中国で2000億円相当のBTC詐欺!急落要因の指摘も?

15日、仮想通貨ファンド「プリミティブ·ベンチャーズ」創業メンバー、ドビー・ワン氏がツイート。

それによると、中国の詐欺グループ「プラストークン」が20万BTCを集めていたとのことです。

要点

・ビットコインの急落要因
プラストークンはこれまで、20万BTCを顧客から集めていたとのこと。これは現在の供給量の1%に値し、直近のビットコインの価格低迷につながっているとの指摘もあります。

 ビットコインの急落要因に?

https://twitter.com/DoveyWan/status/1161686134314848256

先生による
@loomdart
のリクエスト、このスレッドは、現在進行中の売りがプラスであることに注意してください。 $BTC +〜800K $ETH前回のCoindeskの操作で簡単に言及しましたが、さらなる販売を引き起こす可能性があるため、追加の注意が必要です

仮想通貨投資ファンドのワン氏によれば、中国の「プラストークン」というウォレットを提供する企業がこれまでに顧客から20万BTC(1ドル100円で2000万円)をだまし取っていたとのこと。

この企業は表向きはウォレット会社でしたが、顧客にランクがあるいわゆる「ネズミ講」で、メンバーはすでに逮捕されたとのことです。

さらに、だましとったBTCはまだ回収できておらず、6月から続くビットコインの価格低迷材料になっているという考察もおこなっています。

ワン氏の指摘はあくまで「観測」レベルにとどまりますが、20万BTCというのは、現在流通しているビットコインの1%に値するため、市場にも影響を及ぼしているのではないかということ。

簡単にいうと、現在逮捕されていないメンバーが、だましとったBTCを換金しているということです。

 

ビットコインは反発できるか

本日お伝えした通り、直近のビットコインは100万円という重要なレベルにさしかかっています。

【8/15】ビットコイン何円まで下がる?100万円の重要局面迎える

繰り返しになりますが、100万円は6月以降で何度もサポートされてきた価格帯なので、今後数日間は注目となります。

また直近で話題になったゴールドマンサックスのレポートによれば、ビットコインは底値を形成した後に価格が上昇するとのことなので、こちらも併せて注目したい指摘ではあります。

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

 

まとめ

仮想通貨ファンド「プリミティブ·ベンチャーズ」創業メンバー、ドビー・ワン氏が15日にツイート。

それによると、中国の詐欺グループ「プラストークン」がこれまで顧客から20万BTCをだましとり、6月からのビットコイン価格低迷材料になったのではないかとのこと。

今回の指摘はあくまで「観測」レベルにとどまりますが、直近のビットコインは上値が重い展開が続いているので引き続き注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/15】ビットコイン何円まで下がる?100万円の重要局面迎える

週明けから上値の重い展開が続くビットコインですが、15日も価格は続落。

6月以降のサポートに接近しており重要な局面を迎えています。

要点

・100万円の重要なサポート
ビットコインは6月以降、100万円をサポートにしており、本日重要な価格帯に接近しています。今後100万円をわりこめば一段安になる可能性があり、数日間は注目となりそうです。

 ビットコインは100万円を守り切れるか

週明けから上値の重い展開が続いているビットコインですが、本日も引き続き価格が下落。

本稿執筆時点では103万円近辺で推移しています。

ビットコイン円 日足 6月~

100万円は日足チャートで6月以降、2度に渡ってサポートされてきた価格帯です(チャート赤い線)。

そのため、一度は下げ止まる価格帯と予想されまずが、仮に割り込んだ場合、一段安となるため注意が必要でしょう。

今後数日間は100万円をめぐる攻防が注目となりそうです。

 

ゴールドマンサックスの予想

先日報道され、話題となったのがゴールドマンサックスのビットコインに関するレポート。

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

それによると、ビットコインは9000ドル近辺(対円で100万円近辺)まで下落する可能性があるものの、その後は140万円まで上昇する可能性があると指摘。

本日時点で、ゴールドマンサックスが指摘する100万円までちかづいてきているので、サポートとともに価格動向に注目です。

同社が指摘するように、仮に100万円がサポートされれば、チャート上では再び価格が上昇していく可能性はあるでしょう。

なお、金融市場の動向としては、先日のダウが今年一番の下落となる800ドル安を記録。

今まで米国株式市場と逆相関が指摘されていたビットコインですが、今回に限ってはダウとともに下落しました。

一部ではビットコインの安全資産性を疑う報道も出ていますが、長期的な動きをみないと判断できないため、引き続き金融市場との関係は注目となりそうです。

 

まとめ

15日のビットコインは前日に引き続き下落。

本稿執筆時点で、6月以降の重要なサポートとなる100万円近辺まで価格が下落してきており、今後数日間は注目となるかもしれません。

また、もうひとつ注目したいのが、先日報道されたゴールドマンサックスのレポート。

それによると、ビットコインは100万円近辺でサポートされ、ふたたび140万円方向に上昇する可能性があるとのことなので、併せて注目したいところ。

先日のダウ平均も800ドル安と大幅な下落となっているので、引き続き金融市場の動向も注目となります。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

最大50倍レバレッジ仮想通貨取引所デリビットのBTCオプション取引高週間アップデート

No tags for this post.

ビットコイン が爆上げ必至に!?

米モンタナ州、ユーティリティトークンとしての仮想通貨を認める法案を可決

No tags for this post.

「大手Xapoの買収を狙うコインベースの資産管理は安全か」顧客の不安をライバルの仮想通貨カストディ企業が明かす

No tags for this post.

仮想通貨には様々な種類があります。

No tags for this post.