仮想通貨交換所Zaif、NEMバージョン2への対応を発表 〜交換所のXEM保有者は自動的にカタパルトの新トークンへ移行

No tags for this post.

【与沢翼】仮想通貨市場100倍になる可能性あります。常に人々が集まる時は高騰するんですよ。

No tags for this post.

ビットコインが来年5月までに200万円!?半減期過去2回は半年まえから価格上昇!

ツイッター上で4.4万人のフォロワーを持つ仮想通貨アナリスト、PlanB氏は16日、最新の分析を発表。

同氏によれば、半年後にせまる半減期までにビットコインが200万円近くまで上昇する可能性があるとのことです。

要点

・半減期で価格が上昇するのか・否か
半減期はマイナーの報酬が半減され、価格が大幅に上昇するとされる特大イベント。来年5月に予定されており、それまでに価格が上昇するか・しないかは今後メディアの議論の的になりそうです。

 来年5月までにビットコインは200万円まで上昇の可能性

2020年5月の半減期約6ヶ月前です。 2012年、btcは半減前の6か月で5ドルから12ドル(2.3倍)に跳ね上がりました。 2016年、btcは350ドルから650ドル(1.7倍)に跳ね上がりました。

PlamB氏は16日、上記のようにツイート。

2020年5月の半減期およそ半年前に迫るビットコインですが、今後最大で200万円(対ドルで1万8400ドル)まで上昇する可能性があるとのこと。

その根拠として、前回(2016)は半年前から価格が1.7倍、前々回(2012年)は2.3倍になったことを指摘しました。

PlanB氏が指摘するように、ビットコインがこれまでと同様の動きを繰り返すのであれば、半年前である年末から価格が上昇し始める計算になります。

もちろん、今回だけ上昇しないシナリオも十分に考えられますが、年末からの相場動向は要注目となりそうです。

PlanB氏のツイートも話題を呼んでおり、これまで400件を超えるリツイートと1400件のいいねを獲得しています。

 

半減期で価格は上昇するか・否か

ビットコインの半減期は、マイナーの報酬が半減するため、簡単に説明すると、市場に出回るビットコインが半減することを意味します。

そのため、価格への影響も強いとされており、ビットコインにとっては最も強い材料といっても過言ではありません。

ただ、専門家の見解は分かれるところで、PlanB氏のように価格上昇派もいれば、すでに今年の上昇分で半減期を織り込んだと指摘する専門家もいます。

「半減期はもう織り込まれる」仮想通貨投資ファンドが発言!

織り込み・・・ある材料があった時、価格がそれを反映すること。近い将来ポジティブな材料があり、実際に価格が上昇すると「材料を織り込んだ」という風に使われる。

いずれにせよ、答えはその時になってみないとわからないので、引き続き専門家の見解とそれを踏まえた相場動向を見守るしかないでしょう。

 

まとめ

ツイッター上で4.4万人のフォロワーを持つ仮想通貨アナリスト、PlanB氏は16日、最新の分析を発表。

それによると、過去2回の半減期半年前からビットコインは価格上昇した経緯があるため、今年のビットコインもこれから価格が上昇する可能性があると指摘しました。

もちろん、PlanB氏の指摘が必ずしも正しいとは限りませんが、半減期に関しては時期が近付くにつれ、議論も白熱すると思われるので、引き続き関連する報道・専門家の見解には注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン強気派ドレイパー氏、仮想通貨禁止法案とされる文書をめぐりインド政府を非難

No tags for this post.

カナダ大手取引所のリップル(XRP)プロジェクトの詳細発表!DEX開設へ

カナダ大手取引所、コインフィールドのXRPプロジェクトの件ですが、公式サイトで詳細が判明しました。

それによると、XRPブロックチェーン上でDEXを立ち上げ予定とのことです。

要点

・ユースケース拡大なるか
今回のコインフィールドの事例はXRPブロックチェーンの実用性を証明する大きな意味があるでしょう。今後サービスの拡大次第で、それはさらに増すかもしれません。

 コインフィールドの大型プロジェクトの詳細が明らかに

https://twitter.com/CoinFieldEX/status/1184120443319525376

速報ニュース
コインフィールドが「SOLOGENIC」を導入:XRPブロックチェーン上に発行する株そして債権、裏付けられたステーブルコイン

コインフィールドは15日、上記のようにツイート。

以前から告知されていた「XRP」大型プロジェクトがDEXの開設だったことが明らかになりました。

DEX・・・分散型取引所。顧客はブロックチェーン上で取引をし、透明性や手数料が安いのがメリットと言われている。

DEXは「SOLOGENIC」と名付けられ、株や債券をトークン化し、XRPブロックチェーン上でスムーズな取引をすることが可能になるとのことです。

また、「SOLO」というステーブルコインも発行し、取引をスムーズにするとのこと。

これらがXRPの価格に直接影響するわけではありませんが、プロジェクトが大きくなれば、XRP自体の信頼性も上がるために、動向は注目となるでしょう。

同取引所は以前、このプロジェクトの告知をおこなっており、国内からも注目を集めていました。

 

 

XRP動向にしばらくの間注目

既報の通り、リップルは15日に単独で上昇。

リップル(XRP)が単独上昇でイーサリアム逆転なるか?SWELL動向に引き続き注目

こちらの材料やSWELL2019も控えていることもあり、動向が注目されています。

こちらもすでにお伝えしていますが、昨年はSWELLの際に価格が上昇、時価総額でイーサリアムを逆転したこともあったので、しばらくの間材料・価格動向は注目となります。

材料に関しては、SWELL時に何らかのものが出ると予想され、その前後では思惑売買含め価格が変動する可能性があるので、引き続きリップル動向は注視したいものです。

 

まとめ

カナダ大手取引所、コインフィールドは15日、以前から注目を集めていたXRPプロジェクトに関しツイッターに投稿。

それによると、同取引所はXRPブロックチェーンを利用したDEXを立ち上げ、ステーブルコインも発行するとのことです。

今回の件は直接XRPの価格が変動するとは限りませんが、長期的にみてXRPにとってはポジティブな要素となるので、同取引所の動向は今後もチェックしていきたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ツイッター利用者の心理で仮想通貨トレード戦略決定、eToroとザ・タイが発表 |現在はダッシュやXRP(リップル)が上位割り当て

No tags for this post.