「PoSで仮想通貨イーサリアムはビットコインより攻撃されにくくなる」ヴィタリック・ブテリンが発言

No tags for this post.

「次の半減期でビットコインは強気相場にならない可能性も」仮想通貨マイニング大手創業者のジハン・ウーが発言

No tags for this post.

ちょwwwwビットコインが200万!?!

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/13(日) 22:44:17.096 ID:MMTxQKLaa
ってスレ今年の年末には建つかな

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1570974257/e79eb0ae6bfee1485d3b9ee67602b794_s

続きを読む No tags for this post.

Zaifビットコイン襲撃!仮想通貨は100%これで守れる!

先週の上昇は「ブルトラップ」!上昇トレンド転換に必要な2つの指標とは

著名仮想通貨アナリスト、ラスター二氏は11日、Youtubeで最新の分析を発表。

それによると、先週の上昇は「ブルトラップ」だったとし、弱気相場はまだ続いていると説明しました。

要点

・ブルトラップ
ブルトラップとは、一時的にテクニカルなどの重要価格帯を上抜け、投資家に買いを誘発させた後にすぐその価格帯を下回る現象。「ダマシ」ともいわれています。ブルトラップは基本的に弱気相場で起こる現象です。

 先週の上昇はブルトラップ

ラスター二氏は最新の分析をYoutubeにて発表。

それによると、先週の上昇はブルトラップだったとし、弱気相場が継続しているとの見解を示しました。

同氏はこのブログでも何度もお伝えしている200日移動平均線を下回っているため、短期的に弱気だと説明します。

ビットコイン円 日足

同氏が指摘するように、11日、ビットコインは一時的に200日移動平均線を上抜けています(赤丸箇所)。

基本的に200日井戸平均線の上抜けは買いシグナルですが、24時間以内に価格が下落し、再度下抜け。

結局日足レベルではヒゲを残した形となりました。

このような値動きのことをブルトラップと呼び、一時的に投資家に買わせて損切させるような値動きです。

また、ブルトラップが起きるということは、現在の相場が弱気相場にいるとも言えます。

 

上昇トレンド転換に必要な2つの指標

また、ラスター二氏は上昇トレンド転換には21日移動平均線と200日移動平均線、2つの突破がポイントになるといいます。

同氏が指摘するように、200日移動平均線他、21日移動平均線も短期的なトレンドをはかる重要な指標です。

ビットコイン円 日足

直近では21日移動平均線と200日移動平均線の間で推移しているため、かなり動きずらい状況と言えるでしょう。

仮に、今週21日移動平均線を下回ってしまった場合、上値がさらに重くなるか、レンジ相場が続く可能性も出てくるので注目したいところ。

反対に、21日移動平均線をサポートに数日のうちに200日移動平均線を突破できれば、上昇トレンド転換の可能性も出てくるので注目したい場面です。

 

まとめ

仮想通貨著名アナリスト、ラスター二氏は11日、Youtubeに最新の投稿を発表。

それによると、先週の上昇は「ブルトラップ」だった可能性があると指摘しています。

同氏が指摘するように、現在のビットコイン相場は短期中期で重要となる21日移動平均線、200日移動平均線どちらも突破していないので、今後このふたつの指標をブレイクするのに注目したいところではあります。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル投資部門Xpring、米Coil社ウェブ収益化プラットフォームに助成金10億XRP支援

No tags for this post.

暴落でもクジラは着実にビットコインを蓄積!長期的には上昇目線か

仮想通貨分析企業、Glassnodesは12日、最新のレポートを発表。

それによると、10億円そうとうを保有するいわゆる「クジラ」アドレスが直近で過去最高値に到達したことが明らかになりました。

要点

・クジラの蓄積
ビットコインは暴落して以降、まだ100万円を回復出来ておらず動向が危ぶまれていますが、クジラはこの暴落でも着実に蓄積しているようです。

 クジラアドレスが過去最高値到達

https://twitter.com/glassnode/status/1182674900496146432

1000BTC以上を保有するビットコインアドレス

仮想通貨分析企業、Glassnodesのデータによると、直近で1000BTCを保有する「クジラ」アドレスが過去最高値に到達したとのこと。

ビットコインは9月末に暴落し、一部では今後の見通しが危ぶまれていますが、ここからわかるのは価格が下落した中でもクジラたちは着実に安値を拾っているというこです。

クジラ・・・億や超といった大口投資家を金融用語で「クジラ」という。あまり動かず巨大な体なため、この例えが用いられる

先月もクジラアドレスが増加したが報告されていますが、今回はそれに引き続き増加し、過去最高値を更新した形に。

1000万円以上のBTCを保有する「クジラ」が過去最高値到達!現在の市場を象徴か

上記の記事でもお伝えしている通り、現在はビットコインドミナンスが高いことから、アルトコインからビットコインに資金が流入しているとも考えられます。

 

ビットコインに新たなルネッサンス?

ビットコインは上がるのか・下がるのかというのは最も気になるトピックではありますが、これらの動きからクジラたちは長期的には上昇するとみていることがわかります。

ビットコインは「上がるのか」・「下がるのか」?今後の展望を独自考察!

もちろん、上記でいったように、一時的にビットコインに換金したため、大口アドレスが増加している説もありますが、明確な理由はわからず。

ファンドストラッド社アナリスト、リー氏の説明によると、このよな動きはビットコイン初期の動きに似ており、同通貨が新たなルネッサンスを迎えている可能性があるとのこと。

初期は開発者が支えていましたが、現在は裕福層からの資金流入が起きていると指摘しています。

ただ、気をつけたいのは、上昇するといってもこれだけ体が大きいのは数年、あるいは数十年といったかなり長いスパンになるので、その点は頭に入れておきたいものです。

 

まとめ

仮想通貨分析企業、Glassnodesは12日、最新のレポートを発表。

それによると、直近でおよそ10億円そうとうに値する「クジラ」アドレスが過去最高値を更新したことが明らかになりました。

9月末に暴落した仮想通貨市場ですが、このことからわかるのはクジラたちがビットコインを安値で蓄積しているのが明らかに。

数年から数十年といったスパンになる可能性はありますが、クジラ動向は市場動向をおう上で重要なので引き続き注視したいトピックです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

低調なレンジ相場続くビットコインと、反発の兆しを感じるリップル

No tags for this post.

【与沢翼】仮想通貨が大きく変わる時が必ずきます。その時の為に今からお金を貯めとかなきゃダメですよ。

No tags for this post.

ユニセフ、仮想通貨ファンドを設立 初の寄付はイーサリアム財団から

No tags for this post.

フェイスブック、AR・VR戦略を加速…仮想通貨リブラの次は「脳波」 読み取りリストバンド開発企業を買収

No tags for this post.

ディーカレット時田社長インタビュー「今後どのような資産でも、デジタルに変換し交換を行うことができる」

No tags for this post.

イーサリアム・ブロックチェーン上のドメイン「.crypto」、登録受け付け開始 「仮想通貨送金などにメリット」

No tags for this post.