 ビットコインでVISAプリペイドカードのチャージってできるの??COINNEWS に最初に表示されました。