マイニング

No tags for this post.

仮想通貨マイニングはすでに”不採算”ビジネス!?

2017年の仮想通貨ブームとともに着目されるようになった「仮想通貨マイニング(採掘)」。Twitterなどでも自宅のガレージでマイニングをしてます的なツィートをよく見かけました。しかしこの”割のいい”はずのビジネスも2018年になり不採算ビジネスに。特に個人マイナーにとっては「もはやメリットはない」と言われています。

no title


No tags for this post.

「ロシア発の仮想通貨マイニングリグが美しい」と話題に

マイニングハードウェアというと、「たいていゴツくて不細工で場所をとって冷やすのが大変でとてもじゃないけどオシャレ感ゼロ」なものです。そんな中、デザイン面にこだわったマイニングリグ(マイニング装置)を開発しました。最近、マイニングマニア以外も気軽にマイニングできるようなデバイスが立て続けに発表されています。

3d3de05c8a4ffc31c3cb3f6977b62e65


No tags for this post.

GMOインターネットさん、世界最速「33TH/s」のビットコイン採掘用マシンを発売wwwwwwwww

1: 2018/08/06(月) 11:05:48.92 ID:aONmaOp/0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
no title


GMOインターネットは2018年7月2日、性能を向上した仮想通貨採掘用マシン「GMOマイナー B3」の販売を開始しました。

「GMOマイナー B3」は、6月6日に販売した前モデル「GMOマイナー B2」
(参考「7nmプロセス暗号通貨採掘マシン「GMOマイナー B2」の販売を6月6日から開始」)の
24テラハッシュ(TH/s)よりも性能型各、最大ハッシュパワー33テラハッシュ(TH/s)を実現します。
7月の販売価格は1999USドルで、2018年11月に出荷予定となっています。

「GMOマイナー B3」はハッシュパワーの大幅な向上を実現したほか、消費電力とハッシュパワーの調整が可能になっています。
B2を購入したユーザーは、無償でB3へのアップグレードも実施される予定です。

https://techwave.jp/archives/gmo-minner-b3-sales-start-today.html

■参考
GeForce GTX 1080Ti = 32MH/s (0.000032TH/s)

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533521148/


続きを読む No tags for this post.

クラウドマイニングとは?メリットとデメリットを一挙公開!

仮想通貨で効率よく利益を出していくためには、現物取引やレバレッジ取引、アービトラージ、マイニングといった方法があります。 その中でもマイニングは、専用のマシンを購入したり、電気代が高額になったりするため、難しいイメージを ... No tags for this post.

ベトナムのマイニング企業CEOが資金を持って逃亡wwwwwww損失額およそ38億円wwwww

595: 2018/07/31(火) 09:25:37.99
https://jp.cointelegraph.com/news/vietnam-crypto-mining-firm-ceo-allegedly-flees-with-35-mln-in-investor-company-funds 

これやばくない? 
仮想通貨でまた致命的な問題起きたらしい 
逃げ売り来るぞ


eca1711170500002-p1


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1532980653/


続きを読む No tags for this post.

ビットコイン(BTC)の暴落でハイエンドGPUの価格も下落

1: 2018/07/15(日) 22:08:07.82 _USER
ゲーム用のハイエンドグラフィックボードは、その処理能力の高さから、仮想通貨のマイニングリグ(マイニング専用コンピューター)には欠かせない。2017年の終わりから2018年の初めにかけて、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が空前の高値を付けたことで、こうしたグラフィックボードがかなりの品薄になった。

だが、ここへ来て流れが逆転しているらしい。仮想通貨相場の暴落を受けて、グラフィックボードも価格が下がり、供給が増えているようだ。

 米調査会社Jon Peddie Researchのデジタルメディア担当マネージャー、C. Robert Dow氏は次のように説明する。「仮想通貨の価格が下がる中で、特定用途向けチップも同様に下がると我々は予測している。マイニングリグの稼働には結構なコストがかかる。仮想通貨の価格が下がると、マイニングリグの運用者たちは、コストの一部を埋め合わせようと考えて、拡張ボードを中古市場で処分する」

 同社の調べによると、2017年に仮想通貨のマイナー向けに販売された拡張ボードは300万個以上、額にして7億7600万ドル相当だった。その中で最も大きな割合を占めたのは米AMDだ。

2017年末から2018年初頭にかけて、ハイエンドの拡張ボードの多くが品切れとなり、価格が全面的に高騰した。これはゲーマーやパソコン愛好者の怒りを買った。

 米NVIDIAは、同社のグラフィックボードの販売先について、仮想通貨のマイナーよりもゲーマーを優先するよう、小売業者に異例の要請をしたほどだ。

 だが、この半年の間に、ビットコイン相場は急落した。昨年12月の時点で1ビットコインは約1万9500ドルだったが、本記事執筆時点では6800ドル程度だ。イーサリアムも同様で、1月の1385ドルという高値から、現在は475ドルまで下がっている。

 そして、GPU市場にも同様の下落傾向が見られる。例えば、ネット通販サイトNewEggで見ると、AMDのハイエンドグラフィックボード「RADEON RX 580」(4GB、OEM品)の6個セットは、4月の時点で3600ドル、しかも品切れだったが、現在では2500ドルに下がり、在庫もある。NVIDIAの「GeForce GTX 1080 Founders Edition」(8GB、GDDR5X)は、当時は1050ドル、今は709ドルだ。

 マイニング向けの拡張ボードの出荷は、2017年第4四半期から今期までで55.5%減少し、ハイエンドのグラフィックボードの価格低下につながった。ミッドレンジの拡張ボードは、それより影響は小さく、5.6%の減少にとどまっているとDow氏は言う。

 グラフィックボードの価格低下には、そのほかの要素も関係している可能性がある。NVIDIAは、2016年にPascalアーキテクチャのGeForce 10シリーズを発売して以来、新シリーズのグラフィックボードを投入していない。新製品がないNVIDIAのグラフィックボードは、ライバルのメーカーがその後投入した製品との争いになっているとDow氏は言う。

「また、NVIDIAとAMDに多少の積み増し在庫があると我々は考えている。これは米国内販売価格にも影響する。仮想通貨マイニングに向けた拡張ボードの購入が急増する前は、拡張ボードの価格は横ばいから若干下降気味だった。少なくとも、新シリーズのグラフィックボードが登場するまでは、同じ傾向が続きそうだ」

 台湾DigiTimesの6月29日の記事によると、NVIDIAの次世代GPUは今年末まで登場しない可能性がある。在庫が安全量に戻るまでは出てこないだろうとのことだ。

 Dow氏は言う。「価格面や新製品不足により、ゲーマーが新しいグラフィックボードを購入していなかったことから、累積需要がある。今秋リリース予定の素晴らしいゲームがあることも市場に作用し、価格を安定させると思う」

 DigiTimesの記事によると、ASICベースのマイニングシステムも需要不振で売上が大打撃を受けている。また、7月はグラフィックボードの価格が約20%下がる見通しという。

 「現時点で、世界のグラフィックボード市場は、在庫が数百万個程度で、NVIDIAでは約100万個のGPU投入が控えている。仮想通貨のマイナーも中古のグラフィックボードを流通チャネルに流し始めることが想定される中、ベンダーが大幅な値引き合戦をすることが予想される」
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/idg/14/481709/071200448/


gtx1080

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531660087/


続きを読む No tags for this post.

イーサリアムの特徴や将来性は?入手方法を徹底解説

2018年に入り全体的に価格が暴落するなど苦境に立たされている仮想通貨市場。 価格が高騰した2017年に比べると、価格が下がり気味のため、今後価格は上がるのか、将来性はあるのかが気になる人も多いのではないでしょうか。 今 ... No tags for this post.

仮想通貨マイニング悪用の被告に懲役一年の有罪判決

1: 2018/07/02(月) 15:00:08.23 ID:CAP_USER9
2018年07月02日 月曜日
 仮想通貨を得るための電算処理「マイニング」を他人のパソコンを使ってしたとして、不正指令電磁的記録作成・同供用の罪に問われた兵庫県尼崎市、無職安田成利被告(24)の判決で、仙台地裁は2日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。マイニング悪用に対する判決は全国で初めて。
 加藤亮裁判官は「被告が持つプログラム技術を悪用した巧妙な犯行だ。パソコンのプログラムへの信頼を損なう害悪の根源を作り出した」と述べた。
 判決によると、正当な理由がないのに1~2月、オンラインゲームを有利に進めるためのツールに、マイニングするためのプログラムを仕込んで自分のブログに掲載し、他人のパソコンにダウンロードさせてマイニングさせた。
 宮城など全国10県警が3~6月にマイニングの集中取り締まりを実施し、被告ら16人を摘発した。
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180702_13046.html


eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530511208/


続きを読む No tags for this post.

Webを見ただけで勝手にマイニング。IT系技術者が口を揃えてゴーホーゴーホーの大合唱wwwwwww

1: 2018/06/20(水) 21:46:44.19 ID:ZNRlV/nW0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
JavaScript実行時、「閲覧者の了解をいちいち得る」ページ登場 「Coinhiveより嫌」「悪夢」と話題

閲覧者に無断でCoinhiveを設置したサイト運営者が摘発され物議をかもす中、
すべてのJavaScriptについて、閲覧者に許可を取るには――
そんな発想で作られたデモページが公開された。
スクリプトの実行のオンオフをいちいち選ぶのが面倒で、「悪夢だ」と話題になっている。

サイト閲覧者に仮想通貨をマイニングしてもらうことで収益を得られるツール「Coinhive」を、
明示することなくサイトに設置した複数のユーザーが、不正指令電磁的記録(ウイルス)取得・保管などの容疑で警察に摘発され、物議をかもしている。

 Coinhiveは、サイトに専用のJavaScriptコードを埋め込むと、閲覧者のCPUパワーを使って仮想通貨を採掘する。
今回摘発された1人・デザイナーの「モロ」(@moro_is)さんは警察に、
「事前に許可(もしくは予感させること)なく他人のPCを動作させたらアウト」であり、明示なくCoinhiveを設置すれば違法との説明を受けたという。

だがCoinhiveに限らず、現代的なWebサイトにはほぼすべて、何らかのJavaScriptが使われている。
そのほとんどは、サイトに明示されることなく、また、事前に許可を得ることなく設置され、閲覧者のPCリソースを消費する。
例えば、Googleの広告プログラム「AdSense」や、アクセス解析サービス「Analytics」もその例だ。

いかそ
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1806/20/news082_0.html


bitcoinIMGL9839_TP_V4

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529498804/


続きを読む No tags for this post.

広がる「マイニング」の動き 仮想通貨の普及で需要拡大か!?

1: 2018/06/11(月) 05:49:24.52 ID:CAP_USER
ビットコインなどの仮想通貨の普及に伴って、日本のIT企業の間では、取り引きのデータをインターネット上に記録する「マイニング」と呼ばれる作業や関連する事業に乗り出す動きが広がっています。

仮想通貨の運営に欠かせない「マイニング」は、膨大な取引データをコンピューターで計算し、報酬と引き換えにネット上に記録する作業で、誰でも参加できます。

日本のIT企業の「GMOインターネット」は、「マイニング」に使う専用の機器を開発し、今月6日から個人や企業向けに販売を始めました。

性能の高い半導体を使うことで販売価格はやや高い一方、消費電力を減らし、「マイニング」の作業にかかるコストを抑えたということです。

一方、企業がみずから「マイニング」の作業を事業として始める動きも広がっていて、動画配信などを手がける「DMM.com」が、ことし2月、石川県に専用施設を作ったほか、ネット金融大手の「SBIホールディングス」も海外で事業を始めています。

仮想通貨の普及に伴ってマイニングの作業は増え続けると予想され、競争も激化する見通しですが、コンピューターを冷却する電力消費による地球環境への負担をいかに減らすかが課題となっています。
2018年6月11日 5時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011471721000.html

bitcoinIMGL9839_TP_V4

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528663764/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨マイニングツール「Coinhive」の摘発を受けJavaScript実行時、「閲覧者の了解をいちいち得る」ページ登場wwwww

1: 2018/06/20(水) 19:03:38.04 ID:CAP_USER9
JavaScript実行時、「閲覧者の了解をいちいち得る」ページ登場 「Coinhiveより嫌」「悪夢」と話題

閲覧者に無断でCoinhiveを設置したサイト運営者が摘発され物議をかもす中、すべてのJavaScriptについて、閲覧者に許可を取るには――そんな発想で作られたデモページが公開された。スクリプトの実行のオンオフをいちいち選ぶのが面倒で、「悪夢だ」と話題になっている。

[岡田有花,ITmedia]2018年6月20日
 サイト閲覧者に仮想通貨をマイニングしてもらうことで収益を得られるツール「Coinhive」を、明示することなくサイトに設置した複数のユーザーが、不正指令電磁的記録(ウイルス)取得・保管などの容疑で警察に摘発され、物議をかもしている。

 Coinhiveは、サイトに専用のJavaScriptコードを埋め込むと、閲覧者のCPUパワーを使って仮想通貨を採掘する。今回摘発された1人・デザイナーの「モロ」(@moro_is)さんは警察に、「事前に許可(もしくは予感させること)なく他人のPCを動作させたらアウト」であり、明示なくCoinhiveを設置すれば違法との説明を受けたという。

 だがCoinhiveに限らず、現代的なWebサイトにはほぼすべて、何らかのJavaScriptが使われている。そのほとんどは、サイトに明示されることなく、また、事前に許可を得ることなく設置され、閲覧者のPCリソースを消費する。例えば、Googleの広告プログラム「AdSense」や、アクセス解析サービス「Analytics」もその例だ。

 このため、「CoinhiveがだめならAdSenseなどもアウトではないか」「どこまでがセーフでどこまでがアウトか分からない」「JavaScriptを設置する場合はいちいち明示し、閲覧者の許可を得る必要があるとしたら非現実的だ」と心配する声も大きい。

全プログラムの事前許可求めるページ公開 閲覧は「悪夢」?

 そんな中、Webブラウザ上で動くすべてのプログラムについて、閲覧者に事前に許可を得るスクリプトを表示するデモページ「サイト上で実行されるプログラムについて同意を確認するためのプログラム」を、エンジニアの清水正行さんが自身のブログ「GUNMA GIS GEEK」上で公開した。
https://shimz.me/blog/javascript/6114

 ページ表示までにダイアログが約20回表示され、いちいち同意を取る仕組み。見た人からは、「悪夢だ」「警察が求めているのはこんな世界なのか」「Coinhiveより嫌だ」などと話題になっている。


 このブログでは、Google Adsense/Analyticsのほか、ブログツール「Wordpress」のJavaScriptライブラリなどが使われており、それぞれ「CPUやメモリ、電力といった閲覧者のリソースを消費する」という。また、地図コンテンツなども「複雑な計算処理をクライアントサイドで行うため、非常に負荷の高いプログラムがユーザーサイドで実行される」そうだ。

 ページを開くとまず、「このページでは、広告表示やアクセス解析などのためにクライアントサイドのプログラムが実行され、閲覧者のPCリソースを使用します」などと書かれたアラートが表示される。このアラートを閉じると、「以下のプログラムを実行しますか?」と、各プログラム実行のオン・オフを選べるダイアログが次々に表示。すべてのダイアログについてオン・オフを選んでやっと、ページが表示される。


bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529489018/


続きを読む No tags for this post.

警視庁「コインマイナーは犯罪になる可能性があります」 Q.犯罪になる条件は?A.警視庁「各県警へ問い合わせて・・・」

1: 2018/06/15(金) 21:12:46.64 ID:CAP_USER9
コインマイナーをサイトに設置して犯罪になる条件とは? 警察庁と神奈川県警に問い合わせてみた

磯谷 智仁2018年6月15日 18:36

 仮想通貨を採掘するツールを設置したサイト運営者が、不正指令電磁的記録(ウイルス)供用などの容疑で相次いで摘発された。一方で、法解釈が十分に定まっていないと摘発に対する疑問の声も上がっている。コインマイナー「Coinhive」を自身の管理するサイトに設置し、他人のPCで仮想通貨をマイニングしたとして、今年3月に横浜簡裁で罰金10万円の略式命令を受けたデザイナーの男性は、この略式命令に対して異議を申し立てている。今後は横浜地裁で正式裁判に移行することになるという。

 マイニングツールに関して、警察庁では「自身が運営するウェブサイトに設置する場合であっても、マイニングツールを設置していることを閲覧者に対して明示せずにマイニングツールを設置した場合、犯罪になる可能性があります」との注意喚起情報を6月14日に発表している。また、インターネット利用者には「仮想通貨の採掘を意図していないにもかかわらず、ウェブサイトにアクセスした際に、ウイルス対策ソフトがマイニングツールを検知した場合には、再度当該ウェブサイトにはアクセスしないでください」と注意を呼び掛けている。


 この注意喚起情報で発表された内容について、1)マイニングツールの設置を明示する方法、2)犯罪行為として成立する具体的な要件について、警察庁へ問い合わせたが、「本庁では注意喚起情報を発表しただけ。詳細は各県警本部へ問い合わせて欲しい」との回答だった。

 別途、神奈川県警の広報に問い合わせてみたところ、「担当者と上層部への情報共有と調整に時間が掛かるため、返事は来週になる」とされ、現時点で明確な回答は得られなかった。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1127895.html


eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529064766/


続きを読む No tags for this post.