急激な値動きに備えるべき 仮想通貨ビットコイン・イーサ・リップル(XRP)のテクニカル分析

No tags for this post.

リップル(XRP)が単独上昇でイーサリアム逆転なるか?SWELL動向に引き続き注目

15日、ビットコイン相場が横ばいの動きを続ける中、リップルが単独で急伸しメディアの話題になっています。

本日は時価総額がイーサリアムに接近する場面もあり、明日以降の相場も注目でしょう。

要点

・SWELL2019に注目集まる
リップル社が主催する大型カンファレンス「SWELL」が来月に控えています。昨年は前後で価格が上昇したこともあり、メディアでもリップル動向が注目されそうです。

 リップルが急伸し時価総額でイーサリアムに接近

ビットコインは相変わらず横ばいの動きを続けていますが、リップルが単独で上昇。

リップル円 10月15日

チャート出典:https://cc.minkabu.jp/pair/XRP_JPY

値幅にして最大で1.5円ほど上昇しており、心理的節目であった32円を一時的に超えました。

夜になって価格は反落していますが、下値がサポートされるようであれば、再び32円トライの可能性もおおいにあり得ます。

そして、もうひとつ本日に話題になったのが、リップルの出来高。

本日は時価総額ランキング2位のイーサリアムの出来高が同等になり話題になっています。

また、時価総額といえば、昨年の今頃はSWELLによる思惑買いにより、リップルの時価総額が一時的にイーサリアムを追い抜いたのが記憶に新しいところ。

コインマーケットキャップ 15日

本日時点ではまだ開きがありますが、今後SWELLへ向けて単独上昇した際は注目のトピックとなりそうです。

 

SWELL2019へ向けて注目

リップルは直近でカナダの大手取引所が巨大なプロジェクトを進めていることが明らかに。

カナダ大手取引所がXRP台帳に基づく大型プロジェクト始動!SWELLへ期待高まる?

上記のプロジェクトはSWELLとは直接関係ないようですが、今後開催が近づくにつれ、こういった報道も増えてくる可能性があるので注目でしょう。

また、報道はなくとも本日のように「思惑買い」で価格が急変動することもおおいにありそうです。

ただ、そのような相場においては価格の急騰もありえますが、売買が激しくなって反対に急落することも考えられるので、取引をする場合は時間軸を固定することや長期的な目線で相場をふかんすることを忘れないようにしたいところです。

 

まとめ

ビットコインは引き続き軟調な展開が続いていますが、XRPは本日価格が急騰し、出来高ではイーサリアムに並ぶ場面も。

XRP動向に関しては、大型カンファレンス「SWELL」が控えていることもあり、今後も価格が高騰する場面があるかもしれません。

ただ、気をつけたいのは売買が激しくなり、急騰・急落が起こりやすい相場にあること。

取引をする方は時間軸をしっかり考え、長期的なチャートで俯瞰して冷静な立ち回りをこころがけたいです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

SBI VCやコインチェック、ビットポイントがクールビックスと覚書 FATFの仮想通貨マネロン規制遵守で

No tags for this post.

メキシコの仮想通貨取引所ビットソー、リップルやコインベースから出資受ける

No tags for this post.

中国富豪ランキングに仮想通貨業界の大物ら12人 中国で300億円以上の資産保有者は2年連続減少傾向

No tags for this post.

オンライン決済会社ストライプ、新たに270億円調達 時価総額3兆7000億円に フェイスブックの仮想通貨リブラの公式パートナー会社

No tags for this post.

XRPネットワークのノード非中央集権化進む 80%が第三者機関の運営に

No tags for this post.

【10/14】今週の仮想通貨市場はどうなる?引き続き200日移動平均線に注目か

先週、大きく反発する場面をみせたビットコインですが、日足でみるとレンジ内で推移していることがわかります。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・引き続き200日移動平均線に注目
当ブログで何度もお伝えしていますが、中長期的な上昇トレンド回帰には200日移動平均線突破が必須に。逆にここを超えられないとレンジ相場濃厚か下値リスクも拡大していくでしょう。

 ビットコインは引き続き200日移動平均線の攻防に注目

先週、大きな反発をみせたビットコインですが、結局、200日移動平均線の突破には至らず。

台風19号が上陸した週末には価格が下落し、週明けも静かなスタートとなっています。

ビットコイン円 日足 暴落後から

上記のチャートは、ビットコインが暴落した9月末からのチャートです。

こうしてみると、現在は下値83万円、上値は200日移動平均線が位置する94万円の値幅10万円レンジで推移していることがわかります。

そのため、今週もこのレンジをどちらかにブレイクするか注目となるでしょう。

上下どちらかに大きく動いた場合、レンジブレイクに注目したいですが、現在の相場は上下でガチガチに固まっているので、このままレンジ相場が継続するのも十分可能性としてあります。

 

新しい材料にも注目

先週は、ビットコインETFが拒否されたことが話題に。

最後の希望絶つ・・・BitwiseビットコインETFをSECが拒否へ!

これで少なくとも年内のETF上場実現はなくなりました。

直近では、ETF以外にBakktも市場は消化してきた形に。

春ごろから指摘されている世界情勢の不透明感も直近で落ち着いてきていることから、今週以降も何か新しい材料が出てくるのに期待したいところです。

もちろん、大口売買で価格が大きく動く可能性がありますが、上記のレンジをブレイクする材料が出てこないと、引き続きレンジ相場が継続してしまう可能性があります。

また、昨年などは、このようにレンジ相場が長引くと、徐々にボラティリティー(変動率)が低下し、上値の重さが意識される展開で最終的に下値が決壊するという流れがありました。

その意味でも、買い目線の人にとっては上昇が長続きするような材料が欲しい場面ではあります。

 

まとめ

ビットコインは先週、よわよわしい動きが続きましたが、週半ばに大きく反騰。

しかし、台風が上陸した週末には高値で反落し、週を通してみれば決結局はレンジ相場の様相を呈しています。

少し中長期的な目線でみても、ビットコインは下値83万円、上値は200日移動平均線が位置する94万円のレンジ相場になっているので、この価格帯をどちらにブレイクするかが注目となりそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

「仮想通貨業界はビットコインETFをほとんど必要としていない」米投資会社BKCM創業者が発言

No tags for this post.