野田聖子総務相の事務所が金融庁の担当者を呼び出した件、あの仮想通貨が絡んでいる模様wwwwww

eXZrfVLq


■ツイッターより 続きを読む No tags for this post.

現在の相場上昇のポイントまとめとわかりやすい解説!今後の注目の価格とは?

6月末まで、仮想通貨市場は年初来安値を更新しましたが、今週に入り価格が回復傾向にあります。

まだ、上昇トレンドへ復帰したとは言えない状況ですが、その期待も高いのが現在の相場です。

今回は上昇をささえるポイントと今後の注目ポイントについて直近のニュースをまとめました。

 

要点

・現在の相場上昇のポイント
多くの専門家は仮想通貨規制が行われることにより、仮想通貨市場に資金が流入するとみています。

その一番大きなポイントはビットコインETFです。

6月末からの価格振り返り

ビットコイン/円

6月28日から年初来安値を更新した仮想通貨市場でしたが、そこから価格は回復。

今週に入ると、1日で10%近く上昇する日も増え始め、このまま価格が上昇していけるかに注目が集まっています。

 

現在の相場上昇を支えるポイント

相場上昇を支えるポイントは「仮想通貨規制」です。

21日に開催される財務相・中央銀行総裁会議では「現時点で仮想通貨に大きなリスクはない」という大まかな結論が出ており、この新しい枠組みのもと各国がどのように仮想通貨規制をおこなっていくかが注目されています。

FSB(金融安定理事会)「現時点で仮想通貨が金融安定に大きな影響を与えることはない」!G20での世界各国の結論はほぼ確定か

 

なぜ仮想通貨規制で価格が上昇するのか

ここでいう「規制」とは「禁止」という意味でなく、「ルール作り」という意味が強いです。

つまり、仮想通貨規制=仮想通貨取引のルール作り」ということになります。

仮想通貨規制で価格が上昇するのは、ルール作りをすることにより、機関投資家・ヘッジファンドなどの巨大な資本が仮想通貨市場へ流入するからです。

8月に上場が決定されるビットコインETF

その中で、今一番注目が集まっているのは、アメリカのビットコインETFの上場です。

もし、このビットコインETFが上場されれば、機関投資家が実質現物(ビットコイン)を直接購入することとなります。

さらに、運用規模600兆円の世界最大ヘッジファンド・ブラックロックも参入を検討しているとの報道もあり、巨大資本流入の期待感が現在の相場を支えるポイントになっています。

今年最大のイベント到来!Xデーは8月10日!ビットコインETFの上場が決定される!webbotの予測していた「革命」はこのことだった?

世界最大ファンド・ブラックロックが仮想通貨参入を検討!594兆円の資産が仮想通貨市場へ流れ込む!?

 

今後の価格注目ポイント

専門家の中には、ビットコインの7500ドルが上昇トレンドへの回帰点とする指摘もあり、注目価格となっています。

基本的に、ビットコインがレジスタンスをブレイクすると、アルトコインも同じように上昇トレンドへ回帰するでしょう。

ビットコインは上昇トレンド分岐点とされる7500ドル間近!上昇要因と一目均衡表によるチャート分析を解説

 

まとめ

このブログでも何度もお伝えしていますが、現在の最大の注目ポイントは「仮想通貨規制」です。

今後も、規制に絡むポジティブなニュースが出てくる可能性があるので、チェックしてみてください。

そして、価格上昇の期待感高い今、仮想通貨を取引していない方は、ぜひこの機会に取引を始めてみてはいかがでしょうか。

 

DMM Bitcoinでこれからビットコイン投資を始めよう!

 

DMM Bitcoinはリップルのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

 

 

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティー対策も万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

ビットコインの価格上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【悲報】仮想通貨取引所コインベースのSECによる買収承認が一転して否定される・・・

3560ee39


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

野田聖子、金融庁に通告された仮想通貨関連会社を引き連れ金融庁に直談判したらしい・・・

1: 2018/07/19(木) 11:45:40.76 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
 野田聖子総務相の事務所関係者が今年1月、金融庁から無登録営業の疑いで調査を受けていた
仮想通貨関連会社の関係者を同伴させ、金融庁の担当者に対して仮想通貨の販売規制に関する
説明を要求していたことが19日、分かった。

 関係者によると、関連会社は昨年秋ごろから、独自の仮想通貨を販売。有名な芸能人も関わり、
投資家の関心を集めていた。金融庁は今年1月、無登録での営業が資金決済法に抵触している
疑いがあると同社に通告。書面での回答を求めた。

 野田事務所は通告が出された数日後に金融庁に説明を求め、事務所の関係者が金融庁の担当者と
議員会館で面談。関連会社の関係者も同席した。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018071901000891.html

eXZrfVLq

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531968340/


続きを読む No tags for this post.

ビットコイン(BTC)約一ヶ月半ぶりに80万円台に回復

1: 2018/07/18(水) 23:47:16.80 _USER9
ビットコイン80万円台回復 約1カ月半ぶり

 代表的な仮想通貨「ビットコイン」の価格が上昇している。

 18日未明に1ビットコイン=80万円台を6月上旬以来、約1カ月半ぶりに回復した。
 世界最大の米資産運用会社ブラックロックがビットコインの可能性を評価するためのワーキンググループを設立したとの一部報道で、仮想通貨市場の拡大期待が高まった。

 また、21~22日に開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の規制が強まらないとの見方が浮上してきたことも上昇した理由とみられている。

 G20の金融諮問機関である金融安定理事会(FSB)は16日付の報告書の中で、「仮想通貨が金融安定に重大なリスクを及ぼすことはないが、発展速度を考慮し、市場を注視する必要がある」と記載した。

産経新聞 2018年7月18日 22時38分
http://news.livedoor.com/article/detail/15031135/

no title

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531925236/


続きを読む No tags for this post.

ビットバンクがキャリアサイトを公開!

ビットバンクがキャリアサイトを公開したことをアナウンスしています。

参考 : ビットバンク株式会社 キャリアサイト開設のお知らせ|ビットバンク株式会社のプレスリリース

ビットバンクが幅広い職種で募集を開始!

bitbank(ビットバンク)が、事業に関連する様々な職種を募集するキャリアサイト(採用サイト)を公開しました。

MESSAGE

ビットバンクは仮想通貨を「買う」「持つ」「集める」「知る」ためのビジネスを展開しています。

"マネーのインターネット化"
それはお金を取り巻く様々な障害を解消し人類をさらに進歩させるでしょう。

もっと仮想通貨を広めたい。
もっとブロックチェーン技術を知ってほしい。
そんな想いで私たちは日々切磋琢磨しながら大きな目標に対してチャレンジしています。

仮想通貨が好きでたまらない。
これからの金融業界をテクノロジーで変えてやろう。
同じ夢を描き、チャレンジし続ける仲間を待っています。

住宅補助や軽食サポートなどの他に下記のような待遇となっています。 [aside type="boader"]

  • 休日・休暇
    • 完全週休2日制(土日)
    • 祝日・有給休暇、夏季・年末年始休暇、慶弔休暇 等
    • 年間休日数120日以上
  • 待遇・福利厚生
    • 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
    • 住宅補助
    • 交通費支給
    • デュアル・ディスプレイ希望者貸与
    • ビザ取得サポート
[/aside] ※ 上記はビットバンクのキャリアサイトから引用した一例です。

業務拡大 & 改善命令に対応か

他の大手仮想通貨と同時期に金融庁より改善命令が出されたビットバンクですが、キャリアサイトをオープンしたということは、改善を要求されている項目について前向きに一歩ずつ対応しているということかもしれません。

仮想通貨業界や、ビットバンク社に興味のある方はぜひこのタイミングでビットバンクの門戸を叩いてみてはいかがでしょうか。

リップル&ビットコインなら「bitbank」(ビットバンク)がおすすめ!

[ex-jp-bitbank.cc] [ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="3301"] [kanren postid="3104"] [kanren postid="3191"] [kanren postid="3135"] [kanren postid="244"] [kanren postid="239"]No tags for this post.

仮想通貨GameCredits、Discordにてユーザーから運営側へ大量の質問が投げられる

GameCredits(GNation)は世界最大のゲームエコシステムを構築するプロジェクトであり、GAMEとMGOという2つの通貨を利用する。GAMEはマイニング通貨であり、MGOは昨年にICOを行い50億円以上を調達している。

GameCredits(GNation)チームは新たなウェブウォレットを開発し、モバイルゲームストアを今年の夏にリリースする予定だが、これまで計画していたロードマップ通りには開発が進んでいない状況となっている。

b29


続きを読む No tags for this post.