ビットコイン

ビットコイン相場 2019/7/23 ビットコインは高値を切り下げ、下落トレンドが濃厚に

仮想通貨に対して否定的な立場だったJPモルガン、見解を180度変えるwwwwwww

■ツイッターより

no title

続きを読む

クレイグ・ライト氏のビットコインのホワイトペーパーとコードが米著作権局に承認され、仮想通貨BSVが大高騰wwwwww

■ツイッターより

no title

続きを読む

【2019年5月13日のニュース】週末のビットコイン高騰でBitMEXが過去最高取引高を更新…他

先週末の5月11日と12日は、ビットコイン価格が10万円以上も高騰する相場を迎えました。

それでは2019年5月13日(月)の仮想通貨ニュースをお送りします。

ビットコイン価格高騰、BitMEXは過去最高の取引高を記録

2019年5月11日から12日に価格が大きく上昇し84万円台に達したビットコインですが、海外取引所BitMEX(ビットメックス)ではその間に過去最高の取引高を記録したことを同取引所CEOがTweetしています。

ビットメックスが記録した取引高は100億3000万ドル、日本円でおよそ1兆1000億円に達します。

日本居住者は金融庁に登録済みの仮想通貨取引所しか利用できない為法律上BitMEXでの取引は出来ない状況ですが、同取引所は「レバレッジ100倍」が適用できるため非常に人気のある海外取引所です。

10日間で1年が決まる? - Thomas Lee(Fundstrat)

This week’s strong move on #crypto and especially #bitcoin is reminder $BTC historically generates its annual performance in 10 days.
Miss those 10 days and average return is -25%.

Reminder to #HODL


今週は#crypto、特に#bitcoinが力強い動きを見せており、$ BTCはこれまで10年間で年間パフォーマンスを上げています。
それらの10日間を欠場し、平均リターンは-25%です。

#HODLへのお知らせ

米Fundstrat(ファンドストラット)のトム・リー氏はTwitterにて、ビットコインは年間を通して10日という短期間で相場が高騰し、このような短期間での高騰によって高いパフォーマンスを維持してきたといいます。

また氏はこの10日間以外はHODL(いわゆるガチホ)しておくことをすすめるとしています。

「ショートスクイズ」多発か

もう一つの短い袋を絞ります。
このようにBitcoinを取引することで、17年の良い時期を思い出させることができました。
もっと楽しめませんでした。

海外の人気仮想通貨投資家DonAlt氏(ドン・オルト氏)はTwitter上で、今回のビットコイン高騰の背景に「ショートスクイズ」(相場の好転によってショート(売り)筋が損切りすること)があると指摘しています。

bitFlyerではサーキットブレーカー発動も

国内取引所bitFlyer(ビットフライヤー)では一時100万円を超えるなど市場価格と大きく乖離した価格となりました。

[aside type="boader"]

2019年5月11日、12日の価格については下記の記事!

[kanren postid="5342"][/aside]

この乖離を受けビットフライヤーのシステムではサーキットブレーカーが発動し、取引が出来ない(取引し辛い)状況が発生する事態となりました。
※ 2019年5月13(月)13:02現在は正常に戻っています。

サーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度です。



発動条件 制限値幅の範囲外における価格での約定が見込まれる発注が行われた場合



中断時間 約 5 分間
再開方法 中断時間経過後、板寄せ方式により取引を再開

[aside type="boader"]

参考·引用 :
サーキットブレーカー制度 - ビットコイン取引所【bitFlyer Lightning】

[/aside]

avexがブロックチェーン活用の子会社を設立

音楽事業、アニメ事業、デジタル事業などで有名な国内の大手企業avex(エイベックス)が2019年5月9日に エイベックス・テクノロジーズ株式会社(ATS)を100%子会社として設立することを決議したと発表しています。

1.子会社設立の目的
当社グループは、「Entertainment×Tech×Global」をキーワードとして、テクノロジーを活かした新たなビジネスの可能性を追求しております。
そこで、テクノロジーの進化に伴う新たなIP(知的財産権)創造のあり方に呼応し、当社グループにおけるIPを軸としたデジタルトランスフォーメーションに寄与することを目的に、ATSを設立することといたしました。

2.子会社の概要(予定)
(1) 商 号 エイベックス・テクノロジーズ株式会社(英文表記:Avex Technologies Inc.)
(2) 本店所在 地 東京都港区南青山三丁目1番 30 号
(3) 代 表 者 代表取締役社長 岩永 朝陽
(4) 設立年月 日 2019 年5月14 日
(5) 主な事業内容 クラウド及びブロックチェーン技術を用いたIP(ゲーム、映像、音楽及びVR等)
並びにシステムの企画、開発、制作及び販売 等

発表の中の「主な事業内容」に「ブロックチェーン技術を用いた」との記述があり、同社は仮想通貨交換業関連以外でブロックチェーン技術分野への進出を表明した数少ない国内大手企業となります。

avex、テクノロジー分野を重要視か

また同社が5月10日に出したIR「市場環境の変化に応じた新たな注力領域について」によると、

「成長戦略2020」の目標値を取り下げ、新たな目標値を設定 2024年3月期 営業利益目標 200億円

との記載があり、同IR資料内の3つの主軸の一つにテクノロジーが据えられていることから、同社が今後本格的にブロックチェーン技術の分野へと進出してくる可能性が高いと見られます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
ニュース|エイベックス株式会社 子会社設立に関するお知らせ - エイベックス 株式会社 市場環境の変化に応じた新たな注力領域について

[/aside]

火曜日に入出金再開か - Binance

先日巨額のビットコインがハッキングによって盗難されたBinance(バイナンス)が、停止中の入出金を今週火曜日にも再開するとアナウンスしています。

We aim to fully resume deposits and withdrawals on Tuesday.
The time will be communicated at a later stage, depending on how the testing goes.
This upgrade will require a trading halt. We will update you again tomorrow.


火曜日に入金と出金を完全に再開することを目指しています。
テストがどのように行われるかに応じて、時間は後の段階で伝達されます。
このアップグレードは取引停止を必要とするでしょう。明日また更新します。

CEOのCZ氏もコメント - 火曜日再開に向けて取り組んでいる

火曜日を目指して、それがまだアジアか太平洋の時間であるかどうかわからない。
それに取り組んでいます。

Binance CEOのCZが公式Twitterを引用する形で上記のコメントをTweetしています。

Tweetによると、アジア時間での火曜日か太平洋時間での火曜日になるかはわからないが、現在入出金の再開に向けて取り組んでいるとコメントしています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Binance Security Incident Update #3 | Binance Blog

[/aside] [set-news_under]

【超絶悲報】最大手仮想通貨取引所バイナンスさん、大規模ハッキングにより7000BTCを不正送金されてしまう・・・

■ツイッターより

4102275

続きを読む

仮想通貨トレーダーさん、月2億円稼ぎそう・・・

■ツイッターより

eca1711170500002-p1

続きを読む

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

直近の高騰相場において、中国の取引が活性化していることが話題になっています。

中国はこれまで仮想通貨取引に深く関わってきた国なので注目でしょう。

要点

・中国復活の兆し
先月から中国の取引が活性化していることが話題になっています。18年相場ではあまり見られなかった現象なので、今後注目材料となるかもしれません。

 高騰相場において中国の取引が活性化

1/中国市場は、強力な購入を明らかにしています。OTC (店頭) 取引、中国でフィアットとビットコインを購入する際、1 USD = 6.7 CNY の公式レート上のかなりの ドルプレミアム (1 USDT = 7 CNY) を示しています。

中国の取引事情に詳しい「cnLeder」は8日、高騰相場においてビットコインと中国ウォンに価格乖離が発生したデータを発表しました。

乖離率はおよそ4%であり、簡単にいうとそれだけ中国国内のビットコイン購入が過熱していたということになります。

中国では現在、仮想通貨取引を禁止されていますが、国外の取引所を利用してウォン→ステーブルコイン→仮想通貨という取引を行っており、事実上取引自体を完全に禁止できていないという見方がほとんどです。

そのため、ウォンとステーブルコインに価格乖離が発生したという状況ができたと考えられます。

先月から中国の資金流入は話題になっており、18年の市場低迷時には見られなかった動きなので今後も注目となるかもしれません。

好調な価格推移の裏に「中国」!?ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準に!

 

17年のバブル相場も牽引した「中国マネー」

中国は仮想通貨取引との関係が深い国で、17年のバブル相場を牽引したという向きもあります。

仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。

上記の記事でもあるように、中国はマイニング企業が多く存在しており、特にビットコインにおいては無視できない国でもあります。

仮に今後も価格の上昇が続き、再び仮想通貨市場が盛り上がってきた場合、中国政府が何らかの規制を敷いてくる可能性はおおいに考えられるでしょう。

過去1年間はあまり報道されていませんでしたが、今後は17年のように、再び「中国」の動きが材料視される相場もやってくるかもしれませんね。

 

まとめ

中国の取引事情に詳しいcnLederによると、先週からの高騰相場において、中国での取引が活性化しているとのことです。

仮想通貨取引と関係の深い中国で活性化しているということは、少なくともポジティブな要因ではあるでしょう。

また、今後中国は17年と同じように規制動向など、中長期的に重要な材料となる可能性もあります。

直近では明らかに変化が起きていることが確認できるので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ロシアの富裕層、約9,500億円分のビットコインを購入!?

■ツイッターより

4102275

続きを読む

【驚愕】深夜に違和感を感じてビットコインを買った結果wwwwww

■ツイッターより

ビットコイン


続きを読む

DMM Bitcoinが「スプレッド700円固定」のキャンペーンを開始!

DMM Bitcoinが、新たに「スプレッド700円(原則固定)」のキャンペーンを開始しています。

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

DMM Bitcoinが発表したキャンペーンの内容(全文)は下記となっています。

スプレッドキャンペーン(第1弾)についてのお知らせ

いつもDMM Bitcoinをご利用いただき、誠にありがとうございます。

レバレッジ取引におけるBTC/JPYにつきまして、本日10月31日(水)18時よりスプレッドキャンペーン(第1弾)を実施いたします。

【概要】
対象銘柄:レバレッジ取引 BTC/JPY
スプレッド:700円(原則固定)
【対象期間】
10月31日(水)18時~11月14日(水)12時まで

【注意事項】
※当社の都合により、予告なく変更または終了する場合がございます。
※キャンペーン期間のスプレッドは「原則固定」となりますが、相場急変時や市場での流動性が大幅に低下した場合には、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。

この機会に是非お取引をご検討いただきますようお願いいたします。
今後ともDMM Bitcoinをどうぞよろしくお願いいたします。

2018-10-31

引用 : DMM Bitcoin
DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

スプレッドが「原則固定」という仮想通貨業界のレバレッジ取引では異例のキャンペーンを実施したDMM Bitcoin。

レバレッジ取引に慣れている人はもちろん、まだレバレッジ取引をしたことが無い人にとっても始める大きなチャンスとなっています。

まだ仮想通貨FXをしたことが無い人や、DMM Bitcoinで取引をしたことが無い方はぜひレバレッジ取引に挑戦してみましょう。

なお、今回のキャンペーンは本日18:00より「14日間」と、大変短い期間での開催となっておりますので、まだDMM Bitcoinへ登録していない方はお早めの登録をおすすめします!

DMM Bitcoin 公式サイトはこちら

14種類の豊富なペアでの「レバレッジ取引」が魅力!

[ex-jp-DMM_Bitcoin] [campaign-dmmbitcoin]

ビットクラブの$500プールのマイニング報酬がこちらwwwwwwwwww

bitclub02-1


■ツイッターより
続きを読む

仮想通貨テザー(Tether)のペッグ崩壊が止まらず、1USDT=0.94ドルまで下落

Tether_Logo


■ツイッターより
続きを読む

ビットコインで支払い可能な自動販売機登場!ブラジル人のプログラマーが開発

ビットコインを使ってコーラの購入ができる自動販売機が開発されました。
開発したのはブラジル人のRicardo Reis(リカルド レイス)氏で、ライトニングネットワークを使用することによって、従来のビットコイン決済の問題点である「決済処理時間」の短縮に成功しています。

ビットコインでコーラが買える自動販売機が登場!

フィアット(通貨)としてのビットコイン利用にまた一歩近く技術が発明されました。

ライトニングネットワークにより1分以内の決済処理を可能に

ライトニングネットワークとは、スケーラビリティ問題と言われる将来的なビットコインの処理能力不足に関する懸念を解決するための技術です。

従来のビットコイン決済を行うためには、生成されたトランザクションがマイナーによって承認され、正式にブロックチェーンに記載されることを待つ必要がありました。

しかしライトニングネットワーク(LN)技術では、その承認を必要としない支払いチャンネルを新たに追加し、承認待ちによる待機時間をなくします。
ユーザーがLNのチャンネルを閉じた後で公式ブロックチェーンへ記録され、マイナーによって承認作業がなされます。

支払いはQRコードを読み取って送金するだけ!

今回開発されたコーラ自販機は、受信機のビットコインウォレットのQRコードを備えたシンプルなデザインで、購入者はコードをスキャンして金額を入力して送金するだけ!
1分以内で行われるこの作業の後、機械の下のグラスにコーラが注がれます。

このようにビットコインを使って日常的な製品の購入が可能になっていくと、今後さらなる通貨としての仮想通貨の流通が期待されます。

参考:CCN

ツイッターの反応

[recommend-ex]

GMOコインの評判とは?GMOコインの気になる手数料やレバレッジ等を解説!

「GMOクリック証券」や「FXプライムbyGMO」を運営してきたFX取引の超大手企業「GMO」
仮想通貨の「GMOコイン」のサービスを開始したことは皆さんご存知だとは思います。
「GMOコイン」は、先述したFX取引のノウハウをどのように継承しているのか?
具体的にはレバレッジや手数料はどうなのか?
非常に気になるところですよね。
そこで本記事では、「GMOコイン」のレバレッジや手数料など、仮想通貨FXを行うにあたって気になる情報をご紹介していきます。
この記事を読むと、GMOコインで仮想通貨FXに挑戦したくなるはずです!

GMOコイン 公式はこちら 

仮想通貨FXはGMOコインですべき理由!

GMOコインで仮想通貨FXを行うのに、これだけのメリットがあります。
これから一つひとつご紹介していきます。

取引手数料が無料!

なんといってもうれしいのが取引手数料が無料なことです。

上記がGMOコイン 公式サイトから引用した、取引手数料一覧表です。
GMOコインの仮想通貨FXは、新規、決済注文とロスカットの手数料が無料です!
他社だと建玉ごとに0.04%の手数料が発生するところもあるので、手数料無料で仮想通貨FXができるのはとても魅力的です。
ちなみに、入出金手数料においても無料(※振込等には負担あり)となっています。

GMOコイン 公式はこちら 

追証がない!!!

これは最大のメリットと言っていいかもしれませんが、
「GMOコイン」はFX取引につきものの「追証」と呼ばれる、「追加証拠金制度」がありません!
追証とは簡単に言うと、建玉の含み損が証拠金(担保)の最低維持率を下回った場合に追加しなければいけない証拠金のことです。
FXでは、この追証システムの怖いイメージ(初期投資だけではなく、損をするとその分どんどん証拠金を入金しなくてはならず大変な損失になる…)も定着しています。
そのため、FXに対してネガティブなイメージを持っている人も少なからずいます。

それが「GMOコイン」なら「追証なし」なので、初期投資の分だけ投資を行うだけで仮想通貨FXを気軽に始めることが可能です。
代わりにロスカットルールが設けられており、損失がでても最低限の損失で済むようになっています。

GMOコイン 公式はこちら 

24時間取引可能!

株式取引の場合だとおよそ5時間ほどしか取引時間はありませんが、
仮想通貨FXなら24時間365日取引しています。
GMOコインでももちろん24時間365日対応。チャンスを逃さずに取引できます。

少額から取引が可能

2017年12月、1ビットコインの価格が200万円を突破し、史上最高値を更新しました。
もしGMOコインでビットコインを購入するには、販売単位が0.01BTCからなので最低でも2万円(0.01BTC)の資金が必要になります。
一方仮想通貨FXの場合レバレッジ10倍を利用すると最低2,000円から注文が可能になります。
まずはお小遣い程度の投資からチャレンジしたい!という人も気軽に挑戦可能です。

充実のサポート&セキュリティ

GMOグループと言えば、GMOクリック証券がFX世界取引高第一位となるなど、
FXの分野でも、またITの分野でも日本を代表する企業です。
ノウハウを生かした強固なセキュリティと直感的に使いやすいサイト・アプリを提供しています。
特にセキュリティについては、
[aside type="boader"]

  • 即時送付に必要な分以外の仮想通貨は、インターネットから隔離された「コールドウォレット」にて保管
  • 複数名によって厳重に監視された状態でのみ、コールドウォレットからの仮想通貨の移動を行う
  • 仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を必要とする「マルチシグ(マルチシグネチャ)」を導入
  • さらに秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に保管
  • 顧客のアカウントへのサイバー攻撃対策として、日本円出金や仮想通貨送付等の際に2段階認証を必須化
  • システムの24時間365日監視
[/aside] など、万全の体制をとっています。安心して仮想通貨FXを行えます!
また、サポート体制については、サイト内では
このようないつでも質問が可能なチャット機能が搭載されています。
また問い合わせにも迅速にレスポンスがあったりと非常にきめ細かいサービスを展開しています。
そのような面でも、信頼のおける取引所と言っていいのではないでしょうか。

GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジは?

次に、GMOコインの仮想通貨FXで取引できる通貨ペアやレバレッジについてご紹介していきます!

上記がGMOコインの仮想通貨FXで取り扱っている通貨ペアとレバレッジです。
2018年5月よりアルトコインのFX取引もスタートし、日本でも人気のリップルなども取引が可能になりました。
レバレッジはBTCの最大10倍。
先ほど例にとったように、現物取引だと2万円資金が必要ですが、2千円の資金で取引可能になります!
ちなみに販売所(現物取引)でも、下記の通貨を取り扱っています。
[aside type="boader"]

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
[/aside]

GMOコインの評判は?

最後に、GMOコインの評判について、twitterで見ていきましょう。





[rank-101-gmo]

おわりに

仮想通貨FXを始めるのに最適な取引所、GMOコインについてそのメリットを中心にご紹介してきました。
手数料が無料、レバレッジが最大10倍、追証なし、セキュリティ強固、アルトコインのレバレッジ取引ができる
など魅力ある特徴がたくさんあります。
仮想通貨FXにまだ挑戦していない人も、上級者の方もぜひ登録して始めておきたい取引所です。
是非チェックしてみてください。

【速報】ビットコインETFの可否判断が9月末に延長!期待感剝落で価格下落か

CBOEに上場する有力候補であった2社のビットコインETF可否判断が9月末に延期された模様です。

発表直後、仮想通貨市場は全面安となっています。

要点

・ビットコインETFと価格上昇

6月末からの価格上昇は、ビットコインETF上場への期待感が強いとされており、それが延期されたことで価格が下落した模様です。

2社のビットコインETF申請が9月末に延期

実は、ビットコインETFは約25社ほどが申請していると言われています。

今回、CBOEに上場されるETFはVanEck 社とSolidX社が申請しているものです。

この2社の申請した案が、45日ルールの適用により、9月末(9月30日)まで延長されることになりました。

Accordingly, the Commission, pursuant to Section 19(b)(2) of the Act,6 designates September 30, 2018, as the date by which the Commission shall either approve or disapprove, or institute proceedings to determine whether to disapprove, the proposed rule change

委員会は、法第19条(b)(2)、第6条に基づき委員会が承認または不承認とする日として、2018年9月30日とし、不承認となるかどうかを判断するための手続を開始する、提案されたルールを変更する

出典:https://www.sec.gov/rules/sro/cboebzx/2018/34-83792.pdf

SECの公式文書でも確認できるので、情報は確実なものでしょう。

 

期待感低下で価格下落も好条件?

ビットコイン円日足

もともと、6月29日から、ビットコインはビットコインETFの期待感で上昇してきたと言われています。

そのため、現在は、その期待感が延長により、なくなり相場は一時的なショックで下落している形です。

しかし、気をつけたいのは、否決されたわけではないということです。

SECが否決するなら、先日のウィンクルボス兄弟の申請を否決したように、あらゆる理由ですぐさま否決するはずです。

承認日時を延長したというのは、SECが慎重な姿勢で向き合っていることがわかり、むしろ好条件とも言えます。

今後も、期待感が継続すれば、一定の下値はサポートされる可能性はあります。

 

まとめ

楽しみは延長されてしまいましたが、9月末まではまた「ETF相場」が続きそうです。

ETFに関する報道で相場が上下する展開はしばらく続きそうなので、チェックしておきたいですね。

そして、もし承認されれば、価格が上昇する可能性もあるので、引き続きETF上場には期待していきたいところです!

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.