トロン(TRX)創始者サン氏「XRPの急騰は金融機関のブロックチェーン採用」!仮想通貨はメインストリームへ!?

XRPの急騰要因は様々なメディアで報道されていますが、仮想通貨トロン創始者ジャスティン・サン氏のツイートが話題になっています。

同氏は、金融機関がブロックチェーンを採用し、仮想通貨がメインストリームに進出するとの見解を示しています。

要点

・仮想通貨のメインストリーム進出
リップル社のブロックチェーン採用は、XRPだけではなく、仮想通貨業界全体としても大きな一歩となりそうです。

トロン創始者ジャスティン・サン氏:XRPの上昇要因は「金融機関のブロックチェーン採用」

XRP の急騰は、リップルプロトコルへの PNC 銀行の認識を示しています。ビル・クリントンが「SWELL2018」で基調演説をおこなうことにより、ブロックチェーンがメインストリームへ向かうでしょう!2014年-16 年から務めたリップル株主からリップルの中国支部チーフとして、私は金融機関がブロックチェーンを採用すると確信しています。

トロン創始者であるサン氏は、XRPの急騰要因がPNC銀行のリップルネット参加だと述べています。

これは、アメリカの10大銀行であるPNC銀行が国際送金にリップルプロトコルを使用すると発表したニュースのことです。

また、同氏はリップル社主催のカンファレンス「SWELL」でクリントン氏が基調演説をおこなうことにより、ブロックチェーンがメインストリームに進出するきっかけになるとの見解を示しています。

当日、クリントン元大統領がどのような演説をおこなうかは不明ですが、世界大国の元大統領がブロックチェーンを認めたら大衆も受け入れやすいかもしれませんね。

最後に、これから金融機関がブロックチェーンを採用していくとの見解も示しています。

 

金融機関がブロックチェーンを採用することの2つの意味

もちろん、これらのニュースはリップル社およびXRPにはポジティブなニュースです。

しかし、もうひとつ、仮想通貨業界全体にとっても良いニュースと言えるでしょう。

なぜなら、金融機関のブロックチェーン採用は、業界のさきがけとして、ひとつのユースケースを示せるからです。

おそらく、サン氏も「I’m confident financial institutions will adopt blockchain」と発言し「Ripple blockchain」と限定していないことから、リップルブロックチェーンだけではなく、業界全体にとってポジティブだということを言いたいのでしょう。

先日もお伝えしましたが、この秋にはSBIのコンソーシアムからブロックチェーンを搭載した送金アプリもリリースされます。

ブロックチェーンは実用化のフェーズに突入!?リップル社xRapidとMoney Tapまとめ!

リップル社以外では、ICEの「Bakkt」も似たように、ブロックチェーンのメインストリーム進出を後押しすると指摘されていますが、今後も様々な分野でこのようなユーズケースが増えていくのに期待しましょう。

 

まとめ

リップル社の動向に関しては、引き続き「SWELL2018」に注目が集まっています。

また「xRapid」の商業化が来月に始まると幹部の発言もあるので、そちらにも注目でしょう。

そして、仮想通貨市場全体は、実際のブロックチェーン採用により、再び年末へ向けて価格が上昇していけるかに注目です。

 

XRPも購入できる2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントで取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在は仮想通貨の価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

“格付け王”GACKTさん、仮想通貨問題は番組出演に影響なし

1: 2018/09/21(金) 16:47:04.59 _USER9
 朝日放送テレビは21日、大阪市の同局で秋の番組改編記者会見を行った。

 同局の名物番組「芸能人格付けチェック」は、元日と春・秋に特番が放送されているが、秋の特番では「芸能人格付けチェック MUSIC~秋の3時間スペシャル~」(10月9日午後7時=テレビ朝日系)として、バイオリンや和太鼓など音楽に絞った内容を放送する。

 格付けチェックといえば、人気歌手のGACKT(45)が個人連勝記録を55まで延ばしたことで話題を呼んでいる。一方で、GACKTが広告塔を務めた仮想通貨「スピンドル」をめぐって、「金融庁への圧力をかけたのでは?」などと疑惑を招いているのは本紙既報通りだ。

 春・秋の特番には出演しないGACKTだが、記録更新がかかる来年元日の出演について、同局は「今はスタッフが秋の番組について準備中なので、正月については、それからの準備になります」。仮想通貨騒動の影響については「ないです」と答えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000014-tospoweb-ent

no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537516024/


続きを読む No tags for this post.

【9/24】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインETFや「SWELL」を控え大注目の一週間か!

今週の仮想通貨市場は、ビットコインETF、SWELLを控え、相場が動意づく可能性があります。

今週の注目価格や材料をまとめました。

要点

・大イベントを控えた相場動向に注目
底値から回復しつつある市場は、今年一番と言ってもよいイベントが控える相場動向に注目です。

ビットコインとXRPの価格動向

ビットコイン円 日足

上記はビットコイン円のチャートですが、仮想通貨市場は9月18日に底値をつけてから、徐々に価格が回復してきています。

今週以降も、このまま価格が上昇していけるかは注目でしょう。

ビットコインに関しては、まだ76万円までのレンジを突破できていません。

76万円(対ドルで6800ドル)を突破できると、次が前回高値83万円、94万円などが上値のめどになってきます。

ビットコイン市場はしばらく65万円~73万円のレンジ? 9/18チャート分析

 

XRPの価格動向

先週、メディアの話題を持ちきりにしたのは、XRPです。

21日には、一時前日比100%高の高値を記録、時価総額はイーサリアムを抜き、2位に浮上しました。

24日午前の段階では、価格は64前後、イーサリアムの時価総額の差は300億円ほどです。

今週も、XRPの価格動向はメディアでも取り上げられる可能性は高く、価格動向に注目でしょう。

現在は高値をつけて調整の段階で、200日移動平均線がある60円前後がサポートされるかが注目の価格となります。

リップル(XRP)が50%近く暴騰!年末にむけて今後何円まで上がる?上昇の要因もあわせて解説!

 

ビットコインETFとSWELLの2大イベント迫る

今週は、9月30日にVanEck/SoildX版ビットコインETFの可否判断、翌10月1日にリップル社主催のカンファレンス「SWELL」が控えています。

なので、週末に向け思惑や期待感により、相場が動く可能性が大いにあります。

【いよいよ来週】今年最大のイベントとされるVanEck/Soild版ETF可否判断は9月30日!5人の専門家の見解まとめ!

ビットコインETFに関しては、2019年までに延期されるだろうというのがコンセンサスになっていますが、SEC(米証券取引委員会)の声明によっては、上場の確率が高まり、延期された場合でも価格が上昇するというシナリオも考えられます。

どちらにせよ、イベント前は価格が激しく動く可能性があるので、取引する際は十分に注意したいですね。

なお、可否判断結果発表は、9月30日ということになっていますが、28日との見方も出ています。

ETFの可否判断発表日程については、こちらのブログでも後日お伝えします。

 

まとめ

直近の価格に関しては、ビットコインは76万円の突破、XRPは60円のサポートに注目です。

注目材料は、9月30日に行われるETF可否判断、10月1日開催の「SWELL」に注目でしょう。

仮想通貨市場は、底値から回復し、メディアでも年末に向け強気の論調が増え始めています。

このまま材料を消化してさらに価格が上昇していけるか、今週は大注目の一週間になりそうですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Zaif(ザイフ)、業務改善命令からランクアップ来るか!?

418: 2018/09/21(金) 08:56:28.91
改善命令なのかそれともランクアップするのか? 

WBS 金融庁「業務停止命令も視野」 
 
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

20180217032



引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537429333/


続きを読む No tags for this post.

トークンを作ろうと思うけど意見を聞かせてほしい

1: 2018/08/18(土) 11:34:32.62
ID:GAIhdAqL
トークンを発行する前に意見を聞かせてほしい

ERC20
発行数:1億
小数点:18桁


[利用用途]
個人のHPでポイント(お金)のような感じで使用 (他の人も自分のサイトで使いたいようなら配布など
趣味の機能やサービスを立ち上げようかと思う
トークンに遊びの要素を含めているのでそちらをメインでやってもいいかと思ってる
HP上で状態を表示する機能つけるなど

AirDropも行う予定

以下の用途予定
オーナー保有:10%
AirDrop:10%
ICO/寄付時の配布:30%
イベント・保守用:50%


[トークンの特色]
送金手数料:
ETHのトークンなのでGAS+トークン取引手数料0.001%

バーン:
トークン取引手数料の0.001%から0.0002%をバーンに当てる、また個人サイトで消費したトークンを一部バーン、一部何かの形で還元

POS:
送金手数料の残り0.0008%を送金するアカウント(子と呼ぶ)に最初に送金したアカウント(親と呼ぶ)に対して支払う

親子ボーナス:
子がトークンを保有している期間分、子が送金または入金されたタイミングで親にコインが追加される
親子の関係は親が送金または入金されなくなって30日で解消される
親子関係は1対1で紐付き複数のアカウントには紐付かない
子に対して既存の親の保有するトークンより多いトークンを送金するとその子の親になれる (買収のようなイメージ)

その他:
アカウントに送金数、入金数、バーン数などパラメータをもたせてゲームのパラメータのように遊びに使えないかと思ってるが
ERC20トークンというよりはERC721になりそうな気がする
手数料が高いのがネックなので独自コイン発行か手数料のかからないトークンを作る法が良いかと思ってるが個人だとなかなか難しい

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1534559672/


続きを読む No tags for this post.

これから億れる仮想通貨wwwwwwww

288: 2018/09/21(金) 09:33:26.40
これからビットコインが来るわ 
金融資産として世界中が注目する 
金がトレードされて富裕層の資産になっとるのがその証拠 
下手な草コインよりビットコインやで 
その他のアルトは多くが死ぬから逃げた方がいいやろ 
ただし金とかダイヤモンドとかとペッグする通貨は化けるわ 
本当に実現したらの話やけど

no title

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1536766809/


続きを読む No tags for this post.

EtherDeltaがハッキング被害!サイトへアクセスできない状況に!

海外の取引所「EtherDelta」(イーサデルタ)がハッキング被害にあったことを公表しました。 EtherDeltaは2017年12月20日にTwitter公式アカウントより下記のアナウンスを公表しました。
EtherDeltaのユーザーなどによると、一時サイトへアクセスするとフィッシングサイトに遷移されログインID・パスワードなどの情報を求められたなどの報告が相次ぎました。 なおEtherDeltaの公式サイトは12月21日18:30現在アクセスできない状態になっています。 EtherDeltaは仮想通貨取引所でも珍しい「DEX」(Decentralized Exchange、分散型)取引所で、非中央集権型が多い暗号通貨の取り引きを行うにあたり、取引所も分散型(非中央集権型)であるべきとのニーズが高まりを見せており、DEX型の取引所のICOも行われるなどその存在に期待が集まっています。 [box class="green_box" title="中央集権型の取引所"] 記事中で説明した「DEX」以外の取引所は、中央集権型の取引所、つまり1つの企業や団体などが管理、運営している取引所となります。

現在での既存の取引所は、中央集権集権型の取引所が圧倒的に多い状況です。

DEX取引所のニーズが高まっている背景には、中央集権型取引所の場合ハッキングによる資産の紛失のリスクが高いことや、いわゆるGOXと呼ばれる資産の持ち逃げなどのリスクがあります。[/box]
[box class="blue_box" title="取引所を選ぶならセキュリティ対策万全の大手が安心!"] 仮想通貨の取り引きするならおすすめしたい超メジャー取引所一覧!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所12選 [/box]No tags for this post.

仮想通貨、今年の下落率が80%にードットコム・バブル破裂を超える

1: 2018/09/18(火) 03:53:50.46 _USER
仮想通貨は史上最大の暴落として歴史に名前を残しそうだ。年初につけたピークからの下げは80%に達し、ドットコム・バブル破裂時のナスダック総合指数の下落率を上回った。

仮想通貨は12日も下落。MVISクリプトコンペア・デジタル・アセット10指数の1月高値からの下げは80%となった。2000年のバブル破裂後、ナスダックのピークから底までの下落率は78%だった。

12日の下げは規模2番目の仮想通貨、イーサが中心で、ニューヨーク時間午前7時50分時点で前日比6%安の171.15ドル。今月の下落率は40%に広がった。規模が最大のビットコインはほぼ変わらず。MVISクリプトコンペア指数は3.8%下落。コインマーケットキャップ・ドット・コムが算出する仮想通貨全体の時価総額は1870億ドル(約20兆8500億円)と、10カ月ぶり低水準。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-12/PEXXVX6S972A01

eca1711170500002-p1

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537210430/


続きを読む No tags for this post.

フリーターだがFXを始めようと思う

1: 2018/09/19(水) 01:30:32.771
ID:iezTCd3Z0
俺は本気だ
失うものなど命くらいしかない

とりあえず100億を人生の目標とする
労働者供がせっせと働いているのを高層ビルから笑って見下ろすのが夢だ
面接落としたクソども絶対許さねーからな覚えとけよ

20151015165559

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1537288232/


続きを読む No tags for this post.

ビットバンクのオーダーが約定しない&キャンセルできない問題

949: 2018/09/23(日) 12:38:49.67
え?ビットバンクどうしてこうなった?以前までは全く不具合なかったのに。来週からはまともに戻ってればいいが!

bitbank


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537532898/


続きを読む No tags for this post.

Zaif(ザイフ)に麻生金融相が激おこwwwwwww

Z8YvkidK

■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.