xVia

No tags for this post.

中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟

中国がついに国際間取引の決済サービスに力を入れ始めました。
皆さんは中国の大手決済サービス会社、連連という企業をご存知でしょうか。
大手企業の連連がリップルネットに加盟したとのことで、中国のイーコマース関連で決済ニーズを捉えたいという企業は将来性豊かになり、朗報になりそうです。
詳しく調査致しました。

そもそもリップルネットとは一体何か

中国のクロスボーダー決済サービス大手リエンリエン(連連支付)が、米リップルが運営するリップルネットに加盟した。

引用元:THE COINTELEGRAPH 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟(2018年2月7日)より

まずはこの中国大手のクロスボーダー決済サービス会社が加盟した、リップルネットについてですが、そもそも皆さんはリップルネットをご存知でしょうか。

リップルネットを説明するには、リップルについて知る必要があります。
リップルは、XRPという仮想通貨を使用して世界の送金システムを革命的に速く、安く、安全にする目的で活動しています。
この送金は、ゲートウェイからゲートウェイを経由してを行われるのです。
ちなみにゲートウェイというのは、規格の違うネットワークを中継する機械のようなものだと思ってください。

リップルネットは、その ゲートウェイからゲートウェイへのXRPの送金をおこなうためのネットワーク です。
このリップルネットを経由することで、世界の送金を革命的に速く、安く、安全にすることができるということです。
なるほどこれがリップルファンができる理由でしょうか。

連連は中国も認める凄い企業

リエンリエンはクロスボーダー決済に強いとされ、2015~16年にかけてペイパルやアップルペイの中国における公式パートナーに選ばれている。

引用元:THE COINTELEGRAPH 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟(2018年2月7日)より

それでは、このリップルネットに加盟した連連(リエンリエン)とはどういった企業なのでしょうか。
実は連連は、2003年に設立され、 中国人民銀行からも認可されている送金サービス提供企業の大手 なのです。
中国人民銀行といえば、中華人民共和国の中央銀行なので、日本でいう日本銀行のようなものでしょう。
そんな中央銀行からも認可されているということは、国も認める企業ということではないでしょうか。

そして連連は、クロスボーダー決済に強いとされ、Apple社やPayPal社等の中国における公式パートナーにも選ばれるほどの企業なのです。
とても凄い企業ということがわかります。

連連が採用するxCurrent

今回リエンリエンがクロスボーダー決済サービスに採用するのはxCurrentとよばれる企業向け決済ソリューションで、これを今後同社が持つ1.5億人のユーザーによるクロスボーダー決済に役立てる。

引用元:THE COINTELEGRAPH 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟(2018年2月7日)より

それでは、今回この中国大手の企業、連連が採用する決済サービスxCurrentがどのようなものなのでしょうか。
実は、現在リップル(Ripple)が公表しているプロダクトは4つあります。
「ripplenet」「xCurrent」「xVia」「xRapid」です。

これら4つのプロダクトの一つ、 xCurrentとは、即時国際送金をするため、銀行等の金融機関が活用している既存の法人向けソフトウェアソリューションの名称 を言います。

xCurrentの詳細はこちらをご覧ください。
リップル(ripple)のプロダクトXCURRENTを解説:

リップル(ripple)のプロダクトXCURRENTを解説

これによって24時間低コストで、クロスボーダー決済を行うことを可能にできるようです。

リップルネット加盟により将来性豊かな兆し

リエンリエンの朱暁松CEOは「リップルネットを使って、ブロックチェーンを動力に現在サポートする19の通貨による即時決済を提供する。リップルと協業し、中国とリップルネットの構成員のいる新たな市場間の決済フローを強化することを楽しみにしている」と述べている。

引用元:THE COINTELEGRAPH 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟(2018年2月7日)より

連連がリップルネットに加盟したことで、 新たな市場間の決済フローを強化することが可能 になりそうです。
このような大手優秀企業が、リップルという将来性豊かな仮想通貨と協力して事業を行うということは、非常に力強さを感じ、期待が高まります。

今後、この仮想通貨リップルは、世界の軸となってクロスボーダー決済の世界を大きく変えていくのではないでしょうか。
近い未来、連連とリップルはどのように世界に変革をもたらすのでしょうか。
引き続き、注目しましょう。

世界を魅了するリップルについてもっと詳しく知りたい方はこちら

リップルを買うのは日本人の口座開設数が増加している世界No.1の取引所、バイナンスがオススメ

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 中国の決済サービス大手「連連」がリップルネットに加盟COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。