@マイニング(mining)

No tags for this post.

中国Alibaba(アリババ)が仮想通貨およびマイニング関連商品の販売禁止へ

【要点】

・大手電子商取引のAlibabaが仮想通貨マイニング関連機器および仮想通貨の販売を禁止すると
発表。
・中国では9月24日に仮想通貨取引禁止が宣言されており、これを受けての対応措置とみられています。

Alibaba が仮想通貨およびマイニング関連の販売禁止へ

中国政府によって仮想通貨への規制が厳しくなる中、大手電子商取引のAlibaba(Alibaba Group Holding Limited)によって、中国国内のマイニング企業の活動をより制限できる仮想通貨マイニング関連機器などの販売および仮想通貨自体の販売を中止していく事が9月27日に発表されました。

正式発表によりますと10月8日以降、売り主側は、Alibaba主力業務であるオンライン・マーケットサイトAlibaba.comにてBitmainのマイニングマシン「Antminer-E9」を含めた仮想通貨マイニング機器全般の販売ができなくなります。

Alibabaのマーケットサイトでは、マイニングマシンだけではなく、マイニングに関連する付属アクセサリーのほか、仮想通貨マイニングチュートリアル、仮想通貨マイニング関連資料、戦略、ソフトウェア、関連製品を意図的に他カテゴリーに分類する行為などもあわせて禁止になると発表されました。
これらに加えてAlibaba.comでは、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、BeaoCoin(BEC)、QuarkCoin(QRK)といった仮想通貨販売も禁止されます。

 

中国規制当局はより強い姿勢で仮想通貨取り締まりを示唆

現在は通常通り販売されており、9月28日から10月8日までの間に受けた注文は、2022年1月までに発送する事を条件にすべて処理できますが、売り主側は10月8日以降の注文に対する支払いも受け取れなくなると声明の中で説明されています。

10月15日以降は、家電セクションの下にある2カテゴリーの「Blockchain MinerAccessories」と「BlockchainMiners」がリストから自動的に削除されると案内されています。
同社は、リストの広告を購入したユーザーにも払い戻しを提供しており、万が一、Alibaba社の新たなルールに従わない販売主には、罰金や販売の制限に加え、アカウントの完全閉鎖などにつながる可能性にも言及しています。

このような強硬措置は、中国政府主導による仮想通貨に関する法規制の不安定さを考慮に入れての措置であることをAlibabaは声明の中で言及しています。
また、中国規制当局トップの話として、各国の政策変更を追跡し、それに応じた管理政策を調整していくとして、今後も強い姿勢で規制に臨むことが示唆されています。
Alibabaは、オンラインショッピングプラットフォームの淘宝網(タオバオワン)や中古品プラットフォームの闲鱼(xianyu)なども運営しており、今後これらのサイトでの仮想通貨マイニング関連機器がどのような対応がなされるのか、中国国内関係者らから注目されています。

 

仮想通貨取引き違法宣言後の中国内の対応

9月24日に中国人民銀行(※中国の中央銀行)は、仮想通貨関連のすべての取引について違法であると宣言しています。

中国国外の仮想通貨取引所は、中国居住者に対してサービスを提供することを禁止されていると述べました。
中国人民銀行は声明のなかで、ビットコインやイーサリアムなどのコインは「合法ではなく、市場で通貨として使用すべきではなく、使用することもできない」と述べています。
Alibabaは、今回発表されたポリシー変更について、製品のリストとトランザクションの処理におけるコンプライアンスの問題に対応して行われると述べ、次のように語っています。

会員は、販売国(中国)に適用される関連法規を遵守する責任があります。各国のポリシー変更を追跡し、それに応じて管理ポリシーを調整します。

今回のAlibabaのポリシー変更は、中国政府によって最近厳しさが増している仮想通貨の採用に対抗するための規制強化発表後すぐに行われており、影響を大きく受け、販売禁止に踏み切ったものとみられています。
中国では、大手仮想通貨取引所のBinanceやHuobiなどが一部サービスを停止したほか、イーサリアムマイニングプールのSparkpoolに至っては、完全操業停止を発表しています。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨マイニングが今熱い!?日本の電気代でも儲かる水準まで到達か

今、世界中で空前のマイニングブームが起こっているようです。

今までは、高性能の機器を完備して電気代の安い地域で活動をしている一部の業者しか儲からないと言われていました。

しかし、今の水準ですと日本でもそれなりの利益が出ると言われています。

今回は、そんなマイニングについて解説をしていきます。

 

ビットコインマイナーの収益が過去最大に

THE BLOCKのBitcoin Miner Rebenueによると、ビットコインマイナーの収益が過去最大になったことが明らかになりました。

その額なんと月間約1500億円。

一時は月間200億円まで低迷していたことを考えると、非常に収益が伸びていることが分かります。

もちろん、ビットコインの価格上昇がその大きな理由です。

また、取引が盛んになってきた影響もあり、ブロック報酬だけでなく手数料収入もマイナーにたくさん入るようになっているそうです。

日本人の参入も増える

マイニングと言えば、電気代の安い国で高性能のマシンを使わないと利益が出ないイメージがあるかと思います。

実際、以前までの水準では、日本でマイニングをするとマイニング報酬よりも電気代の方が大きくなってしまい、赤字になることもしばしばありました。

しかし、現在の水準では日本で採掘をしていても、それなりの利益を得られるようになっているそうです。

SNSでも、個人でマイニングを始める人が続出しており、そのうちマイニング副業が当たり前の時代が来るのではないかとさえ言われています。

ただ、グラフィックボード(GPU)の入手難易度が上がったことや、ビットコインの価格が低迷すると利益も低下することから、参入の難易度は依然高いままでしょう。

 

グラフィックボードが高騰

マイナーの人口が増加した影響で、グラフィックボードが高騰する事態に陥っています。

特にマイナーに人気なRTX3080や3060などのグラフィックボードは非常に高価で売れることから、転売屋のターゲットとなっています。

その為、今からマイニングを始めようと思っても、初期費用が高すぎて断念せざるを得ない方も多いでしょう。

例えば、RTX3080を購入する場合、今の相場ですと最低でも半年は掘り続けないと元を取ることができません。

この間に、GPUが故障するリスクやビットコインが下落するリスク、マイニング難易度の増加を考えると、そう簡単には始めることはできないでしょう。

マイニング専用グラフィックボードも登場予定

グラフィックボード製造大手のNVIDIAは、現在起こっているゲーマーとマイナーによるグラフィックボード争奪戦問題を解決するべく

マイニング専用のグラフィックボード「CMP HX」シリーズを発売すると告知しています。

このグラフィックボードは、マイニングで使う要素以外を取り除いた無駄のない作りとなっています。

ディスプレイ出力などを省いてくれる為、電気代の節約にもなるでしょう。

その為、これからマイニングを始める予定の方は、マイニング専用グラフィックボードが発売されてから始めるのがいいかもしれません。

 

まとめ

ビットコインの高騰に伴い、マイニングの報酬が大幅に上がりました。

その結果、2月のマイナー収益は約1500億円相当にのぼるとのことです。

非常に利益率が高くなったことから、日本の電気代でも十分利益が出る領域に到達しており、日本人の個人マイナーも着々と増えてきているようです。

ただ、その影響でグラフィックボードの需要が高まり、世界的に供給が不足している事態に陥っています。

マイナーに人気なRTX3080や3060などは常に品薄で、非常に高額になっている為、今からマイニングに手を出す場合はかなりの準備が必要となってくるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

難易度調整を4日後に控えビットコインハッシュレートが急回復!

要点

・難易度調整があと4日後に実施
・調整直前の今、ビットコインハッシュレートが急回復
・難易度調整に関する専門用語を理解してハッシュレートを知る

 

専門用語を理解してハッシュレートを知ろう!

4日後に実施される予定のビットコインの難易度調整を目前にした今、ビットコインハッシュレートが急速な回復を見せています。

 

詳しく解説をする前に、まずは「難易度調整」や「ビットコインハッシュレート」について解説しておきます。

 

難易度調整とは何?

難易度調整とは、メディアによっては「ディフィカルティ」と呼ばれたりしますが、マイニングによって、新規のブロックを生成する際の難易度を調整する事を言い、ブロックのハッシュ値が低いほどマイニングが難しいとされています。

 

マイニングは、すでに知っている方も多いとは思いますが、仮想通貨取引が正当なものであるかの整合性をマイナー達が計算しており、この計算はとても高度といわれているナンスの計算を用いて行われています。

ちなみにナンスとはNumber used once、つまり一度きりの使い捨ての数字を指しており、ブロックを新たに生成する際にマイナーが生成する32ビットの数値を言います。

 

このナンスは常に同じため、どんどん変更させてハッシュ値を変えていかなければなりません。
マイナーは常に変わるハッシュ値を、ハッシュ関数というとても複雑な数式に置き換えて計算をしてハッシュ値を割り出しています。

 

つまり、マイナーがマイニング報酬を獲得するためには、最も早く32ビットの値を、ハッシュ関数を用いて割り出します。
正しいハッシュ値と、ハッシュ値を割り出したナンスを最初に正しく見つけたものに対し、新規発行されたビットコインをマイニング報酬として受け取ります。

 

ビットコインハッシュレートとは何か?

ビットコインハッシュレートとは、ビットコインマイニングをする際、1秒あたりの計算力と採掘難易度(=マイニング難易度)のことで、マイニング競争が激化すると、その分難易度も上昇します。

ちなみに…

ハッシュレートの単位はhash/s(セカンド)と表し、毎秒どれくらいのハッシュ計算ができるかを指し、ブロックのハッシュ値が低いほどマイニングが難しいとされる難易度調整とは逆に、ハッシュパワーが大きいほどマイニングマシンの性能が高くなります。

ハッシュレートは K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)といった単位と合わせて使用され、キロは1000、メガは100万、ギガは10億、テラは1兆を表しています。

例えば…
1TMhash/sと表示されている場合、毎秒10億回のハッシュ計算が可能な事を表しているのです。

 

難易度調整とはいったい何?

ここまでは専門用語の意味を解説しました。
では、難易度調整とはいったい何なのでしょうか。

 

難易度調整は、ハッシュレートとブロック生成量目安の計算に用いられています。

 

多くの方がビットコインの新規ブロック生成速度は12分に一度や10分に一度と考えていますが、これらは2週間に1度調整されています。

この調整によってマイニング難易度が変わっていき、ブロック生成速度についても微小ながらも常に調整され、ブロック生成速度も微妙に異なります。

 

ハッシュレートが上がるとどうなるのか?

仮想通貨市場では、中国系マイニング業者が多い事でも知られていますが、今年初頭から世界に蔓延し続けているコロナ禍の影響を大きく受け、マイニングマシンの出荷もストップしたり、大幅な遅れを見せていました。

 

しかし、5月に入ると中国を筆頭に徐々に感染者数が緩やかになると、経済活動もゆっくり再始動を始め、中国のメディア8btcが報じた様に、BITMAIN社が今年3月中旬に先行発売されていたS19シリーズが出荷されるなど、マイニング競争復活の兆しが見え始めていました。

ビットコインハッシュレート履歴チャート

(画像引用先 bitInfoCharts)

6月1日18時時点のハッシュレートは、bitinfocharts によると、112.146 Ehash/秒24時間で+ 0.31%にまで回復しています。

 

半減期頃はハッシュレートが80 Ehash/秒辺りを指していたことから、さきほど解説したように、急激な回復によって112 Ehash/秒を超える数値を見せる、つまりマイニング速度もあがっており、承認作業をしているマイナーが増えている事を意味します。

 

マイニングに多くのマイナーが参加すること、それは、多くの計算が必要とされている証であり、計算量も増えることになるため、ハッシュレートも必然的に上がります。
これは、逆にマイニングをする人が少なくなると計算量も減り、ハッシュレートも同時に下がります。

ビットコインハッシュレートが上がるということは、ビットコインマイニングしたいと考える人が多いかどうかの人気指標でもあり、ハッシュレートが高いほど、ビットコインの信頼性が増していて取引量も増える。

 

取引量が増えると、当然ビットコイン価格そのものもあがりることから、ハッシュレートをチェックしている投資家も多いと言われています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ついに到達!半減期を迎えたビットコインの価格はどうなっている?

要点

・第三回目のビットコイン半減期を迎える
・半減期後も価格低迷は続くのか!?

 

ビットコイン半減期無事到達!

 

ビットコインの630,000ブロック目となる、第三回目の半減期を2020年5月12日4時23分に無事実行されました。

 

(画像引用元:BLOCKCHAIN.COM)

 

半減期の63万ブロック目を生成したのは世界最大と言われる中国系仮想通貨取引所Bitmain傘下であるAntPool社で、これにより、ブロック報酬はこれまでの12.5BTCから6.25BTCへと半減しました。

 

第4回目となる次回のビットコイン半減期は

 

(画像引用元:bitcoinblockhalf)

 

2024年5月9日04:06:37 UTCを予定していますが、ブロック生成にかかる時間によって大幅に変わるため、次回半減期を正確に知るにはbitcoinblockhalfのサイトなどで随時チェックすると良いでしょう。

 

これまでの半減期の経緯は

第1回目 2012年11月28日 50BTC⇒25BTC
第2回目 2016年7月9日 25BTC⇒12.5BTC
第3回目 2020年5月12日 12.5BTC⇒6.25BTC(現在)

 

この一覧を見ても分かるように、ビットコイン半減期は約4年ごとに210,000ブロックを迎えています。

 

 

半減期(halving)とは?

 

半減期とは、ビットコインプロトコル(ビットコインのシステム上のルールと捉えてください)で定められているとおり、21万ブロックごとに訪れる、マイニング報酬期の半減するターニングポイントを指しています。

 

ビットコインには発行上限枚数が決まって (ビットコインの場合、発行上限枚数は2,100万枚と決まっています。)います。

既存の銀行の様な中央管理者は存在しておらず、ブロックチェーン内に記録されるデータが正確に行われているかどうかをチェックするものもありません。

 

そこでビットコインでは、トランザクション(=取引)を記録してまとめられたブロックを新たに生成させ、新規ブロック登場ごとに、トランザクションが正確かどうかを高度な計算作業によって確認しています。

この一連の流れをマイニングと呼び、計算作業をして整合性を検証している“作業者”がマイナーといいます。

 

各ブロックの検証作業は、最も早く正確にできた1社(もしくは1個人や団体など)に対してブロック報酬(=マイニング報酬)が支払われ、新規ブロック生成が21万ブロックに到達すると半減期を迎えるのです。

ちなみに…ビットコインは1ブロックがプロトコルによって1MBと決まっています。
新規ブロックはおよそ10分ごとに生成されており、検証作業が終了した時点で新たなブロックへとつながっていきます。

 

 

半減期を迎えたビットコイン価格は?

 

半減期を無事通過し、ブロックチェーン分析企業を手掛けるSantiment(サンティメント)社がTwitter

Crowd sentiment with the $BTC #halvening now official is mixed, and many traders are scrambling in regards to which individuals’ theory of price movement they should latch on to, and figuring out which is most likely to come to

(日本語訳)
群衆の感情はまちまちであり、多くのトレーダーは、どの個人の価格変動理論に引っ掛かるべきか、そしてどれを理解すべきかについて見極める可能性が高い

 

とつぶやいています。

 

 

チャートをみて分かるように、今月10日午前の暴落時の価格から11日には値下がりしています。

半減期を迎えた時点で上昇したものの、10日からほぼ横ばいの価格で落ち着いています。

12日15時時点のビットコイン価格は、8708.7ドル(前日同時刻比1.50%)、日本円で938,140円前後を推移しています。

 

(画像引用元:CoinMarketCat)

 

仮想通貨全体の最近の値動きについても、ビットコインとほぼ同様の値動きになっており、10日に価格が下がって以降、半減期を迎えても横ばいの値動きにとどまっていることが分かります。

 

 

まとめ

 

仮想通貨ファンの多くが待ちわびていたビットコイン半減期を無事通過し、落ち着きを取り戻したとみられますが、価格については低迷期をまだまだ抜け出せない状況が続いています。

果たしていつまで低迷期が続くのか、コロナショックによる世界的な経済低迷を脱出した暁には、大幅な値上がりが訪れるのでしょうか。

ただ、低迷期の今だからこそ、仮想通貨の買い時と見るトレーダーも多く居ますので、まだ仮想通貨を始めていない方にとってはチャンス到来といえるのかもしれません。
このチャンスに取引所の口座を開設してみるのも良いですね!

ZAIF公式サイトはこちらから

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報】ビットコインが2カ月半ぶりに1万ドルを突破で今後は?

 

2018年の初頭より長引く低迷期に突入したビットコインが、今月8日朝に急伸し、今年2月後半以来の高騰を果たし、重要トレンドラインに乗っています。
「仮想通貨はオワコン」などと言われるまで価格が冷え切ってしまったと見る一方で、一部の市場関係者からは大相場の前触れと取る見方も。

 

・2カ月半ぶりに7日にビットコイン価格が1万ドルを突破
7日から始まったこの急騰の要因とは何なのでしょうか。その背景に注目が集まっています。

今回の1万ドル突破はどのようなものなのか、背景とともに見ていきましょう。

ビットコイン価格の上昇快進撃

今年2月24日に記録されて以降、1万ドルを切り、価格は一気に下がっていたものの、7日に入って1万ドル(106万円)を突破

ビットコインは今年3月に3,600万ドルにまで急落しており、後にブラックトゥデイと呼ばれるほどの暴落を見せました。

 

世界的な経済の低迷に加え、新型コロナウィルスによって株式市場をはじめ、金などの価格も停滞しているなか、ビットコインの大幅な急騰は、仮想通貨に望みをかけた形となりました。

 

 

先月下旬から今月初旬にかけてビットコインのみ価格が上昇しており、価格上昇は現在も継続しています。
今週に入ってからはアルトコインの価格もわずかながらも上昇し始めており、今後、全体的にこの動きが続くのかが鍵となりそうです。

 

ビットコイン価格の急騰には2つの要因

 

昨日より価格が急騰したビットコインですが、長引く仮想通貨低迷期にアルトコインとは一線を画し、独走形態を維持している要因には何があるのでしょうか。

一つはビットコインの半減期が近いということが考えられています。

 

<8日17時時点>

 

次回の半減期は日本時間の今月12日前後になるとみられており、マイニング報酬が現在の12.5BTCから半分の6.25BTCに変わります。

市場情報を提供するMassariが今月発表した調査報告書によると、マイニングによって半減するマイニング報酬について、100%の価格上昇がなければ、マイナーは大きく影響を受けるとしています。

 

 

半減期がくるとどんな影響があるのか

 

マイニングを実施するためには、運営・維持費用が必要です。

半減期によって、マイニング報酬が半減することで収入のバランスがとれなくなり、最終的にはマイニング企業はマイニング事業を停止せざる得なくなる懸念があると指摘しており、ハッシュレートには細心の注意が必要だと警告を発しています。

このハッシュレートの潜在的な低下は、必要なハッシュレートの量が減少する可能性があり、
報告書では、51%攻撃(51%Attack)を受ける可能性が高まると警告しています。

半減期に関してはこちらの記事でまとめていますので、併せてご参照ください。

 

 

有名投資家のビットコイン先物への参入計画

 

もう一つ、今回ビットコイン価格が急騰した背景には、有名投資家による、ビットコイン先物への参入計画の浮上も、今回の急騰に影響を与えているのではないかと言われています。

ビットコイン先物への参入を計画しているのは、マクロ系ヘッジファンドであるチューダーインベストメント(Tudor Investment Corporation)運用者であり、先物取引の天才と言われるポール・チューダー・ジョーンズ(Paul Tudor Jones)氏です。

同士は、インフレヘッジとしてビットコイン投資を検討していることが分かっており、このニュースが、大手メディアのブルームバーグが報じた事で、投資家らの関心を集めたのではないかとみられています。

 

夕方以降、やや価格を下げ、1万ドルを切ったものの、ビットコインが1万ドルを上回ったことで投資家らに取引意欲を誘引させたことは間違いありません。しかし、1万ドルの壁をもってしても、今後マイナーが生き残るには不安材料が多く、不十分な環境とみる動きが大半です。

 

今回の高騰が現時点では一時的なものでしたが、日足、週足、月足と重要トレンドラインを維持することで再び仮想通貨の取引が活発になるのでなとの期待が持たれています。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ウズベキスタン、国営マイニングプール開設へ 政府認可の仮想通貨交換所も来週開設

No tags for this post.

中国の仮想通貨マイニング大手、米ナスダックで4億ドルIPOを申請

No tags for this post.

ウズベキスタン政府、仮想通貨マイニングの電気料金を3倍に

No tags for this post.

仮想通貨のマイニング装置の中古品価格が下落・・・

1: 2019/04/13(土) 21:02:10.32 ID:CAP_USER
仮想通貨のマイニング(採掘)に使うパソコン用部品や採掘専用のコンピューターの中古品価格が下落している。仮想通貨の相場低迷でマイニングによる利益が減少。手掛けていた事業者や個人が撤退し、関連部品の売却が進む。新たにマイニングを始める動きは限られ、中古品は供給のだぶつきが鮮明だ。半導体価格の下押しにもつながっている。

「昨年11月以降、中古装置の売却の持ちかけが急増した」。マイニング専用コンピュータ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43717610T10C19A4EA1000/

eca1711170500002-p1

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555156930/


続きを読む No tags for this post.