WoToken(ウォートークン)

No tags for this post.

仮想通貨史上最悪!プラストークン詐欺で首謀者ら刑事責任を問われる

要点

・PlusToken(プラストークン)首謀者らに刑事責任を問う裁判が始まる
・PlusToken詐欺とは?

PlusToken首謀者らが刑事責任を問われる

仮想通貨史上最悪と言われる韓国に拠点を構える仮想通貨出資金詐欺PlusToken(プラストークン)の首謀者らに対し、刑事責任を問う裁判が進んでいます。

 

江蘇省塩城市の地元裁判所で、首謀者の一人とされているZhou Moumou(周某某)容疑者らに対する刑事責任裁判が始まっています。

 

地元メディアの報道によると…

WeChatなどを通じてPlusTokenのウォレットアプリを積極的に宣伝したほか、MLM(Multi Level Marketing=ネットワークビジネス)の組織化を進め、約193万人の会員(一部報道では会員数240万人、300万人と報じられています)を騙したことなどの罪に問われています。

 

 

仮想通貨マイニングとだまして会員を集める

 

プラストークンのウォレットは、仮想通貨資産のマネジメントアプリを装っていました。

 

しかし、実際にはマネジメントアプリではなく、犯罪者たちは高リターンを得るために、新メンバーを勧誘していたという実態が首謀者らの逮捕後に判明しています。

地元警察によると、プラストークン詐欺に関する報告は昨年にはすでに受けていたと話しており、首謀者らが高リターンを得るためにビットコインやイーサリアム、イオスなどの仮想通貨を支払うように組織化させて要求していたと地元メディアが報じています。

 

 

PlusToken(プラストークン)詐欺とは?

 

プラストークン詐欺は去年夏頃からメディアに報じられ始めていました。

 

CIPHERTRASE社の調べによると、Plus Tokenのウォレットアプリと取引所がオフラインになり、会員らは約29億ドル、日本円にして3,000億円の被害がでた可能性があると伝えています。

 

2019年は仮想通貨を使った出口詐欺の年と言われるほど、出口詐欺が急増していました。
仮想通貨価格が冷え込み、弱気相場が続く中、PlusTokenでは、複数の仮想通貨間でアビトラージ(裁定取引=金利差や価格差を利用した売買により、利ざやを稼ぐ取引手法)を行っていました。

 

これにより、毎月8%~16%のROI(投資収益率:Return On Investment=投資額に対してどれだけ利益を生み出しているかを見る尺度))が見込めると約束。

 

 

中国をはじめ、日本や韓国で人気が高く、自称「レオ」と名乗る共同創設者が、2019年2月に慈善団体主催のInvest in Futuresイベントにて、イギリスのチャールズ皇太子とイベントで会った際に撮ったとされる写真を公開したことから信用する人が急増したのではないかとCIPHERTRASE社は指摘しています。

 

会員らは、ビットコインをはじめ、イーサリアムやXRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ドージコイン、ダッシュ、プラスコインを預けていました。

 

 

PlusTokenへ参加資金するためには、最低500ドル、日本円で約5万3,000円が必要とされており、利用者を勧誘するとお金を受け取れる仕組みで、CIPHERTRASE社は「典型的なピラミッドスキーム」であると指摘しています。

 

 

ビットコインの値下げにつながった!?

 

2019年6月28日、中国の警察がバヌアツ共和国に到着した翌日の28日に、インターネット詐欺実行犯として首謀者ら6人を逮捕しました。

なお、バヌアツ政府は、中国へ逮捕された6人をほぼ即座に本土に引き渡すことを許可しています。

 

現在、PlusTokenの背後に何者が存在し、保管されている資金がどこに行ったのかなどの詳細について、中国警察およびバヌアツの政府が調査を進めています。

ブロックチェーン分析企業のチェイナリシスは、昨年12月の時点で、逃亡中のPlus Token関係者による巨額ビットコイン売却が相場の下げ圧力になっているかもしれないという報告書を公表しています。

 

 

Plus TokenとWoToken は全く同じ手法だった!?

Plus Token詐欺の手法は、最近、塩城浜海県人民法院で行われたWoToken (ウォートークン)事件とまったく同じであることが分かっています。

この2つの詐欺に関与していた人物の公判もすでに行われています。

 

WoToken事件の詳細については、今月22日の当サイト記事『WoToken(ウォートークン)はやっぱり詐欺だった!公式サイトもすでに消滅!』をチェックしてみてください。

 

なお、現在Plus Token公式サイトは定期メンテナンス中であるとして閲覧できない状況になっており、Plus Tokenサポートは閲覧できる状況です。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

WoToken(ウォートークン)はやっぱり詐欺だった!公式サイトもすでに消滅!

重要

・WoTokenが詐欺だった事が判明
・首謀者6人が逮捕される

WoToken(ウォートークン)公式サイトが消滅!


(画像引用先 WoToken報酬体系)

 

仮想通貨市場に巨額資金が世界中から集まることから、犯罪集団もあらゆる手口で資金を奪おうと仮想通貨市場へ目を付けています。

 

中国全土に渡り、多くのユーザーを抱えていたWoTokenに昨年より詐欺のうわさがでていましたが、先日、プロジェクトに関わった6人が中国当局に逮捕された事を中国のニュースサイトが報じています。

中国江蘇省塩城市浜海県人民法院の裁判資料が公開されたほか、WoToken公式サイトを消滅させたことなどから、詐欺だった事が決定的となりました。

 

逮捕された6人のうちの1人はPlusToken詐欺にも関与していたことが発覚しており、ビットコインなど5銘柄、被害総額77億9,600万元以上10億ドル超
PlusTokenに次ぐ巨額詐欺とみられています。

 

現在すでに、WoTokenの関連サイトのほか、親会社であるNERAX(※開発者はWorldBlockchain LLC、運営管理はNERAX)の公式サイトにもつながらないことから、ユーザーらに動揺が広がっています。

なお、現在WoTokenに関して閲覧できるサイトは、報酬体系に関するPDFファイルのみとなっています。(※こちらに関してもすぐに消滅される可能性があります。)

 

 

WoToken詐欺の裁判の行方について

WoToken詐欺の首謀者として逮捕されたうち、裁判所では、被告の高雄東、李斉星、王小英の調査を進めていると報じられています。

高雄東容疑者は否認を続けていることから、裁判所は、被告高雄東に対して懲役9年から11年の刑と罰金を科すのではないかと地元メディアは報じています。

 

今月14日に開かれた裁判はユーザーランクだけでも複雑なため、裁判所は一時停止し、来週引き続き裁判が開かれる予定とのこと。

 

 

WoToken (ウォートークン)とは?


(画像引用先 WoToken報酬体系)

 

WoTokenは2018年7月から2019年10月まで機能しており、ユーザーランクは驚愕の501ランクに分けられていました。

 

2019年3月に日本初上陸したWoTokenは仮想通貨ウォレットで、アビトラージによって運用される。
マスターカード(香港)との提携やMSB(Money Services Business:アメリカ金融ライセンス)も承認されたなどと宣伝され、ユーザー数は71万人を超えていました。
※アビトラージとは、取引所間で発生した価格差を利用して仮想通貨を売買し、利益を出す手法で、「裁定取引」ともいいます。

 

被害額

銘柄 被害額
ビットコイン(Bitcoin) 46,000BTC
イーサリアム(Ethreum) 2,039,000ETH
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash) 56,000BCH
ライトコイン(Litecoin) 292,000LTC
イオス(EOS) 684,000EOS

 

集客時の宣伝で謳っていた利益は
・1,000ドル以上入金 ⇒ 日利0.25%~0.50%、月利6%~15%で、基本的には月利約7%
・5,000ドル以上入金 ⇒ 日利0.30%~0.65%、月利10%~20%で、基本的には月利約10%
以上を得られると宣伝していました。

 

 

WoToken (ウォートークン)詐欺発覚までの時系列

 

WoTokenの詐欺発覚までを時系列にまとめてみました。

2019年
3月上旬 日本にWoTokenが上陸
3月15日 開発元とされる1WorldBlockchain LLC社サイトがアクセスできないことが発覚
3月下旬 ロードマップが公開
3月28日 1WorldBlockchain LLC社サイトが再開される
4月下旬 ビジネスの所有者や経営者に関する情報が掲載されず不明なことから海外サイトでWoTokenが詐欺であると報じられる(behind MLM )
5月上旬 1WorldBlockchain LLCの運営チームの弁護士が虚像だった事が判明
6月上旬 5月末にWoEX取引所へ上場予定が6月中旬に延期される
6月12日 WOR(WoToken)専用取引所の取引所WoEXがMSBライセンスを取得と発表
7月上旬 出金ができなくなる
7月4日 取引所WoEXでWORの上場が発表される
7月17日 16日にアップデートが実施され、出金可能になったものの、3人以上紹介など出金ルールが変更され、複雑化する。
7月22日 仮想通貨をWORに換金しないように通達が出される
7月30日 WORの暴落
8月中旬 WoTokenが10月には飛ぶのではないかとSNS上でうわさ
8月下旬 アクセスしにくく、送金ができない
9月上旬 着金ができなくなる
9月中旬 カナダでMSBライセンスを取得と発表
10月中旬 原資金を出金すると、価値が1/50に。中国当局が調査開始と報じられる
12月上旬 アプリのダウンロードができなくなる

2020年1月中旬 WoToken公式サイトがなくなる

このような時系列になっています。

 

昨年4月には、すでに海外サイトが詐欺だとサイトで訴え、その後の時系列を見ても分かるように、運営そのものがかなり怪しいことが露呈しています。

現在もまだまだ新しい仮想通貨やトークンが登場しています。

投資や投機目的で新規仮想通貨を始めようと考えておられる方は、まず、その仮想通貨の運営元などの情報を集め、安心して取引できるものなのか見極めなければなりません。

 

これから安心して仮想通貨取引を始めたい、まだ取引所の口座を開設していない入門ユーザー必見!
日本での知名度ダントツでシェアが大きく、システムトレードもできるbitFlyerで新規口座の開設をしてみてはいかがでしょうか。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.