マイクロストラテジー(MicroStrategy)がビットコインに2億5,000万ドルを投資

要点

・マイクロストラテジー(MicroStrategy)社はビットコインに2億5,000万ドルを投資しました。
・ビットコインへ巨額の投資を決断した背景には、時代が金よりビットコインに勝ちを見いだしていることが要因となっています。

ソフトウエア企業がビットコインへ巨額投資

資産総額数十億ドル規模を誇るビジネスインテリジェンスソフトウエア企業のマイクロストラテージ(MicroStrategy)社が、ビットコインに2,500億ドルの巨額投資をしていることが分かりました。

8月11日、同社は21,454BTC、手数料と費用を含む総額2億5,000万ドル(約276億円)を購入したと発表しました。
仮想通貨は、修正されたダッチオークションオファーでクラスA普通株式の最大2億5000万ドル相当の現金入札を開始することも含み、2方向の資本配分戦略の一環として購入されたとのこと。

ビットコインに投資を決めた背景

マイクロストラテージ社は発表の中で、ビットコインへの投資を決めた背景に、経済およびビジネス環境に影響を与える要因の影響を受けたとしており、企業の財務プログラムに長期的なリスクをもたらしていると考えています。

ビットコインへ投資を決めた背景には、COVID-19パンデミックによって引き起こされた経済および公衆衛生の大危機で、世界中で採用された量的緩和を含む前例のない政府の金融刺激策と、世界的な政治および経済的な不確実性が含まれているとのこと。

時代は金よりもビットコイン!

同社のマイケル・J・セイラー(Michael J. Saylor)CEO(最高経営責任者)は、この動きについて、株主の長期的な価値を最大化することを目指していると述べ

今回の投資は、世界で最も広く採用されている仮想通貨であるビットコインが、信頼できる価値のある市場であり、現金を保有するよりも長期的に上昇する可能性がある魅力的な投資資産であるという信念を反映しています。

とコメントをしています。

セイラーCEOは、ビットコインについて、グローバルな金融システムへの重要な追加として浮上しており、現金よりも優れた正当な投資資産として認識していると付け加えているほか、ビットコインが現在、国庫準備戦略の主要な資産の逃避先になっていると述べています。

資本をビットコインに割り当てる戦略は、何カ月もの間議論されており、海外メディアも報じているように、先週マイクロストラテージは、ビットコイン、ゴールド(金)、シルバーへ2億5000万ドルの投資を検討していることを明らかにしていました。
同社はビットコインの特性を見極めて投資を選択した事を明らかにしており、仮想通貨はインフレに対して合理的なヘッジを提供するだけでなく、他の投資よりも高いリターンを得る可能性もあると考えたと発表で述べています。

さらに、

ビットコインのグローバルな受容、ブランド認知、生態系の活力、ネットワークの優位性、アーキテクチャの回復力、技術的有用性、およびコミュニティの精神は、長期的な価値の貯蔵を求める人々にとっての資産クラスとしての優位性の説得力のある証拠であることがわかります。

とセイラ―CEOは述べています。

発表により、マイクロストラテージ社はビットコインをデジタルゴールドと見なし、その価格は将来的に上昇すると予想しており、ビットコインへの投資は、現金を保有する場合と比較してより良いリターンを獲得し、資本の価値を維持する機会であることを示しています。

同社のポン・リー(Phong Le) 社長兼CFOは

長期的な営業利益とフリーキャッシュフローを生み出すという同社の新たな目標は、新資本配分戦略を採用することにもつながります。2億5000万ドル相当のビットコインは、現金を保有した場合と比較して、より良いリターンを獲得でき、長期にわたって資本の価値を維持する機会が提供されます。

と最後に締めくくっています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

これも日運コード48「仮想通貨に関する詐欺、仮想通貨の詐取」の現象化ですね。

bygoogle || []).push
No tags for this post.

「仮想通貨ビットコインだけで十分、サトシは戻って来るべきではない」=アダム・バック氏

ブロックストリーム社のCEOであるアダム・バック氏はコインテレグラフとのインタビューで、ビットコイン・マキシマリズムにさらに明解な見解を示した。ビットコインはすでに十分な能力を備えており、多くの派生プロジェクトは必要ないと考えている。 No tags for this post.

中国の国家ブロックチェーン、また一歩前進──英語サイトを公開

中国の国家ブロックチェーンインフラプロジェクト「BSN:Blockchain-Based Service Network」は8月10日、世界中のDapp(分散型アプリケーション)開発者向けの英語版サイトを公開した。 開発者はBSNのグローバルバージョンを通して、許可型ブロックチェーンあるいは主要パブリックチェーンのいずれかでDappを構築し、ノードを実行することが可能になる。 No tags for this post.

ビットコイン売り時だぞ

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/08/11(火) 22:27:19.892 ID:lfE77J32M
まだ上がるかもしれない
そう思ってるうちにさっさと利確するんだ

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1597152439/

続きを読む No tags for this post.

仮想通貨詐欺師、偽ウォレットを介してインド裕福層投資家を標的か

要点

・インドの仮想通貨詐欺師が富裕層をターゲットにしていることがわかり、被害者のうちの1人はビットコインウォレット詐欺で370万ドルを失った事が分かりました。
・ソーシャルメディアアプリを通じ、仮想通貨詐欺師が人々を誘導し、詐欺ウォレットアプリを使用するように誘導し、2019年から同様の詐欺によって45億ドルの損失が発生していることが分かりました。

仮想通貨詐欺師のターゲット

インドの仮想通貨詐欺師が、最新のビットコインスキャンダルの偽のゲットリッチスキームに参加するよう、比較的資産を多く保有しているいわゆる裕福層の投資家を誘惑することで、詐欺案件を成功させています。

インド国内にて、2019年3月に仮想通貨全面禁止が解除された後、同国は仮想取引の急増と詐欺の増加が次々と発覚しているとインドTVのニュースで報じられました。

詐欺師集団らは、裕福な個人投資家をターゲットにしており、その一部は偽プラットフォーム利用した後、50,000ドル(約530万円)以上失ったと報じられています。
別の個人投資家はビットコインのウォレット詐欺による被害によって、28クロー(370万ドル、約4億円)の被害を受けています。

偽ウォレット詐欺の手口

詐欺師集団は、ソーシャルメディアグループでメッセージのやり取りを実施しており、アプリを通じてビットコインを売買するように誘っていることが分かっています。
裕福層の個人投資家を標的にしており、注意しておきたいのが、これらの詐欺アプリは他のアプリには見られないほどの良いレートまたはトレードの機会を持つっていると報じられています。
しかし、個人投資家がこれらの偽ウォレットにビットコインを送金したり購入するなどのアクションを見せると、詐欺師集団は姿をくらまし、被害者との通信を一方的に断つことが被害調査で判明しています。

Avalance Global Solutionsの創設者であるマナン・シャー(Manan Shah)氏は、この取引が通常、SGP(Swift Global Pay)やIGP(Insta Global Pay)、International Global Payなどの支払いソリューションを通じて行われると語っています。
これらのサービスのいくつかは、Q&Aページにて低い評価のレビューが書き込まれている事も判明しています。

詐欺師のスキルが向上!?

インドの仮想通貨取引所CoinCDXの創設者であるスミット・グプタ(Sumit Gupta)氏は、仮想通貨の人気が高まっているなか、複雑な手口を使って投資家の仮想通貨を奪い取る計画を立てており、少なくとも基本的なオンラインセキュリティに関連する最低限の知識を持ち合わせており、仮想通貨取引きやその処理するスキルを持っているとみられています。

グプタ氏は、投資家に自分のデューデリジェンス(Due Diligence=投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査・注意義務および努力すること)を行い、デバイスを最新の状態に保ったうえで、スマートフォンを使って詐欺を働いています。

仮想通貨市場では、ビットコインの価格上昇による急騰を経験しており、仮想通貨詐欺師は世界中で増加していることが分かっています。
仮想通貨は最近9,000ドルのベンチマークからようやく脱出し、最近では1BTC= 12,000ドル援護で推移しています。

分析会社のCipherTraceのデータによると、仮想通貨の盗難が2018年に17億ドルにまで一気に急増し、クリプトの冬と呼ばれた時期を経て、今年2020年1月から5月までの間に14億ドル近く詐欺被害が急増したことを明らかにしています。
記録では仮想通貨誕生以来、2番目に大きい仮想通貨詐欺被害を2019年に受けており、その被害額はすくなくとも45億ドルを超える損失をもたらしていることが判明しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.