ビットコイン

「バックテッド」仮想通貨ビットコイン急落で新語誕生、売りの背景4つ解説

Bakktはなぜ市場に刺さらない!?マネックスCEO「盛り上がっていない」

直近でメディアで話題になっているBakktですが、市場への影響は限定的。

コインテレグラフジャパンが24日に報じたところによると、マネックスCEOは「盛り上がっていない」と米国の状況を述べています。

要点

・Bakktはまだ不完全?
先物取引により現物のビットコインを購入するのが大きな特徴のBakktですが、マネックス松本氏によると、現在の証券会社にはそれが大きな障壁になっているとのことです。

 マネックス松本CEO「盛り上がっていない」

マネックス(コインチェック)の松本CEOは24日、コインテレグラフ・ジャパンのインタビューに応じました。

それによると、松本氏はBakktに関し米国で「盛り上がっていない」とコメント。

期待感が高かったBakktですが、盛り上がりとは裏腹に米国の金融界隈は冷めているようです。

同氏はその理由として、証券会社などが実際のビットコインを保有するのに高いハードルがあると指摘。

Bakktは先物を取引きすることにより、ビットコインの現物を保有することで、市場への影響も高いと指摘されていました。

しかし、松本氏によると、それが反対に大きなハードルになっていると説明しています。

同氏は、今後フィデリティのようなカストディアン(保有サービスを提供する企業)が保有を担当することが重要と述べています。

簡単にいうと、規制などの観点も含め、Bakktの先物をめぐる取引環境が完全に整備されていないということでしょう。

 

長期的な視野が必要か

本日もお伝えしましたが、直近では盛り上がりが大きかったぶん、Bakktへの失望感が価格下落につながっているとも考察できます。

【9/24】Bakkt開始もビットコイン下落!下落トレンドは始まってしまうのか?

ただ、17年に開始したCBOE・CMEのビットコイン先物に関しても、ローンチ直後は出来高が少なく、17年末~18年初の暴落要因にも指摘されていました。

しかし、その後1年を通して先物の出来高は徐々に増加していき、先日CMEはより先物を取引きしやすいよう、オプション取引のローンチもアナウンスしました。

米CMEが2020年にビットコイン・オプション取引を開始!新たな材料となるか

これらを踏まえれば、盛り上がっていないBakktの先物ですが、長期的な目線で動向を追っていった方がよいでしょう。

 

まとめ

先日、Bakktの先物がローンチされましたが、市場への影響は限定的。

これに関し、マネックス松本CEOはインタビューに答え「盛り上がっていない」と米国の状況を説明しました。

同氏によれば、現在は規制やビットコイン保有に関しての大きな障壁があるようなので、長期的な視野で動向を追っていった方がよいでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

金の代わりに仮想通貨ビットコインを持つ場合、何BTC必要?日米英などで

嵐の前の静けさ?来週のバックトのビットコイン先物 仮想通貨アナリストの期待高まる

米コインベース、新たに17の仮想通貨上場を検討|正式ローンチ前の銘柄が多数

テレビ大阪でやってるWBSサンデーというニュース番組で仮想通貨特集してた。 このチョイス…わらう

インドの仮想通貨全面禁止案は「人材流出招く」 業界関係者が懸念 既に拠点を移した企業も

「ジェネシスコード」仮想通貨ビットコインを題材に漫画化、凄腕ハッカーが主人公の新連載が始まる

ドイツ銀行、JPモルガンの国際送金システムに参加 |仮想通貨JPMコインと同じブロックチェーン基盤、他の大手行も追随か

日銀含む世界の中央銀行加盟のCPMI、仮想通貨リブラの担当者をスイスで質問攻めへ

【朗報】マスターカードどR3が提携、リップルとクレジットカード大手3社が繋がったなwww【XRP】

【悲報】「売上5億で赤字367億」PayPayはペイするのか

仮想通貨ビットコインのロゴ、プレミアリーグ所属チームのユニフォームに

FATF「トラベル・ルール」遵守が仮想通貨取引所の競争優位に?

SECはCboeにより再申請されたビットコインETFを2週間遅れで公式に発表。追い風なるか?

「マネロン対策をデザインに組み込め」米財務省幹部、仮想通貨ビットコインやリブラに要求

ウィンクルボス兄弟のジェミニ、新たな仮想通貨カストディ立ち上げ 「コールドストレージから瞬時に取引」