株とスロットのオカルトと煽り屋について(相当昔に書いて眠ってた原稿掘り起こし)

チャートについては、塩漬けマンの見解は過去を見るものであって、そこから未来は分からないです。※勿論多くの人が信じているテクニカルには本来意味がなかったとしても意味が出てきますチャートには過去の嘘偽りない売買動向、投資家心理が表れており、嘘だらけの投資の世界にあって、唯一無二の信じられる武器です。あくまで過去のね。チャートを見ない人は論外で、チャートを分析する事は必須ですが、それだけチャートを分析し

2018年にリップル(XRP)を購入するのに適切な時間

 リップル(XRP) - 大盛り上がりと落ちる?cryptocurrency市場は、過去数週間で上昇と下降のシェアを見てきました。1ヶ月前に急上昇から大規模なクラッシュに至り、cryptocurrenciesが全面的に2,000億ドルを失った。この墜落は、韓国がアルトコイン取引を禁止する恐れがあ...

ダークウェブで人気の仮想通貨はビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・モネロ(Monero/XMR)

闇市場で好んで取引される仮想通貨はビットコイン(BTC)・ライトコイン(LTC)・モネロ(Monero/XMR)も重宝

ダークウェブで好んで取引される仮想通貨は、第1位ビットコイン(BTC)に次いで第2位にライトコイン(LTC)、その他モネロ(Monero/XMR)が人気であることが調査結果で分かった。

調査したサイバーテロ・政治紛争の未来予測会社Recorded Futureは、150の代表的なダークウェブのメッセージボード、マーケット、不法サービスを解析した。調査目的は、ビットコイン(BTC)価格高騰とともに取引手数料が高くなったことに対応して、一部犯罪組織の中で代替仮想通貨つまりアルトコインを採用する規模がどの程度高まっているかを確かめることである。

東欧諸国はライトコイン(LTC)、英語圏ではモネロ(Monero/XMR)が台頭

Recorded Futureは第2、第3の仮想通貨の採用増の背景について、「2017年半ば以来、一般ユーザー、投機家、機関投資家の間でビットコイン(BTC)の人気が目覚ましく高まったため、ブロックチェーン・ネットワーク上に大きな付加がかかり、取引手数料が高騰する結果を招いたため、代替仮想通貨がもてはやされている」と説明している。

その結果、ライトコイン(LTC)が闇の市場を支配する第2のコインとして台頭し、調査対処になったプラットフォームの30%に実装されていたという。同社によれば、2016年中ごろから早くも「決済手段としてビットコイン(BTC)に不満が高まっていた」にもかかわらず、調査されたプラットフォームのすべてが、ビットコイン(BTC)決済システムを依然として採用している。

調査によると、ロシア人ら東欧諸国のプラットフォームはライトコイン(LTC)を好み、闇市場の35%にLTC決済システムを実装して、決済手段として第2の人気を博している。東欧ではダッシュ(DASH)が24%と第3、次いで15%のビットコインキャッシュ(BCH)、9%のイーサリアム(ETH)の順だった。

一方英語圏のプラットフォームでは、英語版のモネロ(Monero/XMR)を好むことが分かった。XMRを決済手段として実装したプラットフォームは15%で、第3位はライトコイン(LTC)が11%、次いでダッシュ(DASH)、イーサリアム(ETH)がそれぞれ9%の順だった。

プライバシー機能やワンタイムアドレスなどが闇市場で人気に

仮想通貨は、取引の受取人と取引金額の両面でプライバシーを守る機能が備わっており、闇市場は特にその点に注目する。ユーロポール(欧州刑事警察機構)が公開したサイバー犯罪に関する第4回報告書「2017 Internet Organised Crime Threat Assessment」(IOCTA=インターネット組織犯罪脅威評価)は、特に「ダークウェブ(闇のウェブ)」が闇市場で人気になっていると指摘している。

仮想通貨は、取引の受取人と取引金額の両方のプライバシー機能が備わっており、闇市場ではそれが特に注目されている。ユーロポールは、モネロ(Monero/XMR)が「追加担保とプライバシー機能」によって、犯罪者にとって好都合な仮想通貨の選択肢となっていると結論づけている。

例えばライトコイン(LTC)は、なぜ闇の市場でもてはやされるのか?LTCはBTCとほぼ同じ仕組みだが、取引承認のスピードが速く、トランザクションあたり約2分半と、ビットコイン(BTC)の4分の1であることで注目されているのだ。スピードは、犯罪者が追跡を逃れる最善の策である。

モネロ(Monero/XMR)もまた、取引速度が速い上に、リング署名というグループ公開鍵を束ねて利用するので追跡するのが難しく、安心して取引ができるシステムとされている。闇市場では、この機能を逆用して、犯罪の追跡を困難にしている。モネロ(Monero/XMR)のアドレスは、「閲覧用」と「送金用」の2つの秘密鍵を使い、取引ごとの使い捨てなので、「ワンタイムアドレス」と言って取引履歴が追跡されにくくなる。

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

参考:
Bitcoin.com
Cryptocurrencyonline

【朗報】仮想通貨NANO(XRB)が爆上げ中!!

509: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 23:53:57.49 ID:wjLVM8hW
今回、爆上げした材料って何なん?
アンドロイドで送金が爆速っていうこと?
だとしたら、他にアンドロイドで送金爆速のコインがないってこと?

515: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:06:53.18 ID:+cc+nZ1O
>>509
海外で有名な煽り屋がツイートしてるのもあるね
ひょっとしたら壮絶なイナゴタワーになるかも…
510: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:01:05.40 ID:tqq2KxjR
取引量的にイナゴが群がってる感じ
落ちるのが怖いな
512: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:02:36.40 ID:JxtpVBi1
頂点で利確することは考えないほうがよさそうだな
516: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:11:27.01 ID:b5P125cH
0.00099で入って0.00108で売ったらまだ上がって草
センスねえわ
513: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:05:10.01 ID:NnUlsitC
まぁ仮想通貨なんて理由もない上げから始まること多々あるからね
そういう場合は数日で結局戻っちゃうけど
底上げできれば純粋に内容が評価されたって事で喜ぼう

引用元

518: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:17:07.57 ID:eWyutR5S
上がってはいるが、買ったときのまだ半値
519: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:26:45.23 ID:JxtpVBi1
チキン利確しました・・・
520: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 00:33:40.90 ID:b5P125cH
>>519
先日の0.0006辺りで仕込んでたら倍やなおめでとう
524: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 03:13:24.12 ID:QyqBJJ0O
NANOちゃんの実力が高いのは良く知ってる。
NANOって実際にマイクロペイメント市場などに食い込む具体的な展望持ってるの?
通貨性能だけ上げてるうちに大企業に先に市場かっさらわれないかが心配。
誰か工口い人教えて!
532: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 09:12:21.40 ID:sWpKpTXv
>>524
特にはないんじゃ
有名になればワンチャンある程度
ある意味世界的に有名になっちゃったからかなり厳しい
525: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 04:10:41.46 ID:yH/tYBNp
このコインのマイニングは
誰がなんのためにやってる?
報酬ないからマイニング業者も、個人もやらないよね
Nanoのチームだげでやってるのか?
533: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 09:24:33.37 ID:1NwraSFV
>>525
思想的には誰でも格安サーバーで認証のピアになれる。例えば個人商店ほケーキ屋さんの店主が月額5ドルのサーバーで。お店からしたらカード会社の契約料や手数料がと比べたら格安。そのかわりみんなでトランザクション取引記録の分散計算処理しようね。
通貨取引所の業者は取引手数料で儲けてるんだからマイニング手数料でゼロのピアになってね。でも各自トランザクションで手数料とりたかったら好きにして。
って感じかな。
526: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 04:22:55.99 ID:sfU131vh
19ドルで買って16ドルで損切りした俺
買い戻すなら今しかない!
527: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 04:33:38.02 ID:5R/fkrvk
>>526
買わないけど、NANOは面白い機能というか仕様を持ったコインだね。
興味持つ人がいるのはわかるは。
528: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 06:24:15.39 ID:82NxR2y0
もっかいリブランドで名前naoにすればneoと間違って買われるんじゃないのw
529: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 06:51:08.69 ID:01MKPPOM
REPとXRP、BCC(Bitconnect)とBCH間違えてるひとほんとにいたっぽいしね
531: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 09:00:51.80 ID:NnUlsitC
>>529
後者に関してはbinanceでBCCって表記してるのが悪い
534: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 09:29:42.15 ID:1uMcyF2K
ようやく俺が買った位置に戻ったよ~
とか書き込んでる間に超えて行ったよ!w
強えなおいw

コインチェックNEM580億円※仮想通貨流出~捜査本部を設置へ

 仮想通貨交換業者「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した事件で、警視庁は、週明けに100人規模の捜査本部を設置する方針を固めたことが分かりました。

 

 先月26日、コインチェックが不正アクセスを受けて、顧客の資産である580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出しました。警視庁は、これまで不正アクセス禁止法違反の疑いがあるとみて、数十人の態勢で調べてきましたが、捜査関係者によりますと、態勢を強化するため週明けに100人規模の捜査本部を立ち上げ、本格的に捜査に乗り出す方針を固めました。警視庁は、サーバーのアクセス状況などの解析を進める方針です。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121571.html

 

Zaif、サーバーエラーによりビットコインが30分で110万円→64万円程度まで大暴落。

 

ユーザー数800万人を誇る取引所 Zaifでサーバーエラーが発生し、ビットコイン(BTC)がわずか30分程度110万円→64万円程度になってしまいました。

 

Zaif、サーバーエラーによりビットコイン(BTC)大暴落

2月22日21時50分頃、突如Zaifで502 Badgate wayエラーが発生し、多くの人の買い注文や売り注文が通らなくなった。

502エラー

「不正なゲートウェイ」。 通信途中のサーバーのエラーなので対策は不可能。 「502 Bad Gateway」はサーバー間のエラーであり、原因はネットワークの向こうのサーバー管理者にある。

ユーザー側から出来ることはないので、諦めるしかない。

の後、ユーザーが注文を出来ない状態にも関わらずロスカットの連鎖が発生し、ビットコイン(BTC)が30分で46万円の大暴落。

これによりZaifのビットコイン(BTC)は異常なチャートを形成しました。

現在は大暴落の反発であっという間に104万円台後半に戻っています。

今回の事態に対する公式からの声明はまだ発表されておらず、根本的な原因についてはまだ分かっていません。

 

SNS Twitterで大混乱

今回のサーバーエラーによる大暴落により、大手SNS Twitterでも数多くの人が混乱を露わにしました。

今回の大暴落に対してZaif側は一切声明を出しておらず、ユーザーの怒りを増幅させてしまっています。

 

補償について

Zaif側からの声明は一切ありませんが、Zaif Exchangeに問い合わせを行った人が、Zaif側からの返答とするものをTwitterにて公開しました。

Zaif側からの返答とするものによると、「ロスカットに伴う強制決済が連鎖した結果であり、こちら(Zaif)の異常動作ではありません。」との事。

しかし、約定遅延による損失に対する判例は既に存在しています。

 戸田久裁判長は「ロスカットまでに一定のタイムラグが生じることは契約上想定されているが、10秒を超えれば合理的範囲内とはいえない」と指摘。

タイムラグを抑えるシステムを整備する義務に違反したとして、証券会社側に債務不履行があったと結論付けた。

日本経済新聞より引用

今回のZaif側の502エラーは判例の「10秒以上のタイムラグは合理的範囲内とはいえない」という部分に抵触している可能性があり、

Zaif側が何かしら対応を行わなかった場合、大きな訴訟等を発生させる可能性も否定は出来ません。

今後の対応についてZaif側から発表がないか継続して見守っていきます。

 

今後、どこの取引所を使えばいいのか?

Coincheckに続きZaifも問題を発生させてしまいました。

今後、取引所を利用するならGMOコインDMM Bitcoinをおすすめします。

GMOコインをオススメする理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

 

 

一方、DMM Bitcoinの大きな特徴として、

国内で唯一、レバレッジ取引が可能な取引所である事です。

レバレッジ5倍となっており、証拠金が20万円あれば、100万円まで取引が可能です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引が出来るのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

今まで仮想通貨に手を出したくても出せなかった人にとって、レバレッジ取引が出来るという事は非常に嬉しいですよね。

 

また、レバレッジ手数料は除き各種手数料は 無料 となっている点もDMM Bitcoinが強い点です。

 

さらに、パソコン以外で取引をする場合、重要になってくるのがスマートフォンアプリの使いやすさです。

DMM Bitcoinはアプリに対して使いやすさ、見やすさをしっかりと追及しています。

そして、初心者から上級者の方まで取引において重要になってくるのがサポート体制です。

仮想通貨に詳しい人でも、何かしらの問題は発生する事があります。

問題が発生してもすぐに対応する事が出来る365日24時間サポート対応を実施。

電話だけでのサポートではなく、LINEから問い合わせても対応が可能です。

 

以上の理由から、今後はGMOコインDMM Bitcoinでの取引をおすすめします!

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.