米グレースケール分析「米中貿易戦争の逃避資産としてビットコインが優れる3つの理由」

No tags for this post.

「金(ゴールド)と仮想通貨ビットコインは似ている」 米億万長者キューバン氏が主張

No tags for this post.

6/12 SBI北尾社長仮想通貨リップルで早く安い送金システムを確立する 皆の反応

No tags for this post.

「仮想通貨」と「普通のお金」の違いは?

No tags for this post.

【話題】北尾さんを信じてる リップラーの方々にはホリエモンの北尾氏評読んでほしいわ。

No tags for this post.

ビットコイン は何が違うのか

仮想通貨市場の現状分析です。

No tags for this post.

ビットコイン(BTC)80%の価格調整に関するベテランの見解|イーサリアムは7%高騰

No tags for this post.

SBI北尾社長仮想通貨リップルで早く安い送金システムを確立への反応twitter

No tags for this post.

ビットコイン「年末までに4万ドル(420万円)」アルト9割は失敗

1: 承認済み名無しさん 2019/08/16(金) 15:59:55.53 ID:9+3ob+7F
https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-foundations-llew-claasen-says-bitcoin-will-hit-40000-90-of-altcoins-will-fail
 ビットコイン基金のルー・クラッセン執行役員が、年末までにビットコイン価格が4万ドルに達する一方で、90%のアルトコインは失敗するとの見方を表した。米ビジネスインサイダーが15日に伝えた。

 リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOも今月13日、ほとんどの仮想通貨の価値はゼロになると述べていた。
4835ebb53a643d795baaba89913cf19e_s

No tags for this post.

仮想通貨の投資信託会社誕生へ!Bakktがビットコイン先物取引と投資信託開始へ

ビットコイン Bakkt 先物取引 投資信託

ニューヨーク証券取引所 (NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所 (ICE)が展開する仮想通貨事業「Bakkt」が、9月23日よりビットコイン先物取引および投資信託の取り扱いを開始すると発表しました。

Bakktによる新事業開始の詳細に迫ります。

要点

・Bakktがビットコイン先物取引開始および投資信託事業開始へ
Bakktがビットコインを使った先物取引および投資信託事業開始を表明しました。新事業の詳細を解説します。

Bakktの新事業内容とは?

Bakktでは、9月23日からビットコインを対象にした先物取引およびカストディサービスを開始すると発表しています。

先物取引とは、ビットコインの売買を予約し当日に決められた契約内容通りに取引することです。

カストディサービスとは、ビットコインの売買、管理、決済、配当金の受領など投資に関係する行動を業者に委任できるサービスです。

先物取引とカストディサービスは、どちらも株式やFXではすでに知られていますが、仮想通貨では歴史が浅いため、まだ事業に乗り出した特筆すべきグループは少ないとされます。

しかし7月23日、Bakktは今回発表したサービスを健全に運営するためのユーザー受け入れテストを開始しています。

その結果、アメリカ商品先物取引委員会からは「セルフ承認」を通しビットコインの先物取引の認証を、ニューヨークの金融サービス局からは投資信託事業開始に必要な「信託ライセンス」をそれぞれ獲得し、今回の新事業が運営できるようになりました。

信託ライセンスを獲得したことで、Bakktの投資信託事業は「Bakkt Trust Company」という名前のもと、公式仮想通貨投資信託サービスとして運営されることになりました。

その結果、Bakktでは仮想通貨版の先物取引および投資信託サービスが展開できることになりました。

世界的な企業による公式先物取引&投資信託サービス誕生ということで、投資業界全般で話題になっています。

Bakkt新事業の特徴は?

Bakktのビットコイン先物取引および投資信託サービスには2つの特徴があります。先物取引が独自価格で展開されることと、ビットコインの取引、決済、ビットコイン受け取りがBakktでできることです。

独自価格による先物取引

Bakktでのビットコイン先物取引は独自価格で展開されます。これは現実のビットコイン市場に影響されず、Bakktオリジナルのレートで売買されるという意味です。

現実の仮想通貨市場では、運営組織や関連企業、大口の投資家による大量売買で価格が乱高下し、ほかの仮想通貨ユーザーの資産状況に悪影響を与えるケースが想定されます。

また、マネーロンダリングによる大量売買は、仮想通貨をハッキングで盗まれた被害者側の救済の可能性を摘み取るだけでなく、別口座に移すための大量売却などにより市場にも打撃を与えかねません。

Bakktでは以上の事態への対策として、オリジナルのレートを設けると発表しています。

先物取引では、ビットコイン取引に対する日間と月間の2種類の契約形式が利用可能とのことです。

取引、決済を任せられ、ビットコインの受け取りもできる

Bakktの先物取引およびカストディサービスでは取引、決済、そして保有するビットコインの受け取りができます。

取引は「ICE EXCHANGE」、決済は「ICE CLEARING」、ビットコインの受け取りは「Digital Asset Warehouse」という機関の協力により取り扱われます。

ICEの主要機関の全面バックアップがあるので、ユーザーは安心して株やFXでできた先物取引や投資信託を、ビットコインでもできるとのことです。

まとめ

アメリカのBakktが仮想通貨の先物取引および投資信託サービス開始を発表したニュースは、投資業界全体で大きな話題となっています。

Bakktの先物取引で扱われるビットコインは現物の市場価格ではなく、Bakkt独自価格で運営されます。

また、投資信託サービスも合わせて、取引と決済およびそれらの委任、ビットコインの受け取りなどをBakktでできるようになります。

日本在住のユーザーがどこまでBakktに関われるかはわかりませんが、サービス開始を含め今後の動向が注目されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨バイナンス「全てのトレーディング活動」を再開出金解禁&バイナンスUSを「2カ月以内」にローンチ

No tags for this post.

衝撃】ビットコインの急落時に大口投資家の多くがとった行動がこちら…

No tags for this post.